« 「オウムのテロ」公安部長の会見、この国は法治国家? | トップページ | あら~逆事業仕分け?張り切る自民党 »

2010/04/01

こんな党首討論はいらない!党首討論の限界だ

第二回党首討論があったが、もう党首討論は限界があるのでは
ないだろうか。

>討論の大部分は「政治とカネ」問題に終始。
政策論争は郵政改革法案や米軍普天間飛行場の移設問題の
みにとどまり、経済論争は不発に終わった。

どうも、第一回、第二回の党首討論は、民主党のネガキャンが
前提にあるような気がする。
本来なら、第一回の党首討論を見ても分かるように、政治と金を
いくら突っ込んでも、埒が明かないのだからそういった問題よりも、
景気対策や税財政のあり方をめぐる議論をどこまで深められるか
にかかっていると思っていたが。

実際は、第一回の時と同じように、ただただ、”政治と金”、普天
間が解決しない場合辞任するのか、それとも解散総選挙を行う
のかと、鳩山首相の瑕疵ばかりあげつらう方向へ行っている。
自民党のタニガキ氏は、第一回目の迫力不足を相当意識してい
るのか、青筋立てての政治と金、普天間問題追及だ。
この二点で、この国がどうかなると言うのか
政治と金、普天間問題責任追及で、この国の未来、国民生活が
よい方向へ行くと言うのか。

にほんブログ村 ニュースブログへ

責任、責任、責任、責任と、責任と言う言葉ばかりが空疎に踊る
が、よもや自民党の党首から責任論が飛び出すとは・・・・

どうも、タニガキ氏、自民党、公明党は、党首討論を首相を追い
落とす道具に使っているようだが、毎回こう言った討論だったら
党首討論なんかいらない。
三回目も、又同じ展開になるのは目に見えているのだから。

そうでは無く、景気対策やこの国の方向性をお互いに語りあい
どの党の党首がこの国の将来を憂いているか、見ている国民に
判断を委ねる事こそが党首討論の有意義性なのではないかと
思うが。。。。。

マスメディアは、タニガキ氏に対して”合格点”と持ち上げている
が、ネガティブ思考優先の討論のどこが合格点なのか。
自民党議員も、”前よりは進歩した”とか評価しているそうだが
私は、首相を追い詰める事に全精力を注ぐと言う発想よりも、こ
の国の未来像を語る事に全精力を注ぐ事こそが、党首討論の
意義だと思うが。
なんだか、この国のマスメディアも議員もあまりに内向きで、すご
い嫌な物を感じる。
人の揚げ足取りや、誹謗中傷でこの国が良くなるとは思えない。
私としては、姑の嫁いびりのような党首討論よりも、ポジティブな
党首討論を期待したい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪

|

« 「オウムのテロ」公安部長の会見、この国は法治国家? | トップページ | あら~逆事業仕分け?張り切る自民党 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
マスコミはうわべだけの取り上げ片しかできないようです。本質的な議論についてなんて、追求する機がないのでしょう。低俗なマスコミです。
視聴者を舐めているから視聴率が下がるのですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2010/04/01 18:59

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

マスコミはどちらかが何点とか、自民党の舛添氏の谷垣氏の評価とか、民主党の誰か名前を明らかにせず、評価はどうだかと言って、ただただ煽っています。

党首討論は正式には、国家基本政策委員会の合同審査会で行われる議論の形式で、国家基本政策委員会は個別の法案についてではなく国の基本政策について討論する委員会だそうです。
前回の政治と金も、今回の普天間基地移設問題も、国の基本戦略ではありません。
政治と金は個人の問題であり、普天間問題は喫緊の問題であって、国の基本戦略を問うテーマではありません。
マスコミは触れませんが、全く評価に値しない内容です。

普天間問題も政治と金も、衆参の予算員会や関係委員会で、耳にたこができるほど議論してきています。
おまけに、攻める野党、守る与党、討論でなく質疑応答で、予算委員会等の焼き直しをみる思いがし、違いは演者の演技力の差しかありません。
印象でもって判断を左右する国民を意識しているのが見え見えです。
語気の強さでもって、評価するなんて、片腹痛いです。

