« 野田・小沢会談は増税への免罪符、アリバイ作りだ | トップページ | 原子力ムラのすさまじい抵抗、再稼働ありきは政府だけではなかった »

2012/06/01

経産省は原発再稼働ありき、国交省は高速道路復活、関西広域連合は豹変し

この国は持たないかもしれない。

この2~3日間で、急に原発再稼働ありきの話になってきた。
少し前までは、この夏を原発なしで乗り切ろうと言う方向へ行き
つつあったように思うが、なぜか急に原発再稼働なくして経済や
電力が持たないと言うよう話に変化してきた。
政府も、素人政治家は、国民の安心安全など、どうでも良いら
しくて、福島の教訓など何処へ行ったのやら、重要な安全基準
を無視したまま、再稼働へGOサインを出す意向という。
この再稼働まっしぐらは、他の原発に波及して気が付いたら、ど
の原発も知らない間に稼働しているのだろう。
そして、あれほど政府の安全基準が良い加減だとして、安全基
準をクリアしないままでは、原発再稼働は無理だと言っていたは
ずの、関西広域連合の態度が豹変した。
特に顕著なのは、橋下大阪市長だ。
数日前の発言とは別人のように、建前論だけを言っていては物
事は進まないと、原発再稼働は必要だと抜かしていた。
政府からの圧力が強まったのか、今までの発言とは大きくスタ
ンス変えようとしている。
この男も信用できない。
関西広域連合の各自治体首長も、微妙に発言がトーンダウンし
だしている。
何なんだ、この豹変ぶりは。。。。。

どうも、電力会社から計画停電もあり得ると恫喝されたとか。
卑劣な原発ムラ、電力会社なら、やり兼ねない。
今になって、古賀氏が、このまま負け戦ではなく実を取ったと
言うようなこと言っているが、何のことやら。。。。

そしてまた一方で国交省は、高速道路の拡大を表明している。
八ツ場ダムしかり、高速道路しかり、野田首相は、消費増税へ
の考えの一つとして、孫子の代に赤字のつけを回してはいけな
いともっとも国民受けするような発言をしているが、安全基準も
いい加減で原発再稼働、高速道路やダムも復活で、どんどんそ
の赤字分を、後ろの世代に回している。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

これはどうとらえたら良いのだろう、野田首相の発言とは大きな
矛盾がある。
そしてもうこれだけシロアリが増殖していたら、野田首相の言うよ
うな消費税増税だけでは焼け石に水だ。
我々は、大きく穴のあいたバケツに、無尽蔵に消費税という、便
利なシロアリのえさを注入し続けなければいけなくなる。

旧道路公団の赤字分はなんと31兆円だと言うから本当に驚く。
それにさらに上乗せして赤字を積み上げるつもりのようだ。
あっちで暴走、こっちで暴走、シロアリはこの国を食いつぶす。
もう、この国に未来はない。

既存の政治家は信用できないし、また新たな政治家も急に態度
が豹変する。

野田首相は、消費税増税にしても原発再稼働にしても、まず初
めにストーリーありきで、他の意見など聞く耳持たない。
常日頃から、政治生命をかけるとか、不退転の決意とか、私が
すべての責任を取るとか言うが、責任を取るとはどういう事なの
か。
毎年変わる首相がいて、これから原発がどんどん再稼働して行
き、抜き差しならない事故が起きた時、果たしてこの野田首相は
議員をやっているのかどうかもわからないことだってある。
責任を取ると簡単に言うが、”責任の取り方"は、何を持ってして
言うのか、責任って何なんだろう。。。。

もう、一筆書いて貰うしかないか?法的拘束力のある書類に署名
捺印をする。
原発再稼働にかかわった議員たちは、原発の廃炉まですべての
責任を負う。
何か問題が起きた時は、家屋敷の没収まで視野に入れて、妻の
口座など連帯責任とする。。なんてね。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 野田・小沢会談は増税への免罪符、アリバイ作りだ | トップページ | 原子力ムラのすさまじい抵抗、再稼働ありきは政府だけではなかった »

コメント

野田総理は正に、ダブルスタンダード、トリプルスタンダードです。
消費税は将来に負を残さないと言いながら、原発という国民の命に係る問題は未来への負担を増大させ、コンクリートから人への公約は何処へやら、コンクリート依存に走ってます。
野田総理には念書でも書いて貰って、末代まで責任を負う旨に署名して欲しいですねぇ。

