« しつこい東京地検特捜部とマスメディアの操作 | トップページ | ”特別民間法人天下り横行”報道すべきはこう言った事だ »

2010/05/14

微妙に変わって来たマスコミ、評論家の立ち位置

最近のマスメディアがアリバイ作りを始め出した。

たとえば、夕方のテレ朝、昨日の渡辺宜嗣キャスターはの発言
には唖然とした。
”普天間問題も、基地移転など小さな問題に矮小化しないで、ど
うたらこうたら・・・・・”

ハア?え?オイオイ、あんたたちだろ?
すべての局が矮小化して、5月末までに解決しなかった場合辞
任すべきだとかやれ、県外だとか県内だとか、県民・国民を煽り
続けてきた張本人は。
私の知る限り、渡辺宜嗣キャスターは、鳩山首相の発言、言動
をあげつらい、盛んに糾弾していたと思ったが。
今更、正義面して矮小化してはいけないだと?
あいた口がふさがらないとはこのことだ。

本来なら、公平、公正の立場に立つキャスターたちは、物事の
問題定義をしたり、大きな視点から発信するべきだと思うが。
ところが、どこのテレビ局も押し並べて、全く同じような論調で
矮小化してきたじゃあないか。

先日も、お昼の"ワイドスクランブル”に出演している、須田慎一
郎というコメンティターも、"普天間問題は鳩山首相一人の問題で
はない、たとえ鳩山首相が辞任しても、次の首相に巡ってくる訳だ
し、解決が遅れるだけだ。だったら期限を区切らなくても、鳩山首
相にじっくりと取り組んでもらったらどうか”
というような発言をして
いたが、私もまったく同感でよく言ったと思ったが、、今までだった
ら、考えられない事だ。

今日も、“スパモニ”に出演していた、木場弘子も、”アメリカの言
う事ばかり聞かないで、自国の主張はできないものか”
というよ
うな発言をしていた。
ただし、他の出演者の顔色をうかがいながら話していたのが印
象的だったが。

にほんブログ村 ニュースブログへ

過去、どの番組も、鳩山首相が期限を切った。
自分でまいた種だから自分で借り取れ、というような論調だった。

あれ?少しずつ論調が変わってきたぞ!
情勢が自分たちに不利になってきたからか、何人かから鳩山同
情論・擁護論が、出だした。
私は、須田氏の発言は、全く頷けるものだから、そうだそうだとは
思うが、何か釈然としない。
あれだけ、遠慮会釈もなく糾弾しておきながら、今になってそう来
るか?
変わり身激しいと言うか、自己保身というか、立ち位置を微妙に、
変えて来ているような感じがしないでもない。
もっとも、須田氏は、結構硬派だから、スタンスは変わっていない
とは思うが。

しかし産経新聞は、相変わらずの論調で。。。。。。

>【ワシントン=佐々木類】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市
)移設問題をめぐり、12日にワシントンで行われた日米審議官級
協議でキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)沖合に、くい打
ち桟橋方式(QIP)で代替施設を建設する日本側の提案に対し、
米側が正式に反対する考えを伝えていたことが明らかになった。
外交ルートで政府案が正式に拒否されたのが確認されたのは初
めて。昨年の政権発足以来、8カ月間にわたって進められてきた
移設見直しは振り出しに戻らざるを得ない状況だ。(産経新聞)

あれだけ、ああでもない、こうでもないと批判してきた、日本の基
地移設条件が、振り出しに戻るだと?
なんのこっちゃい!
こんな、人の不幸を喜んでいるような記事を見ると、本当にがっか
りする。
やっぱり、サンケイはアメリカ御用達機関だな?(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪


|

« しつこい東京地検特捜部とマスメディアの操作 | トップページ | ”特別民間法人天下り横行”報道すべきはこう言った事だ »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

鳩山首相が自らハードルを上げて云々と言っていますが、ハードルを上げさせたのはマスコミでしょう。
アメリカが怒っているとか、普天間の危険は待ってられないとか、昨年末の期限を過ぎたら、何時までに結論を出すのかとか、何でもかんでも政局に結びつけ、マスコミがせっつきまくった所為ではないでしょうか。
そのくせ、ずっと時間がありながら、想定の脅威は何か、抑止力は何か、日米同盟はどうあるべきかなど、本質を極める報道を全く持ってしてきませんでした。
今日の迷走はマスコミに踊らされる鳩山首相の体たらくにも問題がありますが、それよりも、マスコミの低レベル、体たらくにも大いに責任があります。