党首討論は、日本の国家の基本戦略や将来ビジョンを討論して、与党、野党の違いを国民に示すべきです。
普天間問題ではなく、普天間問題を解く根本にある、今後の日米関係・安保、アジアとの関係、防衛などのテーマにすべきです。
しかし、自民党には、纏まった基本戦略など無いように思います。
谷垣氏、与謝野氏、と新自由主義者の舛添氏では、かなり方向性が違うようです。
自民党が党首討論をしたいのなら、自民党が描く将来ビジョンや基本戦略を定めるのが先です。
それがないから、ただ批難するばかりの自民党に支持が集まらないのです。
その前に、長期政権の失政の総括を国民に向かってする必要がありますね。

投稿: 愛てんぐ | 2010/04/01 19:04

まるこ姫さん  こんばんは
こんな党首討論は必要ありません。青筋立てて、ガキが叫んで、山口も同じく学会に叱られない様、肩に力が入りすぎ、聞いているこちらが恥ずかしくなりました。政策を提言するのではなく、揚げ足取りに終始しする討論は聞いていて何のプラスにもなりません。また、糞メディアの奴等もどちらが何点だの、点数付けあったり、メディアの劣化もここまでくると罪悪です。聞いていて、なるほどと思うところは皆無であり、時間の無駄はやめた方が良いと思います。

投稿: ヤス | 2010/04/01 19:47

★ーーこんばんは、くまさん

まったく、上辺だけですね。
中身を掘り下げて検証したりする能力がないのかもしれませんが、見た目だけ、青筋立てて大声で言えば、評価が上がるのかも知れません(笑)

政治と金、普天間問題ばかりで、国民の生活が良くなると思って言うのでしょうか。
普通だったら、もっと違う視点で討論をしろと言いますよね。
それを”崖っぷち”だの”普天間剣が峰”だの。。。。
党首討論の本質を掘り下げてもらいたいですね。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

党首討論って、過去を顧みてああだった、こうだったと言う議論ではないと思いますが、この国のマスメディアの論調は、その場の現象を評論するのみですね。

私は、どうせ党首討論をするのなら、もっと前向きに、この国へのビジョンを出し合い、税制をどうするのかとか、大きな政府、小さな政府、どちらにするのかとか、骨格を論議するのだと思っていましたが、チマチマした事ばかり。
個人的な献金問題は、もういい加減飽きました。
普天間も、鳩山氏も簡単に口にする嫌いはあるものの、それが責任論になるとは思えません。

>国の基本戦略を問うテーマではありません。

まったく、自民党、公明党の党首の議論は、小さいですね。
器が小さいと言うか、ビジョンがないと言うか。

政治と金や、普天間問題は委員会で議論を出し尽くしているのではありませんか?
わざわざ、党首討論の話題ではないと思いますけど。
テレビで、ぶち上げて、国民の受けを狙っているのでしょうが、こんな党首討論ならわざわざ、すること無いですよ。

>その前に、長期政権の失政の総括を国民に向かってする必要がありますね。

本当にそうですね。
反省も総括も無い党が何を言っても、こんな日本に誰がしたんだと、思いますもの。
小泉ジュニアが、いつも先頭に立って民主党の批判をしていますが、会社で言えば、会社の仕組みも知らない新入社員が相手の会社の批判をしていると言う事ですよね。
普通だったら、会社が許さないと思うんですが、自民党なら許されるのですね、不思議な党です。

投稿: まるこ姫 | 2010/04/01 19:56

 「政治と金」が自由民主党にとって一丁目一番地の郵政問題であだとなってしまったことに気づいておられるのか。「政治と金」は国民新党の主張が通りやすくなった理由の一つですから。「政治と金」がなければ、限度額引き上げとならない可能性も万に一つぐらいはあったかもしれない。

投稿: ヒロくん | 2010/04/01 20:12

こんばんは

舛添さんが谷垣さんを一応、評価したのは、参議院選でお立ち台(選挙カー)で谷垣さんの横で手を振るためなのでは?…。
新党だ、何だと言っても所詮、自民党を離党する勇気もないと言うよりも第二の小泉を夢見ているのかもしれないですね。
何と言っても今の自民党に必要なのは、小沢さん以上の独裁者だと発言したお方ですもの。
やっぱり目指すのは、ミニ小泉さんでしょう…。
それが見え見えなのにこんな人がマスメディアに持ち上げら続けられるのか、?です。
あっ、舛添さんの事じゃなくて党首討論の話でしたよね。
どうもこの国の報道は、討論の内容よりも気の利いたフレーズを言った者勝ち、もしくは、大声を出した方が有利になっちゃうようです。
それも毎回、同じようなものなら、以前のビデオを流せば良いと思うし、時間の無駄だと思います。
少なくても私の周囲では、党首討論の話題は、皆無でした。
それも何だか寂しいですが、マスメディアが煽れば煽るほど、こちらの気持ちが冷めていく感が否めません。

