« 厚労省元局長村木氏郵便不正裁判に見る検察の危うさ | トップページ | 自民党、審議復帰したがあまりに程度が低すぎた »

2010/02/26

泣くな!浅田真央、よく頑張った 今日の国会、自民審議復帰

試合直後のインタビューで”自分の演技には全然満足していな
い”
と、泣きじゃくった浅田真央
そう言えば、演技を終えて得点を待っていた浅田真央だったが
得点が思ったより伸びなかったのか、演技に納得が行かないの
か、笑顔は一つもなく呆然としていた。
凡人から見たら、オリンピックの場で、200点を超える数字を叩
きだして、大した物だと思うが。。。。。
彼女は彼女なりのプライドがあるのだろう。

一方のキムヨナは、一昨日に続き、一分の隙もなく完璧に演技を
終えた。
プレッシャーはあるのだろうが、すごい点数が出た。
男子に混じっても、遜色ないほどの恐ろしいほどの高得点は、多
分この先もそうそう出ないだろう。
その得点を破るものがいるとしたら、キムヨナ本人だろうと思える
程の成長振りで、驚き以外の何ものでもない。
自らの記録をまたまた更新したのだから、これは褒めるしかない。

しかし、わが、浅田真央も良く戦った。
試合中、氷に引っかかったようで、ジャンプが飛べなかった部分も
あったが、それでも一生懸命さはとても良く見えた。
本人が、”長かったようであっという間に終わった"と言っていたよ
うに、オリンピックの異様な波に飲み込まれてしまったのかもしれ
ない。
やはり、全日本で戦った演技の方がのびのびと滑れていたような
気がする。
だからこそ、自分の納得の行かない演技に思えたのだろうけど。。

にほんブログ村 ニュースブログへ

物は考えようで、目標が見えたではないか。
一足早く世界を席巻した浅田真央だったが、今はキムヨナの力の
方が、上に言っている感がある。
これからは自分に打ち勝ち、キムヨナと切磋琢磨してもっと上を目
指せば良いのだから。
浅田真央の進化した姿をもっと見てみたい。

それにしても鈴木明子といい、安藤美姫と言い、8位までに3人も
入っている。
特に鈴木明子は、持てる力を精一杯出し、本当に良くがんばった。
男子も3人とも頑張り、日本はフィギュア王国と言っても良いほど、
その力を世界に示せたと言う事は、本当に喜ばしい事だ。
裾野も広いようだし、これから大いに期待できるスポーツだろう。
いや~、みんな本当に良くがんばった! 嬉しい。

ようやく、自民党が審議復帰した。
で、女子フィギュアも終わった事でもあり国会中継を途中から見て
みる。
また、例のごとく、あのマチムラがネチネチ言っていた。
マチムラもひどかったが、その後の大村はもっとひどかった。
自分の言いたいことばかりを言い、大臣に答弁をさせないのは
いかがな物だろうか。
一方的に現政権の悪印象を植え付ける作戦なのか、同じ言葉を
二度使い、言葉尻を捉えての針小棒大な誹謗中傷は頂けない。
うそつき王とか、脱税王とか、ひどいものだ。
あの朴訥な長妻大臣が、沸々と沸きあがる怒りを抑えていたのは
印象的だった。
自民党の議員は、ヨサノと言い、マチムラと言い、今回のオオムラ
と言い、建設的なものが何一つないのは、党の特徴か?(笑)
ただアジルだけではねえ(笑)
これで政権がまた、取れるとても思っているのだろうか。

まだしも、公明党の方がよほど、建設的で政策議論が出来る。
坂口氏の質問は、とても有意義な物で、急に国会が落ち着いた。
自民党には永遠に審議拒否して貰っていた方が良かった(笑)
冗談ですが。。。(笑)

自民党は、どう考えても駄目だな・・・・・・・・


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪

|

« 厚労省元局長村木氏郵便不正裁判に見る検察の危うさ | トップページ | 自民党、審議復帰したがあまりに程度が低すぎた »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

浅田真央選手、大きなミスがあっても、銀メダル、よく頑張ったと言えます。
現在の利からの差が出た、順当な結果だと思います。

キムヨナ選手のプログラムはシーズン当初から熟成していて、精度を上げるだけでしたが、浅田選手の方はプログラムがようやく馴染むようになったのが去年も終わろうとする頃で、プログラムの熟成度で差が出たのだと思います。
難しいプログラムをこなすため、ジャンプが乱れ、スランプに陥りました。
今回も繋ぎの演技のあと、余裕が無くトリプルをミスしたのも、最後にはプログラムの難しさが出たように思います。
キム選手のように、乗りやすい音楽で、繋ぎも流れるような構成にしていれば、もっと楽にオリンピックを迎えたことでしょう。
しかし、チャレンジ精神の強い浅田選手は困難な方を選択しました。

負けたことより、自分の演技がパーフェクトに出来なかったことが一番の悔いのように思います。
2つのトリプルが出来たことと、「鐘」はものにしたのは成長だと思います。
失敗したことで、さらに成長すると思います。
キム選手に対抗するには、3-3回転を加えれば、さらに無理をしないで、自分にあったプログラムにすれば、可能かと思います。
世界選手権が楽しみです。

