« 人災と言われた民主党最高顧問(新エネルギー政策担当)の菅前総理、 | トップページ | 白ける、明日行われる野田首相と谷垣氏の直接対決 »

2012/07/07

”きょうの国民の生活”と”明日の国民生活”、仙谷氏小沢氏批判

またまた仙谷氏が、持論をぶちあげている。
”きょうの国民の生活を守った瞬間にあすの国民の生活が倒れか
ねない状況"
と言うが、国民生活には明日も今日も無いと思うが。

「国民生活第一」では解決しない=小沢氏を批判―仙谷氏
               時事通信 7月6日(金)20時16分配信

>「きょうの国民の生活を守った瞬間にあすの国民の生活が倒
れかねない状況で、『国民の生活が第一』と100回唱えようと、
何の政治的解決にもならない」。
>仙谷氏は「今の単年度税収より借金が多く、累積債務額が10
00兆円を超える財政の中で、国民の生活がどこまで続けられる
のか」と指摘。「増税反対、原発再稼働反対を旗印に訴え掛ける
やり方とは何なのか。それがある程度通用するのが、日本の政
治の危機だ」と語った。

ニワトリが先か、卵が先かの議論と同じく、水掛け論のような話
をいくら講演しても結論は出ない。
この人の発想は、真から小沢嫌いだと言う事にしかならない。
明日の国民生活より前に、今の国民生活が破滅してしまったら
明日の国民生活が無いとも言える.
それよりも、財政再建や、税金に群がる元の改革が何の進展も
しないことの方がより問題になると思うが、そこには何の言及も
せず、ポピュリズムは駄目だと言う発想が理解できない。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

私達は今、重税感にあえいでいる。
住民税は上がり、所得税も復興税名目で来年から上がり続け
る、年金保険料も上がり続け、下がり続けるのは所得だけと言
う現実は、明日の生活どころか、今の生活が成り立たないほど
の状態になっていると言う事だ。
昨日発表になった、世帯平均所得は、1988年と同じ水準の
588万円にまで下がった。
生活が苦しいと感じている所帯はなんと、61.5パーセントにも
及ぶようになった。
実に6割の所帯が生活が苦しい、生き難いと感じているのだ。
この世帯平均所得とは、住居と生計を共にする家族の所得を合
算したもので、と言う事は、夫婦の所得の合算が多くを占めて
いるのだろうと思うが、夫婦二人合わせても、削減された東電の
所得や公務員一人分の所得と変わらないようでは。。。。

もう今の生活は生きていくだけで精一杯の所帯が多いと思うが
それでも絶対に消費税反対だとは思っていない人も多い。
この国の財政赤字を少しでも少なくする方向へ行って貰いたいと
思っている人が大半だと思う。
ただし、今の既得権益が優遇されているシステムを野放しにし
ておいての、今すぐ増税しないと国が破たんすると国民を恫喝す
るような手法は国民を侮リすぎだ。
今一番先にする事は、大きな穴のあいたバケツを塞ぐことだ。

昔の左翼運動家も、今や権力の先鋒になり下がった。
7奉行の思考はほとんどロボット状態だ。

嘘のマニフェストで政権を奪った民主党政権には何も期待する事
もないし、その中の議員が何を言っても信用に値しない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 人災と言われた民主党最高顧問(新エネルギー政策担当)の菅前総理、 | トップページ | 白ける、明日行われる野田首相と谷垣氏の直接対決 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
民主党のお馬鹿が小沢新党を批判すればするほど、倍になってつばが返ってくることをわからないのでしょうね。
 批判すればするほど、民主党がバカに見えます。
 本当にお馬鹿ですね。
 もう、末期症状です。
多分まだまだ、民主党を離党する人がいるはずですね。楽しみです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/07/07 19:24

まるこ姫さま、こんばんは。

病気の人に来年になればいい薬が出来るから今は我慢してねと言って何の治療もしないで明日急変して死んじゃったら来年は無いんですね。
今日も明日も来年も全部手立てする方法を考えなければならない状況だからもっと手を突っ込めるとこが有るんだからまずは手を突っ込みなさいという事を小沢さんは言っているんだけどね。
学歴と偏差値が高い人は目先の事しか見えないから今日か明日かの二者択一の選択肢しか分んないんでしょうね。

