« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011.12.31

”首相、脱「党内融和」、指導力を前面に"なりふり構わず突っ走るか?

”首相、脱「党内融和」か…指導力を前面に"と言うが(笑)

首相、脱「党内融和」か…指導力を前面に
            読売新聞 12月31日(土)14時48分配信

>首相はこれまで「融和」を旗印に掲げてきたが、指導力を前面
に押し出そうとしており、今回の人事でその姿勢を鮮明にさせる
とみられる。
>9月の政権発足時に、首相は自ら「ドジョウ」と称し、地道に実
績を重ねる姿勢を示した。それが、党内融和を優先し、対野党で
は協調姿勢が目立つ結果となり、「指導力が足りない」との批判
につながっていた。

”着実に実績を重ねる姿勢"というが法案成立率が40%にも満た
ない内閣の、どこが着実と言えるのだろうか。
党内融和を優先しても、指導力は持ち得る。
党内融和をしたら、指導力が落ちるような発想だが、むしろ、この
首相の力量が指導力に繋がらないと言うか、首相の器では無かっ
たと言う証明にならないだろうか。
この野田首相は、脱党内融和路線を展開しても、指導力などあり
はしない。
今更あがいても、今までの優柔不断で、しかも財務省に指導され
たのか、"税と社会保障の一体改革"にばかり、固執しているが、
増税した分のほとんどが福祉目的税ではなく、財政穴埋めに回さ
れると言うではないか。
だとしたら、どれだけ増税しても社会保障に回されることはない。
まやかしも、いい加減にしろと言いたい。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

国家公務員の給与を7,8パーセント削減、それを復興費用に充
てるとあるが、法案が通ったとしても、たった2年限定だ。
国民は、恒久的に7.8%引き下げだと思っているだろうが、だま
されてはいけない。
衆議院議員の定数を削減も大事だろうが、私は歳費削減をしろと
言いたい。
政党助成金をもらい、企業献金も知らないうちに解禁にし、それ
でも政治資金が足りないとは言わせない。

しかし、この野田首相は、指導力を全開にするといいだした。
復興も、原発もあるのに、"税と社会保障の一体改革"ばかり
が、この首相の政治課題だと思っているようだ。
なにか、TPP参加、消費税増税へと向けて、どんどん突っ走って
いくような感じがしてきた。
民主党、野田政権によって日本が破壊されなければ良いが。。

まずは、消費税増税の前に、どんな事をしても無駄削減が前提
で消費税増税がこの国を救うと言うなら、そして残された時間が
無いとまで言い切るのなら、議員全体で自分達の身を切る事を
最優先させて、国のシステムに対して大鉈を振るい、特別会計
をすべて明るみに出すくらいの事を、橋下並みの早さで実行しな
い限り、私は信用しないし、納得しない。

★――この一年間コメントを頂いた皆様へ。

もう明日は、新年です。 早いですね。。。。。
この一年間、稚拙な記事にもかかわらずコメントを頂きまして、本
当にありがとうございました。
私も、よくもここまでブログが続いたものと感心をしていますが、そ
れも、コメント、クリックして下さる皆様があっての事だと思い、心
から感謝しています。
又、来年もよろしくお願い致しますm(__)m、と言っても明日ですけ
どね(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2011.12.30

言うに事欠いて、”民主党は政治改革家の集団だ”発言

またまた大ボラ吹いて。。。。(呆)

ひるまぬ首相「民主党は政治改革家の集団だ」
           読売新聞 12月30日(金)11時10分配信

>「民主党は政治家の集団ではない。政治改革家の集団だと示
そう」
>首相は増税の前提として、国会議員の定数削減、公務員給与
の削減など行政改革、日本経済の成長のための日本銀行との
連携強化などに取り組む考えを強調。

何が、“政治改革家の集団”だ。
”政治屋の集団”の間違いではないのか?
改革が聞いてあきれる、いい加減な野田首相の自画自賛演説は
今までの民主党の体たらくを見ているだけに、余計に腹が立つ。
ご本人は、民主党、ひいては自分を改革家と思っているのだろう
が、何を改革をしたのか聞きたい。
改革というよりも、改悪に近いような事を平然とやって置きなが
ら、改革とはこれいかに。
本当に、改革家と思っての発言だとしたら、これこそ空気が読め
ない典型例ではないだろうか。
国民は、今どんな経済状態なのか知っているのか。

今頃になって、国民の反発が大きい事に気付いたのか、国会議
員定数削減とか、公務員給与云々、行革について、のたまいだ
したが、この2年間何をやっていたのか。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

民主党のマニフェストに掲げていた理念は放棄するし、政治主
導どころか、官僚主導になっても平然としていたではないか。

公約のすべては実行できないとしても、小さな姿勢さえ見せなか
った党が、増税云々になり、世の中の反発が意外に大きいと感
じたのか、急にあれもやります、これもやりますと言いだした。
私は、やれるわけがないと思っているが。。。

民主党政治をこの2年見てきたが、すべて国民目線を放棄して
来た。
もどかしくなるほど、官僚の思うつぼで政治が動いていると感じ
る。
公務員宿舎だって、まずは全廃で本当に必要な物だけ作る発想
があってもよいかと思うが、世論の反発で少しずつ削減する方向
だし、これも世論が忘れた頃に復活させて作り続けるのだろう。

お金がない、お金がないと耳にたこができるほど国民を洗脳して
いるが、だとしたら八ツ場ダム復活、整備新幹線、外郭環状道
路などの優先順位が低い政策がなぜに、復活しているのか。

”コンクリートから人へ"が、”人からコンクリート”逆流している。

こんな民主党政権、そして首相に、”政治改革家の集団だ”など
と、口が裂けても言ってもらいたくない言葉だ。
ちなみに、”君子豹変す”とも言っているが、辞書によると”君子
は過ちを改め、善に移ることが際だってはっきりしている”
のだ
そうだ。
よほど過ちをやってきたのだろう野田政権が、これから善に移る
のだそうだ(笑)
自分で自分のやってきた事を過ちだと認めたと言う事?(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.29

アセス評価書提出の次は埋め立て許可取得をと、図に乗る米国

日本政府はどこを向いて政治をしているのか、とうとう明け方4時
にアセス評価書を沖縄県庁に運び込んだ。

野田首相は、オバマと会談した際に年内中に辺野古アセス評価
書を沖縄に受理させると約束したそうな。。。。。
だから、12月も押し詰まった頃に評価書を郵送するとかしないと
か、大騒ぎになっていたが、結局、アセス評価書は市民団体の間
隙を突くかののように、誰もが驚く早朝の運び込みとなった。
なんだか、ものすごい姑息な政府のやり方だよなあ。。。
これで、余計に沖縄の反発を買う事になる。
誰もが分ることが、自民党政治もそうだったが、民主党政権も同じ
過ちを犯す。
野党の時は、国民の味方のような事を言い威勢の良い言葉で政
府をやっつけるが、与党になった途端、豹変するのはどの党も同じ
か。
オバマと会談した際、沖縄問題は年内中に決着をつけると約束し
たそうだが、その図は、日本政府と言うよりも、アメリカ政府日本
出張所のような意識で凝り固まっている。

沖縄県は、この評価書を受理したそうだが、例え県知事がNOを唱
えても、行政代執行の対象になると言うから、最悪の場合、辺野
古沖は日本政府、アメリカの手に渡ったようなものだ。
政府は、自国民である沖縄県民の意向より、アメリカ政府の意向
を異常に気にしているが、どこを向いて仕事をしているのか、なん
とも情けない思いで一杯だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

アメリカ政府は、評価書提出を歓迎しているそうだが、当たり前だ。
アメリカの意向を手先となって日本政府が奔走するのだから。

次は埋め立て許可取得を=米、評価書提出を歓迎―議会は進
展に懐疑的・普天間移設

             時事通信 12月29日(木)8時45分配信

>同県名護市辺野古への移設に関する環境影響評価書を提出
したことを受けて声明を出し、「パネッタ国防長官は提出の知ら
せを歓迎している」と表明するとともに、次の段階として、移設先
の埋め立て許可を日本政府が取得するよう促した。

評価書提出の次は、埋め立て許可取得をと、どんどん要求がエ
スカレートする。
アメリカ政府に取って日本政府は良いお得意様だ。
非常に財政難のアメリカ政府に代わって、軍事費を肩代わりはす
るわ、普天間から、辺野古沖へと、まだ飛行場を建設の約束は
するわ。。。。
こんなやさしい国、見たことない。

今、野田首相のやることは、アメリカ政府に県内移設の困難さや
沖縄県民の怒りを、率直に訴えて、負担間飛行場の返還、県外
移設の道を進言することではないか。
自国民である沖縄県民ををないがしろにすることではない。

本当に沖縄基地が大切というなら、沖縄県民を、そして市民団体
たちに対して、心の底から、基地の重要性、必要性を説いて見ろ
と言いたい。そして、納得させて見ろと言いたい。
野田首相は、どんな重要な案件に対しても説明不足だらけだ。
人々の心を揺り動かすような説明をしてこその、政府、首相だろう
に。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2011.12.28

民主党の崩壊、瓦解が始まった。。。

ここへきて、ようやくと言うかやっとと言うか、民主党から離党者が
続出している。

消費増税、相次ぐ民主離党 自民、期待と不安「政権瓦解」「
人ごとでない」
   産経新聞 12月28日(水)7時55分配信

>民主党内で27日、離党の動きが表面化したことを受け、野党
には民主党政権瓦解(がかい)への期待が広がった。ただ、すで
に消費税増税の方針を打ち出している自民党も、党内に反対論
を抱えているだけに「人ごとではない」と警戒する声がある。

民主党は、もう収拾がつかないほどぐちゃぐちゃだ。
マニフェストを少しも守ったり前進させたりする気がない主流派に
は、心底愛層が尽きたが、中にいる議員は何も感じていないのか
と思って来たが、ここへきて民主党内も風雲急を告げてきた。
くしの歯が抜けるように、特に1年生議員の離党が鮮明になって
来た。
新党云々が取りざたされているが、この時期、やはり交付金狙い
は想像できるがそれでも、政権がマニフェストは守らない、マニフ
ェストに載っていない重大案件を突然推進すると言われたら、中に
いる議員だって、不信感を抱くだろう。
もちろん有権者は、不信感と失望感で一杯だ。
その積み重ねで、今の民主党はどんどん信頼感をなくして行った。
そして、難破船からネズミが逃げるように、離党が相次ぐ。
これだけ国民に不信感を抱かれたら、党としての体裁さえ危うい。
放っておいても、崩壊が始まるだろう。

それを見ていた野党は、民主党の瓦解が始まったと内心期待を
寄せているのだろうが、自民党だって他党の事を言える立場か?
と言いたい。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

