« 日米同盟強化の名の元にTPP参加は決定済み | トップページ | 安倍首相、TPP参加と共に原発維持も米に伝達 »

2013/02/23

TPPやっぱり参加表明、自民党の公約との整合性

長年政権を維持してきた政党だけに、そして前の失敗があるだけ
に安倍政権は非常に国民を騙すのがうまい。
そして、本来なら権力者に対して常に批判をしたり、暴走に歯止
めをかけるのがマスメディアの仕事だと思うが、安倍政権になって
家らと言うもの、ほとんど批判らしい批判はしないし、政権のアシ
ストをしているのがものすごく見えて不安が大きくなる。

アベノミクスがどんなに素晴らしいか知らないが、どんな政策に関
しても良い面ばかりではないと思うが、この国の報道機関からは
ほとんど悪い報道を聞かないし、かえって称賛の嵐は、気持ちが
悪くなるほどだ。
マスゴミが常に批判してきた北朝鮮のように横一線で、安倍政権
を持ちあげる。
経済が良ければ(本当に良くなっているかは疑問だが)、他の政
策に対して批判をしないと言うようになっているのだろうか。
とにかくこの国の報道機関はあまりに批判精神に欠けていると感
じる今日この頃。。。。
TPPに関しても、安倍政権に対してちょうちん持ちの様な記事を書
く。
渡米すると言う時点で、安倍首相がTPP参加をするような報道に
なっていたが、案の定、安倍首相はなんだかんだ理屈をつけては
いるが、アメリカ様の言う事を聞くとの結論に達したようだ。
もっとも、この筋書きは渡米前から決まっていたのだろうが。。。。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

「聖域なき関税撤廃でない」 安倍首相、米大統領に確認
         朝日新聞デジタル 2月23日(土)8時55分配信

>ワシントンのホテルで記者会見し、環太平洋経済連携協定(T
PP)交渉への日本の参加について「なるべく早い段階で決断し
たい」と意欲を示した。「大統領との会談で、聖域なき関税撤廃で
ないことを確認した」と強調。自民党が昨年末の衆院選で「聖域
なき関税撤廃を前提にする限りTPP交渉参加に反対」と公約した
ことをふまえ、交渉参加は公約と矛盾しないとの認識を示した。

オバマ大統領と会談がTPP参加へのアリバイ作りに使われた感
が大ありだが、本当は会談しようがしまいが、TPP参加への道は
できていたのではなかろうか。
一応は公約として掲げて、あの駄目民主党と比較するためにも、
公約は守ったように見せかける必要があり、”関税撤廃を前提に
する限り反対”
と抜け道を作っていた。
一つでも例外があれば良いわけだ。実にうまい詭弁だ。
公約を守らない民主党、公約を守る自民党と言う図式を示す事が
できたわけだし。
これからは、日米双方、お互いに少しは譲り合うだろうが、ほとん
どアメリカの言いなりの交渉ごとになるのだろう。
日本の外交に交渉力が無いのは周知の事実で、とくにアメリカ
相手の交渉力はからきし弱い。
今まで弱い交渉力が、急に強くなるとは到底思えないし。。

と言うわけで、TPP参加は急ピッチ状態になるだろう。
自民党は元々、党内で色んなもめ事があっても、民主党のよう
に決裂はしないで、最後には突然一致団結する党でもあるし。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



|

« 日米同盟強化の名の元にTPP参加は決定済み | トップページ | 安倍首相、TPP参加と共に原発維持も米に伝達 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
ほんとうに言葉通りで良いのかが心配ですね。
どうしても裏があるのでは無いかと考えてしまいます。
 どうもそう簡単にいくわけが無いはずなのですが、どうでしょうね。
帰ってきてからが騒々しくなりそうです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/02/23 19:51

★ーーこんばんは、くまさん

日本側は満額回答などと言っていますが、解釈の問題ですよね。
アメリカはアメリカの都合のよいように解釈をし、日本は日本の都合のよいように解釈をした会見だと思っています。
そんなに簡単にはいきませんよ。
これからの交渉次第でしょうが、その交渉がそんなにうまくいくかは分りません。
とうとう、TPP参加に舵を切りました。

