« ”石原氏が大連合を呼び掛け”、はあ? | トップページ | 上滑りで空疎な所信表明演説、"明日への責任”連発 »

2012/10/28

民主党、マニフェスト未実現へ見苦しい言い訳集

民主党の細野氏、民主党議員の中において、少しは見所がある
かと思っていたが、原発担当相時の後半から疑問符を覚える事
が多くなってきた。

民主党の代表選時、若手議員に代表選で戦ってくれと要望を受
けた時、まんざらでもなさそうな感じを受けたが、結局出馬を断念
した。
その理由が、”福島の事が頭から離れなかった”とか“原発対応
をおろそかにしたくなかった"
とか、福島の課題に専念したいとい
うようなもっともらしい話をしていた。
が、代表選を降りたのか、降ろされたのか知らないが、野田が再
任された時点で、政調会長のポストを与えられている。
だったら、あの福島に対しての熱い思い入れはなんだったのか。
福島、被災地、被災者を利用しただけではないか。

その細野氏が、政調会長の座に収まり、”政調役員会で、09年
マニフェストで実現していない政策22項目について、その理由を
記した資料を配布した。”
と言う。

民主、未実現マニフェスト削除も…政策見直しへ
             読売新聞 10月28日(日)10時21分配信

>財源確保ができないなどの理由でメドが立たない政策が批判
を浴びていることを踏まえ、
「子ども手当」が一度は導入されながらも自民、公明両党の反発
で「児童手当」に回帰したことについて、多額の財源が必要である
ことや自公両党との合意への留意の必要性を挙げた。国の出先
機関の原則廃止は「党内および市長会の反対が強い」とし、「食
品安全庁」設置に関しては「役所間の調整が困難」と指摘している。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

財源が確保できないのは、国の枠組みを変えていないからだ。
小手先の改革では、この国の枠組み、システムが変わるわけが
ないし、財源捻出も出来ない事くらい、素人だって分かりそうなも
のを。。。
一応は政治のプロを自任する国会議員たちが、それが分らなか
ったのか、とても疑問だ。
マニフェスト実現を出来なかった理由として、自民、公明の反発
そして党内市長会の反発、役所間の調整が困難等々、理由を挙
げてはいるが、そんな初めから想定済みだと思っていなかったの
だろうか。
初めから何の抵抗も無く、スムーズに事が進むと思っていたのだ
ろうか。
全然、覚悟も、気迫も感じられない
その程度の覚悟で改革を実行するつもりだったとしたら、とんだ
甘ちゃん集団だ。
しかも、財源のかからない改革さえやる気が見えない。
検察、警察改革など、やろうと思えばできるものさえ、先送りにし
ている。
弁は立つが、実行力0を官僚に見透かされているのではないか。
既得権益者にとって、民主党政権は御しやすい党だったと言う事
になるし、次の選挙、もう、どんなに口当たりの良いマニフェストを
作っても誰も信じないのではなかろうか。
それが分っているのか、できるだけ政権に居座っていたい構図が
際立つ。

とは言え、石原氏や、橋下氏も今一つ、信用できない。
威勢の良い発言や、言いっ放しの発言にも充分に気をつけたい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« ”石原氏が大連合を呼び掛け”、はあ? | トップページ | 上滑りで空疎な所信表明演説、"明日への責任”連発 »

コメント

こんばんわ。
「政策見直し」ですか。
また、相変わらず民主党政権は、ゴタゴタ続きで呆れますね。
そう言えば、民主党政権が誕生してから、何1つ「マニフェスト」が全然実現していませんでしたね。
それで、今頃になってから「未実現政策マニフェスト見直し」ですか。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~「何だかなぁ~。」
と言う気持ちですね。
それに、政策案を出そうと実行しようとしたら、「野党側」が反対の猛反発の繰り返しばかり。
これじゃ、いつまでたってもきりが無いですね。

