« 消費税増税、中間派の議員はずるい、我が身可愛いだけ | トップページ | ”本籍・自民党、現住所・民主党”が民主党を乗っ取る »

2012年6月19日

渡辺老体の品のなさ、一体改革法案採決なければ自民、不信任・問責の提出

自民党も狡猾だ。
自民党案丸呑みで、“税と社会保障の一体改革"で、民主党の
理念をことごとく骨抜きにして、3党合意にこぎつけた。
中間派と称する議員たちは、我が身かわいいばかりで、今にな
って、“3党合意”は重いとして、政権にすり寄る方針を示した。

と言う事は、反対派がどれだけ反対しようが、自公の数が積み
重なり、数の論理で結局は法案は可決される。
反対派の意見など聞く耳持たないのが、野田政権の特徴だ。
原発しかり、消費税増税しかり,TPPしかり。。。。

渡辺老体は勝ち誇ったように、"小沢先生、鳩山先生増税に反
対してください、衆議院は有り余っているんですから、ましてや
自民党も賛成しているんですから、国会がすっきりして素晴らし
く良いものになります、お願いします"
と、のたまった。

耳を疑った。このような血も涙もない発言が出来るものなのか。
党内の同志に対して言う発言なんだろうか。
一度は同し志で民主党に集った議員が、同志に対して非人道
的な発言は胸が痛む。
一方は民主党の原点に帰れと言い、一方は政権取ったらこっ
ちのものとばかりにやりたい放題、国民の意に反する事ばかり
する。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

それを当然のように思っている。神経を疑う。
しかも、いい年した議員が勝ち誇ったような物言いは。

相手への気配りも無ければ、同志としての敬意のかけらもない。
前からこの渡辺老体の発言は不愉快だったが、ここまでひど
いとは。。。。。人間の皮をかぶった○○だな。。。。

自民党は、3党合意を勝ち取ったことで居丈高になっている。

自民、不信任・問責の提出方針固める 一体改革法案採決
行われない場合
    産経新聞 6月19日(火)12時32分配信

>自民党は19日午前の役員会で、21日までの今国会会期内
に社会保障・税一体改革関連法案の衆院本会議採決が行われ
ない場合、衆院に内閣不信任決議案、参院に首相問責決議案
を提出する方針を固めた。

野田政権は、“前門の虎、後門の狼状態だ。
社会保障・税一体改革関連法案の採決が行われなければ、自
公が不信任・問責を出すだろうし、党内はぐちゃぐちゃだし、に
っちもさっちも行かなくなっている。
石原幹事長も、偉そうに民主党への指図までしている。

しかし、民、自、公の3党は狂気の党だ。
国民は給料もぜんぜん上がらず、貯金ゼロの世帯が3割を占め
て入る現状では、落ちこぼれは死ねと言われているような物だ。
消費税増税で税収アップどころか、国は滅びる。。。。。。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 消費税増税、中間派の議員はずるい、我が身可愛いだけ | トップページ | ”本籍・自民党、現住所・民主党”が民主党を乗っ取る »

コメント

3党合意云々で国会が前に進むのなら、国会そのものが不必要でしょうし、政党政治を総理自ら否定してますよ。
消費増税絶対反対ではありませんが、やはりすべき事をしてからの話です。
与党に居ればその恩恵にもあずかれますし、己を捨ててまで理を通す議員は少ないですねぇ。
やはり国会議員が優遇され過ぎている証拠です。
国会議員になると、むしろ財産を食いつぶす位にしないと駄目でしょう。
コウモンは、誰のお陰で与党になったのでしょう?
こんな人物が在籍していたのかと思いますよ民主党は。
全く何も思慮の無い発言としか聞こえません。
老害政治家と呼ばれる人物が何人かいますが、間違いなくその中の一人です。
藤井って名字もありましたねぇ。

