« 先見えぬ原子力規制庁設置、当初4月1日発足が。。 | トップページ | 小沢事件控訴、国家権力のすさまじいまでの抵抗 »

2012/05/08

岡田氏肝入りの行政改革懇談会、行革へのアリバイ作りか

どうも岡田氏が絡むとなると、どんな美辞麗句を述べても信用で
きないものがある。
岡田氏は、有識者10人からなる行政改革懇談会を設置すること
を3か月前に発表して、このたびようやく初会合が開かれた。

行革懇談会が初会合 平成版土光臨調 「アピールだけ」批
判も
            産経新聞 5月8日(火)7時55分配信

>岡田克也副総理が今年2月に設置を打ち出してから3カ月を経
て、ようやく決まった有識者メンバーも新味はなく、民主党内から
も「消費税増税法案の国会審議で政府が身を切る姿勢をアピー
ルするためだけの会議」(中堅)との批判が出ている。

なんで今頃というのが正直な感想だ。
政権交代から2年半が過ぎて、本来なら交代した直後に行革の
議論をするべきことで、何を今更だ。
今は、もう実行していなければいけない次期で、あまりにもスピ
ードが遅すぎる。
行政改革懇談会なる会も、法的権限も与えず、どんなに立派な
答申を出しても、きっとそれで終わりなんだろう。
華々しく打ち上げるは良いが、何も決定しないのは民主党の特
徴だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

民主党の場合、会議を開くことに意義があるのであって、それを
結実させようともせず、何事もうやむやのうちに終わらせてしまい
、忘れやすい国民が忘れるのを待っているとも言えるのかと思う
ほど、最後は腰砕けだ。
そして、この有識者の人選をどのような観点から行ったのか、説
明をすべきだろう。
人には常に、“説明責任”を声高に叫ぶなら、自分も説明を果た
したらどうか。

民主党は何度同じことを繰り返してきただろう。。。。
どの議員も口先だけは勇ましいが、いざ実行の段階になると二
の足を踏む。
結局、官僚の敷いたレールに乗っかることになる。
岡田氏は、”7月くらいまでに方向性を出し、施策の実施までに
は2年くらいを考えている"
そうだが、この懇談会は私的機関で、
施策の実施について何の拘束力もない。
マニフェストを実行しないと言う事で国民に総スカンを食っている
民主党が2年後、政権与党でいるという保証はないし、想像でき
ない。
この男、民主党が本当にこれからも政権与党でいられると思って
いるのだろうか。
あわよくば、大連立をしてのうのうと生き延びる魂胆か?
そうなったら、最低最悪だ。

しかしこの懇談会も、、増税の前に一応やるべきことをやったと
のアピールにしか見えないし、民主党政権のやる姑息な手段は
大体予想できる。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 先見えぬ原子力規制庁設置、当初4月1日発足が。。 | トップページ | 小沢事件控訴、国家権力のすさまじいまでの抵抗 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
懇談会という位置づけで笑ってしまいました。
さすが、民主党は詐欺集団ですね。
今頃繕っても何にも意味がありません。
めざしの土光さんのような人がお目付役でいないとできないでしょうが、民主党ではもう無理です。
 出来ないことはたくさんありすぎて、どう国民を騙す可視化していませんがもう国民は騙されませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/05/08 19:05

★ーーこんばんは、くまさん

懇談会でお茶を濁しちゃいましたね。
本当に行革をやる気があるなら、政権を撮った直後に作りますよ。
何をいまさらって話ですよね。
平成の土光臨調だなんて、おこがましいです。
自分達は身を切ることなく、ぬくぬくとしていて、どの面下げて土光臨調だなんて言えるのでしょうか。
ほとんど官僚にやられっぱなしではありませんか。
リーダーシップはどこへ行ったのでしょうね。
消費税増税に向けて、国民をだますことばかりが先行しています。
いい加減、だましのテクニックは通用しませんよ。

投稿: まるこ姫 | 2012/05/08 20:22

所謂アリバイ巧作でしょうねぇ。
それに何故今なのか。
当然、消費増税法案が審議入りするに他なりません。
加えて懇談会ですよ。
結論など出さなくとも懇談すれば良いのです。
この岡田副総理、本当に官僚らしい思考しか持ってません。
普通民間であれば、この時期になってこのような事をすれば他人はどう思うか察しも付きますし、大体その事を考えます。
しかし岡田副総理は、そう言う感覚は全く備えて居ませんねぇ。
正直、この方机上の勉強は出来るのでしょうが、それ以外は全く無能と言っても過言ではないと思います。
こんな人物が永年に渡って国会議員で居たのかと思うと、何とも憤りを感じます。
まぁ~、事業仕分けも単なるパフォーマンスでしたし、これもまた同じ手口が未だに通用すると思っているに過ぎないと思います。
こんなもの要らない、野田内閣そして民主党政権です。

投稿: サクラ日記 | 2012/05/08 21:39

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

なぜ今になってやるかですよね。
本当にやる気なら、奪取後すぐに展開するでしょうし。
やはり消費税増税に前のめりになっているからこそ、その為にも行革をやっているというポーズを作る必要があったでしょう。
どんなに良い提案があったとしても、所詮は拘束力のない懇談会ですから、それを取り入れることはしないと思います。
しかも、今、行革もどきをやれば勘繰られる恐れ充分です。
それさえも、分かっていない。
政治家としての資質、センスはないか、低いと思いますよ。

民主党が野党時代、岡田氏はもっと国民目線の人だと思っていましたが、政権を取って見えるものが多々ありました。
岡田氏は、少しも国民の方へは目が向いてはいませんでした。
この人ほど官僚的志向の強い人はいませんね。
マスゴミの宣伝で、必要以上に買いかぶり過ぎていました。
岡田氏ほど失望をした議員も少ないと思います。
民主党は打ち上げ花火のようにどんどん打ちあげますが、結果が伴わない党ですね。
最初は華々しく打ちあげます、すべて尻すぼみです。
2年半以上たって、もう何を発言しても信用されていませんよ。
それも今までの不手際のせいですから、自業自得と言えば自業自得ですね。
やはり、誠心誠意仕事をしていたら、こんな事にはならなかったと思います。
倒閣運動を起こしたいくらいですよ。

投稿: まるこ姫 | 2012/05/08 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/54662079

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田氏肝入りの行政改革懇談会、行革へのアリバイ作りか:

« 先見えぬ原子力規制庁設置、当初4月1日発足が。。 | トップページ | 小沢事件控訴、国家権力のすさまじいまでの抵抗 »