« 批判のための批判は虚しい「贅沢な公邸改修」 | トップページ | 民主党に接近中の公明党はコバンザメか?(笑) »

2010/03/10

日米密約承知せず、麻生、安倍元首相

>自民党の麻生太郎前首相は9日、外務省の有識者委員会が
日米の「密約」の存在を認める報告書をまとめたことについて、
「『密約』は自分は承知していない」とした上で、「当時の国会、
国民への説明ぶりは、わが国の安全保障を確保する観点に立
った賢明な対応だった」とするコメントを発表した。麻生氏は首相
在任中「密約はなかったとずっと答弁しているので、なかったと
いうことだ」と存在自体を明確に否定していた。
 同党の安倍晋三元首相も、都内で記者団に対し、「核密約に
ついての申し渡しは前任者(小泉純一郎元首相)からなかった」
と強調。一方で「当時は冷戦時代で、指導者が日本を守るため
に判断したと思う」と理解を示した上で、「秘密を暴露し、そういう
判断をした人たちを非難するのではなく、今後の日本の安全に
資する形で一助として考えていくべきだ」と述べた。
 

冷戦時代を考慮したとしても、真の民主主義国家なら、冷戦が
融けた時に発表するチャンスはあったはず。
それを自民時代の歴代の総理が、外務大臣が、密約の存在を
知らなかったと言っているらしいが、知らなかったとは考え難い。
こんな大事な問題を総理が知らなかったとは考え難いが、本当
に知らなかったとしたら、これもおかしい。
官僚は知っていて、知らなかったのはただの表紙だけと言う事
になるのだから、かえっておかしな事になる。
官僚主導型の、おんぶに抱っこの政権与党だったと言う事にな
ってしまう。
どちらにしても矛盾だらけだ。

にほんブログ村 ニュースブログへ

>密約はありません、存じません

聞き流してきたが、小泉、安倍、福田、麻生と、国会でどれだけ
聞いたか分からない位、同じ答弁がなされたと思うが、これが
民主主義国家の正体だったのだろうか。

核密約が表に出てきて、安倍氏は
>秘密を暴露し、そういう判断をした人たちを非難するのではな
く今後の日本の安全に資する形で一助として考えていくべきだ、

歴代の首相にしたら、これが暴露されてしまえば自分達の身に
降りかかる問題だとは思うが、冷戦もなくなってしまえば、発表
しようと思えばその後に発表する事もできた筈だ。
が、この歴代の首相達は発表する意思がさらさら無かったのが
良く分かる。
ばれっちゃったから仕方が無いかと言うような対応にしか見えな
い。
今更ながら、”今後の日本の安全に・・・・・"なんて言い訳にしか
聞こえない。
発表する気があったなら、自分の代でも発表できたのだから。
まぁ、自民党の体質では無理だろうけどね。

政権交代がなされて、初めて何十年も前の機密が明らかにされ
つつあるが、政権交代が無かった場合、すべての関係者が墓ま
で持っていって、歴史は隠蔽されてしまったのだろう。
ようやく、重大な歴史が眠りから覚めつつある。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪

|

« 批判のための批判は虚しい「贅沢な公邸改修」 | トップページ | 民主党に接近中の公明党はコバンザメか?(笑) »

コメント

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

今まで密約をひた隠しにし続けてきた理由は、

「公開したら、自民党政権が倒れるから」

ただそれだけでしょうね。

投稿: いっすんぼうし | 2010/03/10 22:15

 まるこ姫さん、こんばんは。
まさに政権交代による賜物ですね。与党はまた一つ仕事をしてくれました。なんだかんだと言って一つずつ成果をあげてきてるかな。原発推進だけは容認できませんがね。
以上、近頃、ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)を見るとかわいくて悶絶しそうなhanarinでした(飼えないので画像みてます;)。では。

投稿: hanarin | 2010/03/11 00:18

ただこの話にはデカいおまけがあって、自民党が一時期野党になっていた羽田内閣時代にも核密約を否定しているんですよね。与党には小沢・鳩山・菅・岡田氏らも名を連ねていて、その事実がどう影響してくるのか。

投稿: みるこ王子 | 2010/03/11 00:23

まるこ姫、おはようございます。
自民党や官僚達が上から目線で「これは国民がしらなくても良いことだ」として、ずーっと隠してきたんでしょうね。官僚が伝えなければ、本当に知らないという事もありえたかもしれませんが。
現幹事長の"アレ"や、現首相の母親からの不正こども手当と同じで、知らなかったとは考え難いですね。

投稿: ぜっとん | 2010/03/11 08:36

追記:
密約がオープンになったことで、非核三原則との矛盾から、アメリカの核を積んだ軍艦は日本に入れなくなるかもしれません。要するに、今までのバランスが崩れるわけです。
中国の核兵器の標的の中には日本も含まれています。
北朝鮮も核武装をすれば、当然日本も標的の1つです。
日本は自ら核を武装することはできません。
日本と言う国の安全保障という意味で、今後政府はどう動けばいいんでしょうね?

