« 安倍首相、もう”原発新増設に前向き"と言っています | トップページ | 小沢氏新年会での数の減少だけをあげつらうマスゴミ報道 »

2013/01/01

原発推進に続き、国家公務員定数削減見直しも言及する自民党

明けましておめでとうございます。
昨年は沢山のコメントを頂きありがとうございました。
ここに集う皆様は、日本の未来を憂慮しているのだと感心すると
同時に心強くも感じました。
私はこれからも、大きな権力に対して、無力ながら声を上げ続け
て行きたいと思っています。
今年もよろしくお願い致します。

昨日は安倍政権が、原発推進に舵を切ったか?と言う記事を書
いたが、安倍政権は公務員削減見直しも言い出した。

公務員削減見直し、官僚と連携…「脱民主」進む
          読売新聞 2012年12月30日(日)15時40分配信

>安倍政権は、民主党政権が進めていた政策の見直しに相次い
で着手している。
官僚との連携も強め始めた。
>新藤総務相は28日の閣議後の記者会見でこう述べ、2013
年度の国家公務員の定員を3000人削減するという民主党政権
の方針を見直し、削減幅を縮小する考えを示唆した。
>このほか、安倍政権は、民主党政権下で「削減」されていた公
共事業費を「必要な公共事業は実施する」方針に転換する。

一連の各大臣の発言や、安倍首相の発言を聞いていると、民主
党政権の、「コンクリートから人へ」の理念とは真っ向から反する
「人からコンクリートへ」、と舵を切ったとしか読み取れない。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

公務員削減は民主党政権時、大きな期待を集めた政策だが、そ
レも絵に描いた餅で、ほとんど実行してこなかった。
選挙前の気前の良い約束なのか、民主党は、政権末期にはい
ろんな改革を打ち出してきた。
公務員3000人削減も、そのどさくさで発表したものだが、民主
党の理念だけは持ち続けていると思っていたが、新政権は民主
党のすべての理念の政策を否定する気でいる。

脱原発政策も、公務員改革も、高校授業料無償化もすべて無か
ったように、前の自民党政権の政策に戻ってしまった。
10年で200兆の公共事業と言っているし、時代は逆戻りしてい
るも同然だ。
一応は官僚と距離を置くとした民主党だが、今度は前の様に官
僚と連携を図るに変わってしまった。

確かに民主党政権は、ドタバタしすぎた。
ふがいない政権運営は腹立たしい限りだったが、それでもやっ
と自民党の業界べったりの政策とサヨナラできると思っていたが、
3年ちょっとで、すごろくで言えば振りだしに戻ってしまった。

見事に振り出しに戻った。
なんだったのだろう、あの3年余の日々は。。。。。

結局、網の目のように張り巡らされた既得権益の網から、抜け
出す事は出来ないと言う事か。。

安倍政権になった途端、あの自民党の政策が復古している。
年の初めから、気の重い事よ


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 安倍首相、もう”原発新増設に前向き"と言っています | トップページ | 小沢氏新年会での数の減少だけをあげつらうマスゴミ報道 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
さて、政治ですが、年が明けて どれだけ自民党政権のぼろが出るかと言うことでしょうね。
 株価もいつまでも上昇とは思えません。
お正月明けにどうなる事やら。
 振り出しに戻ってしまった日本の政治、改革よりも公共工事に落ち着きそうです。
 どうしようもない、官僚べったりの政治が戻ってきます。
 期待もできない、参議院選挙までにどうなっているのでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/01/01 20:31

