« 捜査報告書虚偽記載の田代検事不起訴って? | トップページ | 自民党全面審議拒否、野党の役割とは何なのか »

2012/04/20

二閣僚問責決議、元はと言えば野田首相の見る目のなさ

前田・田中両大臣に対して、参院本会議で問責決議を可決され
当の本人達は辞任について否定したが。。。。

>国交相は「この結果を真摯(しんし)に受け止めた上で、山積
する国土交通行政の課題がある。
野田佳彦首相からも、しっかりその責任を果たすようにという指示
がある。国交相としての責任を果たさせていただく
>防衛相も「全身全霊で職務に励んでいきたい。指摘を肝に銘じ
て、新たなスタートとして防衛相として責任を果たしていきたい」

今まで、自民党政権、民主党政権、数々の大臣がスキャンダル
や、不祥事で辞任して行ったが、この二人の発言もどこかで聞い
たような文言が踊る。
職責、責任を果たしたい。。。。。
なんとも都合の良い発言だ。

この前田国交相大臣も、ものすごく地味だが官僚出身者だけに
すべての政策で官僚としての物も見方をする人物だ、
政治家というよりも官僚が政治に天下りしたと言った方が良い位
国民目線は何もない。
民主党のキャッチフレーズであった、国民生活が一番はどうなっ
たのか、自民党より自民党らしい議員だ。

田中防衛相大臣も、国会での質疑を見ていると、これでこの国の
防衛を任せていても大丈夫かと思う位、野党に突っ込まれてしど
ろもどろで、おどおどと挙動不審な答弁をする。
これでは、ど素人私にも務まると思うほど、防衛にかけては無知
もいいところでで、こんな大臣ではもうすぐ日本は敵方に攻め込
まれるのではないかと思う程の、見たことも聞いたこともないポン
コツ状態だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

とうとう、参議院から問責決議を受けたが、最近民主党議員の質
が劣るのか、それとも野党の問責ごっこの度が過ぎるのか、問責
決議の重みと言えるものが無くなってきたような気がする。
とにかく、問責決議の連発では、またかと思うだけで、審議拒否も
少しも迫力が無い。
与党も碌な人材がいないし、野党も高い歳費をもらっていつも同じ
事の繰り返しは、何をやっているのだと言いたくなる。

しかし、これだけ問責決議を受けると言う事は、野田首相の議員
を見る目のなさに尽きると言う事かもしれない。
特に、田中氏の場合、国民の安全を守り切る立場の議員が、初
歩の初歩、防衛のイロハも官僚に聞かなければ答弁できないと
あっては、どうしようもない。
なんでこんな議員を任命するのか、そして引き受けるのか。
国民は民主党の内情などどうでもよい。

本当にこの国を任せられるかどうかで、議員を任命すれば、こん
なバカバカしい、税金食いつぶし状態は免れたものを。
適材適所とは名ばかりで、どこかの推薦だとか、なんとか枠で任
命するからこんな、政治停滞が続くのだ。
首相が、自分の目で見て感じて、この議員だったらこの大臣職を
任せられると思っての任命だったら、もう少しましな政治が展開す
るのではなかろうか。

日本の政治の貧困さには、驚き呆れかえる。
だから官僚に付け込まれるのだ。

与党も野党も、随分前から呆れかえられていると言う事を、肝に
銘じた方が良い。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 捜査報告書虚偽記載の田代検事不起訴って? | トップページ | 自民党全面審議拒否、野党の役割とは何なのか »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
無能な人間を無能と判断できず、しかも更迭が出来ないこのバカ首相。
 決断力が内人間はリーダーシップゼロです。
泣いて馬謖を斬る ほどの大臣ではないにしても、不適格者はバッサリと切るのがリーダーです。
 この人にはリーダーシップはありません。
 ある意味冷徹さがないとトップなんて到底出来ません。所詮仲良しばかりの民主党。
 こんな中途半端な政党ではなにもできませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/04/20 18:49