日本の政治は、いつの時代も官僚が政治を仕切ってきた。
表立っては、地元に良い顔をしたい議員を立たせ、大臣、大臣と、
崇め奉っておいて、実際のところは官僚がこの国のかじ取りをし
てきた。
かじ取りはしても、それが間違っていた場合、議員も官僚も誰も
責任を取らない体質になっているのは、誰もが感じるところだ。
名を捨て実を取るのが官僚で、国民の知らない間に、どんどん既
得権益を、蜘蛛の糸のように細密に、張り巡らしてきた。
退官した後までの人生設計は万全で、かッきり描く青写真は、見
事と言うしかない。

そう言うシステムを許してきたのが、今までの自民党政治で、何
も民主党の独壇場ではないはずだ。
自民党議員が、政治主導で政治を行っていたなら、こうまで官僚
がのさばっていなかったし、私物化をされてはいなかった。
官僚のこの国の私物化は目に余る。。。。

民主党が駄目だからと、われわれは絶望感を抱いてはいるが、
そうかと言って、自民党政治に戻れるはずがない。
大阪で、橋下が圧勝したように、既成政党の嘘や、詭弁には愛
想が尽きているのだ。
どの党も増税の前に、やるべきことをやらなければ議員でいる資
格もないし、党として信頼感も得られない事を肝に銘じるべきだ。

どの党もどうして官僚ではなく、国民へ目が向かないのだろう。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



| | | コメント (11) | トラックバック (0)

2011.12.27

八ツ場建設わたしの敗北と開き直る前原、苦渋の決断と野田

ここまで、シレーと開き直るか?この議員は。

八ツ場建設「わたしの敗北」=将来、消費税10%超も
          時事通信 12月25日(日)12時13分配信

>フジテレビの番組で、政府が八ツ場ダム建設の継続を決めた
ことについて「『党は反対したが政府に判断を委ねる』というのは
言い訳でしかない。わたしの敗北だ」と述べた。
 前原氏は八ツ場ダム問題に関し、「(政策の)見直しをしても、
いつかは役人が骨抜きにする。それとの戦いだ」と強調。「『霞が
関』という官僚組織をどう変えるか。もう一度やり直さないといけ
ない大きな課題だ」と指摘した。

この番組、私も見ていたが、今、民主党の議員がテレビ出演し
手も、どうせ集中砲火を浴びるだけだし、よく出演したと正直驚い
たが、何のことはない、この男、本当に口だけ、口からの議員で
実に調子が良い。
霞が関が手ごわいのは、初めから分かっていたことで、何を今更
"もう一度やり直さないといけない大きな課題”だ。

役人が骨抜きにしても、民主党が確固とした信念があれば、あの
前田国交相のように、満面の笑みをたたえて地元の首長連中に
工事再開の表明をするはずがない。
だって、八ツ場ダムは、民主党の改革の一丁目一番地だったの
だから。
前田国交相のあの姿は、議員というよりも官僚だ。
改革を唱えて政権交代を果たした党の議員とはとても思えない。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


前原氏は、"わたしの敗北"と開き直っていたが、そんなに簡単に
敗北と片付けられては、われわれは上げた拳をどこに向ければよ
いのか。
この議員、口だけは常に勇ましいが、少し抵抗があっただけで
前言を撤回する、すぐに相手の軍門にひれ伏すのが特徴だ。
何なんだ、この信念のなさは。
結局、勇ましいのは口だけで”、”霞が関という官僚組織をどう変
えるか"
といったところで、知恵も信念もない人間が100人いても
100年たっても何も変えることはできない。

それは野田首相にも言えることで、この議員、首相としてのリー
ダーシップが感じられない。
野田首相は、八ツ場ダム再開を、“苦渋の決断"だと言っていた
が、どこが苦渋の決断なのか、詳細な内容を語らない。
今までのシステムを変えようとすれば、摩擦が起きて当然だ。
所が、この首相は摩擦を恐れず、何かを押し通すという姿勢が
みじんも感じられないのだ。

大阪の橋下氏も、行き過ぎたら問題だが、それでも必死に大阪
を改革したい気持ちは、十分感じられる。
野田首相は一国の首相なんだから、すべて霞が関に依存しない
で自分のカラーを押しだしたらどうか。
今や、改革どころか改悪の方向へ向かう野田政権。
こんな、官僚におんぶにだっこの政権では、日本沈没の速度が速
まるだけではないだろうか。
大元を変えなければ、日本再生など出来っこない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2011.12.26

提言型政策仕分けも、単なるパフォーマンスだった

ここでも頭でっかちの民主党の、薄っぺらい欺瞞が証明された。
”提言型政策仕分け"とやらも、予算案では少しも反映されなかっ
たと言うから、これも詐欺師集団ならではのことだったか。

来年度予算案 蓮舫氏、提言ことごとく無視
             産経新聞 12月26日(月)7時55分配信

>民主党政権の一枚看板だった「仕分け」がその使命を終えよう
としている。11月下旬に実施した提言型政策仕分けの「提言」は
、24日に閣議決定された平成24年度予算案でことごとく黙殺され
る残念な結果に。14日には民主党に行政改革調査会が設置さ
れた。仕分けはその存在意義すらなくなりつつある。

しかし、民主党は、本当に会議や委員会が大好きな党だ。
なんとか委員会や、○○会議とやらをすぐに立ち上げるが、それも
単なる立ち上げるだけで、有意義な意見の反映がされたことがある
のだろうか。
会議や委員会が開かれることが最終目的のような印象を受ける。
これも頭でっかちな口だけの党の真骨頂か。

事業仕分けも何の拘束力もない見てくれだけで、施設を借りきって
までして、官僚をやっつけている姿を国民に見せつけたが、それも
何のことはない、単なるパフォーマンスの一環で、削減や、凍結な
どしたものが、知らぬうちにほとんど復活していた。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

この事業仕分けとやらが2度目で完全にメッキがはがれて、今度
は目先を変えて、"提言型政策仕分け"とやらで、国民の追及をか
わしたかにみえたが、これも言葉遊びをしただけだったか。

れんほうが胸を張って

>「提言を極めて真摯に受けとめてもらった

と言っても、それが予算案に反映されなければ何の意味もない。
お金がないお金がないと言いながら、施設を借りきり無駄な会議ば
かりやる意味がどこにあるのか。
お金がないなら、ないように、無駄なところを削り、民主党の公約を
守ることをすることこそが、有権者への恩返しだと思うが、相変わら
ず選挙目当てにだけのバラマキをやる。
これでは自民党政治と、どこに相違点があると言うのか。

目を覆うほど、官僚の言いなりで官僚に仕切られている。
いくら民主党議員が胸を張って、自画自賛をしても、我々有権者に
はこの国を支配しているのは官僚で、政治家はお飾りだと言うのが
政権交代をして見て本当によく分かった。
どの議員も官僚に操られているだけではないか。
なまじ、政治主導だと言うから腹が立つのだ、官僚様にお世話にな
っています
と、言ったらどうか。

政権交代の意義があるとしたら、政権交代は、官僚主導をあぶりだ
したと言う事か。
この国は、官僚の蜘蛛の糸ががんじがらめで、にっちもさっちも行
かないというのが現状のようだ。
そして、それに便乗して甘い汁を吸っている輩が、ごまんといるとい
うことだ。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.25

東電社長、”電気料金値上げは事業者の権利と義務”の唖然

東電の体質がここまで傲慢だとは。。。。
そして東電もだが、この国の権力者の体質は誰も責任を取らない
そして誰もが強欲だと言う事だ。

テレビ画面一杯に、東電西沢社長の顔が映し出され、発言が聞こ
えてきた。

>料金の申請は我々事業者としての義務というか、権利だから

企業向け電気料金を2割値上げするとの記者会見で、家庭向け
もできるだけ早い時期に値上げ申請するという趣旨のものだった
が、その会見の中での発言が、”権利と義務”と言う、御大層な
発言がなんでこの人物から発せられなければいけないのかと、
我が目、耳を疑った。

原発が国策として、安全で安心なエネルギー源だと私たちは洗
脳されて来たが、一度事故が起きるとどれだけの大きな被害に
なるか計り知れないものを教訓として残した。実被害、風評被害、
賠償等々、私たちの想像を絶するものだったが、交付金を受け取
っている地元以外にも、放射能はまんべんなく降り注ぐ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

広範囲に降る放射能は、身に見えないだけにどんな影響がある
のか、それさえも分からない恐怖。

その加害者の大元の東京電力の、罪と責任は刑事罰に値する
ほどの大きなものだと思うが、前の社長は満額の退職金を貰い
退職し、誰かが責任を取ったような感じでもない。

東電社長も、民主党政権の論理のように経営が成り立たないか
らと電気料金値上げを言うその神経が分らない。
そもそも、これだけの大惨事をもたらした東電側は、鼻血も出な
いほど身を削ってきたのか、徹底した合理化をしてきたのか。。。

”電気料金の基準となる「総原価」に東電関係者の接待用施設
の維持管理費まで含まれることが 判明しており"
というから、ま
だまだ、大惨事に対しての認識も甘いしこの企業の体質は、どう
しようもないほど腐りきっているという印象だ。

だからこそ、西沢社長の、”電気料金値上げは事業者の権利と義
務”
という言葉に表れたのだろうが、あまりにも傲慢すぎる。
どこの会社のために、このような事態に陥ったのか、いまだに故
郷に帰れない人がいるのか。。。。。。
人々の感情を逆なですることばかり言っている。

算定基準などの見直しを進めている有識者会議が、経産省直轄
だと言うから、これも又お手盛りになるのだろう。
やる前から分かる、この国の既得権益者たちの強大な力
”アホらしくてやってられない”と言うのが正直な感想だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (11) | トラックバック (0)

2011.12.24

仙谷氏、ぬけぬけと"消費税率15%に引き上げを"だと

この男の頭の中身が知りたい。

消費税率15%に引き上げを=民主・仙谷氏
           時事通信 12月24日(土)12時13分配信

>消費税について「10%分、25兆円ぐらいは歳入をちゃんとし
た税収で確保できる財政をつくらないと、5年でこの国は崩れる
」と述べ、15%までの引き上げが必要との認識を示した。また
、消費増税を含む社会保障と税の一体改革大綱について、来
年2月中旬までの策定を目指すと強調した。

消費税が10パーセントに上がるだけで、色んなところに影響が
出て、消費が鈍ると言われているのに、この男は15パーセント
云々を語っている。
10%でも不況になるだろうが、15パーセントだと大不況どころ
か、死人が出る。
立ち直り出来ないほどの日本経済になりはしないか。

この議員の思考には、アホらしすぎて虚脱しかないが、私達を
金の成る木とでも思っているのだろうか。
それでなくても、今、生きるだけで四苦八苦している時代にまだ
国民から金をせしめようとしている。
こ奴は、暴力団か?