鳩山首相の野党時代の発言をブーメランと言って、VTRを流していますが、マスコミもキャスターやコメンテーターの発言を、VTRで流して欲しいものです。
そうすれば、マスコミを信用するに値する存在として認めますが、自分たちが不利になることは絶対にしないでしょうね。

投稿: 愛てんぐ | 2010/05/14 18:37

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
マスコミの立ち位置のいい加減さ、発言が一番揺れているのはマスコミだと思ってしまいます。
 マスコミのいうことは信用してません。
コメンテーターもその時でふらふら。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2010/05/14 18:46

まるこ姫さん  こんばんは
ネットで見たブログで自殺者が3万人を超えたのも小沢氏の政治とかねが関係していると、フジのキャスター箕輪が昨日のニュースで無責任な事を言っていたらしいが、ここまで公的電波を使って無責任な事を言うのは言論の自由を超えて犯罪行為ですね。キャスター、コメンテーターはテレビ局の方針に逆らうと、出演出来なくなるので、局の方針に反して発言できる人は限られているのだと思いますよ。普天間問題も5月以降はどう言えば、支持率を下げる事が出来るのか暗中模索の状態ではないのでしょうか。話は変わりますが、企業決算の発表が本日がピークだそうです。改善傾向で25パーセント超の改善だそうです。これは、政権与党に追い風になると予想されますので、風向きも変わってくると予想しているのですが・・・・・

投稿: ヤス | 2010/05/14 19:31

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

鳩山首相のお人よしが、マスメディアに乗せられてしまいましたね。
巧妙な誘導によって、抜き差しならない方向へ言ってしまいました。
首相としての資質も考えものですが、それでも、悪辣なのはマスメディアです。
すべて、政局と結び付くように誘導しておきながら、政局にしているのはけしからんというし。
どちらにしても、何を言っても、悪くしか取りません。

>想定の脅威は何か、抑止力は何か、日米同盟はどうあるべきかなど

これを報道すれば国民に考えさせるきっかけになりましたよ。
マスメディアの姿勢によって、国民が考えるようにもなりますが、ただ上っ面だけ報道するのみですから、一つの事を蜂の巣つついたように大騒ぎするだけです。
どう考えても、マスメディアが国民の質を下げていますね。
これでは、世界に伍して戦えないと感じます。

マスメディアは、“説明責任”がとても好きなようですが、だとしたら自分たちの今までの足跡の”説明責任”をしていただきたいです。
相手には自棄に厳しいですが、“えん罪報道”への説明責任は聞いたことがありません。
逮捕された時点での、犯人扱いはなんとかんらないのでしょうか。


★ーーこんばんは、くまさん

評論家、コメンティたーと言われる人たちの立ち位置ほど、いい加減なものはありませんね。
CSでは物の道理を説いても、地上波になるとヒステリックに糾弾するだけって、私は別人かと思いましたよ。
局によってコメントが変わる人もいますよね。

>コメンテーターもその時でふらふら。

まさに、おっしゃる通りですよ。
ふらふらもいいところで、わが目、わが耳を疑う人はごまんといます。


★ーーこんばんは、ヤスさん

>自殺者が3万人を超えたのも小沢氏の政治とかねが関係していると

全く関係ないですね。
3万人云々は、自民党政権下で言われてきたことです。
責任転嫁も甚だしいです。
前に、古館が。異常天候も民主党のせいのような事を言っていたのを思い出しました。
すべて、何でもかんでも悪いように言うのが今のマスメディアの特徴ですね。
だいたいが、キャスターやコメンティターの顔ぶれで、何を言うか予想がつきますよね。
地上波では役割分担が決まっているのではありませんか?
小野、大谷氏も、CSではまともなことを言っていますが、地上波では、ものすごい民主党バッシングでしょ?

>改善傾向で25パーセント超の改善だそうです

民主党に都合のよいニュースは、小さくか、スルーです。
本来なら、もう少し評価をしてもよいし、あるはずだと思います。
景気の上向きは、評価することでしょ?

