« スーザン・ボイルの来日と和田アキ子 | トップページ | 今日は大晦日、今年の駄文も終わりって事で(笑) »

2009/12/30

めまぐるしかったこの一年、政治を振り返って

100年に一度の不景気と言われたのは、去年のサブプライム
ローン、リーマンショックからで、麻生政権3ヶ月、ちょうど去年
の今頃は、支持率17パーセントだったのはご存知か?
同じような時期に首相が変わり、確か麻生政権発足時でも50
パーセントは無かったと思うが、3ヶ月で20パーセントを割り込
むと言うのはいかにも異常としか思えない。

鳩山政権に対して支持率急落と言うが、麻生政権を思えば、な
んてことは無い(笑)

面白いのは、就任5日で大臣の座を降りた中山氏。
わたしは、すっかり忘れていた(笑)
もう、一年前の色んなドタバタを忘れてしまうほど、さまざまな
出来事があった。
酩酊で、世界に大恥晒した大臣もいたし、自分達で選んだ首相
を、"麻生では戦えない”と終始一貫して麻生降しが吹き荒れて
いたのは、今でも不思議な事だ。。
一番の原因は自分達の見る目が無かった事ではないか。
それを、又引き摺り下ろそうとする気持ちが分からない。

その麻生氏、自民党が衆議院で惨敗した後も、失言癖は健在
だったそう。
今月、党の対話集会に参加したも、4人の子供がいると言う男
性に向かって、”あんたも好きねぇ"と言ったんだと(笑)

すったもんだして、ようやく解散総選挙に打って出た麻生首相。
結局は、早くやっていたほうが傷が浅かったと思うが、歴史的な
大惨敗を喫してしまった、

にほんブログ村 ニュースブログへ

待ちに待った政権交代で、国民は過大な期待が大きかった分
たったの3ヶ月で、ブーイングが出ているが、私は、何十年もの
膿や垢が、政権交代をした事で、一気に解決するとも思えず、
少しは、待つ姿勢も必要だろうと思う。
不慣れな政権で、色んな齟齬もあったりもしたが、国民目線の
政治をやろうとしていることを加味すれば、メディアと一体にな
って叩く国民は、この国をどうしたいのだろう。
又、自民党政権に戻るほうが良いのだろうか。
私も、歯がゆい思いは、随分ある。

鳩山首相は、何でぶら下がり記者にそこまでサービス精神を
持たなければいけないのだろうとか、自分の思いつき発言の
ような物を、さも決まったかのようにポロポロと出すのは、決して
プラスになるどころか、曲解して受け止められるとは思わないの
だろうかとか。。。。。。
首相の発言が軽すぎるとは思うが。それでも今までの、密室で
行われていた政治を思えば、数段上の政治が出来ていると思う、
一部閣僚の不用意な発言も、目に付くが、それでも、大臣達は
本当に良くがんばっていると思う。
今までだったら、副大臣や政務官などは、ただのお飾りだったと
思うが大臣をサポートしての仕事ぶりには頭が下がる。

と言うわけで、景気は前から悪かった。
鳩山不況と言うのは言いすぎではないだろうか。
株が下がった時は鳩山ショック、鳩山不況といい、上がった時は
何も報道しないって、どういうこと?
景気は、気からとも言う事を考えれば、不況、不況といい、デフレ
と煽るメディアにも責任の一端は無いだろうか。
何でもかんでも、民主党政権のせいにするのは、納得が行かな
い。
温かくとは言わないが、国民にも寛容な精神、見守ると言う姿勢
も必要なのだと思う3ヶ月だった。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪



|

« スーザン・ボイルの来日と和田アキ子 | トップページ | 今日は大晦日、今年の駄文も終わりって事で(笑) »