投稿: まるこ姫 | 2013/02/23 21:01

まるこ姫様、こんばんは

メディアスクラムが始まりましたね
もう止められません
日本人はアメリカの1%といわれる層の食い物になる事が今日決定しました
これから矢継ぎ早に売国政策が打ち出されるでしょう
万が一、自民党の200人といわれる反対派が離党してでも阻止に動いても補完勢力である民主の右派とみん党・維新が賛成に回るので粛々と売国条約は批准されるでしょう
もはや国会議員の良心に期待するしかないのですが小沢氏のこの4年間をみてきた彼らにそんな根性を期待するほど愚かな事はないでしょう

投稿: あらいぐま | 2013/02/23 21:03

こんばんわ。
ついに、安倍総理が「TPP参加表明」をしましたね。
あれ程、「参加反対」をしたのを関わらず、急に寝返ったように、「参加します」に転換しましたね。
(しかし、これはまだ正式に決まってはいないけどね。)
これでは、「野党側」や「JA側」は、大反対をしますね。
(当然の如く、討論会でこの事に関して、もめるのも間違いないでしょう。)
では、もし万が一、正式に決まったら、交渉へ上手く行くのだろうか!?。
(自分は、まずもめると思うし、物別れで終わりそうな気がしますね。)
何だか、騒々しい気がしますね。

投稿: H.K | 2013/02/23 21:04

★ーーこんばんは、あらいぐまさん

すべてのマスゴミが”TPP交渉参加"と書いていましたよね。
もともと、マスゴミは推進派ですから、恣意的に誘導しています。
自民党はアメリカ従属政権ですから、この渡米、そして大統領との会談は筋書き通りだと思います。
これから参加へ向けて加速度的に進むものと思います。
反対派も、安倍首相が”大統領との会談で、聖域なき関税撤廃でないことを確認した"と言えば、大人しくなると思います。
結局、自民党は最後には一致団結しますから。
政権のうまみに浸っている議員が、党を割るようなことは絶対にしないと思いますし、みんなや維新も賛成に回るでしょうから、安倍政権は思い通りの政権運営が出来るでしょう。
これから加速がつきますよ。
小沢氏にはもう力は残されていないように感じます。
衆議院で惨敗しましたから。。。痛かったですよね。


★ーーこんばんは、H・Kさん

ついにと言うか、思っていた通りと言うか、参加表明をしました。
選挙の時は、口当たりの良い事を言い当選しますが、当選したとたん豹変するのはこの国の政治家の特徴です。
自民党もそうですよね。
寝返ったも同然ですよ。
支援団体にどう釈明をするのでしょうか。
自民党にとって都合のよい事に、野党もTPPに賛成が多いですから、押し切るのではないですか?
結局は揉めるのはポーズで、最後はシャンシャン総会と同じですよ。
交渉ごとの下手な日本がどの程度アメリカと対等にできるでしょうか?
私は疑問ですね。
ほとんどアメリカ側の言い分をのまされるのではないでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2013/02/23 21:18

尖閣問題でアメリカの協力をとり付ける代わりに,アメリカに従順に成るべく,TPPに協力しているといううわさがありますが…。
まあ,ずいぶん早く国民皆保険制度が消滅しそうですね。関税うんぬんというのは,天空の城ラピュタでいうところの金ぴかの財宝らしきもの=ガラクタであって,TPPの本当の狙いは,非関税障壁=飛行石ですからね。国民は完全に目くらましのガラクタに目を向けさせられている。

http://mainichi.jp/feature/news/20130122dde012040010000c.html
菅原氏の主張のうち,「世論調査は無作為抽出によって回答者を選ぶことで、有権者全体の意見分布を『世論』として示します。」という部分は否認しますが,「小沢一郎氏が「ネット上で人気」と言われるのも、100人に満たないごく少数の人々が掲示板に何度も繰り返し書き込むことで印象付けられた側面がある」というのは,現実に即しています。100人に満たないか…という気がしますが,現実の選挙結果から考えれば,そんなものでしょう。この100人が何度主張しても,リアルの世論は動かないわけです。TPP反対の世論も,「100人に満たないごく少数の人々が掲示板に何度も繰り返し書き込」んでいるだけなんでしょうね。
だから,仮にJAが自民党から離れても,大マスコミを使って国民をだませれば,自民の優位は変わらないでしょう。JAが思い切って生活の党になびけば別ですが。

