« 宙に浮いた年金解明、”名古屋を参考に” | トップページ | 衆議院予算委員会、質問通告拒否の自民党 »

2009/11/01

地方路線維持へ支援策検討、しっかりしろ前原大臣

新政権発足後、いきなり八ツ場ダム建設凍結と打ち出して、利
権団体の肝を冷やした前原国交相。
そして、全国のダム工事を見直すと宣言した。
八ツ場の場合、事前に連絡がなかったとか、中止ありきのダム
見直し論はいかがな物かと、地元や首長連中に総スカンを食っ
たが、国の方針を大転換をするときには、色んな所から苦情や
非難が上がるのは分かりきっていた事だ。
想像以上にひどかったかも知れないが、それでも、国の未来を
見据えて断行しなければいけない時にはどんなに苦しい立場に
立たされても、決断をする。
国の姿勢やあり方を示すべきだ。

テレビや新聞報道で見るだけだが、一身に攻撃の矢面に立た
されて、本当に気の毒にも思ったりもしたが、これも国のため、
国民の未来のためと割り切っていたのかと思っていた。

空港問題でもそうだ。
将来的には羽田をハブ空港にすると言った途端に、すかさず、
あの千葉県知事から、猛抗議が起きた。
前原大臣の考えは至極当然で、100近くも空港がありながら
韓国に、ハブ空港の座を奪われた日本の航空行政に、政権の
変わった今だからこそ、メスを入れるチャンスだと思っていた。

にほんブログ村 ニュースブログへ

ところが、ここへ来て、ぶれているのではと思えるような発言
が頻繁に出て来るようになったのは、なんでだろう。

*******************************
前原国土交通相は31日、日本航空の再建問題に関連し「一定
の時限を区切って政府として何らかの支援をして、飛行機が飛
ばない空白の空港がないような形にしていきたい」と述べ、省内
で同社が撤退する可能性がある地方路線を維持するための支
援策を検討していることを明らかにした。
            **********************************

日航が破綻寸前にあるのは、稼働率が極端に低い、地方空港へ
色んなしがらみで飛ばし続けた、日航の親方日の丸体質にも
大きな原因があると考えられる。
そんな事は、専門的知識のある前原大臣には一番に分かってい
る事だろうに、まだ地方路線の維持をするための支援策とか、言
っているが、支援をすればするほど、ますます赤字が膨らむ事に
なる。
そのツケは、すべて国民にかかってくる事を忘れたのか。
今の内に、赤字路線の空港は廃止に向かわせる方が、まだ傷
は浅く済むと考えられないだろうか。
色んな所に配慮しているのは分かるが、今、改革の手綱を緩め
ると、後々とんでもない事に繋がりかねない。

色んな団体から、色んな陳情や要望があるのは分かるが、ここ
は心を鬼にしてでも、なんとか踏ん張って欲しいと思うのだが。。
八方美人的な、やり方は前原大臣には似合わない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪



|

« 宙に浮いた年金解明、”名古屋を参考に” | トップページ | 衆議院予算委員会、質問通告拒否の自民党 »

コメント

赤字の垂れ流し、血税を貪る無駄な空港は全て廃止にして当然です。
最近の前原大臣は顔に陰りが出て言う事に覇気が無くなりつつあります。
圧力に屈するぐらいなら自ら大臣を辞任すべきですが、そうなる前に再度圧力を跳ね返し頑張って貰いたいものです。
狭い日本に90幾つもの空港は必要の無いもので無駄そのものです。
頑張れ!前原大臣!

投稿: よんじゃる | 2009/11/01 18:43

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
毅然とした態度が必要ですね。
当分嫌われ者でいないと、断行は出来ないかと思います。
前原国交相には是非頑張ってもらいたいです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/11/01 18:45

はじめまして。Kazeと申します。

僕は赤字でも税金を投じて社会基盤として維持しなければならない空港もあると思います。
例えば、空路以外に海路しかない離島の空港です。

そういった意味で、前原大臣が柔軟な姿勢に転じたことを評価しています。

投稿: Kaze | 2009/11/01 20:24

★ーーこんばんは、よんじゃるさん

この狭い日本に、100近くも空港があることが、まず驚きですね。
そのほとんどが、赤字路線といいますから、この国は金食い虫がいろんなところに住み着いているようです。

当初の勢いは、どこへやら、最近の前原さんは、どんどん妥協をしていっているように思います。
前原さんの使命は、冷徹非情に徹する事だと思っています。
変に取り込まれないことを祈るばかりですが、どうなっちゃうのでしょうね。
妥協をすればするほど、後になって跳ね返ってくると思います。
なんとしても、スリム化していただきたいものです。


★ーーこんばんは、くまさん

くまさんの仰るとおりだと思います。
毅然とした態度と、嫌われ者になる覚悟があるかという事です。
いい顔をしていたら、改革は出来ません。
しがらみの無い、民主党だからこそ、国民は期待したのです。
だから、なんとしても頑張っていただきたいですね。


