« 「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ | トップページ | 「官製ファンド乱立 総資金4兆円」また無駄遣いかあ »

2013/08/17

「はだしのゲン」子どもの閲覧を制限する市教委

この国は少しずつおかしな方向へと向かいつつあるのではない
か。

自らの被爆体験を描いた、名作の“はだしのゲン”を、松江市教
育委員会は描写過激だとして市内の小中学校に閲覧禁止の措
置を出していたそうな。。。。
それに粛々と従った、教師、保護者達。。。。。

はだしのゲン、松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」
              毎日新聞 8月16日(金)19時22分配信

>漫画家の故中沢啓治さんが自らの被爆体験を基に描いた漫
画「はだしのゲン」について、「描写が過激だ」として松江市教
委が昨年12月、市内の全小中学校に教師の許可なく自由に閲
覧できない閉架措置を求め、全校が応じていたことが分かった。
児童生徒への貸し出し禁止も要請していた

時代錯誤としか思えない。
はだしのゲンは、最初は1972年に月刊少年ジャンプに掲載さ
れたが、当時も子供からの受けは良くなかったというが、当時の
編集長が全面バックアップして連載を続ける事ができたと言うが
、私は大人の責任と言うか、気骨と言うか、気がいのよなものを
感じる、

ウィキペディアによると
>週刊誌は一週間で店頭から消えるが、単行本になるとずっと
残る」として集英社が単行本の発刊を躊躇した。
>しかし、朝日新聞の平和問題担当記者や漫画評論家の石子
順などの働きかけを受け1975年、汐文社より全4巻の単行本が
刊行される。当時「漫画は低俗なもの」とされていたにもかかわ
らず大江健三郎の激賞を浴び[4]、また生協の販路にて「良書」と
して紹介されるなどの高評価を受けた結果

はだしのゲンは、中沢氏の実体験に基づく、原爆の悲惨さむごた
らしさが表現されており、二度と原爆の悲劇を生まない社会にす
るために後世に語り継ぐごうとして、たくさんの人が関わり、尽力
されて今に至っている。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

>市教委が内容を改めて確認。「首を切ったり女性への性的な乱
暴シーンが小中学生には過激」と判断し、その月の校長会でゲン
を閉架措置とし、できるだけ貸し出さないよう口頭で求めた。

何を生ぬるい事を言っているのだ。
私は戦争も知らないし、原爆体験もないが、それでもどんなに悲
惨な見たくない出来事でも、目を背けてはいけない、直視しなけ
ればいけないことはたくさんある、
一部だけを切り取って、生徒へ悪影響があるからと、閲覧できな
いようにするって、どれだけ子供を甘やかしているのか。
それでなくても、他者に対しての想像力が働かない今の子供に
妙に過保護になり嫌なものは排除し、綺麗な部分ばかり見せる
それが本当の教育と言えるのか。
少し前までは、生協に良書として認定されていたものが、時代が
変わると悪書として閲覧禁止をされる。
可笑しな国だ。
忘れやすい国民性だからこその現象なんだろうか。

そう言えば、広島平和記念資料館が被爆者をイメージしたマネキ
ン人形の撤去が決められたそうだ。
来館者の中からも、怖いとか、不気味だとかいう声が上がると言
うが、平和の時代に生きてきたこその感想で、現実はもっともっと
悲惨で、阿鼻叫喚の世界だっただろう。
遠い昔の出来事のような我々の認識だが、68年前に原爆を落
とされたことは、今もこの先も決して忘れてはいけない事だ。
どんなむごたらしい光景だろうと、どんなに見たくないものだろう
と、私たちは直視しなければいけないし、後世に伝える義務もあ
る。

こんな歴史的にも大事な書に対して、大人が、閲覧禁止が当た
り前と思ってどうするのだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思クリックしてね(^^)

|

« 「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ | トップページ | 「官製ファンド乱立 総資金4兆円」また無駄遣いかあ »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 どうも臭いものには、蓋 を仕始めましたね。
この国の方向は どうもおかしいです。
 見せなければいけないものを、屁理屈を付けて見せないようにしています。
 見せなくて良いものを見せたり、大本営発表に似てきているように感じますね。
 怖いですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/08/17 18:35

公権力による戦事下の思想・言論弾圧であることは誰の目から見ても明らかです。ただ、はだしのゲンについては、若干行き過ぎた「自虐史観」を日本国民に植え付けてきた側面もあるので、実は根の深い問題な感。

投稿: めたぼん | 2013/08/17 19:18

★ーーこんばんは、くまさん

なんだか見せたくないものには、目をつぶる、見せない、そういった傾向が顕著になっているように感じます。
安倍政権になって、際立ってきましたね。
戦争のむごたらしさ、悲惨さに目をつぶることは、日本の敗戦が無駄になります。
敗戦から学んだことは、後世にも伝えなければいけません。
この国の方向性が少しずつ変わりつつあるのが、とても気がかりです。
そのうち、日本人の中では敗戦がなかったことになるのかもしれません。