コメント

まるこ姫さん こんばんは
明日はとうとう大晦日ですね。本当にいろんなことがあった1年です。私は、小沢氏と検察・マスコミとの全面対決が今年一番印象に残りました。そんなふうに考えていると昨日本屋で「小沢一郎 嫌われる伝説」という書籍を見つけたので早速読んでみました。
 小沢氏とマスコミ・官僚との戦いは、実に小沢氏が自民党幹事長だった1989年以来続いているそうです。実に20年戦争ですね。小沢氏も1-2年で古希を迎えるはずです。来年あたりが、20年戦争の最終章になる予感がします。
 いずれにせよ、2010年が日本国民にとって、そして、まるこ姫およびこのサイトを見ている皆様にとって素晴らしい年になることを祈念しています。皆さん、よいお年を!

投稿: BB | 2009/12/30 18:26

こんばんは、まるこ姫さん。

(くまさんへのコメント同じ部分はお許しください。)
この一年、ブログを拝見させていただきありがとうございました。
今年もあっという間に過ぎてしまいましたね。
私は、来年早々から、長年の自分のテーマでもあった年金に関して、微力ですが、お手伝いすることになりました。

一人ひとりが、自分の場所で活躍することで、いつの間にか全体が良くなっていくことができる来年であることを期待します。
その前に、居場所はどうするのか?は政治家に任せたいのですが、どうなることやら…。

”あいつには負けたくない!”でもいいし、”あいつのように元気にやってみようか!”でもいいのですが、一人ひとりの頑張りが実現できる年でありたいですね。

今、バラマキが社会主義のような意味合いで批判されていますが、年度末までは、甘んじて受け止めるしかないのでしょうね。

それは何だ!とはうまく言えないのですが、一人ひとりの頑張りの栄養素である将来への期待(いい変えれば、現在の安心・安全)が、形作られてくれば、変わってくると思うのです。

来年もよろしくお願いいたします。

投稿: あおきん | 2009/12/30 18:36

chickこんばんわ
お正月といっても、主婦には休みがありませんが(笑)

来年は、どのよな年になるのでしょうね・・
明るい年であることを祈るばかりです。
トラコミュ&こちらでのやり取り、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

投稿: 両津勘子 | 2009/12/30 18:43

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
今年はでもいい歳でした。政権交代があっただけでも大きな年でしたね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/12/30 19:27

★ーーこんばんは、BBさん

もう、年とともに、短くなる事は!(笑)
明日はもう大晦日ですよ。
色んなネタがありすぎて、記事には事欠きませんでしたが、だからこそ、色んな忘れてしまった事も多かったですね。

>小沢氏と検察・マスコミとの全面対決が

検察は、小沢さんがよほど嫌いのようですね。
あんなに、一人を絞ってネチネチと追及するのも、すごいことだと思っています。
検察関係者とか、捜査機関とかの談話が毎日リークされました。
これって守秘義務違反ではありませんか?
官僚改革・マスコミ改革はは並大抵ではありませんね。
20年も、綱引きがあったとは。。。。
やはり、豪腕小沢ならではの、現象なんでしょうね。

2009年もあと一日です。
明日も、記事を書きたいと思っていますので、明日皆様のご健勝を祈りたいと思います。
それでは、明日。

★ーーこんばんは、あおきんさん、お久しぶりです

一年の早い事は!。年々早くなります。
なんだか嫌になっちゃいますけど。。。

あおきんさんは、いつも定期的にコメント頂き、それのお返しも出来ず、心苦しいばかりです。
ありがとうございました。

やはり、鳩山首相が言っていた、友愛とは、人の居場所があって、その人がその場所で、自分の力を発揮する事でもあるのだと思いますよ。
必要とされる自分って、嬉しいですよね。
そうなれば、おのずと全体が良くなるののですから。

>今、バラマキが社会主義のような意味合いで批判されていますが

今は、ものすごい不況といわれていますから、人にばら撒くのは致し方がないことだと思います。
今までのように、上にばら撒いても、下に浸透しなかったことを考えれば、温かい政治が実現しつつあるのかと思いますが、財源を考えると、一刻も早く、独立行政法人や天下りにメスを入れて欲しいですね。

