« 法がついていけない、高齢者の所在不明も児童虐待防止法も | トップページ | 牧野聖修静岡県連会長の言いたい放題 »

2010/08/06

原爆の日に、原爆投下機長の息子の談話

何も、原爆の日を選んでこの記事を出すこともなかろうに。

原爆投下機長の息子、大使派遣に不満あらわ
               8月6日11時22分配信 読売新聞

もちろん、アメリカはアメリカの言い分があり、日本人である私
達は私たちの言い分があるが、何もこの原爆の日を選んでの
読売新聞、時事通信の記事の配信は、引っかかりを覚える。

>広島に原爆を投下した米軍のB29爆撃機の元機長ポール・
ティベッツ氏の息子、ジーン・ティベッツ氏は5日、オバマ政権が
広島平和記念式典にルース駐日大使を出席させたことに、「行
かせるべきではなかった」と不満をあらわにした。
>原爆投下で戦争終結が早まり、多数の命が救われた。我々
は正しいことをした」との父の生前の主張を述べた。

こんな談話を載せれば、日本人である私たちがどんなに嫌な思
いをするか、不快を抱くか分らないわけでもないだろうに。

アメリカは、原爆を投下したことにより戦争を早く終結で来たと
思っているようだが、アメリカから見た日本がどんな極悪人か知
らないが、どんな責任があったとしてもそれは国の上層部の責
任であって、名もない国民にはなんの罪もない。

にほんブログ村 ニュースブログへ

それを"われわれは正しいことをした”っだと?
戦争を早く終結させるためには、核兵器も辞さずだと?

自分が日本の立場に立たされたら、アメリカの行為は正しかっ
たと言えるのだろうか。
しかも、一度ならず、二度までも落とす必要があったのか。
アメリカの言い分は、いつもアメリカあっての世界であると言う感
じだが、自分たちは神だとでも思っているのだろうか。
二度の原爆でどれだけの人々が苦しんできたか。。。。
一度、広島、長崎に来て実態はどうなのかよく見たらどうだろう。
心に響くものがあるはずだ。

それにしても、敗戦国はいつの時代になっても敗戦国なのか、
アメリカに対して何もものが言えない、わが日本国政府。
何かあると、日米合意が最優先され、日本国民の意思を優先さ
せることはない。
独立国とは言うものの、敗戦国のトラウマが消えないのか原爆
を落とされると言う最悪な結果になっても、アメリカ政府に対して
日本政府は常に弱腰だ。
いくら安保条約があったとしても、未来永劫縛られなければいけ
無いのか。

政権が交代して、ようやくアメリカに物が言えるかと思っていた
が民主党政権でさえ、アメリカに物が言えない。
この国は、いつになったら日本国の立場を、冷静に対等に主張
できるのだだろう。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪


|

« 法がついていけない、高齢者の所在不明も児童虐待防止法も | トップページ | 牧野聖修静岡県連会長の言いたい放題 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当に困った問題ですね。あの時点で原爆を落とさなくても、日本は負けていました。
アメリカの権威をロシアに示すものだったというのが真実かもしれませんね。
パワーゲームの犠牲になっただけで、原爆投下で戦争が終わったというのは、ある意味屁理屈かもしれません。自己の主張を正当化するなにものでもないですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2010/08/06 18:19

 本件で批判すべき対象は3つある。
 マスメディア・・・凶悪犯罪を犯した人の親族に当該凶悪犯罪について訊くようなものだ。
 オバマ大統領・・・クラスター爆弾については?これでは原爆投下を正当化する輩を納得させることができない。
 日本の政治・・・昔の機密文書を出してきて「オバマは平成の佐藤栄作」だと無言のメッセージを送っても何の意味もない。表で堂々と物を言いなさい。

