« 「石川議員、近く民主党を離党へ」って圧力はいかばかりか | トップページ | 3Dテレビが日本を救うかも知れないって?冗談でしょ »

2010/02/11

トヨタにはやけに甘いこの国の報道、やっぱりなあ

トヨタは、プリウスのリコール問題で、アメリカでは大問題になっ
ているが、この国では、トヨタの対応が上々で大満足していると
言うプリウスユーザーばかりが出てきて、、大した事は無いよう
に報道している。

アメリカでは、大問題になっていると言う。
アメリカでは、過去、しょっちゅう日本バッシングをして来た経緯
もあり、あまりその過激報道にのりたくないのだが、日本国民とし
ては、”天下のトヨタ”としては、もう少し対応を速やかにしておけ
ば、ここまで、問題が大きくなって無かったのではと思う。
世界的に名を馳せてはいるが、危機管理能力があったのかどう
か、日本での対応が、あれでは・・・・・
トヨタ常務の記者会見の内容のひどさはどうだろう。
"ブレーキの聞き具合は個人の感覚の違い"見たいな人の神経
を逆なでするような、発言は、これが世界で有名なトヨタの幹部の
対応だろうかと、自分の耳を疑った人も多かったと思う。

なんだか、のんきな田舎のおっさんのように太平楽な対応は・・・
本当に、世界のトヨタの常務ですか?

昨秋から、プリウスに関してはクレームが寄せられていたと言う。
それも今になって、大騒ぎになったから、仕方なく発表しているの
かと勘ぐりたくなるような、後手後手の対応で。

何年か前に、ナショナル製のFF式石油温風機の不具合で、リコ
ールをいち早く発表、その後の対応のよさで、災い転じて福をな
すとかえって知名度を上げた事件があった。

にほんブログ村 ニュースブログへ

あの時は、ナショナルへの非難や批判はあまり無かったように思う。
やはり、何か不幸な事があった時に、いかに対応するかでその社
の社会的な役割や、姿勢が分かると言う物だ。

トヨタも、もっと早くに対応しておけば、こんな大問題にはなってい
なかったのではないだろうか。
それにしても、この国のマスメディアは、小沢幹事長の"政治と金”
問題を1年も前から大悪人のように連日報道をするが、トヨタのこ
の世界的なリコール問題には、あまり言及してこなかった。

最近になって、ようやくトヨタ社の報道はされるようになったが、本
当は報道したくなかったか、蓋をしておきたかったように見受けら
れるのは、私の勘ぐりすぎだろうか。

小沢幹事長矢、石川議員には、早く辞めろコールや、離党コール
を圧力のように掛けまくるが、報道媒体の大スポンサーであるト
ヨタには、対応が甘く出るのか、批判できないのか、矛先が鈍っ
ているように見受けられる。
このリコール問題で、トヨタの資産も相当食いつぶしそうだし、派
遣切りして、内部留保を守ってきたが、それも沫と消えたか?
人に投資しておいたほうが、ナンボか良かったか。。。。。

>1月21日に米国で8車種の大規模リコールを発表して以降
、トヨタ株の時価総額は約3兆円下がった。

創業家社長のデビュー時は、随分持ち上げられていたようだが、
この社長、本当に実力があるのだろうか。
今の対応を見ても、後手後手に回り、あまり実力を発揮している
とは思えないが・・・・・・。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪


|

« 「石川議員、近く民主党を離党へ」って圧力はいかばかりか | トップページ | 3Dテレビが日本を救うかも知れないって?冗談でしょ »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
日和見のマスコミはどうしようもありません。
偏向報道は当たり前ですから、信用してはいけないですね。その機関が世論調査をしているわけですから、どこまで信用できるやら判りません。
疑ってかかることに間違いありませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2010/02/11 18:39

こんばんは、くまさん

マスゴミは、大スポンサーの悪口はあまり言いませんね。
報道の公平・公正が金の力で色あせてしまいます。

今の報道は明らかに偏向と分かる報道ですから、何でも疑ってしまいます。
世論調査は最たるものかもしれませんね。
捏造や、やらせはお手の物でしょうから(笑)