投稿: ぜっとん | 2010/03/11 12:34

★ーーこんにちは、いっすんぼうしさん

何十年もの間、密約があったにもかかわらず、国民にひた隠しにして来た自民党はうそつき政党ですね。
今でこそ、ほとぼりが醒めたような感もありますが、早くに公表していたら、自民党政権に取って大変な事になるでしょう。
が、あの党のことですから、政権たらい回しでしのぐのではありませんか?
ずるがしこい党ですから。


★ーーこんにちは、hanarin さん

>まさに政権交代による賜物ですね。

本当にそう思います。
政権交代が無かったら、永遠に陽の目を見ないでしょうから。
一つ一つ、できるところからやっていくしかありませんね。
また、新年度から政策の効果が出てくるでしょうから・

>原発推進だけは容認できませんがね。

そう思いますが、これも代替案が無い今、必要悪かな?と思ったりもします。
怖いですが、他に何のエネルギーがあるとも思えないし。

>ヨツユビハリネズミ

初めて聞きました。
調べてみますねhappy01


★ーーこんにちは、みるこ王子さん

>自民党が一時期野党になっていた羽田内閣時代にも核密約を否定しているんですよね。

批判のための批判ですか?
何ヶ月間の内閣ですか?
たったの二ヶ月だけの内閣で、麻生安倍よりも期間が少ないとなると、官僚が教えていないと言うことも考えられるし、安倍も麻生も、知らない(ホントかな?)と言っていることからも知らないだけではないですか?(笑)

自民党から、自民党政治に嫌気が差して党を作ったり鞍替えしたりしているわけですから、当然自民党時代、役職にいたり議員でいたのは当然の事です。
民主党といえども、まったく新人が党を作ったのではないですからね。
何度も言いますが、あなたは批判のための批判を書いているだけです。


★ーーこんにちは、ぜっとんさん

>これは国民がしらなくても良いことだ」として、ずーっと隠してきたんでしょうね。

当然そうですよ。
愚民に伝える必要はないと思ってきたのでしょう。
官僚も然り。
自分達ほど偉い物は無いと思ってきたんですよ。

>現幹事長の"アレ"や、現首相の母親からの不正こども手当と同じで、知らなかったとは考え難いですね。

核密約と何の関係があるのでしょう。
小沢氏の問題は秘書の不記載を大げさに騒ぎ立てているだけです。
自民党議員は不記載は修正で済んできて、小沢氏だけにまかりならん。だから心ある人が怒っているのです。
鳩山首相も、我々一般人と同じ環境とはまったく違います。
一般人の感覚ではそんなことありえないと思うでしょうが、日本でも有数の財閥なんですから、一般人の感覚を当てはめてもはまらないと思いますが。

>中国の核兵器の標的の中には日本も含まれています。
北朝鮮も核武装をすれば、当然日本も標的の1つです。

またまた・・・自民党的発想を。
どれだけこの言い分で国民が騙されてきたか。
中国はどことも戦争を起こしませんよ。
起こしたら世界の破滅だと思っていますから。
北朝鮮の抑止力とかで、沖縄基地を容認してきました。
沖縄にいる海兵隊は有事の際、日本人を救助するためにいるのではありませんから。

日本国は原爆を受けました。
それを教訓に核を持たない事を武器にして生きてきました。
他に対する攻撃性を持たない弱さこそ、身を守ると言う事は
ありますよ。
日本は原爆を落とされたからこそ、学んだ事ではないでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2010/03/11 13:15

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

安部、麻生元首相の言い分は、先ずは言い訳から始まりました。
国民主権と考えるなら、密約はないと国民を騙してきたことを謝罪しますというのが、真っ先に出る言葉だと思います。
先ずはしょうがないという言葉は、まさにお上の発想です。
森元首相を引き継いだ同じ清和会出身の小泉政権も同様に申し送りがあったと思われ、小泉政権以降も、密約を知っていたというのが自然だと思います。

アメリカで密約が公文書で公開されても、密約がないと言ってきたことには、開いた口が塞がりません。
国民を馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたいですね。

40、50年も国民を騙し続けてきたのが白日の下に晒されたのは、政権交代の成果です。
自民党長期政権時代の、自らを正当化するためについた嘘と欺瞞がいっぱいあります。
継ぎ接ぎだらけの原形を留めない制度、賞味期限切れの制度、ありとあらゆる所で問題山積です。
問題が白日の下に国民に知らされ、制度や仕組みなどが見直しされようとしています。
すべて、政権交代のお陰といえます。
マニフェストを示し、国民がチェックできるのも政権交代のお陰です。
自民党政権ならば、公約はないのも同然、チェックしようが無かったのです。
国民は政権交代の効果にもっと気付くべきですし、鳩山政権ももっとアピールすべきです。

自民党の巨悪、大失政に目をつぶり、民主党の小悪、駆け出しに細かく駄目出したり、自民党と同罪とするのは、甚だ如何なものかと思います。
小事にこだわって、大局を見失うと、国の行く末を見誤ります。

