« 今度は、”日本維新の会が石原新党に合流呼びかけ”だって!はあ? | トップページ | 民主党、マニフェスト全面謝罪へ »

2012/11/08

大学の不認可問題、学生を人質にする大学側の偽善

結局、あの大騒動はなんだったのか。
田中大臣が突然、来春開港予定の大学を不認可とした事で上へ
下への大騒動になってしまったが、二転三転の末、最後は不認
可を認可すると置き換えてしまった。

勿論、今更の不認可は大きな影響を与えるものではあるが、文
科省、審議会、大学側の行動も、初めに開校ありきで動いている。

素人が考える開校の条件とは、まずはじめに計画書を提出しそ
の計画書に基づき、本当に適切な内容なのか審議すると思ってい
たが、手審議会の答申が出る前から、大学側は教員を確保し、校
舎を手当てし、志望者の説明会を開き、人員を募集している。
これでは、審議会の答申は単なるアリバイ作りで、初めから来春の
開校は決まっていたも同然だと感じる。
大学側は、文科省の指導を仰ぎ、既定のルールにのっとって手順
を踏んできたと言うから、文科省と大学側は慣れ合いの仲か。
審議会にも大学関係者が多数入っていると言うし、多分多数の大
学にも文科省から天下りされていると推測できる。

田中大臣のいきなりの不認可発言は、大きな波紋を呼んで、大学
側は、今回の不認可で学生が泣いているとか、学生が実害を被る
とか言うが、今となっては本当にそうなのか。
大学側は、初めに開校ありきで物事を進めていた。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

もちろん直接の学生には罪はないと思うが、それでも大学側がお
涙頂戴のような発言をするたびに、へそ曲がりな私は、学生を人
質にとって、大学側がいかにも弱者のような言い方をする度に、す
ごい、違和感を持ってしまう。

本当に大学側は、弱者なのだろうか。
田中真紀子大臣は、あまりに唐突に後先の考えもなしに、不認可
を言い出したから、大学側が悲劇の主人公のようになっているが、
世間や政治家の猛反発を食って、田中氏をやり込められたし、当
分、学校行政が抱える負の部分にも手がつけられることもなさそう
だし、願ったりかなったりではないか。

大学側は、今回の騒動で良い宣伝になったとして、また不認可撤
回で田中真紀子に勝ったと言っているそうだが、それで終わりで
はこの国に明日はない。

せっかくの田中大臣の問題定義(提起)が、田中大臣の政治的、個人的
資質の問題で終わりにされそうな感じもする。
本当は、せっかくの問題提起を、これからもっと掘り下げて行き、
少子高齢化に対応できるような政策にしないと、何の問題解決に
もならない。

今回の騒動で、教育行政の負の部分、根はものすごい深いと感
じた。
このままこの問題を放置しておくと、倒産連鎖は絵空事ではない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 今度は、”日本維新の会が石原新党に合流呼びかけ”だって!はあ? | トップページ | 民主党、マニフェスト全面謝罪へ »

コメント

現状を変える必要性は理解できますが、やはりその進め方は大臣失格だと思います。
既存のルールに問題が有りますが、現状においてはそのルールに則り処理すべきと思いますし、ルールの改革もそれとは別に政治主導に於いて行うのが肝要と思います。
例えば、校則が悪いと言ってそれを無視しても良いと言う事ではないと思います。
まずは守り、と同時に校則を変える言動が必要と思います。
また大学は被害者面をしてますが、文科省等と手を組んで新設有りきで進んできた事も否めません。
認可が下りる前に校舎を建設するなど、やはり現行ルールは天下り等も含めてきな臭い所は沢山有りそうです。
しかし、ここまで問題提起をするのであれば、官僚に責任を押し付けたり、官僚に尻拭いをして貰うのではなく、自己の信念に基づいて、政治主導で貫くのが正解だと思います。
結局は、現行ルールの問題点を利用して、政治主導というお題目の元、自己アピールをしたかっただけのようにも感じます。
加えて本来の政治主導とは、こういった官僚を上手に使いこなしながら、内閣の意思に沿って進めていくことだと思いますが、民主党政権は、その辺りも理解していないように感じます。
結局は、学生が迷惑を被っただけでしょう。

