« ついに内閣支持率2割を切る!もう居座るしかないろう城作戦だ(笑) | トップページ | 前法相が新法相に(笑)あれ? »

2012/10/23

”田中法相が体調不良で辞任"詐欺師はつじつま合わせが上手

この国は、詐欺師集団に乗っ取られたも同然だから、どうしようも
無いが、政治は前に進まないのに、野田政権に取ってつじつま
合わせだけは実にうまい

田中法相が体調不良で辞任、首相の任命責任にはつながら
ない=官房長官
  ロイター 10月23日(火)11時18分配信

>藤村修官房長官は23日の閣議後会見で、田中慶秋法相が
体調不良により辞表を提出し、野田佳彦首相が受理したことを
明らかにした。内閣改造から3週間での閣僚辞任となるが、官
房長官は「体調不良というのが辞任の理由であり、そのことが
直接、首相の任命責任ということにはつながらない」との考えを
示した。

田中法相の体調不良・入院は、初めから筋書き通りではないか。
そもそも、この田中と言う議員は、民社党、新進党から新党友愛
時代から、いろんな疑惑が取りざたされていた人物だと言うし、
本気で身体検査をすれば怖くて大臣になど登用できる人物では
無かった筈だ。
野田首相は、バレないと思ったのか、それとも身体検査をしてい
無かったのか、就任すぐに色んな問題が取りざたされている。

何がしたかったのか全然わからないが、内閣改造で支持率アッ
プを狙ったのだと思うが、思い出づくりとばかりに、問題の人物
をよりによって、法相に任命する野田首相の政治的センスの皆
無な事はいかんともしがたい。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

素人から見ても、こんな人物を法相に抜擢する真意がつかめな
いが、マスゴミに追及されて、ほとんど仕事らしい仕事もしてい
ない法相が、いきなり入院してしまった。

後はつじつまを合わせるだけだ。
罷免、更迭すれば、野田首相の任命責任が問われる。
”病気で辞任”なら、理由が体調不良で、不可抗力とみなされる。
よって、首相に任命責任はないと理屈は付けられる。
野田首相の見る目が皆無なのにもかかわらず、入院は病気とい
うアクシデントのせいにできる、実にうまい口実を思いついたもの
だ。
何か大臣に不都合、不祥事があった場合、野党の追及をかわす
意味で、即入院をしてだんまりを決め込む手法に使う事が出来る
前例を作った。
これからは、どの党が政権を取っても、何かあるとこの手法を使
うだろう。

田中氏は、一時とはいえ強力な特権を手にして満足しただろうし
"前大臣"の肩書がつく。
野田政権は、只今思い出作りのために国民生活など口ばっかり
で大臣大盤振る舞い中と言う事だ。
詐欺師集団に政治ジャックされてしまったか。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« ついに内閣支持率2割を切る!もう居座るしかないろう城作戦だ(笑) | トップページ | 前法相が新法相に(笑)あれ? »

コメント

臨時コメで、こんばんわ。
いや~、これは、野田総理にとって、最も痛いダメージを与える話ですね。
思い起こせば、「暴力団関連による金銭問題」で始まり、そして「病気で入院」、挙げ句の果てに、「田中氏、自ら"体調不良による辞任”」とは・・・ね。┐(´д`)┌ヤレヤレ
内閣改造から3週間が過ぎて、早々と「辞任者第1号」が出るとは、情けないし、呆れてしまいますね。pout
この話題で、各大臣や野党は、批判の嵐ばかり・・・。
これでは、せっかくの内閣改造も、まったくの「意味なし」ですね。

投稿: H.K | 2012/10/23 21:39

元大臣と言う肩書きを与えるためだけの人事だったのではないかと勘繰りたくなります。
加えて、病気による辞任云々と言ってますが、まともに信用する国民は居ないでしょうし、大臣ともなればこんな言い訳で逃げ隠れが許される事自体異常です。
そして、後任には元の法務相が返り咲きだそうですねぇ。
ならば、田中大臣を任命した意味が分かりません。
野田内閣は、元大臣量産内閣と命名した方が良いかも分かりません。
ここで一つ疑問です。
3週間であっても大臣であったわけですから、その間の大臣としての報酬は受け取れるのでしょうかねぇ?
実質的な仕事は何もせず、単に騒がせただけなのですが。