民主党政権に変わって、無駄削減や、予算の組み替えで何兆
円もの予算を浮かせると言って来たが、無駄削減も何も、官僚
のいいなりで、既得権益は守るわ、削減を声高に叫んでいたも
のまで復活させている。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

民主党に投票した有権者は、民主党のやるやる詐欺にすっかり
騙された格好だ。
自分たちは何も改革をする気も無いらしく、お金が足りないから
増税するだと?
いい加減にしろと言いたい。
片方でお金が足りないからと言いつつ、八ツ場ダムも復活させて
政権交代の意味もなくしてしまった党のくせに。
心境としては暴動を起こしたいくらいの気持ちだ。

5年でこの国は崩れると不安を煽るような事を言っているが、そ
もそもこの国をこんなに疲弊させてきたのは官僚と、与野党の政
治家ではないか。
予算を膨らませに膨らませて、大盤振る舞いをしてきたのは官僚
であり、政治家たちだ。
今日も、安住財務相が、これまた国債について不安を煽るような
発言をしていたが、毎年、赤字国債発行をし続けてきたのは自民
党政治であり、民主党政治だ。
これだけ大借金が増えたというもの、収入に対して支出が釣り合
わない事であり、だとしたら支出を減らさなければ、増税しても焼
け石に水だ。
まずは、国の人件費や、議員の人件費を大幅にカットしてから増
税の話をしろと言いたい。
自分たちは常に甘い汁を吸い、国民にばかりツケを押し付けるそ
の姿勢こそ、改めるべき最初の一歩だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.23

八ツ場ダム再開表明、前田国交相の図々しい説明

本当に腹が立つ。
前田国交相が、建設再開を表明していた図が報道されていたが
”このバカたれが!、どこを見て政治をしているのか"と。ついつ
い口に出てしまった。
昨日こそ悔しい思いをした日はない。
あれだけ、政権交代の有意義を訴えていた党が、これほどまで
国民に対して背信行為を行うとは思ってもいなかった。

前田氏の顔を見るだけでムカムカしてくる。
前田氏は県知事連中に対してにこやかに、建設再開を説明して
いたが、県知事連中も満面の笑みで応えていた。
前田国交相、こ奴、官僚か?
国交相という重要な役割を担う割には、顔も見たことのない議員
で、存在感も薄い。
ウィキペディアでは、元建設官僚となっている。
官僚出身者の議員は、出身省庁の代弁者となることが多いが、
この議員もその口か。
なるほど納得した。

お金が足りない、お金が足りないと言いながら、無駄な箱物の
象徴としていた八ツ場ダムをあっさり建設の方向へと進める。
今にも増税をする話になっているのに、どこに建設する金がある
と言うのだろうか。
国民をバカにするのもたいがいにしてもらいたい。
取れるところから取る、一方では無駄な箱物でも作り続ける。
これではいくら増税しても、焼け石に水だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


そこのところの説明がないまま、治水効果を強調しても何の説
得力もない。
首相は首相でこの件には関与したくないとばかりに、だんまりを
決め込む。
どこの首相なんだ?
どこの党が、国民生活第一といったのだ?

こういうところこそ、首相のリーダーシップで決断すれば済む話
を、決断できない。
”不退転の決意、捨て石になる”方向が間違っている。

前原氏は前原氏で、いかにも我こそ正義の使者のような立ち位
置に自分をおいているが、果たしてどこまで本気なのか。
この人物、常に口先だけは立派だが、中身が伴わない。
今回も、その傾向がありはしないか。
"党は反対だから、閣議決定はできない"と口先だけは勇ましい
が、“首相を支える気持ちに変化はない”とも公言し<ているし、最
後は引いてしまうのだろう。

本当に民主党には、どこまでもがっかりさせられている。
どこまで国民へ背信したら気が済むのだろう。

国民はどんどん気持ちが離れて言っていると言うのに、まだそこ
のところが十分わかっていないところに、政治家の質の低さと、
センスのなさを感じる。

もう民主党には投票しない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (5) | トラックバック (1)

2011.12.22

生活保護206万人超、3カ月連続で最多更新

経済がますます悪化していると感じる今日この頃。。。
生活保護も、増加の一途をたどっていると言う。

3カ月連続で最多更新=生活保護206万人超―厚労省
             時事通信 12月22日(木)11時32分配信

>今年9月に生活保護を受けた人が前月比6025人増の206万5
896人に上り、3カ月連続で過去最多を更新したと発表した。受
給世帯数も149万7329世帯で最多を更新した。同省は景気悪化
に伴う失業者の増加や高齢化の進展などが主な要因とみている。
 生活保護受給者数は、今年7月時点で205万495人に上り、そ
れまで最多だった1951年度(204万6646人)を上回って過去最多
となっていた。

生活保護を受ける人も、昔とは意識がだいぶ変わってきているの
だろうか。
昔は、“お上の世話にはならない"と、保護を受ける事を恥じる気
風が多少ともあったのだと思うが、今は世相も変わってきたのだ
ろうか。
最多だったと言われるのが、1951年で戦後の動乱期で、生活
がどうにもならなかった時期かもしれない。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

憲法にも定められている通り、どの国民も健やかに生きる権利が
あるのは分かっているが、これだけ生活保護を受ける人が年々う
なぎのぼりの状況だと、貧困化に拍車がかかっているのが実感
として感じる。
何か良い対策はないのだろうか

もちろん、雇用がないのは分るが、保護費を受けることが常態化
しては、なかなかそこから抜けきることはできない。
安易にどっぷりつかってしまっては、前向きな気持ちまで無くなっ
てしまうのではなかろうか。

ある程度、年を重ねた人は、まあまあ仕方がないかもしれない
が、若年層が雇用がないための生活保護費は、とてももったい
ない。
本来なら若い世代の雇用がこの国を救う道に繋がるのに。。。
年金より保護費が多いと言うのも、なんとも癪に障る。
やはり、年金と生活保護費のバランスを取らなくては、なんとも
不公平感だけが際立つのだ。
前に、職業訓練をセットとして保護費を渡すような案が出された
と思うが、前向きな気持ちで何としても仕事にありつ来たい、働
きたいと思う人の一時的な救済なら、やはり職業訓練を受けて
もらう必要があるだろう。

しかし、毎年、どんどん増える生活保護は、国を滅ぼす一因で
はないだろうか。
これ以上増え続けて言ったら、私たちは支えきれるだろうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (12) | トラックバック (0)

2011.12.21

橋下市長にヨイショする、既成政党の気持ち悪さ

ああ…気持ち悪い
どれだけ橋下氏にすり寄るのか既成政党は。

橋下大阪市長、与野党幹部と相次いで会談 
    フジテレビ系(FNN) 12月21日(水)6時42分配信

>大阪市の橋下 徹市長は20日、民主、自民、公明など与野
党の幹部と相次いで会談し、「大阪都構想」の実現に向けた
協力を要請した。
>与野党各党の幹部が会談要請に次々と応じる異例の対応
に、大阪維新の会への支持の高さを取り込みたい各党の思
惑が浮き彫りになった。

市長選は、自公、民主、共産党まで平松氏を支援していた。
既成政党としての、それなりのポリシーがあって平松氏を支援
していたのだろうから、橋下氏が平松氏を破って当選したから
と言って、これほどまで対応が豹変するのだろうか。
"豹変"と言ってよいほど、橋下氏に対する対応は手の平を返し
たものだ。
あれほどこき下ろした相手に対して、いきなり下にも置かぬ対
応は、これが国政議員の態度なのかと、却って不信感に陥る。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

平松氏の政策に共鳴しての支持なのだろうから、この手の平
変えしは、政党としての信念もポリシーも無かったと言う事にな
りはしないか。
”勝てば官軍”で、橋下氏にひれ伏しているとしたらなんと情け
ないことか。
"大阪都構造”や、”職員改革"に、共鳴、賛同していたとしたら、
とっくの昔に、国会議員全体でこの国の改革に乗り出していた
筈だ。
地方分権の重要性は、色んな党の政治家が語っていた。
それが少しも進まないのは、どうしたことだろう、不思議だ(笑)

民主党はこの国のありようを変えようと改革を訴えて、政権交
代を果たしたが、2年たっても何の進展もない。
それどころか、古い政治にどっぷりつかっている印象すら受ける。
国民の期待に少しも応えていない党、そして何でも反対の野党
が橋下氏が大阪府民の民意を得たからと言って、急に手の平
を返したようにすり寄る姿は、なんとも浅ましい。
やる気もないのに、たただた支持の高さにあやかりたいと言う
だけで、話を聞くフリをしているが、やっぱりフリだけだ。

この国を変えたい、なんとかして官僚組織を本来の"公僕”にし
たいと考えているのは、ほんの一握りで、後は親方日の丸でぬ
るま湯にどっぷりつかっている政治屋だと思うがどうだろう。
恥を知らない輩ばっかりだ。

しかし、自公、民主、共産党までが、同じ候補者を支持する。
不思議な情景だ(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.12.20

藤村官房長官、金正日の死に哀悼の意

金正日が急死?して日本政府はてんやわんやの大騒ぎだ。
民主党政権になって、外交に不慣れなのか、変なことばかりや
らかす。
野田首相は、当日街頭演説の予定が入っていたという事で、首
相官邸から演説会場へ出発したが、テレビ報道を知った政府関
係者からの一方で急きょ首相官邸に戻ったと言うが、素人的に
は、19日午前に北朝鮮国営テレビが特別放送を予告した段階
で何か重大な発表があると思うのが普通で、いくら街頭演説の
予定が入っていたとは言え、首相官邸を離れる意図が分らない。
そして、テレビ報道で、金正日が死去したと分かる。
日本政府の情報収集策は、テレビ局報道か?(笑)

山岡国家公安委員長も、野党に攻められている。

安保会議欠席の山岡氏「警察庁から情報届かず」
             読売新聞 12月20日(火)14時26分配信

>北朝鮮の金正日総書記死去を受け開かれ19日の安全保障
会議を欠席したことに関連し、「(北朝鮮メディアの特別放送が
19日正午からあるとの)情報が私の元には届いていなかった。
(安保会議に)事務方も出席していなかった」と述べ、警察庁の
事務方に責任があるとの認識を明らかにした。

これが本当だとしたら、すっかり官僚に舐められているのではな
かろうか。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

参議院で問責決議を受けたことでもあり、この大臣は早晩更迭
されるかもしれないと感じていたのだろうか。
それでもどんな大臣でも、まだ一応は国家公安委員長の役職が
ついている議員に重要な情報を流さないこの国の官僚。
会議にも事務方が出席していなかった事を考えたら、霞が関の
たがが、すっかり緩んでいたか、平和ボケしていたと言う事か。
これは、国家の体をなしていないと考えるが。。。。

