« ”離党騒動で総理“謝罪”連発 谷垣氏は攻め切れず"談合3党だもの | トップページ | ”幻想なき理想主義”ではなく“超現実主義”の間違いではないか »

2012/07/10

”橋下市長、一転して野田政権評価”あれ?また豹変?

橋下市長が野田政権を評価だと。
何を考えたらこんな評価になるのか知らないが、この人も上げた
り落としたりと忙しいものだ。

<橋下市長>一転して野田政権評価 政界再編も期待
              毎日新聞 7月10日(火)12時10分配信

>消費増税法案を巡る野田佳彦首相の政権運営について「当
初言っていたことを着実に進めている。民主党の支持率は急回
復すると思う」と述べ、これまでの政権批判から一転、評価する
姿勢を示した。

この人、一体何がしたいのかさっぱり分からない。
タレント時代、大阪府知事選に出馬するのか聞かれたら、必ず
20000パーセント無いと言っていたが、何のことはないちゃっか
り出馬していた。
大飯原発の再稼働についても、初めに原発ありきの民主党政権
に対して、罵詈雑言を浴びせていたが、一夜にして突然豹変した
のは記憶に新しい。
ブレーンに飯田氏や古賀氏を置き、原発が無くても節電すればな
んとか乗り切れると一生懸命唱えていた姿はなんだったのか。
関西広域連合もそうだが、原発再稼働は夏場限定だとか、時限
的な措置だとか人々を惑わすような事を言いつつも、結局は電力
会社の圧力に屈したのだろう。
電力会社は、夏場限定など決して言っていないし、そのつもりは
ない。
未来永劫、原子力を発電しなければ経営は回っていかないのだ
から。
止める選択肢など、経営者の頭にはないと言っても良いほどだ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

その時の言い訳としては、計画停電で脅されたと言うのもあった
から、それを出されたら、県民や市民の命や、県く、経済を預かる
自治体の長としては、致し方が無いのかと、少しは理解をしたが
今回の"野田政権評価"は、どこを見てそんな評価になるのだろ
う。

>この日は「野田首相はすごい。税を上げて、社会保障の議論も
していく。確実に『決める政治』をしている」と手放しで評価。

とうとう、ハシズムとしての本性を現したか。。。。
それとも頭が狂ったか?

本来なら、社会保障の議論の末、これだけのお金がいると言うの
だったらわかるが、初めに消費税ありきでは、“決める政治"と言
われても納得が出来ないし、不信感が増す。
なんでこれだけ野田政権を称賛するのだ。
野田政権のどこが称賛に値するのだろう、国民の方へは目が行
かず財務省の傀儡となり果てている醜い姿が、“決める政治”
は。

この人は、その時その時の風を見て、ギョッとするような発言をす
るが、もうタレントではないのだから、政治家として信念があるな
ら、これほど自分の発言がくるくる変わるのはいかがなものか。

私は橋下信奉者ではないからどうでもよいが、これだけ発言が
180度変わるようでは、信奉者に取っても大変だろう。
長い年月をかけて変わるのだったら、その時の情勢もあるのだ
ろうが、橋下氏は二重人格かと思えるほど変わる。
やっぱりいくらなんでも、この変わりようはやり過ぎだし異常だ。

橋下氏は首相として待望されているそうだが、こんなあっちフラフ
ラこっちフラフラの信念の無い首相が誕生したらとても恐ろしい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« ”離党騒動で総理“謝罪”連発 谷垣氏は攻め切れず"談合3党だもの | トップページ | ”幻想なき理想主義”ではなく“超現実主義”の間違いではないか »

コメント

まるこ姫さま、こんばんは。

橋本市長はしばらく大人しくするかも知れませんね。
週刊誌で私生活の記事が出ています。
田中角栄氏そして小沢さんと週刊誌から個人攻撃を受け広げていくマスコミを使った攻撃が始まっています。
隠し子騒動ですから大変でしょう。
小沢氏の件は多くの方が事実無根の流言飛語とブログで証明されてますが、橋本市長は総選挙までは大人しくするしか無いのでしょう。
今後も蝙蝠の様な言動を続ける事になると思います。

クリントン国務長官がここ数日、日本に滞在していたのですが情報があまりありません。
この来日でTPPとかアフガン支援等を決めて言ったようです。
正確な情報が無いので憶測の域ですが、玄葉光一郎外相は8日、クリントン米国務長官と都内で会談し、TPP交渉への日本の参加について「日米間協議の前進に向けて互いに努力したい」と強調。クリントン氏は「日本のTPP参加への関心を歓迎している。日本の参加は大変重要だ」と述べ、日本の早期参加を促した。(日本経済新聞7月10日)と記事になっています。
つまり日本が参加しないとTPPは成り立たないから早く参加しなさい。と言うことですかね。
これでは強行にいろんな事を推し進める訳ですね。