投稿: サクラ日記 | 2012/11/08 18:36

★―ーこんばんは、サクラ日記さん

唐突に言った事が発端でしたね。
聞いた方は寝耳に水で、びっくり仰天でしょうね。
田中真紀子は、やり方を完全に間違えましたね。
唐突に表面に出てきたように見えることも、細心のスケジュールで詰めておくべきでしたね。
おっしゃるように、ルールを無視したら軋轢が出来るに決まっていますから。
この人らしいと言えばらしいではありませんか。
自分が天下の人ですから、これをやれば、選挙対策にもなり目立つのではないかと思ったいたのではないでしょうか。
一方、大学側や文科省、審議会など、いろいろ既得権益がありそうな匂いがします。
審議会は名ばかりで、初めから決まったいた事で、だからこそ認可が決まる前にすべての面で整っていて、あまりに用意が良すぎると思っていました。
結局は、既得権益を持っている方に、大鉈が入ったようには見えませんし、ドタバタしただけで終わったのでしょうか?
やはり、官僚を使いこなすことは、よほど政治家が優秀でなければ務まりませんね。
感情が前面に出てくる政治家には、官僚を御すことはできないと言う事ですよ。
田中真紀子も、大した政治家ではありませんでした。
外務大臣の時はまだしもベールに包まれていましたが、今回の文科相ですっかり、化けの皮がはがれた感がありますね。
よほど頭の良い議員でないと、既得権益の壁は突き崩すことはできないと感じました。
民主党政権では無理ですね。
どいつもこいつも、できそこないばっかりのような。。。。

投稿: まるこ姫 | 2012/11/08 20:19

初めて見るブログに初めてコメントします。
「学生を人質にする大学側の偽善」…そんな見方ができるのかと驚きました。
3大学に入学希望する学生にとって、不認可が決定したら、進路を変更せざるをえないでしょう。
学生にとっては大問題です。
経営という観点もありますが、不認可になった場合、学生に与える影響が大きいということで、これほどの大騒ぎになったと思います。
大学が学生を人質にしたのではなく、田中大臣が学生の希望を断つところでした。
それを、「今回の不認可で学生が泣いているとか、学生が実害を被るとか言うが、今となっては本当にそうなのか」と書ける神経が凄いですね。
田中大臣と同じで、学生に対する配慮が微塵も感じられません。
「初めに開校ありき」にも驚きです。
設置基準をクリアすれば、大学の新設は認可されるで、当然、開校ありきです。
「認可」と「許可」を混同されていないでしょうか?
文部科学省は基準に合わない点を指摘し、大学側はそれを改善します。
全ての基準を満たせば、認可となります。
それを「文科省等と手を組んで新設有りきで進んできた」と非難するのでしょうか?
校舎も教職員も確定していない時点で、大学新設が認可されるなら、今より認可は取り易くなるでしょう。
なぜそうなるか、考えてください。
今回、文部科学省は、3大学が申請基準をクリアしていると認めていますし、田中大臣は3大学について良く知らないと記者会見で発言しています。
通常なら全く問題なく認可されたはずです。
「学校行政が抱える負の部分にも手がつけられることもなさそう」とは全く意味がわかりません。
「大学側は、今回の騒動で良い宣伝になったとして」というのもひどい言い方ですね。
田中大臣も同様の発言をしています。
結果的には注目を集めたにしろ、大学側はこんな騒動を望んでいたわけではないと思います。
大学側には何の落ち度もなく、田中大臣でなければ認可されていた3大学が、不認可を撤回させるために行った言動に「偽善」のレッテルを貼れることが理解できません。
「勝った」という大学理事長の発言を私も聞きました。
長引けば、裁判も辞さない覚悟をされていたようですから、これは、ごく普通の感情だと思います。
現行制度に問題があるとしても、申請している大学を非難する理由にはなりません。
だから、このコメントを書きました。
問題定義ではなく、問題提起でしょう。
こんな大騒ぎを起こさなくても問題提起は出来ます。
田中大臣は、それが出来ないから、大騒ぎになりました。
へそ曲がりが他人とは違った自論を展開するのは結構ですが、事実誤認や、知識不足では…と思ってしまいました。
田中大臣、民主党への評価には同感します。

投稿: 老婆心 | 2012/11/09 02:00

★ーーおはようございます、老婆心さん

いつもは夕方にコメントを書きますが、緊急にこの時間に書いてみます。
私の記事をとても非難されているようですが、人にはいろんな見方がありますし、色んな考え方があります。
ご自分の意見を持っておられるようですから、違った意見の記事を目くじら立てて糾弾しなくても、ご自分のブログで発表なさってください。
あなたと私の考えはどこまで言っても交わることはないでしょう。
いくらここであなたはあなたの意見を言い、私の意見を言っても、平行線をたどるだけです。
私は不毛な時間は使いたくありません。
このブログは掲示板ではありませんよ。
普通、他人のブログに書き込むときはまるで反対意見は書かないでしょ?
人の意見や考えを変えることは容易ではないと思っていますから、こんな意見もあるなあと、お考えください。