浅田選手、安藤選手、鈴木選手で2位、5位、8位という入賞以上3人の成績は見事です。

投稿: 愛てんぐ | 2010/02/26 18:35

あの大村議員の発言内容はひどかったですねぇ。
大体、民主党が政権を取ったときにはすでに、年金保険機構への移管が決まっており、採用内定された方も居たのではなかったでしょうか。
そのような状態で、直ちに取りやめて歳入庁に移管するなど出来るはずもない事です。
自民党が国民無視で作ったものへの尻拭いをしている最中で、公約違反は当てはまらないと思います。
この議員はテレビ番組にも出演されていますが、まったくもって、そのレベルが疑問です。
結局は、民主党のネガティブなイメージを増大させる発言しか出来ない、まともな論議など出来ない人と感じます。
最も、今の自民党にすがりつくしかできない方、そういう事なのでしょうねぇ。

投稿: サクラ日記 | 2010/02/26 20:00

わっ!なんてこったい。
フィギュアの決勝を留守録したつもりが、時間を間違えて最後の方がチョロっと入ってただけ。そのかわりに新聞の番組表には出ていなかった国会中継が…。
また比例復活組の町村・大村の“ムラムラゾンビ”がしょーむない誹謗・中傷を続けてましたなあ。ロクに質問もせず、答えるいとまも与えず、ただただ悪口を言うのみ。これ、NHKも事前に知ってたんじゃないの?自民党のセンセイ方が民主党のネガキャン延長戦をやるって事。これをやるなら二日前の衆議院国土交通委員会もスルーしないで放送して欲しかったですなあ。平成20年度までの三年間で、群馬県選出の国会議員(小渕優子、中曽根弘文、山本一太等)に八ツ場ダム工事受注業者から4925万円の献金が行われていたっていうんだけど。ほとんどマスコミは取り上げていないんだけどねえ。権力の側にいたんでしょ、皆さんは。野党時代の小沢氏と胆沢ダムのハナシより、はるかに「説明責任」があると思うんだけどねぇ…。
それにしても、真央チャン惜しかった。悔しいけどキム・ヨナが上でしたね。やはり日本を強くするためには、ふんぞり返っている大勢の役員の処遇を再考したり、あちこちのスポーツ団体の理事に座って何やってるかわからない自民党のセンセイ方にご退場願って…なんていうと、悪いことはなんでも民主党のせいにする金〇齢のババアとか狂犬・山〇澄夫と同じレベルになるのでやめときます。

投稿: イソジン | 2010/02/26 20:25

 こんばんは、まるこ姫さん。
 日本が国庫負担で賄った選手強化費は、27億円。ドイツ274億円、米国165億円、英国120億円、中国120億円、オーストラリア110億円、韓国106億円などと比べても、極めて低いそうです。その少ない予算にJOCや各競技団体等の連中が中間搾取して選手に渡るのはわずか。何百万も借金を抱えて出場していた日本選手もいるそうです。そんな彼らに日本を代表する責任云々言えませんね。特に役員は。選手達はよくがんばっています。もちろん真央ちゃんもすばらしかった。ほんとに拍手を贈りたいです。

投稿: hanarin | 2010/02/26 21:06

まるこ姫さん  こんばんは。
久し振りにドキドキしながらテレビを見ました。金ではなかったですが、よく頑張りました。悔し涙に貰い泣きしてしまいました。四年後を期待しましょう。それに控え町村の醜いこと、このギャップはなんだ、思わずチャンネルを変えてしまいました。もう自民は救い様がないですね。

投稿: ヤス | 2010/02/26 21:16

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
どうしようもない自民党に比べて、浅田真央さんは有言実行。
 素晴らしかったです。本人の悔しさはよくわかります、次のオリンピックを目指してほしいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2010/02/26 21:16

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

真央ちゃん、頑張りました。
ミスを二度しましたし、今の力から行って、妥当かも知れませんね。
しかし、真央ちゃんは人のことより、自分に対して許せなかったのかと。
あのプログラムは、真央ちゃんには難しかったかも知れません。
あまりに重厚過ぎて曲を完璧にこなすまでには、他の曲より長い時間かかったと推察されますね。
他の選手より、ハンディはあったと感じます。
しかし、これも真央ちゃんの選んだ道で、立派に演技したわけですから、素直に称さんしたいと思います。

真央ちゃんは自分に課したものが、完璧に出来なかったから涙したと思いますが、それはこれからの課題にすればよいですね。
前向きに考えて。

それにしても、今回のオリンピックはレベルが高かった弟子ね。
キムヨナは強かったし、ロシェットも、安藤も、鈴木も、みなそれぞれに良かったです。
ナガス未来も良かったし。力を出し切れた選手もあり、重圧に負けた選手もあり、悲喜こもごも。
どの大会もそうでしょうが。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

>あの大村議員の発言内容はひどかったですねぇ。

サクラ日記さんも、そう思うでしょ?
自民党議員の特徴ですね。
未来に向けての提案なんて、まったくなくて、相手を誹謗中傷することだけに全精力を注いでいます。
年金の事もそうですが、悪代官が無理難題を吹っかけているように感じました。
うそつき大臣だの、ひどいですよね。
マヌフェストをすぐに実行しないから、うそつきだと。
あと何年あると思っているのでしょうね。

前政権の尻拭いをして四苦八苦しているのに、うそつきだと。
公明党のように、お互いに議論する体制にはないんですね。

自民党の議員は、どの議員もとても似ていませんか?
前向きな提言、提案は皆無で、政策の齟齬の重箱を突く事ばかりでは、誰も頷きませんよ。
永遠に審議拒否していれば良かった(笑)
国会がやかましくて仕方がありませんでした。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/26 22:38

★ーーこんばんは、イソジンさん

せっかくのフィギュア、残念でしたね。
でも、フィギュアは嫌になるほど見られますよ。
が、国会中継は、スルーですから。
この国の根幹を占める話なのに、報道されませんから(笑)

>ムラムラゾンビ

知りませんでした、ゾンビですか?(笑)
オオムラは、すごかったですよね。
自分のいいたいことだけを、勝手に述べ、それも悪口ばっかり!
大臣に答弁させないって、どういうことですか?
審議復帰してきたかと思うと、ネガキャンオンパレード。
これなら、永遠に審議拒否しえいて欲しかったですね。
低レベルになっちゃいましたから。

>これをやるなら二日前の衆議院国土交通委員会もスルーしないで放送して欲しかったですなあ。

これもまったく放送されませんでしたよ。
本当に、いい加減なマスメディアですね。

>八ツ場ダム工事受注業者から4925万円の献金が行われていたっていうんだけど

何で、報道しないんですかね。
これこそ、職務権限なり、利益誘導なり、その他の問題が一杯でしょうに。
野党時代の小沢氏とは、雲泥の差ですよ。

真央ちゃんも、キムヨナも頑張りましたね。
安藤も、鈴木も・・・・・
しかし、本当に有望な選手に渡るお金が、中抜きされている現実がありますから。
直接手渡しできるようになれば、どれだけ有意義に使われることか。

>悪いことはなんでも民主党のせいにする金〇齢のババアとか狂犬・山〇澄夫と同じレベルになるのでやめときます。

そうですね。
このくらいでやめときますか(笑)

★ーーこんばんは、 hanarin さん

日本の場合、強化費は少ない、期待は大きいですから(笑)
どちらを選択するかですよね。
スポーツで国威発揚か、それとも国は干渉しないから勝手にやってくれ。なのか。
しかし、個人の力で捻出は大変でしょうね。
好きでなければやれる事ではありませんけどね。

強化費が満足に出せないようなら、勝負にこだわるのも、いかがな物かと思うし、その強化費も中抜きされていると言うし、スポーツの世界も中に入ると、純粋とは行かないようですね。


★ーーこんばんは、ヤスさん

>久し振りにドキドキしながらテレビを見ました。

それはほとんどの人が、そうだったと思いますよ。
私もなんだか、真央ちゃんの親になった気分でした。
でも、あれだけ頑張れば、銀でも、銅でもメダル無しでも仕方がないと思いましたね。

真央ちゃんが自分の演技に納得できなくて泣いているのを見て、胸が痛くなりましたもん。
キムヨナには負けましたが、まだ若い。
色んな試合が待ってますよ。

マチムラもひどかったが、オオムラは輪をかけてひどかったですよ。
同じ党にいたら、人相も体質も似てきますね(笑)


★ーーこんばんは、くまさん

>どうしようもない自民党に比べて、浅田真央さんは有言実行。

対照的でした(笑)
清々しい人と、未来のない党と。。。

真央ちゃんは、キムヨナにと言うよりも、自分の演技が満足できなかったようです。
納得が出来るまで、これから滑ってもらいましょ。
もっと、良い選手になりますよ。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/26 23:03

まるこ姫さん、こんばんは

フィギュアスケートは凄かったですね、キム・ヨナ選手。
彼女に敵う相手はもういないんじゃないんですかってぐらい、完璧な演技でした。
浅田選手もよく頑張りました。

それに比べて自民党のお歴々といえば、私も流れで国会中継を拝見しましたが、町村氏も酷いが大村氏の答弁には議員としての品位を疑います。
いいたいことだけ宣って極論突きつけ暴論三昧、結局最後まで自分の主張を喚き散らしていましたが、あんな人が国民の代表だなんて恥ずかしい限りです。
テレビの発言でも目に余ることが多かったですが、あそこまでの御仁だったとは。

投稿: tanikuro | 2010/02/26 23:21

こんばんは

本日(昨日)の女子フィギィア・フリーですが、キムヨナ選手が完璧な演技をして世界最高点まで出した後に、真央ちゃん自身が自分の思う完璧な滑りと言えなくても、金メダル以外のもう1つの目標であったオリンピックで史上初となる3アクセルを女子でショートを含め3回させる事が出来て銀メダルも取ったのだから、あんなに泣かなくてもと思うのだけどあの悔し涙を流せるから、日本が世界に誇れる《浅田真央》というスケーターが存在しているのでしょうね。
普段は、本当に笑顔がよく似合う可愛い女の子で雰囲気もほんわかしていて、如何にも勝負に向いてなさそうな彼女なのに、その一方ですごい負けず嫌いで向上心も非常に高いという一面を今回のオリンピックであらためて見せて貰いました…。
そして、そんな真央ちゃんだから私達は、彼女の心からの笑顔が見たくて応援するのだと思います。
私は、夜の再放送で上位に入った人達の演技を見たのですが、やっぱりキムヨナ選手のそれは、圧巻でした。
今の採点方法が彼女の演技に合っているという事を差し引いてもキムヨナに勝てる人は、いなかったのでは、ないでしょうか?…。
それくらい素晴らしかったです♪~。
彼女の持ち味を余すところなく生かした考えに考え酸くされた演技プログラムに、カナダの空気とその地に似合う曲…
何が欠けてもきっとダメで今回の女子フィギィアのオリンピックの金メダルは、最初から神様がキムヨナ選手にと決めていたと思えるくらい完璧な勝利でした。
そして日本のフィギィアは、女子も銀メダル獲得の真央ちゃん、終始、安定した演技を見せてくれた安藤選手、病気を克服して代表を勝ち取った鈴木選手がそれぞれ5位と8位という4年に1度のオリンピックで世界のトップ10に3人、男女共に入るという偉業を達成してくれました。
いつも、前評判ばかり高くするメディアもこのフィギィアに限っては、「男女共に日本至上最強の代表選手」の謳い文句に偽りなしというところでしょう。
それから最後に滑ったアメリカ代表の長洲選手のプレッシャーのない伸び伸びとした演技を見ていて、4年前の真央ちゃんの姿と重なり、もしもトリノに真央ちゃんが出場していたらあんな風な感じだったかな?なんて詮無い事を思ってちょっと切なくなっちゃいました。

自民党は、審議復帰しても相変わらずなようですね。
とても不思議なのですけど審議拒否をしている間もTVのニュースは、自民党をそんなに責める様子もなく、小泉Jrの一方的な言い分を放送するだけでした。
政権交代前に民主党が同様な事をした時は、国民生活に関わる予算が大切だと審議復帰を促していた記憶があります。
今回は、三日坊主だったし、その間、国会もお休みする事もなく粛々と動いていたし、真央ちゃんの事もあったりで自民党に感ける必要もなかったのかもですが、こちらも相変わらずのマスメディアの対応という感じですね。

そして相変わらずと言えば私の文も長くてすみません。
まるこ姫さんのご負担にならないような短いスッキリした文章が書けなくて申し訳なく思います。
本当にお返しのコメントは,簡単で良いですからどうぞ、お気遣いないよう、お願い致します。

投稿: のりこ | 2010/02/27 00:53

★ーーおはようございます、tanikuroさん

キムヨナは、ショートもフリーも、完璧でした。
練習ではこけても、さすが本番は、一部の隙もなく。
当分、あんな選手は出てこないだろと思えるほどの、逸材ですね。
真央ちゃんの自分への悔し涙は、オリンピックが終わっても又、次の目標に向けて闘志がわくのではと思ったりもしました。

フィギュアが終わって、民放の番組を見ていたのですが、途中でNHKに変えたら、町村が出ていました。
例のごとく、後ろ向きな質問ばかりしていると思っていたら、次の大村はもっとひどかった。

>いいたいことだけ宣って極論突きつけ暴論三昧、

まさにその通りで、二者択一の質問てどうですか?
極論をぶっつける場ですか、国会は?
長妻さんも、さすがに怒りに震えていましたが、答えさせる気はさらさらなく、自分の主張ばかりをわめき散らす大村をみていたら、これが自民党の正体だったのかと、情けなさを通り越して、怒りすら沸いてきました。
自民党議員って、どの議員もとてもよく似ていますよね(笑)


★ーーおはようございます、のりこさん

どうぞお気遣いなく♪
時間があるときは、私も存分コメントいたしますから。

キムヨナは、異次元の世界に突入してしまいましたね。
並みの選手には出来ないでしょう!
心臓も人の3倍くらい大きいのではと感じました(笑)

真央ちゃんも完璧に演技をしても、多分キムヨナには届かなかっただろうと思いますが、ミスがなかったらどのような点数になるのか、どのくらいキムヨナに迫るのか、それは見てみたかったですね。
真央ちゃんは、キムヨナと言うよりも、自分のミスが許せなかったと思うのです。
だから、あれだけ泣いてしまった。
そういう気持ちは、もっともっと彼女を大きく強くさせると思うし、これがオリンピック(4年に一度)なのだなあと感じました。
こちらも、ついつい親のような気持ちになって、もらい泣きしてしまいましたが。。。。

>彼女の持ち味を余すところなく生かした考えに考え酸くされた演技プログラムに、

キムヨナと真央ちゃんとは、まったく違うスタンスだったのですね。
キムヨナがすべて戦略と位置づけていたとするなら、真央ちゃんは技にこだわった。
やはり、点を取るとするなら高度な技術よりも、ミスのない優雅な演技の方が上に行くのかと、改めて思いました。
男女とも、プルシェンコが、怒っていた通りの結果になっていたのは今の採点の限界なのかな?とも感じました。
それにしても、キムヨナがライバルは自分自身といっていたのは、そうなんでしょうね。
あまりに大人すぎて、可愛くないとは思いましたが(笑)