投稿: ヒロくん | 2010/08/06 19:12

こんばんは、まるこ姫さん、皆さん。喧しいくらいの蝉の声と抜ける様な青空と入道雲、そしてこの暑さは原爆投下の日と終戦日を連想してしまいます。hanaは戦争を全く知りませんが、小さな頃からの反戦教育の賜物でしょうね。因みにhanaの爺ちゃんは超若くして徴兵されたのですが、幸運にも部隊で唯一生きて帰ってきたそうです。その時の話を聞いた事があるのですが、地獄絵図そのものでした・・・。よく生きて帰って来てくれたなと思います。帰って来てなかったらhanaは生まれてません・・・ゾッとします。戦争って本当に怖いですね。

本当に何でこの日にこういう記事を載せるんでしょうね・・。因みにNHKは平和式典の中継を打ち切って「げげげの女房」を放送して苦情殺到とか・・・。こんな日くらいどうでもいいドラマなんて延期すればいいのに・・・。
>原爆投下で戦争終結が早まり、多数の命が救われた。我々は正しいことをした。
パイロットの遺族ならそう言うでしょうね。でも米国民の半分がこういう認識だと聞きます。あの戦争、日本に正義はありませんが、アメリカにもないですよね。いや、戦争自体に正義なんてありません。まるこ姫さんが仰る様に
>一度、広島、長崎に来て実態はどうなのかよく見たらどうだろう。
これに尽きますよ。アメリカは核兵器を実際に使用して大量殺戮を行うという(しかも2度)、古今東西どの国も越えていない一線を越えました。どの様な理由があろうと正当化などできようはずがありません。

投稿: hanarin | 2010/08/06 20:09

何万もの人を殺し、何万もの人を今も苦しめている・・・・・・・・・・それがボタン一つで行われたが故に、罪悪感を感じないのでしょうか?
それとも父が行った行為や罪の意識から逃れる為に、父の行為を正当化しようとしているのでしょうか?
彼の気持ちは解りませんし、解りたいとも思いません。
戦争とはいえ、何万もの人が原爆の実験台にされたのは紛れも無い事実です。
国や権力者や死の商人達のエゴや思惑がきっかけを作り、不景気の閉塞感から人々が戦争を支持し、それをマスコミが煽る・・・・・・・・原爆こそ使われませんでしたが先のイラク戦争はその再現です。
人はどうして過ちを繰り返すのか?人はどうして争いを望むのか?
原爆の日や終戦記念日が来る度に、そう思えてなりません。
最後に、原爆の犠牲になった全ての皆様の冥福をお祈りします。
そして悪夢が二度と繰り返されることがないよう、切に願います。
長文失礼致しましたm(_ _)m

投稿: 通りすがりの男 | 2010/08/06 20:15

まるこ姫さん  こんばんは
読売新聞の談話が捏造でなければ、アメリカはとても日本の友好国とはおもえません。原爆を落とした機長に責任があるのではなく、命令を下した大統領に責任があるのです。原爆を落とした作戦上の理由はあるのでしょうが、正しい事をしたと思っている国と友好関係をもつ事は出来ません。原爆で苦しんで亡くなった多くの人に哀悼の意を表すると共に、それでも今直、尻尾をフリフリ擦りよっていく、ポチ共に政権交代しなかったのか錯覚を覚えます。

投稿: ヤス | 2010/08/06 20:56

★ーーこんばんは、くまさん

日本は資源のない国ですからね。
長期戦に耐えられるわけがありません。
原爆を落とすまでもなく、日本は負け戦だったと思います。
だったら、何もぐうの音も出なくなるまで叩きのめす必要があったのかどうか。
しかも2回も。ひどいものですね。
冷戦のための道具にされたのではたまったものではありません。
アメリカは、原爆投下で日本の目が覚めたと思っているのかもしれませんが、どんなに言い訳をしてもそこまでする必要はありませんでした。
人間が人間にするしうちで一番ひどい行いだと思っています。


★ーーこんばんは、ヒロくん

原爆の日に、核廃絶が皆の願いになっている時に、原爆を落とした機長、その息子の談話を載せる神経もおかしいと思います。
オバマも、ノーベル平和賞をもらいましたが、平和のための戦争があると言った時は、ドン引きしました。
力で力を押さえつけることはできないと思います。
平和になったように見えても、それはまやかしだと思っています。
いつか必ず、しっぺ返しが来るのではないでしょうか。


