« 同じ過ちを繰り返すのか、右傾化、戦前回帰が進む日本 | トップページ | 「はだしのゲン」子どもの閲覧を制限する市教委 »

2013/08/16

「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ

政府は、「デフレ状況は緩和しつつあ」から「デフレ状況ではなく
なりつつある」へと判断を進めたが。。。。

政府は次から次へ、あの手この手で、いかにも景気が良くなった
かのような情報を流し、消費税増税に躍起になっている。

<月例経済報告>デフレ「なくなりつつある」 脱却感強まる
               毎日新聞 8月15日(木)21時27分配信

>政府は15日公表した8月の月例経済報告で、「デフレ状況で
はなくなりつつある」とし、デフレ脱却に関する認識を前進させた。

デフレ脱却と印象付けなければ、消費税上げの判断ができない
ものだから、いかにも景気が良くなったかのような情報を流し続
けるが、何十年も続いたデフレから、そんなに簡単で脱却できる
ものか。
少し頭を働かせれば、ガソリン価格や電気料金、生活必需品が
上がっているのは、円安や原油高のためで、資源の乏しい国の
ならではの現象ではないか。
政府が円安株高に誘導した時から円安は進み、いかにも景気
が良くなったかのように報道されてきたが、輸出産業は増収で
も、実際には、ほとんどの企業は、原油高、コスト高に悩まされ
ているのが現状だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ
苦戦しています、うんうんと思ったらクリック宜しくお願い致します。

コストが上がれば企業は商品に転嫁せざるを得ない。
生活必需品は、少々高くても買う以外ないから買うが、それが
デフレ脱却になる発想が不思議だ。
決して、景気が良くなったから物価が上がった訳ではない。
円安で輸入品が高くなっただけの話だ。

自動車産業はもうかるかもしれいが、輸入業者はコスト高で
アップアップの状態だと思うが。。。。。

政府の、何が何でもの情報操作には辟易する。
身を切る改革には何も手を付けず、取れるところから取る方式
は、もともと自民党の専売特許で、独裁政治になるとも知らず
ねじれ解消ができて良かったとするおめでたい国民性。
この程度の国民に、この程度の政治。。。。。
来年一月には、復興予算が所得税に上乗せされる。

そして消費税アップ、円安による物価高、これでますます庶民
の暮らしは苦しくなる。

何処をどう取ったら、経済が好転して賃金アップにつながると言
うのだろう。
すべての条件が可処分所得が減る条件に繋がっているというの
に。
素人が考えても分かる話ではないか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思クリックしてね(^^)

|

« 同じ過ちを繰り返すのか、右傾化、戦前回帰が進む日本 | トップページ | 「はだしのゲン」子どもの閲覧を制限する市教委 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 デフレ脱却とは言いがたいですね。
輸入に頼っている日本で、円安になれば当然、輸入減かは値上がりするわけですから、価格に転嫁しなければいけません。
 つまり、円安による、物価上昇ですから、デフレ脱却とは本質的に意味が違うはずなのですが、マスコミも全く批判しません。
 マスコミの大本営発表は相も変わらずです。
 敗戦記念日直後だというのに、マスコミのいい加減さですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2013/08/16 19:03

まるこ姫さま、こんばんわ。
確か、数日前の姫の記事でも、現在の生活に満足している人は71%という数字を紹介されていましたが、今度はデフレ脱出ときましたね。
言い過ぎかもしれませんが、
“ウソも百遍言えばホントになる”を実践しているようにしか見えませんね。
だって、私を含めて私の身辺周囲を見渡しても、恩恵に浴している人なんか見かけませんもの。そんなに貧民窟なのかなあ、私の界隈は(苦笑)。