投稿: まるこ姫 | 2010/02/11 18:57

まるこ姫さん  こんばんは。
トヨタは間違いなく日本のトップ企業であり、日本の景気回復を担っている企業です。気持ちとしては糞ミソに貶したくなく、世界で外貨獲得にこれまで以上に活躍してもらいたい気持ちで一杯です。しかし、車の肝心要のブレーキの不具合ですし、マス塵も、食いつきよく、「対応の遅さ」「説明責任」のオンパレードだと思っていました。しかし、この国は金持ちには差別するようです。新聞の扱いも小さく、小沢氏の不起訴に対して何故、何故繰り返してきた、テレ朝のフルイタチも甘すぎるくらい甘い、殆どコメントしませんでした。報道で何社も潰してきた実績のあるマス塵よ、何か問題が起きた場合、貧乏人にも優しくしたらどうだ。弱い立場の人にも優しくするべきだ。全て、金、金、金の世界にしてはいけない。マスコミは公平、公正な立場でなければ国は滅びてしまう。

投稿: ヤス | 2010/02/11 19:50

スポンサー企業の悪口はいえませんねぇban広告料で成り立っているマスコミには最初から報道の自由はなかったようです、たまに自ら報道の自由を訴えていますが、とんだ勘違いでした、 まるこ姫様、こんばんは。 プリウス、そんな高級車には縁がありませんが、自動車工学には興味が昔からありますので、情報から察するとABSのアンサーバックで、トヨタの言い分に納得する点もありますが福田元首相の様な「あなたと私では、フィーリングが違う、違うんです」で納得できる客は少ないでしょうね、世間知らずなのか?社長も会見でいらない事言い過ぎです、  普通ABSは滅多に作動しませんが、最近の雪が災いしたのでしょうね、ひょっとして天罰?。。。 

投稿: 赤いとら | 2010/02/11 20:33

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

ナショナルの時も、最初の死者が出た報道の冬ではなく、その次の年の冬になってからようやく例の大々的な広告が打たれたってのが実情です。
だから私は、この事件以後ナショナルの電気製品は一切買っていません。
パナソニックなんて名前を変えてみたところで、そんなことで私は騙されませんぞ~(笑)bleah

投稿: いっすんぼうし | 2010/02/11 20:42

★ーーこんばんは、ヤスさん

私も、あまり好きではないトヨタですが(笑)、何せ外貨を稼ぐトップ企業ですから、そして、日本バッシングの手先にもなりたくないですから、大騒ぎをしたくなかったんですが。。。

やはり、このところのマスゴミの対応を見ていると、なんだかなあと思うことばかりです。
小沢氏問題の時は、嘘か本当分からないリーク情報垂れ流しのマスゴミが、トヨタリコールでは、反応がいまいち鈍いんですよね。
両者は、何で、こんなに違うんですかね。
とにかく、大スポンサーには何も物が言えないようです。
だからこそ、裸の王様になってしまったのでしょうが。
しかし、結果的に見れば早くから話題にしておけば、こんな大問題にはならなかったでしょう。
マスゴミの甘やかしがこういった結果になったともいえますよね。

フルタチは、一言だけでスルーしてましたよね(笑)
こんなに差がつくとは思ってもいませんでした。
やはり、坊主憎けりゃ、式なんでしょうね。

マスゴミは、これは叩けると思ったら社会的生命が終わるまで叩くでしょうし、これは拙いと思ったら、ものの見事にスルーですよ。
今回の出来事で、改めて報道のいい加減さを感じましたね。


★ーーこんばんは、赤いとらさん

>広告料で成り立っているマスコミには最初から報道の自由はなかったようです

報道の自由なんて、まったくありませんでしたね。
小沢氏誹謗中傷の時には、報道の自由があり、大トヨタ批判には報道の自由が無いのでしょうね(笑)
二枚舌、三枚舌で、閻魔様に舌を抜かれやすいでしょうね(笑)

