« 民主党をやっつけたいだけで新党結成とは | トップページ | 自民「離党ドミノ」に付き、与謝野平沼園田、高齢者トリオの新党 »

2010/04/04

中日新聞社説から、驚く事にマスコミの意識が変わって来た

本当に驚く事が起こった。
まさか、マスゴミの意識が少しずつではあるが、変わるとは思っ
ていなかった。
今日の ”中日新聞の社説”にその驚く事が載っていた。

題して、権力監視と未来の提言 週のはじめに考える

>メディアにとってことし最大の事件は、民主党の小沢一郎幹
事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる検察捜査
とこれを報道した新聞やテレビへの世論の激しい反発と批判
でした。

前に、東京新聞の社説として載っていたのは、全編マスメディ
アの自己弁護に終始していたが、東京新聞と兄弟新聞の、今
回の中日新聞の社説は、私達が本当に知りたい事が載ってい
た。

新聞やテレビへの世論の激しい反発と批判があったと。
私は、どこのマスゴミも調査をする世論調査を見ていて感じてい
たことは、世論は、新聞テレビの報道をまともに信じ、検察=正
義、新聞テレビ=真実の報道
、と素直に信じていると思ってい
たが、そうではなかった。
”激しい反発と批判” があったのに、マスメディア自身が、それ
を、公平・公正に報道していなかっただけだったんだと。
これだけ、正直に書いた社説が、かつてあっただろうか。

>政権与党最大の実力者の疑惑追及に拍手でなく反発が起こ
ったのは前代未聞でした。
> 検察もメディアも同罪
国民が自らの手で誕生させた新政権への思い入れは深く、検察
捜査に官の組織的抵抗や民主党潰しの疑惑を抱いたからでしょ
う。マスコミも一蓮托生とみなされたようでした。

にほんブログ村 ニュースブログへ

私は、検察やマスゴミに対して、これと同様の感想を何度も記事
に書いて来たが、それにしても、テレビも新聞も、私の頭がどうか
したのかと驚くほど、何の反応も、何の動きもなかった。
それがこの社説には、今まで私が不思議に思ってきたことが、赤
裸々に綴られていた。
これは驚くべき事だ。私は、大いに評価したい。

>メディアに公判を検証する義務が残りました。

今までは、逮捕し、起訴した段階で、新聞やテレビは、報道をし
無くなった。後のフォローはまったくと言って良いほどしていない。
公判の検証、報道の検証は是非ともしていただきたい物だ。

>困難に直面して国民が挑戦する気概を失ったとき国は滅びる
のだといわれます。
子ども手当や高校授業の無料化も未来に向けた試行錯誤と受
け取れます。支え合い社会のための医療や年金や介護の充実
も、そのための応分の負担も必要でしょう。昨年の総選挙は国
民を統治の主体者に変えました

私達国民が、選択した民主党政権に対して、始まってもいない
時から、マスメディアは、誹謗中傷を繰り返してきた。
60年ぶりに政権が交代して、政権運営が初めからスムーズに
進む訳がないにもかかわらず、マスメディアは完璧を求める。
世論調査を頻繁に行い、国民を恣意的に誘導もしてきた。
私は、国民はすっかりマスメディアの思う壺にはまっていると思
って来たが、真実は違っていた。
世論の、新聞やテレビへの激しい反発と批判はあったのだ。
それを報道しなかったから、知らなかっただけだったのだ。

今日の中日新聞の社説には、いつもながら期待しないで読んだ
が、こんなに嬉しい社説はなかった。
ようやく、マスメディアの意識もも少しは変わりつつあるかと思う
と、日本の報道ももまだまだ捨てた物では無いかも知れない。
願わくば、こういった意識改革が大新聞、大テレビに波及する事
を望みたい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪

|

« 民主党をやっつけたいだけで新党結成とは | トップページ | 自民「離党ドミノ」に付き、与謝野平沼園田、高齢者トリオの新党 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
現在のマスコミに社会性を求めるのはもう無理ですね。特にテレビはスポンサーに左右されることはトヨタを見れば照明されたようなものです。
そして、政治は上澄みの面白いところだけ取り上げて、ただ単に騒ぐだけ。深みのある議論なんて全くなくなりました。報道は単に発表期間の受け売りか挙げ足取りだけです。それを信じてしまう人がいることは悲しいですね。世論調査も全く意味無しです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2010/04/04 18:46

ひとは真実の声にさからっては生きてはいけないのです
そのことに気付いたのは遅すぎます いまの現状をマスメディアはなにも危機感なくすごしているあらわれではないでしょうか
 今日チラッとテレビ(民主党の悪口)を観ました そしたら あられもない姿が映ってるではないですか 感情むき出しの動物以下の人の姿です 哀れを覚えてしまい 仏にお慈悲をお願いしたしだいです

投稿: kiku | 2010/04/04 18:53

こんばんはm(_ _)m


この新聞社が本当に理解しているのか若干不安ですが、少しでも良識というか常識を持ったメディアが少しでもあるというのが、せめてもの救いですね。

問題は良識の欠片もないメディアが、日本の大手メディアだということでしょうか?


政治報道が3流ワイドショーになって久しいですが、メディアこそ規制緩和を行い新規参入を促すべきだと考えます。


あれほど規制緩和は正しい、素晴らしいと報道したのです。

よもや反対などしないでしょう(嘲)

私事ですが、最近地デジ対応テレビを買ったのですが、見るテレビ番組が無くて困ってます(泣)


長文&駄文&愚痴、失礼しましたm(_ _)m

投稿: 通りすがりの男 | 2010/04/04 19:29

★ーーこんばんは、くまさん

>現在のマスコミに社会性を求めるのはもう無理ですね

ひどい状態になってしまいましたね。
テレビ新聞だけが情報源だと、未だに、テレビ新聞は正しい事を言っていると思っている人もいるのでしょうが。
少し考えれば、おかしな組織と言うのは、分かりますから。
スポンサーに配慮していたら、公平・公正な報道は出来なくなりますよ。
情けないマスメディアです。

そして、深みのある論議、核心を突く論議は出来なくなりましたね。
スポンサーの思惑通りでは、情けなくありませんか?


★ーーこんばんは、 kiku さん

>いまの現状をマスメディアはなにも危機感なくすごしているあらわれではないでしょうか

そうなんですよね。
危機感があるのでしょうか。
だって、新聞離れ、テレビ離れは、すごい顕著に現われていると言いますから。
何が原因か、突き詰めて考えたら分かりそうなものですけどね。
民主党の悪口は、朝から晩まで、洪水のようですよ(笑)
支持率調査が本当だとして、あれだけ誹謗中傷をされたら、支持率が下がるのは当然の結果でしょうね。
誰かが、誘導しているのでしょうがが。
マスメディアは、この国をどうしたいのでしょうか。
民主党がこけたら、どこの党が政権を担えるのでしょうか。


★ーーこんばんは、通りすがりの男さん

どこの新聞も、こんな社説を書いたところは無いのではと思います。
民主党の頼りなさ、誹謗中傷はしても、突き詰めて自分達の姿勢を考えてきた社はないといっても良いでしょうから。

>問題は良識の欠片もないメディアが、日本の大手メディアだということでしょうか

本当ですね。
地方新聞では、結構良識のある社もあると思いますが、大手がひどい。
腐りきっています。
特に、毎日、アサヒは、考えられないほど方針転換をしましたから。

>政治報道が3流ワイドショーになって久しいですが、

そうなんですよね。
お笑い芸人の独壇場ですからね。
言いたい放題、悪意をこめて、面白おかしく番組作りですから。
規制緩和をするのは、一番先にマスメデイァにお願いしたいですね(笑)
最初は、記者クラブ廃止ですね。
うちも、せっかく液晶テレビを買い換えたのに、見る番組がまったく無い。
3時間も、4時間も、芸能人救済番組に私達は付き合わなければいけないのでしょうか。
本当にあほらしくなります。
だから、ほとんど見ませんが。

投稿: まるこ姫 | 2010/04/04 20:36

まるこ姫こんばんわ、お久しぶりです。やっと桜の花が咲き誇る頃となりました。この頃になると何時も心に掛る願望は太平洋と日本海を結ぶ桜の国道に桜を植えたサトウロードを走り抜けたい気持ちです。そして荘川桜を目の当たりにした時、どんな感動を覚えるのかそう考えるだけで胸が一杯です。今、私達は多くの言葉を口にはしていますが、何かを成し遂げる困難は並大抵の事ではないでしょう。

事業仕分けの時、税金の無駄使いを指摘した学者先生がそんな事をすると後世の批判に耐えられないと言われたがこの借金財政の批判は如何するのでしょう?マスコミの批判も同じです。間違いなく新聞もテレビも世論を語る資格を失っています。

テレビを見ながら多くの人が多くの事を語りますが、自分達が墓穴を掘っている事にその内気付くでしょう。政権与党も
今の様に問題の先延ばしをしていると信頼は無くなるばかりです。

自民党の新党問題は対岸の問題ではありません。政権与党も寄り合い所帯です。主義主張に隔たりはあっても小異を捨てて大同についているだけです。

政権交代の先に政界再編の時が意外に近いと感じれば、現状認識が少し変わるでしょう。最近、そんな気がしてなりません。無党派の人の思いは信頼と不信。そんな気がします。


投稿: くーちゃん | 2010/04/04 21:18

こんばんは、くーちゃんさん

日本海と太平洋を結ぶ道路は、”さくらロード”と呼ばれているのは知っていましたが、佐藤さんと言うお名前までは知りませんでした。
荘川桜は、毎年見に行きますが、あいにく雨の日が多くて。。
又、雨が降ると寒くて大変です。

口にするだけのと、ぞれを実行するのとでは大いに違いますよね。
実行するほうは、並大抵の事ではないでしょうが。

>税金の無駄使いを指摘した学者先生がそんな事をすると後世の批判に耐えられないと

そうなんですよね。
仕分けをされるほうの抵抗もすごいと思いますが、無尽蔵にお金が出てくるわけも無く、そこのところが分かっていません。
絞れば抵抗をするし、お金を出せば、財政破綻だと。
どっちにしたいのでしょうか。
結局は、何をしても悪く言われるのですから、大変ですね。
マスゴミも、批判の矛先が間違っているような気がします。
言うのは簡単ですが、ならばこの国をどうしたいと言うのでしょうか。

政権与党は揚げ足を取られないように、細心の注意を払っていただきたいですが、なぜかわざと批判を受けるように受けるようにする人たち。
この人たちも、一体どうしたいのでしょうか。

自民党は、権力を失ったら、急に求心力がなくなりましたね。
そういったものでしょうが、あまりに瓦解は早く訪れているようです。
結局は利権が無くなったら、党としての魅力がなくなっちゃうのでしょうが。

>に政界再編の時が意外に近いと感じれば

本当に、政界再編があるでしょうか。
今の政権与党にいる人たちは、わざわざ、離党するとも思えませんしね。
権力の座を失ってでも、少数政党、新党立ち上げと行くでしょうか。
どうも、そこのところは疑問ですね。

投稿: まるこ姫 | 2010/04/04 21:59

既得権益の生命維持装置になっているテレビ・新聞・検察ですが、中日新聞の社説にそんな記事が出たとは喜ばしいことですね。

トヨタも社長交代して、トヨタの車は5年もてばいいと発言していたコイズミカイカクの奥田氏が去って?本来の信頼できる車メーカーに戻ろうしていることが影響しているのかもしれませんね?