せっかく弁護士2年目になったというのに,そろそろ国を見限ってどこかに亡命しようかと思います。

投稿: jurist60176 | 2013/02/23 22:19

まるこ姫さん、民さん、こんにちは

安倍首相はタカ派の保守、オバマ大統領はハト派のリベラル、そもそも水と油です。
中国が訪米したときのような晩餐会を開く相手ではなく、属国は歓待しない、今の日本の扱いを象徴しているのでしょう。

聖域があることが明文化され、TPP参加ができると喜んでいますが、民主党政権の時と、中味は一緒で、曖昧さを文章にしただけに過ぎません。
何事も交渉次第ですが、全て関税撤廃からスタートで、例外はどうなるか分からない、自由貿易が前提だから、聖域は各国あるものの、聖域を広げれば自由貿易の意味は無いので、聖域は極めて僅かというのが常識で、そのことは何ら変わっていません。
日本側が農業を持ち出したが、米側は農業自動車産業や保険産業の参入障壁を徹底的に取り去るぞと言うことも書いています。
自由貿易はルールを徹底的に低くした殴り合いのケンカ、関税や国内法というハンディー無しの強い方に有利な戦いです。
TPPは北米とオセアニアが主体で、アジアは碌な国が入っていなかったので、日本が入ることでアメリカの成長戦略の出汁に使われ、アメリカの中国包囲網戦略に加担することになります。

辺野古移設推進、原発ゼロ見直しなど、国民世論を無視した政策を、アメリカに勝手に約束してきました。
経済再生を人質に、反対派を押し切ろうとしています。
アメリカの権威をバックに、対中国だけでなく、あらゆることを乗り切ろうとしているように思います。
官僚のやり方とそっくり、古い政治が戻ってきました。
緊張を造るやり方は、とても危険です。

投稿: 愛てんぐ | 2013/02/24 10:34

日本側にどの程度交渉する余地があるのか、この辺りも疑わしいところです。
聖域無き関税撤廃は前提では無いと言ってますが、最初はその条件でも、結果的には聖域は無い状況になるかも分かりません。
経団連は歓迎してますが、やはりJAは反対ですねぇ。
JAとしては、日本の農業云々と言う前に、自分達の既得権益が脅かされる方を危惧しての事だと思います。
世界と相対しているサラリーマンの方々には、こういう規制が撤廃されると、日本の為になると言った意見を持っている方も居ます。
TPPによりそう言った規制が無くなり、民間企業がもっと事業に乗り出せる機会が増えれば日本にとって有益だと思いますが、それ以上にアメリカの有益な事態になる可能性が懸念されます。
いずれにせよTPPには、対中国といった意味合いも含まれているようですので、現状からすれば交渉参加表明せざる得ないのかも分かりません。
そして交渉参加すれば間違いなくTPPが始まるでしょう。
聖域をどこまで守れるのか?
現状では疑問の方が大きいでしょう。
アベノミクスにより株価は上がり円安となりました。
一見景気回復したように報道されてますが、その分物価も上がっており、庶民の生活は現状では苦しくなっていると思います。
本来は経済再生のビジョンが有って、それに対しての金融政策のように思いますが、経済の話は6月頃になるとか。
参議員選挙で自民党が勝ち、北方領土のうち何島かでも返還となれば、安倍総理に太刀打ち出来る人は居なくなるでしょう。
マスコミも信用出来ませんし、日本は果たしてどうなりますことやら?

投稿: サクラ日記 | 2013/02/24 14:48

★ーーこんばんは、jurist60176 さん

>尖閣問題でアメリカの協力をとり付ける代わりに,アメリカに従順に成るべく,TPPに協力しているといううわさがありますが

まさにおっしゃる通りだと思いますよ。
中国が尖閣に対してちょっかいをかけてきている今、アメリカ様が唯一の頼りになる存在だと思っているのでしょう。
しかし、アメリカは自国の利益のためには動きますが、日本国の利益のために無用な争い事は拒む筈ですよ。
TPPに交渉参加をして、どれだけ聖域が認められるのか疑問ですね。
ほとんどないと思いますよ。
そんな事各国が言いだしたらきりがありません。

