« 先進国は資金支援確約を、中国外務省言うよねぇ | トップページ | 評論家は気楽な稼業と来たもんだ~♪ »

2009/12/11

平和賞オバマ演説、やっている事ってどうなの?

オバマのプラハ演説までは良かったし、支持もしていたが。。。
オスロでの大統領平和賞演説には首をかしげる。

>オバマ米大統領は10日、当地で開かれたノーベル平和賞
授賞式に出席し、同賞を受賞した。大統領は「戦時大統領」の
受賞をめぐり議論があることに触れた上で、米国を守るために
行動する権利を留保すると述べた。
受賞演説で、武力行使は人道主義的理由に基づく場合など正
当化されることもあるとし、武装組織アルカイダに対しては交渉
は武力放棄につながらないと指摘した。      ロイター

私は、オバマ大統領の発言の中で特に
>世界に悪は存在する。時に武力は必要だ」とし、「平和の維
持のため、戦争という手段には一定の役割がある」と述べた。

には、賛成しかねる。
平和維持のために戦争をするというのは本末転倒に思える。
力で押さえつけた物は、いつか必ず力によってしっぺ返しを食う
と思っている私としては、オバマ大統領の発言の中身には違和
感を覚えるのだ。

来年夏までに、駐留米軍の規模を約10万人に拡大させるのは
アフガン情勢の安定化に向けた措置だと言っている様だが、この
先3万人も増派して、またまたアフガンが泥沼化しないか?

にほんブログ村 ニュースブログへ

”核無き世界”は崇高な理念だと思うが、核では無く銃やロケット
弾、ミサイル弾だったら許されるとでも思っているのだろうか。
武力で制圧すればするほど、又、雨後の竹の子のように、後から
後から反発するのは世の常だ。

キング牧師は「暴力は決して恒久的平和をもたらさない」と言った。
まさにその通りで、又キング牧師もノーベル平和賞を受賞している。
そのキング牧師を尊敬していると言う、オバマ大統領は、”核無き
世界”
とはまったく矛盾をするような行動をして、自分自身、矛盾を
感じないのだろうか。

>前脚で増兵、後ろ脚で平和賞=米大統領受賞皮肉る中国紙
中国共産党機関紙・人民日報系の大衆紙・京華時報は11日、
「前脚で(アフガニスタンへの)増兵宣言、後ろ脚で平和賞受賞」
との見出しを付け、受賞を皮肉った。          時事通信

あの軍事大国の中国からも揶揄される始末だ。
しかし、日本以外の国はシビアだ。

アメリカと中国は利害関係から、最近、心密度を増しているが、そ
れでもちゃんと批判はする。
”同盟国”に対して、なんにも言えない日本とは大違いだ。
それどころか、この国のマスゴミは日本政府を非難しまくりで、ア
メリカ擁護に走ると言うから、何をか言わんやだ。

オバマ支持の多い、ニューヨークでさえ、平和賞受賞に対しての
反対デモが行われ、国内での支持率が急落している。
本当に、ノーベル平和賞を貰う資格がオバマにあったのだろうか。
しかし、日本の佐藤栄作でさえ、平和賞を貰ったしなぁ(苦笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪




|

« 先進国は資金支援確約を、中国外務省言うよねぇ | トップページ | 評論家は気楽な稼業と来たもんだ~♪ »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは。


これは逆に考えれば、オバマに対するノーベル賞側からのプレッシャーかもしれませんよ(笑)
『オバマくん、もう戦争はお止めなさい』という。
まあ、軍産複合体の圧力で引くに引けないでしょうが。オバマさんは間違いなく次の大統領選は負けますね。

投稿: さとし | 2009/12/11 18:21

こんばんは、さとしさん

今、やっている事と、平和賞受賞とのギャップに苦しんでいるでしょうね。
これからは、あまりひどい事はできなくなりますよね。
国内でも、とても反発されているそうですし。

オバマは、もっと前向きかと思っていましたが、国内の圧力に負けてしまっているのでしょうか。
あまりにも、買い被りをしていました。
アフガンは、これ以上増派したら、もっと泥沼化するだけです。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/11 19:33

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
期待値のノーベル平和賞って意味がないですね。
戦争は絶対に何があっても容認できるものではないです。勝てば官軍負ければ賊軍。
人殺しでしかありません。
ひとり殺すと殺人で、国と国で殺戮を繰り返すと殺人の概念が外れるなんて、バカなお話しです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/12/11 19:55

