« 民主党へ手を変え品を変え牙を向くマスメディア | トップページ | 菅家さん無罪確定で、東京新聞佐藤社会部長の手記 »

2010/03/26

首相会見オープン化、ネットメディア参加認める

ようやく、鳩山首相の会見がオープン化した。
これは、他にも少数の大臣が実施してい無いわけでもないが。。

しかし、この産経新聞の記事は、どうなんだろう
>産経新聞社など日本新聞協会加盟各社でつくる内閣記者会
は24日、主催する鳩山由紀夫首相の記者会見にフリーランス
やインターネットメディアの記者などの参加を認め、基本的にオ
ープン化する方針を決めた。近く予定する平成22年度予算成
立を受けた記者会見から実施する。

この記事の書き方によると、内閣記者会なる”記者クラブ”が記
者クラブに加盟していない、フリーランスやインターネットメディア
の記者などの参加を認めてやったと。

基本的にオープン化の方針を決めたと。

すごい上から目線ではないか。
どういう発想なのだろうか。

会見の最初の方に、フリーランスの上杉氏が、今日は質問では
なくフリーランスにも、記者会見の門戸を開いた事に対して首相
にお礼を述べていたが、とても微笑ましく良い光景だった。
鳩山首相は苦笑していたが。。。。。

が、サンケイの記事によると、自分達 ”記者クラブ” がフリーラ
ンス達にも、会見の門戸を開いてやったと言うような記事になって
いる。
いかにも、恩に着せた記事で、なんだか抵抗感がある。
大臣や首相が、オープン化といえばすぐにでも出来るのかと思っ
ていたがどうなんだろう。

>首相官邸側の申し入れを受けた。

とあるから、今までは”記者クラブ側が”拒否していたのだろう。
なんと閉鎖的な組織だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ

今、鳩山首相が発言しているが、どうも、オープン化は、各大臣
の意思一つで出来たり、出来無かったり、すると言っている。

しかし、自民党政権下では、考えられなかった事だ。
誰も、オープン化の意思も、意味も頭には無かっただろう。
前もって、政府に都合のよい質問だけをする記者がいて、首相も
既成の質問に答えるような、あうんの呼吸のような物が、記者ク
ラブや、首相の間にあったと想像できるが、民主党政権になって
少しずつ変わってきているのは事実だ。

”記者クラブ”が、フリーランスに、門戸を開いてやったとしても、
現実は、色んな記者が記者会見に出れば、記者クラブ加盟の大
手大新聞、大テレビも、うかうか出来ないだろう。
フリーランスやネットの記者たちは、ものすごい勉強をしている。
大新聞の記者連中がぬるま湯につかった現状に甘えているのも
事実で、本当にアホな質問ばかりしているのを、何度も目にして
いる。
大新聞、大テレビの記者達の意識向上にもなるのではないか。

どうも、今回の記者会見は、”記者クラブ主催の記者会見”と言う
事らしい。
だからか・・・・サンケイがやけに上から目線だったのは。

会見の席上で、これからは、”大臣主宰の記者会見を開けとハッ
パをかけられていた。
鳩山首相はフルーランスやネット記者も入れると大人数になり、
会場の面での調整がつかないとも言っていたが。
やれば出来る、やらなければ、何も出来ない。
初めの一歩だと考えれば、後は進むだけだ。

必ず、自民党政治とは一線を画していることが際立つはずだから。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪

|

« 民主党へ手を変え品を変え牙を向くマスメディア | トップページ | 菅家さん無罪確定で、東京新聞佐藤社会部長の手記 »

