« TPP参加に対してのデメリット、米国の怖い胸算用がチラつく | トップページ | TPPおばけ »

2011/10/15

モンゴル政府、核処分場建設計画を断念

やっぱり、モンゴル政府に断られた。

<モンゴル政府>核処分場建設計画を断念 日本に伝達
               毎日新聞 10月15日(土)2時30分配信

モンゴル政府は、日米両国とともに進めてきたモンゴルに原子
力発電所の使用済み核燃料の一時保管・処分場を建設する計
画を断念することを決め、9月下旬に日本政府など関係者に伝え
たことが14日、わかった。

日本政府は一時保管・処分場をモンゴルにお願いするとは言
っているが、結局、国内ではどこも引き取り手がないことを考え
合わせれば、モンゴルが最終処分場扱いだったのではなかろう
か。
しかし、いくらなモンゴルでも、こんな厄介な使用済み核燃料の
保管場所は、世論の反発が強いだろうと思っていた。

3カ国の秘密交渉は、毎日新聞が5月に報道したが、モンゴ
ル政府は公式には交渉の存在自体を否定してきた。報道後、モ
ンゴル国内で市民が反発を強め、計画撤回と情報公開を求めて
きた。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

やはり市民は反発を強め、許さなかったという事だ。
今は、昔のように政府が秘密裏に国民に不利な事を行おうとし
ても、ネットでばらされてしまう事が多々ある。
環境や、人権意識は、発展途上国と呼ばれている国と言えども
侮れない時代に来ているのだ。

大体が、自国の原発で使用した核燃料棒を、他国に保管させよ
うとする方が無理があるし、傲慢とも言える。
多分、いろんなアメを用意したのだろうが、そうは問屋がおろさ
なかった。
そもそも原発を稼働するつもりなら、最終処分まで視野に入れて
いかに他国に迷惑がかからないかを図るのが、本来の姿だと思
うが、地震国でそしてやたら狭い国土で、国民には安心安全を
御用学者や、マスゴミを使って宣伝をして、知らぬうちに54基も
の原発を作っていた。

私たち国民も、事故が起きてようやく、原発の怖さに、悲惨さに
目覚めたが、時すでに遅しと言う事だ。
とてつもない、高い授業料だった。

モンゴルでは、市民が反発をして計画撤回と情報公開を求めて
きたが、モンゴル大統領もそれに呼応した。
やはり、私たち日本人も、一人では何も出来ない、変わらないと
悲観している部分が多くあるが、それでも一人一人が、国家権
力に対して、常に監視、そして批判することがこの国を変える礎
になると、改めて思ったりもする。
小さな声でも、声を出さなければ、何も変わらない。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« TPP参加に対してのデメリット、米国の怖い胸算用がチラつく | トップページ | TPPおばけ »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

モンゴルは当然の選択をしました。
人類が存在する限り、放射能の恐怖が続き、高濃度放射性物質を延々と低温状態にして管理し続けなければなりません。
カネより命が大事と考えた、当然の判断です。

原発は「トイレのないマンション」と例えますが、そんな生やさしいものではありません。
トイレが無くても、屋外で用を足せばどうにかなりますが、原発は健康、命に直接関わります。
最終処分地と言いますが、処分できない代物です。
除染と言っていますが、放射性物質を移動するだけで、放射性物質が無くなるわけではありません。
こららの言葉遣いは誤り、それほど危険で、人類の手に負えない代物です。

投稿: 愛てんぐ | 2011/10/15 19:04

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
それは誰だって嫌なものはいやですよね。
原発立地兼と同じように金出て名付けようとしてもダメということです。
バカですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2011/10/15 19:27

まるこ姫さん こんばんは☆
どこの国でも放射能物質をお断りになるのは当たり前のことです。
モンゴル政府も国民の声を聞き入れて受け入れ拒否を表明したことはまっとうな判断と言えます。
この日本のようにお金と国民の健康を天秤にかけ、お金を取るような国を一国民として哀しむよりほかありませんね。
しかし、本当にこれからもますます出続けるゴミをどうするのでしょうね?
この国お得意の先延ばしをして未来の人にそのツケを引き渡すのでしょうか。この国の借金は未来の人に託すわけにはいかないと増税を叫び、このゴミの問題はこのまま結論出さずですかねぇ。まあなんとご都合主義の国なんでしょうか。

投稿: yoshii | 2011/10/15 19:55

まるこ姫さん  こんばんは
モンゴルだったら国も広いし金さえ積めば何とかなるだろうの甘い考えだったのでしょう。安全だ、安全だ、と言って持ち込むつもりだったでしょうが、今の情報化の時代、簡単に騙されませんよ。
原発廃棄物については素人ですが、原発を54基も作っておきながら、危機管理については全く行なっていなかったことに、改めて驚きます。
核被爆国として恐ろしさは一番知っておきながら、この様は政府が責められても仕方ないでしょう。

