« 宜野湾市長頑張れ!真相を語リ続けて | トップページ | 一ヶ月ルールとハケタ宮内庁長官 »

2009/12/15

”普天間先送り政府方針” これで良いのだ

最初にお断りをしておきますね。
人間誰しも言論の自由があります。
他人のブログに、記事の一挙手一投足を取って、反対コメントを
するよりも、ご自分のブログで心行くまで自説の展開をなさって
下さい。
そしてその中で、同好の志を募る事をお勧めいたします。
反対コメントに、私の考えはああだ、こうだと言っても、まったく
噛み合いませんし、平行線をたどるだけです。
そういった不毛な議論は、お互いに時間の無駄と言う物ですか
ら、これからは削除させていただきます。

>政府が15日、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題に関し、移
設先の結論を来年に先送りする政府方針を決定したことに対し、
自民党からは、「無責任だ」との批判が相次いだ。
石破政調会長は同日、党本部で記者団に「みんなにいい顔をし
て問題を先送りにするという無定見、無責任で国を誤る容認でき
ない決定だ」と厳しく批判した。、来年の通常国会での予算案審
議で追及する考えを示した。
また、田野瀬総務会長は同日の記者会見で」と
述べ、日米関係悪化は避けられないとの見通しを示した。
                             読売新聞

政府方針を発表した事で、少しはマスゴミ、自民党の重箱の隅
を突くような批判が収まるだろうか。
沖縄県民がどうしたら幸せになるか、連立政権でじっくり考えれ
ば良いのだ。

にほんブログ村 ニュースブログへ

自民党は野党だから、”無責任だ”との批判をするだろうが、自
公政権で13年も、先送りしてきた案件が、新内閣の3ヶ月で決
定する事の方が不思議な事だと思わないのだろうか。
政権が交代しても、”日米合意事項”は必ず守らなければいけな
いと言う批判も多々あるが、江川昭子氏はクリントン政権からブ
ッシュ政権に変わった時も、前の合意事項を破棄した事があっ
たと言っていた。
鳥越氏は、条例とか国際間で定めた事項を突然破棄するのは
問題だが、新政権に変わったときに見直す事は問題ではないと
も発言をしている。

>「国家間の約束事をいとも簡単に破棄し、日米同盟にとって重
大な懸案になった

いとも簡単に破棄はしていない。
根本から見直そうといっているだけだ。

沖縄県民のに立って、過酷な米軍基地の存在を根本から問い
直そうとすれば、そんなに簡単に解決はしない。
自公政権の先送りと違って、県民のためにと考えたら、どの案
が一番良い解決策か模索するのは、当然だろう。
自公政権のように、日米合意事項だからと、沖縄県民の声を無
視して辺野古沖にしますと言えたら、どんなに簡単な事か。

石破氏は、
>2010年度予算案に移設関連経費を計上するとした点につ
いては、「米国に対するアリバイ作りだどうなるか分からないの
に、予算計上することは問われてしかるべきだ」と述べ

アリバイ作りが、なんで悪いのだろう。
日本のためになるアリバイ作りが、どうして悪いのか。
どうなるか分からないと言っても、移設にしても現状維持にして
も当然予算はかかる。
自民党が作った ”思いやり予算” を突然0にする訳にもいか
ず、予算計上するのは当然だろうに。

自民党は辺野古沖でどうしても決着を付けたいのだろうが、県
民の意思については、何も考えないのだろうか。
地元住民の生活破壊、海の環境破壊をしても、まだ日米合意
が一番重要だと考えているのだろうか。
アメリカの意向の為には、国民の犠牲もやむなしと考えている
のだろうか。
これは、日米合意が一番で辺野古沖へと言っている評論家達
に聞きたい。
自分がそこに住んでいないから、言えるのではないか?


