« "主要新聞社の社説がみんな『消費税上げろ』と言っている"それがどうした! | トップページ | 野田首相、消費増税、現時点では厳しい発言 »

2012/07/23

3党合意で200兆円規模の公共事業を同意させられていた?

本当にバカとしか言いようがない。
決められない政治からの脱却と、誰におだてあげられたか知らな
いが、党内の了承も得ず消費税増税に向けて3党合意をした、そ
の結果、身内から三下り半を告げられ、離党者がぞろぞろ。。。。
自公は、”3党合意の重み”を最大限に利用して、あれも撤回しろ
これも撤回しろと、脅迫的に言い募る。

自民党は本当に狡猾だ。
参院での消費増税法案審議で、”費税アップによって増える税
を公共事業に回すよう”
に要求したそうだ。
野田首相は、”財政の対応力が回復した時に対応したい”とあっ
さり了承したと言うから、この首相、二枚舌どころか三枚も四枚も
舌があると言う事になる。。

何度、消費税アップをした分を社会保障費に回すと言うコメントを
首相のみならず、他の大臣から聞かされたことか。
野田首相、野田政権は、詐欺集団だ。
詐欺マニフェストで政権を取り、国会で嘘八百述べる。

自民党も何も変わっていない。
自民党政権の政策の中心であった公共事業一辺倒がどれだけ
財政を圧迫しているかわかりそうなものを、いまだに公共事業が
この国を変える、救うような発想だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

3党合意を錦の御旗のように言う自民党は、すっかり野田首相を
手玉に取っている。
そもそも、自民党は消費税を上げたくて仕方がなかった党だ。
汚れ役をヒーロー気取りで引き受けた野田首相を、ゆさぶり結局
自民党の念願である、200兆円規模の公共事業を同意させてし
まった。
ゾンビのようだ。。死んだと思っていたら執念深く復活する。
しかしこの財政難で、“10年で200兆規模の公共事業"は正気
の沙汰ではない。すごい発想だ。
毎年1兆円ずつ、社会保障費が増え続けていると宣伝する割に
は、この矛盾した意識は何なんだろう。

勝手にした3党合意で抜き差しならぬ自公との関係。。
自民党からは、うそつき呼ばわりされ挙句、最低保障年金を撤回
する事、そして時期衆議院選挙のマニフェストを消費税増税と記
す事まで要求され、約束してしまう。
自業自得と言えば、自業自得だが、これでは政権交代時の民主
党とは全く違う党になってしまう。
国会内で、自民党と第二自民党が慣れ合いのじゃれあいをやって
いるようなものだ。
こんな茶番で、高い歳費が支払われている不条理は。。。。。

せっかく、”コンクリートから人へ”が実現するかと思っていたら、な
んの事はない、人に投資は何もなかった。
既成政治家にかかったら、昔も今も、コンクリートは不滅だと言う
事が良くわかる。
民主党が全く政治的に機能しなかった、次は自民党と言う事にな
るとこの国は大変な事になる。
私は、次回の選挙は自公民には絶対に投票しないが、国民は本
当によく考えて投票して欲しい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« "主要新聞社の社説がみんな『消費税上げろ』と言っている"それがどうした! | トップページ | 野田首相、消費増税、現時点では厳しい発言 »

コメント

野田佳彦の無能さ、いい加減さには呆れ果てますねぇ。
大体、3党合意の場に町村がしゃしゃり出ていた辺りからきな臭いとは思ってました。
野田佳彦は、増税分は社会保障にしか充てないと言ってましたが、やはり国民を騙していましたか。
また、決め切る政治などと大きな口を叩いてましたが、その結果がこれですか。
これからの日本は人口減少社会ですよ。
そこに200兆円かける必要性が何処にあるのか、はなはだ疑問です。
自民党に良いように利用されただけですねぇ。
自民党にとっては増税したくて仕方無かったのですし、公共事業のバラマキにより票を得たい立場でしたから、野田政権で達成出来れば、所謂タナボタです。
野田佳彦こそ民主党を除名すべき人物でしょう。
財務省に操られ、自民党に利用されて、それで総理大臣が務まるんですねぇこの国は。
野田佳彦は無能無責任である事が、何故にまだ分からないのでしょう民主党議員は。
やはり金の力でしょうけど。

