« ”安倍談話”は集団的自衛権行使への道筋か? | トップページ | 効果があるのか無いのか”除染”が一つの事業、雇用になっている現状 »

2013/01/06

高市氏、”TPP交渉参加後に脱退する選択肢も"は詭弁中の詭弁

確か菅政権、民主党政権のときも”TPPに交渉参加後脱退する
選択肢もある”
と閣僚から話が出ていたが、政権を取って間なし
の自民党が、もう言いだした。

自民党は選挙前、TPPに反対だとの意見が多かったと思うが、
ここへきて、アメリカへの手土産なのか、“交渉参加後に脱退の
選択肢もあり得る"
と、菅政権時の閣僚の詭弁と全く同じ事を言
い出した。

自民・高市政調会長、「TPP交渉参加後に脱退する選択肢も」 
フジテレビ「新報道2001」で

          フジテレビ系(FNN) 1月6日(日)14時8分配信

>自民党の高市政調会長は「(TPP)交渉には参加しながら、守
るべき国益を守ると。それで、条件があわなかったら脱退する
っていう選択肢も、ゼロではないですよね」と述べた。

自民党としては農業関係に配慮してTPP反対の立場なのだろう
が、政府としてはアメリカとの関係を良くしたい、従属したいの思
惑がありありで、TPP参加の方向へと向かうのだろう。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

推進派達は、反対派への説得材料として、常に”交渉参加後、
国益に沿わなければ脱退もあり得る、交渉参加は、参加とは違
う、まずは交渉参加をして様子を見なければ話にならない”

もっともらしい事を言うが、今のアメリカと日本の力関係から考え
て日米関係が悪化するかもしれない脱退を言えるのか。
参加はしたが、"日本の国益に沿わないから脱退をする”と言え
るのかどうかだ。
言えないよね~(笑)

それでなくても自民党は、アメリカあっての日本という意識が強
い。
そんな対米従属の党が、アメリカに対してはっきりしたもの言い
が出来るとは到底思えない。
すなわち、交渉参加とは、参加すると同義語なのだ。
本当に自民党は全然変わっていない。
その場をしのぐだけ欺くだけの、何がなんでものトリックを使う。

しかし、”条件が合わなかったら"と簡単に言うが、“条件が合う
合わない”
は、どこで認定するのだろうか。
業界の立場や、業種によっても条件は違う。
日本はどこへ行くのか、何を目指すのか、そこのところがはっ
きりしない中での、“条件が合わなかったら脱退する”発言は、
あまりにも国民だましの典型例だ。
結局、政府にとってTPP参加は決定済みという事ではないか。

ネットでは、菅、野田政権に対して民主党は売国奴とのレッテ
ルを張っていたが、自民党だって同じようなものだ。
むしろ確信犯的なのは自民党だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« ”安倍談話”は集団的自衛権行使への道筋か? | トップページ | 効果があるのか無いのか”除染”が一つの事業、雇用になっている現状 »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

またしても、政権を取りたいがための嘘つきがばれ、取った後の迷走が始まりました。
自由貿易するために経済取引の国境を無くすため、 例外なき関税撤廃がTPPの原則です。
交渉中の例外は例外中の例外であって、あくまでも関税撤廃が原則です。
それなのに、自民党は公約で、聖域なき関税撤廃を前提にする限り反対と言っていますが、原則は聖域なき関税撤廃が前提です。
良くこんな嘘がつけたものです。
農民票が取りたいがためのダマシです。

尖閣問題塔で、中国と対峙するには、アメリカとの関係強化が自民党にとって重要政策です。
オバマ大統領は自国のため、TPP推進で日本参加を望んでいます。
安倍政権はアメリカの言いなりになるのは目に見えています。
先ずは参加してみて駄目なら止めたらと、こうやって徐々に、TPP参加に傾いていくのでしょう。
また、公約違反です。

投稿: 愛てんぐ | 2013/01/06 18:25

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

自民党は民主党に対して、罵詈雑言を浴びせたり、うそつき呼ばわりしていましたが、自民党だって同じようなものです。
政権を取りたいがため、今度の選挙も選挙民を欺いてきましたよ。
自民党は業界団体の支援を受けていますし、TPPは推進とはいかないでしょう?
アメリカの戦略のためのTPPはアメリカが潤うだけの様な気がします。
多国間交渉でなく、二国間の交渉で充分だと思いますがね。