★ーーこんばんは、めたぼんさん

やはり公権力が、表現の自由や、伝えなければいけないものを、力で抑え込むことは絶対にあってはいけない事だと思います。
はだしのゲンは、世界各国に翻訳して伝えられています。
世界では問題ないのに、なぜに発祥の地の日本で閲覧禁止にならければいけないのか、理解に苦しみます。
しかも、今まではOKだったのが、今になってのこの処置は、裏で何かあると勘繰られても仕方がないと思いますよ。

>若干行き過ぎた「自虐史観」を日本国民に植え付けてきた

自虐史観はあるのかないのか、他から見て自虐史と思う事でも、中沢氏が感じたことであり、それを否定すると言うのはどうなんでしょう。
しかも今までは是としてきたことが、なぜに今、禁止となったのか、教師、親が粛々と受け入れたのか、疑問だらけです。

投稿: まるこ姫 | 2013/08/17 19:47

    まるこ姫さん こんばんは♪

 やはり、この国はおかしな方向に向かっているような気がします。

確かに私も「はだしのげん」、「火垂るの墓」など子供を題材にした、戦争、原爆の悲惨さを描いた物を読むに当たってはそれなりに最初は躊躇もしたし、覚悟もして読みました。

以前は敗戦記念日近くになると必ずと言っていいほど、「火垂るの墓」のアニメを放送していましたが最近はなくなりましたね。

余りにも悲惨で、可哀想過ぎて何度も見たくなるものではないですが、しかし一度でも見ると戦争の悲惨さ、辛さ、原爆の恐ろしさが心に焼き付いて離れなくなると思います。

まるこさんが仰るように「どんなむごたらしい光景だろうと、どんなに見たくないものだろう と、私たちは直視しなければいけないし、後世に伝える義務もある。」私もそう思います。


話は変わって昨日のデフレの件ですが、私はデフレって庶民にとってはそれほど悪いとは思えないのです。
確かに給料は上がりませんが物価は安いし、ローンを抱えている身に取っては金利も安いので助かります。

インフレになって給料が昔のようにどんどん上がればそれは良いでしょうが、今の様に物価や社会保障費ばかりが上がって給料が増えなければ庶民の暮らしは苦しくなる一方です。

結局今インフレになって喜ぶ人って株を持っている人余るほどのお金を沢山持っている人達ではないでしょうか?

投稿: yoshii | 2013/08/17 20:34

まるこ姫さま、こんばんわ。
何かイマイチわからない話ですね。
事の発端は、極右市民団体系の男が“これは反日極左漫画だ”とか“自虐史観だらけだ”などと宣って松江市に陳情したらしいですが、最終的に市側から出てきた言い分は“描写が過激”とは…。
論点がすり変わっているんですよね。
しかも、漫画が発刊してから30年以上も経ち、去年作者の中沢啓治氏が亡くなった翌年の今頃になって何故この話が出てくるのでしょうか?
そもそも「はだしのゲン」を読んだ人達は、みんな不健全な大人ばかりになっているとでも?
いずれにせよ、思想・心情が異なるという理由だけで排除を求めたら、それが(私なんかから見たら)アッサリ行政が容認してしまうこの異常性。絶対おかしいでしょ。

この閉架のニュースを耳にする直前、朝日新聞の夕刊で「はだしのゲン」のミュージカルが6年ぶりに復活する記事を読んだばかりだったので、余計驚きと疑問が渦巻いてしまいました。
今月の23日から、俳優座劇場を皮切りに各地で上演されるそうなので、圧力に屈しないのは勿論、自主規制などという愚挙に出ないよう演じきって欲しいものです。

投稿: 肉山会 | 2013/08/18 02:18

★ーーこんにちは、yoshii さん

やはりこの国のトップリーダーが変わるとその下に位置する組織の考えも変わるのではないでしょうか。
安倍政権が発足していらい、なんだか色んなところで右傾化が進んでいるように感じます。
ヘイトスピーチもそうですよね。
自分たちにとって見たくないものや目障りなものは、排除する、人を人と思わない態度、本当にそれで良いのでしょうか。

