« 鳩山氏、”辺野古以外探す努力を” | トップページ | 消費税増税は”財務省悪玉論”の何物でもない »

2011/12/07

府市統合本部顧問に民主党から追われた古賀氏を起用

大阪市長になった橋下氏は、府、市の改革に民主党から追われ
た、元経産官僚の古賀氏を起用すると言う。

元経産省・古賀氏ら起用=府市統合本部顧問に―大阪
              時事通信 12月7日(水)11時19分配信

>大阪府の松井一郎知事と、19日付で大阪市長に就任する橋下
徹前府知事は7日までに、府と市の二重行政解消に向けた調整
機関として27日に発足させる新たな組織「府市統合本部」の顧問
に、いずれも元経済産業省官僚の古賀茂明氏と原英史氏、慶応
大教授の上山信一氏を起用する方針を固めた。

民主党は、行財政改革を旗にして政権交代をなし得た党だが、政
権を取ったら、何のことは無い、少しも改革などする気は無いと言
うか、官僚の抵抗にあった途端、すぐに白旗を揚げた党だと言う認
識しかない。
そう言えば、”総予算の組替"と言うのも公約の一つであったが、
どうしてやらないのだろう。
どれだけ増税をしても、今までのシステム通りだと赤字体質は全
く変わらないばかりか、少子高齢化社会が続く限り、赤字は増え
続ける
素人が考えてもわかる事を、行財政改革を公約にして絶対に嘘
はつかないと言ってきた党が、嘘をつきまくっている。
元経済産業省官僚の古賀氏は、霞が関にいた経験から思いきっ
た改革を提言して、国民的にはこんな人が、民主党に良い知恵を
授ければ、きっと行財政改革はかなうと思って来たが、なぜか民
主党は古賀氏を毛嫌いしてきた。
どの首相も、どの大臣も古賀氏を窓際に置いていた。
古賀氏に対する海江田氏の発言、言動は、異様に映るほどイン
パクトがあった。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。


古賀氏はTPP推進論者だから危険だと言う声もあるが、それでも
霞が関改革に向けて貴重な人材であることは確かだ。
行財政改革と、TPPとは切り離して語る必要があるのではないだ
ろうか。
私たち国民から見ても、古賀氏の意見は、いちいちう頷ける、なる
ほどと思うような事ばかりだ。
こういう人を活用してこその、公約が実行できるのではないか。
民主党が本当に死に物狂いで改革をする気があるのなら、古賀
氏を疎む理由が分らない。

このたび、大阪府、市は、古賀氏を、府市統合本部の顧問に抜擢
するそうだが、これで本当に改革をする気があるのかどうか、本気
度が分かると言うものだ。

橋下氏は、発言から弱者に対する視点が希薄な感じを受けるし、
自分の意見に反対するものは去ってくれというような、有無を言わ
さぬ発言は、私はあまり好きではないが、それでも、府市職員の
意識改革には、欠かせぬ人ではないかとも思う。

私事ではあるが、今、“県庁おもてなし課"という小説を読んでいる
が、いみじくも県庁の体質をあますところなく表している。
やはり、民間とは意識が隔絶している。とにかくぬるいと言うしか
言いようがないほど自分に甘いのだ。
そんな人たちの意識を変え、府、市内を変えるのは大変なことだ。

民主党は、霞が関改革をする気がなさそうだが、大阪から変革す
る事を望むしかない。
それには古賀氏は適任だと思う。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 鳩山氏、”辺野古以外探す努力を” | トップページ | 消費税増税は”財務省悪玉論”の何物でもない »

コメント

橋下氏には賛否両論あると思いますが、改革を有言実行しようとする姿勢は評価すべきと思います。
この古賀氏もTPP賛成派ではありますが、確実に今の霞が関等の既得権益組織を壊そうとしている人物と思います。
やはり、こういう方を登用する当たりなど、橋下氏の決意というか覚悟は立派と思います。
現政府与党に、これだけの信念と覚悟が、蟻の足先位でも有れば国民も少しは救われると思うのですが、完璧に官僚の操り人形ですので、何ともはやです。