投稿: 愛てんぐ | 2010/03/11 19:08

こんばんは、愛てんぐさん

安倍も麻生も、逃げ腰ですね。
言い訳ばっかり。
自民党は、衆議院選挙で惨敗して政権交代したときに、一度、総括して国民に謝罪すべきでした。
何もしてこなかったから、何を言っても説得力がありません。
自民党の内閣が知らないとは考えられませんね。
引継ぎはしているはずですから。

しかも、アメリカ側から公表されているにもかかわらず、知らない、なかったと。
いつもと同じ構図ですよ。
官僚も自民党議員も卑怯ですよね。
この人たちは、”かえるの面に小便”のことわざ通り、恥を知らない人種ですね。
国民の事は何も考えていません。

やはり、政権交代がされたからこそ、出てくるものはありますね。
これが自民党政権ばかりだと、何も出てこなかったですね。
すべて隠蔽で、闇から闇へ葬り去られていたでしょう。

>制度や仕組みなどが見直しされようとしています。

不正を教訓にし無ければ、国民は踏んだり蹴ったりです。
是非とも制度見直しは必要だと思います。
民主党はマニフェスト破りだと自民党は声高に言いますが、自民党政権では公約が守られたためしがない。
少なくとも民主党は、マニフェストを守ろうとして四苦八苦しています。
どちらの姿勢が評価されるのでしょうか。
国民も自民党時代を考えたら、そんなに批判は出来ないはずなんですが。
民主党を馬鹿にしているのか、国民は上から目線で言いたい放題。
私は、なんだかなあと思います。

>自民党の巨悪、大失政に目をつぶり、民主党の小悪、駆け出しに細かく駄目出したり、自民党と同罪とするのは、

先にコメントを頂いた人も、小沢幹事長と鳩山首相のあの不祥事はどうなんだと言っていましたが、まったく次元が違います。
日米密約と、野党時代のなんたらかんたらと、同じ批判の遡上に乗せる神経は、私にはまったく分かりません。
日米密約と言うのは、国際的なもので歴史に刻まれるものですから。

投稿: まるこ姫 | 2010/03/11 20:04

まるこ姫さん。お早うございます。
安倍、麻生は「密約」を「知らなかった」とシラを切ったのですか。「バーカ」と、言いたいですね。今主権者国民は自公の悪政にNO!の審判を下し、政権の座から退場させる力を持っているのです。その力で、今回「密約」の存在を暴いたのです。「安倍、麻生は今更泣き言を言うな!!」です。自公政権下、「密約」は厳然と悪用されて来ており、国民は「ガス室」ならず、「核の坩堝」に誘導されて一億総虐殺される寸前だったのです。自公政権、特に歴代の首相には重大な責任があります。言ってみれば、彼等は主権者国民に対する反逆者共です。もう一回、オマケ、「バーカ」。
しかし、これからもっと大事なことは、折角「密約」を暴いたのですから、今度はこの「密約」を廃棄することだと思います。現状では、「密約」は生きており、日本国民が一億「核の坩堝」に誘導される危険性が今尚続くことになります。イラク戦争で小泉自公政権はブッシュに盲従し、あの侵略戦争に協力しました。 これを教訓として、海外でのアメリカの戦争に日本の主権者は今自覚を持って対処しなければ、アメリカの悪党に利用されて、日本は滅びてしまうのではないでしょうか。これからが正念場ですね。折角の政権交代した新政権の力が、主権者国民のために、発揮出来るように頑張りましょう。

投稿: hamham | 2010/03/12 10:59

こんにちは、hamhamさん

自民党政権のときは、国会では歴代の首相が”そんなものはない”とシラをきりとおしてきました。
今から思うと白々しいですね。
そして、安倍・麻生は、知らなかったと。
自民党の内閣で知らなかったなんて、誰も信じませんよね。

>自公政権、特に歴代の首相には重大な責任があります。

引継ぎはしたはずですし、それを墓場まで持って行く思っていたのでしょう。
結局は国民は永遠に騙され続けていたということですね。

>折角「密約」を暴いたのですから、今度はこの「密約」を廃棄することだと思います。

岡田外相は、外交機密上その時に後悔できなかった物でも、何十年か後に公開できるような措置をとるような発言をしていましたよね。
自民党の場合は、永遠に公開しないのでしょうが、民主党政権ではいつかは公開できるようにするべきですよ。
それは教訓として今後も生かすでしょう。

>。折角の政権交代した新政権の力が、主権者国民のために、

やはり、この情報公開も、政権交代の賜物ですね。
政権が交代しなければ、なしえなかった業績ですね。
lこれからも期待したいです。

投稿: まるこ姫 | 2010/03/12 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47775764

この記事へのトラックバック一覧です: 日米密約承知せず、麻生、安倍元首相:

« 批判のための批判は虚しい「贅沢な公邸改修」 | トップページ | 民主党に接近中の公明党はコバンザメか?(笑) »