そう言えば、火垂るの墓が流されなくなりましたね。
「はだしのげん」、「火垂るの墓」は、終戦が近付くと必ず話題になり、テレビでも流されてきましたが、アニメや漫画は子供が主に見るものだけに、本当の戦争の悲惨さやおどろおどろしい場面はベールに包んだような表現になっていると思っていますが、それでも人々の心に深く焼き付いて離れないと言う事は、私たちがこれ以上平和ボケしないように、戦争が行われないように、これからの子供に知ってもらう事はよい事ではないでしょうか。
実体験は出来ませんし、せめて8月は日本が過去してきた侵略戦争を思い出して、これから日本はどのような国にするのか、なるのか、すべての国民が考える良い機会だと思いますよ。
最近の風潮として、自虐史観だとか、自国の行事に他国に干渉されたくないとか、押しつけられた憲法は改正すべきだとか、今まで思ってもいなかったことが、次から次へと言葉になって表れています。
影響力のある人の発言は、本当に怖いですね。
この2~3年、テレビに出てくる人がしつこく上にあげた風潮のようなものを叫び、それが人々の気持ちを変えて行き、今では、節度もなく自分が一番、自分さえよければの考えが少しずつ増えているように感じて仕方がありません。

被害者にも加害者にもなる戦争の悲劇を二度と繰り返されないためにも、どんなむごたらしい現実も目をそむけてはいけないと思います。
綺麗なものだけ、自分に都合のよいものだけを見ていたら、また、悲劇が繰り返さないとも限りませんからね。
原爆を落とされた国だからこその使命を果たすことが、世界平和につながるのだと思います。
閲覧禁止なんてとんでもないことですよね。

今のインフレは、無理矢理に作られたインフレで、生活はますます苦しくなる一方です。
そして、経済のパイがどんどん縮小している日本に、これから先経済活性化の兆しが、本当にあるのでしょうか。
私は、ないと思っています。
もう、高度成長の時代ではありませんもの、
成熟すれば後は、下降線をたどるのが現実ですもの。
デフレに慣れたこの国で、突然インフレが来れば、どうなるのか、政府が判らないと言うのが不思議で仕方がないです。
どうせ分からないふりをしているのでしょうが。


★ーーこんにちは、肉山会さん

>極右市民団体系の男が“これは反日極左漫画だ”とか“自虐史観だらけだ”などと

右翼の思考は本当に分かりませんね。
被爆を体験した人がそれを元にして書いたら反日とか、自虐史観だとかに捉えられるって、どういう頭の中なのか、覗いてみたいですよ。
しかし、このバカな抗議に市教育委員会がまともに付き合う事も変ですし、論点がすり変わることも変ですよね。
この漫画、翻訳されて色んな国で読まれています。
何十年もの間、バイブル的な意味で各国に浸透しているのに、今頃になっていちゃもんつけるって、やっぱり、この国の右傾化を敏感に感じ取っての行動かと思いますよ。
しかも、おっしゃるように中沢氏が亡くなってからの出来事ですもの。
行政も、敗戦のほとぼりが冷めてきて、見たくないもの、目を背けたくなるものに対して、簡単に排除する傾向にありますよね。
安倍首相も、不戦の誓いは省略するし、近隣諸国に対しての謝罪や反省はしないしで、やっぱりこの国は悪い方向へ変わりつつあるのではないかと思います。

>今月の23日から、俳優座劇場を皮切りに各地で上演されるそうなので

なんだか、これから嫌がらせの嵐に合いそうな感じがしないでもありません。
68年たって、敗戦が風化しないためにも伝える必要があると思います。
最近、平和ボケが著しいのか、戦争がゲーム感覚に捉えられていると感じて仕方がありません。

投稿: まるこ姫 | 2013/08/18 09:07

まるこ姫さん、こんにちは。

やはりそう来たか…
「はだしのゲン」コンビニ漫画で出てきたのをファミマで見かけてよっしゃあと思っていたのですがね…
「ゲン」が閲覧制限されるのは、もちろん原爆の悲惨さを訴えていることが「反原発」に繋がることもありますが、ゲンやゲンの親父さんを通じて表現されている反戦のメッセージが忌避されたこともあるのではないでしょうか。俺は小学校の高学年の時に初めて読みましたがこれはショックでしたよ。でも作者の中沢さんの言を借りれば「こんなものではなかった」ということで二度ショックでした。絶対核兵器も戦争もあってはならないものなのです。

それを声高に主張する「ゲン」を子供たちにも読んでほしい。

上のコメントでまるこ姫さんが書いているように「戦争だ」とか言うてる奴の方が「平和ボケ」です。「平和ボケの戦争好き」はゲームのように戦争のコントローラを握れるつもりでいるのかもしれませんが、それを握っているのは安倍晋三とかそういう連中だということを忘れてないですかね。俺ら国民は「ボカーン」て爆発エフェクトにおまけで描かれている棒人間ですよ。
それでもなお「戦争だ」なんて言える国民はいないと思うのですけど…

