« 経産省は原発再稼働ありき、国交省は高速道路復活、関西広域連合は豹変し | トップページ | 野田首相、二閣僚更迭、内閣改造、自民党にすり寄り作戦 »

2012/06/02

原子力ムラのすさまじい抵抗、再稼働ありきは政府だけではなかった

これほど原発が、各自治体、経済界を蝕んでいたとは。。
もう、何も言う言葉が無い。

原発が無い地域は、あの福島事故を目の当たりにして、日本は
脱原発に向かうのが当然だと思い込んでいたが、原発立地地域
そして電力会社、経産省、政府、原発にかかわる業者などは、脱
原発など、考えられないと言う事か。
次、原発事故が起きれば日本は再生不能になる事、必至の今、
安全基準もいい加減では再稼働などあってはならないことだと思
って来たし、関西広域連合の主張は、国全体の安心安全を代弁
していると思っていた。

が、この関西広域連合の声明が一夜にして変節した。
記事を読んでいると、原発立地地域の抵抗はすさまじいようだ。
今までは、世論の高まりにあまりはっきりした発言は出さなかっ
たようだが、原発が稼働しなくてもこの夏乗り切られたら大変な
事になるとの危機感が頂点に達したのか、関西広域連合に対し
て、既得権益者達からの、恫喝とも取れる圧力の数々は、聞き
しに勝るもののようだ。

「反原発」強硬知事が“変節”した「理由
                 産経新聞 6月2日(土)10時12分配信
大飯原発再稼働、「夏限定」で福井県内猛反発 知事、原発
相来県で念押しへ
           
            福井新聞ONLINE 6月2日(土)10時8分配信

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

>経済界から総スカン
「地元経済界から再稼働に対する強い要望があった」
>出席した経済関係者から上がるのは、電力不足への不安や不
満ばかり。
>企業城下県・滋賀の現実
>県内首長からも追い込まれ
>さらに、嘉田知事を追いつめたものは、県内の首長の意向だ
>一部首長が運転期間は電力需給の逼迫する夏期に限定す
べきだと主張している点に対し、県内では「ご都合主義」(西川
知事)などと反発の声が強まっている。

それでも筋を通し、安全性が担保されない前の再稼働はあって
はならないと、突っぱねて欲しかった。
もうこの国は原発依存から脱却できないようだ。
せっかく、フクシマ事故の教訓を踏まえて、原発の安全性を確認
してからでないと、原発再稼働はあってはならないとした、関西広
域連合の首長たちだったが、原発立地区域、関西電力から電力
を供給されている企業の反発は予想以上にすさまじかった。
原発立地地域や周辺地域、企業はこの国のエネルギーのあり方
など知ったことではなく、未来に対してより、現状が一番大事だと
言う事なのだろう。
経団連や、経産省の意向を受けた政府に取って、ものすごい力強
い援軍あらわると言う事だ。

本当にがっかりした。
これから経団連や、経産省の力学が大手を振って歩くのだろう。
この国では、フクシマの教訓など、何もなかった。
原子爆弾を落とされた国が、原発事故の教訓も何もないまま、他
国に原発を輸出し、この狭い地震国家の自国では、相も変わらず
原発大国として突き進んでいくのだろう。。。。。
どれだけ国民が原発に対して安心安全が担保されなければと言
っても、この国の権力者たちの心には何も響かない。
国民、国全体を考える政治家はいない、虚しい限りだ。
自民党政権と何ら変わりがない民主党政権。
これが民主党を選んだ有権者に対する仕打ちとは。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 経産省は原発再稼働ありき、国交省は高速道路復活、関西広域連合は豹変し | トップページ | 野田首相、二閣僚更迭、内閣改造、自民党にすり寄り作戦 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
きょうじん達の原子力村ですね。
エコノミックバカアニマルの原子力村。
洗脳され尽くされるとこうなるという馬鹿者達です。
 経済優先の日本はいつまで経っても、国民優先になりません。国民より経済。
 一体何を考えているのでしょうね。
 高負担の北欧の方がまだ住みやすい。
 人間優先になる日は来るのだろうか?
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/06/02 19:09

★ーーこんばんは、くまさん

おっしゃるように、狂っています。
原子力ムラは、国民の安全よりも経済済優先なんですから。
しかし、今度事故が起きたら日本は絶望です。
それが分っているのでしょうか。
もう、再生などできないでしょうね。
再生エネルギーにシフトしての、経済だってあるはずです。
原発最優先の思考では、新しい展望は開けないと思います。
高負担でも、日本のように何に使われているか分からないのではなく、ちゃんと使い道さえ分かっていれば私はそれも仕方がないかと思っています。
日本の場合、シロアリの巣窟が至る所にあります。
人間優先など、夢のまた夢ですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/06/02 19:59