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪




|

« 宜野湾市長頑張れ!真相を語リ続けて | トップページ | 一ヶ月ルールとハケタ宮内庁長官 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
マナーの悪いブロガーはあとを絶えませんね。
反論は自分のブログでトラックバックをしてするのが、マナーなのですが、それすら出来ない人が多すぎます。自分でブログも立ち上げられないのでは呆れますね。
 基地問題は振り出しに戻してじっくり考えるべきですね。何も、自民党政権を世襲する必要はありません。政権が変われば、何もかもが変わることがあります。変えてほしいから、政権が変わったわけですから、自民党の負け犬の遠吠えは意味がありません。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/12/15 18:40

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

全体の主張を捉えずして、言葉の端を捉えて、重箱の隅を突っつくような人達が多いですね。
自分が根拠を言わずして、根拠は何かと問う、不心得者もいましたね。
いろんな見方や情報を得るのが楽しくて、概ね同じような考え方の人が集まってきていると思います。
記事に反対意見をする場になれば、ストレスが溜まり、そんなブログは楽しくありません。
反対するだけのコメントは、私も削除するようにしています。

投稿: 愛てんぐ | 2009/12/15 19:03

そもそも、辺野古の海岸を埋め立てて滑走路を造っても、米軍が使える保証はないのです。
それはサンフランシスコ連邦裁判所(だったかな)が環境保護法に抵触するとした中間判決を昨年1月に出し、最終判決もそうなるであろうと事らしいです。
つまりは、全く意味の無いものを巨額の税金を使って作り、その維持管理にまた税金を投入するという、従来の自民党政権が行ってきた事と全く同じことなのです。
それを、沖縄国民目線も含めて見直そうというのですから時間は必要と思います。
マスコミは批判的な事ばかりを報道していますが、この点を含めた報道がされないのは何故でしょうか。
また、偏った解説者が多いなかで、鳥越氏は中立的というか、的を得た発言をしているように感じてます。

投稿: サクラ日記 | 2009/12/15 19:53

まるこ姫さん、こんばんは。

政府方針私もこれでいいと思います。

マスコミは先送りだなんだと批判的ですが、宜野湾市の市長さんでしたっけか(間違ってたらすいませんm(_ _)m)、インタビューでこの政府方針に賛意を示していたようでした。

この際しっかり時間をかけて沖縄県民の皆さんの憂いが少しでも晴れるように鳩山政権のみなさんに頑張って欲しいですね。

投稿: tanikuro | 2009/12/15 20:39

★ーーこんばんは、くまさん

最近多いですね。
私は、自分と違う考えの記事に反論するようなコメントはかきません。
その人にはその人の考えがあるのでしょうし、自分の反論で考えが変わるとも思えず、お互いに徒労が増すだけですよ。
そこのところをわきまえて欲しいですね。

>基地問題は振り出しに戻してじっくり考えるべきですね

私もそう思います。
せっかく政権が交代して、沖縄県民も声を上げているわけだし、変えて欲しいから、政権が交代したと言う側面もあるわけで、自公の踏襲だけでは、何のための政権交代かとなってしまいます。
自民党の発言は、少しも発展性がありません。
批判のための批判としか取れませんね。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

私の記事の書き方が拙いのでしょうが、伝えたい事が分かってもらえませんね(苦笑)
言葉の端々をとらえての、揚げ足取りは、へこみはしませんが、嫌な物があります。
すべて同じ考えとは行かないのは人間ですから、仕方がありませんが、それでもここに集まる人たちは、強い者に物申す人たちだと思います。
何の根拠も無く、弱い物いじめをする人が嫌いなのだと感じます。

反対意見は自分のブログで、思いっきり書けば良いだけの話で、何も土足でヅカヅかと入り込んでこなくてもね。
と言うわけで、これからも宜しくお願いいたします。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

ジュゴン訴訟ですね。
環境破壊の大義名分を、何でアメリカ側に伝えないのか意味が分かりません。
これだけでも、辺野古沖の移設はできなくなりそうですね。
滑走路建設も、大きな箱物ですから、これがグアム移転したあと、巨大な過去の遺産として残るのでしょうか。
あれだけ、天下りの実態が公にされたのに、まだ懲りもせず、箱物建設に行こうとしている、自公政権が亡霊のように立ちはだかっています。
自公政権の負の遺産は巨大ですね。

この先送り発表は、一見、自公政権時の先送りのようにも見えますが、沖縄県民の意向も良く考えて一度立ち止まって考え直そうとすることですから、自公政権のうやむやとはまったく違いますし、冷静に判断する事にもなり、良い事だと思います。
メディアは、一方的な報道ばかりしないで、ジュゴン報道や、座間への移転をアメリカが一方的に破棄した報道もするべきですね。

