« 浅田真央 | トップページ | 内閣不支持率51・6%、自民支持率も低迷 »

2011/12/11

”低炭素まちづくり促進法案”が聞いて呆れる国交省の戯言

国土交通省が次期通常国会に”低炭素まちづくり促進法案”を提
出する方針を決めたそうだ。
政治家が法案を策定するかと思っていたが違っていたか?

>国土交通省は10日、二酸化炭素排出量の少ない低炭素・循
環型社会づくりを進めるため、次期通常国会に低炭素まちづくり
促進法案を提出する方針を決めた。公共・商業施設や住宅を市
街地に集約し、車を使わず歩いて暮らせるまちづくりを進める事
業を推進するほか、省エネ性能が高い住宅に対する税制優遇措
置を新たに実施する。

理想は、国交省の提案通りだが、本当にこんな街づくりが出来る
と思っているのだろうか。
東日本が大震災によって壊滅的になった町も多数ある。
その街を今後、、国交省の理想通り、”公共・商業施設や住宅を
市街地に集約し、車を使わず歩いて暮らせるまちづくり"
にすると
言うなら、どうぞやってください、賛成しますと言うより仕方がない
が、今、住んでいる町をこの理想に近づけるようなことが、出来る
のは、何十年もかかると思うが。。。。。

しかも、”車を使わず歩いて暮らせる街づくり"というのは、簡単な
ようでたやすいことではない。
地方へ行けばほとんどが車に頼らざるを得ないくらい、地区が細
かく点在しているが、その現実を知っていての話なんだろうか。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


>歩いて暮らせるまちづくりでは、病院、市役所といった公共施
設や店舗、住宅を中心部に集めた「コンパクトシティー」の形成を
促す。
>集約化によって各施設を歩いて利用できるようになれば、車を
運転できない高齢者らの利便性は高まる。

理想も理想で、現実とはまったく折り合わない。
各施設を歩いて、利用できれば、高齢者ではなくても、誰だって
利用したいと思うが、すでにどこの市町村も、不便、便利かかわ
りなく、町並みは出来上がっている。
それを壊して、新しい街並みを作ると言う事は、大きな代替地も
必要になるがその手当はどうするのだろう。
そして国交省の思惑として、”歩いて暮らせるまちづくりを低炭素
社会”
にまつわる例えば、○○財団法人とか、○○振興会とか
の天下り団体を増やす事に繋がらなければよいが。。。。。

各省庁が、何かを言い出せば必ず、そこに利権が生まれる。
もう、今までで充分、いろんな天下り団体が増えに増え、財政破
たん状態と言われながらも、その団体までおんぶにだっこで、存
続し続けているのが現状だ。
もう、いい加減この税金に群がる構造をなんとかしないと、いくら
増税をしても焼け石に水だ。
名古屋市の川村市長ならずとも、税金で飯を食っている方が楽
をしている社会をなんとかする必要があると思うがどうだろう。

そして、”低炭素まちづくり促進法案”よりも、優先順位度から言
えば、”公務員給与2割カット"の方が、よほど高いと思うが。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 浅田真央 | トップページ | 内閣不支持率51・6%、自民支持率も低迷 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
無理な話ですね。高齢化社会になって、歩くことが大変なこと。すると公共交通機関が無料で最寄りの場所まで運んでくれないと、年金は減額される、消費税はアップでは踏んだり蹴ったり。
 理想と言うよりも途轍もなく実現できない戯言。
バカな国交相ですね。財政赤字なのに何を考えているのやら。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2011/12/11 20:06

官僚らしい絵に描いた餅、自分達の都合の良いように作文することだけは上手い方々の発想ですねぇ。
国内には多種多様の業種の方がいます。
例えば、商業人だけならば良いでしょうが、野菜農家や果物農家、漁業の方などをこの考えに当てはめるとどうなるのでしょう。
また、その為には土地を買い上げるなど様々な面でハードルと、何よりも資金が必要になります。
この案は、市中心部に住む人は優遇され、市街地から遠い所に住む人(漁業などの方)は不遇されるでしょう。
この程度の事しか考える事の出来ない連中が、税金にて報酬を得ているのかと思うと馬鹿らしくなります。
加えて、仰るように新たな天下り団体が出来る以外の何物でも有りません。
○○推進協会等々。
公務員の給与を3割カットし、それを財源にして電気自動車による公共施設のみを回る巡回バス等を作った方が余程良いように思います。

投稿: サクラ日記 | 2011/12/11 21:20

★ーーこんばんは、くまさん

国交省の提言は、ものすごく理想的です。
ですが、こんな理想論が通用するでしょうか。
これからの年金をもらう世代は、とても大変だと思いますが、今、もらっている年代は、特に夫婦で公務員だった世代は、ものすごい恩恵を受けていますが、これから年金をもらう世代は大変です。
国交省の提言が、実現できる地方は皆無と言ってもよいかも知れません。
だとしたらいくら法案を出そうとも、絵に描いた餅です。
赤字財政を解消してから言えと言うものです。
まずは公務員改革ですね。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