★ーーこんばんは、 hanarin さん

毎日、毎日、うだるほどの暑さですね。
もう、すでにうんざりです。
いつになったら一息つけるのでしょうか。

>青空と入道雲、そしてこの暑さは

原爆投下、そして終戦へと続く光景ですね。
戦争を知らない人たちが、どんどん出てきて、戦争体験者もいなくなると、歴史を都合のよいように改ざんする人たちが出てくるのかもしれませんよ。

>帰って来てなかったらhanaは生まれてません

そうなんですよね。
私も生まれていなかったかもしれません。
そう思うと、人間の運命でさえいとも簡単に変える力があるんですね。

核廃絶と、世界中から人が集まって祈っている時に、こんな記事を配信しますかね。
日本人の神経を逆なでして、何が面白いのでしょうか。

NHKは平和の式典より、朝ドラの方が大事だったんでしょうね。
これも人の神経を逆なでしていますが。
無神経な人が多すぎます。

機長の息子の談話は、アメリカ人ならではの談話だと思います。
アメリカは常に自分たちが一番偉いと錯覚しているのですよ。
やはり、どう考えても原爆を落とす行為は行きすぎですよ。
どれだけの人が、何十年も苦しむか分らないのでしょうか。
立場を置き換えればわかる話だと思いますが。
日本は、また原爆を落とされた国として、これからも世界平和を言い続ける義務がありますね。
絶対に、日本国のような悲惨な国を出さない為にも。

投稿: まるこ姫 | 2010/08/06 20:59

 アメリカが原爆を投下した理由として
①戦争の早期終結(B29爆撃機の元機長ポール・ティベッツ氏の息子、ジーン・ティベ ッツ氏の主張) 
この理由の背景には多くのアメリカ兵が本土決戦で戦死しなくて済んだというアメリカの都合である。再選を目指すトルーマン大統領の都合だ! 日本人がどれだけ死んでもアメリカにはどうでもよい事だ!
今でもアメリカでは原爆投下は戦争の早期終結が正当な理由とされている。
②対ソ連対策
 大戦後の主導権をソ連に対して示すために アメリカではこの案が①に次いで吹聴されている。冗談じゃない、こんな事で投下されて堪るか。
③原子爆弾の実験(本当の理由です)
 平和教育ではこの理由で原爆投下を説明します。全くその通りである。だから二度も投下したのだ。そして敗戦後の日本で広島・長崎の資料をアメリカに持ち帰ったのだ。(日本では1フィート運動でようやく少しずつアメリカが映したフィルムを取り返して「人間をかえせ」などが上映された。)
 実験で投下したのだ。日本人をモルモットとして実験したのです。それこそ日本人全員がアメリカに反感してもいいのに戦後アメリカによる洗脳によって今日に至っている。
読売の報道はその典型的な例です。まるこ姫の言うように全く「この国は、いつになったら日本国の立場を、冷静に対等に主張できるのだだろう。」

投稿: おやじの怒り | 2010/08/06 21:30

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

アメリカが日本に対して2度も原爆投下を行なった理由は、違うタイプの原爆が各々人体に及ぼす影響の違いを調査する、人体実験を行なう為です。

広島に投下したのは 『ウラン型』 で、長崎に投下したのは 『プルトニウム型』。
広島に落とした直後に日本軍部内で急激に膨らんだ 「降伏」 機運に先んずべく、慌てて “次の実験” を実行したというのが歴史の実態のようですsearch

投稿: いっすんぼうし | 2010/08/06 22:18

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

原爆を落とさなくても、沖縄まで攻め込まれた日本は青息吐息、敗北は時間の問題、遅かれ早かれ、敗北を受け入れ、終戦を迎えていたことでしょう。
アメリカのトルーマン大統領の言う、戦争を早く終わらせるため、勿論口実ですが、仮にソウだとしたら、8/6に広島(当時35万人)に落とした後、3日後に、クリスチャンが多く住む長崎(24万人)に落とす必要があったのでしょうか。
戦争を早く終わらせるためなら、広島だけで十分です。

