« ”米国を怒らせた” 相も変わらずメディアの論調 | トップページ | 米軍再編米都合で座間移転中止へ!これってどうよ »

2009/12/08

2次補正、経済対策7.2兆円閣議決定

このところ、またぞろ、メディアは、亀井大臣がいるから連立危う
しという論調になっている。
福島大臣や、亀井大臣は目の上のたんこぶで、政権の邪魔ば
かりしていると。
各閣僚が、バラバラ発言をしても、亀井大臣の横槍にも、何も答
えない鳩山首相のリーダーシップが問われている言った報道ば
かりがなされている。
連立政権に対して、とても否定的だ。

連立政権は危ういかも知れないが、それを否定的にとらえてどう
なるというのだろう。
実際は、連立で政権運営をしている。
危ういかも知れないが、連立を維持するためにはお互いに知恵を
振り絞ってより良い案を出したり、ある一方へ暴走したりする事が
少なくなって良い面もあると私は思う。
かえって政権に良い緊張感も生またりもする。
連立は、そんなに悪い事ばかりではないが、メディアは批判のた
めの批判を繰り返す。
批判をするのがメディアの仕事とばかりに批判をするが、重箱の
隅を突くような批判ばかり。

>政府は8日朝の閣議で、09年度2次補正予算に盛り込む総
額7.2兆円の経済対策を決定した。国民新党が対策の規模拡
大を求め、政府・与党内の調整が難航していたが、政府が7日に
提示した1000億円の上積み案を国民新党代表の亀井静香金
融・郵政担当相が了承し、最終決着した。     毎日新聞

にほんブログ村 ニュースブログへ

最後は落ち着くところに落ち着くものだ。
時間はかかっても、鳩山首相が最後に方向性を示せば、亀井
大臣も了承するのは、分かっている事なのに、いかにも、”すわ
政権離脱か?”
とか、”亀井大臣暴走する”とか、煽る事が仕事
とでも思っているのだろうか。

北朝鮮とアメリカとでは考えが月とすっぽんとも思えるが、それ
でも、何度でも粘り強い交渉が行われる。

>米国で北朝鮮政策を担当するボスワース特別代表率いる米
政府代表団が8日から平壌を訪問し、オバマ政権発足後初の
米朝直接協議が開かれる。ただ、米国が核問題での立場表明
や6カ国協議への復帰を促すことに限った協議をする方針であ
るのに対し、北朝鮮は恒久的な和平合意を求める場として米朝
協議を位置づけている。協議をめぐる認識の違いは依然として
大きく、今回は、米朝が相手の立場を確認する程度にとどまる
可能性が出てきた。                   毎日新聞

><EU議長国>米中を名指し批判 温室ガス削減目標で圧力
                               毎日新聞

どこの国だって、いうべきことはちゃんと言っている。
開発の遅れた国ではどうか知らないが、先進国の中では、批判
をされても、よほどのことがおきない限り、それなりに対応をして、
紛争や戦争にはならないだろう。

なんで日本のメディアや外務省は、主張を恐れるのだろう。
お互いに主張しても、、分かり合えることも沢山ある。
主張をし合って、最後に落ち着くところに落ち着けば良いだけの
話だ。
報道と、”出刃亀”を取り違えていやしないか?(笑)
私は、誰かが右と言ったら何の疑問も無く全員が右を向く方が
よほど変だし、怖いとと思うが。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪




|

« ”米国を怒らせた” 相も変わらずメディアの論調 | トップページ | 米軍再編米都合で座間移転中止へ!これってどうよ »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
日本のマスコミは自己主張はほとんど無いですね。自己主張と言うよりも、付和雷同型とでも言いましょうか。野次馬の代表、挙げ足取りの代表といった方がいいでしょうね。
兎に角難癖付けて騒ぎ立てるだけ、責任は全く取りませんというところ。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/12/08 18:33

まるこ姫さん、こんばんは。

今のマスコミは批判の応酬でニュースもなにも見る気がしませんね。
ニュース番組を観てもコメンテイターや司会は同じようなことしかいいませんし。
全く何がしたいんでしょうかねえ。