投稿: のりこ | 2010/04/01 20:30

★ーーこんばんは、ヤスさん

タニガキ氏も、公明党と山口氏も、ものすごい大仰な物言いでしたよね。
タニガキ氏は、血管が切れるのではないかと思えるほどだし、山口氏は、軍国主義復活か?(笑)と言うような肩の力の入り方だし、なにもあんなに力まなくても良いのにと。
しかも、ポジティブな議論なら分かりますが、ネガティブに命懸けてます。という論調ですから。
こんな討論で、日本が良くなるとは思えませんし。
誹謗中傷ばかり、の討論は見ていて、疲れますね。
心が暗くなります。
もう少し、未来を見据えて討論が出来ないのでしょうか。

>奴等もどちらが何点だの、点数付けあったり

マスメディアの劣化もひどいですね。
本質を批判せずに、青筋具合、肩の力の入り具合(笑)で評価しているとしか思えません。
こんな討論なら、しないほうがいいです。
もう3回目は辞めて欲しいですね。
意味ないですから。


j★ーーこんばんは、ヒロくん

”政治と金”の鳩山氏が、亀井さんに弱みを握られていると言う事ですか?

>限度額引き上げとならない可能性も万に一つぐらいはあったかもしれない

それは万に一つくらいはあったかもしれませんが、今それを言っても仕方が無いでしょ?
やってみればよいのではありませんか?
もし失敗すれば、亀井さんは、”殺してくれ”と言っていますから(笑)

投稿: まるこ姫 | 2010/04/01 20:42

こんばんは、のりこさん

舛添さんも、駆け引きが上手な人ですから、参議院選挙に向けての思惑があるのでしょうね。
だから批判したり、少し上げて見せたり。

新党立ち上げと言っても、相当お金がかかるそうですから、舛添氏には出来ないでしょう。
平沼さんは新党立ち上げと言っているようですが。
自民党を乗っ取るつもりかも。
一部国民の人気だけはありますから、小泉二号?(笑)
タニガキ氏は、目の上のたんこぶそのものでしょうし。

マスメディアは、麻生氏を持ち上げたように、今度は舛添氏を持ち上げる。
アキバで人気者だといって持ち上げたように、国民的人気者と言って持ち上げるのでしょう。
この国にはジャーナリストはいませんね。
井戸端会議程度の記者ばかりです。

>大声を出した方が有利になっちゃうようです。

この程度で、評価して、合格点だと(笑)
どこを見て合格点なのか、笑っちゃいますね。
毎回、政治と金ばっかりの討論だったら、もううんざり!
いい加減に前向きな議論をするべきですよ。
相手の誹謗中傷ばかりでは見ていて、気分がめいります。
こんな党首討論だったら、もういりません。
何で、国家論を論じれないのでしょうかね。
立ったの二回で食傷していますよ。

投稿: まるこ姫 | 2010/04/01 21:32

こんばんは~、まるこ姫さん、皆さん

谷餓鬼、干し柿、悪あがき、の額には太田総理のような青筋がウネウネと浮き上がってました。今回は第一回より良かったとのマスゴミ、自民党一部の評価のようですが、唯前回より声が大きかっただけじゃないですか。しかも舛添ネズミ男はあれでも不十分だと。

最も喫緊の問題であり、大多数の国民も望んでいるはずの、景気対策や税財政の議論は皆無。にもかかわらず、自民党支持者やネトウヨどもが言うような、『自民党の与党復活を大多数の国民が望んでいる』のが事実だとしたら、その『大多数の国民』とは、景気対策や税財政の議論に全く必要性を感じない超大金持ちか、アメリカ共和党の飼い犬か、でなきゃただのパァってことですね。