投稿: まるこ姫 | 2010/05/14 20:25

悔い改めたというより、批判のための批判をしたことで墓穴をほり、にっちもさっちもいかなくなっただけでしょう。
それとも相当、自民党や新党の旗色が悪いのですかね?

民主党を批判する為なら、1年前どころか、1ヶ月前に書いた社説と正反対の社説を書いた馬鹿新聞もありますし、風見鶏の如くあっちに向き、こっちに向きしてるだけです。

その点では、自民党をはじめとした野党も同じです。

まったくこんな状態で、よく普天間問題で鳩山総理を批判できたものです。

少なくとも沖縄の負担軽減の1点に関して、手段はどうあれ鳩山総理にブレはないと思います。

ようは短期的に基地を分散して負担を軽減した後に交渉に入るか、初めから先の見えない長期戦覚悟で海外移転一本で交渉に入るかの違いなのに、マスコミの報道は全くといって良いほど批判一色で見苦しい限りです。

今日のニュースでいよいよ与党が、国会法の改正に本腰を入れるそうです。
それと一緒に、メディア関連の法案も本腰を入れて頂きたいものです。

ちなみに、今日はまるこ姫さんに苦言を一つ申し上げたいと思います。

どのような基準かは存じ上げませんが、コメントを削除するのはいかがなものでしょうか?

誹謗嘲笑の酷いコメントや、卑猥なコメントは仕方ないとしても、コメントしてる人は自分の主義主張に沿ってコメントしてます。
だから愚かと思う内容だったとしても削除はするべきではないし、下手に削除すると妙な連中を集めるだけです。

コメントしたくなければ、無視すれば良いと思います。

それに愚かななコメントは永久に晒しものにしてやれば良いのです。

もしくは、ここの常連メンバーでボコボコにしてやりませんか皆さん?

差し出がましいことを申し上げ、大変失礼致しましたm(_ _)m

コメント削除の件は、御一考下さい。

投稿: 通りすがりの男 | 2010/05/14 21:01

こんばんは。

日頃、日本の伝統とか国柄にうるさい産経が一番アメリカ好きなんですよね。日本の右翼の正体はむしろ売国奴。愛国心云々は国民を統制するためのツールでしかないんです。でなけりゃ、90年代半ばにアメリカ式新自由主義を導入して以来、自殺者が年間3万人を超えている惨状にもっと問題意識を持つでしょう。

マスコミの一部に鳩山首相擁護の動きがありますが、アリバイ作りなんでしょうね。国外移転が実現する可能性がありますから、その場合の予防線を張ってるんでしょう(まあ、現時点でマスコミの信頼度はとっくにゼロなんですが)。民主党叩きの主な的は再び小沢氏に移りそうです。こっちも新聞テレビの期待通りにはいかなさそう。七奉行(笑)が例によって政治倫理審査会について小沢氏の足を引っ張る発言をしていますけど。

投稿: リンゴ | 2010/05/14 21:17

こんばんは、通りすがりの男さん

>批判のための批判をしたことで墓穴をほり、にっちもさっちもいかなくなっただけでしょう。


私もそう思いますよ。
整合性が取れなくなってきていますね。
その時の風向きによって、あっちに行き、こっちに行きという事なのでしょう。
それはわかりますが、あまりに露骨過ぎて食傷気味です。
鳩山首相は、頼りないかもしれませんが、それでも沖縄県民の負担軽減という一点だけでも、終始一貫して変わらないことは評価すべこことです
評価すべき子どは評価しての批判は分りますが、すべて批判では、批判のための批判になると思います。

>それと一緒に、メディア関連の法案も本腰を入れて頂きたいものです。

この法案は、早急にすべき問題の一つだと思いますね。

>今日はまるこ姫さんに苦言を一つ申し上げたいと思いま

苦言ですか?
本当に今までの経緯を分かっていての苦言ですか?
私には表面的にしか見ていないと思いますが。


>コメントしてる人は自分の主義主張に沿ってコメントしてます。
だからかと思う内容だったとしても削除はするべきではないし

同じ内容で、ハンドルネームを変えただけのコメントを12個以上頂きました。
これって、嫌がらせではないですか?
私なら、どんな主張もそれほどたくさんしませんけど。
それのすべてを削除しないで載せるべきなのでしょうか。
私は一つにまとめてコメントを返しました。
内容はともかく、ちゃんとお返ししましたよ。よく読んでみてください。
表面的な事象をあげてのコメントは、通りすがりの男さんらしくはないと思いますけど。


