« 生き残りが命(笑)大江康弘参院議員、自民くら替え目指す | トップページ | 茂木経産相、”TPP決断の速さ強調"って速さの問題なの? »

2013/05/03

憲法とは"権力を縛る鎖"その憲法改正は今なのか?

憲法記念日の今日こそ、憲法について考えて見よう。

自民党は憲法改正に言及している。
アベノミクスだか、アベノパフォーマンスだが知らないが、政策を
実行して結果が出ているわけでもないに、今、恐ろしいほどの高
支持率になっている。
衆議院選挙で大勝して、当初は参議院選挙までは大人しくして
いる様な事を言っていたが、そろそろ隠していた牙を出しつつある。
憲法改正は最たるもので、96条の変更が夏の参議院選挙の争
点にするつもりのようだ。

国民は憲法を考えたくないのか、”難しい問題"の一言で思考停
止に陥っているが、それをよい事に、96条の変更で憲法をいじり
やすくくした上で、9条改正が視野にある、これこそ自民党の本丸
だ。

憲法とは分かり易く言えば”権力を縛る鎖”
例え国民が選んだ国家権力であっても、その力で権力の濫用を
する恐れは充分にある。
それを縛っているのがこの日本国憲法で、憲法96条は権力者が
暴走しないように、より高いハードルになっている。

今の権力者である自民党は、憲法9条を変えたくて仕方がない。
ハードルを下げて憲法を改正しやすくするつもりのようだが、果た
してそれで良いのか。
憲法改正論者は、アメリカに押し付けられたものだと言い、日本
国独自独自の憲法を作るともっともらしい事を言うが、憲法を作
るその会議には日本の要人も出席していた。
全面的に押し付けられた憲法でもないと思うし、前の侵略戦争を
反省すれば、こうならざるを得なかったのではないか。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

面白いと言うか、変だと思うのは、自民党は元々、アメリカあって
の日本と言う構図の党で、常にアメリカの要求を受け入れてきた。
その自民党が憲法だけはアメリカに押し付けられたものだから日
本独自の憲法に改正すると言うのは、ものすごく美しい建前で、
本音はアメリカに追随しやすくする為の憲法ではないか。
集団的自衛権の行使も、平たく言えば戦争でアメリカが苦境にな
っている時には、すぐに駆けつける事が出来、参戦する事が出来
る。

中韓が戦争を仕掛けるかもしれないように思う人が多いが、世界
最大の経済国と戦争をするメリットがどこにあるのか。
どんなに嫌いな国でも、経済では緊密に繋がっているのが現状
ではアメリカも中国とは互いに依存をしており、日中間の戦争な
ど望む筈がない。
憲法9条を変えていつでも戦争に突入できるようにするなんて、
愚の骨頂だ。
勇ましい発言は気持ちが良いかもしれないが、必要なのは議論を
し尽くすことなのではないか。
平和憲法施行から66年も、日本は他国の紛争に巻き込まれるこ
となく平和に生きてきた。
その平和憲法をなぜに変えなければいけないのか。

”権力を縛る鎖”の憲法が権力者によって変えられようとしている。
高いハードルを低くしようとしている。
本当にそれで良いのか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)

|

« 生き残りが命(笑)大江康弘参院議員、自民くら替え目指す | トップページ | 茂木経産相、”TPP決断の速さ強調"って速さの問題なの? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 憲法96条は僕は変更すべきでは無いと思っています。
 有権者の三分の二以上の人がやはり賛成すべきです。過半数では、あまりにも微妙すぎます。
 かなりの多数の人が、賛成すべきですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/05/03 19:09

★ーーこんばんは、くまさん

本来は権力者を縛る憲法を改正して,国民を縛るものにしようとしています。
権力者を縛るものなら暴走しないように、ハードルを高くして当然だと思います。
二分の一になれば、時の権力によって憲法がどんどん変えていかれるような気がします。
国会議員の3分の2の賛成は必須条件だと思います。
ードルを低くするのは大反対ですね。
平和憲法は、世界の誇れる憲法ですから。

投稿: まるこ姫 | 2013/05/03 20:16

こんばんわ

たしかに皆さんがいうように憲法は国家権力の乱用を防ぐという側面は正しいと思います。

そして憲法が法律を認めてさらに様々な自由を認めているからこそ国民は豊かな生活を送れると考えます。

しかし自由をどこまで認めるかが現憲法では曖昧な為に個人の利益が拡大されすぎたりまたは逆に侵害されたり公共の利益を著しく下げたりと自由が当たり前の時代となってその価値を低下させた側面もあるので僕は時代にあった憲法にかえていくべきだと考えます。

それとこの憲法は想定外の事について何ら書かれていません。奴隷の禁止を書いているのに海外で誘拐や日本関連の施設が占拠をされ、日本で拉致にあっても一人も助ける事ができない憲法解釈になっています。他の国なら即刻軍隊を派遣してます。だから日本の政府もマスコミも拉致問題について何十年も無視してきたんです。

そして中国との戦争はたしかに可能性は低いですが島を巡る紛争はありえます。
その時に困るのは日本です。今の自衛隊はやっていい事しかやっちゃいけないので想定外のものについては対応しません。警察のように正当防衛ですぐに対処する訳にはいきませんから逃げてしまう事もあります。これでは自衛隊とは呼べませんでしょう。

このようにして現憲法でも解釈によっては無茶な運用をしなければいけないので憲法改正で正しいと思える解釈を書くべきだと思います。

さらにいえば今の憲法で政府や官僚も自由を履き違え腐敗もかなり進んでいるのもたしかなのでその辺のところも憲法で決めるべきだと考えます。

憲法は国家権力の抑制と国民の権利乱用のバランスをとってこそ民主主義憲法として発展していく事が出来ると思います。
憲法改正条件が厳しいのは良いことかもしれませんが日本のように選挙ばかりだとちっとも改革が進まないのも事実ではあるので常に憲法改正を国民投票で委ね統治の仕組みをかえるのはありだと思います。民主主義国家として常に国民に審判を仰げる体制を作れるのなら改正条件のハードルを下げる意味もあるというものです。

投稿: 中立 | 2013/05/04 00:13

まるこ姫さま、こんばんわ。
夕方、ラジオの番組で“国民大審判”と称してリスナーから賛否を問うコーナーがありました。
この日のテーマは「96条の改正」。私も参加して反対の一票を投じましたが、結果は賛成19.6%、反対が80.4%で、夜のFMの番組でも似たような集計を取っていましたが数字は似たようなものでした。この意志が選挙にも反映されるといいのですが。

この時期になると、各地で憲法を考える集会が開かれます。私も過去の集会に顔を出した事がありますが、ほとんどの集会が護憲派・改憲派に分かれてシュプレヒコールを上げておしまい。
勿論、何もしないよりはマシですが、なんだか馴れ合いみたいなものを感じてからは、足が遠のいてしまいました。

自民党(というより安倍)はガチですよ。憲法論議は何年おきかに行われてきましたが、これほど執拗に96条を表に出して突き崩していこうという話にはならなかったですから。
メディアの役割はきわめて重要ですよ。それこそ、連日特集記事でも組んで現行憲法と自民党の憲法草案の対比と共に、現行憲法のどのような部分が拡大解釈されてきたかを明らかにし、同じように自民党の草案を拡大解釈したら、どのような事が考えられるかを(御用ではない)憲法学者をはじめとする識者の方々に語ってもらうべきだと思います。
それを叩き台にして投書欄を開放し、護憲・改憲の垣根を超えた議論の場を作るべきです。失礼な物言いになりますが、馴れ合いからは何も生まれないと思いますから。
マスコミの人達もこの問題ばかりは、飲ませ喰わせてもらったから筆が鈍ったは通りませんよ。

投稿: 肉山会 | 2013/05/04 00:37

★ーーこんばんは、中立さん

中立さんは、拉致問題で他の国なら即刻軍隊を派遣する様な事を仰いますが、私の知る限り、韓国も、アメリカも拉致されていますが、軍隊を派遣したと言う話は聞きません。
軍隊を派遣すると簡単に言いますが、現実問題、派遣すれば事が大きくなります。
派遣などできませんね。
領土問題も、お互いが角つきあわせれば、エスカレートするのは必至です。
日本の平和憲法があって、それがエスカレートへの環礁にになっている面もあり、悪いばっかりではありませんよ。
平和憲法で今まで来て、不都合無く来ました。
戦争に巻き込まれることも無く、だからこそ、テロにも狙われることなく来ました。
集団的自衛権を行使すれば、日本国土もテロに狙われる危険は増大しますよ。

中立さんの言われるように、ハードルを低くするとしましょう。
国会議員の3分の一ではなく過半数があれば、あとは国民投票となりますわね。
例えば、自民党が衆参過半数を取り、維新もみんなの党憲法改正に賛成となれば、それだけで容易に憲法改正の発議が出来ます。
政治に失望している国民が多数いる日本で、国民投票がどれだけ伸びるでしょうか。
6割いるとして、その過半数なら3割以上の有権者が賛成すれば、憲法改正になります。
有権者数の、3割少しで憲法改正って、どれだけの民意なんでしょうか。
本当に民意が反映されていると思われますか?
だからこそ、国会議員のハードルを高くする必要があると思いますがね。
そして、時の権力によって憲法がその都度変えられる恐れが出てきます。
一度決壊すれば、歯止めがかかりませんから。

★ーーこんばんは、肉山会さん

NHKでも民放でも5大紙でも、憲法改正に賛成の人がとても多いです。
前に、ニコ動で小沢氏に期待する人が多数いましたが、選挙の結果は惨敗でした。
ラジオでは、憲法改正に反対が多数を占めているようですが、何なんでしょうね。
何か別の世界が広がっていると感じます。
特にラジオはネットと違ってリスナーも多いでしょうし、選挙に行く人が多いと考えて、一縷の期待をしたいと思いますが。

自民党は、常に憲法改正を言ってきた党だと思いますが、なぜに今、これほど色めき立っているのでしょうか。
後藤田のような良識派の大物議員がいた時代は良かったです。
常に諌めていましたし、重しがありました。
今、低能の長老たちでは制御が聞かないのかなあと感じています。
5月3日付の中日新聞の社説は感動的でした。
今どこの社も改憲ばかり叫んでしますが、中日新聞は一味違います。
原発に対してもそうですが、5大紙とは立ち位置が全然違います。
しかし、このままでいくと知らないうちに憲法改正がどんどん進んでいくような気がしてなりません。
改憲派の声ばかり聞こえてきますが、なんで世界の理想のような日本の憲法を否定するのですかね。
平和憲法をうたっているからこそ、紛争に巻き込まれずにここまで来れたと思います。

投稿: まるこ姫 | 2013/05/04 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/57299036

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法とは"権力を縛る鎖"その憲法改正は今なのか?:

« 生き残りが命(笑)大江康弘参院議員、自民くら替え目指す | トップページ | 茂木経産相、”TPP決断の速さ強調"って速さの問題なの? »