極めつけは、藤村官房長官だ。

>藤村修官房長官は19日午後の臨時会見の冒頭「金正日国
防委員会委員長の突然の逝去の報に接し、哀悼の意を表した
い」と述べた。

哀悼を辞書で引いたら、”人の死をかなしみいたむこと”とある。

拉致事件を主導した金総書記がいて、いまだに拉致家族の方々
は帰らぬ家族を思って帰還を政府に働きかけている。
何十年も金一家に苦しめられてきた拉致家族の方々にとっては
金正日に対しては憎しみ以外湧かないだろうし、早く返せとの思
いで一杯だろう。
何の罪もない人が突然拉致され、残された家族の苦しみを考え
たら、どう考えても、”かなしみ悼む“訳には行かない。

日本政府の対応は、不謹慎であり、未熟であり、政権の体をなし
ていないと言われても仕方のないことだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2011.12.19

金正日死去で、またテレビ局賑わう

金正日が突然死亡したのだと。。。
北朝鮮にまつわる色んな情報は、日本のテレビ局が大好きな話
題で、北朝鮮そのものよりも、金一家の動向の方が気になるの
か、話題性に事欠かないが、おどろおどろしく北朝鮮情報が飛
び交う。

それにしても野田首相、せっかく街頭演説をして自己アピールを
しようと思っていた矢先の出来事で、街頭演説も急きょ中止にな
ったというから、残念なことだろう。

テレビ局はネタがなくなると、やれ看板アナウンサーが、最近、
出ていないだとか、更迭されたのかも知らないとか、喪服で出
てきただとか、ありとあらゆるネタがニュースになる。
しかし、金正日死去により、実は復活していたおばさん看板アナ
ウンサーが悲しみに暮れてニュースを読み上げていたが、国営ア
ナウンサーは、演技派でなくては務まらないと思うほど、悲嘆に
暮れていた。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

それでもあれだけ涙ながらに読み上げる割には、原稿をしっかり
読み上げていたのは、さすが看板アナウンサーならではと言う事
か?(苦笑)
まるで女優みたいだ。

という事で、日本のテレビ局は、これから北朝鮮の一から十まで
取り上げて、ああでもない、こうでもないと、論評するのだろう。
拉致問題、ミサイル・核問題と、話題に事欠かないうえに、金一
家のお家事情も複雑なようで、不謹慎かもしれないが、日本の報
道機関はネタが出来て、大喜びだろう。
ましてや、軍事評論家や教授、金一家の料理番など、いろんな
人が次から次へと出てきて、これから何日も何日も北朝鮮報道
が、展開されると想像される。
皆が皆、したり顔で語るのが目に見えるようだ。
そのうち、耳にタコ状態になるかもしれない。

いくら隣国にしても、拉致問題、ミサイル問題、核問題とあるとは
思うが、これほど長期間話題になる国も珍しいのではないか。
北朝鮮、金一家の話題で、潤う人も相当いるだろう。。。。。
あの人、この人と顔がすぐ浮かぶ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2011.12.18

”八ッ場ダム建設中止を撤回”、嘘ツキ民主党極まれり

全く、次から次へと約束をほごにする。。。。
どこまで公約破りをしたら気が済むのか民主党は。

八ッ場ダム建設中止を撤回、予算計上へ
            読売新聞 12月18日(日)3時3分配信

>前田国土交通相は16日、「有効な代替策が見当たらない中
で、造らないのは無責任だ」と語り、建設継続に強い意欲を示し
ている。政府関係者は「前田国交相の判断で決まる話だ」と述べ
、前田氏の判断が政府方針になると指摘した。

八ツ場ダムに対しては、関係者のすべてが異常な執念で建設の
方向へ進んでいる。
パブリックコメント(意見公募)に同じ筆跡で建設を促進するように
働きかけていたのが地元の県会議員だったと言うし、知事連中も
やいのやいのと、建設へ向けて口をはさむ。
結局、既得権益を壊すと言う事は並大抵の覚悟では出来ないと
言う事だが、民主党には覚悟も、信念も無かった。

しかし、個人個人では、既得権益を壊さなければこの国は持た
ないと思っていても、利害関係が絡めば、己を捨てても国を憂う
と考える人は、ごく少数だと言う事だ。
民主党には、本当に期待をした。
どんなに辛くても、どんなに道のりが遠くても、少しずつでも改革
に向けて前進してくれるかと思ってこの2年見続けてきたが、何
一つ期待にこたえてはくれなかった。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


八ツ場ダムは、改革の象徴ではないか。
公約に掲げたどの改革も、期待にこたえられないのに、一丁目
一番地である、八ツ場ダムまで、建設中止を撤回では、”税と社
会保障の一体改革"
で、選挙目当てに、改革を先送りをして高
齢者を優遇をしても、民主党を応援した有権者をまやかす事は
できない。
改革の象徴であった八ツ場ダムも、建設の方向へ進むでは、も
う民主党は終わった。。。。。
騙すだけの党だったと言われても、反論が出来るだろうか。

騙される方が悪いと言われたらそれまでだが、政治への信頼感
を貶めた民主党の罪は大きいのではないか。
元々、自民党には期待をしていなかったが、まさか民主党にま
で騙されるとは思ってもいなかった。
期待が大きい分、それが裏切られたとなると不信感で一杯だ。

今日も、細野大臣が各テレビ局を回って、野田首相の収束宣言
冷温停止状態発言について、散々言い訳と思しき事を言ってい
たが、何を聞かされても、もう信じられない気持ちばかりが先行
する。
その言い訳も、専門家や現場の作業員の言葉の前には、少し
も説得力を感じられなかったが。。。。
ほとんどの国民が、収束宣言に怒りを覚えている。
事故当初からの、情報隠し、小出しには辟易していると言うのに
未だ、それに気づいていない。

本来なら、国民の生活が第一と政権交代した党だけに、国民へ
の視点が一番の筈だが、官僚からの視点ばかりで語る。
やはりこれだけ民主党に対して風当たりが強いと言う事は、身か
ら出た錆、自業自得で、政権交代時の有権者からの熱い期待や
願いを忘れ去ってしまっているのが大きな原因の一つではないか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.17

”原発事故は収束、冷温停止状態”のまやかし、強弁

前から16日に、首相が"原発事故収束宣言”をすると言われてい
たが、どこに、何に根拠があってしたのだろうか。

野田首相は、“冷温停止状態"と言っていたが、“状態”がミソで、
本来の“冷温停止”とは似ていても全く違うものだ。
この手法は、野田首相がいつも使ってきた手法と全く同じもので、
やはり官僚用語の一つなんだろう。
TPPに参加するときも、慎重派に対して追及の矛先を鈍らせる為
に使っていたし、公務員宿舎に対しての認識も我々国民とは全く
違う、”削除”ではなく、”凍結"というような曖昧なものだった。

結局、すべてのものを、“あいまい"にして議論を封じようとしてい
るのが透けて見える。

今回も、原発事故が収束したと発表したが、未だに故郷を追われ
寒々とした仮設住宅に暮らしている人たちに取って、どこが"収束”
だと言えるのか、反発ばかり募るだろう。
原発事故で故郷を追われた人達のすべてが、我が家に帰った時
が最低限、"収束"と言えるようなものだと思うが。。。。。
ましてや、民主党政権には事故当初から、今に至るまで、とことん
信頼性が薄れている。
どれだけ情報開示が遅れたか、どれだけ情報を小出しにしてきた
か、政府、東電、保安院の姿勢を考えると、今回の宣言も反発が
先に立つ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

冷温停止状態の定義も、いかにも自分たちに甘い。
圧力容器の底が抜け落ちてとけた燃料が落下していると言うが、
実際にどんな状態になっているのかどうか掴めずただ水を注ぎ
込み、むやみに冷却している状態だ。
その水の始末もままならなくて、建屋も損傷していて地下水への
流入が止まっていない、海への流出を防ぐ遮水する壁も出来て
いない状態でも、原発事故が収束したと発表する政府。
誰かに入れ知恵されたのだろうが、またしても操り人形だ。

誰が考えても反発するのは当然だし、ある日突然家を追われた
人達に取っては余計にはらわた煮えくり返るだろう。
いつもの事かと、呆れているのかもしれないが。。。。。

本当に原発が収束したと言うなら、“原子力緊急事態宣言"も解
除すべきだろうに、解除されていない。
これでは、民主党お得意の、パフォーマンスだと言われても仕方
がない。
何をこれほど急ぐ必要があるのだろう。
原発を輸出している国へのアピールだろうか。

しかし民主党政権は我が国の政権だ。
そして、政権交代でこの国の古い政治が少しずつ出も変わるか
もしれないと、期待を寄せた党だ。
その党が、今までの既成政党と思考が全く変わらないとわかり
余計に失望感、絶望感が募る。
このままでは、誰も政府の言う事など信じやしない。
いくら選挙に向けて、口当たりの良い事を言いバラマキをしても
霞が関の筋書き通りに動いていてはこの国は破綻の一途をた
どる。
民主党には、国民に真摯に向き合わなくて何が国民生活第一
かと言いたい。

私には、信頼も地に堕ちた感がある。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.16

”歳出92兆円台、税収42兆円前半"異常な財政

いつまでこのような異常な財政が続くのか。

歳出92兆円台、税収42兆円前半…基本方針
             読売新聞 12月16日(金)11時23分配信

>東日本大震災からの復旧・復興費や復興債は別枠とした上で
、国債費を除く政策的経費を71兆円以下、新規国債発行額を44
兆円以下に抑える方針を確認した。
歳出の総額は92兆円台、税収は42兆円台前半となる見通しだ。
当初予算で国債発行額が税収を上回る異常事態は、3年連続と
なる。

異常も異常、税収を上回る国債発行というのは、自転車操業の何
物でもない。
どんなど素人が考えても、使うお金が入るお金の倍以上だなんて
個人の家ならとっくの昔に破綻している。
民主党は政権交代時のマニフェストで、無駄削減を一番に掲げて
いたし、予算の枠組みを変えるとも言っていた。
2年たって、枠組みどころか、無駄削減も絵に描いた餅に終わろう
としている。
パフォーマンスだけは、ものすごくうまいが、内実が伴わない。
初年度の事業仕分けも、官僚をコテンパンにやっつけていて、国
民はこの事業仕分けを何度もやれば、少しは国のシステムも変わ
るかもしれないと大いなる期待を寄せたが、のど元過ぎれば熱さ
を忘れるの例え通り、その時だけの人気取りだった。
削減と決定した予算が、知らないうちに復活しているのは日常茶
飯事で、すっかり官僚の操り人形と化している。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


政権交代時の威勢の良い言葉とは裏腹に、今では各省庁の代
弁者になり下がった民主党の議員だが、極めつけは野田首相だ。

今や、消費税増税だけが生きがいのように、”不退転の決意、捨
て石になる"
と、財務省が泣いて喜ぶような発言を繰り返す。
税金で飯を食っているこの国の公僕は、どんなに税収が少なかろ
うと、民主党の公約の2割給料カットも無く、ボーナスも上がった。
議員は議員で、国民には痛みを強いるが、自分たちは何を、どこ
を削ったのか。
自分たちはぬくぬくとして、税収が少なかろうと貰うものはバッチリ
貰う。国民に対して恥ずかしいと思わないのだろうか。
それでいて、孫子の代にまで赤字体質を押し付けてはいけないと
歯の浮くようなセリフを言う。

高齢者医療も、崩壊寸前だと言うのに、まだのんきに改革部分を
先送りにしてしまった。
所得の少ない高齢者に対しては配慮しなければいけないが、我
々が考えられないような高所得者の高齢者も沢山いる。
そう言う人たちには、一律に1割負担はいかがなものだろう。
やはり、所得に応じての分相応な負担は避けられない時代に来
ているのではなかろうか。
消費税も、どんどん包囲網が狭まってきているが、これも一律とい
うのが引っ掛かる。
きめ細かい、税率の配分は必至だと思うが。。。。。

消費税増税の前に、やること一杯あるではないか。
税収が少ないからと、消費税増税だけに頼る民主党政権には、心
底がっかりした。
菅前首相ではないが、"逆立ちしても鼻血も出ないくらい無駄を削
減したのか"
と、民主党前議員に問いたい。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2011.12.15

”65歳までの再雇用義務付け"は世代間の争いに?