喪中に近いわけですが・・・
あけまして・・・・・。

アブ?シンゾーに関しては今のところ何も書く気が起きないで、ただひたすら呆れながら無気力に眺めております。

正月早々、TB送りました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

投稿: kappa | 2013/01/01 20:41

まるこ姫さんこんばんは(敢えて新年の挨拶はいたしません)。世界は2013年、新しい年を迎えました。。

今年は暦的に連休が多く、海外に旅行へ行く方が多いそうです…

年が明けても、世の中は相変らず、”ノー天気”或いは ”思考停止”状態でどうしようもない。

さらに年末年始の主要5紙の記事わ社説も相変らず酷いものです。

だが東京新聞は違います。さすがです!以下の記事の締ではこう書かれています 『真の文明は山を荒らさず川を荒らさず村を破らず人を殺さざるべし』

今の日本に欠けている言葉です。

「国破れて山河在り」ならいざ知らず、事実上の敗戦状態の上、その母なる大地・山河までを汚す愚か者どもにはロクな未来など待ってはいないことを…


(転載開始)
◆『執洗』
2013年 1月1日 (火) 東京新聞


「世は下野(しもつけ)の百性なり」。田中正造の自伝はこの言葉から始まる。「小中の土百姓」「溜(ため) (下肥)かつぎ言葉」とも自称した。国会議員になっても、辞めた後も生涯一農民という認識は変わらなかった(小松裕著『真の文明は人を殺さず』)

▼足尾銅山の鉱毒問題を追及、明治天皇に直訴を試みた正造は、還暦を過ぎても遊水池化に抵抗していた谷中村の農民の粗末な家に泊まり込んだ。常に民衆に軸足を置く政治家だった。

▼銅山から渡良瀬川に流れた鉱毒は、洪水のたびに下流に被害が広がった。天災と人災が複合した「合成加害」と喝破した正造は、洪水被害の三分の二は「私欲と奸悪(かんあく)」が原因の人災と言い切った。

▼今年は正造の没後百年となる。五年ぶりに再登板した安倍政権は自らの原発政策への反省や検証もないまま、民主党政権が決めた二○三○年代に原発ゼロの方針を覆し、原発の新増設さえ視野に入れる。正造が生きていたら、「加害者が何を言う」と一喝するだろう。

▼銅の採掘のために伐採され、製錬所が出す亜硫酸ガスや山火事ではげ山になった足尾の山林は、ボランティアが木を植えて、荒涼とした山肌に緑が戻ってきた。

▼自然との共存を主張した正造に今、学ぶべきことが多い。新年に当たり、もう一度かみしめたい言葉がある。

<真の文明は山を荒らさず川を荒らさず村を破らず人を殺さざるべし>

投稿: めたぼん | 2013/01/01 21:30

こんばんわ。
そして、新年明けましておめでとうございます。
今年も、こちらのブログへお邪魔しますので、宜しくお願い致します。m(_ _)m
「国家公務員関連」は、確かに「民主政権時代」にしろ、「自公政権時代」と、課題を突きつけられたものでしたね。
そして、今回は、「民主政権時代」が考えた「公務員3000人削減」という案を、「自公政権時代」は、一端「見直し」=「削減縮小」と言う考えを示した。
確かに縮小をするのも良いけど、これではあんまり変わらないと思いますね。
これでは、「官僚の天下り」になる恐れがある。
これ以上起きない為にも、もっと厳しく「天下り激減」をした方が良いと思いますね。

投稿: H.K | 2013/01/01 22:01

★ーーおはようございます、くまさん

明けましておめでとうございます、こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

政権を取って間なしに、もう元の自民党そのものの政策がどんどん出てきています。
やはり自民党は変わっていなかった。
安倍首相が勇ましく放ったインフレ発言によって、株価がどんどん上昇していますが、私は安倍バブルだと思っています。
いつまでこのバブルが続くのでしょうか。
見事に振り出しに戻ってしまった政治は、公共事業の割合が大きく占めるでしょう。
官僚が主導しての政治は、政治家はお飾りで花を持たせられているだけと言う事なんでしょうね。
私は全然期待しませんが、国民にとって参議院選挙が正念場ですよ。
自民党が勝利すれば、どんどん保守色が強くなりますよ。