投稿: ヤス | 2011/10/15 20:23

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

あんな危険な物質、お金を積まれても嫌ですよね。
廃棄物燃料棒と言っても、放射能が高濃度にあるわけですから、しかもその管理も大変ですし、出続けるわけですから。
やはり、モンゴルは賢明な選択をしました。
日本も、厄介な代物と分かっていて、他国に保管してもらうと言う神経はとても傲慢だと思います。
私たちは、安心安全という言葉に惑わされてきましたが、事故が起きてようやく少しずつ、真実が分かりかけてきました。
目覚めるまでにどれだけの高い代償を払ったのか。
原発は少しも安くはありませんでした。
最終処分場というのは、トランプのババを掴ませると言う事です。
少しわかれば、お金に変えられるものではありません。
おっしゃるように、除染と言えば聞こえは良いですが、放射能の場合、どこかに移し替えるだけですから。
放射能が消えるまでには、気の遠くなるほどの時間がかかります。
やはり、暴走した時の怖さを考えれば、原発をなくす方向へ行くのが日本の使命だと思います。


★ーーこんばんは、くまさん

いくらお金を積まれても、いやな物は嫌ですよね。
モンゴルは常識がありました。
日本の場合、何事も頬を札びらでひっぱたく様なやり方をするようなところがありますが、命には代えられないと言う事ですね。
市民感情から言えば、日本は余計に嫌われますよ。


★ーーこんばんは、yoshii さん

これだけ世界的に騒がれた原発事故を見て、それは断りますよ。
自分の国だって、二の舞になりかねないわけですから。
モンゴル政府は、常識的であり、通常な神経の持ち主でしたね。
日本政府なら、アメリカに頼まれたら国民の方は見ないでごり押ししますよ。
おっしゃるように、日本政府は国民の健康などお金の前には、なんとも思っていないのでしょうね。
呆れかえります。
使用済み燃料棒は、本当に厄介な代物ですね。
この先も、放射能を出し続け、そして燃料棒がたまり続けるわけです。
どうするつもりなんでしょうか。
この国は先延ばし、先送りが大好きな国です。
自分の代には何も解決しなくて、後に伸ばしてみない事、なかった事にしたい人達ばかりです。
ホント、借金を子孫に残してはいけないと言いながら、核のゴミは未だに最終処分場が決まりません。
モンゴルに押し付けようとする、さもしい根性は情けないを通り越して、腹立たしいです。
おっしゃる通りです。ご都合主義の何物でもありません。


★ーーこんばんは、ヤスさん

おっしゃるように、モンゴルを舐めていたのでしょうね。
アメで釣れば、容易になびくと思っていたのでしょう。
ですが、この情報社会で政府の秘密裏の行為も暴かれる時代です。
政府同士ではどうにでもなったかもしれませんが、市民団体が放ってはおきません。
それに呼応したモンゴル政府を見直しました。
日本政府なら、市民の言う事など聞きません。
この狭い日本で54基もの原発がある事事態、おかしなことで、それにもまして未曾有の地震が起きる事を考えていませんでした。
自然を舐めていたのでしょうが、あまりにお粗末でした。
おっしゃるように、世界で唯一の被爆国なんですから、それを教訓にしなければいけないのに、原爆と原発は違うと言い、国民をだまし続けてきましたから、日本政府は信用できないです。

投稿: まるこ姫 | 2011/10/15 21:13

政府が国内の原発立地で使用してきた汚いやり口が外国では通用しなかったことは本当に喜ばしいことです。
「やり口」とはすなわち貧困な地域に札束を積んで無理やり屈服させるという手口です。
モンゴル国民と政府の決断を高く評価します。
世界中の誰だって自国が核の廃棄物の墓場になるのはイヤでしょうからね。
ましてや普通ゴミなら可愛い(?)ものですが煮ても焼いてもどうにもならない、人類を破滅に追い込む毒物を半永久的に排出し続ける核廃棄物ですから。
モンゴル国民からすれば「冗談じゃない!」ということでしょう。
我々もモンゴルの決断を他山の石として脱原発を実現しなければと思います。

投稿: 風林火山 | 2011/10/16 08:09

★ーーこんばんは、風林火山さん

この日本では、いつも補助金のような形で麻薬漬けのようにしてしまいますよね。
そのお金に頼ってしまい、自立できない。
モンゴルにもその手を使ったのでしょうが、通用しなかったです。
私たちにはどうしようもありませんが、モンゴルの選択は賢明でした。
評価できますよね。
発展途上国なら、札束を詰まればその手に乗ったでしょうが、モンゴルは資源の宝庫と言いますから、何も日本の手口に乗ることもなかったです。
核のゴミは知れば知るほど、恐ろしい代物です。
未来に向けて悔恨を残すことにもなる核のゴミは、はっきり言って厄介者です。
日本の場合、これからも核のゴミは出続けるでしょう。
最終処分場も決まらず、いったいどうするつもりなのでしょうか。
モンゴルは、政府が国民の方へ向いていたと言う事でしょうね。
日本はアメリカの方へ向いていますが(笑)

投稿: まるこ姫 | 2011/10/16 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/52997426

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル政府、核処分場建設計画を断念:

» モンゴル政府:核処分場建設計画を断念   使用済み核燃料の処理を真剣に議論すべき [自分なりの判断のご紹介]
このニュース、原発の 存続可否議論において 意図的かどうかを 別として重要な検討項目が 欠落しているのを 教えてくれます。 モンゴル政府:核処分場建設計画を断念 日本に伝達 モンゴル政府は、日米両国 とともに... [続きを読む]

受信: 2011/10/16 20:08

« TPP参加に対してのデメリット、米国の怖い胸算用がチラつく | トップページ | TPPおばけ »