« 公務員削減は若者のためでもある? | トップページ | ”公務員採用減"を”震災の痛み分かち合おう”にすり替える野田首相 »

2012/03/22

関電の非常識はケタ違いで、政府も再稼働ありきで

東電の傲慢はとどまるところを知らずと思っていたが、関西電力
の傲慢さも、開いた口がふさがらない状態だった。

20日に、大阪府市統合本部が関電大飯原発を視察した際、関
電との意見交換では、情報公開を求める市側に対して、関電側
が木で鼻をくくったような返答しかしなかった。
例えば、役員報酬はいくらか、パーティー券をどれだけ買ってい
るのか、天下りをどれだけ受け入れているのかの質問に対して
”個別の開示は差し控えたい"ばかりを連発して、真摯に答えよ
うとの姿勢は、何一つうかがえなかった。
もっとも答えたら、あまりの数字の大きさに大ひんしゅくを買うの
だろうけど。。。。。。

地域独占企業で、電力に対して選択肢が全くない現状でも、電
力こそ公共性は高い。
何か大きな事故があると、税金投入は嫌が追うも無く行われる
事を考え併せたら、情報開示は必至だろう。
そして、菅前総理は脱原発依存と大見えを切ったが、野田政権
になると一転して、原発再稼働ありきの動きをしている。

電力会社は、マスゴミを使って、原発廃止になるとこの夏、電力
需要が賄えないと常に煽りはするが、その詳細なデータ―は開
示しない。
すべてが電力会社の都合のよい論理だけが優先されて来て、事
故が起きる前までは、それが当然のごとく行われてきた。
少しずつ、裏事情があぶりだされてきても、まだ正当性を主張す
る傲慢さ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

この組織には、世の常識など通用しないようだ。

経団連と政府は、原発再稼働をしたくてしたくて仕方が無いらし
い。
再稼働の可否は当初、“ストレステストの一時評価を踏まえ地元
の同意を得た上で、首相、官房長官、経産相、原発担当相の協
議で最終的に判断する"
とされてきたが、評価作業が大詰めを迎
えようとすると、”地元同意の前に、4人の閣僚が判断をして、地
元同意、そのあとに閣僚4人が再判断をする"
と、ルールが変わ
って来た。
地元同意の前に、閣僚4人が判断すれば、地元もその流れに乗
る恐れがある。
がれきの処理だって、野田首相が、”国が要請する"と声明を発
表したとたん、各自治体の態度が変わってきたのだから、この原
発についても、国が再稼働は必要と発表すれば、どうしても同意
する方向へ行くのではないか。
やはり、再稼働に向けて、政府も、経団連も、電力会社も着々と
道筋をつけている。

しかし本来なら、確かな科学的根拠のもとに判断すべきものが、
政治判断にゆだねられると言うのは、どう考えてもおかしい。
政治家が原発に詳しいとはとても思えないのは、福島原発事故
でも検証されたことではないか。

そして、“地元の同意"というものの、一度事故が起きると、地元
や補助金関係なく、広範囲に放射能は降り注ぐ。
その迷惑さ、被害の甚大さを、この国の権力者たちはどう思って
いるのだろう。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 公務員削減は若者のためでもある? | トップページ | ”公務員採用減"を”震災の痛み分かち合おう”にすり替える野田首相 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
このくにの政治家は骨がないですね。
やることなすことその場しのぎ。この国の将来なんて考えてませんし、万が一の事故との時事なんて考えてません。
だから、原発再稼働が適当に出来るんです。
 こんなに始末におけない原発を再稼働するなんて信じられません。
 電力会社の傲慢さには呆れます。
国税庁の査察でも入れれば良い!
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/03/22 18:53

★ーーこんばんは、くまさん

気骨も無ければ、一貫性もありませんね。
その時、その時で発言が変わってきますし、中長期を見据えての政策なんでしょうかね。
自分達の代だけ、良ければ良いとし見えません。
福島を見ていればわかるはずなのに、安易に再稼働を考えています。
使用済み燃料棒の始末はどうするのでしょうか。
聞くところによるとあと5年くらいで満杯になるとも言われていますし。
原発に見切りをつけてもよいと思いますが、そんな考えは毛頭ないように感じます。
廃炉にするにも何十年もかかります。
経済界も、政治家も今が考えどころなんですけどね。

投稿: まるこ姫 | 2012/03/22 19:45

政治家、官僚、御用学者たちとタッグを組んで進めてきましたからねぇ~。
特に、東京や大阪といった大都市部を抱える電力会社は、この辺りとつるんでさえいれば十分な利益を確保して「こられた訳ですから、傲慢になっても当たり前とも言えます。
勿論、国民は不在ですが。
やはり、あの福島の事故をきっかけに、抜本的に見直す必要があると思いますが、当時官房長官だった方が、原発再稼働を率先しているのですから、処置のしようが有りません。
国民が出来る事は、現状の国会議員とは全く異なる人を選挙で選ぶしかないでしょう。
勿論、橋下市長と限った事ではありませんが。