数日前、翻訳された記事でしたが、ジャパンタイムスの中でビュー・リサーチ・センターという米国の世論調査機関が、前述の内閣の調査と同じような質問をしていましたが、その結果は全く逆の71%が現在の経済状況に満足していないという数字が出ていました。
更に、今の子供達が将来、彼らの親の世代より豊かになると予想した人は15%しかいなかったそうです。
庶民感覚としては、こちらの数字の方が現実的だと思うんですけどねえ。
政府や国内の大手マスコミの言うことを鵜呑みにしていると、この国は安倍総理のお陰で大半の日本国民はシアワセ一杯。唯一の心配は、周辺諸国による反日政策だけ。これを黙らせるには……。
安倍総理を信じましょう。安倍総理のやることなすこと全てに拍手を送りましょう。きっと“知らないうちに”私たちが史実でしか知りえなかったあの大日本帝国が鮮やかによみがえ……られちゃたまったもんじゃないですから、安倍のツラなんぞ見たくないのですが、その動向は穴があくほど見張っていくつもりです。
ったく、何しでかすかわかったもんじゃないですからね、アイツは。

投稿: 肉山会 | 2013/08/17 01:56

★ーーこんばんは、くまさん

どこがデフレ脱却なんですかね?
輸入でしか生きるすべがない日本で、円安になれば生活にかかわるすべてのものが上がりますわね。
そうなれば、価格に転嫁は常識です。
賃金は上がらず、円安による物価の上昇を、デフレ脱却とは云わないと思います。
それを無理無理に、デフレ脱却と言い切る安倍政権の面々も面々ですが、マスゴミも全く批判しません。
可笑しな国ですよ。
最近、大本営発表がひどすぎます。
政府発表を、そのまま素直に報道し誰も批判しない。
政府もマスゴミも、とにかく消費税上げにまい進しているとしか思えません。
民主主義国家とは云うものの、やることは中国と大差ないのではありませんか?


★ーーこんばんは、肉山会さん

本当に、いろんな調査で、いかにも景気が良くなった、現在の生活に満足している、とねつ造しているとしか思えない数字を出してきますよね。
何十年も続いたデフレが、安部政権にかかったらもう脱却ですよ?
そんなすごい政策だったでしょうか。
ただ大ぼら吹いただけではありませんか。
誰に聞いても、景気が良くなったとは言わないし、給料にも反映されないし、消費も伸びていないし、ホント、貧民窟なんでしょうね、一般庶民は。

>その結果は全く逆の71%が現在の経済状況に満足していないという数字が出ていました。

むしろ、こちらの方に共感を覚えます。
子供の世代も先が見えていますものね。
ジャパニーズドリームが、何処にあると言うのか、あるとしても針の穴を通すほどの確立になり果てていますよ。
しかし、最近の誘導ってひどすぎませんか?
巧妙に誘導するどころか、底が見える誘導でしょう?
しかも、この国は右へ右へ傾き始めています。
周辺諸国といつまでも軋轢を持って、関係改善や、修復には後ろ向きで、、少しも友好国でもないアメリカには媚びへつらい、尻尾を振ってついて行く。
分かりやすい構図ですよね。

昨日、池上彰の番組を見ていたら、憲法改正は自民党結党以来の悲願で、祖父の岸信介の意向が大きく関わっていると言っていましたが、何十年前の時代の憲法改正を引きずっている安倍の執念は、計り知れないほど何かあるのでしょうね。
妖怪と言われた人間の血をひく家系らしいですね。
ホント、何をやらかすかわからない首相ですよ。
やっぱり、何十年前の憲法改正を引きずっている人間らしく、その時代で思考停止しているのかもしれません。
この人の挙動、発言は、国益を害していると感じて仕方がありません。

投稿: まるこ姫 | 2013/08/17 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/58002963

この記事へのトラックバック一覧です: 「デフレ状況は緩和しつつある」から「デフレ状況ではなくなりつつある」へ:

« 同じ過ちを繰り返すのか、右傾化、戦前回帰が進む日本 | トップページ | 「はだしのゲン」子どもの閲覧を制限する市教委 »