どうもこの展開は、年金支給開始時期を68歳に引き上げたいが
ためではないかと勘繰りたくなるほど、急な感じを受ける。

<厚労省>13年度から65歳までの再雇用義務付け方針
            毎日新聞 12月14日(水)20時59分配信

>60歳の定年後、希望者全員を再雇用している企業は半数に
も満たず、このままでは賃金も年金もない「空白期間」が生じるた
めだ。
>支給開始年齢の引き上げに伴い、政府は06年、65歳まで働
けるようにするため、企業に(1)定年年齢の引き上げ(2)継続雇
用制度の導入(3)定年制廃止--のいずれかを採用することを
義務づけた。

再雇用という事は、一応は60歳で区切りをつけるという事で後
は能力があろうとなかろうと、会社にとって必要な人材であろうと
なかろうと、無理やりに雇用しないといけないと言う事になる。
そうなると、若い世代の反発が大きいのではなかろうか。
若い世代は、年金は支えなければいけないし、じい様連中はの
さばっているしで、面白くないことこの上ないなろう。
60歳以上が増え過ぎると定員調整のため新規採用数が減ると
言う事は充分考えられる。
それでなくても、TPPに参加すれば外国に雇用が奪われかねな
い状況に陥るだろうし、若い世代は生きるのも大変だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

私はむしろ、06年に政府が決めたと言う事は、自公の案なんだ
ろうがその案の方が、同じ義務付けでも、幅広い選択肢があって
良いと思うがどうだろう。
企業企業で、定年年齢の引き上げを模索したり、あるいは、雇用
継続制度を導入したり、働く意欲があり能力のある人に取っては、
定年制廃止はどれだけ励みになるか分からないし、そういう会社
もあるだろう。
若い世代でも、働く意欲のない人は沢山いることだし。

その企業、企業で定年も早かったり遅かったりするが、日本社会
全体の風潮で65歳位が妥当と言うなら話もわかるが、政府の言
うのように一律に無理やりに義務付けと言うのは、ものすごく抵抗
がある。
強制的というのが、気に入らない。
企業によって、いろんな形態を選択すればよい話だと思うが。

そしてもっと、不思議というか、やはりというのは、公務員だけは
いつもいつも、優遇されていると言う事だ。
公務員の場合、“再雇用”ではなく、”65歳定年”に向けて着々
と準備中だと言う事だ。
これって公務員削減どころか、ますます増える事になるような気
がするが。

しかし民主党は何を考えているのだろう。
高齢者医療もパンク寸前だと言うのに、窓口100円負担、前期高
齢者2割負担も先送りしてしまった。
高齢者でも富裕層は沢山いる。
高齢者=弱者と見るのはあまりに早計だ。

負担できる高齢者には負担してもらわなくてはどうするのだ。
年収制限なりの配慮をして、負担してもらうのが筋だろうに。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2011.12.14

米議会"普天間進めばグアム移転予算執行"恫喝かよ!

言葉は悪いが、 ”恫喝かよ” は率直な感想だ。

普天間進めばグアム移転予算執行…米上院委員長
              読売新聞 12月14日(水)10時15分配信

>米上院のダニエル・イノウエ歳出委員長は13日午前、連邦議
会で自民党の石原幹事長と会談し、米上下両院の軍事委員会
が在沖縄海兵隊のグアム移転関連予算を全額凍結したことにつ
いて、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設が進めば、
間違いなく凍結を解除し、予算を執行する」と述べた。

アメリカは、あの手この手で辺野古沖に普天間の代替を考えて
いるようだ。
辺野古沖に移設が進めば、“間違いなく凍結を解除し、予算を執
行する"
と言っていることから見て、上下院の議決”グアム移転費
予算削除”
は日本政府への圧力以外の何物でもない。
どこまで、日本を見下しているのだろう。
それもこれも、アメリカの一方的なやり方を許してきたのも日本政
府で、初めっから足元を見られているのだ。
日本ほど、与し易い国はないと思っているのだろう。
兵糧攻めとも、恫喝とも思える事を、上下院議会で平然とやられ
ているのに、又、お粗末なのが日本政府であり自民党の石原幹
事長だ。

>石原氏は、記者団に対し、「米国は怒っていると思う。(日本の
)民主党政権は一日も早く、日米合意に沿って駒を進める必要が
ある」と語った。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

はあ?あんたどこの国の議員なんだ?
アメリカが怒っている?

戦中戦後の沖縄の苦悩を考えたことがあるのか。

普天間移設進まないから…グアム予算凍結で米議員
       テレビ朝日系(ANN) 12月14日(水)13時11分配信

>国防総省のシファー次官補代理も「予算凍結は議会の我慢の
限度を超えたからだ」と述べました。

我慢の限界って、どこの国に基地を持っていると思っているのか。
あまりに傲慢な意識が前面に出ていて、反発ばかり覚える。
私たち日本国民は、できるだけ沖縄県民の意向を尊重したいと
思って来たが、政府はいつの時代もアメリカの意向を尊重するつ
もりだ。
そのアメリカ側は、日米合意を尊重しろと言い、普天間の移設が
進まないから、“我慢の限界を超えた”と言い、兵糧攻めとも言え
るような汚い手を使い、何が何でも移設を進めようとしている。
日本は独立国のはずなのに、アメリカから見たらいつまで経って
も属国なのだろう。

そして情けない事に、日本の議員は、いまだにアメリカの主張に
対して反論するどころか、“アメリカが怒っている"という。
なにしにアメリカまで行き、アメリカの代弁をしているのか。
日本国民を守れないようでは、議員の資格なしだ。

海兵隊の沖縄駐留が中国への抑止力になると言う論法はすで
に説得力が失われていると言うのに、いまだに、”中国脅威論、
抑止力”
の呪縛から逃れられないのか。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.12.13

米議会がグアム移転費を全額削除で合意

どこまでもアメリカに舐められている日本政府の図だ
どうも、海兵隊は当分、普天間に居座るつもりかもしれない。

”米上下両院は12会計年度(11年10月~12年9月)の国防権
限法案から、在沖縄海兵隊のグアム移転経費を全額削除するこ
とで合意した。”
そうだ。

在沖縄海兵隊、グアム移転費を全額削除、米上下両院が合意
               毎日新聞 12月13日(火)12時7分配信

>下院は全額を承認したが、上院はグアムのインフラ整備が想定
より遅れていることと、海兵隊移転の前提となる普天間飛行場の
移設実現のメドが立っていないことを理由に全額を削除していた。
>日米両政府は06年に在沖縄海兵隊のグアム移転を双方が負
担することで合意。日本側は融資・出資も含め60・9億ドル、米側
は41・8億ドルを負担する取り決めとなっている。

大体が、アメリカの世界戦略の一環で、海兵隊は沖縄に駐留して
いるだけで、何も日本を守るためにいるわけではない。
グアムに移転するのも、アメリカの軍事的都合によるだけで、その
グアムのインフラ整備が大幅に遅れているから、移転しないだけ
で。
その移転費を、どうしてここまで日本政府が負担しなくてはいけ
ないのか。
本家本元が、41億ドル、日本国が60億ドルって、駐留させて上
げている方が、なんでアメリカより多くの移転費を拠出する必要が
あるのだろうか。
自軍の移設費くらい、自軍で全額賄えよ!と思うが、アメリカはア
メリカで日本国にたかるたかり体質が蔓延しているし、日本国は
日本国で、国民の意向は徹底的に無視してきたが、アメリカの意
向は常に最優先させてきた歴史がある。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

同盟国とは名ばかりで、原爆を落とされて以来、この国は、アメリ
カのしもべと化してきた。

どこまでアメリカに取って虫の良い話が展開するのだろうか。
今回、普天間飛行場の移設がままならない事と、グアムのイン
フラ整備が遅れているという理由で、移転費全額削除が、アメリ
カ議会で合意されたと言うが、素人的には、普天間飛行場の代
替飛行場を辺野古沖に建設しなくても、いきなりグアムに移設し
てもらったら、どんなによいか。
そして、自分とこの海兵隊の移設費くらい、自国で全額拠出すべ
きだろうに。
なんで、日本国が本家より多くの移設費を出す事になるのか、な
んの説明もないままに、勝手に合意をしている。、
まるで、やくざに払う"みかじめ料"のようなものではないか!。

アメリカにはいつもヘイコラして、国民には、"不退転の決意”と称
して増税しか頭にない、アホ首相が日本を壊す。

いっそこの国は、無理やり延命させるよりさっさと国家破綻した方
が既得権益が無くなって良いかもしれないと、ヤケクソな気分に
なる今日この頃だ。

全く関係ない話だが、アメリカに渡った自民党の石原幹事長のス
ピーチ風景が報道されていたが、なんと下手くそな、日本語英語
か。こんな下手くそな日本語英語聞いたことがない。
これだったら、日本語でスピーチした方が、よほど感じが良い。
見ている方が赤面するほどの下手なスピーチは、国益を害する
のではなかろうか。。。。(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (9) | トラックバック (1)

2011.12.12

内閣不支持率51・6%、自民支持率も低迷

産経・FNN世論調査によると、内閣不支持率が過半数を超えた
そうな。。。。
それは分るが、自民党の支持率も依然として低迷で、内閣がこけ
たからと言って、自民党にも何の魅力がないと言う事か。
自民党は、内閣不支持率が高くなるに従って、どんどんボルテー
ジが上がり、石破氏は、”首相のリーダーシップに期待ができな
いのが理由の一番ではないか。意見を述べずに問題を先送りし、
責任転嫁し、スローガンしか語らない民主党政権の特徴を引き継
いでいる"
と言い、谷垣総裁は、”重要な問題点を適切に処理し
ていく能力に乏しいという感じを多くの国民がもたれているのでは
ないか”
、茂木氏は、”仮免許の内閣の状態が続いている。首相
の指導力、国民へのメッセージがまったく見えない”
、大島副総
裁は、"民主党は二軍落ち”、石原幹事長も、"鉄槌を下す"と厳し
い意見が続出しているが、なるほど民主党の政権運営は、どこを
見ているのかさっぱり分からないし、この国をどのような国にする
のか、どこへ導こうとしているのか、まるでわからないが、本来な
ら、これだけ民主党の支持がガタ落ちしていれば、必然的に自民
党へ支持が回る筈だ、
所が、自民党の支持率も、民主党の支持率と同程度だと言う事
は、自民党だって国民に見限られているのだ。