投稿: あらいぐま | 2012/07/10 19:06

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
橋下大阪市長の発言にはどうも 裏がありそうですね。言葉通りの意味では無さそうです。
もしかすると民主、自民、公明を一派一絡げにしてからやり玉に挙げるのではないでしょうか?
 一つになってほうが、的を絞りやすいかも知れません。選挙を考えてではないかなんて考えます。
 橋下氏の発言は時としてそのままではありませんね。要注意です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/07/10 19:06

★ーーこんばんは、あらいぐまさん

橋下さんって、隠し子騒動で身動きとれないんですか?
何だかよくわかりません。
小沢さんも奥さんからの背信行為が週刊誌をにぎわしていますが、それが本当かうそかは別にして、私は政治に関係ない事を、なんでとやかく言うのだろうかといつも思ってます。
橋下さんも隠し子がいてたとしても、それが何か?と言う気持ちです。
その隠し子騒動で民主党に迎合しているとしたら、それも嫌ですね。
大人しくするのはいいですが、何も豹変する事はないと思いますから。
何か、脅されているのでしょうか。
総選挙、国政にでも進出するつもりなんでしょうか。
あっちフラフラ、こっちフラフラは、結果信用されませんよ。
今回の、野田政権称賛発言は、唖然としました。

どなたからか、日本のTPP参加の話は聞きましたよ。
前からTPPありきだとは思っていましたが、クリントンが来日してせっつかれたのでしょうね。
TPPも出来レースですよ。
初めからありきですからね。
引き延ばしをして、日本国民の関心が薄らぐのを待っていたような感じがします。


★ーこんばんは、くまさん

橋下さん、突如豹変しましたね。
まあ、この人の豹変癖は過去に実証済みですから、それも仕方がない事かもしれません。
が、野田政権を称賛するに当り、唖然としました。
裏があるのでしょうか?
この人、何かあると急にトーンダウンします、
分かり易い人でもありますよ。

>民主、自民、公明を一派一絡げにしてからやり玉に挙げるのではないでしょうか?

それなら良いのですが。
これから、この人の発言も注視する必要がありますね。
どこでどう変わるか分かりませんから。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/10 20:23

政治家の言葉を、額面通りに受け取る訳にもいかないでしょうし、もしかすると解散総選挙を促す狙いも有るかも分かりません。
しかし、いずれにせよこの方の発言は方向が変わり過ぎますねぇ。
本当に日本の仕組みを変えたいのか、単に自分のパフォーマンスが好きなのか、要注意でしょう。

投稿: サクラ日記 | 2012/07/11 07:20

まるこ姫さん、はじめまして。

初コメントにもかかわらず、失礼かと思いますが、「マスコミに踊らされすぎでは?」
橋下大阪市長のYouTubeの登庁時囲み取材を見れば、野田首相を好評した理由が分かります。(7月10日分 11分40秒くらいから)


橋下氏は、同じ囲み取材において、「今国会での都構想の5党合意を得られたことで、大阪維新の会の国政進出を辞めるかも知れない」とも発言されていますが、大阪維新の会の国政進出は当然あると思います。候補者数は変更されるかもしれませんが。
まあ、既存政党も「大阪維新の会は国政進出を辞める」とは思ってはいないでしょうけど。
「国政進出撤回発言」は、野田首相を好評したついでの、ちょっとしたリップサービスではないでしょうか。


私は、関東在住であり、橋下氏の考えすべてに賛同したり、橋下氏を擁護する気もありませんが、次期衆議院議員選挙の鍵となるであろう会派の代表ですから、発言に注目はしています。

しかし、日本人って不思議ですね。
「政治が悪い!」、「民主党はダメだ!」などと言いながら、新聞・テレビ・マニュフェストだけで、自分から情報を得ようとしているとは思えないですね。情報取得方法が3年前と何も変わったとは思えないですから。

いい例が、大阪市在住の有権者は200万人を超えますが、橋下大阪市長のYouTubeの囲み取材の再生回数は日々1万回にも満たないです(4~5千回がいいところです)。
囲み取材だけが橋下大阪市長の発言ではありませんが、大阪市民の方々は、自治体の首長の市政判断をどこから得ているのでしょうか。
しかも、次期衆議院議員選挙で国政進出しようとしている地方会派の代表の国政における政治判断も含まれているにもかかわらず。
実際に投票に行かれる方が有権者200万人の半数の100万人、ネットが見れない方がさらに半数いらっしゃったとしても、残り50万人の有権者の方々がいらっしゃいます。
YouTubeの1万回未満の再生がすべて大阪市民だとしても49万人超の方々は、すでに次期衆議院議員選挙の投票を決めているということですかね。
それとも日々20分程度はある囲み取材を1~2分程度に抜粋された報道だけで、橋下大阪市長の発言をすべて理解できたということでしょうか。
(せめて再生回数5万回超であれば、1割くらいが支持政党を決めてないのかな?とは思えますが)
せっかく、ノー編集でほぼ毎日公開されているのに、判断材料として扱わないのはもったいないと思うのは、私だけですか?


私は無党派だからこそ、政党マニュフェストはもちろんのこと、自分の選挙区の立候補者の経歴・著書・雑誌インタビューなどから、投票する候補者を選びます。
3年前の衆議院議員選挙も同様に選びましたが、民主党の候補者が小選挙区での当選となりました。(投票したのは民・自・公の候補者ではありません)
また、衆議院選挙と同時に行われる最高裁判所裁判官国民審査も国民審査を受ける裁判官の過去にかかわった裁判の判例を参考に罷免かどうかを判断しています。


個人的な感想などを書かれてあるブログにもかかわらず、長々と申し訳ありませんでした。

投稿: ごんちゃん | 2012/07/11 11:22

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

この人、急に豹変しましたから、裏で゙何かあるのでしょうが、あまりに発言が180度変わったら、何を信じて良いのやらわかりませんね。
しかしこの人の今回の発言も変わりすぎますが、原発再稼働に対しての一夜にしての豹変ぶりは、自治体の長として信頼性が無くなります。
ある程度持ちあげるのだったらわかりますが、昨日と今日の発言がこれだけかるのは、政治家としてはいかがなものでしょうか。
自分の思惑があるとしても、不信感を買うだけだと思いますよ。


★ーーこんばんは、ごんちゃんさん、初めまして

>マスコミに踊らされすぎでは?」

そうではないでしょ?
マスゴミは橋下大好きですよ、ほとんど迎合と言ってよいほど批判はしませんよ。
そのマスゴミが報道したのには、ただ単に発言が面白かっただけですよ。
それ以下でも、それ以上でもないと思っています。
マスゴミは、いわゆる人気者に対しては批判らしい批判はしませんから。
橋下さんは、消費税は地方へと言っているわけですから、消費税に反対の立場ではないですね。
地方へ消費税が渡れば、願ったりかなったりで、だから野田政権への批判方針を変えたのではないでしょうか。
基本的には自治体が消費税を分捕ればそれでOKなんですよ。

>新聞・テレビ・マニュフェストだけで、自分から情報を得ようとしているとは思えないですね

そうですか?
ここへきて下さるほとんども皆様は、良く勉強されていますよ。
新聞・テレビよりも、いろんな情報を取捨選択されている方々ばかりです。
政治を本当に勉強されている、だから私も勉強する事ばかりです。
橋下さんに踊らされるテレビや、新聞が情報源の大阪の方に意見されたらいかがですか?
ごんちゃんさんの知識や、博学をここで披露されても仕方がありません。
少なくとも、私は消費税増税に賛成した、自公民、たちあがれ日本には投票しませんね。
消費税増税も必要でしょうが、改革が看板倒れの状態でいくら上げても穴のあいたバケツに水を入れるだけですよ。
却って増税分で既得権益者たちがまた利権を作るだけです。
こんな悪循環を断ち切ることが、近々の課題だと思いますがね。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/11 17:27

こんばんは。
コメントありがとうございます。

「マスコミに踊らされすぎでは?」とは、面白おかしく報道された記事そのものをまた面白おかしく投稿されているようなので、ご指摘したまでです。

過去の投稿で、「民主・自民・公明にはみんなで投票しないようにしよう」とあったと思い、また、時事問題を取り上げているブログは多数ありますが、投稿される記事の感想をもう少し違った視点で書けば、もっと面白いブログになるのではないかと思ったブログがこのブログだったのですが。

日頃、このブログを見られコメントされていない大阪の方々に向けてもコメントしたつもりですが、あなたのコメントを拝見すると、「大阪の方へはご自身で、このブログを見ている大阪の方々が判断を間違っても知りません」という風にも読み取れます。

ご自身の投稿が少しでも批判されれば、納得いかない方なんですかね。
批判コメントはないんですね。よくわかりました。

投稿: ごんちゃん | 2012/07/11 22:52

★ーーこんばんは、ごんちゃんさん

私がどんな感想を持とうと、それはそれで良いのではないかと思います。
私も、他人さまのブログにとやかくいいませんし。

>投稿される記事の感想をもう少し違った視点で書けば、もっと面白いブログになるのではないかと思ったブログがこのブログ

上から目線でご助言を言っていただかなくても結構かと思いますよ。
どんなにつたない文章でも、私は私の感想を記事にしていますし、これからもして行くつもりです。
私は大阪の方へとか、方ではないとかで記事にはしていません。
単なる個人の感想です。
それを読み、どんな感想を抱かれるでも、それは受け取り側の意思ですから、どうしようもありませんが、あくまでも私のブログは個人ブログですから、個人ブログの特性上、反対意見、賛成意見を募る場ではないことは確かですね。
掲示板でも無ければ、ブロゴスのような多種多彩な意見を募る所ではありませんから。
どうもそれを分かっておられないのが、ごんちゃんさんでないかと思いますよ。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/12 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/55164322

この記事へのトラックバック一覧です: ”橋下市長、一転して野田政権評価”あれ?また豹変?:

« ”離党騒動で総理“謝罪”連発 谷垣氏は攻め切れず"談合3党だもの | トップページ | ”幻想なき理想主義”ではなく“超現実主義”の間違いではないか »