« 維新の会に、太陽の党が合流って、へえ??? | トップページ | ”石破氏、政権獲得なら民主と「部分連合」検討か"選挙後が怖い »

2012/11/19

小沢氏裁判、無罪確定までの長~い道のり

ようやく、検察があきらめた。
まるで、最後の最後まで息が抜けないホラー映画のようだった。
ある人によると、懲りない検察は最高裁まで上告するだろうと。

検察がどれだけ捜査しても、起訴できる証拠が無いとして不起
訴にした案件を、“市民目線、市民感情"とやらで、人を裁く素人
検察審査会。
そもそも法律の専門家が起訴できる確固たる証拠がない為、不
起訴とした案件を、あいつは怪しいからと、どうしても裁判にかけ
て白黒つけて貰いたいと願っても、証拠主義の裁判において、証
拠を上回る感情と言う方が、よほどおかしいのではないか。
感情が証拠を上回るようだと、人民裁判になりかねない。

案の定、強制起訴されて裁判が行われても、一審では無罪にな
る。
当然だろう。
結果は当然すぎるほど当然の結果だったが、指定弁護士はまだ
嫌がらせまがいの上告を行う。
普通考えたら、政治を行う議員の場合、政治活動への影響力を
考えても、市民感情が一審で通用しなかった時点で、もう上告を
断念するべきだと思うが、この国の検察は異常にしつこかった。
莫大な税金と時間を浪費してまで、そして小沢氏の政治活動を著
しく阻害してまで、血迷ったように上告をしたが、二審でも無罪だ
った。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

ホラー映画のように最後の最後まで、しつこく迫るかと思われた
検察だったが、さすがの検察も、力尽き矢折れたか。。。。。
今回の上告断念は、当然の結果だとは思うが、執念深い検察を
知っているだけに、危惧している人もいたのだろう。
もう、小沢氏の力をそぐことができたと思っての決断なんだろうか。
さすがの執念深い、洒落にもならないホラー映画はようやくジ・エ
ンドだ。

しかし、この3年と言うもの、マスゴミは小沢氏に対して負のイメ
ージを流し続けてきた。
この国のマスゴミは、一度レッテルを張ると最後まで悪いイメー
ジ作りしてしまう。
あの石原真太郎には、記者に対して都合のよい時は利用し続け
自分の機嫌が悪くなると、、“どけ!邪魔だ!と人を人として見な
い傲慢で無礼な態度を取っても、人気者のように上げ奉る。
ホント、バカじゃなかろうか。。この国のマスゴミは

検察と、大マスゴミによって著しくイメージを損ね、政治活動も阻
害されて座敷牢に閉じ込められた感があったが、選挙前になって
ようやく解放された。
小沢氏にとって本当に長い3年間だったろう。
常に大マスゴミによって、”被告人"を連呼されてきて、本当に気
の毒だった。
あれだけ負のイメージを流し続けてきた大マスゴミは、無罪確定
を真面目に流す気も無いらしい。
つくづく、箸にも棒にもかからない無責任で懲りないマスゴミだ。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 維新の会に、太陽の党が合流って、へえ??? | トップページ | ”石破氏、政権獲得なら民主と「部分連合」検討か"選挙後が怖い »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
嫌がらせの何物でもありません。
マル込みがあれだけ悪者扱いしていたにもかかわらず、今回の無罪確定時にはほとんどのバカマスコミは 無罪確定 とだけしか 報道しません。
 マスコミは信用するに当たりませんね。
 情報は操作されている典型的な小沢裁判でしたね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/11/19 18:55

★ーーこんばんは、くまさん

検察の嫌がらせは聞きしに勝るものがありましたね。
それをサポートするのがこの国のマスゴミです。
今まで、悪い刷り込みを毎日してきたマスゴミが、今回の無罪確定報道は、スル―カ報道してもお情け程度です。
本当に程度が低いです。
あれだけ悪者報道してきたのですから、晴れて無罪が確定したら、きちんと大きく報道すべきですが、しませんね。
公平、中立が、聞いてあきれます。
"被告人"を連呼していましたが、あれもイメージが悪いですよ。
この国では、わざとイメージを悪く報道するんですね。
引き換え、石原じいさんに対しては、温かいですよ。