投稿: サクラ日記 | 2011/12/07 18:32

まるこ姫さん  こんばんは
橋下は心から信頼しているわけではありませんが、今の所、メスを入れなければいけないところに的確にメスを入れているように思います。国政と比較はどうかと思いますが、野田の消費増税の捨石になるとの比較はできないが、叩いても響かない太鼓を叩いている野田の滑稽さが際立ちます。民主から追われた古賀氏を起用して本格的に改革に取り組む姿勢には見守っていたいし、是非ともやり遂げて欲しいですね。野田は国家公務員給与7、8%給与引き下げも人事院勧告もやらずじまいで、政権の責任を果たしていると思っているのでしょうか。誰かやるやる詐欺と言っていましたが、まさしく、野田政権は沖縄マルチ商法やるやる詐欺集団でしょう。

投稿: ヤス | 2011/12/07 19:39

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

おっしゃるように、橋下さんに対しての評価は極端ですよね。
橋下氏の手法には必ずしも賛成できない面もありますが、今回の本気でやる改革は、見守る価値大だと思います。
古賀さんも、TPP賛成だと聞いて、少し引き気味ですが、そ本気で霞が関改革を唱えているところは、称賛されてしかるべきだと思います。
民主党とは本気度が違いますものね。
民主党に毛嫌いされた、古賀さんを登用するあたり、本当に改革をする気でしょう。
おっしゃるように、民主党に信念や覚悟があったらもう少し展開は違って来たと思いますし、私達も政権交代して良かったと思えましたね。
それにしても、野田政権のあまりに官僚寄りの発言には、脱力感で一杯です。


★ーーこんばんは、ヤスさん

私も、橋下さん自体が、そんなに信頼に足る人かと言われれば、???との感じが大ですが、それでも既得権益に切り込む姿勢は評価したいと思います。
国政と違うと言われればそれまでですが、国民のためにどんなに強い抵抗にあおうとも、死に物狂いの姿勢があれば、必ず伝わるものがあるはずです。
民主党には、心に響くものがありません。
大阪が範を示していただきたいですね。

>野田は国家公務員給与7、8%給与引き下げも人事院勧告もやらずじまいで、

本当ですよ!
結局は、7.8%も、人事院勧告も何もやらずじまいでした。
先送りにしてしまいましたね。
情けないったら、ありません。
おっしゃるように、民主党は詐欺師集団です。
やれないなら、やれないと国民に説明すべきです。
なし崩しに、政権に居座るつもりでしょうが、本当に国民をバカにしています。

投稿: まるこ姫 | 2011/12/07 20:11

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

橋下氏は、消費者金融の顧問弁護士で、絶対に知事に立候補しないと嘘を付いた人です。
根本において、信頼の置けない人だと思います。
やっていることが正しくても、注視する必要があると思います。

行政の無駄を省くことは、大きな政府、小さな政府、どちらでも必要な絶対条件です。
TPP参加に賛成の古賀氏は増税反対のみんなの党と考えがほぼ同じです。
と言うことは、古賀氏は新自由主義者かもしれません。
副市長には、前横浜市長の中田氏を考えているようです。
橋下のワンマン政党、大阪維新の会は自民党出身者ばかりです。
弱者の味方とは、違うような気がします。

国民が小泉元首相の改革というワンフレーズに盲信したように、府民も変わることを盲信しています。
行政の無駄を無くすからと言って、橋下氏の政治を手放しで歓迎せず、新自由主義かどうか、見極めなければならないと思います。

政権交代初の民主党鳩山政権は、橋下氏のように、もっとやる気を見せ、反対幹部職員を総取っ替えすることをしていれば、今のようなじり貧にはならなかったでしょうに。
事業仕分けのような外の枝葉ではなく、物事を決定するラインの主要人事に手をつけるべきでした。
民主党幹部は鳩山元首相に協力もせず、情けないことに民主党議員が大臣病・与党病に罹ってしまいました。

投稿: 愛てんぐ | 2011/12/07 22:31

古賀氏を顧問に据えた橋下市長の判断は評価するべきでしょうね。
もともと古賀氏を府知事の候補にしたい思惑もありましたから高く買っているのでしょう。
古賀氏のTPPに対するスタンスはあまり関係ないと思います。
大阪の改革は至難の作業ですからTPPどころじゃありませんから(笑)
いずれにせよ大阪の改革(実験)の成否が日本の将来を左右することは間違いないと断言出来るのではないでしょうか?