桜の花が見事な季節ですが、山口から萩へ向かう道路沿いは見事な桜が咲き乱れる街道ですが、この桜の木はひとりのバスの車掌さんが地道に植えられていった結果だそうです。
今の見事さにはそれをなし得た地道な努力した人のいることを教えてくれます。
目先の見事さだけを見るのではなくて、人知れず地道に努力した人たちに感謝する気持ちも忘れないようにしたいものです。

投稿: scotti | 2010/04/04 22:36

こんばんは

今日も偶然朝から、TVで与謝野さんと石原知事に遭遇、何でも石原さんが言うには、今回の与謝野さん達の新党の先に政界再編があり、それが国民のためになると言う事でした。
それは、国民のためと言うよりも政権与党になりたいあなた方の都合でしょうと、思わず画面に突っ込みを入れたくなってしまった…。
でも石原さんにしろ、小泉さんにしろ、あんなに失政をしてもマスメディアから叩かれず、未だに大きな顔が出来るのか、本当に不思議です。
いつもマスメディアは、政権について間もない民主党や天敵・小沢さんには、容赦がないのに、既に結果が出ているお二方のミスや疑惑についてなぜ寛容になるのか、そこら辺のからくりがこの国の隠された何かに繋がっているのかも知れませんね。
そして中日新聞の社説ですが、私達のこちらで毎日、言って来た事が反映されているようでちょっと嬉しかったです。
新聞社が社説に取り上げると言う事は、今までの民主党や小沢さんに対する報道への反発も結構、あったと言う事ですよね。
他のマスメディアが取り上げないだけで、私達の同志がたくさん居るかも知れないと思うと、それだけで何だか元気が出て来ます。

投稿: のりこ | 2010/04/04 22:43

こんばんは~、まるこ姫さん、皆さん

まるこ姫さんの記事のリンクから、中日新聞の社説を読んでみました。さすが、中日ドラゴンズと「ぷひゃひ」を生んだ名古屋市の新聞です。というナルシズムはこのへんにしてまじめな話ですが、実際、驚きました。この時期に、中日新聞がマスゴミの殻を破ってくれたことに。額面どおり受け取ったとして、何が中日新聞をそうさせたのでしょうかね。Kikuさんが『ひとは真実の声にさからっては生きてはいけないのです』と仰いましたが、スポンサー大企業と、それが支持する既得権益集団、即ちこれまでの自民党・官僚集団とによって真実を捻じ曲げてきたことに、今になってようやく揺り返しの力学が働いてきたということなのでしょうか。そうだとしたら、感無量です。販売部数第4位の中日新聞の影響力を、朝・毎・読の三大紙も無視することはできないでしょうし、もし、したとしたらそれがかえって問題になるでしょうし…。

しかし、長年の自民党政権によって培われた(?)疑心暗鬼もまだあり、事の裏を読んでみたい気にもなります。例えば中日新聞のバックグラウンドから一つ考えてみると、一時かなりエスカレートしたトヨタに対するバッシングへの反発が反米姿勢につながり、更に媚米のマスコミへ…というもの。でも、これは余りに単純なので裏読みでも何でもなく、×。もう一つこれもトヨタ絡みですが、scottiさんも仰るように、トヨタ自身が今回の件で反省し初心に帰って信頼できるメーカーを改めて目指す、という姿勢が中日新聞にも伝わった、というもの。こちらは前向きな推測ですし、こうあってほしい、という気がしますね。皆さん、なんか裏読みのネタございましたらお願い致します。

そして、中日新聞の姿勢ではなく、社説の内容の方も裏読みしてみますと、
>世論の、新聞やテレビへの激しい反発と批判はあったのだ。それを報道しなかったから、知らなかっただけだったのだ。
と、まるこ姫さんが仰ったような、『激しい反発と批判が実際にあった』、というのは本当なのでしょうか。勿論、このまるこ姫さんのブログ内では、これが毎日のように皆さんや、時にはわたしも参加させていただいて、コメントの形で交わされてきたわけですが…。それこそ、これまでのマスゴミ(テレビ・新聞)を見ていると、全くその逆でしたよね。今日も小宮の悦ちゃんのタバラ後釜番組の第一回のあとのテレ朝「スクランブル」で、テリー伊藤がいつものように、『自分の考えが国民の大多数の意見だ』ということをほざいてたことで明らかなように、マスゴミが『激しい反発と批判』を報道することは全くといっていいほど、なかった。やはりわたしは、また皆さんもそうだと思いますが、中日新聞の社説を信じたいですね。なんか、昔映画のコピーかなんかであったような気がしますが、「我々は孤独ではない…」と思いたいですね。