余談ですけど、通常右翼ってのは「国粋主義者」を指すんですが「ニッポンのウヨク」は「アメリカ万歳主義者」です。
原爆落としたのがアメリカだから、それを批判する人間は「反日」だと。よくわからん論理ですけど、そういう連中です。

投稿: 千風記 | 2013/08/18 15:20

★ーーこんにちは、千風紀さん

はだしのゲンが、話題になったことで、今まで何の関心もなかった人たちが関心を示したとしたら、今回の行政のやり方は逆効果ですよね。
閲覧禁止をして、わざと見せないようにした行政も批判されますし、はだしのゲンが注目される結果になりました。
出来るなら、戦争も原爆も見たくありませんし避けて通りたいのは山々ですが、日本は敗戦国でもあり被爆国でもあります。
二度とこのような悲劇が起きないように世界に向けて発信してゆく使命を科せらたと思いますよ。
戦争が風化されようとしている今、権力を持っている人たちは、敗戦も被爆もなかったかのような立ち居振る舞いになっていますが、私はその神経が判りません。
被ばくを受けた当事者にとっては、今話題になっている表現など、現実の悲惨さに比べたらとてつもなく生ぬるいものだろうし、見せる為に手加減して書いたと思います。
現実を知らない人が殆どの今、怖いだの、不気味だの、言いたいことを言っていますが、現実はそんな甘いものではないと。。。。
二度と悲劇が起きないように、ありとあらゆる手立てを使って、啓もうしていく事だと思いますよ。

今、戦争をゲーム感覚でとらえている人がとても多いと感じます。
無人偵察機が台頭していますが、現地で人が戦わないために、人が人を殺す、本当の苦しみが判らないのだと思いますよ。
ゲームのような感覚で戦争に突っ込め何て言っている人たち、国防軍になればいずれ徴兵制度も視野に入っていますし、戦地に行かされるのは力のない庶民です。
もし戦争になれば、中韓に嫌悪感を持ち、鎖国も辞さずとい言っている人たちが、真っ先に戦地に行かされますよ。
安倍は恐ろしい首相です。
岸信介の念願が、自分の宿願になって憲法改正に躍起になっています。

>通常右翼ってのは「国粋主義者」を指すんですが「ニッポンのウヨク」は「アメリカ万歳主義者」です。

その思考は良くわかりませんよね。
中韓には目の敵にして、アメリカには従属です。
日本本土でオスプレイ飛行は当然で、沖縄の反対を許せないと言い、原爆を落としたのはアメリカなのに、アメリカ化さまさま。。。。
都合が悪くなると、すべて”反日”に結論付ける単細胞には辟易します。

投稿: まるこ姫 | 2013/08/18 17:50

こんばんわ。
自分は、何も制限する必要は無いと思いますね。
自分も、「はだしのゲン」は、見た事があります。
確かに、漫画の内容自体は、過激な場面もあります。
しかし、これらは、原作者が書かれた事実に基づいて書いた物です。
それなのに、松江市教委は、「本貸し出し駄目・閲覧禁止」と言う法案を出すなんて、可笑しいですね。
けど、よく考えてみれば、この人は、ちゃんと「はだしのゲン」を知っているのでしょうか。
自分は戦争知らないまま生まれてきたのですが・・・。
この本である「はだしのゲン」を、次世代の子供達に見せた方が良いと思います。
「戦争・核兵器の恐怖」を、目でしっかりと焼き付いてほしいですね。

投稿: H.K | 2013/08/18 21:57

★ーーこんばんは、H・Kさん

戦争の悲惨さを知るためにも、是非とも見てもらいたいですね。
本物の戦争は、この漫画の比ではないでしょう?
それを過激だからとか、不適切だからとか言ってすべてオブラートにくるんだら、真実が判らなくなってしまいます。
閲覧禁止は、どう考えても行き過ぎた行為だと思いますよ。
おっしゃるように、はだしのゲンを読んでないかもしれませんね。
ただ、いちゃもんをつけたいだけの人間かも。
今では、戦争を知らない人間がどんどん増えてきています。
それをいいことに、戦争も原爆もなかったことにするつもりでしょうか。
子供たちに真実を見せて、悲惨な戦争を起こさないことこそが、この国に生まれた大人たちの使命でしょうに。

>「戦争・核兵器の恐怖」を、目でしっかりと焼き付いてほしいですね。

本当ですよ。
戦争を知らない子供たちこそ、漫画でも映像でもよいから目に焼き付けて欲しいです。
二度と戦争を起こさないために。

投稿: まるこ姫 | 2013/08/19 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/58007650

この記事へのトラックバック一覧です: 「はだしのゲン」子どもの閲覧を制限する市教委:

« 「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ | トップページ | 「官製ファンド乱立 総資金4兆円」また無駄遣いかあ »