というか逆に批判するぐらいしかやることがないのかもしれませんが、無闇に政治不信を招くようなことをしていては、大げさですが日本の未来すら揺るぎかねません。

少しは考えてもらいたいものです。

投稿: tanikuro | 2009/12/08 19:06

★ーーこんばんは、くまさん

>野次馬の代表、挙げ足取りの代表といった方がいいでしょうね。

まったくその通りだと思いますね。
なるほどと思える批判なんてありませんものね。
重箱の隅を突くようなことが、批判だと思っているのでしょうか。
上げて下げると言うのが特徴でしょうね。
少し上げておいて、思いっきり下げる。
今度は押尾学の報道ばかりです。
刑が何年かが焦点でしたね(笑)


★ーーこんばんは、tanikuroさん

とにかく、すさまじい批判合戦ですね。
昨日の報道ステーションでは、田崎氏が猛烈な批判をしていました。
偏った批判は見ていて、気持ちの良い物ではありませんね。
本当にどこを取っても金太郎飴のような、司会者・lコメンティターです。
これでは、政治不信が増すばかりです。
補正予算についても決着したではありませんか。
過程を取り上げての批判合戦は、不毛だと感じます。
普天間も、キット沖縄の人によりよい決着に持ち込んでいって欲しいですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/08 20:08

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

連立政権だから、弱小政党の意見を汲むのは当然です。
でないと、政権が持ちません。
持たなければ、コンクリートから人へも行えません。
参議院選までは、仕方のないことです。

社民党のことも含めて、気付いたのは、同じ連立政権でも自公政権の公明党のことです。
公明党は殆ど自民党の言いなりでしたね。
何のために、連立を組んでいたか、平和と福祉を標榜するなら、公明党が平和と福祉を主張していたら、イラク戦争追従や福祉切り捨てなどが行われなかったのかも知れません。

世界の国では、主張しないのは、すべてOKの意味です。
連立政権で意見を戦わせ、合意点を見いだすというの民主主義のルールのように思います。
日本政府はあまりに主張しなさ過ぎ、日本人もあまりに主張しなさ過ぎで、議論で物事の決着を図る術を身につけるべきと思います。
特に、強いものに対してです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/12/08 21:42

まあ、そろいも揃ってテレビに出てくるコメンテーターや評論家は私のような程度の低い国民から見ても、もっと程度の低い人間にみえてしまいます。
確かにマスコミは政権をチェックしなくてはいけないと思いますが、今の状況はチェックではなくて、まさに揚げ足取りの見本のような感じです。
特にテレ朝のフルダチはひどいもんですね。最近は観る気がしなくてみてませんが・・・
田崎史郎のような偏向人物を出すことはマスコミとしての使命感を放棄してるのじゃないかとさえ、思ってしまいます。
どうも田崎の言ってることは、自民党の大島幹事長が言ってることと、ほぼ同じですね。
彼は自民党の御用コメンテーターだったのでしょう。
報道ステーションの偏向ぶりはひどいもんです。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-4b49.html

投稿: 路傍の石 | 2009/12/08 22:35

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

連立がそんなに悪い事だとは思えませんね。
デメリットばかりを報道しますが、民主党の意見が絶対だとはいえないし、暴走するのに歯止めをかける事もできます。

自公の連立は、公明党がまったく主張しなかったから、波風が立たなかっただけですよね。
公明党は弱者に配慮する党なんでしょうから、本当はもっと主張すべきでした。
連立離脱と言うカードをチラつかせて、色んな選択肢を示せました。
が、まったくの言いなりで、何のための連立か分かりませんよ。
末端の信者が、何の疑問も持たなかったから良いものの、本来なら暴動が起こっても不思議ではない法案が強行採決しました。
公明党の日和見主義が、自民党をのさばらせたとも言えますね。

>連立政権で意見を戦わせ、合意点を見いだすというの民主主義のルールのように思います。

民主党の中でも左よりも、右よりもいますから、ましてや他党と連立を組めば、議論の一致点を模索するのも時間がかかると思います。
それをするのが連立であり、民主主義なんですから。
日本人は、議論をすると、すぐに喧嘩腰になります。
オウム真理教のときにも思いましたが、ディベート能力がまったく低い。
主張をして、議論をして、こその、連立であり、外交だと思いますね。
何で、議論を恐れるのかまったく分かりません。