投稿: サクラ日記 | 2012年6月19日 18時21分

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
呆れた自民公明民主党です。
その中でも民主党が一番最悪です。
詳細に審議もせずに決めてしまった消費税増税。
馬鹿にされた国民もバカですね。
本当に怒らないこのバカさ加減。
他の国なら暴動ものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012年6月19日 18時43分

CIAによる日本への関与は、実は明らかな事実で・・・・
歴然とした揺るがしがたい証拠が、あったのです。

アメリカには、何年か経った公式文書の公開義務が法律で定められていて、それを誰でも閲覧できるように資料室に保管してあるのです。
ある日本のジャーナリストが戦後関係の資料を手にとったら、
CIA諜報部員として5人の日本人の名がありました。

その5人はいずれも戦犯として監獄に収容されていたところGHQによって開放され諜報活動をするように命じられたといわれてます。

五人の名は・・・・

児玉誉士夫・・右翼の大物で日本の黒幕として有名。

笹川良一・・・・モーター・ボート・レースの初代会長。
個人による賭博開催は違法だが、この人は許される(笑)

田中清玄・・・戦前期、非合法時代の日本共産党(第二次共産党)中央委員長。転向後は右翼活動家となる。

岸信介・・・・・第56,57代内閣総理大臣
        第90代総理大臣、安部晋三の義理の祖父。

正力松太郎・・・・元読売新聞社主
プロ野球の父、テレビ放送の父、原子力発電の父とも呼ばれる。

日本の政治経済界は戦後からアメリカの傀儡として始まってる。

 

投稿: 立眩み日本 | 2012年6月19日 19時58分

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

ふつうなら、国会の場で審議して、不都合があれば納得のいくように訂正して、それで合意して行くと思うのですが、国会の外で勝手に3党合意、それは無いだろうと思います。
これが横行するなら、国会が要らなくなりますよね。
国民はいずれ増税もやむを得ないだろうと、ほとんどの人が思っていると思うのですが、法案を決める議員が自分たちが持っている特権を何一つ手放さず、取り易いところから取るという姿勢が国民を怒らせているのだと思いますよ。
やるべきことをやってからと言うのは正論ですよ。
特に民主党は国民目線で行革をやると言って政権を取った党ですから、守ってもらわないと。
この国の議員特権って多すぎます。
昔の政治家は、田畑を食いつぶすと言われたものですが、今は私腹を肥やすですからね。
ほとんどの政治家は信用されていません。
肛門は、おめおめと発言できますね。
政権を取った立役者を、ボロクソに言う神経が分りません。
恩をあだで返すとはこのことですよね。
口はもごもご、ちゃんと喋れないようなら早く引退すれば良いのに。。。
老害はナベツネだけではありませんね。
肛門は筆頭ですし、藤井のじいさんもひどいですよ。


★ーーこんばんは、くまさん

自民公明、民主は碌な党ではありませんね。
国民生活を破壊する党と言っても過言ではないと思います。
これだけ国民に痛みを強いるなら、自らが身を切ってこそ国民が納得するのだと思いますが、自分達は何の身も切っていません。
民主党内では増税はしないと言っていたのに、急に変えたんですからね。
党内から理解が得られない、だから他党に応援を求める。
全く論理が滅茶苦茶ですよ。
原発再稼働と言い、TPPと言い、消費税増税と言い、なんでも言う事を聞く大人しい国民だと思われているのでしょうね。
舐められちゃってますね。
ヨーロッパなら暴動が起きていますよ。


★ーーこんばんは、立眩み日本 さん

日本の場合、公文書はいつまでたってもひ密で公開されませんが、アメリカの場合よほど重要な公文書でも何十年後かには公開されるそうですね。

>CIA諜報部員として5人の日本人の名がありました。

あり得ますね。
日本人は平和ボケしていると言われていますから、あまりCIAの話をされても、にわかには信じて貰えないようなところがあると思いますが、少し視点を変える必要があるのかもしれません。

