« 急に公務員改革、脱原発を標榜しだした民主党だが | トップページ | ”首相が来たら逆効果”言われています(笑) »

2012/12/08

現政権与党と、前政権与党、どっちもどっちの政策展開

現政権与党の選挙中の今更の、あれもやります、これもやります
を連呼して、さもしい事は!
そんなにあれもやれる、これもやれるなら、なぜこの3年間にやっ
てこなかったのだろう。
国民目線などそっちのけで、すっかり既得権益者の方に寝返って
おきながら、今更の話だ。
3党談合までしておいて、消費税増税を敢行した前政権与党とは
すっかり仲良しかと思いきや、街頭演説でも非難のしまくりだ。
他党を非難するより前に、自分たちの政策がどうだったのか、よく
反省、総括すべきだ。

しかし前政権与党の勇ましい発言の数々は、なんだか大昔に帰
ったかのよう。
憲法改正して自衛隊を国防軍だの、集団的自衛権の行使だの
200兆円もの国土強靭化だの。。。。。
平和憲法を骨抜きにする魂胆だろうが、ムードに乗り易い国民性
を考えたら、戦争体験のない人達がどんどん少なくなっている今、
前政権与党によって国の姿が変質してしまう恐れが充分にある。

なんで平和憲法が悪いのだろう、
我が国は敗戦を契機に戦争放棄をして、近隣国に安心を与えて
きた。
憲法改正をして自衛隊を国防軍にすると言う事になれば、中韓や
他のアジア圏から、どれだけの反発があるか考えるだけで恐ろし
い。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

尖閣諸島問題で、かつての石原都知事が近隣諸国を逆なです
る発言の数々で、民間にどれだけ経済的損失を与えたか。
焼き討ちに遭うは、略奪はされるは、一政治家の発言の影響力
の大きさに驚くばかりだ。

国防軍どか集団的自衛権の行使とかで、中韓ばかりか、他国
からの反発はいかばかりか。
戦争放棄はどうなった、軍国主義復活かと散々叩かれるだろう。
いくら日本国が言い訳をしても、"軍"と言う言葉へのアレルギー
は想像以上に大きいのではないか。
経済にも大きな影響を与えることは必至だ。
わざわざ軋轢を起こすような発言をする必要がどこにあるのか。
戦争を知らない世代が、ネットで右傾課していると言うから、どん
な思考をしているのか不思議で仕方がない。
最悪の場合、若い世代が真っ先にターゲットになると言うのに。

国土強靭化計画は既存のインフラの点検保守と言う項目が無い
そうだが、高度成長期の時代「自民党政権)に作ったトンネル、
橋梁、道路や土砂崩れ防護壁などが一斉に老朽化しているが、
その改修費に莫大な予算がかかると言われている。
それはどうするのか。
またまた、借金を積み上げるのだろうか。。。。。。

新たな公共物を作れば、それのメンテナンスにもお金がかる。

この国は、前政権与党と、現政権与党によって、にっちもさっちも
行かない状態になってしまった。
どちらの党が今何を言っても、全然信じられない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 急に公務員改革、脱原発を標榜しだした民主党だが | トップページ | ”首相が来たら逆効果”言われています(笑) »

コメント

人口減少社会にあって、果たして200兆円もの大型公共投資が必要かどうか。
自民党の考えは、正に今まで通りの発言であり、先祖返りのように思います。
とは言え民主党も、グリーンやライフ事業によりエネルギーの転換や雇用を400万人創出すると言ってますが、これも絵に描いた餅と同じで、正に3年前の手法と同じです。
加えて、これを実現するためには既得権益との壮絶な戦いも必要となりますが、その戦いに負け続けたのも民主党ではなかったでしょうか。
すでにこの時点で、結論は見えていると思います。
恐らくはどちらかが第一党になると思いますが、どちらが第一党になっても、国民のお先は真っ暗という事だけは事実と思います。

太陽光や風力といった発電が、今の買い取り価格のまま増えていくと、10年後の電気料金は恐らく倍になると思います。
このため、家庭のみならず産業界からも悲鳴が出ていました。
ドイツはその傾向に有りました。
脱原発はして欲しいですが、この点についてどの党も公表せずに隠してます。
来週に迫った選挙です。
政党の綺麗事に惑わされないようにする必要があると思います。

投稿: サクラ日記 | 2012/12/09 08:14

★ーーおはようございます、サクラ日記さん

この先、人口は減り続けるでしょう。
一説には8000万とも、9000万とも言われています。
10年で200兆円もの公共投資の金がどこにあるのか教えて欲しいですよ。
それでなくても、高度成長期にものすごい勢いで作ったインフラが一斉に老朽化している現在、その方が優先でしょうに。
民主党も、脱原発は大ウソで、雇用もどんどん悪くなってきています。
この3年間何をしていたのでしょうか。
全く選挙の時だけのまやかし政策ですよ。
既得権益者たちを少なくするところか、復興に回す予算さえ、シロアリに食いつくされてしまいました。
自民も、民主も、偉そうに何か言っていますが、全然信じられません。