広島はウラン爆弾で、長崎はプルトニウム爆弾です。
アメリカは7/16に史上初めて、プルトニウム原爆をアメリカニューメキシコ州で実験して、一月も経たずに日本に2種類の原発を落としました。
原爆投下後、アメリカは専門家からなる大規模な調査団を派遣し、原爆の効果、働き等をきめ細かく調査したと言います。
アメリカの2発の原爆の目的は、2種類の原爆の効果をみるためだったと言えると思います。
表向きは戦争終結を言いながら、裏では究極の兵器としての原子爆弾を日本人の体と国土を使って実験したと言えます。

アメリカは日本を人体実験の対象としか見ておらず、人種差別の意識が根強いと思います。
今も、日本は、アメリカの同盟国で、対等の関係でなく、属国扱いです。
米マスコミも日本への敬意はなく、扱いも酷いものです。
イエロー・モンキーという目は変わらないと思います。
日本はアメリカとアジアの中間に位置すると思っているようですが、アメリカは仲間だとは思っておらず、日本を手先として利用してアジアを支配したいと思っています。
日本は白人の仲間には入れず、アジア人だと言うことを肝に銘じるべきと思います。

ヒロシマナガサキ、東京大空襲などの空爆、なんの罪もない民間人の無差別殺戮を狙ったアメリカは、尊敬に値するような国ではありません。
インディアンの土地を武力で奪った戦闘的な文化が、銃の保持や、世界の警察と言いながら、実態は軍産複合体で死の商人、戦争屋に表れています。

そんなアメリカとは一線を画すべきです。
核廃絶、非核三原則と言いながら、アメリカの笠の中にいるのは大矛盾です。
核の傘から出るべきと思います。

黒い雨はかなり広い範囲に渡っていたことが明らかになっています。小さい範囲に絞ってきた自民党政権の責任は重いと思います。
ちゃんと調査すればすぐに分かる筈のものなのに、自民党政府はアメリカに気遣ってか、原爆被害を小さくしたかったように思います。

投稿: 愛てんぐ | 2010/08/06 22:24

いくつかに分けて考えないと、日本が本当の『独立国』になるのは非情に難しいと思います。
・・・と、アホの主人が。ハハハ。柴犬の五十六です。

1.史実としての人種と太平洋戦争:
あの戦争は、取り敢えず白人の中のスタンダードを決めるための戦争だったんですよ。
デモクラシーに移行しようとした時に、旧体制のドイツを第一次大戦の敗戦国として虐めすぎて『ナチス』を生み出してしまった。そいつを叩くためのアメリカの参戦の為に日本の参戦が必要だった。その結果がパイロットの息子が錦の御旗に掲げる『真珠湾奇襲』です。当時も(今も)怠慢な外務省のお陰で全くアメリカの思う壺に日本は嵌りました(宣戦布告通牒の交付が半日遅れになりスネークアタックだっ!つ~事でアメリカ国民は激昂しました)。
ただ、日本はアメリカが考えるより『遥かに強かった』。真珠湾のアメリカの損害は予想と懸絶していましたし、『ドイツは先に降伏しても』日本は頑強に抵抗しました・・・。

2.戦争の手段と、示威行為としての核兵器:
ドイツは先に降伏しましたが、日本は遥か太平洋の先で本土決戦をしようとしてる。手っ取り早く日本人を黙らせる為にも、デモクラシーとは異質の『共産主義への警告』としても、原爆は格好の兵器だったんです。
戦略的常識として、味方の損害を最少に敵に大損害を与えるための。
また同じ白人のドイツに投下するより心理的負担も、相当軽かったでしょう。だから兵器としての効果を確認するには格好の場所と相手だったんです(彼我の犠牲を極限すると言うエクスキューズの為にも)。