政権交代とともに、古い政治から脱却できるかと思っていたら、自
民党時代からの古い政治と少しも変わらない政治だったと言う事
が良く見えた2年間だった。
いくら民主党がこけたとしても、これまで色んな既得権益を作り続
けた自民党政治には戻りたくないと、国民は思っているのだろう。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

自民党の岸田文雄国対委員長は、支持率を上げるためには”民
主、公明両党との3党協議や復興に対する協力、『抱きつき作戦
』に全部応じてきたから当然だ。民主党と違いを出すために3党
協議から卒業しなければいけない。来年はそういう時期を迎える
と語ったそうだが、私にはこの発想も古い政治に見えて仕方が
ない。

国会の場は、何も政府の案を全部反対する場ではない。
少しでも歩み寄れる法案だと思ったら、どの党とも合意できる面は
合意するよう、国民のために議論するのは当然のことだ。
ましてや、ねじれ国会ともなれば、歩み寄れることがあれば歩み
より、政府が抱きつき作戦に来ても、応じるべきことは応じてしか
るべきだし、政争の具にして審議をストップすることが、果たしてそ
んなに必要なことなのか。

何年も同じことの繰り返しに、国民は飽き飽きしている。
意味のない審議拒否、不毛なスキャンダル合戦、メンツのために
非協力的な議会・・・・・・・・・・・
自民党、民主党かかわらず、古い体質すぎる。

長年古い政治を見続けてきて、国民は既成政党に絶望している。
なんだかんだ言っても橋下氏があれだけの票を集めた根底を、ど
の既成政党も良く考え無ければ、日本の政治はますます見限ら
れるだけだ。
まあ、それさえも偉い政治家の先生たちは分かっていないのだろ
うし、分ろうとしないのだろうが、“いい加減目を覚ませよ" と言
いたい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.12.11

”低炭素まちづくり促進法案”が聞いて呆れる国交省の戯言

国土交通省が次期通常国会に”低炭素まちづくり促進法案”を提
出する方針を決めたそうだ。
政治家が法案を策定するかと思っていたが違っていたか?

>国土交通省は10日、二酸化炭素排出量の少ない低炭素・循
環型社会づくりを進めるため、次期通常国会に低炭素まちづくり
促進法案を提出する方針を決めた。公共・商業施設や住宅を市
街地に集約し、車を使わず歩いて暮らせるまちづくりを進める事
業を推進するほか、省エネ性能が高い住宅に対する税制優遇措
置を新たに実施する。

理想は、国交省の提案通りだが、本当にこんな街づくりが出来る
と思っているのだろうか。
東日本が大震災によって壊滅的になった町も多数ある。
その街を今後、、国交省の理想通り、”公共・商業施設や住宅を
市街地に集約し、車を使わず歩いて暮らせるまちづくり"
にすると
言うなら、どうぞやってください、賛成しますと言うより仕方がない
が、今、住んでいる町をこの理想に近づけるようなことが、出来る
のは、何十年もかかると思うが。。。。。

しかも、”車を使わず歩いて暮らせる街づくり"というのは、簡単な
ようでたやすいことではない。
地方へ行けばほとんどが車に頼らざるを得ないくらい、地区が細
かく点在しているが、その現実を知っていての話なんだろうか。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


>歩いて暮らせるまちづくりでは、病院、市役所といった公共施
設や店舗、住宅を中心部に集めた「コンパクトシティー」の形成を
促す。
>集約化によって各施設を歩いて利用できるようになれば、車を
運転できない高齢者らの利便性は高まる。

理想も理想で、現実とはまったく折り合わない。
各施設を歩いて、利用できれば、高齢者ではなくても、誰だって
利用したいと思うが、すでにどこの市町村も、不便、便利かかわ
りなく、町並みは出来上がっている。
それを壊して、新しい街並みを作ると言う事は、大きな代替地も
必要になるがその手当はどうするのだろう。
そして国交省の思惑として、”歩いて暮らせるまちづくりを低炭素
社会”
にまつわる例えば、○○財団法人とか、○○振興会とか
の天下り団体を増やす事に繋がらなければよいが。。。。。

各省庁が、何かを言い出せば必ず、そこに利権が生まれる。
もう、今までで充分、いろんな天下り団体が増えに増え、財政破
たん状態と言われながらも、その団体までおんぶにだっこで、存
続し続けているのが現状だ。
もう、いい加減この税金に群がる構造をなんとかしないと、いくら
増税をしても焼け石に水だ。
名古屋市の川村市長ならずとも、税金で飯を食っている方が楽
をしている社会をなんとかする必要があると思うがどうだろう。

そして、”低炭素まちづくり促進法案”よりも、優先順位度から言
えば、”公務員給与2割カット"の方が、よほど高いと思うが。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2011.12.10

浅田真央

私は、色んなものに興味があって、バレーボールも見るのが好き
だし、フィギュアスケートも見るのが大好きだ。
バレーボールは、女子の粘り強く拾う姿に感動し、大活躍を喜び、
男子のパワーバレーの前に力のなさを感じ、ふがいなさにも映る
絶望的な今のレベルも感じてきた。
それでも、誰がなんと言おうと見るのは好きだ。

フィギュアスケートも、例のごとく、シーズンになると見るのを楽し
みにしてきた。
今季は、安藤美姫が欠場して、浅田真央が自身の復活をかけた
年になった。
10代の時は,シャンプにおいては天才少女とまで言われた浅田真
央だが、最近はジャンプにも陰りが見え演技も身の丈に合ってい
ない、背伸びをしているなあというような印象を受けてきた。
そして、韓国の、キムヨナや、安藤美姫にも穴をあけられた感があ
ったが、今期、ようやく彼女らしい等身大の演技が完成しつつある
と感じてきた矢先だった。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


世界で6人しか最終的に滑ることが出来ない、キムヨナや、安藤が
出ていないとは言え、グランプリファイナンスにも出場が決まり、よ
うやく、浅田真央の復活をこの目で、実感できる場が出来たと楽し
みにしてきた.

所が、昨日の朝、グランプリファイナルを欠場して帰国の途につい
たと報道された時は、心底がっかりしたが。。。。
その後の報道で、母親の様態が急変したとの事だったので、とて
も心配していたが、やはりだった。
浅田真央は、間に合わなかったという。

グランプリファイナルは、とても楽しみで待ちに待ったイベントだっ
たが、最愛の人、一番の理解者を失う悲しみの前には小さく映る。
後は残されたメンバーが、精いっぱい自分の今の力を出し切って
演技してくれることを望むだけだ。
浅田真央には、悲しみを乗り越えて近い日に、浅田真央でなくて
はできない演技を見たい。
彼女らしい、たおやかに優しく、人々の気持ちを心の底からほの
ぼのとさせる、しあわせ感一杯の演技を期待したい。

次は、一回りも二回りも大きくなった浅田真央に会いたい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.12.09

1000兆もの大借金でも国家公務員ボーナス、4.1%増の不思議

この国は本当に不思議な国だ。
政治家は、累積の借金が1000兆もあると事あるごとに言い、孫
子の代まで借金を残してはいけないからと、今、盛んに消費税上
げが論議の俎上に乗っている。
民主党政権になり、初代の鳩山首相は任期一杯(4年)は、消費
税上げは絶対しないと言い切ったが、菅首相、、そして野田首相と
、どんどん増税路線に様変わりしてきた。

特に野田首相は、自分の代で消費税上げの道筋をつけると、自分
は捨て石になり、不退転の決意とまで言ってはいるが、国民に痛
みを押し付けることは、苦もなく出来るらしい。。。。。

その一方で、税金で飯を食っている方は、ボーナスが4パーセント
余りも上昇したのだと。

国家公務員ボーナス、4.1%増=給与削減法案未成立も影響
               時事通信 12月9日(金)11時13分配信

>国家公務員に9日、冬の期末・勤勉手当が支給された。管理職
を除く一般行政職(平均年齢35.8歳)の平均支給額は61万7100
円で、前年比4.1%(2万4200円)の増加。支給月数が昨冬より0
.05カ月増の2.02カ月となったことが要因だが、国家公務員給与
を平均7.8%引き下げる特例法案が成立しておらず、平均0.23%
引き下げの人事院勧告の実施も見送っていることも影響している。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


民主党はマニフェストで、公務員給与2割カットを言っていたが、2
割カットどころか、7.8%の引き下げさえも、先送りになっている。
自公は、人事院の勧告通りに0,23パーセントの引き下げしか認
めないと言い、与党は特例法案しか視野になく、結局、特例法案も
人事院勧告も、どちらも、役に立たなかったという事だ。
政治家と政治家の意地の張り合いで、漁夫の利を得たのが国家
公務員で、この不景気に、ウハウハ笑いが止まらないだろう。

政治家は陽の当らないところに光を当てる職業だと思って来たが、
何のことは無い、今の状態は、削減どころか公務員の焼け太りだ。

1000兆もの借金があり東日本大震災でも、これからどれだけ支
出が増えるか分からない時に、バカな政治家のおかげで、国家公
務員だけ優遇される。
大体、一番腹が立つのが、国民に増税は不退転の決意で行うと
言いながら、なぜに議員歳費、議員定数削減に切り込まないのか。
痛みが伴う改革は、すぐに先送りで、取りやすいところから取る神
経は、自民党、民主党問わず、政治家全般の発想かもしれない。

だから、橋下氏のような人物が出てきたら、有権者は負の部分は
目をつぶり思い切った根本からの改革を望むのだ。
私は改革はして欲しいけど、反論を許さぬ度量のなさが、とても気
にかかる。

今の社会、人々の気持ちを危ぶませているのは、既成政党、既成
政治の覇気のなさ、限界が見えてしまったからこそではないのか。

痛みは一番先に国民に押し付け、特権を持っている議員は、特権
に、しがみついている、死守している。
これがこの国の国会議員の姿だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (10) | トラックバック (0)

2011.12.08

消費税増税は”財務省悪玉論”の何物でもない

野田首相には、もはや誰の意見も届かないのではないか。

「米謀略説、財務省悪玉論が横行」=TPP・増税慎重派を批
判―野田首相
    時事通信 12月7日(水)22時13分配信

>「環太平洋連携協定(TPP)の話をすると『米国の謀略説』。社
会保障と税の一体改革の話をすると『財務省悪玉論』。入り口の
ところで変な議論が起こる」
>首相はTPPに関し「日本はもっともうけられるはず。そのための
ルールをつくるのが国益だ」と、交渉参加のメリットを力説。一体
改革についても「社会保障の安定財源を確保し、財政規律を守る
観点から避けて通れない」と強調した。

