« 電気料金値上げを容認する案、結局そこか? | トップページ | 石井一も生方幸夫も、この時期にフィリピンでゴルフ三昧 »

2011.05.05

原発作業員、2カ月近く立ちようやく待遇改善

4月19日に“特ダネ”に原発作業員の環境がいかに劣悪か報道
されたが、ここへきてようやく待遇改善策が発表された。

<福島第1原発>非常食から弁当へ…作業員の待遇改善
               毎日新聞 5月4日(水)21時55分配信

>東京電力は4日、福島第1原発の事故復旧に当たる作業員の
生活環境改善策を発表した。これまでレトルトなどの非常食で、
床で雑魚寝していた生活環境から、弁当を提供し、新たにプレハ
ブ寮を設置してベッドやシャワーを増設するという。


”特ダネ”を見た時、原発作業員の方の待遇があまりにひどく、
日本を救うために、日夜奮闘している人達への待遇としては、信
じられない思いもあったが、(フジが誇張して報道しているのでは
ないか) 東電側の発表を見ると、原発作業員の方の衣食住は、
誇張でもなく、ねつ造でもなかったと言う事だ。

作業員の人達の代わりはいるようでいない。
線量が規定値以上に達すれば、作業に従事してもらうわけには
行かない。
健康面は、気をつけすぎても過ぎる事もない人達に、ようやくレト
ルト食品から、弁当だと?
床に雑魚寝をしていた日常から、ベッドやシャワープレハブ寮だ
と?

にほんブログ村 ニュースブログへ

弁当にしても、プレハブ寮にしても、まだまだ、人並みの生活水
準だとは思えない。
普通なら、社員食堂のようなものを常設して、朝昼晩、すべてホ
カホカの食事を提供しても罰は当たらないと思うが。
床に雑魚寝って、どんな環境だ?
今までは、ベッドもシャワーもなかったと言う事は、あまりにひど
い待遇ではないか。
なんで、ここまで、衣食住が劣悪だったのか。
東電の役員はホテルを対策本部にしていたと言う話も聞いた事
があるが、一方の作業員の方たちの劣悪な環境とは、天と地
ほどの差がある。

今頃になって、ようやく東電の社長が被災地へ入り、被災者から
怒鳴られまくり、土下座をして謝罪をしていた報道がなされたが
この役員連中は、その場さえ誤魔化せばそれで済む。
が、作業員は毎日の繰り返しだ。
作業員の人たちこそ、お金の面だけではなく、衣食住で厚遇する
事が、日本を救うことであり、事故の終息を早めることだと思うが
どうだろう。

しかし東電の幹部は、作業員に対して、何も感じないのだろうか。
高給を拝している人間は東電の社員で、汚れ役は下請け、孫請
けそして、派遣社員で、使い捨て。
なんだか、日本の縮図を見ているようだ。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| |

« 電気料金値上げを容認する案、結局そこか? | トップページ | 石井一も生方幸夫も、この時期にフィリピンでゴルフ三昧 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
この作業されている方々にたいする対応の遅さは、東電の体質を物語っているものですね。
貴重な作業員にたいする過酷な環境と待遇はあきれかえります。
 東電の自分だけがよければと言うことがよくわかりますね。
 役員自ら同じ境遇で作業をしろと言いたいですね。
あきれます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2011.05.05 19時01分

まるこ姫さん  こんばんは
放射能と戦い厳しい最前線の作業は、短期間で終る作業ではないので、作業員の環境を整えるのが第一にやらねばならないことですが、報道されないと待遇改善しないという不謹慎な東電の幹部が原発被災者に怒号を浴びせられるのは当然と言えば当然ですね。恐らく、罵声を浴びせられた後は隠れてベロっと舌を出している事でしょう。東電幹部は役所の幹部と勘違いしているのではないですか。原発事故は中途半端な事故より大きければ大きいなりに国が助けてくれるとという開き直りの気持ちが東電社長の発言に見え隠れしています。犯罪者として刑務所にぶち込まなければ気が済みません。

投稿: ヤス | 2011.05.05 19時11分

★ーーこんばんは、くまさん

原発作業員に対する対策は、お粗末ですよね。
もうじき、2ヶ月になろうとしているのに、事故当時と変わらなかったのですね。
奴隷のような扱いではありませんか。
やはり東電の体質だと思います。
作業員が作業を遂行しなくては、行程表も絵にかいたモチに終わるわけですから、もう少し待遇をよくしないとね。
当選正社員は、高給をもらい待遇もよいのでしょうが、下請けや孫請けの人達への対応の悪さはあきれ返ります。
役員は福島県に対策本部を置き、一日一回は第一原発に出勤して頂きたいです。


★ーーこんばんは、ヤスさん

政府はこの先、9カ月の行程表を発表しましたが、作業員の方の進捗状況で工程表がまともに機能するかしないかが変わります。
だとしたら、作業員の人達の衣食住は充分に整えてあげるべきだと思います。
レトルトが弁当になったと言って大威張りで発表していますが、意識の落差に驚いています。
おっしゃるように、報道されないと何も変わらない体質は今も健在でしたね。
体質は昔から何も変わっていないと感じます。
被災者に怒鳴られていましたが、社長はじめその時だけの土下座ですからね。
本心からの謝罪だとは思えません。
東電も親方日の丸で、日航と同じ体質のようです。
最後は国に援助を求めるのでしょう。
潰すはずがないと思っているのではありませんか?

