« 横須賀基地開放デー見学の子に銃持たす | トップページ | 2014年度概算要求、青天井で過去最大、消費税増税を先取り? »

2013/08/30

軽自動車税の増税は「弱いものいじめ」

この国では取りやすい所から取る。
今度は軽自動車税が、そのターゲットに。。。。

軽自動車税の増税は「弱いものいじめ」=スズキ会長
             ロイター 8月29日(木)11時41分配信

>鈴木修会長は29日、自動車取得税の廃止に伴う代替財源
として軽自動車税を増税するとの議論が浮上していることにつ
いて、「弱いものいじめと感じる」と語った。
>軽自動車の購入者には年収1500万円以上の人はほとんど
おらず、比較的、所得の少ない人が生活したり商売したりする
ために買っていると指摘。軽自動車の部品メーカーの雇用や仕
事量にも影響が出る可能性があるとの認識も示した。

それは誰が考えても弱いものいじめだろう。
地方へ行けば行くほど、軽自動車はなくてはならない足代わり
必需品になっている。

公共交通網が著しく貧弱な地方では、一人一台はあたり前の
世界で、道路幅など考えれば、軽自動車は所得の低い庶民に
取っては有難い車なのだ。
取りやすい所から取る、軽自動車の税金が低いから上げるでは
弱い者いじめととられても仕方がない。
逆から考えれば、普通車の税金が高すぎるとも言えるのではな
いか。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

それでなくても車を購入する時にかかる税金は半端ない。
購入時の自動車取得税、消費税、自動車税、重量税、自賠責
保険料。。。。と本体以外に多額の税金が徴収される。
税金まみれになっていると言っても過言ではないだろう。
その他の費用も掛るわけで、車を維持するのは容易ではない。
初回は3年、次からは2年の車検費用、登録費用、車庫証明費
用、納車費用。。。。。。
そして投機の対象になっているエネルギーを考えれば、軽を重
宝するのは当然と言えば当然の結果で、その庶民の足の税を
上げるなんてもってのほかだ。

ゲンダイネットによると
>全自動車保有台数の35%以上を占めている。世帯当たりの
普及台数で見れば50%以上。つまり、半数以上の家庭が軽自
動車を愛用しているのだ

それほど日本の風土に合っているのだ軽自動車は。
日本でアメリカの車が売れないのは、アメリカ側から言わせたら
軽自動車のせいらしいが、バカデカイ車が日本で売れるわけが
ない。
売れる事を考えれば、日本のニーズに合った車を考える方が先
決だろうに。。。
また、この国の政府はアメリカ様のご機嫌取りのために、軽自動
車も売り渡すのか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったらクリックしてね(^^)

|

« 横須賀基地開放デー見学の子に銃持たす | トップページ | 2014年度概算要求、青天井で過去最大、消費税増税を先取り? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 まさに、TPPがらみでしょうね。
自民党のやりそうなことです。
 日本でもシェアリングが進めば良いと思うのですが、自動車メーカーの反発が予想されますね。
 ぼくは、自動車には乗らなくても十分な環境にすんでいますので、助かっています。
 自動車は税金と損害保険の支払いの塊ですから、車がないと生活に困る人には、税金を優遇すべきですね。都会では不要ですから、税金を高くしてもいいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/08/30 18:44