コメント

こんばんは

どんなに抵抗しても時代は、変わっていくものなのですね。
たとえ、亀の歩みでも政権交代した意味が現れる事をこれからも望みます。
それにしても、政権交代から僅か半年で何十年分の自民党時代の後始末に追われている現政権に、余り早く結果を求めても明日から薔薇色に変わる筈がないといつも思って来ました。
実際、予算が成立して執行すれば少しは、実感出来るかも知れませんが、それ以前に政策と関係ない問題で内閣支持率を下げる結果になってしまった民主党政権の脇の甘さが正直、心配であり、情けなくもあり…。
それでも今は、この政権を応援しなければいけないと言う思いが半年前よりも更に強まったのも事実です。
私が天邪鬼なだけなのかも知れませんが、これだけ大手マスメディアや検察に叩かれ、狙われているのを見ると、それら組織にとって余程、現政権が目障りなのかと思わざる得ません。
今回の会見オープン化が、この国の硬直した報道に風穴を開ける第一歩になる事を心から期待しています。

フィギィアスケート・世界選手権で日本男子で史上初の金メダルを高橋選手が獲得してくれました♪~。
オリンピックの金、銀メダリストは、不参加でしたが、その2人がオリンピックで出した得点より高い点で勝利したのだから、立派な世界チャンピオンです。
おめでとう&ありがとう… 高橋選手。
明日には、女子SPもはじまりますが今回も皆さん、自分の持てる力を出し切って素晴らしい演技が見られる事を楽しみにしていますので、どうか頑張って下さい。

投稿: のりこ | 2010/03/26 20:19

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
何事もやってみてから、修正すればいいことですね。やらないで、できないは 大ばかのいうことです。やる気のないやつは、はなからできないと決めつける。
 やってみることが一番。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: fwgd1764@gmail.com | 2010/03/26 20:35

 この会見、日本テレビ放送網がひどい質問をしましたね。基地問題がもし解決しなかったらどうするのかって。総理は理知的に応じましたが。マスコミさんの意識は変わっていないようで。

投稿: ヒロくん | 2010/03/26 20:42

★ーーこんばんは、のりこさん

民主主義の歩みは遅いです。
ましてや、日本の民主主義は本当に、民主主義であったのか疑わしいような民主主義でした。
亀の様に遅い歩みだとしても、政権交代でこの国の民主主義にも風穴が開いたのかも知れないと思う今日この頃です。
鳩山首相が要請して、記者クラブも受け入れたと言う事ですから、少しずつでも変わっているのですね。
政権発足後、半年がたちました。
マスメディアは勿論、国民もすぐにでも成果が出ないと、怒り心頭ですが、良く考えれば何十年のしがらみが一気に解決できるはずがありません。
それを考慮しなければ、政権が不甲斐ないとの思考になります。

が、ようやく4月から政策が施行されます。
少しは若い世代に恩恵があり、実感できるのかなあと。
待機児童の問題は自民党政権の負の遺産です。
長年出来なかった問題が、急に実現できるわけも無く、それでもは鳩山政権は、一生懸命努力しています。
けなすばかりではなく、褒める事もしなければ気持ちも萎えてしまうのではないかと思える、昨今の攻撃には。。。。
辟易しますね。

民主党政権の脇の甘さは充分にありますが、与党なれしていないと言うのが、あるのではと思います。
与党の立場が分かっていない。
しかし、試行錯誤を繰り返していけば、もっと成長しますよ。
時間を巻き戻すわけには行かないのですから、気を長く持つより仕方が無いかもと思う、今日この頃です。

今の、マスメディアの攻撃は、尋常ではないと感じます。
やはり、それだけ抵抗すると言う事は、民主党政権になったら都合が悪いからこそかなあとも、思います。
鳩山政権は、このオープン化を初めの一歩として、どんどん改革していけば良いのだと思います。
既得権益者の抵抗はすさまじいのですから。

私も、高橋君の活躍は、心から嬉しいです。
彼の演技力は只者ではないと思ってきた一人ですから。
悲しいかな、この世界選手権の放送がありません。
せっかく、世界一になっても放送されないとはね。
日本のマスメディアの程度が分かりますよね。


★ーーこんばんは、くまさん

そうなんですよ。
やってみる事です。
やってみて、不具合があれば直せばよいだけの話で。
オープン化をすると言う事は、とても良かったです。
自民党ではその発想すらなかったんですから。
やる気の無い奴に限って、批判ばかりするんですよね。