3.イデオロギー戦争と、日本人の戦後のメンタリティー:
日本は降伏しましたが、メッタクソ厄介な『共産主義』勃興してしまった。当面は共産主義を押さえるために、日本は無くてはならない、『太平洋の共産主義の目と鼻の先のある不沈空母』でした。
一方日本人は初経験の敗戦に打ちひしがれ、『思考停止』に陥ってしまいました。こりゃ~アメリカ(陣営)にとって好都合です。結果として、独り立ち出来ない日本があると思います。

4.どーすれば良いのでしょうか、我々は:
感情的な部分と、国家戦略としての必要性を区別すべきでしょう。戦争は悪だから、戦争(外交紛争解決としての、自国民保護の為の)、軍隊や自衛権を考える事すら悪だっ!と言う考えを捨てるべきでしょう。
もっと言えば、『兵隊がいるから戦争が起きる』、『徴兵されて戦った兵隊も戦争好き』、『自衛隊が戦争を起こす』みたいなトンでも理論を撒き散らすマスコミなんて『完全に無視』出来なければ、日本は独立できません。

投稿: isorokutsu | 2010/08/07 01:04

2012年に大統領選挙がありますから、アメリカでは保守派がオバマ批判を強めてるんでしょうね…

11月のオバマ大統領来日の時には、広島を訪問することは無いでしょうけど、ルース大使の広島記念式典参加は一歩前進だと思います。

投稿: な | 2010/08/07 12:00

☆原爆投下は人種差別

 本来、ナチスドイツに原爆を投下するなら、投下理由も明白ですが、日本に落したということは、有色人種差別からだと思います。
 因果応報であり、アメリカのこれまでの奢りが現在のテロに繋がっていると思います。 しばらくしたら、アメリカ国内でテロが勃発して混乱する状態になると思います。それも核を使用したテロが起こっても不思議ではない。

投稿: きらきら | 2010/08/07 12:37

まるこ姫様、こんにちは。  たかが!機長の息子が大使派遣に不満を表したところで、どうなる物でもないし、聞き飽きた意見を「平和の日」に載せる、自社説で平和について語る事ができないのか?それとも米国に遠慮?もう落ちるとこまで落ちたのでしょう。 パイロット個人を深く恨んでいる人って居てるのでしょうか?私は国家のイデオロギーに巻き込まれた犠牲者だと思いたかったが、今更の英雄気取りに、がっかりです。 そもそも、天然資源や、植民地の争奪が原因で、国家の為は後から考えた言い訳じゃないですか?(お互いです)、富豪に元貴族、企業の身勝手な思想と利益の為に、マスゴミも絡んで一般市民が踊らされ戦争する羽目ななったと感じています、原爆投下に実験性を持たせたのは、原爆や原子力施設の販売目的もあったと思います、広島では有名ですが米国の医学者が被爆地を「天然の実験場」と呼び治療より、データ収集ばかりしていました、戦争終結といいながら、次の戦争を模索していた、何でこんな奴らに負けたのか、否、こんな奴らだから勝てた、それが戦争かも・・・。。。

投稿: 赤いとら | 2010/08/07 14:52

★ーーこんにちは、通りすがりの男さん

そうなんですね。
ボタンひとつでは現実感が伴わないでしょうね。
バーチャルな世界の感じかもしれません。
が、現実には未だに私たち国民に与えた傷は計り知れないです。
特に広島、長崎の被爆者の方々のご苦労は。。。。

この息子は父親の行為は、悪人どもを成敗したヒーローになっているのではありませんか?
それでなければ、こんな神経に触る発言はできませんよ。

後にも先にも、被爆国は日本だけですからね。
これからも言い続ける責任があります。
絶対に戦争はいかに、ましてや核を落とすとどうなるかを。
今は進化していますから、世界の破滅になりますよ。

>人はどうして過ちを繰り返すのか?人はどうして争いを望むのか?