原発に依存している町や村、電力会社、特に大企業から、何か有った場合に備え、売り上げの何十%か未来保障税等として納付して貰いましょう。
勿論、現政権全員や官僚等も末代に渡って。
恐らく、橋下市長も産業界や福井県等々からの相当な圧力が有ったのではないかと思ってましたし、もしかすると、大飯原発再稼働に賛同しないと、他の電力会社からの融通をしないと言う事も政府等から言われたのではいかと推察しております。
いずれにせよ、国民を守るという絶対的な意思を持った個人や組織が政権を取らないと、何も変わらないと言う事でしょう。
その為にも、国民一人一人が考える時期と思います。
野田政権は、官僚の言いなりですし!

投稿: サクラ日記 | 2012/06/02 20:22

まるこ姫さん、皆さん、おはようございます。

民主党を倒すとまで言った橋下市長、あの良識派の嘉田知事までもの豹変振りには驚くだけで無く、呆れかえりました。
豹変した理由を政府の政治決断を行うことが分かったからとしています。
政府の決断は橋下知事の暫定基準と暫定再稼働という容認発言がきっかけです。
あれほど強硬だった橋下市長が何故、急に方向転換したのか、説明すべきです。

経済団体の周辺自治体への圧力は相当厳しかったようです。
関電は計画停電するぞと企業に言い回ったようですし、政府も計画停電するぞと脅していました。

原発を止められるのは世論だけです。
世論を導くには、経済界や政府など圧力を掛けていることを、情報公開し、市民を巻き込み、世論を喚起することです。
橋下市長は原発稼働の是非を問う住民投票に反対するのではなく、賛成し、実施していれば、大阪市民の明らかな意志が示され、政府は無視出来なかったと思います。
見えない中での変節は間接民主制の限界です。
直接民主制こそ、現状の打開、民主主義の実行に極めて有効です。

明治以来、官僚主導政治と同様、殖産興業の政策が今もなお、優先しています。
公害然り、血液製剤然り、国民生活より、産業優先です。
強固な既得権益のネットワーク、政官業の癒着構造ができました。
幾ら選挙で選んでも、彼らの主張が優先され、民意は常に無視され続けていました。
政権交代で、国民生活が一番を国民は選択したのに、結果は産業が一番でした。
成熟した国家が上手く行くのは、生産と消費が車の両輪のように、バランスが取れていることです。
消費が重視されれば、新たな創造、新たな生産を生み出し、新たな展開が生まれていきます。
日本は今もなお、発展途上国のように、生産側・産業優先です。

そうするには,政策決定の仕組みそのものを変えなければならないでしょう。
消費税やTPPなど、重要な政策は国民投票など、直接民主制にすることが考えられます。
官僚の上層部を公募にし、官僚利益誘導体制を崩すのも極めて効果的です。
圧力団体と裏で個別に合うのでは無く、全てを一同に集めて公開の場で議論して、全体の利益を念頭に、まとめるやり方が重要だと思います。
いずれにせよ、既得権益だけの中で政策決定から実行まで行うのを壊すよう、色んな段階、組織の面で民意を入れていかなければ行けないと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2012/06/03 07:33

★ーーこんにちは、サクラ日記さん

今日の中日新聞に、浜岡原発立地の御前崎市の市議会議長の長男が経営する建設会社へ過去5年間で中電子会社から、6億円もの発注があったと記事に載っていました。
ほとんどの立地自治体、周辺自治体でこのような事が平然と行われているのではないでしょうか。
皆、原発におんぶにだっこなんですよ。
ほとんど原発依存、中毒症状なんでしょうね。
もう、原発に関係するあらゆる自治体、企業、何らかの保障税のようなものを納付して頂きたいですね。
交付金とやらで甘やかされ、それにどっぷりつかり、自立出来ない自治体ばかりが目立ちます。
橋下さんの豹変ぶりには驚きあきれ果てています。
今までの発言は、なんだったんでしょう。
いかにも庶民の味方のような発言をしていましたが、圧力があったとはいえ、結局は強い者になびく、そんな人なんだと思いましたね。
橋下さんの発言、言動にはホントにこの人を信じて良いのか分からないところがありましたが、やはり、それなりの人でした。