TPPに関してもメリットばかりを主張しているが、デメリットの多大
な影響を言わない。
メリットばかりを考えれば、ぜひともTPPに参加する必要があると
考えるだろうが、デメリット、日本の交渉力のなさ、低さはどの政
権、どの政党になっても、目を覆うばかりだ。
常にアメリカの言いなりにはなるが、アメリカを差し置いて、アメリ
カの上位に立ったなどという話は聞いたことがない。
沖縄問題を考えた時、アメリカも、日本ならどんな事を提案しても
意のままに動くと思っている節が無きにしも非ずだ。
その点から考えて、”米国の謀略説”は、ある面当っていると言っ
ても過言ではない。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

野田首相は、"社会保障と税の一体改革"は”社会保障の安定財
源を確保し、財政規律を守る観点から避けて通れない道”
だとし
ている。
その言葉をとらえたら、その通りだと思うが、その前に財政赤字に
至った原因を放置しておいて、ただ増税すれば税収が増えると考
えるのは、財務省の思考だ。

国会議員の特権や、特別会計、特殊法人、独立行政法人、公務
員優遇、すべて財政赤字に至った原因だ。

菅前首相も、財務相時代は、逆さにしても鼻血も出ないほど絞り
に絞ると公言していたが、どこを絞ったのか、とんとわからないほ
ど、国民に目に見える改革はしてこなかった。
野田首相も財務相だったが、この人も何を改革してきたのだろう。
人に負担を強いるなら、負担を強いる方がよほど、自分に厳しく
身を削る必要があるが、自分たちは何一つ痛みがなく、増税の議
論をすると、”財務省悪玉論”"変な議論”と、財務省代弁者になっ
たかのような発言は、心底驚く。
この政治家も、既得権益に胡坐をかいて、霞が関改革などとは夢
にも思っていないのだろう。
とんでもない人物が、首相になった。。。。。。。

増税の前にやるべきことをやったのか、誰でも考えることだ。
野田首相に、問いただしたい、


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.07

府市統合本部顧問に民主党から追われた古賀氏を起用

大阪市長になった橋下氏は、府、市の改革に民主党から追われ
た、元経産官僚の古賀氏を起用すると言う。

元経産省・古賀氏ら起用=府市統合本部顧問に―大阪
              時事通信 12月7日(水)11時19分配信

>大阪府の松井一郎知事と、19日付で大阪市長に就任する橋下
徹前府知事は7日までに、府と市の二重行政解消に向けた調整
機関として27日に発足させる新たな組織「府市統合本部」の顧問
に、いずれも元経済産業省官僚の古賀茂明氏と原英史氏、慶応
大教授の上山信一氏を起用する方針を固めた。

民主党は、行財政改革を旗にして政権交代をなし得た党だが、政
権を取ったら、何のことは無い、少しも改革などする気は無いと言
うか、官僚の抵抗にあった途端、すぐに白旗を揚げた党だと言う認
識しかない。
そう言えば、”総予算の組替"と言うのも公約の一つであったが、
どうしてやらないのだろう。
どれだけ増税をしても、今までのシステム通りだと赤字体質は全
く変わらないばかりか、少子高齢化社会が続く限り、赤字は増え
続ける
素人が考えてもわかる事を、行財政改革を公約にして絶対に嘘
はつかないと言ってきた党が、嘘をつきまくっている。
元経済産業省官僚の古賀氏は、霞が関にいた経験から思いきっ
た改革を提言して、国民的にはこんな人が、民主党に良い知恵を
授ければ、きっと行財政改革はかなうと思って来たが、なぜか民
主党は古賀氏を毛嫌いしてきた。
どの首相も、どの大臣も古賀氏を窓際に置いていた。
古賀氏に対する海江田氏の発言、言動は、異様に映るほどイン
パクトがあった。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


古賀氏はTPP推進論者だから危険だと言う声もあるが、それでも
霞が関改革に向けて貴重な人材であることは確かだ。
行財政改革と、TPPとは切り離して語る必要があるのではないだ
ろうか。
私たち国民から見ても、古賀氏の意見は、いちいちう頷ける、なる
ほどと思うような事ばかりだ。
こういう人を活用してこその、公約が実行できるのではないか。
民主党が本当に死に物狂いで改革をする気があるのなら、古賀
氏を疎む理由が分らない。

このたび、大阪府、市は、古賀氏を、府市統合本部の顧問に抜擢
するそうだが、これで本当に改革をする気があるのかどうか、本気
度が分かると言うものだ。

橋下氏は、発言から弱者に対する視点が希薄な感じを受けるし、
自分の意見に反対するものは去ってくれというような、有無を言わ
さぬ発言は、私はあまり好きではないが、それでも、府市職員の
意識改革には、欠かせぬ人ではないかとも思う。

私事ではあるが、今、“県庁おもてなし課"という小説を読んでいる
が、いみじくも県庁の体質をあますところなく表している。
やはり、民間とは意識が隔絶している。とにかくぬるいと言うしか
言いようがないほど自分に甘いのだ。
そんな人たちの意識を変え、府、市内を変えるのは大変なことだ。

民主党は、霞が関改革をする気がなさそうだが、大阪から変革す
る事を望むしかない。
それには古賀氏は適任だと思う。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.12.06

鳩山氏、”辺野古以外探す努力を”

鳩山氏から、こんな発言を聞くとは思ってもいなかった。

<鳩山氏>「辺野古以外探す努力を」 日米へ影響否定
               毎日新聞 12月5日(月)22時38分配信

>東京都内で講演し、米軍普天間飛行場の移設先について辺野
古以外のところがないとは思わない。首相官邸で主導して探す努
力を続ける必要がある」と述べた。鳩山氏は首相として県外・国外
移設を目指したが、昨年5月に辺野古移設で米側と合意。沖縄県
側の反発と日米関係の悪化を招いて退陣しておきながら、なお政
府方針を否定する発言には党内外から批判が出そうだ。

民主党が政権交代を果たし、”鳩山首相”が誕生したわけだが、
鳩山首相の、"国民目線"を大いに期待をしていた。
国連での、理想に満ちた演説は今までの自民党政治では無し得な
い政治の転換を果たすだろうと予感したものだ。
所が、理想的な言葉とは裏腹に、沖縄問題についての発言が二
転三転する。
そして、結局は、マスゴミの異常なアメリカ礼賛主義に自民党時
代に決定したことは覆らなかった。
県外、国外と、言う言葉だけが踊っていたが、最終的には従来通
りの辺野古沖で落ち着いた格好になってしまった。
その当事者でもあり、何一つアメリカ第一の体制を変えることが出
来なかった鳩山前首相が、今頃になって、“辺野古沖以外を探す
努力を"
と政府に呼び掛けていることが、不思議で仕方がない。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


なるほど、鳩山氏は自分としては精いっぱい対処したつもりなん
だろう。
が、アメリカに本当に日本国民の心情、、沖縄の世論、実情を訴
えてきたのか。。。鳩山氏からは必死さが伝わってこなかった。
言葉の先送りをしてきただけではなかったか。
私は、鳩山氏の発言の一つ一つも、わらにもすがる気持ちで見守
ってきたが、あがいた形跡もなく、落ち着くところに落ち着いた沖
縄問題は、脱力感で一杯だった。
沖縄県民の方々は、もっともっと脱力感と政府への不信感がまし
た事だろう。

その当事者の鳩山氏が頑張っていれば、沖縄問題は少しは進展
したかもしれないと言うのに、投げ出した当人が今更の発言は、
鳩山氏に対して好意的であった私でさえ、何を能天気な事を言っ
ているのだろうと感じる。

理想主義者は、美しい言葉を語っていれば良い。
しかし政治家には向かないのではないかと感じる。

首相を辞めたら、引退すると言う発言も撤回してしまったし、この
人,議員としての矜持があるのだろうか。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.05

誰のための捨て石か?!

野田首相は、消費税率引き上げ、TPP交渉参加、安全保障の三
つを挙げ、捨て石になると語ったと言うが、誰のための捨て石か。

TPP・消費税・安保…首相「捨て石になる」
            読売新聞 12月3日(土)20時5分配信

>首相は当面の政策課題として、消費税率引き上げ、TPP交
渉参加、安全保障の三つを挙げ、「自分の代で、捨て石になっ
てけりをつける」などと語った。

消費税上げも、TPP交渉参加も、国民に何の説明もなく何の改革
も行わず、海外においては偉い大きな口をたたき、勝手に国際公
約をしてくる、この国の首相。

TPP参加も、最近になって急に話題に上るようになっただけで、そ
の詳細については、最近になるまで国民には知らされてこなかっ
た。
しかも、話題に上ったときは、マスゴミは率先してメリットばかりを、
報道してきた。
関税撤廃によって、どれだけ生活が潤うかとか、輸出業者がどれ
だけ恩恵を受けるかとか、良い面ばかりがクローズアップされて来
た。
そして、後ろ向きになるより日本ブランドを売り出すチャンスでもあ
ると、慎重派の意見をいかにも抵抗勢力のように扱ってきた。
が、デメリットや、日本政府の交渉力のなさを考えると、軽々にTP
P参加は、国益にかなうとは思えないのだ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


消費税増税についても、やるべき改革とセットならまだ話もわかる
が優遇され過ぎの公務員に対して、少しも切り込まない。
自治労や、連合の票を逃がしたくない一心なんだろうが、このまま
だと民主党は早晩、壊滅の危機にあることを知っているのだろうか。
国民の気持ちはすっかり離れてしまっているのだから。

野田首相は、消費税増税、TPP参加、安全保障を、政策課題に挙
げ自分の代で、捨て石になり、けりをつけると言うが、誰に向けてこ
の発言をしているのか。
国民は、この不景気に消費税増税は望んでいない。
消費税増税という言葉が出るだけで、身がすくむ。

もっとも、行財政改革とセットで、霞が関や議員改革に大ナタを入
れ鼻血も出ないくらいに絞りに絞ると言う事で、増税分を社会保障
に回すという事なら、まだ話もわかるが、取りやすいところから取る
官僚的発想には、まったくついていけない。

国民に増税をお願いする時には、まず身内から切り込むべきだろ
う。
自分たちは、何の改革もなしにお金が足りないからと、“捨て石に
なる覚悟”
で実施すると言われたら、反発しか湧いてこない。
この野田首相は、一貫して官僚の方にしか目が向いていないの

消費税法案が通った時に、”解散して信を問う”などと寝とぼけた
事を言っているが、本来なら、消費税増税を選挙の争点にして戦
うべきなのではないか。
法案を通す前に、信を問うべきだ。
自民党政治と同じく、勝手に首相をころころ変えて、その首相が民
主党の公約とは違う方向へ行き、勝手に消費税増税と公言する。
民主党を選択した有権者に対して失礼ではないか。

消費税上げなら上げで、それが選挙に直結する大問題だと思うが。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2011.12.04

国内外で使い分ける原発政策、これで良いのか

福島第一原発は未だに冷温停止になっていない。
(16日には、冷温停止と発表するそうだが本当か?)