投稿: ぷひゃひ | 2010/04/04 23:48

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
確かに、今までのマスコミの報道の仕方を見てみると・・・。
「本当に事実なのか!?。」
と、首を傾げたい位、思いました。
でも、今回の「中日新聞の社説」には、大いに納得しました。
これで、他の新聞にも、「マスコミの対応の仕方」を変えてくれたら良いですね。
勿論、「テレビ・週刊誌」も、そうなって欲しいですね。

投稿: H.K | 2010/04/04 23:50

中日社説読んでみました。確かに、自己反省した論調は今までとの、違いを感じました。書いていることは一貫して、まるこ姫さんや、皆さんが、いままで主張してきた、検察も同罪である、情報操作の危険性、等など、を認めたということです。これが常識なんです。恐らくかなりの新聞離れが進んでいると私は見ています。昔は毎朝、真っ先に新聞を見ていましたが「ああ、又小沢批判、民主批判か」と思うと、どうも見る気になれません。今は一番後です。又テレビに関しては、フルタチ、ミノ、オオタなどの芸人司会者の番組はすぐチャンネルを代えることにしています。そのため、その情報は仕入れることは出来ませんが、気分が悪くなるよりマシだと思っています。長い目で見ればメディアの敗北だと思いますよ。新聞も次の契約はしませんし、テレビも芸人が楽しんでいるのを見て喜ぶのは辞めました。私のような人が多くなりつつあるのが、新聞の売り上げ部数や、視聴率に表れつつあるのかな、となんとなく実感できるようになりました。今後もマスコミに自分の考え方をメールなどで主張して行こうと思っています。

投稿: ヤス | 2010/04/05 10:14

こんにちは
いつも新しい情報をありがとうございます
遅くなりましたが、ときどき
あなた様のブログ記事を
僕のブログにも掲載させて
いただいております
よろしくお願いいたします
世の中を正しく変えましょう
また書きます
よろしく

投稿: 梶原弘徳 | 2010/04/05 10:45

★ーーこんにちは、scottiさん

まさか、中日新聞にこのての社説が出るとは思いませんでした。
ご多分にもれず、大新聞・大テレビと歩調を合わせていましたから。

トヨタの総家も目覚めたのかもしれませんね。
今までは、世界のトヨタのブランド力に胡坐をかいていたわけですから、この事件で全社一丸となって立て直そうとしていますから。
やはり、誠実が一番ですね。

こちらでもサクラが満開ですが、同じような思いで、太平洋側から日本海にサクラを植えた方がいますよ。
さくらロードと言われていますが。
やはり、どこの世界も、謙虚、誠実な方はおられるんですね。
どんどん、少なくなりつつある社会ですが、サクラの咲く季節になると知っている人は、必ず思い出すわけですから、語り継がれて行くのではと思いますよ。


★ーーこんにちは、のりこさん

>TVで与謝野さんと石原知事に遭遇、

私も、ちらちらと見てましたが、皆さん図々しいですよね(笑)
石原さんは、オリンピック誘致に大名プレゼンテーション、そして新東京銀行へどれだけの死に金融資か。

それが仰るように、この国のマスメディアは、小泉さんとか石原都知事、大阪府知事、とか声高に叫ぶ人には、何も言えないと言うか、言わないんですよね。
特に、都知事、小泉氏の過去の政策の検証すらしません。
未だに、持ち上げまくっています。
不思議な、マスメディアですよね。

これから政策が実を結ぶか結ばないかの民主党には、始まる前から叩きまくり、お気に入りの議員には、息子まで持ち上げる。
これって、報道では無く、ただの野次馬にしか見えません。
日本には、ジャーナリズム、ジャーナリストは、育たない風土、土壌なのかもしれませんが、なんだか虚しいですね。