>国民を守るという絶対的な意思を持った個人や組織が政権を取らないと、何も変わらないと言う事でしょう。

難しいですね。
初めは良い顔をしていても、結局は大きな権力に、いいようにされてしまうのが落ちなんですから。
よほどの信念がある人が必要だと言う事ですね。
しかし、豹変する人が多すぎると思いませんか?
関西広域連合も、橋下氏も、人々を乗せておいての豹変は、、余計に不信感が募ります。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

特に橋下さんは大言壮語を言いまくりでしたものね。
民主党に敵対心を持っていた発言でした。
それが一夜で豹変してしまいました。
滋賀県知事も、ものすごいトーンダウン。
暫定的、限定的を連発していましたが、一度稼働した原発を2カ月や3カ月で停止させるとも思えません。
結局、圧力に屈したのですよ。
橋下さんも、歯に物が挟まったように発言は、何なんでしょう。

>関電は計画停電するぞと企業に言い回ったようですし、政府も計画停電するぞと脅していました。

最終的にはこれが効いたのでしょうが、おっしゃるように、本当に何があったのか情報公開して、権力者の圧力の正体を示せば良かったと思います。
橋下さんは大阪府市民だけではなく、国民にも大きな影響を与える人だけに、この圧力に対する問題定義は、国民に大きな力になったと思います。
すぐに力に屈するようでは、本当の改革者だとは思えません。
やはり権力者にすり寄る人だったのかと。。。

この国は未だ、官僚至上主義の政策なんですね。
どれだけ国民がおかしいと思っても、最後は軍門に下るようになっています。
国民目線を標榜していた民主党でさえ、すぐに豹変してしまいました。
本当に日本は今もなお、発展途上国のようなお上が一番、国民の幸せは二の次、さんの次の国だと思い知らされました。

>消費税やTPPなど、重要な政策は国民投票など、直接民主制にすることが考えられます。

原発に関しても国民の意識が反映されるような制度が欲しいです。
既得権益者がいつまでたってもその権力を手放そうとしない、それが当然のような日本は未来への展望さえありません。
いくら消費税増税をしても焼け石に水で、生活は疲弊して行く一方です。
いつになったら、新しい政治に移行してゆくのでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2012/06/03 16:39

まるこ姫サマ、こんばんは。
本当にがっかりした。同感です。
関西広域連合も橋下氏もただの出しゃばり、
よく考えれば、マスゴミに発表するだけで、
何の拘束力も権力もありませんが、
敗北宣言すれば政府の言質にとられ、関西広域連合が容認したという既定事実にされてしまう・・・まったくアホじゃなかろうか。
刺青探したり国歌の口チェックという小さな仕事が向いていますね(弁護士だけに)

意地でも再稼働させ、原子力行政が間違っていなかったと、反対する市民団体に認めさせたい、
橋下氏じゃないけど、再稼働しないということは負けになる、市民ごときに負けてたまるか!
もはや電力の供給問題じゃなく、ただ原子力村のくだらないプライドだけのような気がしますね、
まぁ野田総理の消費税と精神構造は似ています。
あかいとら。。。

投稿: 紅いとら | 2012/06/03 18:50

★ーーこんばんは、紅いとら さん

脱力感で一杯でした。
前日までは、この夏は国民全体で節電して頑張ろうみたいな雰囲気でしたからね。
それが関西広域連合の見事な豹変ぶりに、唖然としました。
あれだけの正論を言っておきながら、まさかこの結末を誰が予測していたでしょうか。
おっしゃるように、関西広域連合は、政府に利用されたと言っても過言ではないと思いますよ。
強固に反対していた、関西広域連合が容認したと宣伝材料になっちゃいましたからね。
本当に下手というか、すぐに挫折すると言うか。。。

>刺青探したり国歌の口チェックという小さな仕事が向いていますね

ホントですよ。
権力者に立ち向かって行ったら、株が上がりましたが、弱い者いじめは大好きですが、強い者にはなびく本性がばれちゃいましたからね。
この人の限界でしょうね。
やはり、原子力ムラはどうしてもこの夏原発なしで乗り切られたら、一気に原発廃止に世論が向かう事が何より阻止したかったのではないですか?
どうしても原発はこの国にいると力技で認めさせたかった。
私はそう思います。
野田さんも、野党時代のシロアリ退治発言とこれほど違うスタンスになるとは思ってもいませんでした。
この人の顔を見るたびに、でっぷり肥え太ったシロアリを連想してしまいます(笑)


投稿: まるこ姫 | 2012/06/03 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/54857215

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力ムラのすさまじい抵抗、再稼働ありきは政府だけではなかった:

« 経産省は原発再稼働ありき、国交省は高速道路復活、関西広域連合は豹変し | トップページ | 野田首相、二閣僚更迭、内閣改造、自民党にすり寄り作戦 »