★ーーこんばんは、リンゴさん

>頃、日本の伝統とか国柄にうるさい産経が一番アメリカ好きなんですよね

本当に不思議なことですよね、
まわりまわると右が、左になる(笑)
本来なら、アメリカと右とは相いれないと思いますが。
愛国心云々も、自分さえよければの愛国心ですよね。
これも、あまりに小さいと感じますし、世界との日本を考えたら、鎖国するのはメリットにはならないとも思うし。
ヤスさんのコメントで、自殺者の増大も、小沢氏にからめられてしまっています。
殉教者のような人ですね、小沢氏は。

最近、鳩山首相に対しての同情論が出ていますが、やはりアリバイ作りかもしれませんね。
今までも、風を見る、風を読むのが大得意のマスメディアですから、予防線なんでしょう。

7奉行はなんとかならないのでしょうか。
今は一致団結する時期だと思いますが、率先して記者会見を開いて、小沢氏の批判大会です。
本当に何とかならないのでしょうか。
もう少し、自分の立場を考えていただきたいですね。

投稿: まるこ姫 | 2010/05/14 21:31

こんばんは

我が家は、今まで産経新聞を取った事がないので、私もこの年(かなり、いい年です(笑))になるまで手にした事がありませんでした。
それでも右から順に産、読、毎、朝とおおよその認識をしてましたが、最も右と思われた産がまさかこんなにアメリカご用達の新聞だったなんて意外です。
昨年の政権交代から小沢問題に掛けて、これまで私自身が如何に無知だったかを思い知らされました。
そういう意味でも政権が替わると言う事は、とても大切な事だと思うのですが、どうもそうじゃないと考えている人達も多いようで、時事通信の伝える鳩山内閣の支持率が20%を切ったとか~。
この国の人達もいい加減<人事、人任せ、人のせい>から脱却する時期に来ていると思うのですが、まだまだその自覚がないようですね。
最近の私は、鳩山政権よりも寧ろ、そちらの方にイライラ感が募ってしまうのでした。

そしてこの間の委員会で、自民党の議員が民主党の女性議員を転倒負傷させた件を懲罰動議にかけるとしたところ、小泉Jrが他の問題でけじめをつけていない人がいる民主党にけじめをつけろと言われる筋合いは、ない云々の反論をしたと今朝のスポーツ紙で読みました。
先日の横粂一年坊主といい、今回の小泉Jrの発言といい、これが国会議員なのかと思うと情けなくなります。
委員会の件は、どちらが悪いのか、本人達の認識が違うの分かりませんが、民主党の中にけじめをつけていない人がいたとしても、本当に怪我をさせるような行為があったとしたら、それに及んだ議員は、そりなりの罰則を受けるべきだと考えますが、小泉Jrの言だとあちらにもっと悪い事をしている人がいるのだから、こちらも悪い事をしても良いとなりますよね。
今までは、まるこ姫さんを通して小泉Jrの増長ぶりを垣間見て来ましたが、それを目の当たりにしてこのままの状態でこの人は、本当に大丈夫なのかと、余計な心配をしてしまいます。

投稿: のりこ | 2010/05/14 21:46

愚かなテレビ・新聞が米軍基地反対を煽りすぎたので、指令本部からやりすぎ、米軍基地の効用を報道せよと特命があっただけでしょう。
抑止力発言をした時点で鳩山首相もマインドコントロール状態ですから、こんな好都合な人物を変える必要もない。
まして鳩山首相退陣だと肛門派、反小沢派の米国代理人的閣僚も内閣を去らないといけなくなります。
むしろそれはマイナス要因ですから、鳩山首相を追い込む必要もないということです。
彼らの敵はただ一人、小沢一郎を幹事長の座から引きずり落とし、岡田か、前原で民主党を既得権益連合の意のままにコントロールすることです。
自民党は見限られています。
みんなNO党に世論を誘導しようとしていますが、流石に国民もそこまで馬鹿ではないでしょう。
モリさんとみんなNO党の政治資金規正法での届けで事務所が同じだったことで、自民別働隊、新自由主義の僕であることは証明済みです。
頭かくして、尻隠さずとはこのことですね。(笑)
こういう風にテレビ・新聞が変節することは予想できました。(笑)
誰も気がついていますよ。
選挙で証明されます。
気がついていないのはナベツネと愚かな仲間たちだけです。
今日も爆笑問題が悲しい番組放送しています。
爆笑問題=口害問題と名前を変えたほうがいいですね。