橋下市長も発言が変わりましたねぇ。
とは言え、橋下市長が幾ら反対を唱えても、再稼働ありきで進む政府を止める事は、現時点では不可能でしょう。
関西広域連合との会合も、所謂アリバイ作りに利用しただけですので。
一介の首長がもたらす影響とは、ここが限界なのではないでしょうか?
まずは野田政権そして民主党を打倒する以外、日本の未来を良くする方法は無いと思います。

投稿: サクラ日記 | 2012/06/01 18:17

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
政治家の責任を取るというのは常套句でまったく実効性がありません。
 橋下市長は「負けたと思われても仕方ない。反対し続けなかったことに責任は感じており、声明への批判は真摯(しんし)に受け止める」と語ったそうです。
 責任を取るというのは、口先だけで、要するに今の財政赤字では、つけは国民に丸投げしますと行っているだけ。
 そして、原発に天罰が下って、第2の福島原発事故になったとき、日本は本当におしまいかも知れませんね。
 それでも、誰も責任を取ることはしないでしょうね。政治家が責任をとって、政治家を辞めても何の意味もないです。まさに糞の役にも立ちません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/06/01 19:09

まるこ姫さま、こんにちは。

関西広域連合については”豹変した報ステ”で報じていましたが、かなりの圧力に屈したようですね。
東電の行った電力需給対策も関電は拒否してた事はご存知のことです。
報じられたのは企業には個別に計画停電の実施を告げた(脅しですね)との事で、首長は企業と所轄官庁からの圧力に負けたようです。
大阪と滋賀の知事は悔しそうに会見し、橋下大阪市長は涙目会見をしましたね。
マスコミははとんど報じないので知られていないの報道規制でもあったのでしょうか?
ついでに経産省は広域連合との会議で「もう時間無いよ」と再稼働を公表するタイムリミットを匂わせたようで、広域連合は公表前に「期限付き条件付容認」と先んじて意見を出す以外無かったようですね。

「福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者無視され、死蔵された「原子力防災」の知見」(2012.05.31JB‐PRESS)元原発技術者のインタビュー記事ですが必見です。2007年には事故について予見されていたと言う興味深い記事です。

投稿: あらいぐま | 2012/06/02 11:46

★ーーこんにちは、サクラ日記さん

おっしゃる通りですよ。
消費税増税は、次世代に負担を押し付けないと言っていますが、だとしたら原発はどうなんでしょうね。
使用済み燃料棒の最終処分場もどこにするのか、いまだ示されず、フクシマの教訓も生かせず、原発再稼働へしゃかりきになっています。
そしてまたや、人からコンクリートへ先祖がえりです。
原発依存、コンクリート依存。。。。
もはや、自民党より自民党の様相を呈してきました。
安全基準もいい加減なまま、原発再稼働なら、関係者すべてに責任の所在を明確にしてほしいです。
法的拘束力のある書類でね。
橋下さんも、豹変しました。
関西広域連合も、大幅なトーンダウン。
よほど政府、原発ムラの圧力はひどかったのでしょう。
私達は、大きな枠組みの中で何も変えられないのですね。
今、痛切に感じます。
やはり、恫喝、圧力、色んな既得権益者たちの死に物狂いの抵抗はすさまじかったです。
この国は、何も変わろうとしませんね、変えることはできませんね。本当にがっかりしました。


★ーーこんにちは、くまさん

政治家の責任という言葉ほど、いい加減で信用性はありませんね。
その場限りの常套句と言うところでしょうか。
橋下市長、豹変しました。
この人も、あれほど民主党を攻撃していたのに、あっさり軍門に下りました。
ウラデ何かあったのでしょうか。
やはり、安全基準のいい加減なままでの原発再稼働は、今度福島のような大事故が起きたら、日本は沈没でしょうね。
本来なら、この事故で日本の原発依存を変えなければ被災した人の立つ瀬は無いと思いますよ。
また同じことの繰り返しではねえ。。。
原発は稼働、新幹線、高速道路は造り続け。。。人口の減少は歯止めがかからないと言われているのに、そこまでする必要があるのでしょうか。
もし何か大事故が起きたら、政治家が責任を取って辞任するだけでは到底済む負債の額ではありませんから。
日本は終わりです。