投稿: 風林火山 | 2011/12/08 12:06

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

橋下さんの今までの発言があまりに過激すぎたり、自分の意見に異を唱える人を排除するやり方だったりは、今でもなじめませんし、本当にそれで良いのだろうかとは思います。
が、今回は市職員の意識を変えたり、給与体系を変えたりと、根本の部分で、今まで手がつかなかった部分の改革をやるといういことですから、これは期待したいです。
いくら嘘ツキだとしても、これだけ公言しているわけですから、嘘をつけば、次の選挙で落とされるだけだと思います。

古賀氏も新自由主義者だと言うのは分かりましたが、国会議員ではありませんから、あまり関係ないと思います。

>橋下のワンマン政党、大阪維新の会は自民党出身者ばかりです。
弱者の味方とは、違うような気がします。

中田氏が加われば、、大阪はどうなるのかですが、思考回路はとても似ていますね。
私も弱者への視点は、無くなると思います。
それでも、流されやすい国民性、大阪府民が選択したことですから、あとは大阪がどう変わるか、見守るだけだと思います。
小泉的手法が功を奏したのだと思いますが、やはり国民性ですかね。
そして、今の閉塞感を打破してくれるかもしれないと、期待したのかもしれません。
小泉さんの時代とは、比べ物にならないほどの閉塞感が充満しています。
戦略がうまかったですね。
手放しでは歓迎しませんが、官僚改革で一家言ある古賀氏が参謀になれば、市職員の意識は、相当変わると期待したいです。
なんと言っても、改革を前面に打ち出した民主党に追われた古賀さんですから、ここで活路を見出していただきたいです。

>反対幹部職員を総取っ替えすることをしていれば、

これも、総とっかえすれば独裁だとか言われてしまいます。
民主主義を忠実に実行するのは、本当に難しいです。
橋下さんのスタンスは、今でももろ手を挙げて賛成だとは言えませんが、それでも思い切った独裁者まがいの事をしない限り、このぬるま湯につかった行政を変えることは至難の業だと、最近思うようになりました。
民主主義の手続きを則って行くのが王道だと思いますが、この国の公僕たちの意識がぬるま湯に使り切って、それを変えようと思わない事を考えると、劇薬を投入するのも、一時的な手かと考えてしまいます。


★―ーこんばんは、風林火山さん

古賀さんは新自由主義者かもしれませんが、それでも官僚に対して、とても手厳しい面が多いです。
改革を旗がしらにした民主党が、改革を提言していた古賀さんを追い出したわけですから、ここは大阪でどれだけ実践できるか、とても楽しみな一つでもあります。
どの行政も、未だにぬるま湯体質です。
口ではなんとでもいいますが、やはり別世界の思考回路だと感じます。
改革は、本当に至難の業ではないでしょうか。
既得権益がガチガチに固まっていますから、それを切り崩すのにも、大変な労力と知恵が要ります。
おっしゃるように、大阪の改革が今後の日本を占う良い実験だと思いますよ。
橋下さんの弱者への視点のなさは気にかかりますが、市の改革は、”弱者”ではありませんからね。

投稿: まるこ姫 | 2011/12/08 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/53426586

この記事へのトラックバック一覧です: 府市統合本部顧問に民主党から追われた古賀氏を起用:

« 鳩山氏、”辺野古以外探す努力を” | トップページ | 消費税増税は”財務省悪玉論”の何物でもない »