★ーーおはようございます、kappa さん

私も気持は沈んでいますが、政権に批判的な人間が大人しくなれば、権力者にとって唯我独尊になってしまいますよ。
現象的には保守勢力がものすごく強くなっているように感じますが、とても危険な兆候だと感じています。
ブログが全くの無力と言う事は重々承知ではありますが、それでも声を上げていきましょうよ。

安倍は調子づいていますが、そうそう言い局面ばかりはありませんし、必ずやこの国を憂慮する人たちの声も大きくなると淡い期待を寄せています。
カラ元気でもよいですから、気持ちを奪い立たせて下さいね。
宜しくお願い致します。
TB受け取りました。


★ーーおはようございます、めたぼんさん

一年がたつのは本当に早いです。
特に12月は何もやっていないのに、飛ぶように日が過ぎていきます。

さて今年の政治は、どのような展開になっていくのでしょうか。
安倍政権は、すでにタカ派色を表し始めています。
国民がどれだけ支持するかですが、言葉の端々に元の自民党に戻ってしまったと感じて仕方がありません。
経済が良ければ(公共事業)、憲法、原発、改革後退はどうでもよいのでしょうか。
あまりにも短絡的だと感じています。

>真の文明は山を荒らさず川を荒らさず村を破らず人を殺さざるべし

安倍は美しい国を標榜していますし、尖閣や竹島に関して国土を守ると勇ましい言葉を発しますが、だとしたらなぜにここまで荒廃した国土にした原発を推進すると言うのでしょうか。
原発推進と、美しい国は正反対の語句です。
人々の暮らしを奪い人が住めない地域にした原発を、なぜに守るのでしょう。
経済を優先するあまり、人々の暮らしがないがしろにされています。
300万人もの犠牲を払った戦争の教訓も、今や風前のともしびです。

年の初めから、考えれば考えるほどやるせない思いで一杯です。


★ーーおはようございます、H・Kさん

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

毎年、良い年になればと思いながら、ますます悪くなる一方でさびしい限りです。
人々の心まで荒廃に向かっているように感じられて仕方がありません。

自民党政権時代から、公務員改革は言われてきましたが、まともに進みません。
それはそうですよね。
議員改革が絵に描いた餅で、選挙前には言いますが、選挙後、すぐに何事も無かったような展開になります。
民主党もマニフェストで表明しましたが、ほとんど改革らしい改革をしてきたようには見えません。
自民党もこれからだんまりでしょう。
改革に関しては、口では言いますが本当にやる気のある議員はほとんどいないと感じています。
これから、ますます国民の生活は圧迫され、やきもきする日が続くのでしょうね。
自民党政権になって、改革は後退して行くのだと思いますよ。

投稿: まるこ姫 | 2013/01/02 09:05

確か、小泉進次郎議員は、自民党は変わった云々の発言をしてませんでしたっけ?
何処がどのように変わったのでしょうねぇ?
完璧に官僚主導、財界優先へと逆戻りした感が有ります。
勿論その責任は、民主党の不甲斐なさ、嘘つき政権で有ったことが原因では有ります。
とは言え自民党は3年間、野党として何を学んだのでしょうか。
と言うよりも、そもそも野党の実力しか持たない政党が運良く長期政権に付き、野党時代は正に実力通りの政党だったと言う事でしょうか。
いずれにせよ、自民党には改革は出来ませんねぇ。
安倍総理は産業を育てるような発言をしてますが、その為には既得権益をぶっ壊す意気込みが必要のように思いますが、既得権益の恩恵を受けようとしているとさえ思えます。
自民党は道州制も云々と言ってましたが、国家公務員の削減幅を縮小すると言う事は、地方分権に向けた取り組みもしないという事と同意語でしょう。
官僚の高笑いが聞こえてきそうです。

投稿: サクラ日記 | 2013/01/02 14:27

あけましておめでとうございます、まるこ姫。
本当に自民党には呆れます。野党に3年半いても、自分たちがなぜ国民から拒絶されたのかが分かってない。完全に逆戻りです。ほんと暗澹たる気持ちになりますね。

投稿: ぱいなっぷる | 2013/01/02 16:41

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

進次郎も評価していた部分もありましたが、自民党は変わった発言で、内部にいると本当のところが分らないのかと感じました。
自民党は決して変わっていませんよ。
官僚と連携とか、財界人と嬉しそうに握手している姿を見ると、この党は既得権益者とはけんかをしたくないのだと思いますよ。
民主党には失望感で一杯ですが、さりとて民主党の瑕疵をあげつらうだけの国会を見ていると,、ただただ政権の座にいたいだけで、実態はお飾り大臣の座に甘んじたいと思っているのではないでしょうか。
政策は官僚任せでしょうね。
この国の政治は、与党としての実力など備えていないのですよ。
代々、官僚がおぜん立てした政策のレールに乗っかっているだけで、それをこの国を動かしていると勘違いしているだけだと思います。
紅白歌合戦ではありませんが、どんなに無能だろうと大臣になってナンボの職業なんでしょうね。
自民党には、絶対に改革などできませんし、期待すらしていません。
産業を育てるのと、既得権益者とは真っ向から反しますからね。
まさか安倍総理に産業を育てる意気込みがあるとは思えません。
選挙期間中の調子のよい演説と、政権を取ってからの行動整合性が取れませんよ。
しかし、政権を取ったらこっちのものと、どんどん突っ走るだけだと思います。
騙されたと思っても後の祭りではないですか?
官僚が泣いて喜ぶだけですよ。


★ーーこんばんは、ぱいなっぷるさん

明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。
自民党は、もうすっかり信任されたと勘違いしていると思いますよ。
野党にいた期間、政策で民主党をギャフンと言わせたと言うよりも、スキャンダル攻撃でギャフンと言わせたような印象ばかりです。
重箱の隅をつつくような瑕疵をあげつらう。
野党時代もたいしたことありませんでしたが、与党時代もひどかったですよ。
各大臣、安倍首相の発言を聞いていても進歩的な事は何も言っていないですし。
自民党に、参議院で票を与えてはいけませんね。
必ず暴走すると思いますよ。

投稿: まるこ姫 | 2013/01/02 17:27

こんばんわ。

民主党の失敗は経済政策の失敗につきるので安倍政権でどこまで持ち直していくかで評価がわかれます。円高で輸出がこの三年ボロボロで大企業はもうどんどん海外へいってしまったので残された中小企業をどこまで立て直しができるか
アベノミクスにある新規イノベーション投資で新たな産業が構築できるか興味があります。失敗すれば借金だけ残りますけど。

福祉に関しては幼児教育無償化がどの程度少子化対策になるか?個人的にはもう少しこれに加え幼稚園や保育園を増やして保育士が増えるような政策にもっていってほしいです。

やっと文教族のドンがいなくなったので幼保一元化への道も開かれました。

公共事業に対しては災害リスクに対してどこまでの金がかかるか中身をもっとつめるべきだと思います。

投稿: 中立 | 2013/01/03 03:00

★ーーこんばんは、中立さん

バブルから20年以上がたちますが、その間ほとんどが自民党政権でした。
ブラックマンデーの時の政権は確か麻生だったと思いますが、デフレはどんどん進んでいます。
民主党政権だって、経済政策は何をやったのかと思いますが、この数年間でもどの政権も、経済が良くなった兆候はありませんでしたね。
アベノミクスで本当にこの国は再生できるでしょうか。
今、円安に振れていますが、このまま続くでしょうか?
今は期待感で株が上昇していますが、この先の政策次第ですね。
アベノミクスは、リスクと表裏一体です。
大ばくちを打っているようなものですから、もし悪い方向へ行けば借金が積み上がり、立ち直れないと思いますよ。
これからの政策を注視していなければいけませんが、自民党は自己責任を前面に出してきていますから、強い人間はそれで良いでしょうが、振り落とされる人間も多く出るのではと危惧しています。
10年間で200兆もの公共事業を推進して行くそうですが、新規事業はする必要が無いと思いますよ。
老朽化したインフラを整備するだけで手一杯だと思いますから。

投稿: まるこ姫 | 2013/01/03 16:57

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

あけましておめでとうとは言いがたい年が始まります。
暗い4年が待ち受けていて、気が重たいです。
政官業癒着の時代に逆戻りしそうです。
自公政権を喜ぶ多くの国民、自公政権を持ち上げるマスコミに、失望感でいっぱいです。
民主党の、特に主流派の責任は極めて重いです。
リベラルの流れを押し戻し、雲散霧消にした罪は重大です。

自民党は民主党の大敗で有利な選挙制度により大勝したの過ぎません。
国民の自民党への投票数は前回と変わらず、自民党の政策に全面賛成ではなく、むしろ反対の方が多いのです。
国民の意志を汲むなら、民主党の政策を全否定するのでは無く、民主党案に歩み寄るべきと思います。
竹島の日を政府主催で祝わないと、できないことは書かないと強弁した公約を早速破りましたが、真に国民の意思に沿うなら、竹島同様、公約を柔軟に変更すべきです。
自民党は変わらないから、そんな謙虚な姿勢、真摯な態度は無いでしょう。

投稿: 愛てんぐ | 2013/01/04 19:28

★ーーこんばんは、愛てんぐさん
明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

まさか自民党が大勝するとは思ってもいませんでした。
しかし、選挙期間中、マスゴミは"自公で過半数”とか“自民党300議席"とか煽りに煽っていましたから、棄権した人が全有権者の4割にも達しました。
6割の有権者の中でも、自民党を支持した人は4分の1しかいなかったそうですから、小選挙区制のマジック、なのかと思います。
詳細に分析すれば、それほど自民党が支持されているとは思えませんし、選挙期間中の恣意的な誘導でマスゴミの勝利といってもよいかもしれません。
結果自民党が勝利したわけですが、自民党に戻って、この国に未来があるとは全然思えません。
民主党、野田政権の罪は大きいし重いですよ。
すっかり、保守一色にしてしまったわけですから。
それにしても、小沢氏の動向は逐一負の報道をしますが、この国のリベラル派を闇に葬った野田首相の動向は全然報道しませんね。
民主党惨敗の責任者は、まぎれもない野田氏なのに。。。

自民党は漁夫の利を得ただけで、民主党の体たらくを見た
ら、民主党に投票する気にはなりませんもの。
開票速報のその日、悪夢を見ているようで、絶望しました。
民主党が公約を実現できなかっただけで、公約そのものは国民目線でした。
自民党にない良さが一杯あったのに、それを全否定するそうです。
自民党は何も変わっていなかったという事ですね。
むしろ悪くなっているかもしれません。
改憲だの、集団的自衛権行使だの、国防軍だの、戦前に戻ったかのような発想です。
アジア諸国から総すかんを食わなければ良いのですが。
参議院選挙までは、猫を被っているかもしれませんが、そのうちに、どんどん化けの皮が剥がれてくると思います。
何度も言いますが、自民党は何も変わっていませんから。

投稿: まるこ姫 | 2013/01/04 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56444735

この記事へのトラックバック一覧です: 原発推進に続き、国家公務員定数削減見直しも言及する自民党:

» 貫く棒のようなもの・・・2012.12.31から2013.1.1 [f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜]
MJQ「朝日のように爽やかに」 ・・・・ 二階の鐘樓一棟。 二十釣の洪鐘一口を懸ける。 この鐘の一音が及ぶ所は、世界のあらゆる所に響き渡り、苦しみを抜き、楽を与え、生きるものすべてのものにあまねく平等に響くのです。(奥州の地で は)官軍の兵に限らず、エミシの... [続きを読む]

受信: 2013/01/01 19:44

« 安倍首相、もう”原発新増設に前向き"と言っています | トップページ | 小沢氏新年会での数の減少だけをあげつらうマスゴミ報道 »