★ーーこんにちは、あらいぐまさん

関西広域連合、一夜明けて豹変しましたね。
ビックリしました、
どの口で言うのだろうかと思っていたら、どうもものすごい圧力がかかったのだと思います。

>報じられたのは企業には個別に計画停電の実施を告げた

色んな電力会社を選択できる制度なら、なにも問題ありませんが、地域独占状態で、計画停電を告げられたら、企業の意識としてひとたまりもないのだなあと感じました。
工夫と創意で乗り切ろうと言う発想は皆無なのでしょうね。
広域連合の心意気は、今や無いも同然です。
それほど原発ムラの圧力が激しかったのでしょうが、虚しさで一杯です。

>広域連合は公表前に「期限付き条件付容認」と先んじて意見を出す以外無かったようですね。

期限付きだと言っても、一度再稼働させれば、電気のようにスイッチを入れたり止めたりなどできるわけがないのですから、無駄な抵抗ではありませんか?
もう、政府は再稼働まっしぐらです。
この勢いは、私達のような力のない国民の力では止めようがありません。
野田政権は、一応議論はしたと言う形づくりがしたかっただけではないでしょうか。
この暴君集団には誰も太刀打ちできません。

福島原発に携わった人の貴重な意見も、何も反映されていません。
事故予見などと言っても、だれも相手にしなかったのでしょうね。
安全神話に凝り固まっていた原発ムラ、政府なんですから。

投稿: まるこ姫 | 2012/06/02 16:19

まるこ姫さん、皆さん、こんにちは

小沢氏の検察役弁護人の控訴に引き続き、脱力感でいっぱいです。
関西広域連合の首長たち、偉そうに言いながら、実はへたればっかりでした。
臨時的再稼働を口にした橋下知事がきっかけで、当初のシナリオが行けると踏んだ政府は渡りに船と、一気に単純シナリオを薦めることを決断しました。
彼が白旗を振り、政府の再稼働を後押しした張本人で,一級戦犯です。
こんな体たらくで、彼が日本の官僚を使いこなすことは不可能だと感じました。
やはり、財界の支援も欲しい彼には、、既得権益は壊せないと思います。

事故前と同様、政府のシナリオは利権者だけで決定し、再稼働のゴーサインを出すことです。
そこで、唯一ブレーキとなったのが、立地自治体で無いが、同等に被害を受けることになる周辺自治体の理解でした。
周辺自治体を含む、関西広域連合が安全で無いとして再稼働に反対し続ければ、出来たはずです。

政府からもの凄い圧力があったというなら、それを逐次、全て公表すれば良いのです。
議会の再稼働反対の決定をしても良いし、住民投票を行って、住民の意思を顕在化すれば、如何に政府が決断と言っても、それを無視できないはずです。

フクシマで学んだことは、想定外にも対応できるよう事故後対応を含めた万全の対策を講じないと、原発は動かしてはいけないことです。
暫定基準といえども安全は満たされておらず、期間限定といえども安全不十分なままでの稼働は、事故前と一緒です。
東北大震災並みの大津波が来ても、原子炉は大丈夫、これはフクシマ事故前の想定を置いているのと同じ論理です。
今の段階で考え得る安全対策を全部講じるのが、誰が考えても適切な安全基準だと思うのですが。
それを全て講じるまでは安全とは言えず、原発を動かしてはいけないというのが原発事故からの教訓の筈です。

暫定基準だから夏だけの暫定的再稼働と、橋下市長、情けないことに嘉田知事までも言っていますが、その担保は無く、官房長官は即座に否定しています。
新基準だと言ってきた政府は、暫定基準と認めましたが、政府内の規制庁が出来て新基準までと言っていますが、原発ムラ出身者が暫定基準をひきつぐ可能性すらあります。
目的は原発無しで夏を乗り切れることがばれないよう、原発を維持し続けることが目的なので、夏限定にする気など無いでしょう。
既にストレステストが終わった原発が目白押しに控えており、次々と原発を再稼働させることでしょう。

国民世論は、政府の安全基準では安全では無い、この夏は節電で頑張るという意見が圧倒的です。
再稼働せず、原発無しで乗り切りたいと大半の国民は考えています。
何故、国民の意志が反映しない政治にならないのでしょうか。
日本には民主主義は存在しない,脱力感でいっぱいです。
国民の意志がどうであろうと、こういう政官業の癒着で、国民は蚊帳の外、三者の中で決定し、官僚がその中心にいて、日本を動かしています。
政官業、誰も責任をとらない、原発事故を見ても明らかです。