何度でも愚かな行為に走りますね。
少しも学習しない生き物のようです。
特にアメリカは、他国に介入しすぎだと思います。
却って泥沼化していますものね。
だからこそ、日本が先頭に立って言い続けなければいけないと思います。
二度とこんな非人間的な行為をしてはいけないとね。
原爆の犠牲者の方もどんどん少なくなっていますね。
それだけ年月がたったのですが、65年前ですか。。。。


★ーーこんにちは、ヤスさん

本当に!
日本は、アメリカをとても大事にしていますが、昔も今も、そんなに友好国ではないでしょう。
給食を援助したのも、パン食にするための一環だったと言いますからね。
機長が問題になっていますが、あくまでも機長は命令を受けただけですからね。
しかし、それをあたかも英雄のように崇める国民も国民だし、吹聴する機長一家ですよね。
よほど、日本国民は極悪人だと思われているようですね。
原爆で亡くなった人はただそこにいたからです。
何の罪もない人間を何十年も苦しめる権利が誰にあるのでしょうか。
本当に腹立たしいです。
アメリカに、堂々とものが言える政権はいつになったら誕生するのでしょうか。
本当にやるせないです。


★ーーこんにちは、おやじの怒りさん

アメリカは、本土決戦で国土がどうかなったと言う経験はありませんからね。
いつも他国で、他国を徹底的に痛めつけてきました。
戦争の早期終結が理由であれば、原爆を落として良い理由にはなりません。
何十年もの間、後遺症に苦しむ国民を考えたことがあるのでしょうか。
ひどい行為ですよ。

実験としても、人体実験など人間の行為ではありませんよ。
それが、いつの間にかアメリカが主人のように、そしてその下にいるのが日本のような構図になっています。
少しも対等ではありません。
いつまでたっても属国扱いですよね。
常にアメリカの意向が最優先されて、日本国民の意向は置いてけぼりです。
自民党政権の罪は大きいですね。

★ーーこんにちは、いっすんぼうしさん、お久しぶりでdす。

違うタイプの原爆で人体実験をするって、アメリカはどういう神経をしているのでしょうか。
国民に罪はありません。
軍や、開戦した方の罪は大きいですが、国民は何の罪もありませんから。

広島に原爆を落としたがゆえに、降伏の機運が盛り上がったのとのこと。
だったら降伏させたら良かったでしょうに。
何も犠牲者を増やす意味がありませんよ。
実験だとしたら、悪魔の所業ですね。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

アメリカと日本の力の差や、資源の差はアメリカには分っていたはずです。
情報収集能力は世界一だったのではありませんか?
沖縄決戦で、日本が末期症状だと分かっていたはずですよ。
そこへ、何も息の根を止めるかのような原爆を落とす意味がどこにあったのでしょうか。
しかも、二度も。
戦争を早く終結させるためにと言うのは、後付けですね。
アメリカは、自分たちが世界中で一番上だとの自負が昔からあったとしか思えません。
いかにも、傲慢な言い訳ですね。

>原爆投下後、アメリカは専門家からなる大規模な調査団を派遣し、原爆の効果、働き等をきめ細かく調査したと言います。

アメリカの力と専門的知識を持ってしたら、調査などお茶の子さいさいでしょうね。
しかし、人体実験をして、本当に正当性があったと思っているのでしょうか。
今でも、同盟国、対等とは言うものの、アメリカの意向が一番です。
何が対等なんでしょうか。
いつまでも属国ではありませんか。
アメリカに対して、何もものが言えない、そんな独立国が他にあるでしょうか、情けない。
やはり、いつまでも眼下に見ているのでしょうね。
アメリカに近づけば、自分たちがアジアより上に位置すると思っていたのでしょうが、現実にはアメリカが日本を見るのはアジアの一国だけの認識なんでしょう。
利用しやすい国だと思っているのではありませんか?