こんばんは、くまさん

言ったモン勝ちのノーベル賞なんですね。
理想ばかり述べれば貰えるなら、これほどいいことは
ありません。
アフガンに増派するのは、引っ込めていただきたいですね。
平和賞が泣きますよ。

個人が殺せば人殺し、国家間では人殺しにならないなんて。
これほど無意味な事はありませんね。
戦争をしている国が、平和賞?笑っちゃいます。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/11 20:45

旗印は「テロとの闘い」ですが・・・・
そのテロを産んだのは欧米諸国の覇権主義じゃなかったのでしょうかねぇ・・・
昔の自分たちの旧悪を棚に上げて、平和のための戦争とは、ヘソが茶をわかすくらい、おかしな論理です。
戦争を終わらせるためには、まず米国が旧悪を懺悔して世界平和にどう貢献するか誠意を示す以外にはないでしょう。
まずこのままでは100年経っても地球に平和な日は訪れることはないでしょう。
悲しいことにアングロサクソンの人種にはそんな真実も理解不可能でしょう。
もちろん、地球そのものが人間の住む環境にいつまで耐えれるのかも疑問ですけど・・・

投稿: 路傍の石 | 2009/12/11 21:07

こんばんは、路傍の石さん

”テロとの戦い”が大手を振って歩いていますが、テロに至る過程を見なければ不公平ですよね。
やはり、仰るように欧米諸国の覇権主義が貧困国の反感を買っているように思います。
今までの傲慢がすべての原因ではないでしょうか。
言うに及んで、”平和のための戦争”なんてよく言いますよね。
戦争で物事は解決しません。
オバマは、アルカイーダに対話は通用しないといっていましたが、本当でしょうか。
こじらせた原因は大国にあるのではと思います。

アメリカは、これ以上の戦いは無意味だと気付くべきです。
アメリカの論理が通用するなら、永遠に平和は訪れません。
大体が、アメリカ国内での戦争は皆無ではありませんか。
アフガン、イラク、ベトナム、朝鮮戦争・・・・他国での銃撃戦ばかりだから、本当の痛みが分からないのですよ。
もう、世界の警察気取りは辞めるべきです。

CO2ばかりが環境破壊になっていますが、戦争だって大いなる環境破壊ですよね。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/11 21:36

佐藤栄作は、核密約が日本側からも確認された上で(今更だけど)、ノーベル平和賞剥奪!

ちなみに、「アングロサクソン」はもう古いですよ。今のアメリカはカトリック・ユダヤ・黒人(オバマが、というわけでは今のところないですが)さえも権力者(=金持ち)になり、弱者を殺しまくっています。さすが”民主主義”のアメリカは懐が深いですねぇ。結局のところ、国がどうとか、文化がどうとか、が問題なのではなく、一部の人間が権力(即ち資本主義社会では金)を独占しているのが問題なの。

投稿: ぷひゃひ | 2009/12/12 00:10

こんにちは、ぷひゃひ さん

佐藤栄作でさえ、平和賞貰いましたからね。
密約は、その後に分かったのでしょうか?
アメリカは密約があったといい、日本は無いといい(笑)

やはり、昔は覇権主義が、弱者を作り、その上に胡坐をかいていた欧米諸国。
本当の根っこは大昔からの物でしょう。
今は、ユダヤ・華僑・フリーメイソン・・・・・
一部の金持ちが世界を支配していますが。
しかし、アメリカが介入すればするほど、泥沼化することを
肝に銘じて欲しいですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/12 16:44

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

ノーベル平和賞の授賞式で、平和のために戦争をする権利を保持するのは当然といった記念演説は、ノーベル平和賞に喧嘩を売ったも同然です。
この平和というのも、米国の言う平和(エゴ)に過ぎません。
授賞式を冒涜するオバマ大統領の見識を疑います。
アメリカの戦争と平和の考え方を聞きたいのではなく、如何にして核無き世界、戦争のない世界を目指すかです。
軍産複合体の意思を表明しにきただけです。

悪があると言うオバマ大統領も、「悪の枢軸」といったブッシュ前大統領と大して変わりはなく、西部劇のように勧善懲悪が好きなアメリカ単細胞人間のように思います。
アメリカが正義で、敵国が悪か、敵国からみればアメリカは悪です。
文化、宗教、哲学、歴史など変われば、見方は異なり、善か悪かは決められるものではありません。
敵対するのもそれなりの原因があり、ともに責任があり、どちらか一方が悪ではないと思います。