★ーーこんにちは、路傍の石さん

何も専門的な知識が無い人間から見ても、今の評論家・コメンティターの言っている事は、卑屈だし、アメリカ追随ですよね。
先進国を自負している日本のメディア、外務省、の体たらくは。。。。

政権をチェックすると言うよりも、批判のための批判に見えます。
まだ、決着していない、過程での批判ばかりです。
それも重箱の隅を突くような批判ばかり。

昨日、ちょっと面白かったです。
急に、利権団体からの献金ではなく、自分の親からの資金だから、そこは分けて考えても良いとか何とか。。。。。
コメンティターの一色氏が戸惑っていました。

田崎氏の発言すべてが、自民党よりの考えですね。
とにかく民主党が憎くて仕方が無いというような一方的な発言ばかりです。
もう少し、客観的に見、公平に発言できない物でしょうか。

>彼は自民党の御用コメンテーターだったのでしょう。

まったくその通りだと思いますし、大島さんも、悪代官面が様になっていますね(笑)
この人ほど顔と発言が一致している人もいないでしょう(笑)

投稿: まるこ姫 | 2009/12/09 16:54

ニュス番組テレビで最近司会者、コメンテーターの質のひどさにテレビ見たくない。内閣のインタビーの一部だけを取り上げ(内閣の話の前後ガあるにも言わないで項目だけ作り取り上げてなにもわかつてないコメンテーターガコメントする)こんなテレビ見たくない。 ところが内閣のメンバの一人が主演するとなにも反論がないコメンテーター、司会者は筆問さえもしどろもどろになる。

投稿: アシベじいさん | 2009/12/09 18:51

こんばんは、アシベじいさん

そう思われますか?
私も共感するところです。
私達がブログネタを切り貼りするのとは違って、報道をする法の責任は大きいと思います。
それが、一部だけ取り上げて何回も流すのは、見る人を恣意的に誘導しているように感じます。
そして、それ一点で全部分かったようなコメントの仕方ですよね。

>内閣のメンバの一人が主演するとなにも反論がないコメンテーター、司会者は筆問さえもしどろもどろになる

本当にそう思います。
最近、閣僚が出演している番組も多いですが、碌な反論ができません。
本当に評論できるの?と思っちゃいますよ。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/09 21:06

 こんばんは。

 最近の政府を見ていると、連立を組んでいる社民党や国民新党に配慮しすぎの感がありますね。国民が支持したのは民主党であって、ミニ政党の社民党や国民新党ではありません。民主党の1/10以下の存在であって、対等の立場ではありません。

 出しゃばりすぎるのはいかがなものと思います。

投稿: たべちゃん | 2009/12/09 21:32

こんばんは、たべちゃん

配慮しすぎの感じもしますよね。
しかし、連立政権が始まったすぐに、不協和音ばかりだと
言うのも印象悪いですから。
少なくとも、来年の参議院選挙までは、仲良くと言うか、連立を組んでいたいだきたいです。

>民主党の1/10以下の存在であって、対等の立場ではありません。

亀井さんは対等だと言っていましたよ。
どうも、亀井さんは人柄なのか、許されちゃうところがあるようですね。
まぁ、最後は鳩山首相が決断をするのでしょうが。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/09 21:49

ほんとに、マスコミのレベルの低さには飽き飽きしてしまいます。政治も責任はありますが、日本を悪くしているのは、このレベルの低さもかなりの原因かと思います
決まった後で批判するのは、誰でもできると思うのですが・・・・

投稿: 土建や | 2009/12/10 07:41

こんばんは、土建やさん

もちろん、政治や政治家の責任は大きい物がありますが、マスゴミの恣意的な誘導なりの責任は大きいですね。
どうでも良いネタを朝から晩まで流したり、上げておいて球に落とす今の報道の仕方も、すごい嫌です。

>決まった後で批判するのは、誰でもできると思うのですが・・・・

私は、結果が出ての批判は仕方が無いと思いますが、過程での批判を繰り返す今のマスゴミは、批判のための批判に成り下がっていると思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/10 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/46970868

この記事へのトラックバック一覧です: 2次補正、経済対策7.2兆円閣議決定:

« ”米国を怒らせた” 相も変わらずメディアの論調 | トップページ | 米軍再編米都合で座間移転中止へ!これってどうよ »