投稿: サクラ日記 | 2012/07/23 18:29

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
この話は 公共事業をして過去どうなったかを知っている自民公明が、全く反省為しに行おうとしていることです。
 過去も増税して、同じことをし、財政赤字をどんどん増やしています。
 そんなことをやらせてはいけません。
公共工事で景気は良くなりませんし、財政赤字は減少しません。減少するどころか、社会保障の分まで食いつぶしそうです。
 要するに消費税増税で潤うのは土建屋だけ。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/07/23 19:21

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

野田首相は、すっかり自公に魂、抜かれてますよ。
なんでも自公の言う通り。
それほどしても、消費税だけは通したいのでしょうね。
おっしゃるように、3党合意の前に、町村しゃしゃり出てきていましたね。
こんな議員、全く信用できません。
野田内閣の閣僚は、口をそろえて増税分を社会保障に充てると言っていましたが、嘘ばっかり。
決める政治は、どうも藤井のじいさんが炊きつけたのではありませんか?
経済成長時代でもあるまいし、人口が減る一方でなんで200兆円もの公共事業がいるのでしょうか。
そう言えば、ダムも、新幹線も民主党が復活させましたからね。
自民党と思考が変わりませんね。
しかし、自民党は悪辣ですね。
消費税増税も野田首相を炊きつけて成立させるでしょうし、悪いところは民主党のせいにしてしまい、次は政権奪取するつもりでしょうが、こんな無能な党はまた官僚の思うつぼですよね。
ホント、野田首相こそが除名されるべき人物です。
民主党の理念はどこへやら、自公と手と組み、過去へ戻ろうとしています。
自公民3党は悪の権化以外何物でもありません。
民主党議員も、すっかり大臣病に取り憑かれてねえ。。。
早く、雲散霧消すれば良いのに。


★ーーこんばんは、くまさん
高度成長期ならいざ知らず、人口はどんどん減少してゆき、ある程度インフラも整備されているにもかかわらず、未だ公共事業で経済活性化ですと。
そんな事、素人でもわかる話が政治家の意識は本当に遅れていますね。
自公は過去の反省がまったくありません。
おっしゃるように、増税してからこの方、経済は悪化の一途をたどっています。
財政赤字は増える一方ですが、まだ増やすつもりなんですかね。
そして、社会保障に充てると言っている消費税増税分でさえ、公共事業に使うと言う政治センスのなさは、底なし沼です。
また、土建屋さんの復活になりそうですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/23 20:28

まるこ姫さま、おはようございます。
今回の消費増税を報じる時、枕詞のように言われるのが、“社会保障と税の一体改革”です。
だから、民主党が(表向きにすぎないでしょうが)増税分は社会保障に使うと言っています。ところが、自民党は国土強靭化と称して10年間に200兆、公明党は防災関係で10年間に100兆円使うと言っています。
各政党によって、バラバラな使い道を言っておきながら三党合意だそうで、これが何よりも重いらしいですね。
私、頭悪いから彼らの言ってる意味がわからない(苦笑)。
わからないから推測すると、やはり公共事業に向かうのですかね。もう民主党は地方の新幹線建設にGOサインを出したみたいですからね。
なんでも、佐賀の方のどこぞの区間は、2兆円かけて縮まる所要時間がたったの2分と聞いて脱力しちまいましたが、またしても要るんだか要らないんだかわからないようなものを、あれやこれや全国規模で作る気なのでしょうか。
んなもん、いくら増税したって足りませんよ。
で、あちらで官製談合、こちらで耐震偽装。揚句に、怪しい金銭にまつわる疑惑は四六時中飛び交い、ガス抜きに大臣のクビが2〜3人飛ぶだけで同じ事の繰り返し…
いや〜、もう、こんな光景見たくないですなあ。
そういう意味では、今度の選挙はホントに大事ですね。民主党のマニュフェストと違って、コレはホントに実行されそうですから。