>犯罪者として刑務所にぶち込まなければ気が済みません。

政府は、これくらいやって欲しいですよね。
最後は国民が連帯責任を取らせられるのですから。
本当に割に合いませんね。

投稿: まるこ姫 | 2011.05.05 20時37分

東電の社長を始めとする幹部さん達は、罵られ土下座をしても、それは単に数分から長くても一時間まででしょう。
その後は悠々と美味しい物を食べ、お風呂にも入り、睡眠も取っているのでしょうねぇ。
そうでないと、あのような元気で綺麗な姿など保てません。
放射能被害などあくまで他人事。
今は我慢さえすれば、近々自分達への逆風は柔らんでくると思っているのでしょう。
その間も現場の作業員は命がけの作業が続きます。
記者会見など広報担当に任せれば良いので、東電の社長をはじめとする幹部は、福島第一原発の側で見ているべきですねぇ。
(下手に指示を出すと現場が混乱します)

投稿: サクラ日記 | 2011.05.05 21時13分

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

テレビで土下座を見ていました。
やっぱり隠せない、映像では本心が出てしまいます。
お詫び行脚で、東電一行が原発事故避難者に対して、土下座をしていましたが、よく見ると清水社長だけが中腰で、頭を地面に着けていませんでした。
くしくも、焼き肉チェーン店社長が正真正銘、頭を地面にこすりつけて土下座をしていました。
何万人か何十万人かの生活を丸ごと奪っておいて、見せかけの土下座しかできません。
本心は、天災だった、国策だった、自分にはその分の責任しかない、責任は一部だ、事故の時社長で巡り合わせが悪かったとしか思っていないのでしょう。

原発作業員は今は日当20万円だとか言われていますが、原発事故前は月給が20万円くらいだったそうです。
その時、東電社員は年収800万円、月給50万円だそうで、協力企業と言えば聞こえはいいですが、下請け・孫請け・ひ孫請けは20万円で、格差は2.5倍でした。
その格差が、原発事故後も、協力企業作業員の悪い環境にそのまま反映、継続していたと思います。

放射能の多い原子炉建て屋での作業は困難を極め、一人当たりの1回当たりの時間も段々短くなり、作業員の数が沢山必要になり、その面でも窮してくるのではないかと思います。
待遇を良くしても、処理に時間が掛かれば掛かるほど、人材は不足してきます。
遺伝子を傷ついても比較的問題のない、定年後、余生が少ない人達が志願したりしていて、その人たちに頑張って貰うことも考えられます。

いずれにせよ、原発産業は3K産業、嫌われる産業です。
危険なため、辺鄙なところにしか成り立たず、有望な被人材も集まらず、本社社員より圧倒的多数の協力企業作業員で成り立つような存在です。
こんな産業に人材は集まらないし、未来も希望もありません。
原発は減らして無くして行くべきです。

投稿: 愛てんぐ | 2011.05.06 19時12分

★―ーおはようございます、サクラ日記さん

東電の社長や役員らがおわび行脚をしているようですが、土下座も一過性のものですよね。
おっしゃるように、その後は美味しいものを食べ、寝るところもしっかりしたところが確保されているでしょうし、原発で被害を受けた人とは、生活が全く違うわけです。
大体の事が、想像できて、だれもが反感を買うばかりです。
ここへきても、放射線に対しての意識の違いはどうしようもなく、他人事にしか感じられません。
導電役員たちにとっては、今はじっと我慢の子と言うだけの事でしょうね。
作業員の人達の健康や、生活は、毎日の事ですからね。
危険は原発が収束するまで続くでしょう。
少なくとも東電役員は、作業員宿舎のそばで、本当に安全なのかを身をもって体験して頂きたいです。


★ーーおはようございます、愛てんぐさん

土下座をしていましたね。
しかし腑抜けのようで、魂がこもっていない感じがしました。
焼き肉店チェーンの社長の土下座とは、明らかに違っていましたね。
東電の責任は大きいです。
焼き肉店と違って、その賠償は莫大なものとなりますし、国民にも責任を転嫁しようかとの話もあります。
だとしたらもう少し、切実に責任の大きさを感じていただきたいですね。
しかし、なんだか土下座ブームですね。

作業員の今の日当と、前の日当の落差の大きい事は!
私たちの地域にも東電からの募集がかかっているそうですが、日当は二万円だと聞きました。
それでも働きたい人はいるそうです。
下請けや孫請けと、どんどん低賃金になって言っても身分の保証のない人は、たとえ日当二万円でも危険があっても引き受けるのでしょう。
日本の悲哀がここまで来ています。
タコ部屋のようでも、生きるためにやらざるを得ないと言う事でしょう?

>遺伝子を傷ついても比較的問題のない、定年後、余生が少ない人達が志願したりしていて

後に遺伝子の残らない人たちが犠牲になると言う事ですか?
それほどの事をやらなければ終息に向かわない原発って、本当に厄介な代物ですね。
机仕事の東電社員は沢山いるのに、作業員の仕事は下請け、孫請けに頼らざるを得ない現状です。
汚れ仕事は、外国人や日雇い労働者で、日本の原発は支えられているのですね。
改めて便利な暮らしの陰での悲惨な実態を知って、原発のあり方の議論をする時期に来たのかと思います。

投稿: まるこ姫 | 2011.05.07 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発作業員、2カ月近く立ちようやく待遇改善:

« 電気料金値上げを容認する案、結局そこか? | トップページ | 石井一も生方幸夫も、この時期にフィリピンでゴルフ三昧 »