★ーーこんばんは、 Kazeさん、初めまして

Kazeさんの仰る事は当然ですよ。
郵政と同じように、離島や交通の不便な所は守らなければいけないのは言うまでもありません。
が、100近くもある空港で、どれだけの空港が赤字でも存続意義がある場合があるのでしょうか。
ほとんどの空港は、その周辺に鉄道もあれば、道路もあり、別に空港に頼らなければ、生活が成り立たないと言うわけでもないと思います。
だから、命にかかわる離島などは赤字でも存続する意義はありますが、そうでない空港はあらゆる観点から見直すことも必要でしょう。
私は、大幅にスリム化しない限り、日本の未来はないと思っています。
だから、前原さんには力関係で、今までの持論を変える事だけは 止めていただきたいです。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/01 21:03

こんばんわ。
へぇ~、日本に、「100」も近い空港があるなんて、凄いですね。
けど、「100」にしては、何となく無駄で多すぎだと思いますね。
それに、「ダム」も、そうだし・・・。
これでは、「赤字」が出るのも、無理もないですね。
今まで、「自公政権」の時代では、「ダム・空港問題」を、全然解決しようとぜず、ほったらかしになっていました。
そして、現在は、「政権交代」=「民主政権」の時代に、変わりました。
現在、「前原大臣」は、この問題に取り組んでいます。
それなのに、「都知事側」は、全然「前原大臣の法案」に聞き入れ無い処か、反発するばかりですね。
これでは、いつまでも、話が噛み合いませんね。
だけど、これを実行しないと、いつまでたっても、「無駄な空港・ダム問題」が、解決できませんね。
とにかく、この問題を解決するのは大変ですが、国民に期待を答えるように、頑張って欲しいですね。
だから、「都知事側の言うことを聞け!!」=「はい!!、そうですか・・・」と、すんなり言う通りに、なるのはやめて欲しいですね。

投稿: H.K | 2009/11/01 21:42

こんばんは、H・kさん

この狭い国土で、100近くも空港があるのは不思議でしょ?
ざっと、一つの県に二つはある勘定になります。
どう考えても多すぎだと思います。
それも、赤字路線がほとんど。
これでは、日本の財政もおかしくなるわけです。
ダムも、空港も、政権が交代した今だからこそ、精査する必要があると思います。
首長連中の恫喝に、めげる事無く初志貫徹していただきたいです。
これで、改革がどんどん後退するようなら、国民が見放します。
自民党には甘く、民主党には厳しい国民なんですから。
失敗は許されません。
至難の業だとは思いますが、国民の期待がかかっている事ですから、ここは頑張ってスリム化する以外にありません。
日本の未来がかかっているのですから。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/01 22:25

離島にはJAL機が着陸できるような立派な空港は必要ないと思います。
それよりも命に関わる病人や怪我人が出た時にドクターヘリ等が柔軟・迅速に運用可能な小規模のヘリポートで十分だと思いますし、そちらの方が重要だと思います。

それと生活物資運搬が可能な港です。漁港でもフェリーが着ければ十分だと思います。

JALは全国に次々と設置された空港への乗り入れ等、国や地方からの強い要望と圧力があり、これを実現したことが経営悪化の最大要因だと考えます。

JALの要望・圧力に屈した経営姿勢も問題でしょうが、国主導のもと補正予算で大型プロジェクトを推進した地方にも大きな責任があると考えます。

その背景には、地方の人々の夢もあったでしょうが、自分達の次世代のことも考え、身の丈にあったインフラ整備やソフト整備を推進していくべきだったと思います。

今後は地方主導のもと、自分達の地方のインフラは自分達で考えて建設し、その責任も自分達で負うようにしなければ、借金体質や公共工事依存体質は変わらないと思います。

そういった意味でも、今回のJALやダム問題を地方が真剣に議論する良い機会だと思います。

そういう考えからすると、日本海側の地方都市、特に北九州等はこれからますます経済成長する中国等と距離的に近いですから、きちんと整備して利便性を上げれば、それ以上の経済効果が発生すると思います。
こういった地方都市では、周辺の港湾や空港を集約した上で、その分、スーパー港湾や空港をきっちりと整備して、経済効果を最大限に引き出すべきだと思います。

つまり、きちんと地方の特色や将来を考えた上で、地方の責任の元、意思決定しインフラ整備を行うべきだと思います。

国は、中央集権システムから脱却して、上記のような地方を後押しできる体制を構築する時代がきていると思います。

投稿: ハイド自宅から | 2009/11/01 23:16

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは


八ッ場ダムはマニフェストで、廃止を国民と契約しました。
やめる理由はそれで十分です。

平成維新という価値観や物の考え方が180度転換しなければならないときです。
旧来の考え方や既得権益を守る人達とは、毅然として振る舞わなくては、平成維新は断行できません。
八方美人的に、できるだけ出血しないようになんてことはあり得ません。
個人としての弱者は守らなければなりませんが、強者や会社や法人は守る必要はありません。
強者や会社や法人は新しい時代に向けて、自助努力で転換すべきで、政府が助けるべきではありません。
住民は守るが、自治体は守る必要はなく、地方主権で自立すべきです。