投稿: scotti | 2010/05/14 21:48

確かに同じ内容で12件のコメントは酷い。そこまでいくと、愚かを通り過ぎて病気ですね。

常日頃、「見る人が見れば、怒り狂うか猛攻撃してきそうなコメント内容ばかりなのに、平和なところだな~」と思ってたのですが・・・・・なるほど合点がいきました。

僕も四六時中拝見している訳じゃないので、時々コメントが消えてるなと思ってたのですが、僕の知らないところでそんな戦い?をやってたのですね。

知らなかったとはいえ、大変失礼致しましたm(_ _)m

苦言については、撤回致します。

大変申し訳ございませんでした。

投稿: 通りすがりの男 | 2010/05/14 22:34

★ーーこんばんは、のりこさん


産経新聞は、それほど読まれているわけではないと思いますよ(笑)
だって、地方では地元紙優先ですよね。
こちらは、中日新聞が最大で、あと、朝日、そして、日経ぐらいなものです。

良く考えるのですが、日本でも共産党の主張は回りまわって考えれば、自民党の主張と似てなくもありません(笑)
右と思われる人も、内心ではアメリカを崇拝、もしくはアメリカコンプレックス、あこがれのようなものがあるのではと感じる時もありますよ。
逆も真なりってことではないですか?

私も、小沢問題が起きるまでは何も考えていませんでした。
テレビや、東京地検は絶対だと思う人の一人でした。
今でも無知には変わりませんが、もっともっと無知でした。

政権が代われば、いろいろあぶりだされることはありますね。
あぶりだされたものを、本当に見るのか、目をそらすのかで
意識は相当変わると思います。

あら。。。。20パーセント切ったのですか?
どこまで行っちゃうのでしょうね。
国民の覚悟次第だと思いますけど。

あの委員会ですが、何期も政治家家業をやってきた議員が、一年生議員のジュニアに仕切られて、恥ずかしくはないのでしょうかね。
1年生議員があれだけ前面に出るなら、古参議員は要らないって話ですよね。
いかにも正義の味方のように批判すジュニアですが、これもテレビの切り貼りのような気もします。
とにかく、民主党に悪い印象しか映さない。
それで、またジュニアの印象度アップですから、親子そろって運のよい家系ですね。

投稿: まるこ姫 | 2010/05/14 22:45

こんばんは、 scotti さん

新聞・テレビは、どれだけ煽ってきた事か。
煽るだけ煽ってきましたから、自縄自縛になりつつありますね。

鳩山首相や、肛門一派は、かえって御しやすいかもしれません。
誰から見てもわかりやすいですからね。

むしろ小沢氏ただ一人は、どんな困難も自分で切り開いていく人ですから、本当の敵なのでしょうね。

しかし、岡田も本当にアメリカ様で、がっかりしました。
鳩山首相は真意が分らない人の一人でもありますが、買い被りすぎているのか、本当に国民の事を考えているのか。。。。

私は、みんなの党が台風の目になるような気がします。
相当、国民は刷り込まれていますよ。
わけもわからず、みんなの党が良いと言う人は多いです。

>モリさんとみんなNO党の政治資金規正法での届けで事務所が同じだったことで

これはネットではほとんどの人が知っていると思いますが、まだまだ国民に浸透しているとは思えません。

テレビ、新聞は、様子見かもしれませんね。
そして、今までのスタンスを急に変えるわけにはいきませんから、少しずつ少しずつ変えていく気なのかもですね。

>爆笑問題=口害問題と名前を変えたほうがいいですね。

本当にその通りだと思います(笑)
最近の爆笑問題は、正気の沙汰ではありませんよ。
どれだけ誹謗中傷したら気が済むのでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2010/05/15 19:43