>私達のこちらで毎日、言って来た事が反映されているようでちょっと嬉しかったです。

そうでしょ?
私も、頷いて読んでいましたし、嬉しかった。
唯の地方新聞の一つかも知れませんが、その社が私達の疑問に答えたのですから。
報道機関が、反発や批判を報道しなかったなんて、ふざけていますよね。
たぶん、大新聞にはもっと、批判や反発が寄せられているのでしょうね。
それを隠蔽するって、どこまで大本営発表なんでしょう。
戦前と同じと言う事ですね、今の日本は。


★ーーこんにちは、ぷひゃひさん

>すが、中日ドラゴンズと「ぷひゃひ」を生んだ名古屋市の新聞です。

中日新聞は、東京新聞と同列ですから、少しは良識があるのでしょうか。
しかし、どの大新聞とも同じ歩調を取っていた中日新聞の社説は画期的なことですよ。

>今になってようやく揺り返しの力学が働いてきたということなのでしょうか

急に、まともになってビックリしています。
何が、中日新聞を目覚めさせたのでしょうね(笑)
あんなに、かたくなに小沢氏真っ黒報道をしていた新聞社とも思えません。

>朝・毎・読の三大紙も無視することはできないでしょうし

この組織は厄介ですよね。
偏向報道は朝飯前、捏造、やらせ、茶番、何でもありなんですから。
テレビも同列ですし。

>培われた(?)疑心暗鬼もまだあり

勿論ありますよ。
何かあるのだろうかと思うくらい、素直な社説でしたよね。
改心したとは思えないし(笑)
やはり、何か裏があるのかしらん。

>テリー伊藤がいつものように、『自分の考えが国民の大多数の意見だ』ということをほざいてたことで

テレビに出てくる、影響力の強い芸人達は、ほざきますよね(笑)
やっぱり、誰かに特命を受けているとか?
とにかく、筋書きがあるのかと思うくらい、みな一致して民主党、小沢、鳩山批判です。

>、「我々は孤独ではない…」

昨今のすさまじい報道で、私も、孤独感、閉塞感が膨らんでいました。
この社説で、救われたし、嬉しいし、中日新聞社の姿勢が変わる事を祈りたいですね。

★ーーこんにちは、H・Kさん

>本当に事実なのか!?。」

本当にそう思います。
見てきたように、生々しく報道されていましたが、報道機関は検察リークはないと言うし、私達はあると思っていたし。
やはり、なあなあ、ズブズブの仲だったということですね。

私も、中日新聞の社説には納得しました。
本当に国民よりの姿勢を貫けば、部数も増えると思ったりもして。
大新聞・大テレビの姿勢も聞きたいですね。


★ーーこんにちは、ヤスさん

そうでしょ?
今までの新聞には似つかわしくない、論調でしたよね。
なんだか、すごい反省をしています。
検察もマスゴミも同罪などと、今までだったら口が裂けても言わないでしょうから。
日本の、マスメディアには、常識が通用していなかった。
私達の、普通に生きている人の声は無視していたんですね。
だからこそ、新聞に飽き足らない人が増え、部数をどんどん減らして、偏向報道をすればするほど、自分達の首を絞めていたことに、気付いたのでしょうか。

私も、最近は、新聞も見出しを見ただけで、内容は見ないようにしていました。
テレビも、せっかく新しい液晶にしたのに、見るに値しない番組ばかりで、情けなく思っていましたよ。

>その情報は仕入れることは出来ませんが、気分が悪くなるよりマシだと思っています。

まったく仰るとおりです。
嫌な気分になるより、番組を見ない。
精神衛生上、これに限りますよ(笑)

>新聞の売り上げ部数や、視聴率に表れつつあるのかな

国民は、うすうす感づいているのではないですか?
何かおかしいと。

どうか、これからも、頑張ってくださいね。
せひ、国民の良識をガツンと、メールしてやってください。


★ーーこんにちは、梶原弘徳さん

新しい情報と言うよりも、ただの独り言ですから(笑)
そして、他愛のないことですが、それでも、誰もが考えている事でもありますからね。

>僕のブログにも掲載させて
いただいております

本当にありがとうございます。
ぶれないでこれからも記事を書いていきましょうね。
おかしい事は、おかしいと。
これからも宜しくお願い致します。

投稿: まるこ姫 | 2010/04/05 17:16

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

中日新聞が東京新聞を含めると、発行部数は読売、朝日に次ぐ第3位で上位を脅かす存在であるながら、全国紙でないあくまでも地方紙であることから、全国紙と一線を画し、一歩踏み出した社説を書かせているのだろうと思います。