>あなたと私では、フィーリングが違う、違うんです

ありましたね。”客観的に物事を見ることが出来るんです”には笑っちゃいましたが。
迷言を吐きましたね(笑)
しかし、あの常務と福田氏と、どちらの迷言が上なんだろう。
常務の迷言には、やけにのんきなおっさんだなあと思いました。
しかし、創業家の社長、就任当時、持ち上げられていましたが、なんだか頼りないですね。
アメリカで、批判をかわせられるのでしょうか。

>ひょっとして天罰?。。。 

私も、思います(笑)


★ーーこんばんは、いっすんぼうしさん

>ナショナルの時も、最初の死者が出た報道の冬ではなく、

ありゃ・・・そうなんですか。
私はてっきり、対処が早いなあと思っていました。
確か、当時は相当、ナショナルの株が上がったと思いましたが。
カラクリがあるんですね。

そういえば、うちもナショナル製品はありませんね。
量販店で買うので、どこのメーカーでも構いません。
今は、ブランドにこだわらなくても、充分間に合いますから(笑)

投稿: まるこ姫 | 2010/02/11 21:18

奥田某がトヨタの会長の時でしたか・・・・
トヨタの批判をするマスコミからは広告を撤収しようかな・・?
なんて発言してたことを記憶しています。
多分あの小泉・竹中時代の、嘘でもなんでも儲かったものが偉い、という時代の風潮に大トヨタも汚染されたのかもしれません。嘘でもなんでも儲かれば、という代表は時代の寵児と当時の武部幹事長が褒めたたえたライブドアのホリエモンです。
まだまだホリエモンの詐欺師・錬金術師の実体が分からずにホリエモンを擁護する人間も多いようです。
トヨタもホリエモン的な経営をしていた時期があるのかもしれません。

ご指摘のトヨタ横山常務のあの、とんでも会見は現在ユーザーでもないのですが、日本人として怒り心頭に発しました。ユーザー目線などただのお題目で、完全にお上目線。
自分たちの作ったものにケチをつけるな!みたいな気持ちを感じました。
しかも問題になってるのは命にかかわるブレーキの問題です。
あの会見で、今後まずトヨタの車を買うことはないだろ、というくらい、怒りましたよ。

投稿: 路傍の石 | 2010/02/11 21:45

実は 今乗ってる車がカローラ いい車です が
なんなのだろうか 要は技術は一流だから 素人には文句を言われる筋合いはない ってことで 乗る方がわるい という
ことになる ってことでしょう 人より技術 者 だから派遣社員は簡単にクビになる 
 ひとが人をひととして みないと 今度のような おおきなことになるわけ しっぺ返し 因果応報 なむあむ 
 ところで 死亡事故につながったひとは おらない 
それを追及するのが 報道関係者じゃないのかな 期待はしてないけど おやすみなさい

投稿: きくち たかし | 2010/02/11 21:52

こんばんは

私は、トヨタが日本にとって大切な企業と言う認識が未だに強く、そこで働いている大勢の社員のためにも何とかこの危機を乗り越えてほしいと思っているのですが最近、この件に限らずMadeInJAPANの製品そのものの信頼感が揺らいでいるような気がしてそちらも心配になります。
日本人の在り方が変わって来たのでしょうか?…。
一旦、信用を失くすとそれを取り戻すためにどれだけ苦労を要するのか、特にトヨタのような日本を代表するような企業は、日本の他の品物の品質に及ぼす影響まで考えて行動してほしいものです。
そういえば何の週刊誌の見出しだったかにアメリカは、普天間の仇をトヨタで取ったと載せていたものがありましたが、それこそ坊主憎けりゃの類で何でもかんでも現政権のせいにするマスメディアの本領発揮と言うところですね…。

投稿: のりこ | 2010/02/11 22:15

経○連などとの絡みも有るのでしょうかねぇ?
今回のプリウスへの対応を見ている限り、完全に大企業病と呼ばれるものと感じます。
日本企業の代表格として今まできましたが、その実、協力会社などは結構大変な思いをしていたといったような事も耳にしたことがあります。
過去には純利益1兆円を計上した事も有りましたが、それは自社の利益最優先の結果だと感じております。
1月に販売したプリウスはブレーキ問題の対策を実施している様子であることから、今まで販売した車については、小手先の対応で済ませようとした感が否めません。
そしてこの問題、ABSのプログラムのみが報道されていますが、以前一度だけですが、ブレーキ系統が電気制御から油圧制御に切り替わる部分の関連が報道されていたのではないかと記憶しています。
これが事実ならば、現在報道されている内容がすべてなのかという疑念は解消されません。
いずれにせよ、過去において奥田元会長は、金も出すが口も出すといった発言をしていた通り、報道機関への影響も大きなものがあるのでしょうねぇ。