ダムによらない治水を原則とし、国によるダム建設は禁止する「脱ダム宣言」を打ち出せばよいと思います。
空港は離島34空港を除けば、64空港もあり、1県に1ないし2空港存在し、多すぎます。
空港は独立採算性にし、採算に合わないものは他用途に転用すべきです。
空港や高速道、新幹線などの高規格のインフラは、公園や一般道路などの基盤のインフラと違って、何処の県にも平等にという代物ではないということを明言すべきです。

一々既得権者の言うことを聞いていたら、甘い顔をしていたら、背後には山ほどの既得権者が陳情しに来て、平成維新は腰折れ、断行できません。
前原大臣には、最初が肝心、原理原則で押し切って行くべきです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/11/01 23:52

★ーーこんにちは、ハイド自宅から さん

ドクターヘリという案は良い案ですね。
どこの離島にも飛行場は要らないかもしれません。
そこは、皆で議論をすれば良いのだと思います。
前に、そのまんま東が、”わが県には高速道路がないから是非とも高速道路を作って欲しい”と言っていましたが、地方の隅々まで高速道路は必要ないし、不便な地域にはドクターヘリを活用すれば良いのにと思っていました。
全部の離島に飛行場と言うのは、採算も取れないし、維持管理も大変でしょうから。

JALの今の状態はなるべくしてなったと思っています。
親方日の丸体質、首長・族議員の要請で、全国津々浦々採算が取れないにもかかわらずの、乗り入れ、労働組合異常な強さ、年金問題、まだあるでしょうが、すべて破綻の道へまっしぐらです。

>身の丈にあったインフラ整備やソフト整備を推進していくべきだったと思います。

自民党政治には、まったく欠けていました。
税金を族議員が私物化して、使え使えとやってきたように感じます。
だからこそ、財政破綻も視野に入っているのだと思っています。
地方の首長は、地方分権と声高に言うなら、そこにはおのずと責任も伴ってくるのだと思います。
誰も責任を取らない体質が染み付いていますが、これは今後変えていただきたいですね。
責任の所在をしっかりさせると言うのも、地方分権には必要な事だろうと思っています。

民主党政権に変わって、国の枠組みを大きな所で変えようとしています。
現在は港湾も使い物にならない。アジアを重視するなら、日本海側の港湾の使い道を考える必要もあるでしょうね。
色んな抵抗があるでしょうが、是非とも、抜本的な改革を期待しています。
取り込まれていると受け取られないように。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/02 17:03

こんばんは、愛てんぐさん

無血革命とも言われている、今回の政権交代ですから、ものも見方や価値観も180度変わる。それを、私達、国民も考える時期に来ているのだろうと思います。
今までと同じ事を踏襲するなら、別に民主党政権でなくても良かった訳です。
政権が替わるという事は、それほど画期的なことだとも思えます。

>旧来の考え方や既得権益を守る人達とは、

まだまだ、既得権益を守る、守ろうとする人は大勢います。
政権交代の本当の意味を理解していない人も沢山いるのだろうと思われます。
前原さんも、取り込まれたと思われないような発言や言動をしていただきたいです。
こんな発言をするようでは八方美人に思われてしまいますよ。
今までの国は強者を守ったり、優遇してきましたが、これからは弱者に視点を当てる政治を目指すのでしょうから、既得権益をもっている人たちは守る必要はないと感じます。
地方も勝手が良いですよね。
地方分権はしろ。と。そして予算は今まで通りよこせと。
ひも付き予算でも、予算が欲しいと。
結局は公共事業がしたいと言う事に尽きると思います。

>空港は独立採算性にし、採算に合わないものは他用途に転用すべきです。

採算に合わない物を、どんどん作り続けてきたツケが今になって、表面に現われていますが、もっと前から言われていた事です。
やはり、システムを全面的に変えないと又同じことの繰り返しでしょう。
前原さんは、根本から膿を出しつくしていただきたいですが、このところの発言には疑問も感じます。

>前原大臣には、最初が肝心、原理原則で押し切って行くべきです

初めの勢いのように、冷徹に徹するべきだと思います。
少し甘い発言や顔をすると、付け入れられますから、跳ね返す勇気も必要でしょうね。
背後には国民の多数の希望や願いもあるということも頭において実行していただきたいですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/02 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/46644048

この記事へのトラックバック一覧です: 地方路線維持へ支援策検討、しっかりしろ前原大臣:

» 地方空港の廃止はやむを得ず [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 JALが経営不振に陥った原因のひとつに、全国あちらこちらに空港をつくり続けた国 [続きを読む]

受信: 2009/11/02 07:41

« 宙に浮いた年金解明、”名古屋を参考に” | トップページ | 衆議院予算委員会、質問通告拒否の自民党 »