ホント、官僚らしい理想論ですよね。
自分たちに都合のよい作文は作りますが、実際にそんな町が出来るでしょうか。
色んな思考、いろんな職業の人たちが混在しているのですから、たとえば、何もない土地で一から作り上げるなら、それもできるでしょ9うが、出来上がった地域で、こんな理想論が通用するでしょうか。
おっしゃるように、資金はどうするのでしょうか。
それも法案で提出するのですと!
法案で提出するなら、優先順位で考えたらもう少し有意義な提出が出来るでしょうに。

やはり、郊外の人はどうするのでしょう。
市街地の人なら、まだ考えもできますが。
本当に地域の実情が分かっているとは思えません。
庶民の暮らしなど分かっているのでしょうか。
一度プロジェクトが出来ると、また利権構造が生まれますよ。
もう、天下り団体は結構です。
まずは、公務員給与カットが先決ですよね。
それさえもやれず、何を理想論ばかり語っているのでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2011/12/11 21:27

まるこ姫さん  こんばんは
低酸素社会って車を使わなくて良い社会作りですか。その考え2、30年遅いと思うんですけど。簡単な話、歩いて買い物に行ける商店街を崩したのは何故でしょう。車社会を推進してきて、国民が載ったからでしょう。挙句の果てはイオンが全国を席巻していませんか。これは米国による、大店法の見直しが国民の生活様式を高酸素社会に変えてしまったのではないでしょうか。時々、子供の時母親と歩いた商店街が、今、何故、シャッター街にならざるを得なかったのか考えざるを得ません。商店街を歩くのが好きなんですね。昔を思い出しますから。週に1回くらい商店街を歩きながら、何故こうならなければならなかったのか、疑問に思いながら、商店街を歩いています。

投稿: ヤス | 2011/12/11 21:37

★ーーこんばんは、ヤスさん

ヤスさん、いつももっともだと思って頷いていますが、今回は,うんうんと(笑)頷いています。

>歩いて買い物に行ける商店街を崩したのは何故でしょう。

本当ですよ。
日本社会の象徴である、商店街が、アメリカの圧力で大店法を改正した時から、このような運命になることは分り切っていたことです。
今や、どの地方都市も、例外なくシャッター通りと化してしまいました。
低酸素社会を崩したのは、官僚であり、アメリカの圧力です。
先日も、名古屋の昔ながらの商店街を歩いてきましたが、、人通りは絶えてありませんでした。
大きなイオンとかではなく、小さな商店街も歩けば楽しいのですが、歩いている人よりもお店の人の方が多い状態です。
日本の未来を象徴しているような、心寂しい感じがして、暗澹たる思いがしたのも事実です。
今更、何を優秀な人が言っているのでしょうか。
この国の方向性を変えたのはこの国の官僚でしょ?

投稿: まるこ姫 | 2011/12/11 22:19

まるこ姫さま、こんばんは。

低酸素社会は高齢化社会や過疎地域では官僚の画図面では成しえません。
大都市一極集中を打破し、マスコミの核家族推進・男女平等社会推進を無くさなければならないと思います。
列島改造と大家族化推進がカンフル剤です。
デフレ社会はピンチのようで実はチャンスでもあり
地方に人口を戻せば地域経済が活性化し求人が増えます。
大家族の良さを認識させれば数世代同居家族が増え、介護や育児を家族で賄えます。
当然、収入が少なくなっても生活が出来るようになるし、地域に根付く生活は近所付き合いを促進し治安維持にも貢献します。
また誤った男女同権の考えは女性の幸せの基準を変えたため少子化に手を貸してきました。
欧米でも過疎地は大都市圏に比べ少子化は有りません。
大都市一極集中の政策、マスコミと政治による男女平等・核家族推進キャンペーンこれが諸悪の根源です。
男女平等は考え方で大きく違ってくる価値観でマスコミや政治家など言う物はゼロサムの考え方で人は惑わされていると思います。
田舎のお爺さんお婆さんの考え方は世界のどこの田舎でも変わりなく皆幸せだと思います。
都会で無いと無い仕事が有って都市生活を求めなければ良いのに皆都会に来すぎています。
今のIT全盛期に都会でしかない仕事はほんの一握りなのですから意識を変えないと低酸素社会は絵空事でしかないと思います。
このように実は今問題になっていることが解消できる可能性はこんな事で成しえるかもしれません。
特に社会福祉費は間違いなく減らせます。
介護関連ではまた別の方策があります。
ヒントはキューバ式のHIV患者に対する政策を一歩進めたものですが、論文ではないのでここまでに致します。
長文にて失礼しました。