  まるこ姫さん こんばんは♪

 これは確実にTPPの前哨戦でアメリカが圧力を掛けてきているのですよ。

アメリカ様にTPPに参加させて頂く為に日本郵政がアフラックと事業提携をして保険の窓口を開き、続いて今度は日本人の足である軽自動車がターゲット。

都心は交通が網羅されていて車など無くても充分生活できるでしょう。

しかし、交通網が発達していない地方では家族ひとり一人に車が無いと生活出来ない環境の所も多いのです。

軽自動車は地方には無くてはならない交通手段なのに
地方切り捨て以外ないですよ。

アメリカ様は軽自動車がじゃまをしているので、アメ車が売れないのだという論理。

いい加減にいて欲しいですよね。

 道路も狭いのにあんな大きなアメ車なんてムリですよ。それでなくてもガソリンが高騰してきているというのに、
本当にこの政権はどこの国の政府なんでしょう。

TPPに参加して思ったようにアメ車が売れなければISDS条項で賠償を求めてくるのでしょうかね。

 この政権は弱いものイジメでしかない政権です。

投稿: yoshii | 2013/08/30 21:25

アメリカは、日本で車を売りたいのならむしろ、性能の良い軽自動車を作って輸入すれば良いだけの話でしょう。
それが正当なビジネスと言うものです。
大きくて燃費が悪く故障も多い車は日本では売れません(恐らく)。
仰るように軽自動車は、一人一台となっている地方では必需品です。
最近はスーパーなども郊外型が多くなり、日常の買い物をするのにも車が欠かせないのが実情です。
その税金が上がるとなれば、庶民の家計を直撃するのは当たり前で、正に弱い者イジメでしか有りません。
軽自動車の税金を上げるのではなく、超高級車の税金を大幅に上げた方が良いでしょう。
超高級車に乗るような方は高所得の方が多いと思いますので家計への影響も少ないでしょう。
どこまでアメリカの言いなりで弱い者イジメをする政権なのでしょう安倍政権は。

投稿: サクラ日記 | 2013/08/31 09:24

★ーーこんにちは、くまさん

TPPは着々と、アメリカの良いようになりそうな。。。
元々自民党はアメリカのしもべですから。
軽自動車は、地方にとってはなくてはならない足です、
都市部に住んでいれば、公共交通網の恩恵に浴せますが、地方ではほとんど自力で頑張るしかありませからね。
おっしゃるように、自動車には高い税金と保険料が付き物です。
それを支払って、毎年の自動車税は大変ですよ。
軽自動車税は安いように感じるかもしれませんが、一家に2~3台ある家が多いので、結構負担感大なんですよね。
日本は日本独自のやり方があるのですから、アメリカに指図されたくありませんね。


★ーーこんにちは、yoshii さん

TPPも日本にアメリカの要求を跳ね返す気概があればよいのですが。
アメリカは日本を手玉に取っていますよ。
同盟国とは名ばかりで、アメリカの要求を拒否できない国ですから。
たとえば、英国はアメリカと同盟国ですが、当初、アメリカと同調してシリアに軍事行動に出ると言っていましたが、国会と国民の反対によって断念しましたよね。
この国では、国民の反対があろうと、国会で議論しようと最終的にはアメリカの言いなりですから。
保険と、軽自動車、次は何を譲歩するつもりでしょうか。
都市部では車がない方が便利に生きられますが、地方に行けば車は切っても切れない足代わりです。
特に軽自動車は地方の人にとって、必需品でもありますよね。
アメリカはとんだ言いがかりを言っていますが、あんな広大な土地の国と、ちまちました土地しかない国では、思考も違ってきますよ。
アメリカのやり方を日本に押し付けるって、どれだけ日本を下に見ているのでしょうか。
TPPに参加すれば、もっとアメリカの言い分を押しつけられるのでしょうね。
今からうんざりします。


★ーーこんにちは、サクラ日記さん

おっしゃる通りだと思いますよ。
日本で商売がしたければ、日本の風土に合ったようなやり方をしなければ、売れないでしょう?
日本の軽自動車以上に良い性能で、安価で、燃費が良ければたとえアメリカ車でも買いますよ。
アメ車と言えば、昔は燃費が悪くてすぐ故障すると言う風に思われていましたよね。
今はどうなったのでしょうか。
軽自動車は、地方に行けば一人一台の必需品ですよ。
今までは税金が安くて、それが重宝されていたのに、取りやすい所から取るでは、地方いじめも良い所ではありませんか。
今、円安効果で、日用品やガソリン代が家計を圧迫しています。
税金や電気料金、ガス料金も上がり、本当に大変です。
おっしゃるように、軽自動車税を上げるなら、金持ちにしか買えない高級車にも税金をかけていただきたいです。
お金持ちに取って、自動車税が上がろうが、痛痒感はないに等しいと思います。
嫌だ、痛いと感じるような人は高級車など買わないでしょうから。
安倍政権は、少しずつ本来の姿を表しています。
TPPも内容が判ったら、国民は愕然とするのではありませんか?

投稿: まるこ姫 | 2013/08/31 15:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/58093603

この記事へのトラックバック一覧です: 軽自動車税の増税は「弱いものいじめ」:

« 横須賀基地開放デー見学の子に銃持たす | トップページ | 2014年度概算要求、青天井で過去最大、消費税増税を先取り? »