>聖域なき関税撤廃を前提にする限り反対と言っていますが、原則は聖域なき関税撤廃が前提です。

本当に騙しがうまいですよね。
それに乗ってしまう人がとても多いのが気になります。
自分の頭で考えない人が多いのかもしれませんね。
日本はアメリカと協調していれば世界に伍していけると考える議員が多いですが、アメリカは日本より中国重視ですからね。
本来なら、アメリカよりもアジア圏を見据えての戦略を練った方が日本のためになると思いますが、自民党の議員はアメリカべったりの議員が多すぎます。
アメリカは、自国の利益のために日本に参加を呼び掛けているだけで、仲良くなど、みじんも考えていませんよ。
交渉参加してみて国益に沿わないなら脱退などというのは、詭弁も良いところだと思います。
交渉参加した時点で、参加したと決定ですよ。

投稿: まるこ姫 | 2013/01/06 19:01

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
政治家の詭弁にはあきれますね。
戦況前と選挙後、政権与党になるかや党になるかで、ころころと変わります。
 この人達はほんとうになにをしたいのでしょうね。
 風見鶏よりもひどい、単なるアメリカに対する点数稼ぎでしかありません。
 骨のある政治家がいません。ほとんど太鼓持ちですね。いやになります。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/01/06 19:14

★ーーこんばんは、くまさん

政治家は本当に人をだますのが商売ですね。
おっしゃるように、選挙前と選挙後、ころりと変身します。
与党になれば、野党の時の発言と180度変わります。
これほど、激しく変わるとはね。
とにかくアメリカへの忠誠心が一番になるのでしょうが、
どこまで従属的なんでしょうか。
独立国とは名ばかりで、アメリカのいいなりですからね。
もう少し自国の主張があっても良いと思うのですが。
骨のある政治家など、探し様がありません。
情けないにもほどがありますよ。

投稿: まるこ姫 | 2013/01/06 20:39

こんばんわ。
そう言えば、「TPP参加問題」は、「民主政権時代」の時でも、随分もめましたね。
しかも、野田元総理は積極的な発言で、「参加する」と言う強い発言をしました。
しかし、他の党や民主党の幹部からは、反対され白紙のまま終えましたね。
けど、「自公政権時代」入った途端、「参加する」と言う意志だ出たそうですね。
確か公約では「反対」と言う意思表示をしているはずでしたが・・・。
まさか寝返るとは、信じられませんね。
まさに、「裏切り者・ホラ吹き・嘘つき」、そのものですね。

投稿: H.K | 2013/01/06 21:07

アメリカの言いなりである清和会が支配してる自民党がアメリカと交渉して日本の国益を守ることなんて出来るわけ無いですね。野田のTPP参加を叩いてた政党とは思えませんよ。

投稿: ぱいなっぷる | 2013/01/06 23:43

途中で撤退する事は無理でしょう。
となれば、日本という国をどのようにしていくのかのビジョンを示し、交渉参加ならばそのビジョンに沿って交渉を進めるといった説明なら理解出来ますが、現状においては理解どころか信用も出来ませんねぇ。
安全保障などとの問題とも絡められて、アメリカの言い分をほぼ丸飲みする結果になると予想されます。
そして何より、TPPに参加した場合のメリットデメリットが開示されない状態では、国民としては判断のしようも有りません。
例えば、農産品が安く輸入され市場価格はどの程度下がる、農業従事者は補助金の創設なども考慮したうえで自由競争を促す、医薬品は海外の最新薬が使えるが副作用などのデメリットもある、工業製品も輸出拡大が図れるが同時に安価な家電品などは輸入が増え市場価格も下がる等々を示し、且つ日本政府としてのビジョンと照らし合わせながら説明して欲しいものです。
恐らく、いや絶対に無理だとは思いますが。
それと大きな問題としては、TPPでアメリカ企業が損害を被った場合、アメリカ企業が日本政府に損賠賠償を求める訴訟が出来る点が有るらしいですねぇ。
この問題は、野党時代の自民党の西田、佐藤参議員らが指摘してました。
と言う事は、自民党として交渉に参加するのですから、ここのスタンスを明確に国民に示しておく必要は、最低限あると思いますが、この点に於いても全く説明が有りません。
やはりアメリカの言いなりになるでしょう。