色んな不満はありますが、それでも、初めの一歩です。
首相のオープン化は、高く評価したいです。
上杉さんが褒めていました。


★ーーこんばんは、ヒロくん

>日本テレビ放送網がひどい質問をしましたね

既成メディアは、総じて質問がひどいです。
フリーランスと比べたら、月とすっぽんですね。
それが分かるだけでも、今回のオープン化は、評価
出来ると思います。
色んな不満はあるでしょうが、それでも初めの一歩です。
最初が無ければ、永遠に前に進めませんから。

投稿: まるこ姫 | 2010/03/26 21:18

こんばんは~、まるこ姫さん、皆さん

一昨日の路傍の石さんの『ウォルフレン論文』、まだ要約の方ですが、読みました。全文の方もダウンロードしておいたので、この週末にでもじっくり読んでみようと思います。

んで、読んだ感想は…、ホントにまるこ姫さん仰るように、『大体、私達が日頃から思ってきた事、考えてきた事が要約されていたと思います。(中略byぷひゃひ) 日本国民は、ことの本質を読み解こうと思わないのでしょうか』に尽きると思います。まるこ姫さんのブログに集うわたしたちのような普通の日本国民が考えていることが、改めて外国人ジャーナリストの手によってメディアに取り上げられた、ということには大きな意義がありますね。実際、ネットでもかなり評判になっているようですね。でも、テレビでは全く、少なくともわたしは、聞いたことがありませんでした。わたしは恐らくは、このまるこ姫さんのブログの皆さんほどはネットから情報を得ているわけでは決してないので、この論文は勿論、ウォルフレンという人物の事も初めて知りました。このような情報は大変ありがたいです。改めて路傍の石さん、有難うございます。

また、hanarinさん、NHKの『激震マスメディア~』見られたとのこと、情報有難うございます。でも内容は…「?」のようなので、これも週末に早見ですまそっかなっと思ってます。ところでhanarinさん、わたしの名前は「B」でなく「P」で始まる「P’hyahi」でありまする。前に気付いたのですが、言おっかな、どうしよっかなっと思ってるうちに忘れていました。んな感じなんで、特に気にしないでね。もともと変な名前なのですから…。

そして、今日のトピックの首相会見オープン化、なんかテレビではこの話入ってきませんね…まあ、奴らにとっては気に入らないことでしょうから当然かもしれませんが。このように、政権交代してから確実に変わりつつあることがあるわけですよね。これからも、もっともっとこういった変化を実感したいもんです。

最後に、今日、菅家さんの無罪がついに確定しましたね。警察・検察・裁判所という巨大権力に約18年間を奪われた菅家さん…。会見を見てわたしも眼が潤んできました。これからは幸せに是非長生きしていただきたいですね。一方、裁判官は謝罪はしたものの、『強く言われると反論できない菅家さんの性格』という言い方にはものすごく頭にきました。巨大権力の前には、菅家さんだけじゃなくて誰だってそうなりますよ。それを性格だなんて…。当時の低レベルのDNA鑑定を絶対と盲信した警察・検察が追い込んだんでしょうが…ってことですよ。

それでは、また。

投稿: ぷひゃひ | 2010/03/26 22:42

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

鳩山政権誕生後、半年経ってやっと、首相の記者会見のオープン化したことは良かったです。
あまりに遠い席で上杉氏の声が聞こえにくかったですが、やっと、民主主義国家の仲間入りの第一歩という感じです。

前列の大手メディアののさばり具合は酷かったですね。
特に、読売、産経の系列の記者は、侮辱するような仮定の質問をしていて、鳩山政権を貶めようとする意図を感じました。
JANJANニュースを読むと、記者クラブは95席、他が18席で、質問はクラブ側が優先し、上杉氏などクラブ以外は少なかったです。
平野長官は大手メディアからの圧力で、オープン化に前向きではなかったようです。