投稿: サクラ日記 | 2010/02/12 08:44

★ーーこんにちは、路傍の石さん

>トヨタの批判をするマスコミからは広告を撤収しようかな・・?

そういえば、言っていましたよね。
とんでもない人間です、キャノンの御手洗とか、奥谷とか、傲慢三羽ガラス?でしょうか。
バブルの頃もそうでしたが、拝金主義の何ものでもない。
とにかく金を儲けた物勝ちの時代が続きましたもの。
あのヨイショの武部も、持ち上げていましたね。
見ている方が恥ずかしかったですよ。

ホリエモンは、本当に時代の寵児であったのか、それとも出る杭は打たれるで、検察に嵌められたのか知りませんが、虚構の世界と言えば、言えなくもありませんね。

トヨタの常務の発言は、え?と耳を疑いましたよ。
KYもいいところで、あの場所であのような発言をすればどういう反応になるのか、分からなかったのでしょうか。
世界的な会社の常務とは思えませんでした。
やはり、どこからも敵のない会社にいると、心根まで傲慢になってくるのでしょうか。
危機管理能力が欠如していたばかりに、トヨタの株は下がりましたね。
ユーザーを敵に回してどうするのでしょうか。
これから、どんどん凋落しますよ。


★ーーこんにちは、きくち たかし さん

>要は技術は一流だから 素人には文句を言われる筋合いはない ってことで 乗る方がわるい という

すごい傲慢ですよね。
大会社なら、大会社ほど、謙虚な態度にならなければ、反感を買うこと必死でしょうね。
あの態度は、相当怒りを買ったのではと思いますよ。
当時の派遣切りは、今でも許せません。
季節工ではなく、技術者でいたが、知り合いは簡単に切られました。
トヨタの態度は、内部留保を是が非でも守ろうと、必死でした。
人に対しての愛は感じられませんでした。

>ところで 死亡事故につながったひとは おらない 

日本にはいませんが、アメリカでは過去10年間で17人とか聞きましたが。
いずれにしても、アメリカでの賠償額は莫大な物になるでしょう。
覚悟をしておいたほうがよさそうですね。


★ーーこんにちは、のりこさん

>そこで働いている大勢の社員のためにも何とかこの危機を乗り越えてほしいと

私も、そうなんです。
アメリカの報道と同じように、ヒステリックに叫ぼうとは思いませんが、トヨタの初期の対応がもっと真摯であったなら、こんなに大騒ぎにはならなかったのではと思います。
外貨を稼ぐ、トップレベルですからね。
信用を築くのには何年もかかりますが、失墜する時は早いです。
一瞬の内になくしてしまうこともあります。
対応がいかに重大かが分かりますね。

しかし、報道の浅はかさには、本当に怒り心頭です。

>普天間の仇をトヨタで取ったと載せていたものがありましたが、

なんでも現政権のせいにしたいみたいですね(笑)
税収の落ち込みも、現政権のせいにしていましたが、あれは前年の税収ですよね。
政策も前の政権の尻拭いに奔走されて、本当の意味の民主党政権の力が発揮できるのは3月以降なんですがね。


★ーーこんにちは、サクラ日記さん

勿論、ありますよ。
御手洗なんか、しょっちゅう、政治に介入していましたから。
そうですね。
大企業の驕りなんでしょうね。

>、協力会社などは結構大変な思いをしていたといったような事も
>それは自社の利益最優先の結果だと感じております。

下請け、孫受け、その下と、相当いじめていましたよ。
どんどん、工賃が安くなると・・・・
仕事を請ければ請けるほど赤字になると聞きました。
最後は、人員整理に追い込まれます。

対応も拙いででしょ?
新型は対応するが、その前に販売した物は駄目だとか。
それは顰蹙買いますよ。
前にもあったと思いますが、マスゴミが批判してこなかったツケが今来ているのかもしれませんよ。

馬面奥田の評判は悪かったですね。
金で人の頬を張るやり方でしたよね。
傲慢そのもの、今でも嫌な感じのする人です。
御手洗も、奥谷も・・・・・

投稿: まるこ姫 | 2010/02/12 17:13

 米議会辺野古で良けりゃオクダ呼び
 豊田章男社長は経歴から考えてブレーキ問題の解明に資するとは思えない。「社長を出せ!」と同じくらいのレベルだと思える。字余りでなければオクダを御手洗にしたかったほどだ。

投稿: 横田博之 | 2010/02/12 18:22

こんばんは、横田博之さん

アメリカと奥田は、なあなあの関係なんでしょうね。
豊田社長もものすごく持ち上げられていましたが、今の対応を見ていても、危機に対しての対応があるのかと疑う気分になります、

>字余りでなければオクダを御手洗にしたかったほどだ。

奥田も、御手洗も同じ穴のむじなですから(笑)
傲慢人間の典型例のようなものです。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/12 19:10

まるこ姫さんも、堀江の悪行にはあまり気がついておられないようですね。
彼の捜査が検察に嵌められたなどという話は根拠のない話です。
そうでしょ?小泉を応援してた人間がなぜに検察に嵌められなければいけないですか?
私はあの逮捕で検察の正常な部分もみました。
経済事件は一般の市民にはわかりにくいのでしょうがないといえば、しょうがないですね。

もし時間があればこのサイトをじっくり読んでみてください。
ホリエモンの錬金術が事細かに解説されています。
http://ma-bank.com/subcatid/10

投稿: 路傍の石 | 2010/02/12 21:49

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

トヨタは2008年にGMを抜いて、販売台数世界一になりました。
抜かれたGMは、その後、破綻しました。
2009年、トヨタはアメリカで、アクセルペダル・フロアマットの不具合で死亡事故の原因になり、リコールの嵐で、長年築き上げた信頼性は失墜しました、
不況の挽回の旗頭であり、トヨタのフラッグシップカーのプリウスのABS制御の不具合でリコールです。
平家物語の一節『驕る平家は久しからず』を思い出します。

急激に膨張したから、品質管理に問題を生じたのか、原因を究明するべきです。
今度のトヨタの対応をみると、お客様目線が不十分だったように思います。
ユーザーだけでなく、使用者の心も束ねることが出来ているのか、それも疑問です。
非正規社員など、人を物扱いで品質の高いものづくりができるのか、人が生き生きと働け、自己実現できる職場になっているか、協力し合う価値観があるのか、など企業のあり方もとわれていると反省材料はいっぱいあり、グローバル企業として考え直すときに来ているのではないかと思います。
日本のものづくりに警鐘が鳴らされているのかもしれません。
高度経済成長期には無かったような、凡ミスです。
気が緩んだ人が多くなったのか、人材を育てていないのか、ものづくりに責任感を持つ人が少なくなったのか、社会全体が弱肉強食で、卑屈で、いじけてしまったのか、など色々考えさせられます。

マスコミも少し騒ぎすぎのように思います。
プリウスの場合は死亡事故も出ていないようですし、ABSを作動させるような乗り方をしない限り、安全運転している限り、遭遇しないのではないかと思います。
アメリカでは、この際、日本車のイメージダウンを図ろうと、一気呵成に圧力を掛けています。
トヨタバッシングで、軒並み、アメ車は売れていると言います。