投稿: サクラ日記 | 2012/10/24 07:21

まるこ姫さま、おはようございます。
田中慶秋の辞任劇ですが、私の勝手な推論を言わせてもらえば、いよいよ既得権益擁護派は自民党政権に向けてシフトしたのではないかと思っています。
今回の一連のスキャンダル、自民と民主の相討ち状態でしたよね(自民:安倍&石破vs民主:田中&城島)。
ぶっちゃけこんなスキャンダル、いつでも出せると思うんですよ。
今出せばクローズアップされるのは当然、与党である民主党ですよ。事実、安倍晋三は暴力団関係者とは知らなかったでオシマイ。写真を撮った場所が議院会館内の自分の事務所だというのに追及は無し。石破茂も「返金しましたけど、何か?」でチャンチャンでしょ。
コレ、与党になっていたら総理大臣と幹事長という日本国のツートップがやらかしたスキャンダルってことで、注目度は桁違いになっていたと思います。
政権取り返してからどこかに嗅ぎ付けられる前に、野党である今のうちに出しちまえば…ってね。
ま、“妄想ごっこ”はこの辺にして(笑)、これ以上離党者を出して過半数を割りたくないという野田の保身を優先した人事があの法務大臣ですよ。国民の事など何も考えていませんよね。
決して死刑囚をかばうわけではありませんが、あんな男に承認のハンコ突かれて死刑台に向かわされるのも悲惨な話だし、残された家族がいたら堪らないでしょうね。
野田は任命責任を問われると自分にあると言っていましたが、な〜に、内心は「屁」とも思っていないでしょ。官邸に響いた反原発の声を「大きな音だね」とおちょくったように。

投稿: 肉山会 | 2012/10/24 07:29

★ーーこんにちは、H・Kさん

野田首相にとってダメージだとは思いますが、当の本人が取り立てて痛いとは思っていないようにも感じます。
色々あり過ぎて、不感症になっているのかもしれません(笑)
この田中と言う議員を大臣、それも法相に任命するには初めから危険すぎましたね。
それを任命する、やはり首相としての人事、力量がまるで皆無なのだと思いますよ。
こんなみっともない人事など、なかなかできるものではありませんよ。
何のための内閣改造だったんでしょうね。
思い出作りで、論功褒賞なら分からないでもありませんが。
何の仕事もせず、入院、、辞任ではお話しになりません。
野党の思うつぼでしょうね。
改造ではなく、改悪でしたね(笑)

★―ーこんにちは、サクラ日記さん

おっしゃるように、肩書だけを与える為、思い出作りのための人事だったですね。
応援してくれたご褒美なんでしょう?(笑)
野党の追及が怖くて、いきなりトンズラ、おっと口が過ぎたかもしれません、入院して、何も仕事をしないうちに辞任。
何なんでしょうね。
後任が、前に閣僚の仕事は荷が重いから外してくれと言っていた前の法相ですからね。
本当に意味がありませんし、何が何やらさっぱり???です。
今や、せっせと思い出作りに励んでいますが、大臣量産は間違いないところですね。
次から次へと大臣ばかりで、頭に入りません(笑)
まるで、尼崎の大量殺人の相関図のようです。
やはり、3週間でも大臣なのですから、高い手当を支払う、し腹ていたのでしょうね。
大臣になると、議員より数段上の特権があるそうですよ。
泥棒に追い銭とは、この事です。


★ーーこんにちは、肉山会さん

おっしゃるように、民主党はアカン、次は自民党だと既得権益者たちは思っているのでしょうね。
だからこそ、民主党のスキャンダルばかりを追求しています。
もっとも、政権与党の権力の強大さ重みもあるでしょうが、それにしても同じ構図の自民党には何事もなかったかのようにスル―です。
安倍氏の暴力団とのショットはすごい事ですよ。
田中は、30年も前の付き合いですが、安倍はつい4年前でしょ?
しかも議員会館の安倍事務所ですからね。
そして、いかにも見るからに強面の人間だと言いますから、普通なら警戒をしますよね。
野党時代に出してしまえば、これでおしまい?
有耶無耶に終わってしまうかもしれませんね。
いやいや、妄想ではありませんよ。
ありうる話だと思いますよ。
野田は、最低最悪の首相ですね。
誰が何を言っても、しぶとくて。。。
私も、田中と言う議員に法相の名を借りて死刑のハンコを押される方も、やり切れないと思いますよ。
菅も最悪でしたが、違った意味、面で野田は最低最悪の首相ですね。
口は本当に上手ですが心に響かない。
それはとりもなおさず、国民の声、生活など何も興味がないせいかもしれませんね。
これからも自己保身だけで国会を思い通りに占拠するのでしょう。
税金の無駄遣いは、国会議員の歳費かもしれませんね。

投稿: まるこ姫 | 2012/10/24 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/55954871

この記事へのトラックバック一覧です: ”田中法相が体調不良で辞任"詐欺師はつじつま合わせが上手:

« ついに内閣支持率2割を切る!もう居座るしかないろう城作戦だ(笑) | トップページ | 前法相が新法相に(笑)あれ? »