投稿: サクラ日記 | 2012/03/22 20:23

まるこ姫さん、皆さん、おはようございます。

あれほどの大事故を起こし今も放射能の影響でたくさんの人が苦しんでいるのに、電力会社はお上的体質を改めようとはせず、東電に至っては原発事故の責任から少しでも逃れようとする始末、挙げ句の果てに、権利だと称し、情報を隠蔽し、原発の再稼働・料金の値上げに邁進し既得権を堅持しようとしている態度に、呆れ果てます。
あるのは、自分さえ良ければということだけで、消費者のこと、国民のことは念頭にありません。
世界一幸福のブータンでは、他者のことを考えるのが常ですが、日本では自分さえ良ければ良いが常です。
それぞれが豊かになれば全体が豊かになると言う戦後教育が正しくなかったのでしょうね。


そもそも、地域独占の電力会社は、独占禁止法違反ではないでしょうか。
価格は半ば独占的決めています。
チェックする国が、政官業の癒着で、監督できない、ほぼ電力業界の言いなりです。
競争のあるのが民間企業ですが、競争の無い電力会社は民間企業では無く、民間企業の皮を被った公社のようなものです。

戦前は電力業界は完全自由で、百花繚乱、その後、五大企業と中小の62企業に淘汰されましたが、戦時体制で、発送電は国有化され、日本発送電株式会社という半官半民の会社を作り、実態は国営企業が管理し、9配電会社が配電していました。
戦後、日本発送電は解体され、9配電会社に発送電が分割され、9電力会社の地域独占となりました。
日本発送電の役割を経産省が担い、中央集権構造が維持されているように思います。

公共取引委員会も機能しないし、原子力安全保安院も駄目、消費者庁はやっと出来たばかりで不十分、日本は消費者や市民という視点を反映する行政組織は無力です。
産業界の味方はするが、消費者の味方はしないというのが日本の行政です。
いつまで立っても、政官業癒着のお上政治が幅を気ませています。

投稿: 愛てんぐ | 2012/03/23 12:08

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

私たちは、漠然とは思ってきましたが、いろんな情報ツールのおかげで、政治家、官僚、御用学者が今まで、この国を好き放題してきたというのが、良く分かってきましたね。
やはり、大都市を抱える電力会社は、既得権益の塊でしょう?
本当にどの役員も傲慢な発想ですもの。
国民の安心や安全など知ったことではないのでしょうが、あの質疑応答には、本当に腹が立っています。
誠実にこたえようとする気持ちは何一つありません。
福島の教訓は、全世界に発信するべきものです。
根本的な物、この国は原発依存をするのか、脱原発に舵を切るのか、あらゆる選択肢を考える時だと思いますが、政府、野田さんが再稼働ではどうしようもありません。
私達は、今の既成政党の議員が何を発言しているのか、よく注視してみる必要がアrますね。
次の総選挙は、もう詐欺政党には投票しませんけどね。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

福島の教訓は、何も活かされていませんね。
どれだけの人が被災したか、がれき処理はどうなっているのか、家に戻れるのか戻れないのか、等々、何一つ解決していないのにもかかわらず、東電は今でも傲慢そのものです。
そして何かあれば、国費が投入されるのに、情報開示は拒む、値上げに言及する、ひどい企業です。
我々は、選択肢がありません。
最低限、発送電分離をすれば、少しは物事が進展するのでしょうが、地域独占ですものね。
未だに変える気などさらさらないのが、言葉の端々で良くわかります。
ブータンの幸福論、昨日放送していましたね。
文明国とは発想がまるで違います。
”お金で幸せは買えない”、良くわかります。
私も、高価な物を買っても、満たされたことがありませんから。

やはり電力会社は、独禁法違反だと思いますが、誰も追及しませんね。
公正取引委員会も、事なかれ主義なのだと思いますよ。
そもそも国が、政官業癒着の本元なんですから。
電力会社から献金を貰っていれば、企業の言いなり、言う通りなんでしょうね。
地域独占の電力会社は、民間とは言えないと思いますよ。
全く民間の発想はないし、殿様商売で、福利厚生まで電力料金に転嫁する企業がどこにあるのでしょうか。
やはり親方日の丸ですわね。

>戦前は電力業界は完全自由で、百花繚乱、その後、五大企業と中小の62企業に淘汰されましたが

全く知りませんでした。
今思うと、戦前の方がよほど自由、活発な経済だったんですね。
戦時中に国有化されてからの経緯、戦後の地域独占、すべて国が主体で進めてきたのですね。
長い年月ですから、そこには大きな既得権益が出来るでしょうし、もう手放すつもりもないのでしょう。
この国は、がんじがらめですね。
変わろうとしません。
原発にかかわらず、政官業の癒着はとどまるところを知りません。
今出てきているものは氷山の一角かもしれません。
官僚主導政治は、どうも不滅のようですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/03/23 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/54282096

この記事へのトラックバック一覧です: 関電の非常識はケタ違いで、政府も再稼働ありきで:

« 公務員削減は若者のためでもある? | トップページ | ”公務員採用減"を”震災の痛み分かち合おう”にすり替える野田首相 »