日本を代表する企業の体たらくをみると、日本沈没の前途をみるようで、寂しい気がします。

投稿: 愛てんぐ | 2010/02/12 22:17

トヨタは私の中では終わっている会社。
郵政解散でトヨタの関連企業総動員でコイズミ政権支持をしたトヨタは私の中では終わっている会社。
売国族と組んで利益を貪り、国民の貧困化を加速する政策に加担した企業として、トヨタは私の中では終わっている会社。
そのとき依頼、二度と私の人生でトヨタ車を買わないと決めた。
当時のトヨタの奥田会長は株主総会でトヨタの高級車は5年持てばいいと発言している。
トヨタの高級者のユーザーは5年で買い換えるからだそうだ・・・
車を作る会社のトップの発言としては悲しすぎる。
この後、トヨタはリコールが続発する。
トヨタ製の消防車は現場に着く前に火を噴くというお笑いのようなリコールもあった。
今年のトヨタは生産台数よりもリコール台数の方が多いとか・・・
指導者が間違うとどんな組織も崩壊するに時間は要らないようです。
テレビ・新聞に誘導されて、再び間違った指導者を選ばないいい教訓をトヨタが教えてくれています。

投稿: scotti | 2010/02/13 09:45

まるこ姫さん、こんにちは。

今回は、ノーコメントな気持ちなんです。横山常務は論外!豊田社長には、低心底等ひたすら謝罪をして欲しかった。子供店長?が、敵には厳しいアメリカのアウェーで、しっかり対応してもらわないと困ります。

投稿: ハナ | 2010/02/13 11:29

★ーーこんにちは、路傍の石さん

>経済事件は一般の市民にはわかりにくいのでしょうがないといえば

私も、まったく分かりません。
ホリエモンの怪しい会社買収方法などや、ライブドア株を買った人達に大損失を与えた事など、自分はまだ大金持ちなど、嫌いな要素満点ですよ。

トヨタと似ていると言えば似ているのでしょうが、トヨタは大企業で、ホリエモンの場合は、新興勢力で短期間の内に財を成した、相当無理があったのではと思っています。
あだ花のような存在でしょうか。

トヨタの場合は、大企業ですから、そして世界的な会社ですから、もう少し危機意識に敏感でなければ生き残れないのかと思います。
脇が甘かったと思います。
傲慢度は、よく似ているかもしれませんね(笑)


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

世界一になった驕りでしょうかね。

>2009年、トヨタはアメリカで、アクセルペダル・フロアマットの不具合で死亡事故の原因になり、リコールの嵐で

このときに、もっと的確なそして、真摯な対応をしていれば、そんなに今のような非難の嵐にはならなかったのだと思います。
アメリカは訴訟社会ですから、対応を誤れば大変なことになります。

アメリカ製を使ったからか、中国製を使ったからか、又違った原因があるのか、原因を徹底的に追究してこそ、明日が開けると思います。
常務が出てきて、能天気は発言、そして当初、社長も態度は大きかったように思います。
何か起きた場合の時の対応で、その社の立ち位置が分かると思います。
拙い対応をして、非難ごうごう浴びた会社も見てきました。
トヨタは学ばなかったのでしょうか。

>日本のものづくりに警鐘が鳴らされているのかもしれません。

日本製神話と言うものは、まだあると思いますが、どんどん減少傾向にあると言う事は、肌で感じます。
ふんどしの緒をしめ直す、必要性があるのかもしれません。
日本は、信頼度のある製品を作る事こそが生き残る道だと思いますから。
人材を育ててこなかった、ツケもあるのかもしれませんね。
経営が危なくなったら、すぐさま切ってきたツケが。

>マスコミも少し騒ぎすぎのように思います。

私は、日本でよりアメリカの騒ぎの方が心配です。
公聴会だの、社長を呼べだの、ヒステリックになっています。
やはり、どう考えても、初期のころに芽を摘んでこなかったからこそ、今があると考えます。
日本を代表しているとの意識で、誠心誠意、対応していたらこんなことにはならなかったと思えてなりません。


★ーーこんにちは、scotti さん

小泉政権時、トヨタやキャノン、他大企業は、弱い物いじめしてきました。
大企業特有の傲慢さで、人を人とも思わぬ経営方針は、嫌な感じでしたよね。
人を物として扱う対応は、本当に不愉快でした。
内部留保はがっぽりで、少しでも減らす事を嫌いました。
今、資産価値もど~んと減らして、こんな事になるなら、人に投資をして置けば良かったですよね。