投稿: あらいぐま | 2011/12/11 22:32

★ーーこんばんは、あらいぐまさん

過疎の地域では、もっとも低炭素社会にはなりえませんね。
おっしゃるように、今のような大都市一極集中型社会では、どうしようもありません。

>列島改造と大家族化推進がカンフル剤です。

私は今らさ、大家族化にはなりえないと思っています。
だって、個々の生活を大事にしたい、人に干渉されたくない、自由でいたい人が多くを占める今の社会から、それに逆行するような大家族はあり得ないでしょう?
地方に人口を戻す=地域の雇用が、しっかりしなければ戻れる筈もありませんし。
あらいぐまさんのおっしゃる意味もわかりますが、もう出来上がっている社会を、元に戻すことはなかなか出来ませんよ。
田舎に生きて干渉される生活が嫌だとか、雇用がないとかで都会に出ていくわけですから、そこで生活の基盤が出来上がっている人たちが、何も刺激のない田舎に帰ると言うのは大変な勇気と覚悟がいると思いますよ。
国交省の考えている事は理想以外の何ものでもありません。
色んな利点だらけですが、実際問題、日本中にそんな街並みが出来るわけもない法案を提出する意味がどこにあるのでしょうか。
とにかく、成熟した社会の末路は衰退しかないと思いますよ。

投稿: まるこ姫 | 2011/12/12 17:23

皆様へ
ここをおおずれる方は公務員(特に官僚)にたいして批判以外の意見を持たない方が多いのは承知ですが、この件についてはいい方向だと思うのです。
実際、青森市ではこの取り組みを始めています。市中心部のマンションに高齢者が集まってきているそうです。市も後押ししているようです。高齢者は便利な中心へ移住してもらい、そのあいた土地に車が運転でき、広い土地を求める若い世代を住まわせる取り組みだそうです。

中心市街地が空洞化したこと=官僚の責任にしているような論調ですが、それはどうでしょうか。わが町でも同じようなことが起きていますが、地域を盛り上げようとする若い世代がそういった視点が欠けていたことも原因だと思います。車で買い物に行ける大型スーパーが便利だからといって、団地内のスーパーを利用しなくなったのは公務員の責任でしょうか?大店法だけの責任でしょうか?利用する人たちの責任はないのでしょうか?私はあると思います。
事実、自治体は中心市街地活性化に費用をかけていますが、もうこの流れは止められないのが現状。推し進めたのは政治家でもあります(おそらく、アメリカとの国防関係とのからみ?)。
何でもかんでも、官僚、公務員せいにすれば日頃のうっぷんがはれるのでしょうけど・・・。

このコンパクトシティー構想は超高齢社会における政策では重要な政策だと思います。このまま放っておいたら、地方の大都市だって危険な状況になるのは目に見えています。安心できるのは利便性を求めて流入人口増が望める東京、川崎、横浜、名古屋、大阪、福岡といった大都市中の大都市でだけでしょう。私の県では空港関連企業による若い世代を中心とした入れ替わり(転勤)が多く、財政力のある成田くらいだと思います。千葉市、船橋市も危ないでしょう。

投稿: 千葉県内の地方公務員 | 2011/12/17 09:14

★ーーこんにちは、千葉県内の地方公務員さん

>批判以外の意見を持たない方が多いのは承知ですが、

私たちは一般国民です。
批判は当然ですし、有識者ではないのですから、批判以外の意見をここで書けば、コメントが長くなりすぎますし、その場ではないですよ。
私の記事に対して、賛同することがコメントされているのですから、批判は当然だと思いますよ。

もちろん、低酸素社会はとてもよい取り組みだとは思います。
財政が豊かであれば、官僚の提言のようなこともどんどんやるべきだと思います。
今まであった街並みの枠組みを取り外すわけですから、人々の意識の抵抗も相当あると思いますよ。

>高齢者は便利な中心へ移住してもらい、そのあいた土地に車が運転でき、広い土地を求める若い世代を住まわせる取り組みだそうです

住んでいない家でも、いろんな権利が複雑に絡み合っている事も聞きました。
家一軒壊すことも容易ではないのに、言うは簡単、実行は難しいのではないですか?

>中心市街地が空洞化したこと=官僚の責任にしているような論調ですが

法律一つで、人の流れ、車の流れが出来てしまうのはご存知でしょう?
大店法で、郊外に大きくて綺麗な店舗が展開されれば、商店街のちまちまして、品ぞろえが悪いお店に行かなくなるのは、人間の心理ではありませんか?
若い世代云々ではなく、アメリカからの法律を推し進めた政治家、官僚が、描いたこの国のあり方が今、これで良かったのか?と問われているのだと思いますよ。
やはり、この国の進むべき方向を決定するのは官僚であり、政治家であるわけですから、今の日本の現状を見れば、誰のせいか分かるではありませんか。
うっぷん晴らしと言われますが、多少はあるにしても誰も責任を取ってこなかったこの国の体質が批判されて当然だと思います。

>このコンパクトシティー構想は超高齢社会における政策では重要な政策だと思います。

超高齢化社会は、すでに分かっていたことですからもっと前にやっておく課題でした。
これだけ社会が疲弊してから、付け焼刃でやっても効果がすぐに出るとも思えませんし、その成果が出るのは何十年も先の話です。
もう、充分危険な状態です。
今まで放っておいて、今更と思いますけどね。

投稿: まるこ姫 | 2011/12/17 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/53457117

この記事へのトラックバック一覧です: ”低炭素まちづくり促進法案”が聞いて呆れる国交省の戯言:

« 浅田真央 | トップページ | 内閣不支持率51・6%、自民支持率も低迷 »