平成維新は革命みたいに抵抗勢力の利益を奪うもの、喧嘩せずして、無難に離陸できるわけがないのに、友愛的にやってきたことが、6ヶ月も開放に時間が掛かり、だから迷走していると言われる所以です。
神保氏が省庁の記者会見が閣内不一致、特に検察と内閣官房がなっていないと首相に問うていました。
鳩山首相は検察と内閣官房のことには答えず、これをもとに全体に広げると言っていました。
自主性に任せるという首相のやり方が迷走の原因、自分がそうしたいなら、全省庁で進めると言えば済む話と思います。
検察と平野長官のところも、オープン化をすべきです。

記者クラブ開催だから、加えてやっているという表現になります。
記者クラブの施設でやるなら、それも言えますが、場所は官邸で答えるのも官邸、記者クラブが主催というのは可笑しい。
記者会見の主催は、官邸主催でやるべきで、招く記者は公平に抽選で選ぶべきです。

NHKを見ていましたが、記者会見のオープン化のコメントはゼロでした。
ネットを調べると、朝日と毎日だけで、他の大手は見あたりません。
朝日毎日はフリー記者ら40名、共同通信は33名、ジャンジャンは18名、時事通信はフリー、ネット記者10名、数え方は記者クラブに入っている会社はできるだけ含めてカウントし、記者クラブ以外のものは、厳密に数える、立ち位置が違うと表現がもの凄く違いますね。
会員メデイアはたくさん入れてやっているよと言いながら、その記事の扱いは極めて小さいのが、彼らの姿勢のようです。

投稿: 愛てんぐ | 2010/03/26 23:11

まるこ姫さん、こんばんは(^O^)/


セキュリティの問題等あるかもしれませんが、記者会見のオープン化は喜ばしいことです(^-^)


本来民主国家なら当たり前のことであるのに、今まで出来てなかったとは嘆かわしく、また日本は民主国家だと思っていた自分が恥ずかしいです。


鳩山総理は金持ちのボンボンとかお人好しと批判する人もいますが、僕は度胸の有る人だと思いますよ。


失礼な言い方ですが、綺麗ごとを並べる理想主義な民主党に、小沢一郎という現実主義者を迎え入れたんですから(笑)


乗っ取られる可能性があるのに小沢一郎を迎えいれる・・・・・・・普通なら野党共闘的な関係で終わるのでしょうが、鳩山総理は民主党が持って無いものをリスク承知で小沢一郎に求めたんじゃないですかね?


話がそれたうえに、連日の長文失礼しましたm(_ _)m

投稿: 通りすがりの男 | 2010/03/27 00:24

★ーーこんにちは、ぷひゃひさん

>わたしたちのような普通の日本国民が考えていることが

本当にそうですよね。
私は特別でもなく、本当に普通の日本人だと思っていますが、その普通の人間が考えている事が、論文調で言葉になったのを見て、うんうん、と頷いていました。
何も目新しい事が書いてあるわけでもなく、それでも未来に向けて光が差し込んでいるようで、嬉しくなりました。

しかし、こういった普通の感覚、考えが、地上波ではほとんどと言ってよいほど、聞く事ができないのも事実です。
なんだか、違う世界のようですね。
CSでは、聞く事ができますが、地上波では別次元。
今まで思ってきた日本の民主主義も、限りなく怪しい民主主義のようです。

オープン化は、画期的な事ですから、どんどん報道すべきですが、例のごとく、出てきませんね。
私は個人でブログを書いていますから、都合のよいところを切り取ったりしますが、公器のマスメディアが切り貼りしてはいけませんよね。
恣意的に、国民を流すような報道は、公器とは言わないのではないでしょうか。
やはり、政治もレベルが低いですが、マスメディアもものすごいレベルが低いように感じます。