>核廃絶、非核三原則と言いながら、アメリカの笠の中にいるのは大矛盾です。
核の傘から出るべきと思います。

広島市長は核の傘から出るべきだと言っていましたね。
しかし、管首相はいつまでたっても従属的です。
民主党政権も、自民党政権と大して考えの古さは変わらないように思います。
相変わらず、日米同盟が一番なんですから。
やはり、自民党政権のアメリカ様の言う通り的な考えがしみついているようです。
どこまで、アメリカをご主人のように扱わなければいけないのか、原爆を落とされてすっかり物が言えなくなったのでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2010/08/07 17:31

★ーーこんばんは、isorokutsuさん

やはり、真の独立国になるのは難しいと感じます。
戦後65年たっても、まだこの体たらくです。
いつまで、主従関係が続くのでしょうか。

真珠湾奇襲攻撃も、日本には日本の言い分があり、アメリカは歪曲して捉えていると聞きました。
が、戦争とはそんなものでしょう?
好意的に考えたら、何も戦争と言う最悪な結果にはならないはずです。
悪意に捉えるからこそ、ボタンの掛け違いがあるからこそ、最悪の結果に突っ走るのだと思います。
結局、儲けるのは利害関係にある人たちで、ほとんどが戦争によって犠牲者になるのだと思っています。

昔は、戦争で経済が発展したり、潤ったりしたと思いますが、どんなに経済が発展しても戦争での発展はあってはなっラないことだと思います。
犠牲者があっての発展は、発展にはならないと思うからです。
一部の人達だけの発展は、国全体の発展ではありませんから。

戦争は悪ですが、自衛権はありますから、日本はアメリカに守ってもらわなくても十分存続できると思いますよ。
世界第4位だか軍備力を持っているのですから。
守れないはずはないと思います。


★ーーこんばんは、なさん

オバマの支持率は風前のともしびと言われていますよ。
ですが、それもアメリカ国民が選んだ大統領ですから、見放すのは早いと感じます。
オバマも、ノーベル平和賞をもらいましたが、アメリカ人の根本的な考えは、オバマが言ったような"平和のための戦争"で、戦争を肯定しているのですから、私たち日本人とは根本から考えが違うと思います。
広島を訪問する事は、アメリカ人にとってはあってはならないlことなのではないでしょうか。

>ルース大使の広島記念式典参加は一歩前進だと思います。

それでも、前進したことには違いがありませんが。
これでも、アメリカにとっては画期的な事かもしれませんから。


★ーーこんばんは、きらきらさん

おっしゃる通りですよ。
日本人から言わせたら、ナチスドイツは非情の限りを尽くしたと思っていますが、やはりアジア人の中でも日本人は非常の限りを尽くしたと思われているのでしょうね。
同じことをやるなら、白人ではなく有色人種に行きますよね。

アメリカ人は、今でも政界の警察を自負していると思いますが、もうそんな力もなく、そんな時代でもないと思いますが、傲慢なんでしょうね。
未だに偉そうなことを言っています。
テロの標的に会うのは、アメリカが真っ先になるでしょうね。
9,11も、因果応報かもしれません。


★ーーこんばんは、赤いとらさん

何も、原爆の日に向けて、こんな日本人の神経を逆なでするような記事を載せなくてもと思います。
機長の息子も、代々、正義のために原爆を落としたとつて得ているのでしょうが、日本人の立場に立って考える事の出来ない、かわいそうな人ですね。

機長は命令を受けた人ですが、それでももう少し日本人に対しての配慮があってもよいと思いますが、さすがアメリカ人、自分たちが一番上だと思っているのでしょうね。
戦争を早く終結したかったから、原爆を落としたと言うのは後付けだと思いますが、それにしてもあまりに身勝手な言い分だと感じます。
神でもない限り、許されることではありません。
まあ、マスゴミは昔も今も国民を恣意的誘導する組織だとは思いますが、一部利益者のために動いていたのでしょうね。

>米国の医学者が被爆地を「天然の実験場」と呼び治療より、

これが本当だとしたら、本当にひどすぎます。
私たち日本人は虫けらのような存在だったんですね。
そのアメリカに、今でも逆らえない、情けない国家です。
図太い奴らほど生き残る、そんな世界なんですよ。
人に配慮していたら、あんな大国にはれなませんって!