私も、鳥越さんの発言は、信頼を置いています。
あの人の発言はぶれませんから。
局によって違う発言はしない人だと思っています。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/15 20:52

こんばんは、tanikuroさん

tanikuroさんのコメント、心に染み入ります。
沖縄県知事も、宜野湾市長も、概ね賛成のような
発言をしていました。
当事者が評価しているのに、何でメディアが大批判大会をするのでしょうか。
社民党がブレーキ役になって、冷静な判断をすれば良いのだと思います。

>沖縄県民の皆さんの憂いが少しでも晴れるように

本当に他人事ながら、そう思います、tanikuroさん、ありがとうございます。
憂いが少しでも晴れるように・・・・・
なんと上手い表現でしょう。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/15 21:02

まるこ姫さん こんばんは
いつもお邪魔していますね。
新政府頑張っていると思います。非難批判を浴びながらの仕分け作業は良いことです、、、無駄を徹底的に無くして欲しいですね。
沖縄の米軍基地移転は、、、先送りして来たのは自公政権です。沖縄県民の60年間を越える生の声を我が意思と我が声として政治の場に持っていって欲しいです。そのことは米軍基地の有無をも左右することです、時間をかけて国民一体となって決めたいと思いますが、、、。そんな場が欲しいと思っています。

投稿: ゲン | 2009/12/15 21:50

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

石破政調会長の自民党は、アメリカにいい顔をして、基地・防衛族、利益関係者だけに良い顔をして、沖縄県民を泣かせてきたのは、みんなにいい顔をしているよりも、良いことでしょうか。
自民党は基地利権で、沖縄県民を犠牲にしてきたと思います。
自民党は沖縄を差別してきたと言えるかも知れません。
迷惑料の沖縄北部振興だって、本土の業者が大部分は持って行き、残り滓が地元業者なんだろうと思います。
構図は八ッ場ダムと一緒ですね。

トラスト・ミーの解釈でも、鳩山オバマ階段で、2010年の日米安保条約改定50周年に向けて、. 同盟深化へ1年かけて政府間協議を始めることに. 合意したので、鳩山首相は1年掛けて、普天間問題も含め考えるから、信用しろと言ったかも知れません。
アメリカの言う日米同意の辺野古移転希望に対して、社民党・沖縄県民の反対はあるが、辺野古にするから信用しろと言ったと解釈するのはアメリカの受け取り方です。
アメリカの高圧的な態度は、高圧的な態度に日本が弱いと言うこともありますが、属国の方から約束を反故することがアメリカの沽券に関わることで、どちらが大国か分からせようとする、差別的な姿勢かも知れません。

自民党政権の同意事項も政権交代すれば、見直すのは当然、国家の権利です。
アメリカ依存からアジアにも力点を入れるように変わったのですから当然だし、前政権での東西冷戦の終焉を踏まえた見直しを行ったいないようですから、見直しは当然です。
アメリカだって、オバマ大統領に代われば、東欧でのミサイルの配置を、ロシアとの関係に考慮して、約束を破棄し、ミサイル配置は取りやめました。
対等の関係なら、アメリカは日米合意の解消を認めるべきです。
沖縄の基地環境は、人道上許されるものではないのですから。

沖縄県議会の反対で、埋立許可が下りないので、辺野古沖の埋立は事実上できません。
また、米カリフォルニアの裁判所で、ジュゴン訴訟で国防省は敗訴し、基地建設は困難です。

鳩山首相のグアム移転声明が最善の方法ですが、先送りは次善の策としてやむを得ないと思います。
宜野湾市長の言うように、事実上の辺野古移転反対だと思います。
来年1月、辺野古移転容認の名護市長選挙があり、辺野古反対候補が勝つと、益々国外移設へと流れが加速するでしょう。
秋には知事選があり、県議会が辺野古反対が多数を占めているのと同様、自公推薦の仲井知事も辺野古反対派に敗れるかも知れも知れません。
時間を掛ければ掛けるほど移転先は無くなると誰かが言っていましたが、全く逆で、一層グアム移転へ圧力が増していくことでしょう。