野田首相は責任を持って消費税の政治生命をかけると同様、決断すると言っていますが、もし事故が起これば、野田首相が自殺して責任をとって貰っても、その程度で、国民は責任をとったとは思わないでしょう。
勿論、そんな気概は無いでしょう。

投稿: 愛てんぐ | 2012/06/02 17:31

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

関西広域連合の首長達、一夜にして見事に豹変してしまいましたね。
あれだけ国民目線のような事を言いながら、これほどの豹変ぶりはビックリしました。
橋下さんの発言は、初めは民主党を敵にように扱いながら、どんどん発言が後退してきました。
やはりこの人も、信用できない人でした。
この人のやり方は、小泉さん同様、敵対勢力を作リ、自分を主役におく手法です。
わずか一日でのこの変節ぶりは驚く限りです。
今度は、政府の再稼働の旗振り役ですか。。。。
おっしゃるように、こんな知恵も勇気もない人間に官僚を使いこなすことなど到底無理でしょう。
化けの皮がはがれました。
強い者にはなびき、弱い者には徹底的に打ちのめす。
前からそんな人間だとは思っていましたが、これほど見事に豹変するとは。。。

>事故前と同様、政府のシナリオは利権者だけで決定し、再稼働のゴーサインを出すことです。

野田政権は、すべてこんな調子です。
民主主義国家とは名ばかりで、一部の人間で何事も決定してしまいます。
会議や、集会は単なるアリバイ作りのために使われるだけです。
関西広域連合というブレーキ役も、あっさり白旗を掲げました。
圧力があったとしても、日本国民の安心安全よりは地元の経済が優先されました。

>政府からもの凄い圧力があったというなら、それを逐次、全て公表すれば良いのです。

もう少し、周到な段取りと、知恵があったら良かったのに。。。
福島の大事故の教訓は何もありませんでしたね。
安全対策も見切り発車で、事故が起きた時どうするのでしょうか。
また想定外と言って逃げるつもりなんでしょうか。
事故が起きないからと高をくくっていての大事故ですから、絶対に安全基準は欠かせないはずなのに、いい加減な安全基準で、また同じ轍を踏みますよ。
学ばない人種ですね。

関西広域連合の虚しい言い訳は、夏だけの暫定基準だと言っていますが、一度原発再稼働をしたら、夏だけで停止などするはずがありません。
これ幸いに、他の原発も再稼働してゆきますよ。
暫定基準でね。
そのくらいする連中ですよ。
日本国の安全など、知ったことではありません。
事故が起きても、電気料金に加算すれば良い話で、まだ足りなければ、税金投入でしょうね。
責任は権力者ではなく、国民が取らされるだけです。

>国民世論は、政府の安全基準では安全では無い、この夏は節電で頑張るという意見が圧倒的です

私は、東電、関電区域ではなくても、節電を心がけようとしていました。
国民全体で楽しく節電すれば、、苦も楽になります。
いい加減な安全基準で再稼働するよりも、本当に原発なしでも電力が回っていくことを証明しようと思っていました。
必ず、やればできると思っていました。
この政府の再稼働ありきでは、国民の声など反映されないではありませんか。
本当に虚しいですね。

しかし、関西圏の人達は意識が低いですね。
私たちが一生懸命節電をして、政府や原子力ムラを見返してやろうと思っているのに、この人たちは他人事のように原発再稼働を喜んでいるようにも見えます。
町の声も、これで節電しなくて済んだと喜んでいました。
夜は暑いからエアコンなしでは駄目だと言っていましたが、本当に足りないのは夜ではなく、昼間の数時間のピーク時も知らないなんてね。
アホらしくなりましたよ。

野田首相は、自分の責任においてなんて偉そうなことを言っていますが、おっしゃるように事故が起きたとしてこの人間が自殺をして責任を取ったと、遺書に書き残したとして、その程度の責任では済みませんよ。
原発事故の前には、一政治家の責任など、たかが知れています。

投稿: まるこ姫 | 2012/06/02 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/54846767

この記事へのトラックバック一覧です: 経産省は原発再稼働ありき、国交省は高速道路復活、関西広域連合は豹変し:

« 野田・小沢会談は増税への免罪符、アリバイ作りだ | トップページ | 原子力ムラのすさまじい抵抗、再稼働ありきは政府だけではなかった »