« 原子力ムラと原子力規制委員会はズブズブの仲なのか? | トップページ | あっぱれ女子力、女子力が柔道を救うかもしれない »

2013/02/04

あっちに吠え、こっちに吠え、キャンキャン良く吠える事!

権力を持っている人間なんだから、批判はつきものだと思うが。。

その経緯も知ってか知らずか、市庁舎の音楽にケチをつけ、放送
中止に追い込んで見たり。わざわざツィッターで”市役所は、お昼
になると変な音楽が庁舎内に流れます"
とつぶやく周到さ。

桜宮高校部活での、顧問の体罰問題では、疑問を呈したフジテレ
ビの小倉キャスターや、曽野綾子氏には問答無用で切り捨てる。
曽野綾子氏のコラムに対して、”ひねくれ者の曽野綾子氏による
ひねくれコラム”
と相手を中傷するような発言を平気でする。
私は、曽野綾子氏の日頃の発言には全然賛同しないが、今回の
氏のコラムの、”人は変えられるという思い込み”は、なるほどと
思った。
橋下氏の言うように、”ひねくれている"などとは毛ほども思わな
かったが橋下氏にかかると、ボロクソ状態だ。
社会には、橋下の強権に満ちた独裁的な手法も、”これくらいや
らなければ学校は変わらない"
と思っている人間もいるだろうが
当然こんなやり方は間違っていると考えている人間も多数いる。
強権的に自分の意見に従わせる手法は、華々しく立派に見える
かもしれないが、私は自分が従わされる方の立場で、有無を言
わさぬやり方をされたら当然反感を持つ。

今回、鳥越俊太郎氏が毎日新聞のコラムで「橋下の入試中止の
権限行使は裸の王様だ」と書いたら、すぐさま、”鳥越俊太郎氏
のコラムを読んで虫唾が走った。鳥越氏こそメディア界の裸の王
様だ"
と何倍にしても返す。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

自分の発言はなんでも許されて、他者の発言はどんな小さな批
判も許されないなどとなったら、独裁者そのものになってしまう。
橋下氏はそこのところが全然分らないようだ。

どうも橋下氏をヒーロー扱いしている連中は、”言葉が汚くなるの
は色んな既得権益と戦っているから”
とか、”政治家は結果を出し
て評価されると思うので橋下市長は良い政治家だ”
とか、なんだ
か違う世界が広がっている。
曽野綾子氏や、鳥越俊太郎氏が、既得権益者扱いになっている
のも何だか変だ。
結果をどれだけ出そうが、民主主義の手続きを否定して勝手に
独走するのは、民主主義国家とは言えない。

権力を持つと言う事は、批判は当然つきものだ。
批判されてナンボだと言っても過言ではない。

少しの批判も許さず、唯我独尊の橋下氏は、私には鳥越氏の言
うような、”裸の王様"としか思えない。
しかし、なんでこんなにキャンキャン噛み付くのだろう。。。。
言いたいやつには言わせておくぐらいの気持ちになれないのだ
ろうか。
終始、監視、目を光らせておかなければいけない、そして自分に
対しての批判にはすぐさま、相手を口汚くののしる。
ケンカ屋の真骨頂なんだろうが、ホント、大変だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 原子力ムラと原子力規制委員会はズブズブの仲なのか? | トップページ | あっぱれ女子力、女子力が柔道を救うかもしれない »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
よくまあ目配りが効くことですね。
余裕があるということが不思議です。
マスコミは面白おかしく伝えていますが、どこまでが真相だか全くわかりません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/02/04 19:08

★ーーこんばんは、くまさん

自分の批判記事を良く見つけてきますね。
弱い犬ほど吠えるではありませんが、吠えすぎと違いますか?
権力を持っている人への批判はつきものなんですから、あまりカリカリしない事だと思いますよ。
マスゴミではなく、橋下氏がツィートしています。