来年5月とは言わず、1年掛けて、日米同盟を見直して、沖縄米軍の縮小、海兵隊のグアム全面移転、地位協定の見直しなど、現在の極東情勢を勘案した安保体制に組み直すべきと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2009/12/15 22:30

最近ミクシィでもそうなのですが、ネットウヨ共の低レベルなコメントが横行していますよ。彼らはおそらく自分で考えることの出来ない脳みその連中ですからキチガイと同じです。
そんな連中の書き込みはどんどん削除する方が賢明かと・・・
最近はサンケイ、ヨミウリもなんだかそんな状況に近いですね。沖縄県民のことや、日本のことを考えてのコメントではなく、まさに売国奴的な発言が目につきます。
辺野古に滑走路を2本も作ろうとしたのは、自民党や利権土建屋の自分たちのための滑走路であって米国の為でもましてや沖縄県民のためのものでもないはずです。
ここの海上を埋め立てたらどういうことになるのか・・・
賢明な人たちは皆知ってることですが、欲に目のくらんだ餓鬼共には理解できないのでしょう。
自然を破壊したら二度と元に戻りません。
ここは、売国自民党時代に無理矢理合意した案は白紙に戻して、時間をかけて最終決着してもらいたいものです。
一時的に自然を破壊しない方法で辺野古にフェリの基地くらいは移設することになるかとも思ったりしてますが、最終的には沖縄から基地がなくらる方向に進めたら最高ですね。

投稿: 路傍の石 | 2009/12/15 23:22

こんばんは。毎度、ぷひゃひです。

下野した自民党にとっては、重箱の隅を突っつくような、批判のための批判しか所詮できないのです。最新のニュースでいえば、、天皇と会談するにあたっての1カ月ルール破りについて自民党は、「天皇陛下の政治利用だ」と言っていますが、これまで自民党は天皇を政治利用してなかったとでも言うのでしょうか?一例をあげれば、森喜朗(しんきろう)はかつて、「国体」云々発言や、「天皇を中心とした日本国」発言をしましたし、彼のような、戦前の皇国史観に基づいた軍事拡張主義を未だ肯定する輩は、自民党やその支持者にうじゃうじゃいます(例:金婆さん、東条英機のお孫さん、など)。

ちょっと脇道にそれたようなので、今回の皆さんのコメントについての話に戻しますが、上記の「1カ月ルール破り」の問題について、大変恐縮ですが、まるこ姫かどなたかブログで新たに語ってもらえませんかねえ。わたしブログないので、他力本願どころか他人のブログで相撲取ってるみたいでほんとにマナー違反ぽいのですが、誠心誠意コメントいたしますのでどうぞお許しください。。

で、閑話休題。

辺野古の問題ですが、「サンフランシスコ連邦裁判所の環境保護法に抵触するとした中間判決」をもっと議論に取り上げるべきです。なぜできないのでしょうか?そのへん、皆さんご意見ありますか?

結局これまで自民党は、「全く意味の無いものを巨額の税金を使って作り、その維持管理にまた税金を投入する」ということをやっていたのであり、自己の利権のみを守っていたのであり、そこに沖縄住民は(おこぼれに群がる一部を除き)含まれていなかったわけです。自分がそこに住んでいないからわからない、どうなってもよい、というのは強者による弱者の搾取そのものです。原発の建設も全く同じ構図です。

弱者の気持ちを理解できないのは、想像力の欠如にとどまらず、人間性の放棄である、とわたしは思います。はっきり言いますが、他人の気持ちを理解できるようになった人類は、そのレベルに達した時点で、もう「弱肉強食」は、あり得ないのです。弱者でも生きれる、とにかく、「誰も殺されない社会」を目指さなければならないのです。でないと人類には自己破滅の道しかありません。

今、どう考えても弱者への視点がより感じられるのは(党の思惑や戦略を差し引いても)宜野湾市市長や鳩山政権のほうで、まかり間違っても自民党ではありません。

”普天間先送り政府方針”これで良いのだぁ~、ア、これでぇ~いいのだぁ~

投稿: ぷひゃひ | 2009/12/16 00:14

★ーーこんにちは、ゲンさん

いつもありがとうございます。
新政権を、めちゃくちゃ言うメディアですが、私は、まだ時期尚早だと思います。
努力はしていますから。
自民党政権のように胡坐をかいているわけではありませんから、少しは長い目で見たいものだと思っています。
事業仕分けは、政治の一端を見ることが出来、政治が面白かったです。
国民目線の政治は、これからも続けて欲しいですね。

>沖縄の米軍基地移転は、、、先送りして来たのは自公政権です。

本当にそうですよ。
自分達は10年以上も解決できなくて、何で新政権に変わって3ヶ月で変える事ができるのでしょうか。
自公政権では、アメリカのためには県民は我慢すべしと、いつも思ってきたのでしょうから、未だに県民の声が届きません。

政権が交代した今がチャンスですね。
色んな言い訳もできるでしょうし、米軍基地が日本に150以上も必要があるのか、根本から議論して欲しいです。
時間をかければ、できることも必ずあると思っていますから、鳩山首相には頑張っていただきたいですね。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

自民党は、鳩山首相を八方美人と批判をしていますが、アメリカだけに良い顔の自民党よりは、はるかに苦悩しているからと思います。
やはり、族議員と、基地の利権は切っても切れない物なんでしょう。
コンクリートを作るにしても、ほとんど大手が持って行く図はどの箱物も、同じなんでしょうね。
下請け、孫請け、その又、下と。。。。。
結局は、日本はすべて、利権が絡めば、蟻が群がるような構図になっているのだと思います。
地元は、一番下と言う事でしょうか。

アメリカとの交渉は、いつも下に見下ろされている感じですね。
独立国とは言うものの、何も言えないニッポンと侮られているのかと、今更ながら悔しいですね。
日本を守ってやっているからと、どれだけむしりとられてきたか、そして基地周辺では未だに色んな事件が多発しています。
それもアメリカは、地位協定で守られ、どこが日本を守っているのかと思います。
いつまで経っても、見直すこともしなかったからこそ、今の問題にまで発展しているのだと思います。

他国は政権が替われば、破棄することもしますが、日本の場合何十年ぶりかに自民党と考えの違った政権に交代したにもかかわらず、前の合意事項は死守すべきだとの論調です。
何で、そんなに錦の御旗のように合意事項があるのか、まったく分かりません。
条約や国連決議でもないでしょうに。
オバマだって、一応は人権に敏感な大統領と言うふれ込みなんですから、話せば分かると思いますけど。
それと、ジュゴン訴訟も話し合いののきっかけにはなりますよね。
粘り強く、話し合いを進めるより仕方がありません。
決して、恫喝に屈せぬように、沖縄県民の意思を最大限尊重するのが真の外交だと思います。

メディアは先送りだと批判をしましたが、自公政権の先送りとはまったく色合いが違います。
一番に沖縄県民の意向を考えて、3党で考える先送りですから、今、浮き足立って結論を出す必要はまったく無いと感じます。
何十年も待ったのですから、ここは、もう少し辛抱していただいて一番良い方策を考える時間としていけば良いのだと思います。
枠組みを根本から、考え直すと言う事なら、時間はかかりますよね。
それが、遠くても近い道だと思います。


★ーーこんにちは、路傍の石さん

私も、ヤフーニュースのコメント欄を見ていると、恐ろしくなります。
とにかく、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い式のコメントばかり。
鳩山政権の一挙手一投足に、感情的なコメントであふれかえっています。
気持ちが暗くなるから、あまり見なくなりました。

>最近はサンケイ、ヨミウリもなんだかそんな状況に近いですね。

そうなんですよね。その系統のテレビも、偏向報道ばっかりです。限りなく一方的に煽り立てる番組が多いですね。
一番に感じるのは、県民の気持ちを考えている評論家やコメンテイィターはいるのかな?です。
アメリカ怖い的な発言の数々は、どちらを向いているのかと疑いたくなります。

辺野古沖にしても、アメリカ側はヘリコプターの基地をといっているのに、二本の滑走路を進呈しましょうと言う日本側。
ネットで大騒ぎしている、浅はかなな人たちは、本当に事実を知っているのでしょうか。