こんばんは~、まるこ姫さん、皆さん

>やっぱり、サンケイはアメリカ御用達機関だな?(笑)
は、その通り。なぜか?全国紙の中で最右翼であるのは皆さん百も承知ですが、戦後の最右翼とは、結局一番の支配層、即ち岸ノブスケ→佐藤A作→福田オヤジ→森キロウ→小泉ペテン師(親父)と連綿と続いてきた、清和会系の親米右翼どもだからです。奴らは戦争に負けたアメリカ様の犬になることで、戦後日本において最高にウマイ汁を吸うことを選択した究極の売国奴です。そして産経新聞のTV部門、フジTVは、ヤスさん仰るように『自殺者が3万人を超えたのも小沢氏の政治とかねが関係している』と言い切る捏造プロパガンダ機関ですね。今やこれの真実は、「小泉純一郎政権下の新自由主義の結果である」であることは疑いの余地が無いというのに…。

また、リンゴさんも『日頃、日本の伝統とか国柄にうるさい産経が一番アメリカ好きなんですよね。日本の右翼の正体はむしろ売国奴。愛国心云々は国民を統制するためのツールでしかないんです』と仰ってますし、それを受けてまるこ姫さんも、『本当に不思議なことですよね、まわりまわると右が、左になる』とのこと。また『日本でも共産党の主張は回りまわって考えれば、自民党の主張と似てなくもありません(笑)右と思われる人も…(中略)…逆も真なりってことではないですか?』とも。このうち、「まわりまわって」は、ホントにそうですね。嬉々として民主党を批判する共産党の面々…言うことは「自民党とその同類」と全く同じ。リーマンショックの後やその結果の湯浅さんの「派遣村」の一時期に支持率を結構伸ばした共産党も、化けの皮が剥がれて今や元に戻っちゃったみたいですね。

一方、「本当に不思議なこと」と仰る部分については、そうでもないと思いますよ。というのも、上記のように戦後日本で君臨してきた(A)親米右翼とは、先に右翼というより、戦後誰より真っ先に親米(即ちアメリカの犬になること)に鞍替えすることで、結果右翼になったのはご主人さまのアメリカ様が反共右翼の総本山だったからです。奴らはたいがい家柄も良く、学歴も高く、一番ズル賢い奴らですね。岸ノブスケ&佐藤A作兄弟が総代です。奴らはアメリカによって、原爆が落とされ、沖縄が地上戦に蹂躙され、本土の都市が焦土と化したことも、これっぽちも意に介さない連中です。どころか、公害問題・薬害問題でも間接的大量殺人者です。そして最近ではアメリカ新自由主義の片棒を担ぐ連中というわけで、自殺者3万人の間接的責任者どもです。奴らこそこれまでの戦後日本の最高権力者、頂点として君臨してきたのです。即ち自民党の歴代主流派、そしてみんなNO党もこれに属しますわな。更には民主党の一部不穏分子も実は?これに属しているかも…(笑)。また、(B)戦前からの右翼で何より先に反共(結果嫌中・嫌朝)だった連中は必然的に親米になり、取り込まれていった(総代は児玉誉士夫&笹川良一)。こやつら「凶悪軍団」は、何と言っても権力が大好き!大喜びでアメリカさまとその手先(A)に尻尾を振って付いて行った。そりゃそうですよ。でなきゃA級戦犯で死刑だもん。まあ何と言ってもガラの悪い連中ですから、汚れ仕事にゃぁ持ってこい。CIAも大喜び!角栄さんも奴らにかかってパァにされてしまいました。そしてこの(B)には最近では「立ち枯れ日本」党が属しますし(民主党にはさすがにここに属すのはいなさそうですね)、また現在での最下部組織が「ネトウヨ」という連中ですね。奴らはアメリカ受け売りの人種差別も大好きなので、上記嫌中・嫌朝に、とばっちりで反共の韓国も加えて嫌韓にもなっちゃいました。更に中には、親米が極まってCIAにチクることを公然と推奨している輩までいますね。因みにこの(A)(B)両者は余りにも仲が良く、金婆ァが神と仰ぐ台湾の「ショー怪石さま」ともツルんで、アメリカさまを大いに喜ばせました。尚、(A)・(B)はそれぞれ「官僚」・「ヤクザ」と言い換えることもできます。また、蛇足ですが、アメリカの対極にある強大権力「中国」と「北朝鮮」との関係も、これにそっくりですね。そして最後に、(C)先に右翼有りきでも、反米だった連中はアメリカ様に気に入られず、権力の主流となることはあり得ませんでした。ただし、ただ右翼というだけで他の右翼どもに利用されまくりました。親米右翼のゴマ擂りでズル賢い奴らと違って中には新右翼?だったかの強硬な反米右翼もいたみたいですが、長いものに巻かれることを拒んだら、そりゃ干されますわな。哀れですこと。尚、面白いことに現在の共産党は、まる子姫さんご指摘の通り、「まわりまわって」この(C)に属しちゃっているようです。そして公明党はというと、共産党に先立って「まわりまわって」同様に(C)です。