こんな党首討論は全くもって時間・税金の無駄。それこそ仕分け対象にしていただきたい。

ところで全く無関係な話で大変恐縮ですが、今朝の夢になぜか民主党の福田衣里子さんが出てきました。何を喋ったかまで覚えていないのが大変残念なのですが、こんなくだらない党首討論の一方で、民主党の一年生議員には本当にこれからも頑張っていただきたいとつくづく思います。事業仕分けの第2回には一年生議員も大動員。準備にかかっていると思いますが、心から応援したいです。

んでは、「ぷひゃひ!」でした。

投稿: ぷひゃひ | 2010/04/01 22:04

永年に渡って与党でいたのららば、その経験と実績と責任において、政策論を戦わせて欲しいと思いますが、結局は上げ足とりに終始ですねぇ。
ということは、政策を作る能力など自民党には無かったということでしょう。
その党に居座る人達というのは、政治家としての能力はどうなのでしょうねぇ?
谷垣氏、自民党総裁になって何か政策を語りましたでしょうか?
舛添氏、腹黒さというか野望のみが全面に出ているように思えます。
鳩山総理には、もう少しリーダーシップを発揮して欲しいとは思いますが、いずれにせよ、下野した自民党と議論する必要が有るのか疑問であります。

投稿: サクラ日記 | 2010/04/02 12:01

★ーーこんばんは、ぷひゃひさん

マスゴミ、自民党の論調はおかしいですね。
内容的には、全開より劣るような物でも、声の大きさ、青筋のタテ具合で(笑)評価が高まるのでうすね。
だったら、怒鳴り散らせば良いと言う事になりますよ。
舛添も、自分の立ち位置で評価を下すようです。
この人も変わり身激しいですから。

いつも思うのは、個人の問題よりも、この国の根幹や、党代表の国に対しての姿勢を論じて欲しいと思っていますが、いつも政治と金、そして普天間が解決できなかったらと、たら、ればの責任論です。
これって、すごい後ろ向きですよね。

マスメディアは、どれが大多数かも分からない、”大多数”をいつも持ち出して、”世論調査にも恣意的なものを出し、国民を誘導します。
これに誘導される人もいるのでしょうが、日本の国を本当に憂うなら、自分の頭で考えて欲しいですよね。
自分なら、どういう国になってほしいのか、どういう国にしたいのか、自民党政治の戻ったほうが良いのか・・・・
もう、一歩踏み出すか無いと考えたなら、新政権を叱咤激励してでも、前に進むしかないと思いますが。

後ろ向きな論議ばかりするようなら、党首討論も必要ないですね。
もっと、前に向いてガタガタの日本をどう立て直すか、を考える方が気分も明るくなると思いますね。

自民党は、美しすぎる市議とか、三原じゅん子とか、見た目だけを重視したような女性を参議院に担ぎ出す算段のようですが、民主党の女性議員は、女性は女性でsも、自民党とは発想がまったく違うように感じます。
福田依子さんは、ぴか一の存在かと思います。
彼女ほど、使命感に燃えた議員もいないようない感じます。
田中美絵子氏も、マスメディアの先例を受けましたが、河村市長の秘書をやっていたように、使命感はすごいあると思います。
女性は女性でも、自民党と民主党は大違いなのでは戸感じています。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

政権与党にいた自民党ですから、与党のいろははよくしているのではありませんか?
それを、重箱の隅を突くような、個人の問題をあげつらうのはどうも、好きではありません。
党首対党首なんですから、国家ビジョンを出し合い、それによって論議して欲しかったですね。

タニガキ氏は、前にもまして青筋立てまくり、山口氏は方に力を入れまくり、大声でまくし立てて、首相の誹謗中傷に明け暮れる。
国民生活は、どうでも良いみたいですね。
前向き議論は、まったくなされていませんから。

自民党が本当に政権奪回を望むなら、政策を打ち出さなくて、誰が支持するのでしょうか。
たとえ、鳩山首相が撃沈しても、未来への展望がない党はただ消え去るのみです。
それがまったく分かっていない、栄枯衰勢の自民党です。

鳩山首相にも言いたい事はありますが、党首討論の意味をもう一度、お互いの党首が認識しあわないと、何のための討論か分かりません。
マスメディアも、”木を見て森を見ない”と言う事なのではありませんか?

投稿: まるこ姫 | 2010/04/02 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47967767

この記事へのトラックバック一覧です: こんな党首討論はいらない!党首討論の限界だ:

« 「オウムのテロ」公安部長の会見、この国は法治国家? | トップページ | あら~逆事業仕分け?張り切る自民党 »