>自然を破壊したら二度と元に戻りません。

まったくその通りで、沖縄のあの綺麗な海を、偽政者たちは金のためなら、破壊しても何も感じないのでしょうね。
本当にバカか?と思います。
出来るだけ、自然を破壊しないように未来へ残すのが、私達今を生きている物の、責務でしょうに。
残念ながら、自民党議員には通じないかも知れませんね。
あれだけの大借金を作って平然としている党なんですもの。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/16 16:38

まるこ姫さん。今晩は。
自民党石破氏に言いたいですね。「お前が言えるか」と。これまで、米軍基地によって、沖縄の人たち、国民の命、自由、財産を奪い、血税を浪費して、苦しめて来たのは自民党、公明党のアメリカ追随の外交ではなかったかと。在日米軍は、米対外覇権主義戦略、イラク、アフガン等への侵略戦争をするための軍隊です。それを日本のための抑止力などと欺き、とんでもないです。それに比べて、今回、鳩山連立政権は、県民、国民の声を大事にして、背景にしてアメリカに対峙し、言いなりにならないで、自主的な言動を取りました。これまでの自公政権の何でも対米追随に比べたらまさに革命的な外交です。このような日本の状況は徐々に米国にも伝わって行っているようです。やはり、何でも「Yes」ではなくて、国民の声を大切にして相手国にはキチット伝えるべきです。
沖縄の人たちの苦しみを我が苦しみとして、私達国民は一億火の玉となって、米軍基地を撤去させるまで鳩山連立政権を応援し、我が問題としてたたかわなくてはなりませんね。それなくして、日本の人たちは、アメリカの戦争に巻き込まれずに、安全に生きることが出来ないと思います。

投稿: hamham | 2009/12/16 16:59

こんにちは、ぶひゃひさん
コメントありがとうございます、

何せ、無学な私ですので、政治的な判断は致しかねますが、この一ヶ月ルールを、みなさまとは違う観点から記事を書いてみました。
まったくの、とんちんかんな内容かも知れませんが、少し読んで見て下さい。

>他力本願どころか他人のブログで相撲取ってるみたいでほんとにマナー違反ぽいのですが

全然そういうことはありませんよ。
私は、売文をしているわけでもなく、単なる素人のへなちょこ記事ですから、それに共感を持っていただければ、ありがたい事です。

メディアは、アメリカを怒らせたら大変だと言う意識が抜けきれないようです。
ならば、何で大変なのかは書かないで、ただ煽るだけです。
そして、私達が本当に知りたいニュースは中々流しませんね。
ジュゴン訴訟なんて、流せば、必ず世論がもっと沸くはずです。
座間移転をアメリカ側が中止したことも、なぜかテレビではながしません。
意図した方向へ、国民を誘導しているみたいです。

自民党政権の考えは、政治は素人では分からないから、黙って税金を納めていれば良いという態度に見えますよ。
お前等は後からついてくればよいと言う政治でした。
本当に国民のために政治をしてきたのか、国民と言っても上の方に属する人たちのための政治だったと思います。

>弱者でも生きれる、とにかく、「誰も殺されない社会」を目指さなければならないのです

政権交代した今だからこそ、政治の仕組みを変えるチャンスでもありますよね。
今までのような強圧的な政治はもう沢山です。
それには、私達はもう少し気を長くしてこの政権を支える必要があると感じます。
何十年もの膿やしがらみや仕組みが、簡単には変わらないです。
メディアや自民党の挑発に乗って、国民が騒ぐ野だけは、戒めねばならないと感じます。

>弱者への視点がより感じられるのは(党の思惑や戦略を差し引いても)宜野湾市市長や鳩山政権のほうで

鳩山さんは頼りなく見えますが、それでもあんな大金持ちが国民目線を持ち続けている事が稀有なことだと思います。
あの人、ぶら下がりの記者にも一礼して始まり、一礼して終わりますよ。
気を使いすぎがあだになっているのでは無いでしょうか。
宜野湾市長は気骨もあるし、論理的だし、好感を持ちました。
今は、じっくりと根本的な解決策を練る時だと思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/16 17:05

こんばんは、hamhamさん

>自民党石破氏に言いたいですね。「お前が言えるか」と

本当にそうですよ。
どの面下げていえるのかと、恥ずかしくなります。
血税を私物化してやりたい放題で、官僚の独走を許してきたのも自民党政権ではありませんか。
アメリカには、何もものが言えず、今、県民を思って苦慮している鳩山政権に、アメリカが怒っていると大騒ぎ。
どちらを見ているのか一目瞭然です。
何で、国民のために政治をしないのか、
一部既得権益ばかりを守るのか、