投稿: まるこ姫 | 2012/11/19 20:12

これで今回の選挙も何の足かせも無く取り組める事でしょう。
公人とは言え、ここまで特定の人物を落とし入れるようなやり方はいかがなものでしょうねぇ。
加えて、野田佳彦からも無罪判決の日に解散をリークされ、新聞紙面は解散一色という妨害ぶり。
いずれにせよ、野田民主党政権及び自公合わせても過半数には到底及ばないように、小沢氏の活躍に期待したいところです。

投稿: サクラ日記 | 2012/11/20 07:15

まるこ姫さま、こんにちわ。
長かったですね。
小沢氏の年齢を考えると、この三年余りの空白は大きすぎますよ。
それにしても、昨日の石破の発言にはムカッ腹が立ちました。
>司法の場で無罪になっただけ。国会での説明はまだ済んでいない。
起訴されれば、九分九厘有罪になるこの国の司法が白旗を上げているのにもかかわらずこの往生際の悪さ。
同じセリフを足利事件の菅家氏や東電OL殺人事件のゴビンダ氏に対しても言えますかね?“たまたま司法の結論が無罪だっただけだ”と。
この男には、検察側が“その気”になれば、あらゆる人間を引っ括る事が出来るんだという現実がわかっていないのでしょうか。時と場合によっては、自分が小沢氏と同じ立場になる可能性だって十分にあるのですから。
それとも、検察審査会の「本当の役目」とは、ここにあったのでしょうか。明石の歩道橋での事故、信楽鉄道の脱線事故などで検察審査会が活用されましたが、「本当の役目」とは、権力側にとって危険な人物を証拠もなしに葬り去る、恐ろしいシステムなのでは?
「市民感覚」「国民目線」と一見、文句のつけにくいイメージを与えておきながら、裁判員制度における一般の裁判員に較べるとあまりにもその姿が見えません。そもそも、小沢裁判において審査会は開かれたのか?全てブラックボックスの中での出来事で物事が決まってしまう。
かつて、秘書の石川知裕氏を取り調べた担当検事が「小沢氏は検察審査会で必ず起訴される」と“予言”してましたからね。

…なんだか長々と取り留めのないことを書いてしまいましたが、無罪報道が出ても後味の悪さばかりが残る今日この頃ってとこです。
ネガキャンの後はガン無視…。小沢氏の茨の道はまだまだ続きますね。

投稿: 肉山会 | 2012/11/20 15:23

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、凄まじいマスコミのバッシングの中で、耐えた精神力は、国民主権、政治主導の実現に期待できるものだと思います。
そこら辺の世襲政治家には到底、真似は出来ないと思います。

あれほど、検察のリーク情報により黒に近いグレート報道されたのに、無罪判決については、その1/100ほども時間を掛けません。
擦り込まれたダーティが全く払拭されていません。
これは明らかに人権侵害です。
マスコミは擦り込んだイメージが間違っていたという訂正の刷り込みを同じくらい丁寧に行うのが公平なやり方です。
それをしないなら、イメージの刷り込みをしない報道に徹するべきです。

検察審査会が強制起訴した事件は全て無罪となるでしょう。
法的な証拠が十分でないと有罪を立証できないこと、疑念があるだけで強制起訴するのは人権侵害であることを、肝に銘じる検察審査会は止めるべきです。
素人考えで行う検察審査会は魔女裁判、市民リンチと同じです。
国民目線を入れたいなら、検察そのものをオープンにすることです。

投稿: 愛てんぐ | 2012/11/20 18:33

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

ようやく選挙に間に合いましたね。
しかし、いかにも悪党報道は長年、報道し続けてきましたが、無罪になり確定した報道はほとんどといってよいほどされません。
いくら公人と言え、ある特定の政治家を狙い撃ちするような捜査の仕方、報道の仕方は、いかがなものでしょうか。
政治活動が大幅に制限されましたからね。
本当に気の毒です。
無罪判決の日も、他の重大な報道を優先され、わざとぶつけてきた感じもしますね。
自公民だけはもうこりごりです。
維新の会も胡散臭いです。
私は、維新の会、みんなの党以外の、第三局に期待したいですね。