と、いうわけで、この(A)(B)(C)のいわゆる「右翼」といわれるやつらなんて結局こういう連中の総称であって、親米になるのはウマイ汁を吸うための、奴らのさもしい権力欲の必然の結果なのですよ。のりこさんの『愛国心云々は国民を統制するためのツール』というのが正にピッタリですね。即ち、戦後最高権力であり反共右翼のアメリカさまに従うことが、何より一番の図式だったわけですよ。「権力」こそが、人類に残された最後の「悪」、全ての「悪」の根源なのです。んなわけで、愛国心も、その他文化的・思想的なことも、皆~んな、後付け。その証拠の一つとして、わたしの個人的エピソードがありんす。

わたし、だいぶ前にネット上のとある「右/左翼自己診断」みたいのをやったのですね。結果はグラフ形式で、X軸が文化的右/左翼、Y軸が経済的右/左翼。わたしは、なんと…文化的「右寄り」、経済的「極左」と位置付けられてしまいました。文化的「右寄り」となったのは、恐らく海外生活が長かったせいと思います。だって、向こうだと日本のこと色々聞かれる上に、自身の文化に誇りを持ってないとバカ扱いされるんだもん。でも、外国の人、特にアメリカ人には、何を言ったところで『それでもアメリカが何と言っても一番だ』という考えに全く揺らぎはないのですがね…。大した「右翼」連中ですよ…(笑)。但し「文化的右寄り」とはいっても、安倍シンゾーやアソウや、最近では中畑濁がのたまうような封建的精神論ではなく、芸術や技術、およびそれらを生み出す創造心・向上心を指して「文化」という話ですよ。そして一方で「経済的極左」となったのは、わたしに「資本主義は悪」との信念があるからです。これは共産主義の肯定なのでは全くなく、「物を売って儲ける」事自体の全否定ではなくて「巨大資本を人権に優先させること」の全否定なのです。マイケル・ムーアが全く同様のことを言っていますよ。一党独裁の共産主義なんて、これも国民主権・主権在民の民主主義の対極にあるものですよね。

とにかく、国民一人一人が自ら育むべき気持ちである「愛国心」を、上記のような右翼連中に云々されるなんて、ホント、反吐が出ます。以上、どういうわけか、今日もとてつもない長文の、しかも「ぷひゃひの右翼講釈」になっちまいました。まるこ姫さん、皆さん、何卒お許し下さいませ。

投稿: ぷひゃひ | 2010/05/16 05:09

こんにちは、ぷひゃひさん

とてつもない長文でしたねhappy01

全く大まかに言えば、一人の民に対して思いを寄せるのが左ということなのでしょうか。
国を一番に主体的に考えるのが右の人の思考かと。
私は、自分の感情でいつも記事を書いているだけで、右の定義とか左の定義とかも全く分からないし、どこかの組織の所属していたというわけでもなく、どこの党員でもなく、全く一人の人間としての思いだけですから、全く違っているかもしれません。

ニワトリが先が、卵が先かの思考と似ているかもしれませんが、私は国民が不幸だったら国の繁栄もないと思っていますが、どうも右寄りの人は、まずは国ありきと思っているのではないかと。
それは、すごい傲慢なものに感じるのです。
愛国心教育もしなければいけないとも言っていると思いますが、これも教育をする怖さもあると思うのです。
住んでいる国を愛するのは誰もが持っているもので、それを強制的に同じ枠にはめると言うのも、傲慢だし、自分で考える力もなくなるような気もするのです。

人を愛する、国を愛すると言うのは、強制されて湧くものではないと思うし、人々が住みよい国になれば、自然と愛国心も生まれるのだと感じます。

わけが分かんなくなってきましたが、最近の共産党は自民党の下部組織だと思うような発言が多すぎると感じます。

投稿: まるこ姫 | 2010/05/16 17:40

日本のサヨク思想は特殊です。どこの国の左翼思想にもきちんと愛国心はあります。

『教養主義の没落』

マルクス主義は教養主義を蔑む理論的砦ともなったから、教養主義の鬼子だった。
しかし、マルクス主義が読書人的教養主義である限り、教養主義空間内部での反目構想であるから、両者は反目=共依存関係にあった。だからこそ、従来の教養は「古い教養」で、マルクス主義こそ「新しい教養」ともみなされた。

社会は法則的に動いているとのべるマルクス主義は、歴史の絶対的な味方を教える教師として登場し、圧倒的な説得力ですべてを抑えてしまう。

これは、いわば熱帯雨林の下で多様な花が咲き誇り、樹木が根を張り、果物が見をつけている豊潤な果樹園が、プランテーションによって、“赤い”果実一色に統一されてしまったものといえる。。。

つまり極右も極左も、同じコインの裏表。全体主義であることに違いはありません。

残るは中道ですね。これでいること、これが非常にむつかしいが、間違いがなく、安全なのです。

村山政権のときに初動が遅れて、阪神大震災の被害が大きくなりました。
日本における社会主義は理念・理想が先立ち、実行力にかけるきらいがあります。
身の周りにもいませんか?理想は語るが行動が伴わない人。

(中共は共産主義ではなく、単なる一党による“独裁政治”です)
なので、政権交代(この政党の本当の中身を知っている人は果たしてどのくらい?)をするのではなく、自民党の膿を出すべきでした。
阿部元首相は《国民投票制》という、置土産をしてくれました。
本来、これがなかったのが今までおかしかったのです。
その中身も正体も知らずに“政権交代”というフレーズの風に吹かれてしまった人があまりにも多すぎる。
きちんと知っている人は、何年も前から、民主党だけには任せてはいけない、と言ってます。

これからは、政党にまかせきりにするのではなく、国民一人一人が政治に関心を持ち参加しなくては。

面倒くさいことはしたくない、やりたい人だけやればいい、
楽はしたい、でも損はしたくない、利益は享受したい、
そして差別はされたくない、

それではただの愚衆です。
ちなみに、民主党が今国会開期中にすべて挙げたい、という法案とその中身をご存じですか?マニフェストではないですよ。
投票をしたならば、そのくらいは知っておいた方が良いと思います。

実際国益を損ねる法案ばかりです。

赤松口蹄疫対策1000億だそうです。民主の議員は報酬を返上し、残りは赤松や、党幹部に払わせたいですね。
なんで、赤松の初動の遅れの尻拭いを国民の血税でしなくてはならないのでしょうか?

消毒液を出してくれ、と言っても、自民の県には出さない。

これも、はげしく国益を損ねているわけです。
どこの国に国益を損ねることに邁進する政府がありますか?


この騒ぎの内に国会法改正案、通すつもりでしょうか?           
大して報道もされないのに、宮崎に1200万寄付した横峰さくらさん、すばらしいです。
私もバスタオル送付、募金(一口5000円ですが、今回に限り、いくらからでも受け付けるそうです)
してきました。
横峰さんから見たら、雀の涙にも足りませんが。

強制ではないですから、あとは気持ち、ですね。

そういうことです。

そういえば、農水省のHPから、平成12年度に口蹄疫被害が出たときの、処置と対策(自民党)の記事が削除されました。やってくれます、赤松、おそまつさん??

投稿: も | 2010/05/17 18:54

こんばんは、もさん

あなたの言い分は、ご自分のブログなり、同好の志の方のブログなりで発表なさってください。
この長いコメントに、私の時間を割く必要はないと思いますから。
たとえ、コメントを返しても永遠に平行線をたどるでしょう。
過去、コメントを返した時もありましたが、すべて悪いように解釈されました。
時間の無駄です。
疲労感が増すだけです。

投稿: まるこ姫 | 2010/05/17 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/48357226

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙に変わって来たマスコミ、評論家の立ち位置:

« しつこい東京地検特捜部とマスメディアの操作 | トップページ | ”特別民間法人天下り横行”報道すべきはこう言った事だ »