長洲は、4年後が楽しみですね。
真央ちゃんを脅かす存在になるのではありませんか?
真央ちゃんは強敵ぞろいで、気の毒にもなります。

マスメディアの対応は、自民と民主では明らかに違いますよね。
自民党が審議拒否しても、そんなに責めませんもん。
民主だったら大騒ぎですよ。
小泉ジュニアを異常に持ち上げることはしても、下げる事は中々しませんね。
あの審議拒否は大義名分がない分、自民党の評価を貶めるだけですけどね。
しかし、国会に出てきてもあれでは、永遠に審議拒否してもらっていた方が、国民に取ってはよほど有意義だと思うくらい、ひどい質問?でした。
質問ではなかったです。自分の意見、それも暴論・極論を言いっぱなしでしたから。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/27 08:11

こんにちは
また、お邪魔しています。

今日は、朝からフィギィア女子の3人の笑顔が見られて嬉しかったです♪~。
特に鈴木さんは、世界のトップ10の力があると思われる中野ゆかりさんと争ってオリンピックに出場した訳だし、先に行われた男子3人が入賞を果たしていたので、メダルを狙っていた真央ちゃんや安藤さんと違った意味で相当なプレッシャーがあったと思います。
朝の3人の姿を見て鈴木さんが8位に入ってくれて、本当に良かったと思いました。
それなのに新聞のTV番組欄に「真央痛恨涙の銀メダル」という文字を見つけて、せっかくの良い気分に水を差された思いです。
私の中で<痛恨>と言う言葉は、失敗とか、それを行った相手を責めるようなイメージでして、たしかに昨日の真央ちゃんのフリーの演技は、完璧でなかったかも知れませんが、今回のオリンピックの真央ちゃんを現すには、相応しくなく失礼だと思います。
カルガリー・女子フィギィアの金メダリストは、世界に1人だけど、銀メダリストも同じく世界に1人なのですから、彼女に対して報道各社にもう少しの配慮を望みたいところです。
それは、銅メダルを取った高橋選手とその御家族に対しても、御両親の職業や収入等々を一部週刊誌を賑わしてますが、こちらもただの覗き趣味的でとても恥ずかしい行為だと思います。
この国のマスメディアは、相当、危険なとこまで来ていると感じる昨今ですが、実は、私が気付かなかっただけでその昔から、終始一貫を貫いておかしかったのかも知れませんね。

投稿: のりこ | 2010/02/27 15:59


>カルガリー・女子フィギィア

バンクーバーと書いたつもりが時代を大分、遡ってしまいました。
年齢がばれてしまう(笑)~~~。

投稿: のりこ | 2010/02/27 16:09

こんばんは、のりこさん

鈴木さんは、本当に良くがんばりました。
彼女が一番、オリンピックを楽しんでいたように感じました。
勿論、重圧はあったでしょうが、真央ちゃんの方へ興味が言っていましたから、ある意味伏兵的な立場だったでしょうし、年齢的にもあまり期待は寄せていなかったのではと思います。
だからこそ、のりさんの憤慨されるように”真央痛恨涙の銀メダル”と真央ちゃんばかりがクローズアップされていた。
やはり、言葉を操る報道記者としては、痛恨と言うのは、相応しくない表現でしたね。
でも、今のマスメディアの程度の低さは、政治を語る時でも如実に現われていましたから、仕方がないとあきらめましょう(笑)
レベルが、低いと思えば腹立ちも、少しは収まりますから。

高橋君は、私はファンの一人ですが、少し大会でよい成績を収めると、私生活まで穿り出すのは、嫌ですね。
そしてマスメディアの都合のよいように、虚像と言ったら失礼かも知れませんが、お涙頂戴的にストーリーを作り上げる所は、嫌な感じがします。
しゃぶりつくす方は、何も感じないでしょうが、あぶりだされるほうの被害はいかばかりか。
私達が、知らなかっただけでマスメディアって、そういう体質ではないですか?
覗き趣味で、ただただ興味本位だというのは。

カルガリーも、バンクーバーも似たような物ですよ(笑)
私達は、4年に一度しかその都市に思いを馳せる事をしないのですから。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/27 19:01

こんばんは~、まるこ姫さん、皆さん
(ててててて、まるこ姫さぁぁぁ~ん!ここ、最後まで書いて送信する前に、戻って書いてんですが、すみませぇぇ~ん、また長文になっちゃいましたぁぁ~。ホントに、KYな「ぷひゃひ」です。お時間のある時、忘れた頃にでも、2~3行お言葉いただければ、「ぷひゃひ」は天にも昇る心地になるで御座居まする)

まずは、遅ればせながらフィギュアについて。
わたしも日本人選手はじめ上位者の素晴らしい演技によって、今回のオリンピックの一つの大きな感動のピークを堪能させてもらったことに間違いはありませんが、やはり日本人選手には重圧が大きかった感が否めません。真央ちゃんは果敢に困難にチャレンジし、美姫さんもトリノのリベンジに挑みました。これ自体はとても勇気が有り、わたしたち日本人の美意識に適い、最高の称賛に値するものです。ただ、これはあくまでわたしの意見ですが、真央ちゃん・美姫さんは、自分自身に足枷をしてしまった/わたしたちが足枷をはめてしまったような気がするのです。そして気持ちが自分のほうに、内向きに向いてしまっていた…。何か哀しいほど、日本的なのです。武士道のような。一方鈴木明子さんは、緊張はあったものの、わたしには一番外に湧き出る、アピールするものがありました。突然訪れたチャンスに、彼女は100%感謝の気持ちで臨んだ感じがしました。でも並み居る強豪にほんの一瞬ビビっちゃったようです…。

やはり韓国のように、メダルの数を取りに行く、というあまりにも単純明快に意思統一された絶対命題に対して、国を挙げ、国費を投入して強化費用を賄い、メダル獲得者には報奨金も出し…というこの国策が円熟し始めた今、日本が敵うはずが有りません。競技がスケート(フィギュア・スピード・ショートトラック全て)に限られているのが日本人にとっては唯一の救いな気がします。わたしが知らないだけなのかもしれませんが、スキー(スノボでなく)で韓国選手って、全く聞かないと思いません?まあ色々背景は異なりますが、ある意味で日本の高度成長期を連想させます。先進国の仲間入りに、国を挙げてまっしぐら…の感じ。

今、両国は目指すものが全く違うのです。日本は、マスコミが煽るのが一番の原因だとは思うのですが、期待は余りにも大きいものの、金銭的な援助はどこへやら…。そして結果が悪ければ、マスゴミは無視するか、精神論・芸術論でお茶を濁すかない…(注!ここでフィギュアの選手皆さんや、ファンのことを批判しているのでは決してありません。悪いのは、マスゴミと大企業、即ち利権ハイエナどもなんです)。日本が目指す方向はいくつもありますが、フィギュアなどメジャーどころを押さえるとともに、ジャンプのようなお家芸の復活、そしてマイナースポーツをもっともっと援助していただきたい。裾野を、もっと広げていただきたい。スポーツ団体の理事さん等々お偉いさん連中の中間搾取さえ無くせば、もっと花咲くスポーツは沢山あるとわたしは思います。それにしても、スポーツ関係に自民党って何といっても多いですよね、かの橋本聖子・大仁田厚・神取忍…等々。良くいえば、利権ハイエナ自民党は心の純粋なスポーツ選手を客寄せパンダとして利用しまくる。悪く言えば、学校での得意科目は?と聞けば間髪入れず「体育!」と答えるスポーツ選手は、いとも簡単に自民党に騙されてしまう…。

ところで、日系アメリカ2世の長洲未来さん、ロシアに国籍を移した川口悠子さん、ですが、日系人ということで日本のメディアは注目していました。じつはわたし、これにちょっと違和感が有ったんです。ノーベル賞を日本人が多数受賞したときに、アメリカ国籍を取った人を日本人受賞者にカウントしてメディアが報道していた時もそうでした。この人たち…日本人じゃないでしょ…なんで日本のメディアが注目するの?名前も漢字を使わずにミライ・ナガスやユウコ・カワグチと表記するべきだ、と。川口悠子さんやノーベル賞の人に至っては、日本を捨てた人たちなのに…とさえ思ったりもしました。ところが、ところが、です。日本国籍のリード姉弟のインタビューを見て、はたと気づきました。日本語がたどたどしい彼らは、じゃあ日本人なの?と。ここで白状しちゃいますが、この「ぷひゃひ」は、実は英語圏在住がアラ10(今はゾンビ与謝野の東京1区在住ですが)でして、リード姉弟が途中から英語に切り替わってもしゃべってる内容はわかったんですが、どうしても「日本人」には感じられなかったんです。でもハーフっぽい外見だからじゃ全然ないんです。即ちわたしには、国籍や外見ではなく、日本語が(そこそこ流暢に)しゃべれる、というのが、より日本人の「条件」だったのです。なので、デーブ・スペクターやボビー・オロゴン(彼は今は帰化)なんかも、たとえ英語等で話していようがもはやわたしの中では確実に「日本人>外国人」なのです。だから、少なくとも長洲未来さん、川口悠子さん、は「日本人>外国人」でなきゃおかしいだろう、って。国籍に関係なく、文化的により依拠してるほうの国が、その人の国なんじゃないか、と。で、それでいくと、ノーベル賞の人はどうもよりアメリカに依拠してる感じなので、たとえ日本語できてもやっぱりアメリカ人だ…と。

なんか、このわたしに未だ残るほんの僅かな国粋主義に正直驚かされた感じでした。これはぜひ皆さんのご意見をお聞きしたいと思います。長洲未来さんたちと、リード姉弟、どちらがより「日本人に/身近に」感じられますか?それともこんな、人を線引きしたりすることって、愚かしいことでしょうか?わたしも、薄々そうだ、とも思ってはいるんですが…。どうも、わたしこそ一番内向きになってしまったようです。でも、自己責任ではなく、取り敢えず、金婆ァと山際スネ夫はじめ自民党の面々(筆頭は我が選挙区のゾンビ与謝野)のせいだ!ってことにしとこぅっと。

投稿: ぷひゃひ | 2010/02/28 01:34

こんばんは~、まるこ姫さん、皆さん

↑あれだけの長文を投稿していながら、もうちびっと追加したくて止むに止まれぬ「ぷひゃひ」v( ' 3 ')vなのでした……しくしく(´;ω;`))

って、絵文字で許して!じゃないんですが、上のケース、外国だったらどうかなってのを追加です。まずアメリカですが、同じ外国籍や同じ外国語を話す人同士だったらともかく、英語以外ロクに知ろうともしないごく一般のアメリカ人だったら、まずもって英語を話せない人は、国籍がアメリカだろうと英語が話せない、って時点でもう、人間扱いされません。当然メディアも見向きもしません。一方、元は英語を母語とするアメリカ人であっても(そもそもアメリカから他所に移民する人なんて、それこそ稀ですが)、外国へ行ってそこで馴染んでしまったような人は、これもアメリカ人は全く興味なしです。たとえば古くはケント・なんとかかんとかや、山形人になってしまったダニエル・カール、新しくはパックンや最近よく見る東大の日本文学者ロバート・キャンベルさんなんかは、一般アメリカ人にとっては別世界の人か、それこそ「不可知」です。アメリカからメディアが来て取材なんて、よほど全世界に知れるような超有名人にならなければ、あり得ません。また、イギリスも似たり寄ったりです。大都市と田舎では別の国のようなアメリカよりは、全体的にずっとインターナショナルですし、とくに都会はイスラム圏やアフリカ、今は新入りユーロ圏(東ヨーロッパ)からの人であふれかえってますが、外国にいる自国人に殆ど興味がない一方、イギリスにいる人は、もう別にイギリス人と同じ、っていうのか、だれも国籍がどうのなんて気にもしません。だから長洲未来さんたちやリード姉弟のイギリス版がいても、あくまで、国籍がイギリスであれば、取り上げられる、てことじゃないんでしょうか。
と、いうことは、やっぱり日本国籍だから、日系人だから、どーの、こーの、というのが、もう、日本人の性(さが)なんでしょうかねえ…。わたしもその日本人の一人です。まんまるおにぎり顔の。とはいえ皆さん、重ねてですが、皆さんのご意見もいただければ「ぷひゃひ」は至福の至りです。何卒宜しくお願い申し上げます。

投稿: ぷひゃひ | 2010/02/28 03:22

ぷひゃひさん、こんにちは

>真央ちゃん・美姫さんは、自分自身に足枷をしてしまった

これは、オリンピックの宿命みたいな物ですよね。
有望と言われても、本当に有望なのか、マスコミの過大評価なのか分からない点もある中、フィギュアの場合、常時テレビ中継があったりして、私達にもある程度、本当に世界に通用するのか、しないのか、分かっていますもの。
だから、国中で期待を寄せてしまう面があるのは仕方が無いし、本人達もその重圧を感じているでしょうし。
他に期待をしたくても、期待できるスポーツがあまりないので余計にフィギュアにかかってしまうのでしょうが。
仕方がない面もある、悲しいほど、日本的、内向きなのですよ(笑)

その点、鈴木明子は年齢もあり、失う物がないといったら失礼でしょうが、せっかくのチャンスを活かさない訳には行かないと、精一杯オリンピックを楽しもうとしましたよね。
それが見るほうへ伝わり、本当にこちらまで明るくなりました。
お三方とも、良いオリンピックでしたよね。
三者三様で。。。。

今回、韓国がすごい躍進を見せましたが、国の姿勢もありますよね。
国威発揚なら、それなりに育成にも力を入れなければいけませんから。
個人にすべての面を任せておいて大きな大会の時にだけ、メダルメダルを言うのは虫が良すぎるというものです。
韓国は、日本に追いつけ追い越せで、国威発揚をして来た面もあり、それが今成功しています。
日本の半分の人口でも、経済を発展させていますし。
経済の面から行けば、日本も工夫のしどころだと思いますが。

>ジャンプのようなお家芸の復活、そしてマイナースポーツをもっともっと援助していただきたい。

ジャンプも企業が撤退していますから、若い力は育っていないと言います。
だからこそ、葛西のような大ベテランが未だに健在なんでしょうが。
オリンピックでメダル云々するなら、それなりに支援しなければいけないでしょうね。
いいところだけ、頂くのはいけませんね(笑)

昨年、事業仕分けした時に民主党がスポーツ関連を削除したのはけしからんの大合唱でしたが、中抜きされている現実が分かっただけでも有意義でした。
が、自民党は中身はまったくないのに、テレビで顔だけ売れている議員連中を擁立していますから、その議員が民主党を誹謗すれば、またまたそれに乗る国民も多数いますからね。
しかし、今の政治はアメリカを見ても分かるように、劇場型と言うか、ショー的要素が多いのが気になります。
本当に、これでよいのでしょうか。
ならば、政治的にはど素人で頭がなくても、知名度のある人だけが政治家になってしまいます。
極論ですが(笑)

>アメリカ国籍を取った人を日本人受賞者にカウントしてメディアが報道していた時もそうでした

私も、すごい違和感がありました。
もう、日本国籍を捨てた人までもを日本人だと言うのは、賞、メダル至上主義の何ものでもありませんから。
それに、乗せられてしまっているのが、私達国民でもありますが。
贔屓の引き倒し状態で、冷静な判断が出来てませんよね。
リード兄弟は、日本人ではありませんよ。
あの、外国人から見たような日本の衣装でも分かるでしょ(笑)
あれは、恥ずかしかった。
幾ら、日本人がドライになってきているとはいえ、アメリカには及びませんから、そして、和の認識がまったく違いますから。

>長洲未来さんたちと、リード姉弟、

長洲さんの方が、まだしも日本人的な感じはしますが、やはりアメリカ人でしょ!
メダルを量産するつもりなら、外国の有望な選手を帰化させるしかありませんね(笑)
それ程して、メダルにこだわるならの話ですが。