問題定義は、問題提起の誤りです。
拙い語彙で申し訳ありません。

学生から見た記事は先に書いています。
お読みになりましたか?
今回の記事は、行政側は、大学側はどうなんだろうと違った視点から書いてみました。
もちろん学生側は多いなる被害者であります。
が、認可の前にすべてのおぜん立てをして初めに開校ありきのやり方は、文科省、審議会の既得権益がフルに発揮されていると考えます。
本来なら、初めに計画書なりを提出して、それが経営なり運営なりすべての面で、クリアしてから、審議会が許可をして、教授を選定するなり、募集をかけるなり、説明会を開くなりするものではないでしょうか。
審議会も形骸化していますよ。
元は天下りしているのかどうか、大学関係者が多数入れば許可は、初めから決定しているようなものです。
文科省の指導という点も気になりますね。
どうも、そこに天下りを前提にして、いろんな取引があるのかと考えます。
あなたは田中大臣一人の資質の問題にされているようですが、私は違うと思っています。
勿論、田中大臣の人間として、議員としての資質も問題ありだとは思いますが、今の教育行政にメスを入れなければ、システムが変わることはないように感じます。
既得権益者の都合のよいシステムが出来上がっている、それを打破しなければ税金が無駄に使われます。
八ツ場ダム、航空、湾岸、復興。。。。すべて既得権益者が潤うシステムが、ガチガチに張り巡らされているのですよ。
田中臣の暴走だけに終わらせては、国民からすればあの騒動は何だったろうと思うし、今までと何も変わらないとしたら、いろんな教育行政の負の部分が闇に葬られるだけの結果に終わってしまいます。

投稿: まるこ姫 | 2012/11/09 07:00

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
国の認可申請は申請受理の段階でほぼO.K.となっています。申請書を受理してもらうまでが大変で、それを準備段階と言います。
 申請してもO.K.となってからは、書類とその準備を逐次報告して認可申請を貰います。
 ぼくも国の認可申請をしたことがありますが、前段階がものすごく時間がかかり、本申請書類の作成もほぼ午前様の状態で書類を作成します。
そして、ぼくの場合は4月1日に認可という形です。
 つまり、国の申請というのは本心性が受理された段階で、国の指導に従って作り上げていくということになります。この時に自由度はありません。
 ですので、この3大学が起こるのも無理はありません。申請書をすべて文科相の言いなりに作っているにもかかわらず、大臣の一言で不認可になったのならば、当然、訴訟になるのは当たり前です。
 大臣の認可なんて逆に言えばお飾りです。
 バカ真紀子のやるべき事は今申請を受理しようとしているところから新基準で対応するという発言が正しいでしょうね。
 国の認可申請はやったことがない人にはわからないくらい大変で、僕は認可もらった日にぶっ倒れました。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2012/11/09 09:04

★ーーこんばんは、くまさん

各省庁の指導によって申請書を作り上げていく過程は良くわかりました。
大変さも良くわかりました。
が、どの問題もそうでしょうが、各省庁からの天下りが問題であって、大学は指導と引き換えに、理事長や幹部クラスに天下りを受け入れるシステムになっているのだと考えられます。
いきなり不認可は、その大学にとって死活問題になり激怒するのは良くわかりますが、そろそろ省庁とその下の機関との癒着やら、天下りの風景など見直す時期なのではないでしょうか。

>申請書をすべて文科相の言いなりに作っているにもかかわらず、

やはり、内部の構図が省庁が指導して、かかわりを持ち、その先は天下りポストの確保、と言う事だと思います。
田中真紀子が、後先考えずの発言が大波紋を呼びましたが、資質だけでかたずけたら、教育行政にメスが入らなくなる恐れ充分です。
せっかくのチャンスですから、もう少し闇の部分をさらけ出して欲しかったですね。
新基準とやらも、権益のない人たちで固めて欲しいですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/11/09 17:29