投稿: まるこ姫 | 2013/02/04 20:17

まるこ姫さん、皆さん、こんにちは

鳥越氏の、クラブ活動の顧問の暴行が体育関連科の入試中止するというのは論理の飛躍であり、大人たちが市長の強権に恐れて市長に従っているが、子供たちは疑問に感じているというのはそのとおりです。
曾野さんの強権で人の考えを考えさせることはできないというのもそのとおりです。
橋下市長は入試中止したから、関係者は体罰を考えるようになると言っていますが、入試中止や予算全面カット、教職員の総取っ替えは、自分の言うことが聞けない奴にはビンタもやむを得ないと考えているのと全く同じことには気付かないようです。
曾野氏の人は変えられないと言いますが、市長の体罰容認論が自分は変えたと言いますが、市長は本質的に変わっていません。
自分を変えるとこはは自分を否定することであり、本心からの気づきでしか変わらず、暴力や強権では変わりません。
犯罪を起こして刑罰を受けても、半数は再犯を繰り返すと言います。
カウンセリングや矯正プログラムでしか本質的な矯正はできないというのも思います。

独裁者・権力者でも無い鳥越氏に対して、メディア界の裸の王様、どんな場合でも人を変えることができ無いとは言ってはいない曾野氏に対して、教育再生会議メンバー辞めろと、議論とは全く筋違いの個人攻撃をしているに過ぎません。
市長は議論では無くて、ケンカ、戦いと考えているのでしょう。
サラ金顧問弁護士として、勝利するためのテクニックが政治の世界でも正しいと思っているのでしょう。
オバマ大統領は社会派の弁護士として活躍し、弱者寄りの政治家となっていますが、橋下市長は、人の上に立ちたい、勝ち組の天辺になりたいと考える政治家なんだろうと思います。

しつこくツイートする時間があるなら、俄政治家はもっと政策について、もっと深く勉強すべきだと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2013/02/05 13:02

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

曽野綾子氏の意見も、鳥越氏の意見も、至極まっとうな意見で、何をそれほど罵倒しなければいけないのかと思います。
二人とも、強い権力の力では人の気持ちは変えられないと言っていますが、なるほどその通りで、予算を人質にとっての無茶苦茶な上からの圧力で変えさせるやり方は、人の尊厳まで否定しているようなものです。
人が死んだからこそ、中から変えることが必要で、その渦中にいる人が自分達の問題ととらえて変わる気持ちが無い限り、押し付けられたもの、与えられたものでは、考える力にはなりえないと思います。
市長のやり方は、自分の意見に反対を唱えるものは敵対視して悪もの扱いですが、上に立つものの度量とか寛容の精神と言うものが全然感じられません。
人を全然信用しない、相手を悪と決め付けている人に、だれが付いて行くしょうか。
相手を同等とみなして気持ちの尊重ができない人に、だれが付いて行くでしょうか。
生徒についても、まるで犯罪者扱いですものね。
橋下氏は、体罰容認派でした。
桑田氏の発言は立派ですが、それを利用しているとも言えます。
私は、生徒に対して連帯責任のように扱うあの態度は、到底許せません。
子供のためと言いながら、結局は子供を犠牲にしてなんとも思っていないです。
やはり、桜宮高校の内部から自発的に変わらなければ、根本からの解決はないと思います。
与えられたものを唯唯諾諾として従うと言うのは、自主性まで奪ってしまいます。
それでなくても今の子供は、考える力が減少しているのですから、これでは大人の傀儡です。
やはり徹底的に考えさせることですよ。
あの鳥越氏に裸の王様と言うとは。。。
私は筑紫氏亡き後、鳥越氏は唯一の硬派のジャーナリストだと思っています。
今のマスゴミに逆らう事は干されることでもありますから、他の有識者はなかなかこう言った発言はしませんからね。
橋下氏の、気に入らないものへ対しての個人攻撃は目にあまりますね。
徹底的に感情論で痛めつける。
それに乗っかるネットの住民はどうんな神経をしているのでしょうか。
この人、根っからの喧嘩屋ですね。
議論以前の感情論ですからね。
弁護士時代の彼の生き方なんでしょうが、町のゴロツキの様な思考には、ほとほとあきれはてます。
弱い者いじめは平気でしますからね。
おっしゃるように、あれだけツィートする暇があるなら市政をしっかりやれと言いたいです。
政治家がなんで必要なのか、弱い立場に立っての勉強をするべきです。
強権的な手法は民主主義とは程遠いです。

投稿: まるこ姫 | 2013/02/05 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56696236

この記事へのトラックバック一覧です: あっちに吠え、こっちに吠え、キャンキャン良く吠える事!:

« 原子力ムラと原子力規制委員会はズブズブの仲なのか? | トップページ | あっぱれ女子力、女子力が柔道を救うかもしれない »