投稿: 肉山会 | 2012/07/24 06:13

☆デフレ対策としてOK
 国土強靭化法案は賛成です。この案は京都大学の藤井教授が大胆に地震対策など公共投資を行い、デフレ脱却すべしと国会でも演説されたものです。
確かにインフレ状態で200兆もの投資を行えばアウトですが、デフレ脱却するためには必要なことです。
 財源を消費税ではなく、米国債を担保に日銀に円を刷らせればいいんです。そうすることでGDPが大幅に上がり、法人税を支払ってない多くの企業が税金を支払うようになり数10兆円増収になります。また、それに伴い所得税も上がりますからOkなのです。3%程度のインフレ状態になった時点で消費税10%にするとバランスが取れ、財政的にも落ち着いた状態になります。

今、大手メディアがバラマキだとみなさんを洗脳する動きを行っていますが、ナンセンスです。

参考:三橋貴明ブログより
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

投稿: きらきら | 2012/07/24 09:00

★ーーこんばんは、肉山会さん

何度も、消費税増税分は、社会保障に使うと言っていましたよね。
普通考えたら、上がった分を社会保障に回すなら仕方がないかと考えると思うのです。
それが、全く違う方に使われるとしたら、言っている事が、ますます信じられなくなります。
それでなくても、信じられないのに、裏取引していたと言う事なんですから。

>自民党は国土強靭化と称して10年間に200兆、公明党は防災関係で10年間に100兆円使うと

税と社会保障ばかりクローズアップされていますが、まさか、こんなこと知っている人は少ないだろうと思いますよ。
勝手に3党合意をしておいて、国民との約束よりその方が重いんですから、どうしようもないです。

>民主党は地方の新幹線建設にGOサインを出したみたいですからね

そうなんですよ。
私、青春18キップで北陸の方を旅行したことがありますが、在来線は本当にさびれています。
昼間は2時間に一本と言う事もありました。
関ヶ原もさびれていましたね。
北陸に新幹線を引いても、それほどの乗降客があるでしょうか。
私には信じられません。
佐賀の方の話と似たようなものですよ。
費用対効果など、少しも考えていない。
鉄道や、ダム、高速道路の拡充、投資をするなら、どれだけお金があっても足りませんよ。
景気の良い時の話なら、まだわかりますが、税収が減る一方で、これは無謀ではありませんか?

>あちらで官製談合、こちらで耐震偽装。揚句に、怪しい金銭にまつわる疑惑は四六時中飛び交い

また自民党時代の、花よ、蝶よに逆戻りしそうな感じがします。
時代錯誤も甚だしいです。
次の選挙、民主党が激減したとしても、自公民と、くっつく恐れ充分ですよ。
そうなるともう、政権与党に居座ってやりたい放題でしょうね。
恐ろしい時代が来るかもしれません。


★ーーこんばんは、きらきらさん

私は、きらきらさんと全く違う意見です。
40兆しか税収が無いのに、20兆もの公共事業投資はいくらなんでも無理ですよ。
また赤字国債発行ですか?
野田首相は、未来につけを残してはいけないといつも言っていますが、ツケだらけになりますよ。

>米国債を担保に日銀に円を刷らせればいいんです

今度は錬金術ですか?
一時的には良いでしょうが、10年もの長期もに渡ったら破綻しちゃいますよ。
もう、経済の画期的な浮揚はどう考えてもある時代ではありませんからね。
机上の空論になりかねません。
現実には、そんなにうまくいくでしょうか。
公共事業も地震対策などでしたら、それもありかと思いますが、新幹線や、高速道路の拡充など箱物を作れば作るほど、あとの維持管理が大変です。
費用対効果で、効果が上がればよいですが、どんどん人口減少をしている時代に、毎年20兆円もの公共投資は疑問ですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/24 17:42

☆バランスシートの見方はご存じですか?
 日本の財政難は緊縮財政をはじめてデフレ不況になったんですよ。たとえば田中角栄の時代に財政難だったと思いますか?
 貸借対照表つまり、バランスシートの左側が資産の部で右上が負債の部です。財務省は右上の負債の部分だけ国民に見せているのです。米国債など有価証券(約250兆円)は左側の流動資産、購入した設備、建物などは固定資産であり、家計簿的な経済感覚では理解できないと思います。
日本国が所有している流動資産、固定資産は数千兆円あると思います。今回200兆円の建設国債を発行しても赤字にはなりません。バランスシートの左右に200兆円を計上します。 借金の金利などに充てる赤字国債と混同して議論されているようです。
 私の発想は、民間企業の賃金を公務員並みに引き上げさらに非正規社員を正社員にするための政策が必要だと考えています。そのためにも国土強靭化で200兆円の公共投資が必要です。民間企業の大半が法人税を払っていません。利益の40数%税金です。1億円の利益を上げると4500万円ほど税金を支払います。余り税金を払いたくない気持ちに会社の社長は考え、民間企業が工場の設備更改など行い、減価償却の費用を立て初年度2000万円だと4500-2000=2500万円の税金で済みます。
こういう動きが出ると日本のGDPがドカーンと大きくなり、税収も比例して多額になり、消費税は上げなくてもいいのかなという状況になるかも知れません。
 現在、円は、140兆円のお金があり、ドルは2兆ドルあるので単純に70円/ドルの為替になるとジョージソロスのソロスチャートなるものがあります。60兆のお金をすれば200兆円になり、100円/ドルになります。従ってドルの供給がないものとすると200兆円刷ったら340兆円になり、170円/ドルの為替レートになる訳です。そうすれば社員の給料も2倍にできるかも知れません。そうすれば非正規社員も正社員になれる訳です。ただしインフレになると思いますがインフレ率が4%くらいになってバブル状態になったら消費税アップして消費意欲を沈めればちょうどいい状態になるのです。 今の日本はドンドン、倒産する会社、失業などで自殺する人々、デフレは人殺しなのです。
 だから、デフレ時代は公共投資をドンとやらないとデフレ解消できないのです。
 まずはバランスシートの勉強を行ってください。私は小さな会社の社長をやっており、剰余金を使って昨年は5000万円ほど工場の設備投資しましたが減価償却費用が立つので毎年の利益が少なくなっています。

投稿: きらきら | 2012/07/24 20:29

★ーーこんばんは、きらきらさん

分かったような分からないような。。。。。

>デフレ時代は公共投資をドンとやらないとデフレ解消できないのです。

公共投資と言っても、発展途上国ではあるまいし、そんなに色々あるとは思えませんしね。
それに一部産業だけが潤うような気がしますし。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/24 20:42

長老達がやろうとしてる整備新幹線はどうかと思うけど

麻生太郎がいうように老朽化したインフラ設備の更新や強化さらには大都市の一曲集中を回避する為の輸送路は確保する必要があると思う。
そして今日本の最大の問題はデフレでこれがある限り不況から抜けられず極度の財政悪化も招いている。民間の投資がなく内部留保も設備投資やグローバル化による海外進出で大半はなくなってる。そうなると政府がどうしても財政支出して民間需要の掘り起こしをやらなければいけない。

社会保障はデフレ対策にはならずやはり増収による景気回復で拡充していくしかないと思う。

もちろん金融緩和も必要ですが。

とりあえず公共事業を削減した小泉内閣あたりから急激に格差が拡大してるのがよくわかります。金融緩和や円安でなんとかやってけましたが

ここ最近は円高デフレでますます経済が縮小してます。こうなるとますます福祉や防災の予算を削られ日本はいよいよ国家破綻への道へ進む事でしょう

投稿: 中立 | 2012/07/25 04:50

まるこ姫さん、皆さん、おはようございます。

自民党が原発法案で安全保障を忍ばせ核保有の可能性を明言させたり、10年で200兆円の国土強靱化法案を呑ませたり、自公政権で出来なかったことを三党合意の下でやろうとしています。
民主党は決める政治と言って、マニフェストを放棄すれば拠って立つところは無いのは当然ですが、信念無く、なんでも受け入れています。
大政翼賛会に向かおうとしているかのように見えます。