投稿: H.K | 2012/10/28 21:48

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

鳥越さんも、後輩と言うことで、期待していたし、小沢氏も幹事長の時、彼に期待していました。
菅、野田連合に加わり、原発処理では、既得権益川に回ったしまい、今では続けたいと言った大臣を捨て、野田派の中核を成しています。
結局、世渡り上手に過ぎませんでした。
官僚の軍門に降れば、マニフェストなんか実行できるはずもありません。
そもそも、小沢事件で官僚による民主党分断作戦に乗ってしまったことが、民主党失敗の始まりでした。
小沢氏を擁護し、維新を断行し、民主党を分れるさせること無く、一体で進めば、参院選に負けて捻れも出ること無く、改革が断行でき、次の総選挙も勝てる方向で進んだに違いありません。
あの時、世論誘導に逆らう険しい道でしたが、勝つにはそれしか選択枝は無かったと思います。
菅、野田などは、マスコミの攻撃、首相という甘い誘惑に負け、小沢切りを選択してしまいました。
それがマニフェスト非実現の理由だと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2012/10/28 23:14

政治主導とは、国民を欺くためのお題目。
権力を握れば、その座を少しでも長く保つべく、官僚の下請け政党と化し、シロアリの飼育に精を出しています。
そんな連中に、2009年のマニフェストなど守る心は無し。
次期選挙のマニフェストでは、出来なかった項目を削除云々と言ってますねぇ。
と言うより、民主党のマニフェストを信じる者が居たら、それは高僧レベルの心の広い方でしょう。
そう言えば、歳入庁設立に対して期待してましたが、財務省の抵抗でアッサリと撤退しましたよねぇ。
官僚の宴だけは今後も続きそうです。

投稿: サクラ日記 | 2012/10/29 07:17

★ーーこんばんは、H・Kさん

民主党政権は、この3年間見てきましたが、ごたごた続きですね。
自民党の公約と違って、新しい政治を展開してくれると思っていたマニフェストは守られるものだと思って投票しました。
すべて守れとは言いませんが、初めから履行する気が無いとは思ってもいませんでした。
今更見直しと言われても、腹が立ちます。
やる気がないのにマニフェストに載せて騙したも同然なんですから。
どうせ自民党も守る気などないと感じます。
今度は、野党になった方が攻めるだけでしょうが、私たちは何を信じて投票したら良いのでしょうね。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

民主党が政権を取った時点では、ほとんどの人が期待もし、応援していたのだと思います。
細野氏は、悪い方に変身した議員ですね。
原発担当と言っても、既得権益者の方にばかり目が向いていて、言っている事と行動とは全然違います。
野田政権の中枢議員ですね。
やはり権力の座に座ると、国民目線はどこかへ行ってしまうのでしょうか。
期待した分、余計に裏切り感が強いです。
菅、野田と、閣僚に良いように使われていますが、改革の魂を売り渡しましたね。
おっしゃるように、マスゴミ・官僚が一致団結して小沢切りを敢行した時、身をもって守るべきでした。
マスゴミの誘導作戦で、世論は小沢まっくろと考えていたと思いますが、あえて守るべきでした。
困難な時に、どうやって無実の同志を守れるか、どうやって国民を納得させるかなどで、その議員の人間性や、本質が分りますね。
松下政経塾出身者たちは、誠実のかけらもありませんでした。
排除しにかかりました。
それで勝敗は決まりましたね。
官僚の御し方が分っている議員を排除していては、官僚を使う事などできるわけがありませんから。
後は、官僚の言いなりで国民目線など放棄してしまいました。
民主党は自ら首を絞める選択をしてしまいました。
ホント、アホですね。

★ーこんばんは、サクラ日記さん

今から思うと、“政治主導"とは何と甘美な言葉だったでしょうか。
すっかり騙されました。
言うは易し、行うは難しの典型例のようなものですね。
ましてや、小沢氏を要職に就ける事をしなかった。
世論や、マスゴミの声に迎合した結果、民主党は今や風前のともしびです。
なるべくしてなった結果ですね。
安易な方に流れて、政権に居座ることばかりが先行して、官僚の言いなりでは、国民から身放されても当然です。
シロアリのいいなりですからね。
もう、マニフェストと聞くだけ笑いが出てくるほどです。
まさかこれほど守られないとは。。。
もう、マニフェストと聞くだけで拒否反応がおこりそうです。

>そう言えば、歳入庁設立に対して期待してましたが

そうでしたね。
初めはものすごく威勢が良かったですが、知らないうちに自然消滅していたのですね。
あまりにもいろんな事があり過ぎて、重要な事も過去の物のよな感じですね。
このまま民主党政権が続けば、ますます政治が混迷して官僚だけが肥え太りそうですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/10/29 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”石原氏が大連合を呼び掛け”、はあ? | トップページ | 上滑りで空疎な所信表明演説、"明日への責任”連発 »