奥田氏は、色んな傲慢発言をしていました。
メディアに圧力をかけるような発言をして見たり、圧力をかけなくても、メディアは従うでしょうけどね(笑)
権力があればあるほど、謙虚になることが人間の値打ちだと思いますが。
そんな人は、今の日本を探してもいないかもしれませんけどね(笑)

>指導者が間違うとどんな組織も崩壊するに時間は要らないようです。

本当にそうですね。
信頼、信用は一朝一夕にはできませんが、崩壊する時の速さは!
これを、教訓にしなければ、トヨタの明日はないし、日本国にも影響を及ぼしそうです。


★ーーこんにちは、ハナさん

トヨタの非難をすれば、日本国に降りかかることでもありますしね。
アメリカと同じになって、ヒステリックにわめくことにも抵抗があるますし。
痛し痒しですよね。

常務の態度が、トヨタの姿勢を表わしているのではありませんか?
社長も、なんだか頼りない。
謝罪するには、心も必要でしょうが、外からどう見えるかも必要でしょう。
心が無いから、外から見ても謝罪しているように見えなかったのカも知れませんが。

>、敵には厳しいアメリカのアウェーで、

細心の注意は払って、対応していただきたかったですね。
それでなくても、相手は訴訟社会なんですから。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/13 15:44

 横一線の未来産業。
 これからは電気自動車か、燃料電池車か
 ハイブリッドで優位確立してもハイブリッドはガソリン車と電気自動車の2つの機能が必要なためコストは高い。次世代車の開発は横一線です。電池で画期的な発明をするか、各車輪に装着できる小型発電機を作ることができるか等簡単な構造で脱石油の車を作ることができたところが勝者になるのは間違いないでしょう。世界中にチャンスがあるわけで、この競争に敗れた会社は転進を図るか、下請に甘んじなければならないでしょう。日本の自動車産業のピンチです。

投稿: 妹尾 | 2010/02/13 19:59

こんばんは、妹尾さん

>横一線の未来産業。
 これからは電気自動車か、燃料電池車か

そうでしょうね。
トヨタもハイブリッドが売れて、慢心していたのかも知れませんね。
しかし、これからは脱化石燃料で、戦う所が自動車業界を制する時代かもしれません。
トヨタも、未来を見据えての開発を怠ると、世界のトヨタの名称はなくなってしまうかもしれない所まで来ていると思ったほうが良いですね。
どこのメーカーにもチャンスがあると言う事ですね。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/13 21:08

こんにちは
したり顔で反トヨタ報道をしない日本のマスコミ批判をしている方が多かった時期のブログなのでしかたがないのでしょうが、トヨタのブレーキ問題は根拠のないものだったことが明らかになった今、その妥当性について、皆さんどうフォローしているのか興味あるところです。
(言い訳すらせず過去の過ちは無視、という方が多い印象で、ちょっとつまらないのですが・・・。)

投稿: みみがな | 2010/08/10 04:57

こんにちは、みみがなさん

>トヨタのブレーキ問題は根拠のないものだったことが明らかになった今、

妥当性もなにも、私はブレーキ問題に対しての”対応”を記事に書いていますよ。
やはり、トヨタの対応は遅れていましたよ。
ずいぶん前から、ブレーキ問題を言われていたのですから、適切な対応をしていれば、あんなアメリカで叩かれなかったでしょうね。
大会社であればあるほど、奢ることなく対応する必要があったでしょう。
それでなくても、アメリカは自国の会社を優位に立たせたいのですから。

>言い訳すらせず過去の過ちは無視

あまりの言いがかりに私も無視しようと思いましたがね(笑)

投稿: まるこ姫 | 2010/08/10 16:41

こんにちは

突然の通りすがりの言い掛かりコメントに
きちんとコメントしていただきありがとう
ございました。

また、ときどきブログ読ませていただきます。
(もちろん失礼なコメントなしです。)

投稿: みみがな | 2010/08/11 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47539421

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタにはやけに甘いこの国の報道、やっぱりなあ:

« 「石川議員、近く民主党を離党へ」って圧力はいかばかりか | トップページ | 3Dテレビが日本を救うかも知れないって?冗談でしょ »