« 衆議院予算委員会、質問通告拒否の自民党 | トップページ | 事業仕分け、徹底公開 傍聴席にネット中継も »

2009/11/03

破綻寸前の地方議員年金について

>国会議員の年金は06年4月に廃止されている。

と言うが、地方議員年金はまだまだお手盛りだ。

>全国の市議会議員などの議員年金が2012年度にも破綻
する問題で総務省は2日、議員年金制度の廃止案を同省の有
識者会議に諮問した。

2012年度と言えば、もうすぐそこに来ている。
制度を存続するには、毎年140億円もの税金投入が避けられな
いと言う。

>地方議員年金は、現役議員の掛け金と自治体の負担金とで
運営。廃止案では、地方議員すべての年金を10年度末で清算
し、現職議員は在職年数に応じて、掛け金総額の最高63%を
一括支給する。年金受給者の議員OBはこれまで通り支給する。

この案に賛成だ。
地方議員は、とにかく既得権益を手放したがらないが、ほとんど
の地方自治体は、赤字再建団体一歩手前の状態で、お手盛り
の議員年金を支払い続ける余力はないはずだ。
今までは、ぬるま湯にドップリ浸かっていたかもしれないが、ま
ずは国から変わろうとしている。
せっかく、国が変わろうとしているのに、地方はまだ旧態依然
とした体質を変えようとしない。
首長連中も、地方議員も公共事業一辺倒が、まだ経済活性化
をすると信じている。

にほんブログ村 ニュースブログへ

名古屋市を例に取ると、市長は議員削減、議員報酬削減を言っ
ているが、市議会で猛反発を受けている。
市長自ら2000万以上の年収を800万円に削減をして、範を垂れ
たが、市議会はどこ吹く風だ。
少ない議員報酬なら、市民感情としても気の毒だと思うかも知
れないが、議員報酬は高額だし、政務調査費は使途を公開すら
しなくても良いとあっては、まったく時代に合わない。
市民感情からしても、公開しないとあれば、どれだけ誤魔化して
いるのかと勘ぐりたくもなると言う物だ。

議員年金にしても、”少しの掛け金で大きな安心” と言うのは
特権もいい所だ。
国民は、25年に一ヶ月欠けても、一円たりとも年金を受け取れ
ない制度とは大違い。

そうかと言って、
>現職議員は在職年数に応じて、掛け金総額の最高63%を
一括支給する

国民の年金が受給資格に満たない、その結果、掛け金を受け取
れないと言うなら、掛け金の何パーセントかでも返すかと思えば、
それもまったくないとあっては、国民は著しく不利をこうむる。
議員も国民の一人として考えるなら、議員だけが雲の上の人の
ような特権は、もういい加減、止めるべきだ。

しかし、地方の議会や議員は、少しも生まれ変わろうとする努力
が見られない。
政務調査費も、どこに使ったか少しも分からないし、報酬削減を
打診すると、全会一致で猛反発をする。
自民党も民主党も、自分の身を切ることはなんとしても反対をしな
くてはいけないと思っているのだろうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪



|

« 衆議院予算委員会、質問通告拒否の自民党 | トップページ | 事業仕分け、徹底公開 傍聴席にネット中継も »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
まあ、議員って、自分のための働いているだけという感じがしてなりません。
市民、県民のためなんてウソばかりです。
本当なら自らの報酬を減額してしかるべきですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/11/03 20:33

こんばんは、くまさん

地方議員は、なおさら、そんな感じですよね。
自分のためにだけ、議員でいると言う感じですかね。
わが市でも、”もう一期やると年金受給資格が得られるから、どうしても当選させてください”と土下座した議員がいました。
結局、当選しましたが、当選させる方の意識も低いです。
地方へ行くと、こんな物です。

私も、市民・県民のためにと言うのは大嘘だと思っています。
議員と言う職業に就職したと言う事なんでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/03 21:15

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは。

マスコミは名古屋市のケースや福島県の矢祭町の日当制などを、もっともっと報道すべきですし、その責任があると思います。
又、頻繁に欧米の地方議会の特集を組んで、地方議会はボランティアが当たり前だということを国民に植え付けることも、マスコミの重要な仕事です。


将来的には、地方議会が国政に向かう為の若者のステップとしての位置付けになることを私は望みます。
そうすれば国政も競争力のある場になって、国の仕組み、既得権益がどんどん排除されていくでしょう。

投稿: さとし | 2009/11/03 21:57

まるこ姫さん、皆さん、こんにちは

地方議員年金の破綻は、赤字財政もありますが、根本は平成の大合併(1999〜2006)で、自治体の数が減り、それに連れ、議員の数が減り、年金が支える人が減ってしまった、少子高齢化と似たことになっているのが原因です。
地方議員年金の破綻は平成の大合併の1999年時点で想定された問題で、そのときにどうするかを決めておくべき問題で、これも自民党政権の漬けです。
羽田の新滑走路の建設と同様、分かっていながら、問題が顕在化するまで放置していたのだろうと思います。