やはり、民主党政治が国民に浸透するまでは、相当時間がかかると思われますから、国民も一喜一憂するのではなく、もう少し長い目で見る必要もあると感じます。


★ーーこんばんは、両津勘子さん

そうですね。主婦は毎日が勝負ですから(笑)

来年は、良い年でありますように・・・・
なんて、毎年思いますが、毎年激動ですね。
この数年は、本当にめまぐるしいです。
両津勘子さんとは、主張が違うのだと思いますが、お寄りいただいて、嬉しくもありました。
ありがとうございました。


★ーーこんばんは、くまさん

そうなんですよね。
今まで、何十年もの自民党政治が崩壊した年でもありますからね。
革命的とも言われた、政権交代ですが、こんなに短期間で見放してよいのでしょうか。
メディアの扇動されないで、自分の頭で考えたいと思いますね。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/30 20:42

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

今年は念願の政権交代も成されたし、私にとってはたいへん良い年でした♪

え? 鳩山民主党が頼りない??
誕生後たった100数日しか経ってない政権に対して、そんなワガママな駄々っ子みたいな短気なこと言う人達には、きっと永久に幸せなんか訪れないでしょう。
『短気は損気』
っていう諺もありますものね。
「長時間じっくり煮込むまで辛抱強く待たなくっちゃ、美味しいシチューは食べられませんよ」
っていうところでしょうかね。
こういうことにすら思いを巡らせられない日本国民って、政治家やマスメディアや経営者から見ると、騙し易い有り難い “カモ” ですね。

投稿: いっすんぼうし | 2009/12/30 23:39

おはようございます。いつも読むだけで。

>待ちに待った政権交代で、たったの3ヶ月で、ブーイングが出ている、・・・・一気に解決するとも思えず、少しは、待つ姿勢も必要だろうと思う。

全くその通りだと思います。それから前の記事も、同感。
布施明さんが今回限りで紅白卒業っていっていましたけど。・・
もっと他にいるんですけど、NHKさん何をビビっているんだろうと。
来年も楽しみに訪問させて頂きます。良いお年を!

投稿: midori | 2009/12/31 10:43

まるこ姫さん、皆さん、こんにちは

政権交代が今年一番の出来事であり、本格中道左派政権が出来たのは戦後初めて、政治家主導政治は近代政府初めてです。
田中真紀子氏が言うように、政権交代ではなく、革命というのに近い気がします。
なのに、今一歩、そういう熱気がありません。
マスコミの鳩山政権が100日ハネムーン期間にも関わらず、箸の上げ下ろしまで批難したり、政治と金の集中攻撃をしたりしたことが要因だと思います。
民主党、マニフェストに期待した割には、物事が余り進んでいないのも要因だと思います。
今までの政治を180度近い展開をしようとしている平成維新なのですが、最初に唱えた程のスピ−ド感はないようです。
鳩山首相の性格が大いに影響しているように思います。
やはりお坊ちゃん育ちで、莫大な資産でリーダーになれたため、維新を推進する動機や信念、パワーが不足しているように感じています。

しかし、コンクリートから人へという、政府の仕事である富の再配分を企業・団体から、困っている人へと変えました。
格差を生む資本主義の欠点を補正するの富の再配分は、欧州では常識の政策で、バラマキではありません
物事の決定が官僚から政治家に移ってきています。
事業仕分けで、無駄も排除しつつあります。
地方交付金を増やし、地方分権へと足を踏み出しました。
政策の決定も大分、透明にされつつあります。
こららのことは、談合利権誘導政治の自民党政権が敢えてやろうとしなかったことで、これまでの自民党政治と比べ、国民主権の政治でみれば、雲泥の差、月とすっぽんの差で良くなったことは事実です。

世界的不況で公約していたことが出来にくくなった、思ったより官僚の抵抗は凄まじかったなど、逆風を考えれば、致し方のない面も多いと思います。
首相、大臣を自民党政権のようにころころ変えるべきでないとしたら、鳩山政権を叱咤激励しながら、応援していくしかありません。
友愛の精神で、八方美人的に進めるのであれば、マニフェストの実現もゆっくりで、ソフトなものになっていくのでしょう。
マスコミが一喜一憂させる手練手管に翻弄されず、じっくり腰を据えて国民主権への変革が進むよう鳩山政権の後押しをし続けるべきと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2009/12/31 12:26

まるこ姫 こんにちは
自民党政権60年の1/10は6年ですよね、
ですので6年間くらいは民主党に任せても良いのではとゆう気持ちでいます。

時々、タダ見をしていましたが来年もよろしくお願いします。

投稿: ハナ | 2009/12/31 15:09

★ーーこんbんは、いっすんぼうしさん

鳩山政権は一見すると、頼りないようにも見えますが、自民党政権と違う手法でやろうとすれば、試行錯誤はもちろん、色んな弊害が出てくると思います。
そこで辛抱できなければ、自民党政権はどうなの?と回帰します。
国民ばかりか、評論家と称する人たちが躍起になって、批判していますが、評論家の言うようにやれれば、何でこんな国になってしまったのでしょう。

私も、短気は損気だと思いますよ(笑)
性急に結果を求めても、今までの政策に大きくブレーキをかけ、まったく違った視点での政治に転換すると言う事は、3ヶ月や半年で出来るはずが無いと、思います。

>日本国民って、政治家やマスメディアや経営者から見ると

この人たちから見ると、私達国民を惑わす事など、赤子のてをひねるくらい簡単なことでしょうね。
国民の振幅幅が大きすぎるように感じます。


★ーーこんばんは、midoriさん

いつも読んで頂くだけで充分です(笑)
国民は、50何年も同じ党に牛耳られていて、ようやく政権交代をしたと言うのに、3ヶ月で不満たらたら。
本当に、これでよいのでしょうか。

布施明さんが、紅白卒業ですか?
卒業して欲しい人には卒業してもらえず(笑)
卒業しなくても良い人が卒業とは。。。。。
なんだか、世の矛盾を感じますね。

どうぞ、駄文を楽しんで行ってください(笑)
お待ちしています。

★ーーこんばんは、愛ってんぐさん

日本では、右へ右へと政治が流れていましたが、中道左派と言うのは、世界的な傾向なんですってね。
と言う事は、日本もやっと世界の流れに乗ったのでしょうか。

私も革命に近い転換だと思います。
スピードが無いといわれますし、鳩山首相の決断も遅いような気もしますが、それでも小泉さんのように、人の意見はまったく聞かないような独断専行のような首相も問題があると思いますし、鳩山首相に良いアドバイザーのような人がいないのでしょうか。
世の中のことを良く知っている人で、偏らない考えの人、バランスの取れた人、探せばいると思いますが。
自民党のように、使い捨ての首相ではなく、周りが育てる姿勢に行けばよいと思いますが、どうでしょうね。
毎年首相が交代する日本の政治は、世界的に見ても信用度0でしょうから。

お金を配分しようとするとバラマキといわれます。
自民党政権では、大企業や、公共事業に配分してきましたが、これからは一人一人に配分すると言います。
自民党政治とは、まったく違う政治でも、同じようにバラマキと言うのは、違っているような気がします。
国民がメディアに扇動されて、ただの政権交代だと考えるようなら、民主党の今の進捗状況の遅さは致命的欠陥になります。
自民党政治に戻るなら、民主党を追い詰めて立ち直れないようにすれば良いのですが、明日のない自民党政治に戻れるとはとても思えません。
ならば、鳩山政治を全否定するよりは、もう少し長い目で見ることも必要かと思います。
何で、何十年もの政治には不満を言いつつも従っていたのに、民主党政治にはものすごいブーイングが出るのでしょうか。
本当に分かりません。