投稿: あらいぐま | 2012/07/07 20:41

★ーーこんばんは、くまさん

菅総理以下、野田も7奉行も小沢氏を批判すれば世論を味方につけると思っている節がありますが、そもそもの理念が"国民生活が一番"と言っていたわけですから、すべて自分達に跳ね返ってくることばかりです。
ホント、批判すればするほど、滑稽に見えますよ。
だって理念を捨ててしまった、もしくはなかったと言う事になってしまいますから。
何を言っても、もう信用しませんよ。
参議院の法案通過によっても、離党者が出てくると思いますね。
どのくらい減らすのか見ものです。


★ーーこんばんは、あらいぐまさん

おっしゃる通り、重病の人に未来が大事だといくら力説しても説得力はないでしょうね。
死んでしまったら元も子も無いのですから。
やはり基本に帰るのが一番ではないでしょうか。
財政健全化ですよ。
財政が不健全で、どれだけ資金を投入してもどぶに捨てるだけでdす。
そんなお金払いたくありませんよ。
増税の前にやることやる、それが基本ですからね。
小沢さんだって、むやみに増税を反対しているわけではないといつも言っています。
それを小沢は変身したと宣伝する人がいますが、詭弁もいいところだと思います。
野田政権、7奉行、自公、マスゴミ、官僚、総出で国民を洗脳しにかかっています。
気をつけたいですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/07 21:58

100%消費増税を反対するつもりは有りませんが、やはり景気浮揚策も含めて総合的な政策が必要です。
また原発も、今すぐ全て止める訳にはいかないと思いますが、ここでも、未来のエネルギー像を示し、その過程においてどのようにするかが必要です。
しかし、これらの事は全く考えようともしていません。
政権与党の座に居ながら、小沢氏批判ばかりを言ってますが、その前に、与党としての責任ある態度を示すべきです。
仙石は、確実に共産主義的な発想の人物でしょう恐らく。
自分達が勝手に決めて、それに従わない者は脅しとも受け取れる言動を行う。
一刻もも速く政権与党の座から引き下ろし解党させる必要が有ります。
自民党政権に戻る事は望みませんが、倒閣という点のみにおいては応援したいです。
しかし、選挙後に自民党と民主党が連立与党になると国民にとって大変な事になりますが、官僚はどうもその辺りを期待しているようです。
次期選挙では、自民、民主、公明の3党が連立を組んでも過半数に届かないように国民が考えるべき時期です。

投稿: サクラ日記 | 2012/07/08 08:21

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

消費税も、上げなければいけないとは分かっていますが、氏消費税の法案を作る方が、ものすごいある自分達の特権をほとんど手放さず、取れるところから取る安易な考えには、だれもが反発するのではないでしょうか。
そして、消費税上げだけではなく、雇用対策、行財政改革も同じようにやる必要があると思います。
そちらの方へは何の手もつけず、足りないからと上げられたら私達の生活は破綻してしまいます。
原発にしても、今までのシステムを踏襲するだけではなく、原発が無くても経済が回っていくような新たなエネルギーへの転換もする必要があると思います。
消費税もそうですが、途中の説明がまるでなく、結論だけ急ぎ過ぎだと思いますよ。
野田さんは、国民に丁寧な説明をして理解を求めると何度も言っていますが、私達はいつ丁寧な説明を受けたのでしょうか。
この人のやり方は、いつも結論ありきですから。
初めから自分達の中では分かっている事を、国民に押し付けるだけです。
与野党かかわらず、ほとんどの議員が小沢批判をすれば自分が目立つとでも思っているのか、政策そっちのけで批判ばかりしていますよね。
私達は、これからの政策が聞きたいのであって、反対派の議員を貶める発言など聞きたくありませんよ。
仙谷氏も、本当に厚かましい人ですね。
若い時代の権力闘争を今に、引きずっていると感じますが、筋金入りの左翼は、今もえげつないです。
相手を貶めることばかり言っていますが、今の民主党の体たらくは、人を批判する資格などありませんよ。
害虫は駆逐するしかありません。
早く行き詰って選挙になる事を願います。
民自公には、絶対に票を入れないようにしましょう。
この3党が大連立を組もうにも組めないほどの減少になればよいのですが。
大連立を組まれたら、大変な事になりますからね。
もう、こうなったら草の根運動を起こすしかありませんね。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/08 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/55138241

この記事へのトラックバック一覧です: ”きょうの国民の生活”と”明日の国民生活”、仙谷氏小沢氏批判:

« 人災と言われた民主党最高顧問(新エネルギー政策担当)の菅前総理、 | トップページ | 白ける、明日行われる野田首相と谷垣氏の直接対決 »