田中清玄を除いて、名前だけは聞いたことのある人ばかりなので、正直びっくりしました。
やはり、アメリカからの影響がものすごく大きいのですね。

投稿: まるこ姫 | 2012年6月19日 20時28分

まるこ姫さま、こんばんは。

惨景珍聞の報道では、学会員の反発が凄いそうです。
中小企業経営者が多くまた婦人会が増税に反対なので議員総会が大紛糾したそうです。
選挙公約も何も前回選挙で予定していた得票を割り込んだ公明党は聖教新聞で呼びかけようが学会員の投票行動を当てに出来なくなる可能性が出てきたと言うことです。
民主党は党の方針を勝手に変える執行部・主流派のほうが党を割るべきでしょう、「自分たちは新しい政策で行くので新党を作って出て行きます。」と民主党を出て行けば」利にかなっています。
それによって民主党が衆参で100名の政党になってもいいと思いますよ。
本来はそうでなければ”居座り強盗”というものでしょう。

原口氏が願えるとの情報が出て来ました、それと野田総理が小沢グループ50名の除名を谷垣総裁に約束したとの情報も有ります。

投稿: あらいぐま | 2012年6月19日 22時18分

まるこ姫さん、皆さん、おはようございます。

民主党は、7奉行を中心とする官僚にくっついた執行部の勢力、強いものに巻かれろの人たち、マニフェストも大事だが政権中枢にも離反できないというどっちつかずの中間派。国民生活が第一のマニフェストを作った小沢グループに分かれると思います。

執行部に唯々従属する人たちよりマシな中間派の人たちですが、党一体が大事なんてことは既に水と油で遊離しており、現状認識が間違っていますし、今後国民会議でどうにかなると先送りに期待しても、今出来ないことイコール後退を意味し、更に出来なくなって来ますし、与党であれば少しでも政策実現できるからと言いますが、政権交代の趣旨は根本から変えることでそれが出来なければ何の意味もありません。

国民からの信頼を失った民主党は、次回の総選挙では惨敗間違いありません。
自公対民主の構図にはならないでしょうから、残っていてもじり貧しか無いでしょう。
それなら、起死回生を狙って、離党して、国民が第一を再掲して新党を立ち上げ、自公民に対立するしか無いでしょう。
バラバラでは力は発揮できないので、集結が必要です。
橋下新党が新自由主義なら、欧州の社会民主主義で対抗すべきと思います。

官僚の伝統路線に寝返った7奉行たちに民主党を乗っ取られた格好になりました。
もう民主党の実権を取り返すことは困難だと思います。
現執行部はルビコン川を渡ってしまったのですから、日本政治の鉄則である非を認めないに則り、彼らは改心することは無いでしょう。
負けをハッキリ認めて、党を割るべきです。

マニフェストの個個のメニューは誇大広告の面はかなりあります。
しかし、理念は正しいかったと思います。
だからこそ、国民は政権交代に期待しました。
逆を言えば、小選挙区制となって13年4回の総選挙が行われても政権交代が行われず、国民の長いもの巻かれろ体質が抜けきらなかったための誇大政策の面は否めないと思います。
このことも正直に認めた方がむしろ信頼されると思います。

小沢氏は刑事被告人の身ですが、逆風を意識すればするほど逆風となり、先頭を切って立ち向かっていかなければ、追い風には絶対ならないと思います。
愚直なまでに、国家ビジョンとそれに向けた統治機構の作り直しを主張し続けるしか国民の信頼を得る方法は無いと思います。
これこそ政治生命をかけてです。
自己保身が見え隠れすると、人心は離れると思います。

今の官僚寄りの政治、自民党に変わった民主党に反対する議員は、消費税法案に反対票を投じ、新党に結集すべきと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2012年6月20日 07時30分