自民党時代には、考えられなかった事ですが、政権交代で、少しずつ、少しずつ変わっていくのかな?。

菅家さんは、ようやく無罪が確定しましたが、この17年間と言う長い年月で、年よりも老けてしまった感がありますね。
どれほどのご苦労だったのか。。。

今日、この件を記事にしました。
コメント、お待ちしておりますhappy01

★ーーこんにちは、愛てんぐさん

オープン化、一つとっても中々実現しませんね。
すぐにでも実現すると思っていましたが、やはり一つ決壊するとなし崩しになるのを恐れて、記者クラブ側が反対していたのでしょうか。

>前列の大手メディアののさばり具合は酷かったですね。

私は、ネットで声だけ聞いて記事を書いていた物ですから、見ませんでしたが、相当醜かったようですね。
上杉氏の声が聞き取りにくいなあと、思って聞いていました。
大メディアの、質問は、いつも、”この問題が解決できなかったらどう責任を取るのか”と言うような聞き方ですよね。
少しも、明るい展望を質問しません。
いつも後ろ向きで、すごい嫌な物を感じています。

平野長官も更迭しろ、見たいな言い方をされていましたが、やはり、フリーランスでしょうか。
どういう立場の人の意見も、平野氏は無能扱いですね
(笑)
本当に無能なんですから、早く更迭すればよいのに。

六ヶ月立って、少しも鳩山首相の考えが見えてこないんですけど。
幾ら、民主主義は遅いといっても、少しは見えるものを提示してもらわないと、せっかちな国民から愛想を付かされちゃいますよ。

>自主性に任せるという首相のやり方が迷走の原因、

指揮者も良いですが、もう少し自分はこうすると言った、断固とした姿勢を見せないと、相手側から見透かされちゃうとおもいますね。

>記者会見の主催は、官邸主催でやるべきで、招く記者は公平に抽選で選ぶべきです。

良いですね。
記者クラブ主催にするから、既得権益者に取っては他者は入れないとなるのですから、官邸主催にするのは、とても良い事だと思います。

やはり、今でも大新聞、大テレビは、古い感覚で満ち溢れていますね。
偏見と差別に満ち溢れているのが現状だと思います。
しかし、このフリーランス解禁を繰り返ししていると、少しずつ意識も変わってくるのではと思いますね。


★ーーこんにちは、通りすがりの男さん

セキュリティも、少し考えれば解決するでしょうし、もっと早くオープン化をして欲しかったですね。
やっと、少しは開かれたのかと思うと嬉しいですが。

>本来民主国家なら当たり前のことであるのに

本当ですよ。
日本だけがいつまでも鎖国をしているような構図だったんですから、世界から見たら不思議な国に映っていたでしょうね。
民主主義国家と思って生きてきましたが、本当にそうなのか、思わされてきただけなのかと、思う事はしばしばですよ。

小沢氏をのけ者にしなかったのは、正解でしたね。
他の議員達は、色々な批判を繰り返していますが、本当に党のことを思っているのか、はなはだ疑問です。
ただ、自分の思った事を言うだけなら、誰でも出来ますが、党をどのように導くのが、幹事長の役目だとしたら、小沢氏は大した胆力だと感じます。
それが、中々常人には理解できない所なんでしょうが。

>鳩山総理は民主党が持って無いものをリスク承知で小沢一郎に求めたんじゃないですかね

よく言われることですよね。
小沢氏がいなかったら、民主党は未だに同好会レベルだと。
今の政党政治を考えたら、小沢氏の選挙術はまだまだ活用できるのかと思います。
手法が古いといわれても、地方へ行けば通用していますよね。

投稿: まるこ姫 | 2010/03/27 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47915015

この記事へのトラックバック一覧です: 首相会見オープン化、ネットメディア参加認める:

» 鳩山総理記者会見オープン化の第一歩を図る! [なんでんかんでん]
鳩山総理記者会見オープン化の第一歩を図る!鳩山内閣総理大臣記者会見-平成22年3 [続きを読む]

受信: 2010/03/27 12:36

« 民主党へ手を変え品を変え牙を向くマスメディア | トップページ | 菅家さん無罪確定で、東京新聞佐藤社会部長の手記 »