まるこ姫さま、こんばんは。

前田氏は法律違反をしたのだから論外、議員辞職勧告が妥当です。
しかし田中大臣はどうなんでしょう?
現実的には防衛省・自衛隊にとっての最高レベルの国防状態が保たれているように思えます。
現職元職のヲタク大臣・政務三役のような半チク野郎に御託並べられ介入されるより仕事がし易いと思いますよ。
国民としては不安なんですがね(藁)

でもこんな大臣より、私は国民の人命財産そして未来を奪った閣僚が何人もこの内閣にいることの方が問題だと思いますが・・・

投稿: あらいぐま | 2012/04/20 19:19

問責の連発が良いとは言いませんが、やはり今回は仕方無しでしょう。
お一人は完全に資質無し。
もう一人は公職選挙法違反の疑いですから。
自民党時代が良かった訳ではありませんが、自民党では、自分の信条などを過激に発言するケース等が多かったように記憶してますが、民主党になって、大臣になり有頂天になっていると受け取れる発言で有ったり、資質に問題が有ったりと、その質が低過ぎると感じてます。
それにしても野田政権になってはや4人目です。
加えて、防衛大臣は前大臣とほぼ似たような理由での問責です。
もうこれは、野田総理の任命責任は明らかでしょう。
やはり野田総理の眼中には国民は存在しません。
政権与党で居たいがために党内融和に固執し、政権維持の為に官僚や経済界にすり寄る。
そろそろ野田総理には退陣頂かないと、この国の行く末は真っ暗になると思います。
おっと、問責を受けた大臣は続投と言ってますが、変えようにも人材が居ないのでしょうねぇ恐らく。
仙石政調副会長の再入閣など有ったりしたら恐ろしい事ですねぇ~。

投稿: サクラ日記 | 2012/04/20 19:34

★ーーこんばんは、くまさん

そうなんですよね。
無能な人間を無能だと判断できないところが、そもそもリーダーとしての資質に問題ありで、更迭も出来ないもので、多分内閣改造をして、ごまかすのではありませんか・
見る目のなさは明らかで、どうしょうもない首相ですね。
バッサリ切ることが出来ないのは、自分が信念を持って選んだわけではなく、誰かの推薦だから切れないのではないでしょうか。
難問山積みで、野田さんには荷が重いと思いますよ。
何一つまともに、進んでいないではありませんか。
もう、無理ですね。


★ーーこんばんは、あらいぐまさん

前田氏は、どうも公職選挙法に触れるか、触れない際どい所でしょうね。
しかし、答弁を聞いていてもなんとお粗末な大臣かと感じます。
自民党の前の大臣のようになまじな知意識が無い方が、防衛相に取っては大臣を操りやすいことは確かですが、私たち国民から見ていると、国会での答弁のまずさは目にあまります。
やはり、国を代表する人なんですから、もう少しまともな議員がいないものかと思いますよ。
おっしゃるように、このヘボ大臣もそうですが、まだ原発事故でみすみす被曝させた議員もいるわけですから、その議員が今度は、業界や財界、官僚の後押しで再稼働に向けて着実に進んでいるわけです。
この国は、だれも責任を取らない恐ろしい国ですね。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

問責を出したくなるほど、大臣の質が低いとも言えますよね。
その程度の低い大臣を任命したのは、野田さんですから、その責任は大きいですよね。
自民党も、暴言や失言で色々と責められていましたね。
男尊女卑の大臣もいましたっけ。
自民党の場合、古い意識の議員が多いのではないですか?
民主党は、万年野党が急に与党になったわけで、いきなり大臣病にかかっちゃいましたね。
どの議員も程度が低すぎます。
しかも、大臣もたらい回しですから、どうしようもありません。
誰かの推薦や、○○枠なんかで任命するから大きなつけが回ってくるのですよ。
とにかく、もう次は無いのですから今のうちに政権与党のうまみに浸かって置きたいのでしょうが、国民だましもいいところですよね。
騙して政権を取ったわけですから。
続投と言っていますが、そのうちどうしようもなくなり、内閣改造とかなんとかになるのでは?と見ています。
更迭も罷免も出来ないのではないですか?
また、仙谷がゾンビのように復活するかもしれませんよ(笑)
とにかく人材がいないのですから。