大震災で防災意識が高まり、それにつけ込んで、国土強靱化を持ち出してきたように感じます。
公共事業による景気回復は困難であると、消えた20年で嫌と言うほど分かった筈だと思いますが、性懲りも無く持ち出して、土建国家に戻るつもりなんでしょうか。
人口減社会に向かい、成熟社会に向かっているなかで、過度の公共事業はもはや不要です。
1000年に1度のために、国全体をコンクリートで固めるなんて、ナンセンスです。
減災、ソフト面での防災ということは必要ですが、流れはやっぱりコンクリートから人へです。

日本がいち早く発展できたのは、江戸時代の寺子屋に見られるように、教育です。
落ちこぼれを作らない、イジメを作らない教育、大学まで教育費の無料化など、教育にもっとお金を掛けるべきです。
転職のための再チャレンジできるよう、人造りが重要です。

お金を掛けなくても出来る既得権益の打破、無用な規制の緩和を優先すべきです。
公共投資も、自然エネルギーなど、日本の特質にあった産業を成長させるように、選択と集中をさせるべきと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2012/07/25 07:48

★ーーこんばんは、中立さん

立ち位置の違いかもしれませんが、公共事業をすべて廃止にしろなどとは言っていないです。
優先順位を考えたら、高速道路や、整備新幹線が今必要なのか?と言っているのです。
勿論、老朽化したインフラ、地震対策、まだあるでしょうが、毎年20兆円もの公共事業はどうしても必要とは思えまえせんね。

>民間の投資がなく内部留保も設備投資やグローバル化による海外進出で大半はなくなってる

無くなっていませんよ、
大手企業は、しっかりため込んでいますよ。
特に自動車関連は。
家電は、大きな損失が出ていますが、戦略を誤ったせいではありませんか?
社会保障と、デフレ対策は、全く違うものだと思いますね。
旧態依然とした雇用ではない、新しい発想の雇用を考えるのが政府の役目だと思いますよ。
コンクリートより、人に投資ですよ。
デフレ対策が、一番の課題だと思います。
これ以上デフレになったら、ますます税収はじり貧ですから。
安売り合戦も、どうかと思いますよ。
結局、長い目で見たら自分で自分の首を絞めているわけですから。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

自民党は、狡猾ですよね。
民主党の敵失に乗じて、原子力基本法も変えてしまいました。
自公政権で出来なかった、前からの課題を民主党、野田政権の抱きつき作戦を逆手に取って二百兆もの公共事業も、約束させました。
税と社会保障の一体化を、税と公共事業の一体化に変えてしまいました。
消費税を上げた分を社会保障に上げると言ったのは大ウソでした。
この先、いろんな法案をいびつに変えながら3党でごり押しするのでしょう。
大政翼賛会そのものですよ。
恐ろしい日本になりそうですね。
勿論、公共事業すべてを否定するわけではありませんか、今までのような公共事業では景気回復は無理だと思っています。
公共事業で経済活性化すると言う人が多くいますが、私はそうは思いません。
これから人口減少社会が待っているわけですし、税収もどんどん減っていくでしょう。
ある程度インフラも整っているのに、どうやって毎年二十兆もの公共事業が必要なんでしょうか。
不思議で仕方がないです。

>減災、ソフト面での防災ということは必要ですが、流れはやっぱりコンクリートから人へです。

おっしゃる通りで、コンクリートから人への転換をする時代にかかったと思いますね。
その面でも、教育に力を注ぐことは、今、近々の必須科目だと思います。
今からしても、成果が出るのは何十年後なんですから。

>お金を掛けなくても出来る既得権益の打破、無用な規制の緩和を優先すべきです。

お金をかけることばかりが注目を浴びますが、、お金をかけないでもやれることは沢山あります。
創意工夫をすれば、日本は変わると思いますが、前例がないの一言で跳ね返されてしまいます。
発想がものすごく古いですし、既得権益者たちを守るだけのこの国は、未来はありませんよ。
変わる必要があると感じたら変えなければ、未来永劫変わることなど出来ないでしょうね。
それが今だと思うのですが。

投稿: まるこ姫 | 2012/07/25 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/55262282

この記事へのトラックバック一覧です: 3党合意で200兆円規模の公共事業を同意させられていた?:

« "主要新聞社の社説がみんな『消費税上げろ』と言っている"それがどうした! | トップページ | 野田首相、消費増税、現時点では厳しい発言 »