★ーーこんばんは、ハナさん、いつもありがとうございます。

やはり、わたしも、4年や8年、任せられないものかと。
またぞろ、メディアの扇動に乗せられて国民が、不信任を出すようでは、政権交代をした意味がなくなって今います。
国民は、もう少し長い目で見る覚悟はないのでしょうかね。
欠点をあげつらっているようでは、腐ってしまうとおもいますから。
少しはねぎらう必要もあるのかと。

ただ見、結構ですよ(笑)
いつでもお待ちしております。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/31 17:27

まるこ姫さん、みなさん、こんばんは

大晦日ですねぇ・・・2009年もついに、暮れゆく時を迎えました。わたしはまるこ姫さんのブログには、最後の最後に、ちょこっとだけお邪魔させていただきました。まるこ姫さん、皆さんにも共感も頂き、とても感謝しています。ありがとうございました。

今年は、政権交代の年でしたね。皆さんご指摘のように、田中真紀子さんの言葉を借りれば、「革命」。わたしもそう思います。大企業とその利権に人々が競って群がり、日本は全体としては高度成長を迎えることができた一方で、さまざまな弱者が、その命さえも顧みられることもなかった自民党政治の時代が終わりました。

とても大きな転換です。それを、まるでひとつのバラエティ番組が終わった程度のように扱い、批判のための批判、見当違いのあら探しに終始しているマスコミ。

わたしたち日本人は、明治維新、1945年の敗戦に次ぐ、歴史の大転換期に、今、たった今生きていることをしっかり実感できているのでしょうか。3ヶ月でハネムーンが終わったなんて、そんな傍観者のような態度で臨むような軽薄な視点でよいのでしょうか?

こんなに大きな歴史的転換期に生きている、ということを実感した上で来年、2010年は、民主・社民・国新の連立政権が、わたしたち一人ひとりのための政治をちゃんとやっているかどうかを、しっかり主人公としての視点で、見ていこうではありませんか。

それでは皆さん、素晴らしい2010年をお迎えくださいますよう、ぷひゃひは心からお祈りしております。

投稿: ぷひゃひ | 2009/12/31 22:59

こんばんは、ぶひゃひさん

分ひゃ悲惨には、有意義なコメントを頂き、本当に嬉しい限りでした。

今回の政権交代は、たんなる政権交代では無かったですね。
それこそ、維新か革命と言うような意味合いだと思います。
そして、公共工事(箱物)や、大企業よりの政策は終わったのです。

それがわかっていないと言うか、あえて分かりたくないと言うか、メディアの側の意識がまったく変わっていないのが気になります。

>歴史の大転換期に、今、たった今生きていることをしっかり

本当に今から思うと、歴史的な大転換でしたね。
あれだけ威張っていた、自公の力は官僚の力だと分かってしまいました。
今の自公の衰退振りは目を覆うばかりです。

それならば、何十年ぶりの政権党になった民主党を批判ばかりして、やる気をなくさせるよりは、叱咤激励してでも育てるように行かない物でしょうか。
前向きな批判なら大賛成ですが、けなす事に全精力を置いているように感じます。

民主党には、最低でも4年かけて、国民目線の視点で取り組んで欲しいですね。
すぐに、駄目だ、駄目だと言うような短絡的に物事を考えるのは、諌めなくてはいけないのではないでしょうか。
私は、もう少し長い目で見ようと思っています。
皆さまも、宜しくお願い致します。

投稿: まるこ姫 | 2010/01/01 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47154580

この記事へのトラックバック一覧です: めまぐるしかったこの一年、政治を振り返って:

« スーザン・ボイルの来日と和田アキ子 | トップページ | 今日は大晦日、今年の駄文も終わりって事で(笑) »