« 橋本聖子、告発15選手の実名公表がそんなに必要なのか | トップページ | 体罰問題、楽天・星野監督は強者の論理 »

2013/02/08

24年度補正予算はビックリするような大盤振る舞い

国会の衆議院予算委員会、国会中継を見ていたら、すごい内容
だ。

補正予算のそ他施設の項目の追加額は大盤振る舞い予算額。
2兆3000万円の中身は?。
かつて民主党が予算凍結していた、独法やら特殊法人の研究
費とか、色んな名目をつけてそれを復活させると言う。。。
多分、事業仕分けで仕分けされたものも復活なんだろう。

例えば森林整備保全の推進の予算案は従来は5億円だった
ものがなんと553億円
老朽化した施設の保全、補修はされなければいけないが、補修
より建て替えの方が多いと言うのも、どさくさにまぎれて予算をつ
けた感が大ありだ。

緊急経済対策とは名ばかりで、今まで民主党政権下で予算凍結
を受けていた物を、ほとんど復活させていると言う。
独立行政法人や、特殊法人は、民主党政権で風当たりが強かっ
た分、自民党政権になって大喜びだろう。
そして建設業、土建は潤うが、これで日本国内の経済再生となる
のだろうか。
これはすべて借金で賄われていて下手すれば又借金が積み上
がる恐れがある。
25年度予算は民主党の予算より低いと言われても、24年度補
正予算の大盤振る舞いを見たら、トリックを使っているとしか思え
ない。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

識者は座して死を待つよりも何かやらなければいけないと言うが、
公共事業、特に補修・保全ではなく、新規に立て直す、作り直す、
と言う発想がとても気になる。
まずは、今までのインフラの老朽化の補修が先決だろう。
今の国の経済状態から言えば、建て替えは二の次三の次にして
貰いたい。

いつもどさくさにまぎれて立派な箱物を作る傾向にあるが、高い
歳費をもらっている国会議員、特に野党議員の追及に期待した
いが、どうも民主党は腑抜けの様な感じがする。
政権与党に対して、もっとも厳しく追及する必要があるのが、元
政権与党にいた民主党だと思うが、全く生彩が無い。
何か言えば、ブーメランのように帰ってくる事を警戒しているのだ
ろうが、それは自民党にとっても同じ事で、臆することなく追及す
ることが民主党の使命ではないだろうか。

我々は、こんな腑抜けの様な党に期待していたのかと思うと、な
んとも情けない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« 橋本聖子、告発15選手の実名公表がそんなに必要なのか | トップページ | 体罰問題、楽天・星野監督は強者の論理 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
もう民主党は存在価値無しです。昔の与党では無くなりましたね。まさにふぬけ状態です。
質疑も全くさえません。
もう、政党を解党した方がましです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/02/08 19:58

★ーーこんばんは、くまさん

民主党は全然存在感なしですね。
曲がりなりにも、3年半は政権与党にいたのですから、もう少ししっかりしてもらわなければ困ります。
何だか情けなくなります。
今の状態を見ていると、芯がどこかへ行ってしまったとしか思えません。
あの3年半はなんだったのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2013/02/08 23:04

まるこ姫さん、皆さん、こんにちは

自民党の大盤振る舞いの巨額予算、昔に戻ったようなノーチェックの予算、根拠となる財源について、景気回復を人質に取った安倍政権に対して、マスコミは殆ど批判しようとしません。
アベノミックスが失敗したとき、マスコミの責任は重大、大いに問題ありです。
既得権益への巨額出費は、アベノミックスと言うより、参議院選挙に勝つための対策そのものです。
党利党略のための近視眼的・刹那的な政策で、経済再生はありえません。
これまで度重なる公共事業政策が一度も景気浮揚に繋がらなかったことが証明しています。
明日への活性化に繋がらない、参院選のための無駄遣い、浪費です。

民主党の腑抜け状態は続きそうです。
どこが悪かったのか間違っていたのか、反省する内容を明示し、それを受けて今後どうすべきかを示す、その前に党が国民に対して、何を目指すかどこへ導くのかを明確に提示しなければならないと思います。
漠然としている、卯や止むやにしている、今の状態では、再出発は困難です。

投稿: 愛てんぐ | 2013/02/09 12:00

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

マスゴミは、アベノミクスを過大に評価をしますが結果が出るのはこれからです。
そして自民党の予算案は、昔の高度成長時代の様な大盤振る舞いです。
防災の名目で、どれだけ公共事業予算を増やしたか、びっくりしてしまいました。
財源も大借金ですからね。
しかも景気回復をしなkれば、又借金の上乗せです。
一か八かの賭けに出ているような感じもしますが、ほとんど批判らしい批判を聞きません。
アベノミクスが成功するとは限らず、失敗に終わった場合、マスゴミはどのような対応になるのでしょう。
小泉政権下でも、マスゴミは煽りに煽っていましたが、結果格差拡大をしてしまいました。
が、だんまりです。
やはり参議院選挙へ向けて、自民党の好感度アップのための予算案だと思います。
老朽化したインフラを補修。保全は分りますが、補修より新規の箱物の方が多いと聞きました。
どさくさにまぎれての公共事業は官僚の腕なんでしょうが、景気浮揚が持続するための政策を示していただきたいです。

民主党はもう駄目ですね。
未だ立ちあがれていないように感じます。
自民党を批判していた民主党が、古い手法を平気でしています。
国民からの受けは悪いですよ。
こんな事をやっていたら、自民党が際立つだけです。
自民党と対比されたら、民主党はものすごい分が悪いですよ。
補修がどんどん強くならないように、民主党が踏ん張らなければいけない時期ですが、腑抜けのようではどうしようもありません。

投稿: まるこ姫 | 2013/02/09 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56722352

この記事へのトラックバック一覧です: 24年度補正予算はビックリするような大盤振る舞い:

« 橋本聖子、告発15選手の実名公表がそんなに必要なのか | トップページ | 体罰問題、楽天・星野監督は強者の論理 »