世界戦略と言っても、イラク・アフガン派兵のための戦略ですよね。
日本も片棒担がされているような物です。
日本を守るなんて、おこがましいことですよ。

鳩山政権は頼りないかも知れませんが、少なくとも自民党政権のように、アメリカのご意向通りは、考え直そうといっているわけですから、進歩はあります。
それに対して、メディアの論調は、アメリカ怒った。です。
何で擁護するメディアが出てこないのか、不思議ですね。
すべて、アメリカの意向ばかりを気にするメディアは、アメリカの出張機関かと思います。

それこそ、フィリッピンの例もあることですし、沖縄県民の意向を、きちっと伝える事はとても大切に思います。
沖縄県民の苦しみや、悲しみが分からない自民党政権は何も言う資格がありません。
私達は、声を大にして言いましょう。
必ず、国外に移設してもらうと。
私達は、自分の苦しみ、悲しみと考える事が最重要ですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/16 19:43

こんばんは、ぷひゃひです。

よせばいいのに、またフジのニュースJAPAN見てしまいました…。やはり親米保守主義売国奴の大本営発表でした。

それを受けて、もう一筆加えさせてください。

まるこ姫さんの仰る通り、「先送り発表は、沖縄県民の意向も踏まえて考え直す時間を設けるため」という側面は決して否定できるものではありません。民主党のなかには日米合意でいいと思っている者もいるようですが、少なくとも鳩山首相はそのために連立を排除するつもりはないことは誰が見ても明らかです。

自民党が、「先送りは単なる時間稼ぎで、どうせ後になってできませんでした、となるのが関の山だ」などというのとは正反対に、時間を設けることでプラスに働く要素は十分にあると思います。そういう鳩山内閣を応援することのどこが間違っているというのでしょうか?

フジは、鳩山首相の先送り決定が、「無責任を通り越して”見苦しい”」などというアメリカ側の関係者の弁を伝え、一方で社民の瑞穂ちゃんは、なにか鳩山校長先生から花マルをもらって有頂天になって辺野古に来てわーいわーい叫んでる子供のように報じていました。

このあまりにもあからさまな、福島党首蔑視のスタンス。
確かに社民党には、55年体制容認で自民党に甘えてただ批判ばかりしていればよかったという体質や、もっと具体的には北朝鮮支援という旧社会党時代からの負の遺産があり、残念ながら日本人にかなり旧社会党=社民党アレルギーがあるのは否めませんが、それにしてもまるで心の腐った大人が障害児を見るような見方、旧ミドリ十字や厚生省官僚どもが、HIV感染者や肝炎患者を扱ったようなやりかた。あまりにも似てる。ホント、震えが止まりません。

そして、一方のアメリカ怒ったら怖いゾー的な煽り。ホンットにフジTV・サンケイ新聞はじめ右メディア(もうこの頃はTBSも朝日も負けず劣らず)というのは、原爆を落としたアメリカのご機嫌は伺うくせに、同じ国民である、基地に苦しむ沖縄の人たちは一顧だにしないというのが、まともなことだと思ってるんでしょうか。

愛てんぐさんの言われた「沖縄の基地環境は、人道上許されるものではない」という状況にどうして無関心でいられるのでしょうか。一部の人間が米軍のおこぼれに与って利権を得て経済発展していればそれでいいというのが正しいんですか。

Tanikuroさんの「沖縄県民の皆さんの憂いが少しでも晴れるように」という願いを声高に言えるメディアはないのでしょうか?