オバマ大統領には失望しました。

オバマ大統領はアフガンに2010年前半に米軍3万人増強し、2011年夏に撤退開始を発表しています。
1年で、タリバンやアルカイダを完全に掃討できると思っているのでしょうか。
テロリストを住民もろとも爆撃するような、アフガニスタン人を蔑視する姿勢ではアメリカの勝利はあり得ません。
戦争で、平和は訪れないと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2009/12/13 22:45

皆さん、おはこんばんちは。
愛てんぐさんのコメントを拝見して再びわたしも。

今回のノーベル平和賞でのオバマ大統領は、やはり初の黒人大統領でもアメリカの「枠(わく)」からは出れないなぁ~ということです。

アメリカという国は、迫害されたり(清教徒やユダヤ教徒)、飢饉だったりで新天地を求めた移民たちが、被害妄想(これに関しては、イスラエルもそっくりですね)と成り上り願望などから、常に脱出元の国をはじめ敵を求めて出来ていった国です。国としての出発点から、かなりいびつな国ってわけで、まずは先住民を敵とし、次は太平洋先住民やフィリピンを侵略し、そして共産主義というわかりやすいな敵を見据えてからは、ベトナム、中南米・・・延々と続いています。冷戦がやっと終わったと思ったら、今度はイスラム世界を敵としています。第二次大戦以降は圧倒的な軍事力とバックの軍産複合体とで、もうめちゃくちゃやってます。

アメリカが、自分たちと違う価値観を認められるようになる時は来るのでしょうか・・・?

なんか、黒人系のオバマ大統領よりも白人のマイケル・ムーアに大統領になってほしいような。

投稿: ぷひゃひ | 2009/12/14 01:36

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

ノーベル平和賞受賞は、プラハ演説が効いたのだと思いますが、あの時は本当に感動をしました。
ところが、受賞演説の傲慢さは、あの時の感動が帳消しになってしまいました。
理想を語るなら、最後まで語っていただきたかった。

>アメリカの戦争と平和の考え方を聞きたいのではなく

平和のための戦争なんて、ありえません。
アメリカのあんな苦しい言い訳は、聴いていてプラハと同一人物かと耳を疑うほどでした。

ブッシュとなんら変わりがありません。
期待していただけにかえって失望感が増しました。
やはり、アメリカ人はアメリカ人の理屈があるのですね。
そして、軍需産業の意思には抗えないのかと、改めて虚しさが広がりました。

>アメリカが正義で、敵国が悪か、敵国からみればアメリカは悪です。

今までは、アメリカが正義と言ってきましたが、それがなんと傲慢な事か。
アメリカにはアメリカの理屈があるでしょうが、他国には他国の理屈,信念、思想があります。
多様な価値観を認めてこ無かったから、常に他国に介入してきたのではないでしょうか。

テロリストを美化するわけではありませんが、その国で戦争が起これば国民が嫌が負うもなく、巻き込まれます。
9.11で大騒ぎをしていますが、それならアフガンで国民が巻き込まれるのは仕方の無い事でしょうか。
アメリカが絡むと、泥沼化し、かえって決着もしない。
この現実を良く見つめて欲しいですね。
平和のための戦争なんて、言っているようでは無理でしょうが。
武力で抑えれば、必ず武力で返されます。


★ーーこんばんは、ぶひゃひさん

差別をされていた黒人が、ようやく大統領になったのですから、相当期待をしていました。
が、世の歯車の中では、思考も変わらないのでしょうか。
本当にがっかりしました。

そうなんですよね。
仮想敵国を作って、それで繁栄してきたのでしょうね。
しかし、軍需需要はあるかもしれませんが、巻き込まれた国は悲劇です。
国はずたずた、ボロボロ、例え復興するとしても気が遠くなるような年月が必要です。
アメリカは、どう考えているのでしょうか?
多様な価値観を認めない限り、民主主義国家の名が泣くというものですよ。
オバマには、期待をしていましたから、受賞演説にはがっかりもし、アメリカ人の傲慢さも痛感しました。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/14 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/46994720

この記事へのトラックバック一覧です: 平和賞オバマ演説、やっている事ってどうなの?:

« 先進国は資金支援確約を、中国外務省言うよねぇ | トップページ | 評論家は気楽な稼業と来たもんだ~♪ »