菅原氏の論文?分かる感じがします。
ネットでは顔も見えない、お互いに意気のあったものが同調する傾向にあります。
特に小沢氏に対しては根っからのファンも多いと聞きました。
検察やマスゴミによって地位を貶められてきて、殉教者のようになっている感じもします。
そういう支持層からの書き込みは熱狂的なものがあるのではと思っています。
しかしこれだけ力をそがれては、小沢氏にとって本当に活躍できる場が残っているかですよ。
政治の場合、数は力なりですからね。
これは小沢氏も常日頃語っていた事ですよ。
日本国はTPP参加に舵を切りました。
もうこの流れは止められませんよ。
どんなに色んな団体が反対をしようが、大きなうねりになって流れていくのではないでしょうか。
生活の党に期待しているファンも多いでしょうけど、残念ながら、力を発揮できるとは思えませんね。
今や、みんな、維新、自民党、松下政経塾に象徴されるような、声の強いものが勝ちの日本になって行きそうな予感がします。
生きるのも自己責任と言われるのではありませんか?


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

韓国の大統領夫妻が訪米した時も晩さん会で盛り上がったそうですが、安倍首相は昼食会だけだったそうですね。
日本は従属が当然ですから、そのくらいの扱いかもしれません。
聖域があるからと成果を強調していますが、あいまいな文言が連なるだけです。
訳し方を日本に都合のよいような解釈にしているだけでしょうね。
聖域を強調していましたが、後から入る日本が聖域を声高に言えるでしょうか。
お互いの国が聖域を言い出せば、収拾がつかなくなります。
そして日本がそれほどの交渉力があるのかも疑問です。
相手国の言い分を無視して、自国の立場を強調できますかね。

>TPPは北米とオセアニアが主体で、アジアは碌な国が入っていなかったので、

本当ですよ。
ほとんどマイナーな国ばっかりではありませんか。
アメリカの狙いは日本国ですよ。
日本の市場はアメリカにとって大きな魅力ですからね。
元は世界第二位のマーケットですから。
辺野古沖、原発、ほとんど大事な問題をアメリカと約束してしまいました。
何なんでしょう。
TPPに聖域があったとこればっかりで、ほとんど辺野古沖も、原発も報道されません。
経済が良くなれば、国民の基本的な生活などどうでもよいのでしょうが、あまりにも国民をバカにしています。
その国民が安倍政権を過大に支持していると言うわけですから脱力してしまいますね。
やっぱりこの国は古い政治が戻ってきましたね。
官僚が根回しをして、政治家はいかにも自分の力でやっているように踊らされる。
それに気づかず、安倍首相は良くやっていると評価する。
あまりの思考停止状態に言葉も出ません。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

マイナーな国がどんどん交渉をしていて、後から入ってきた日本が大きな顔はできないでしょう?
交渉力の余地などありませんよ。
のこのこ入ってきた日本が、聖域を強調しても受け入れられるとは思えません。
聖域があったとしても限られた品目ですよ。
あれもこれも、聖域だとなると関税撤廃の意味がありませんから。
どうも経団連やマスゴミが賛成すると碌な事がありませんね。
ほとんど国民の意向とは正反対の言動ばかりです。
JAも自分たちの既得権益を守りたいばっかりでしょうが、自給率の問題はどうなるのでしょうか。
日本企業にとって有益になれば問題ありませんが、アメリカは日本をターゲットにしてTPPを持ち出しているわけで、アメリカの訴訟社会に日本の社会は対応できますかね。
アメリカの意向は日本参加が基本ですから、それに逆らえない事は前前から分り切っていたことでもあります。
尖閣問題がネックになっていることもありますし。
アベノミクスも、始まっているわけでもないのに、補正予算も執行されていませんし。
バブルに酔っている部分もあると思いますよ。
いつまで続くか、本当に持続性があるのか疑問ですがね。
景気回復などしていませんよ。
却って円安で生活は苦しくなります。
それにしても安倍政権は、イメージ作りが実にうまいです。
誰が参謀なのか知りませんが、プーチン大統領にも面会をして、何か局面が打開されるような印象を受けますが、それも実際にできるのかどうかは分りませんね。
日本のマスゴミは安倍政権に対して、ほとんど批判らしい批判はしないようですから、政権としてはやり易いですよね。

投稿: まるこ姫 | 2013/02/24 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56822906

この記事へのトラックバック一覧です: TPPやっぱり参加表明、自民党の公約との整合性:

« 日米同盟強化の名の元にTPP参加は決定済み | トップページ | 安倍首相、TPP参加と共に原発維持も米に伝達 »