お久しぶりです。
自民党(特に石破氏)の主張は,結局のところ,官僚から成る諮問機関の決めたことに黙って従うのが大臣の役目だと言っているようにしか聞こえないです。それは,正体不明の内規でしかない1か月ルールが閣議決定に優位するという珍妙な天皇特例会見騒動と同根です。そうやって大臣がお飾りになるから,官僚がやりたい放題して,自分たちの利権を肥やそうとするわけで,そのような思想には根本的に賛成できません。
また,行政の許認可が関わる行動では,許認可が下りてから動き出すべきであって,勝手に許認可を前提にして動いて前のめりに突っ走り,はしごが外されたといって被害者意識だけを膨らませるのはおかしい。勝手に許認可を前提にして動いて前のめりに突っ走るあたり,結局は天下り官僚と諮問機関の出来レースであることを疑わせるから,反省すべきはそういう大学の発想だ…という論調は,説得力があります。
とはいえ,これまでの基準である程度準備を整えてきたのに,思い付きとしか思えないような状況でいきなり不認可(不認可「処分」かどうかはともかく)とされるのでは,余りに浮かばれないでしょう。
一応,少なくとも建前上は諮問機関は有識者から成っているわけで,その答申を覆すなら,それなりに批判に耐えるだけの論拠と信念を持ってやらねばならないと思います。田中文科相には,それが致命的になかった。今までの民主党と同じで,ちょっと大マスコミによる「地元の声」「被害者の声」が出るとすぐに引っ込めてしまう(ヤンバダムも同じです。)。田中氏が批判されるべき理由は,官僚の答申を覆したからではなく,官僚の答申を「信念のないままに,抽象的な論拠だけで,しかも勝手に新基準をぶち上げて」覆したからだと考えます。
実際,大学の乱立がいいのかという議論は,とりわけ我らがロースクールを引き合いにして語られる話です。ですから,田中氏の不認可の結論は,価値判断としては理解できます。しかし,その結論を正当化するには,余りに適正手続を欠くというか,裁量濫用というか,そういう思いが残ったというのが,結論です。
結局,どっちなのか分からない終わり方ですみません。

投稿: jurist60176 | 2012/11/09 23:59

★ーーこんにちは、 jurist60176 さん
お久しぶりです、お元気でしたか?

まずはじめに田中真紀子の暴走は、論外ですよ。
準備を進めてきて、ほとんど認可間際の大学側にいきなりの不認可発言は、やはり問題だと思います。
不認可と言っておきながら、大学側や議員、世間の批判にさらされた途端、腰砕けになり、最後は、負け惜しみ一杯の謝罪までしてしまいました。
問題ありありですが、一応はルールがあり、それにのっとって準備を進めてきた個別の大学だけに待ったをかけたのは、行政として一貫性がなさすぎます。
が、田中真紀子の議員として、大臣としての資質だけが非難の的になるのは、せっかくの問題提起がもったいないです。
この問題提起を、これからの国のあり方として改革の方向へ持っていかなければ、何のための騒動だったのかとなってしまいます。

>,官僚から成る諮問機関の決めたことに黙って従うのが大臣の役目だと言っているようにしか

自民党はいつまでたっても、かつての自民党ですね。
統治機構の決定した事に逆らうなと言うような、意識に凝り固まっています。
国民は考える事をせずに、お上の決めた事を守ればよいのだとの意識が強いですね。
おっしゃるように、何の疑いも持たずにハンコを押すだけが大臣の仕事だと思っているとすれば、ただのお飾りで、官僚もやりたい放題になるし、大臣など信用しませんよ。
この国は、利権や、既得権益にあふれています。
やはり、田中真紀子騒動で、いろんな利権構造が見えてきたわけですから、それを明日に向かって改定し直す必要があると思います。
素人が考えても、私学の半数が定員不足で、大学ばかりが乱立する構図は異常ですよ。
なんでここまで放置してきたのか、、問題点は大ありですね。
田中真紀子の、国会での答弁も支離滅裂、しどろもどろの発言も聞くに堪えませんでしたが。
自分を正当化して、負け惜しみ満開がとても嫌でした。

それにしても、大学側の生徒がかわいそうとか、泣いているとかの発言を聞くと偽善だなあとつくづく感じます。
本当は今まで準備してきた自分たちが一番かわいそうと思っていたのではないですか?

投稿: まるこ姫 | 2012/11/10 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56069134

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の不認可問題、学生を人質にする大学側の偽善:

« 今度は、”日本維新の会が石原新党に合流呼びかけ”だって!はあ? | トップページ | 民主党、マニフェスト全面謝罪へ »