そもそも、選挙で選ばれる議員に地方職員の共済年金と同じ扱いの年金が必要というのが間違いだと思います。
議員は半ば永久就職が認められた役人とは違って、1回の任期限り(4年)です。
第1号被保険者の国民年金扱いが妥当です。
欧米では、議員はボランティアに近い考え方です。
議員は誰でもなることが出来、かつ議員数が多い代わりに、報酬は極めて低いです。
スイスとフランスは無報酬が大半と言います。
日本の矢祭町は日当3万円で、年間90万円です。
だが、平均は県2119万円、市680万円、町村399万円で、欧米と比べ、いずれも1桁多いです。
政治と住民の壁を低くして、誰でもかつ多くの人が参加でき、少数意見を取り入れることに主眼を置いています。
年金なんてないでしょう。

財政破綻した夕張市を見ると、議員のチェック機能は果たしておらず、議員の殆どが税金泥棒と言えるでしょう。
事業仕分けで素人には分からないと言いますが、行政文章を市民が見ても分かりやすくすることお方が本質的に問題です。
素人でも分かるような行政にする必要があると思います。
政治に関心のある人が誰でも参加でき、意見を述べ合う、そんな仕組みに議員制度、選挙制度、役所を抜本的に改めるべきと思います。
明治以来のお上の協力者から、公僕にすべきと思います。

勿論、議員年金制度は廃止をする。
議員は払ったものは全額、利息を付けて返すので良しと思います。
議員時代に議員年金にしか這いいていない場合は、国民年金に加入したことにして、残りを返却することにすればよいと思います。
議員は偉いのだから、悠々自適の生活を保障する必要なんてありません。

投稿: 愛てんぐ | 2009/11/04 11:19

★ーーこんばんは、さとしさん

そうですよね。
努力している自治体をもっと応援すると言うか、良い見本として報道するべきですよね。
これからは、アイデアのない自治体は駄目でしょう。
地方分権というならば、自治体自らが色んな知恵を出し合って、再建する努力も強いられます。
国におんぶに抱っこの自治体は大変だと思いますよ。

国政ならいざ知らず、地方の議会はボランティアでも良いぐらいです。
ボランテイァとか、年収を低くと言うと、反対意見として意欲がなくなると言いますが、それならなんで欧米では出来て、日本で出来ないのか、理解できません。

政治が身近な物になる必要がありますよね。
若い年代が政治に関心を持つようなシステムにしない限り、いつまで経っても名誉職のような地方議会であり続けます。
地方政治から国政へと、どんどんステップアップできる、地方議会であって欲しいですね。
今のままでは、住民に見放されますよ。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

平静の大合併の弊害が出ていますね。
自民党政権は、協力に合併を推し進めてきましたが、根本的な議員年金の解決は、先送りでした。
議員年金も特権が大きいと感じます。
支える人がいないと言うのは分かっているのに、税金投入で解決を図ろうとしています。

仰るとおり、議員は4年間と期間が決まっています。
職業化しているからこそ、年金と言う案が出たのでしょうが、本当に長期に議員を続ける意味があるのでしょうか。
そもそも、年金は要らないでしょう。
自分達に有利な年金制度は、本当に腹立たしいです。

>欧米では、議員はボランティアに近い考え方です

政治に対して志があるなら、博愛の精神で議員活動を行って欲しいですが、日本の場合は、職業化してしまって、どんどん議員が雲の上の人になってしまっています。
政治にはお金がかかると言いながら、議員の家屋を見るとほとんどが、豪邸に住んでいます。
なんだか、すごい矛盾を感じます。
そんな人たちが、底辺の暮らしを本当に分かっているのかも疑問です。
だからこそ、普通の人が政治に参加できるようなシステムを構築する以外にないでしょうが、地方分権というならば、そういった場を設定して欲しいです。
政治は金持ち連中の道楽にしてしまっては、いけないと感じます。

今日も、国会で渡辺議員が、平静の無血革命と言っていましたが、まさにその通りで、今までの古い自民党的体質を根本から改める、1年になりそうです。
が、地方はまだまだ古い体質、しがらみにドップリ使っていますね。

>勿論、議員年金制度は廃止をする。
議員は払ったものは全額、利息を付けて返すので良しと思います。

即、廃止して欲しいと思っていますが、金の亡者と化した地方議員は聞く耳を持たないのではと思います。
私達とは、まったく観念が違いますから。
地方の議会、議員を自民党的な体質改善をするのは、至難の業だと感じています。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/04 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/46663123

この記事へのトラックバック一覧です: 破綻寸前の地方議員年金について:

« 衆議院予算委員会、質問通告拒否の自民党 | トップページ | 事業仕分け、徹底公開 傍聴席にネット中継も »