検察という権力の監視をマスコミは怠っていたという反省は画期的です。
しかし、マスコミの主観的な言い訳や間接的な表現が多く、あまり伝わってきません。
対策が取材力を磨き、見識を高めると言うだけでは、権力追従姿勢は治らないと思います。
少なくとも、記者クラブの解散ぐらいは上げておくべきと思います。

記事では政権与党最大の実力者の疑念追及に反発が起こったとありますが、これは謝った認識です。
小沢氏は野党第一党の代表のときから疑念追及されていて、自民党に対しては「眠れる検察」と揶揄されてきた検察の異常さに感じたからです。
新聞社の常識と我々の常識の間にかなり違いがあることが分かります。
新政権の思い入れだけで反発したのではなく、検察と報道の尋常ならざる関係や、事件報道のあり方に疑問を抱いたという、もっと本質に近いところからだと思います。
国民の知る権利のために、公務員の守秘義務違反のために、秘密を明かすのは、公共の福祉が阻害されるような場合に限定するのであって、あらゆる事が、報道の自由で、守秘義務違反も取材源の秘匿も許されるものではないと思います。
特に、事件の捜査情報を検察のシークによって国民に知らせることが、国民の知る権利のためのものではありません。
公務員の流す情報は殆どが恣意的であり、内部告発以外は原則、取材源を明らかにすべきです。
公判を検証する義務が残ったとありますが、検察と弁護側が対等に論ぜられる公判こそ、もっともメディアが力を入れるべき分野だと思います。
捜査段階の事件報道は記者会見情報を淡々と記すべきで、もし詳細な事件報道をしたいというならば、記者が検察と無関係に独自情報を収集して独自視点で記事を書くべきです。

記者クラブなど日本のマスコミの非常識はいっぱいあり、それを間違っていると認識し、先進国で常識となっている事件報道のあり方など、一刻も早く取り入れて欲しいものだと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2010/04/05 22:24

こんにちは、愛てんぐさん

中日新聞、東京新聞は全国紙でないと言うと所がミソでしょうか。
全国紙に、こんな社説は絶対載らないでしょうから。

>しかし、マスコミの主観的な言い訳や間接的な表現が多く、あまり伝わってきません。

マスゴミの逃げ口上もありますが、それでもどの地方紙も、踏み込んだ社説は書かなかったわけですから、評価したいと思います。

>政権与党最大の実力者の疑念追及に反発が起こったとありますが
>新政権の思い入れだけで反発したのではなく

小沢氏や鳩山氏は、当時野党であったわけですから、権力者ではありませんでした。
今と前を混同して書いているし、新政権の思い入れだけではなく、国家権力やマスゴミの権力の行使について、私達は批判をしてきたわけですから、内容は違う部分も多数見受けられますが。。。。。

それでも、何度も言いますが、全国紙には一切載らない社説です。
地方紙でも、そうそう載らないでしょう。
私達がなるほどと頷ける社説を載せましたが、政治面では相変わらず、民主党の誹謗中傷に明け暮れています。
すごい二面性があるようです。
と言う事は、この社説だけが、稀有の存在だと言う事になるのではと。
これを掲載する事に同意した編集長は、気まぐれだったのでしょうか。
それとも、本音を少しは出しておこうと思ったのでしょうか。
良く分かりませんが、記者、デスク、編集長にも、少しは良識のある人がいるのかと、思ったりもします。
それは、砂の中から、ダイヤモンドを拾うくらい難しいかも知れませんが、そんな記者もいたということでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2010/04/06 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/47995063

この記事へのトラックバック一覧です: 中日新聞社説から、驚く事にマスコミの意識が変わって来た:

« 民主党をやっつけたいだけで新党結成とは | トップページ | 自民「離党ドミノ」に付き、与謝野平沼園田、高齢者トリオの新党 »