インディアンやテロリストどもをやっつける、強くてマッチョでカッコいいアメリカにへいこらし(例:ブッシュ一家の前でGlory Glory Halleluyah ~などと踊ってみせる小泉ペテン師)、一方で、騒音・航空機の墜落・殺人・強姦に苦しむ米軍基地周辺住民に味方する人を小馬鹿にするマスコミ。

あぁぁ、ヤンなっちゃった~。あぁぁ、驚いた~。

投稿: ぷひゃひ | 2009/12/17 01:16

こんにちは、ぶひゃひさん

フジはひどいですよね、それとサンケイ。
アメリカの出張機関に成り下がってしまいました。
アメリカのご意向どおりが一番ベストなんでしょうが、日本って、本当に独立国なんでしょうか。
殖民地かと思えますが。

鳩山首相が連立を維持していると言う事は、そういうことですよね。
前から、県外移設といっていましたから、腹は決まっているのだと思いますが、色んな調整もあり、んかなか本心はだせないのだと好意的に解釈をしています。
せっかくの政権交代ですから、民意を反映してほしいですね。
おのずと、自民党の先送りとはまったく次元が違います。
メディアは自民党と同じような先送りと思っているところに、意識の古さ、既存メディアの傲慢さが潜んでいるように感じます。

>このあまりにもあからさまな、福島党首蔑視のスタンス。

福島さんへの偏見は相当ありそうですね。
私は、自民党以外の党で、国民のためを思ってくれる党なら、どこの党でも大歓迎ですが、ネットウヨには、福島さんの評判はすこぶる悪いです。
共産党より、格段に悪いと感じます。
共産党は、別格なのかも知れませんが。

私が考える、社民党、共産党と言うのは、現実は頭に無くあまりに理想論ばかり追っている党との認識ですが、違うでしょうか。
理想に近づくように努力するのは良いですが、現実との折り合いもありますしね。
それにしても、あの偏見と差別に満ち満ちた、今のネットウヨの考えには、まったくついていけません。

しかし、戦後何十年もたって、未だにアメリカ怖いと言うメディアの論調は、どうにかならないのかと。
私達の意識にも、相当な刷り込みですよね。
大手既存メディアで、沖縄県民の側に立っての報道は少ないというか、聞いた事がないような気がします。
国民を憂う、県民を憂う、報道機関が無いのが、この国のいびつさ加減ですね。
対外的なことばかり、
それも、的外れな物ばかりです。

願わくば、私達の声が少数派に属さない事を祈るばかりです。
が、この国の国民もメディアに洗脳されている所がありますからね。。。。。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/17 16:13

どうも、ぷひゃひ、です。

共産党は、理想論だけで、現実への対応、という概念が欠如しています。言ってることは、まぁ、正しいにせよ、それをどう現実を変えるに向けて戦略的に組み立てていくか、というのがないように思います。要は頭でっかちでで、理想論に酔いしれているという感じです。椎茸夫党首の大好きなスタートレックのような未来社会ならいいんでしょうけど、そこへたどり着くまでの道のりを考えないと机上の空論で終わってしまいます。

まぁ、はなっから政権に就くことを考えていないんでしょうから、民主党を批判する前に、自民党を徹底的に批判する”健全な野党”に徹してもらいたいもんです。

社民党は、というと、なんかタナボタで与党になっちゃった、という感が否めません。自民党と連立で手を組むことで自滅した旧社会党とは違うんだ、というのをもっと前面に出して、多少頭でっかちであっても、社会民主主義的政策のブレーンという役割で、民主党の暴走(もし、するとしたら)を抑えるように、もっともっと期待したいところです。

という面から、国民新党も含めて(でもちょっと静ちゃん心配)、今の連立はずぅーっと維持した方がよさそうですね。

投稿: ぷひゃひ | 2009/12/17 16:55

こんにちは、ぶひゃひさん

社民党も、国民新党も、民主党と通じる物がある党ですから、参議院選挙までといわず、出来るだけ連立を組むのはいかがでしょうか。
私は、民主党の数に任せての暴走を心配しています。
多数になればなるほど、傲慢になります。
それは、仕方の無い事でもあります。
それのブレーキ役が、社民党や国民新党かと。
目の上のたんこぶのような存在は嫌われますが、ある意味それがあることによって、理性が勝つと言う事もあります。

今は、気に入らない奴は切ればよいのだとの風潮がありますが、少数意見の中にこそ、隠された真実がある場合もありますから。
少数意見をバカにする事なかれ。です。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/17 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47029574

この記事へのトラックバック一覧です: ”普天間先送り政府方針” これで良いのだ:

« 宜野湾市長頑張れ!真相を語リ続けて | トップページ | 一ヶ月ルールとハケタ宮内庁長官 »