やはり、島国、そして、世界の中の日本だと思ってこなかった私達の意識の違いもあるでしょうし、日本人は元々内向きなんですよ。
広い視野で見ることが出来ない民族性だと思っています。

投稿: まるこ姫 | 2010/02/28 11:53

 こんにちは、ぶひゃひさん。
 好きなサッカーの視点から自分なりに少し考えてみました。世界一のサッカー選手輸出大国ブラジルでは世界中に散らばった選手がそのまま出先の国に帰化してしまう事は珍しくありません。時にはその国の代表になってしまう事もあります。また、欧州の名門クラブではレギュラークラスは半分以上が外国人選手だったりします。(例外としてスペインの「アスレチックビルバオ」というチームがバスク自治州にあるのですが、土着のバスク人もしくはバスクにゆかりのある選手しか認めない「純血主義」を100年近く貫いています。フランコ独裁体制下で弾圧を受けた歴史があります。)

 この様に世界でメジャーなプロスポーツでは一部を除きグローバル化がかなり進んでいます。各国は国外に出た自国選手よりも自国にやって来る外国人選手に注目します。時々は人種差別問題が起こる事はありますが、多くは純粋にサッカー選手としての能力、ポテンシャルに注目し、自国の為、クラブの為に活躍してくれる選手を賞賛し、逆に振るわない選手には厳しいバッシングを向けます。

 こうした状況を鑑みて、日本の報道を見ているとものすごくナイーブに見えてしまうのです。例えば、海外リーグに出場している日本人選手がパスを出した後、ボールが何人も経てからゴールになっただけで、「〇〇選手がゴールに絡む活躍をした!」などなど(笑)。
 日韓ワールドカップの時に監督だったトルシエの通訳フローラン・ダバディ(フランス国籍)が言っていたのですが、フランスも以前は日本と同じ様な状況だったそうです。国を挙げてスポーツ強化に取り組み、選手の多くが海外で活躍する様になると、いちいち自国選手の動向に騒がなくなった様です。

 ボクはグローバル化とか国際化といった言葉はあまり好きではなく、いきすぎたものもどうかと思うのですが、良い悪いは別として、日本はまだまだ内向きで、島国根性が抜けきらない所があるのかなと感じます。、個人レベルでもっと世界に出て、世界を知り、世界の荒波にもまれなければ進歩しないのかもしれません(観光旅行や馬鹿みたいにブランド品を買い漁る等、遊びで行く意味ではありません)。でも、個人的にはアメリカにだけは行きたくありませんね(笑)。トヨタの例もありますし、国家としても距離を置いてほしいです。

投稿: hanarin | 2010/02/28 12:13

こんにちは~まるこ姫さん
そして、hanarinさん、コメント有難うございました。

わたしは中日ドラゴンズファンでもあり、サッカーのほうは日本代表の国際試合ぐらいしか見なくて、ちょっと疎いんもんですから、サーカー選手のお話、とても貴重でしたよ。

バスク系スペイン人のチームですか…。バスクはヨーロッパの中でとっても異色且つ貴重な存在ですよね。「純血主義」というのもその民族の歴史の所以ですよね。そういえば純血主義といえば、わたしはリアルタイムでは知らないんですが、かつてのV9の川上巨人軍が、そーゆーのだったようですね。しかも川上氏は今は、例の「つくる会」の賛同者だと聞くし…、バスクの純血主義とは全然違う次元で(ちょっぴり歪んだ方向で)、国粋主義者なんでしょうね。

やっぱりわたしは、たとえ出身国が違っても、日本に住み、日本語を話し、日本文化をある意味わたしたち日本人以上によく理解してくれている人たちに、とても親近感を覚えます。ただし、古い伝統文化のみに目を向け、現代の日本文化を無視/軽視する外国出身者にはちょっと「?」が付きますし、また逆に、日本語はそこそこしゃべれても、文化のほうはPOP文化だけで、いわゆる「日本の心」を微塵も理解していないようなのは、全くダメですがね…。一方で日本人も、hanarinnさんもご指摘の通りもっともっと世界に飛び出して世界を知ってほしいもんですね。わたしより下の世代の20代以下の若者なんかは、今や海外旅行もあまり行きたくないなんていうじゃないですか…。まあ、日本が余りにも清潔で便利すぎる、というのもあるんですが、やっぱりもうちょっと世界の中でタフに生きたいもんですよ。アメリカ的なマッチョ至上主義は願い下げですが…。

ところで、アメリカにも一かけらですが良いとこもありますよ。余りにも巨大な悪の陰に隠れてなかなか見えませんが…。わたしもここ、まるこ姫さんのおうちでは媚米売国奴(小泉・平蔵ちゃんが代表)だとか、対米隷従の輩への批判ばかりして反米主義者ともとられかねませんが、何といってもわたしの尊敬するマイケル・ムーアのような人間も、今のところは殺されもせず、投獄もされずに言論活動ができる国なのですから…。

投稿: ぷひゃひ | 2010/02/28 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47668541

この記事へのトラックバック一覧です: 泣くな!浅田真央、よく頑張った 今日の国会、自民審議復帰:

« 厚労省元局長村木氏郵便不正裁判に見る検察の危うさ | トップページ | 自民党、審議復帰したがあまりに程度が低すぎた »