”電力を作って電力会社に売る”までは良いのですが、買い取り価格が異常に高すぎます。
それを商売にする企業、その補てんに税金が使われる。
先行き、行き詰るようになっています。
買い取り価格を抑えない限り、売電をする能力のない普通の国民は高い高い電気料になりますわね。
どの党も、今、きれいごとばっかり言っていますが、現実はどのような国にするのか、なるのか、ちゃんと嫌なことも教えて欲しいですね。

投稿: まるこ姫 | 2012/12/09 09:27

こんばんわ。
公共事業に関しては昔のようなお手盛りでもいけないがある程度の負担が必要なのもたしかでしょう。
そもそも公共事業や技術予算を減らした民主党政権がなぜ自民党以上の膨大な予算を組んでるのか?考える必要も同時にありますね。とにかくどれが経済的にいいか検証しないとどこが政権をとろうが借金政治は続く事になるでしょう。

平和憲法に関しては北朝鮮の工作機関の侵入を防げなかった事または拉致被害者を救出できなかった事を考えると今後、今の憲法で日本を守れるか疑問です。中国の軍事大国化、北朝鮮の高度なミサイル戦力(ノドン)を考えると自衛隊の抑止力も相手の状況に合わせて考えられた防衛体制を敷くべきだと思います。

さらに国防軍創設は国を守るという考えからでしょう。この名称に関しては平和国家のフィンランドも採用してます。

問題は海外派兵ですがこれについては今でも危険なスーダンで自衛隊が活動してます。僕はこれには反対なのですがなぜかマスコミがスルーしてるのがいかがなものかと思います。
アメリカと一緒になって他国に自衛隊を派遣するのも反対ですが結局、護憲であれ改憲であれ

日本をどうやって守るか?真剣に考えないと周りの周辺国は日本にたいして無茶な要求ばかりしていきます。今はアメリカ(用心棒代)と韓国(スワップ協定や漁業協定、慰安婦賠償)が日本から金をせびられていますが今後はロシアや北朝鮮、中国なんかもあることないこと無茶な要求をしてくる可能性があります。まさに開国当時に不平等条約を結ばされた日本と同じです。

投稿: 中立 | 2012/12/09 19:59

★ーーこんばんは、中立さん

あのトンネル事故によって、高度成長期にどんどん作ったインフラが老朽化している事が良くわかりました。
新しい事業に予算をつけるのではなく、メンテナンスの方に力を入れるような予算に作り替える時期に来ていると感じます。
おっしゃるように、コンクリートから人へと政権交代を果たして公共事業や仕分けと称して色んな予算を減らしてきたと豪語していましたが、自民党以上の莫大な予算の内訳も知る必要がありそうですね。
本当にこれだけ膨れ上がった予算が必要なのかどうか。
特別会計も含めた予算の全体像が知りたいですね。
今までのままだったら、ますます借金は増え続けるでしょうから。
平和憲法は立派な憲法ですよ。
あの敗戦によって戦争を放棄した日本が、自衛隊を軍化するのが良くわかりませんね。
近隣諸国は警戒しますよ。
自民、維新が連立を組んで憲法改正となると、周辺国との軋轢はこれまで以上に膨れ上がります。
経済交流していなかったらその影響は少ないでしょうが、経済の疲弊はもっと起きますよ。
そうなったらどうするのか、相対的に考えて発言するべきでしょう?

>平和国家のフィンランドも採用してます。

簡単に他国と比べるのは危険ですよ。
日本は日本の歴史がありますから、その歴史を踏まえての発想にならなければいけないのではないですか?
消費税もそうですが、なんでも外国と比べるのはどうなんですかね。
高い税率の国は、非課税品目が沢山ありますし、日本のように一律ではありませんから。
集団的自衛権は、大反対です。
世界各国で起きた紛争は、アメリカや旧ソ連が介入しておきました。
泥沼化したイラク戦争も、アメリカが言いがかりをつけて戦争が拡大しました。
その手先になるのはもってのほかです。
自衛隊の人道支援で充分ではありませんか。

>今後はロシアや北朝鮮、中国なんかもあることないこと無茶な要求をしてくる可能性があります。

要求に屈しなければ良いですよ。
一度要求に応じると、次から次へと応じなければいけません。
毅然とした態度、適切な外交力を持ち続けれる必要がありますね。

投稿: まるこ姫 | 2012/12/09 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56277530

この記事へのトラックバック一覧です: 現政権与党と、前政権与党、どっちもどっちの政策展開:

« 急に公務員改革、脱原発を標榜しだした民主党だが | トップページ | ”首相が来たら逆効果”言われています(笑) »