これだけ世界的な大事故に発展しているにもかかわらず、日本
政府は原発輸出にこだわる。
ヨルダンやベトナム、ロシア、韓国が対象だが、野田政権の特徴
は二枚舌だ。
消費税は、国内での議論をないがしろにして、さっそく国外で公約
をしてくるし、TPPにしても、国内向けには”交渉参加表明でなく、
事前協議の表明”
と、慎重派に対して姑息としか言いようがない
目くらましをして、国外ではちゃっかり、オバマに交渉参加を約束し
ている。

菅前首相は、わかりやすい生活破壊者だったが、野田首相は巧
妙な生活破壊者だ。
菅前総理も野田首相も、財務相を経験をしている。
財務省に出入りするようになると、官僚にとことん洗脳されるのだ
ろうか。
温厚そうな、実直そうな物腰の裏には、恐ろしい二枚舌が隠され
ていた。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

原発にしても、国内では経団連を除いて国民にはなかなか原発
に対して反発が大きいが、海外には”福島の教訓や知見を国際
社会で共有することが日本の責務”
とか“事故後も日本の原発を
求めてくる国があるなら最高水準の技術で協力したい"
と売り込
む姿勢だ。

福島原発を廃炉にするにしても、これから気の遠くなる年月がか
かると言うのに、そして、まだ冷温停止をしてもいないのに、“最
高水準の技術"
と言われても、ものすごく抵抗を感じる。
本当に、“最高水準の技術"があったなら、ここまで事故の被害が
大きくならなかっただろうに。。。。

ヨルダンは日本と同じく地震国だそうだ、
原発に不可欠な冷却水の確保が難しい内陸部の乾燥地帯が原
発建設予定地だと言うのに、専門家を派遣して調査すらしていな
かったと言うから、なんとこころもとない事か。
事故が起きた時に、責任の所在も明確になっていないと言うから、
軽々しく、原発輸出を公言しても良いものなんだろうか。
日本経済の再生に輸出拡大は、有効だとは思うが、いくらなんで
もそれを原発輸出に頼るのはいかがなものか。
国内で駄目な物を、国外に売りつける乱暴な商売の仕方。
なんだか、恥も外聞もくなってしまった日本国に映る

温厚そうな顔をして、やることはえげつないではないか。
それもこれも、二枚舌首相の、真骨頂という事か。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.12.03

一川防衛相訪沖でも、怒りは取れない言い訳無用の発言

一川氏については、就任当時から色々と取りざたされていたが、
先日の国会での答弁は、すごすぎ、ひどすぎだった。

自民党のひげの佐藤議員が、1日の参院東日本大震災復興特
別委員会で、1995年に沖縄県で起きた女児暴行事件について
”中身を知っているか”と、一川防衛相に質問をしたところ、”正確
な中身を詳細には知らない"
と。答えた。

その場面を見ていて、“え?こんなことも知らないで良く防衛相に
なったなあ…絶対突っ込まれるよ"
と思っていたら、案の定、大問
題になっている。
これは、揚げ足取りとか、言葉狩り以前の問題で、普通、防衛相
を引き受けた時点で、この沖縄を揺るがす大問題は詳細に把握し
ておかなければいけない。
一般人でも、少し沖縄問題をかじっただけでも、95年の少女暴行
事件は基地問題の象徴となり得るような大問題だとわかる。
それが、人々の暮らしや生活に光を当てるべき議員が、この沖縄
の大問題を少しも認識していないとは。。。。。
こんな議員が高い歳費をもらい、先生、先生と、有権者におだてあ
げられ威張って活動しているかと思うと、心底情けなくなる。
大臣として以前に、議員として、人間として、どんな神経をしてい
るのだろう。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

この、一川氏、沖縄に謝罪に行ったが、想像通り、仲井真知事に
けんもほろろの対応を受けた。

一川防衛相訪沖 省内からも資質疑問視
               産経新聞 12月3日(土)7時55分配信

>わずか10分足らずの仲井真弘多知事との会談のために沖縄
県を訪問した一川保夫防衛相。県庁では抗議のデモに迎えられ、
仲井真氏には会談を途中でつれなく打ち切られる「おわび行脚」
だった。

一度口にしたものは、あとでどう取り繕っても元には戻らない。
特に、言葉を操る政治家が、国会の場であの無神経発言は、どう
見ても、言葉狩りだとか、揚げ足取りとかで済む問題ではない。
それでなくても、その前段で田中局長の、犯す発言があったばか
りだ。
沖縄の人々の神経はピリピリしているし、政府は沖縄の事をこの
程度にしか見ていないのかとの不信感が充満している。
仲井真知事でなくても、怒りを覚えるのは当然だ。

一川防衛相も、本当に大馬鹿としか言いようがないが、それを任
命した、野田首相も任命責任が問われるのではないだろうか。
自民党も変な議員ばかりだったが、民主党も変な議員ばかりだ。
この国の民度が政治家の程度だと言われてしまえば、それまで
だが、なんとかして無数にいるバカ議員を淘汰出来ないものだろ
うか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.12.02

消費税、13年10月以降に7~8%、15年4月または10月に10%

民主党が政権を取り、鳩山前総理は”4年の間に消費税を上げる
議論をする必要はない”
と折に触れて説明していたが、菅総理に
なると、突然増税路線に踏み込む。
菅総理は、財務相当時、逆立ちしても鼻血も出ないほど削減をし
てからあとのことだと、消費税について語っていたが、参議院選
挙前に、唐突に消費税増税を持ち出して以降、民主党は変節を
してしまった。
菅氏が首相になり、野田氏が首相になり、一貫して消費税増税
路線を突っ走る事になる。
国民に理解を求めることなく、海外で国際公約してくるし、財務省
の振り付け通り、着々と消費税増税があるき出している。

政府は、消費税を、13年10月以降に7~8%、15年4月または
10月に10%に上げる
方向で調整しているそうな。。。。

消費税率10%までは低所得者対策不要…戦略相
              読売新聞 12月2日(金)11時8分配信

はあ?知らないうちに、再来年には消費税が7~8パーセントにな
ってしまうのか。

公務員改革はやる気が全くなしで、霞が関の既得権益に切り込む
lことなく、お金が足りないから、財政破たんするからと、消費税上
げと取りやすいところから取る。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


それでなくても景気が冷え込んでいる昨今で、国民の納得のいか
無いまま消費税上げとなると、これまで以上に財布のひもが固くな
り、ますます景気が悪化するのではないだろうか。
小売り業者や、製造業者も、消費税として徴収してはいても、それ
を国庫に納入していない現実もある。
消費税上げも、矛盾を是正してからだ。

古川戦略相は、消費税率10%までは低所得者対策不要だとして
いる。
民主党は、消費税増税とともに、低所得者にお金の支給や減税を
検討しているようなことが報道されていたが、お金の支給や減税と
なると余計な事務手続きが必要になる。
私は、それよりも、食料品や、生きる上で必要な物は、非課税か、
税率を下げるかすれば、低所得者に対しての配慮になると思うが。

行財政改革をとことんやり、消費税上げもやむなしとなったときは
一律10パーセントではなく、品目に応じては高い、低いがあって
当然だと思うがどうだろう。
一律10パーセントは、いかにも乱暴な決め方だと思うが。。。。

しかし、昨日の公務員宿舎の削減の説明にしても、民主党の議員
は、どの議員も財務省の振り付け通り語っていた。
一企業でも、企業の存続が厳しいとなれば、一番に人件費のカット
で、次、福利厚生面でバッサ、バッサと切り捨てられるのが常套だ。
所がこの国では、従事者の人件費もカットされず、福利厚生は相変
わらず温存されているのが現状だ。
本当に手ぬるい、生ぬるい。
親方日の丸とは、よく言ったものだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.12.01

”公務員宿舎、5年で25%削減”、なぜ全廃と言えない!

バナナのたたき売りではないんだから。。。。(笑)

公務員宿舎、5年で25%削減=朝霞住宅は計画撤回―財務
省検討会
    時事通信 12月1日(木)11時21分配信

>全国に約22万戸ある宿舎のうち、25.5%に当たる5万6000戸
程度を今後5年間で削減する計画をまとめ、発表した。従来計画
で「5年間で15%強」とした削減幅を約10%上積みした。東日本大
震災の復興増税で国民負担を求める中、「公務員厚遇」への批
判に配慮した。

そもそも。”財務省の「国家公務員宿舎の削減のあり方について
の検討会」"
なる組織が、財務省管轄だから公務員に都合のよい
ような、会議をしているのではないか。

少し前までは、”5年間で15パーセント削減"としていて、削減と
決定していた朝霞宿舎も、知らぬうちに着工に及んでいた。
”5年間でたったの15パーセント削減"を、世論の反発が大きい
からと、仕方なく、”5年間で25%削減”、バナナのたたき売り状
態になってきた。

五十嵐財務省副大臣が、最近、盛んにメディアに出てきて、”日本
は早晩、ギリシャのように財政破たんをするから消費税上げは致し
方無い”
と、財務省の宣伝をしているが、この議員は財務省の傀
儡か?

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

財務省省に出入りするようになるとどの議員も、財務省よりの発
言をするようになる。
野田首相しかり、安住財務相しかり、五十嵐財務省副大臣しかり。

国、政府、官僚に、それほどの危機感があるなら、我が身を削る
事が先決ではないか。
議員宿舎や、議員歳費、議員定数削減、国なら公務員給与削減
宿舎全廃と、身内を綺麗にしてから言えと言いたい。
公務員宿舎も、財務省の発表した数字が国民寄りになったとは
言え、5年間でたったの25パーセント削減で言えば、あとの75
パーセントは建設をするという事だ。
これだけお金が足りない、お金が足りないと念仏のように唱える
なら、公務員宿舎は全廃で当然ではないか。
給与が、民間と比べて極端に低いわけでもないのに。
むしろ、官高民低が拡大しているの今日この頃だ。

本当に緊急の為に宿舎が必要なら建設しなくても、民間アパート
を借り上げれば済む話で、日本は緊急の事態になっていると言い
ながら、未だに、税金で飯を食っている方は優遇されている。

今日のお昼の番組で、民間で借りれば月額1000万円もの家賃
がかかるような豪邸に、たったの13万円だかの家賃で検事総長
が住んで居ると放送されていたが、高級官僚達の意識は傲慢す
ぎる。

安住財務相は、おだてていれば調子に乗る人物らしいから、財務
省に取って操りやすいことこの上ないだろう。
今日も嬉々として会見をしていた。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


| | | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »