« アベノミクス限界にちかづく | トップページ | 「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ »

2013/08/15

同じ過ちを繰り返すのか、右傾化、戦前回帰が進む日本

夏になると原爆の日、そして終戦の日と、日本にとって矢継ぎ早
に大事な日を迎える。
広島と長崎の原爆の日に安倍首相は挨拶をしているが、長崎市
の田上市長が指摘しているとおり、被爆国の役割を完全に失墜
しているのが現状だ。

長崎原爆の日、田上市長「被爆国の原点に返れ」
                オルタナ 8月9日(金)13時28分配信

>長崎市の田上富久市長は平和宣言で「日本政府に、被爆国と
しての原点に返ることを求める」と述べ、被爆国でありながら核廃
絶に向けて積極的に動こうとしない政府の対応を批判した。
>この中で田上市長は、4月にジュネーブで行われたNPT(核不
拡散防止条約)再検討会議の準備委員会で、核兵器の非人道性
を訴える署名に賛同しなかった政府の対応について「世界の期待
を裏切った。人類はいかなる状況でも核兵器を使うべきでない、と
いう文言が受け入れられないならば、核兵器の使用を状況によっ
ては認めるという姿勢を示したことになり、被爆国としての原点に
反する」と指摘。インドとの原子力協定の交渉再開についても「N
PTに加盟せず核保有したインドへの原子力協力はNPTを形骸化
する。朝鮮半島の非核化の妨げにもなる」と訴えた。

中々、テレビではこう言った報道がされないが、本来なら原爆を
二度も落とされ、どれだけ多くの国民の人生が無くなったか、狂わ
されたかを考えれば、日本政府は未来永劫、核廃絶へ向けて世
界に大きな声を上げ続けなければいけない立場だ。

その日本国政府が安倍政権になって、著しく右傾化が進んでいる。
原爆投下がなかったかのような、敗戦もなかったかのような発言、
言動は、この国の国民を戦前の思考に導いているのか。。。。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

核兵器の非人道性を訴える署名に賛同しなかった政府の対応に
ついて、田上長崎市長は強く非難している。

被爆国で未だに放射能に苦しみ続けている人たちを見ている日本
なら、いの一番に署名しても当然だと思うが。。。。
核不拡散防止条約にも加盟せず、インドと原子力協定まで結ぶ。
福島第一の未曾有の大事故、事故処理も進まず、収束など程遠
い現状でも、他国へ原発を売り込みに出かける首相。

今までの首相なら、少しは被ばくに対して配慮した発言をしていた
が、安倍首相は恐ろしいほど理解力がないし、想像力も欠如して
いる。

68回目になる終戦の日も、近年の歴代首相が表明していたアジ
ア諸国に対する損害や反省などに言及しなかったと言う。
近年の首相が使っていた”不戦の誓い”にも触れなかったと言う。

あの戦争は何だったのだろう。
二度と戦争を起こさない、不戦の誓いは、今、国内で国民を煽る
事で、なし崩し的になろうとしている。
国防軍、集団的自衛権行使など、米軍に加担して戦争ができる
国になろうとしている。
靖国参拝にしても、政教分離はどう考えているのか。
幾ら私的参拝だと言っても、公人が参拝すれば私的だとは思え
ないし。

なんだか、どんどんきな臭くなるこの国。
近隣諸国に安心を与えていた、世界に誇れる平和憲法さえ、も
はや、風前のともしびだ。
あまりの右傾化に右翼の鈴木邦男氏さえ、この国の行く末を憂
慮している。
戦前も、政府、マスゴミが煽り、国民も乗せられて、えらく勇まし
い状態だったらしい。。。。。

今の政治家は、天皇陛下のお言葉を良く噛みしめたらどうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思クリックしてね(^^)

|

« アベノミクス限界にちかづく | トップページ | 「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
日本の右傾化は静かに進行しているとしか思えません。
怖いですね。
もし、戦争になり、ミサイルを原発に撃ち込まれたら、日本は住めなくなることは間違いありません。
 この国は一体何を考えているのでしょうね。
もっと、安全に、永世中立 とかの方針がとれないのでしょうか?
訳がわかりません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/08/15 19:19

    まるこ姫さん こんばんは

  8月15日 今年も、又、敗戦の日を迎えましたね。
 毎年この時期になると何時にも増して二度と戦争は嫌だ、同じ間違えは起こしてはいけない、平和が一番と強く思うのですが、今年は何時にも増して危機感を感じています。

国のトップの人間が戦争に対して間違った認識を持っているとこんなにも短い間でどんどん「海外で武力行使ができる国」「戦争の出来る国」へと変貌してしまうのかと、とても恐ろしくなってしまいます。

安倍政権は年内の内にも「集団的自衛権の行使」の法案を提出しようとしていますよね。

少なくても今までの自衛隊は人道支援、後方支援が目的で武力行使をしてきませんでした。外国で銃口を人に向けることはしてきませんでした。だからこそ自衛隊の人が戦地に行っても誰も傷つかず帰って来れたのですよね。

それを少し前までは米国だけに「集団的自衛権の行使」を行うということだったのをもっと広げて何処の国でも行使出来るようにしようという案もあるそうです。
そうなれば米国の利益の為の戦争に借り出されるかもしれません。

イラク戦争の時のように何の罪もない人に銃口を向けるなんてことになったら・・・どんなに深い悲しみでしょう。

しかし国民はそこまで怖いことになるかもしれない事に気がついている人がどれほどいるのでしょう。

私は戦争は嫌です。人を殺すのも殺されるのも嫌です。
絶対にこの日本をそんな国にはしたくない。

投稿: yoshii | 2013/08/15 20:52

こんばんわ。
今日夏期休暇が最終日を迎える事になりましたH.Kです。
さてさて・・・。
ズバリ!!、長崎市長さんの言う事は、正しいですね。
何故、いち早く「核廃絶・原子力廃絶」ができないでしょうか。
それにも関わらず、安倍総理は、インドに原子力協力と言う、とんでも無い行為をするなんて、許せませんね。
これに、「憲法改正」を付け加えたら・・・。
「戦争の国」になってしまいますね。
そんな事は、絶対良くないし、絶対に駄目ですね。

投稿: H.K | 2013/08/15 21:48

★ーーおはようございます、くまさん

少し前までは一部の人たちが騒いでいるだけだったと感じる程度でしたが、安部政権に替ってからと言うものの、表だった右傾化が進んでいると思います。
この国のトップが煽れば、信奉者たちは根っこを考えることなくやみくもに崇拝してしまうと思うのです。
おっしゃるように、戦争になった場合、原発を狙えば一発ですよね。
日本には危険な箱モノが山のようにあるのですから、相手方からすれば、赤子の手をひねるほど簡単だと思いますよ。
せっかくの平和憲法を改憲する必要はないと思います。
原爆を落とされた国だからこその、重要な役割はたくさんあるはずですが、今の安倍政権は原爆を落とされたことも、何か他人事にしか感じて居ないのかもしれません。


★ーーおはようございます、yoshiiさん

毎年、8月になると騒然としてきます。
yoshiiさんのおっしゃることに全面的に賛同します。
戦争から何年たとうと、何百年たとうと、二度と戦争を起こしてはならないと思います。
敗戦を機に、平和憲法が制定されました。
これは世界に誇れるどこの国も持っていない良い憲法だと思います。
が、時代に合わないだとか、他国に押し付けられたものだとか、憲法改正に躍起になっている声の大きな人たちがいます。
侵略戦争、敗戦へと、戦争は終結しましたが、安部政権は特にその認識が誤っていると思います。
国会での発言を聞いていると戦争を美化しているようにしか受け取れません。
自分たちに都合のよいような歴史認識になっていますし、国防軍、集団的自衛権、、憲法改正、キーワードから読み取れるのは、アメリカと一体になって自衛隊を派兵させるつもりのようです。
今の若い世代は、表面的なことしか考えて居ないと思いますが、国軍化、集団的自衛権は、自分たちが真っ先に戦地に行かされる事を認識すべきです。
国軍になれば、自衛隊だけの問題ではありませんよ。
いずれ、徴兵制度も視野にあると思ったりもします。
同盟国の名のもとに、米国の利益に加担して、共に戦う国になりますよ。
イラク戦争は米の勝手な思い込みで、被害を拡大しました。
結局、犠牲になるのは力の弱い人たちです。
世界を見て居ればすぐに気付くことでもありますが、日本の若い世代は、そこまでの想像力が欠如していると感じます。
人の生き死にの問題で、ゲームではありませんが、思考停止状態になっているのではないでしょうか。

>私は戦争は嫌です。人を殺すのも殺されるのも嫌です。
絶対にこの日本をそんな国にはしたくない。

本当にそうですね。
平和ボケだと言われようと、絶対に戦争は嫌ですし、アメリカに加担することも嫌です。


★ーーおはようございます、H・Kさん

夏の休暇はもっと欲しい所ですね(笑)
一週間があっという間に過ぎ去ってしまいます。
来週も暑いそうですよ!、嫌になってしまいますね。
体力も気力もどんどん少なくなっている今日この頃。。。

長崎市や、広島市は、直接原爆を落とされていますから、そうではない地域とは全然思いが違いますね。
忘れようにも忘れられない出来事ですが、被爆者の方が少なくなられると、遺志を受け継ぐ人たちも少なくなってくるのではと記技師ますが。
やはり、被爆国ならでは使命はトップが受け継ぐべきだと思いますが、安部政権になってからは、日本の立場が逆行しているように感じられて仕方がありません。
福島での大事故があっても、インドや中東に原発を売り込みに出かける首相、それを批判しないマスゴミ、間違っていると思いますよ。
極めつけは憲法改正ですから、この国は10年後、様変わりしているかもしれませんね。

投稿: まるこ姫 | 2013/08/16 07:52

こんにちは

日本には宗教の自由もありますし手を合わせる事事態が宗教行為なので解釈としては非常に難しいです。戦犯を一般の英霊と分ける事も露骨な宗教への介入になるので難しいです。それに政治家にも新藤総務大臣のように実際にご先祖様が英霊として祀られていらっしゃる方もいるためいくなというのも難しいです。そう考えるとこの問題はそのままにしといた方が良いと思います。
あと憲法に関していえば今の憲法でも戦争に参加できます。実際に小泉政権時代にイラクに派遣してますし、これは今の憲法がやってはいけない事を書いてないからです。

ですので歴代の政権は民主党政権も含めて無理な解釈で憲法を運用し防衛をアメリカだけに任せ核抑止力もアメリカに依存する事態となってる訳です。

この悪しき状態から脱するには憲法改正で自衛権の範囲(集団的自衛権もPKOやミサイル防衛に限定して)を明確にし安易な戦争加担をしないようにし国際社会と共通する憲法をもつべきだと思います。
共産党のように日米同盟破棄をやればそれこそ国際社会で日本は孤立化してしまいます。

投稿: 中立 | 2013/08/16 11:29

★ーーこんにちは、中立さん

中立さんと私では、考えも立ち位置も違っていると感じます。
ご自分と考えの違うブログに、持論を展開する意味が判りません。
私も、長々と反論をするのも疲れますから、もう訪問をご遠慮いただきたい心境ですね。

宗教の自由は誰にだってあります。
が、戦後、国の宗教が結びつくことを禁じて、国はいかなる宗教の活動をしてはいけないと、憲法で政教分離を定めた事はお分かりですよね。
首相や閣僚が靖国参拝をすれば、憲法に抵触する行為ですよ。
公人、私人と詭弁を使っているようですが、政治家が一宗教法人に参拝する行為は、私人では通りませんよ。
政治家を辞めてからなら、どれだけ参拝しようが自由ですから、政治家を辞めてから行うべきです。

>戦犯を一般の英霊と分ける事も露骨な宗教への介入になるので難しいです。

自民党系議員は、何時もそのようなことを言い分祀に反対しますが、分祀しなければいつまでもこのような事態が永遠に続きます。
いつまでも近隣諸国との軋轢は、経済にも外交にも大いに影響しますよ。
だとしたら、分祀は一考に値する事だと思いますよ。

イラクに派遣された自衛隊は、戦闘には加担していませんよ。
塹壕を掘って、その中で待機していただけです。
地域の住民の方々にとってはとても役に立ったとは聞いていますが。
中立さんのおっしゃるように、”戦争に参加できる”とは微妙に違うと思いますがね。
私は集団的自衛権の行使は、絶対に反対です。
アメリカと行動を共にすれば、日本国内までもテロに狙われる危険性が倍増しますから。
無理な解釈だとしても平和憲法が維持できれば、集団的自衛権行使をしなくても済みますから。

>安易な戦争加担をしないようにし国際社会と共通する憲法をもつべきだと思います。

安倍政権頼みの綱のアメリカでさえ、日本が近隣諸国と軋轢を繰り返す発言には、とても憂慮しているそうですよ。
あまり右傾化がひどくなるようでは、そのうち、日米同盟破棄以前に、国際社会から孤立しますよ。

投稿: まるこ姫 | 2013/08/16 15:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/57996546

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ過ちを繰り返すのか、右傾化、戦前回帰が進む日本:

« アベノミクス限界にちかづく | トップページ | 「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ »