« マスゴミの誘導が功を奏して”TPP参加表明、評価する71%” | トップページ | ”発送電分離案、自民部会で骨抜き”いつもの事さ(笑) »

2013/03/19

原発維持にも最低11兆円、それでも原発は必要か?

前の民主党政権は曲がりなりにも脱原発を表明したが、自民党
政権は原発維持に前向きだ。
経団連からもやいのやいの言われたら、前向きにもなるだろうが
国民はどうなるのだ。
中部の経済界は原発が無くても経済は疲弊しないと言っていた
が、中央の組織、経団連や同友会などは、原発推進派だ。
原発を推進しないと”電気代に跳ね返る”とか、”企業が海外に逃
げる”
とか言っていたが、原発を維持するにも莫大な金がかかる。

政府は原発の個々の費用に関しては説明するが、国民が全体で
どれだけ負担をするかについては一切説明していない。
わが中日新聞(東京新聞)は、使用済み燃料棒の再処理や、最
終処分のための電力会社の積立金など、今後も原発を維持する
為に必要な費用を調べ上げた。
少なく見積もっても、11兆円は必要だそうだ。
そして規制機関の人権費や、原発の保険料など、毎年4000億
以上は必要で、電気料金や、税金として私たち国民の負担にな
ると言われている。
元の4000億円も現時点で判明している分を積算しただけだから
今後費用が、さらに増えるとも言っている。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

経団連は常に、原発が無くなるとん企業が海外に逃げると脅迫
的な発言をしているが、実は日本企業が進出するアジア諸国は、
電力不足が日常化しているとも言われていて電力供給が常に
不安定だ。
海外に企業が進出するのは原発があるなし関係なく、人件費の
格差や、円高でのメリットだけだとも言われている。
しかも、原発を廃止すれば原発に依存している雇用が壊滅状
になると言うが、中日新聞の調べでは原発の雇用8万人に対
して、再生可能エネルギー分野での新規雇用は59万人もある
と書いている。

だとしたら、何も危険と背中合わせの原発に頼らなくても。
原発は安心で安価だと言われてきたが、維持するにも11兆円
そして維持費が年間4000億円もかかる。
他のエネルギーにシフトした方が雇用も増えると言うのに、政府
経団連たちは原発維持にこだわる。
どうも、今まで積み上げてきた既得権を維持したいだけに見える。
せっかくの美味しい餌は絶対に手放せないのだろう。
7割にもせまる国民が原発はいらないと言っているにもかかわら
ず、自民党政権が原発維持を維持を表明すると言う事は、維持
することで、経済界や官僚から褒められるからか?
私にはそうとしか思えない。。。。。。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)


|

« マスゴミの誘導が功を奏して”TPP参加表明、評価する71%” | トップページ | ”発送電分離案、自民部会で骨抜き”いつもの事さ(笑) »

コメント

原発維持、そして発送電分離案は骨抜き。
完全に、先祖返りしている自民党です。
加えて電力会社は、日本原電の為に出資する傍ら、電気料金は値上げ。
アホらしくなりますねぇ。
参議員では、自民党に勝たせてはならないと思いますが、アベノミクス云々で、消費増税の為の環境が整う中、支持率はマスコミの誘導で上昇。
やはり自民党は自民党でした。
最も、国民も甘いと思いますが。

投稿: サクラ日記 | 2013/03/19 18:31

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

初めは色々改革するのかと思っていましたが、のど元過ぎれば、そして国民の関心が薄れるころには、発送電分離はどこへやら。
本当にやる気など無かったと思いますよ。
記憶が薄れるころに有耶無耶になるのでしょうね。
そして原発維持。
自民党はあくまでも自民党でした。
改革する気はさらさらないって感じですよね。
電力会社は未だにウラデ何かやっているようですね。
最後は常に私達に帰ってきます。
本当にあほらしくなってきますね。
しかし、国民が本当にこの国の未来を考えているのか。
その場の経済さえよくなれば、自民党でも万々歳なんですかね。
この秋に、消費税上げか動かを検討をするとは言っていますが、もう消費税ありきの発言が先行しています。
決まったも同然なんでしょう。
しかし最近の支持率調査って、本当に本当なんでしょうか。
あまりにもぶれすぎで怖くなります。
本当に自民党政治で良いと思っているのでしょうか。
負の遺産を作ってきた自民党とは思っていないのでしょうか。
後で自分たちの首を締めなければ良いのですが。

投稿: まるこ姫 | 2013/03/19 20:00

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 原発自体がこんなにひどいもの打倒は誰が思っていたでしょうか?誰が事実を知っていたでしょうか?
 ませに原発はいくも地獄、戻るも地獄 ではありませんか。
 つまり原発には手を出してはいけないと言うことが証明されたようなものです。
政府、官僚の言うことが信用できないということも確かになりましたね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/03/19 21:10

まるこ姫さま、こんばんわ。
この数字の中には、あの「もんじゅ」の分も入っているのでしょうか?1日の維持費約5500万円、年間にして約2200億を越えるという、まさに金喰い虫の四番バッターですが。
アリとアブラムシは自然界の中で絶えることなく営まれてきた共生関係なのでしょうが、我々の世界で営まれているシロアリと金喰い虫の共生という最悪の組み合わせが、11兆などという数字を生み出したのでしょう。これはもう、現在目減りしつつある税収の約四分の一近くあるじゃないですか。“コーソクゾウショクロ・モンジュ”なんて、新人アナウンサーが研修なんぞで使う以外、ほとんど利用価値がなかったじゃないですか。
…と、言って憤慨していた私はまだまだ甘かった。
19日の朝刊・一面に出ていましたが、南海トラフでM9クラスの地震が起きると、経済損失は最悪の場合220兆円とか。更に絶句してしまったのは、この数字の中には原発事故は想定されていないんですと。
改めて南海トラフが併記された日本地図を見てみると、ここにもあそこにも原発がボッコボコに建っています。で、リアルの世界に戻ればフクイチでは停電騒ぎ。またも冷却装置がストップって、アナタ……。
まあ、既得権益にドップリ浸かっている連中は論外としても、こんなロクでもない数字を見せられても、まだ原発再稼動だの新設なんぞに賛成する人達の神経がわかりませんなあ。

投稿: 肉山会 | 2013/03/20 01:46

★ーーこんばんは、くまさん

福島原発事故が起きる前までは、ほとんどの人が原発は安心安全だと思い込まされていましたからね。
誰もがこんな大事故が起きるとも思っていなかったでしょうしね。
54基もたった後は、廃炉にするも大変ですし、維持するのも大変です。
本当にどちらに進んでも地獄ですわね。
使用済み燃料棒の始末も何十年もかかるようでは、どうしようもありません。
最後の始末さえ、どうしてよいか分からない代物を、どうやって維持するつもりなんでしょうか。
権力を持っている方は常にうまい事を言いますが、もう信じられなくなりましたね。


★ーーこんばんは、肉山会さん

もんじゅの分は、日本原子力研究開発機構への運営費支出分として1667億円が毎年いるそうですし、自治体への交付金として1042億円も計上しているそうですね。
本当に原発は金食い虫ですよ。
そして、危険な箱物です。
一度事故が起きると周辺自治体はもちろん、幅広い範囲で影響がありますからね。
水力や火力発電所とは危険度としては段違いです。
11兆円もの費用をどうやって捻出するのでしょうか。
電気代や税金として我々一般人が負担するしかありませんよね。
それこそ、高速増殖炉など作らなければ良かったくらいこれから先も金を食い続けますよ。
どれだけ無駄な費用なんだが。。。。
おっしゃるように、南海トラフでの地震発生について経済損失が一面に報じられましたが、内陸部でさえ何兆円規模での被害が発生し、沿岸部に至っては腰を抜かすほどの被害状況が予想されました。
原発事故も、誰だって他人事ではありませんね。
ほとんどの人が被害何10キロ圏内にありますから。
原発が安心安全だとの教えられてきて、知らないうちに54基もの原発が出てきていたとは。
恐ろしいような数字ですよ。
福島も未だ収束などしていませんし、1日以上も停電は何なんでしょう、不気味ですね。
原発を維持するにも莫大なお金がいり、同じ莫大なお金なら原発廃止屁の発想にならないのでしょうか。
地方自治は雇用を心配していると思いますが、再生エネルギーの雇用も原発以上にありますよ。
廃炉にするにも何十年規模で雇用が確保されると言います。
発想の転換が必要だと思いますが、地方に行けば行くほど、時が止まった状態で動きませんからね。

投稿: まるこ姫 | 2013/03/20 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/56988610

この記事へのトラックバック一覧です: 原発維持にも最低11兆円、それでも原発は必要か?:

« マスゴミの誘導が功を奏して”TPP参加表明、評価する71%” | トップページ | ”発送電分離案、自民部会で骨抜き”いつもの事さ(笑) »