★ーーこんばんは、肉山会さん

本当に長かったですね。
約3年間も不当に拘束されてきたのですから。
おっしゃるように、小沢氏の年齢から言えば、この3年間はあまりに大きな3年だったと思いますよ。
イシバは何を言っているのでしょうか。
自分だって色んな疑惑が取りざたされていると言うのに、人の事を言う資格があるのでしょうか。
無罪の人が国会で何を説明するのか、だとしたら自分も疑惑の説明をする必要がありますよ。
執念深い司法が、莫大な税金を使いどれだけの捜査をしても立証できなかった案件を、いまだに限りなくクロに近いグレーとか言う輩は、何がなんでも悪意にしか取れないのでしょうね。
根性がねじ曲がっています。

>同じセリフを足利事件の菅家氏や東電OL殺人事件のゴビンダ氏に対しても言えますかね

本当ですよ。
多分、イシバ氏以下、人品卑しい輩達は、疑惑の目でみているのではありませんか?
こんな人間が政治家でふんぞり返っているのですからこの国は上向く筈がありません。
小沢氏の事件は、本来なら他人事ではないはずです。
いつ、いかなるときも検察次第では、恐ろしい事が降りかかる可能性を示唆しています。
イマジネーションが無いんですかね、政治家たちは。
やはり、検察審査会と言うシステムは、恐ろしいシステムだと感じます。
検察の捜査や、あり方を審査する会なら話は分かりますが、検察の捜査が手ぬるいからもっと徹底的に捜査すべしとする思想は、暗黒時代を彷彿とさせます。
おっしゃるように、実態も見えません。
本当に実態があるのだろうか?
国民には知らせずに、秘密裏に審査が行われている現実は、改革とは逆行していると感じます。
これを機に見直す必要がありますね。
政治家たちが、本当にやる気があるのかどうか、さっぱりわかりませんが。

>ネガキャンの後はガン無視…。

あっけに取られるほど、何も報道がされませんね。
あの狂騒劇はなんだったのでしょうか。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

凄まじいまでの小沢たたきは、本当に異常でしたね。
何も知らない国民は、今でも小沢=悪が刷り込まれています。
よほど金権政治家だと思っているのだと思います。
例え金権政治家としても、この裁判とは関係ありませんから。
小沢氏の精神力は計りしれませんね。
何事もなかったかのようにふるまい、ほとんど他の政治家の悪口のような発言はしませんし。
器が違う、風格が違うと感じます。
他の政治家が同じ仕打ちを受けていたら、とっくの昔に自滅しているのではないでしょうか。
下手すれば、神経を病んでしまいますよ。
そのくらいすさまじい悪意ある報道の仕方でした。
評論家や、コメンティター達がこぞって、黒に近いグレーと言い募ってきましたが、無罪になり、確定して、あっけに取られるほどその報道がされません。
無罪確定も、知らない国民が多いと感じます。
悪意ある報道をしてきたのですから、訂正の報道もされるべきだと思いますが、現実はスル―ですからね。
ひどい機関ですね。
本当に、人権侵害、人権蹂躙だと思います。
いくら公人だとしても、あれは行きすぎですよ。

>検察審査会が強制起訴した事件は全て無罪となるでしょう。

ほとんど無罪ですからね。
やはり、感情で罪を裁くことはできないと言う事ですよ。
あいつは悪い奴だから何を審査しても良いと考えているとしたら、行きすぎもいいところです。
やはり検察審査会のあり方を考え直す時に来ているのではないでしょうか。
検察の内部や、捜査を調べるならいざ知らず、何がなんでも有罪に持っていくと言うのは、明らかに行き過ぎていると感じます。
魔女狩り、集団リンチですね。
検察のあり方、行きすぎた捜査を審査する会にすべきですよ。

投稿: まるこ姫 | 2012/11/20 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56147236

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏裁判、無罪確定までの長~い道のり:

« 維新の会に、太陽の党が合流って、へえ??? | トップページ | ”石破氏、政権獲得なら民主と「部分連合」検討か"選挙後が怖い »