★ーーこんにちは、あらいぐまさん

>惨景珍聞の報道では、学会員の反発が凄いそうです。

当り前ですよ。
私の知っている学会員は、ほとんど低所得者層です。
公明党を盲目的に信じているようにも見えますが、信者さんたちは増税で生活が逼迫しますよ。
信者さんたちが頭で考えないからこういうことになるのだと思いますが、あまりにひどい仕打ちは離反されても仕方がないでしょうね。
そのくらいのあこぎな事を、自公民はやっているのです。
民主党は、本籍自民に乗っ取られ状態です。
本来なら、理念にない事をやる執行部、野田政権が党をわって出ていくべきです。
自公に、ひっつけば良いのですよ。
私たちが考えた民主党ではない人たちが我が物顔で民主党をひっかきまわしているのが現状です。
私も、あらいぐまさんのおっしゃるように、乗っ取り者たちが出ていき、それで民主党議員がどれだけ少なくなってもそれが道理だと思っています。
母屋化して庇乗っ取られるの今の状態は、極めて不健全ですから。
原口さんは、今まで見てきてすぐに日和見ますよね。
この人は、真から信用できない人だと見ています。
野田さんも実直そうな顔をして、二枚舌、三枚舌の人ですから、何から何まで信じられません。
谷垣さんと約束したと言うのも、さもありなんと思いますよ。
野田さんは心底卑劣な人間です。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

民主党も私利私欲が渦巻いていますね。
政権交代時のあの理念は、今は風前のともしびです。
どこの世界も、権力になびく輩が多数いますが、民主党の中間派も権力にはビビっているようですね。
中間派ほど、始末に負えないものはありませんよ。
権力にすぐにひれ伏す、なびく、機を見るのがうまい、こんな人たちは信用に値しません。
今できなければ、これから先もできませんから。
民主党の理念をすべて実行しろとは言いませんが、何の努力もせず、その姿も見せないとなれば、詐欺師と呼ばれても仕方がないですね。
ちゃんと、政権に進言し続けなければ嘘ですよ。
もう、民主党に次はありませんね。
選挙は惨敗だと思います。
おっしゃるように、じり貧が待っていますよ。
哀れな末路でしょうね。
やはり、民主党の旗を掲げることこそ、自公に対抗できる唯一の道で、努力する姿を見せることが、生き残る道だと思いますよ。

>官僚の伝統路線に寝返った7奉行たちに民主党を乗っ取られた格好になりました。

本当にそうですね。
民主党はこんな人たちが運営しているんですから、なんとも交代時とは変節してしまいました。
思考部の連中たちは変える気、帰る気が無いのですから、もう党は分裂ですね。
今日も、テレビで、政治アナリストの伊藤惇夫が小沢グループはなんでも反対しかしないと言っていましたが、偽の民主党には反対するしか方策がないではありませんかね?
マニフェストも大言壮語のようなところはありましたが、理念は正しいと思っています。
すべて遂行しろとは言いませんが、官僚の意識改革や、公務員改革、議員改革、特別会計改革など、できるものはあると思います。
小沢さんは、もう突き進むだけですね。
ここで折れたら、やっぱりかと思われるだけです。

>愚直なまでに、国家ビジョンとそれに向けた統治機構の作り直しを主張し続けるしか国民の信頼を得る方法は無いと思います。

愚直と言う言葉、野田さんが使っていた言葉でもありますが、これほど二枚舌だとは思いませんでしたね。
おっしゃるように、小沢さんは人々の心を取り戻すことに心血注いだ方が良いと思います。
裏工作や、姑息が見えた途端、私達は白けてしまいます。
ここは、最後の決戦かもしれませんね。
党を割っても、信念、理念を貫き通すことが生き残る道に繋がるのではないでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2012年6月20日 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/55002899

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺老体の品のなさ、一体改革法案採決なければ自民、不信任・問責の提出:

« 消費税増税、中間派の議員はずるい、我が身可愛いだけ | トップページ | ”本籍・自民党、現住所・民主党”が民主党を乗っ取る »