投稿: まるこ姫 | 2012/04/20 20:07

まるこ姫さん、皆さん、おはようございます。

与野党捻れで問責決議案を連発するという問題点もありますが、火の元である本質的問題は、大臣としての資質に欠ける大臣が多すぎると言うことだと思います。
民主党政権で6人、野田政権で4人です。

田中防衛大臣は知識の無さから、狼狽えながら自信なさげに答弁する姿を見ると、頼りなさしか見えず、不適格です。
これでは主客逆転で、防衛官僚の言いなりです。

前田国交大臣の選挙前に建設業界への応援文書にサインするという公職選挙法違反行為は議員として失格です。
知らずにサインしたというのは通りません。
大臣の職を利用して、業界団体に協力を願い、選挙を有利にする、まるで自民党時代です。
前田大臣は元建設官僚で、八ッ場ダムの建設に賛成で、国交省の支持者です。
田中大臣のように素人では堪りませんが、玄人でも省益を優先する族議員でもいけません。

両者に共通するのは、官僚にとって都合の良い人、官僚主導政治に丁度良い大臣です。

こんな大臣を選んだのは野田首相です。
この二人より、任命責任の方が大きいです。
彼は適材適所、最強の布陣と言っていました。
どこが最強、どこが適材適所、自民党時代と同じ、派閥均衡、年功序列の人事です。
特に、防衛大臣については、前の一川大臣が私は素人、沖縄の事件を知らないと言って辞めさせられ、その後任がこれまた素人の田中大臣、この人事は国民を馬鹿にしています。
野田首相にこそ、問責決議案を出すべきです。

能力のある人材を内閣に据え、政治主導を進めるという公約は破られ、年功序列派閥均衡の、官僚に言いなりの官僚依存内閣を選択しま変えした。
政権交代の目玉、政治主導は裏切られました。

投稿: 愛てんぐ | 2012/04/22 10:56

★ーーこんにちは、愛てんぐさん

おっしゃる通りで、元々の問題は野田首相の議員を見る目のなさですからね。
大臣の資質のない議員を、任命すると言うリーダーとは、最大の欠陥だと思います。
国会答弁を見ていても、田中大臣は本当に素人丸出しです。
挙動不審で、トンチンカンな受け答え、全く頼りになりません。
それに対して国会中でいじめをしているような雰囲気も無きにしも非ずで、見ていると虚しくなります。
官僚にとっては、御しやすい大臣ですよね。
操りやすいと言ったらよいでしょうか。
前田氏も、元官僚で八ツ場ダムも復活させてしまいましたし、目線は常に官僚の方向へ向いていて自民党より、自民党らしい議員に見えます。
こんな人でも、改革の旗のもとに民主党に入ったのでしょうか。
信じられません。
自民党が落ち目の時、民主党に鞍替えしたとしたら、目はしが聞くと言うか、期を見るに敏な議員かもしれませんね。
野田さんは、組閣の時に、適材適所、最強の布陣と言っていましたが、こんな、帯に短したすきに長しのような物足りない議員ばかりを任命して、良く胸を張れたものです。
国民生活に取っては、心もとない人達ばかりです。
おっしゃるように、一川氏の後釜に、また素人では、情けないにもほどがあります。
普通なら、次は絶対にエキスパートと思いますもの。
最近では、見たこともないほど素人ですよ。
やはり、自民党のように、年功序列で閣僚を選部ば、官僚に依存せざるを得ないでしょうね。
しかし、民主党がこれほど人材難だとはねえ。。。
ほとんど、同じ議員が表に出たり、裏に回ったりで、閣僚たらいまわしですよ。
問責された仙谷氏がいつの間にか、陰で仕切っています。
ますます、官僚に食いつくされそうな予感がしますよ。

投稿: まるこ姫 | 2012/04/22 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/54517235

この記事へのトラックバック一覧です: 二閣僚問責決議、元はと言えば野田首相の見る目のなさ:

« 捜査報告書虚偽記載の田代検事不起訴って? | トップページ | 自民党全面審議拒否、野党の役割とは何なのか »