投稿: まるこ姫 | 2010/08/07 20:03

軍事予算と、兵力と、戦力と、継戦能力。

軍事予算と実際の、兵器の数と質と調達能力。

物量戦と情報戦、戦争のハイスピード(ハイテク)化。

そして、何より兵士の一人当たりの値段(日本はある意味、先進国の中では最安値グループであるにも拘らず数は最低レベルすが、ハハハ、でも個々の能力は世界でもトップクラスですが)。

軍事は難しいです。

投稿: isoroku&tsu | 2010/08/08 04:45

まるこ姫様、こんにちは。

占守(シュムシュ)島の戦闘というものをご存知でしょうか?
昭和20年8月18日にロシアが日露不可侵条約を破り千島に南下した戦争というより火事場泥棒行為を行なった事象です。
日本の敗戦は、満州・朝鮮半島からの引き上げでの悲劇とドサクサ紛れに国土を強奪されたという”おまけ”までもたらしました。

当時、中国人や朝鮮人が仕返ししたようですが仕方ない事もありますが限度があったようです。
問題は、ロシアです。
国際条約を一方的に破棄し違法行為を行なったのみならず、逆らうものは虐殺し、男は強制労働に女は”性のおもちゃ”にしたようです。
これはアメリカ占領軍兵士が戦後多くの日本女性を”おもちゃ”にしたのとは違いますが戦争を高圧的に終結させた結果が生んだ悲劇です。
現在の沖縄の状況は、アメリカ軍のDNAがなせる所業で白人社会の有色人種に対する人権無視感覚を表すものでしょう。(黒人兵は本土で出来ない鬱憤ばらしをしているのではないでしょうか。)

どんなに言い繕っても原爆投下は非人道的行為でしかなく、その後の人命云々のくだりは占守(シュムシュ)島の戦闘や満州で日本人が被った悲劇を見て見ぬフリをしたアメリカ人がどの口で言っているのか?
歴史の事実は”戦後ロシア抑留”された日本人や北方領土がロシア領のままである。
これこそが、白人国家が戦勝国?が人権などを全く無視してきた証左でしょう。

歴史というものは、一つの事柄が要因で多数の事象を巻き起こします。
”核の悲劇”は弱肉強食の残酷さを形を変えて現代日本は受け継いでいるのです。
日本ほど自国の歴史を知らない国民で構成されている国はありません。
そして私たちはもっと自国の歴史を知り、世界に平和を呼びかける必要をまた考えさせられる終戦記念日を迎えるのです。

投稿: あらいぐま | 2010/08/08 10:10

★ーーこんにちは、あらいぐまさん

>占守(シュムシュ)島の戦闘というものをご存知でしょうか?

全く知りませんでしたが、こういった理不尽であらがいようのない悲惨な出来事は、戦争なら出の状況かと思います。
数え上げれば、きりがないほど色んな今の私たちが考えられない事の連続でしょうね。

やはり原爆を落とす行為も、白人社会にはしなかったでしょう。
アメリカから見たら卑怯な日本国かもしれませんが、人種差差別、蔑視があったからこそ、現実に原爆を落としたと考えられますね。
どんなに正当性を主張しても、原爆を落とす行為は是認できません。
しかも、一度ならずも二度までも。
日本国民は人間以下の存在だと思っていたとしか考えられません。
だからこそ、人権への配慮もなかったのでしょうが。
今から考えても、はらわたが煮えくりかえりますよ。

これからは、アメリカが恐れるテロが核を持ち行使する時代になりました。
今まで、西欧社会の論理を押し付けてきた、アメリカは一番の標的でしょう。
アメリカとは、一線を画した方が良いような気がしますが。

>日本ほど自国の歴史を知らない国民で構成されている国はありません。


本当ですね。
歴史の生き証人がどんどん少なくなった今、歴史改ざんの動きもあるようですし、一般人は無関心だし、本当にやるせないですね。
もっともっと、核とは、戦争とはを、私たちが日ごろから考えないと、そして世界に向けて発信する国にならないと。
のど元過ぎれば野たとえがピッタリする、日本人気質ですね。

投稿: まるこ姫 | 2010/08/08 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/49075737

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の日に、原爆投下機長の息子の談話:

« 法がついていけない、高齢者の所在不明も児童虐待防止法も | トップページ | 牧野聖修静岡県連会長の言いたい放題 »