投稿: サクラ日記 | 2013/01/07 08:38

まるこ姫さま、こんばんわ。
放射性廃棄物の「中間」貯蔵施設に似てますね。「中間」とは名ばかりで、一度移設されたら未来永劫同じ場所に留め置かれるに違いないと疑われているのと同様、テーブルに座ったら最期、抜け出すことなど許されることなく、草刈り場になるのがオチです。喜んで参加する国よりも、イチ抜けた宣言をしたり、二の足を踏む国の方が多い現在、こんなワンクリック詐欺まがいの口車に乗るべきではありません。

投稿: 肉山会 | 2013/01/07 18:00

★ーーこんばんは、H・Kさん

そうなんですよ。
民主党政権時代も、菅がいい、野田がいい、すごい批判を浴びましたよね。
野田は、今すぐにでも参加するような事を言っていました
消費税増税と同様、TPPも反対派は多いです。
自民党も、うまいですよ。
民主党に対して、口汚くののしってきましたが、結局、自分たちも同じような事をやりますよ。
バラマキでもそうでした。
人にばらまくのか、公共事業にばらまくのか。
選挙期間中は、本当に調子のよい事を言ってきましたが、政権を取って、どのような整合性を取るのでしょうか。
自民党は元々、アメリカ従属の党ですから、アメリカには逆らえないと思いますよ。


★ーーこんばんは、ぱいなっぷるさん

自民党は、根っからのアメリカ追随、従属ですからね。
今更、アメリカの言う事に逆らうなどできませんよ。
しかし、何度も議論したのですが、いわゆる保守がアメリカ追随というのは、考えたらおかしな話ですよね。
TPPは野田に対して批判しまくりでしたが、自民党は野田の比ではなくアメリカ大好きですね。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

交渉のテーブルについて、日本の国益に沿わないから脱退などとは、絶対に言えませんね。
今までのアメリカとの力関係を見たら分ります。
民主党もそうでしたが、政権に付いた途端、“丁寧に国民に説明する"が無くなっちゃいますもんね。
今まで、一つも丁寧に説明してもらったと感じた事はありませんよ。
この国の首相は、国家観やビジョン、グランドデザインを持ち合わせているのでしょうか。
TPPに参加してのメリット、デメリットを一つも教えるわけではなく、ただ参加すれば国益にかなうと言い切る経団連のじい様連中。
国民はおいてけぼりの様な気がします。
交渉参加テーブルについての脱退が不可能なら、慎重にも慎重を期し必要がありますよね。
本当に参加が国益にかなうなら、項目別に説明すべきですよ。

>この問題は、野党時代の自民党の西田、佐藤参議員らが指摘してました。

与党になったら、野党時代の持論がどこかへ行ってしまうのがこの国の議員ですから、コロッと変わりますよ。
そして、今までの自民党政権のように、アメリカの言いなりになるでしょうね。
しかし、民主党は自民党を全然批判しませんね。
あれだけネチネチやられてきたのにね。
それともマスゴミが、報道しないだけなのでしょうか。


★ーーこんばんは、肉山会さん

今までの自民党政治の”その場しのぎ”の典型例ですよね。
その場では実にうまい事を言い、人を安心させる術に長けています。
実態は?
一度はまると、抜け出すことのできない蟻地獄にハマったも同然で、その時は後の祭りです。
やはりTPPはアメリカの経済戦略の一環で、アメリカは、日本をターゲットにしているように感じます。
多国間で交渉するよりも、二国間で交渉した方がよほど利益が上がると思います。
特に自民党は、アメリカに対してものすごい迎合的でもあり、アメリカべったりの思考なのではありませんか?

投稿: まるこ姫 | 2013/01/07 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56481585

この記事へのトラックバック一覧です: 高市氏、”TPP交渉参加後に脱退する選択肢も"は詭弁中の詭弁:

« ”安倍談話”は集団的自衛権行使への道筋か? | トップページ | 効果があるのか無いのか”除染”が一つの事業、雇用になっている現状 »