« 河野談話「見直し考えていない」火に油を注いで大火にした安倍政権 | トップページ | 小保方氏に対する理研の冷たさ、マスゴミの豹変ぶり »

2014/03/15

小松内閣法制局長官はやっぱり安倍首相の番犬だった

安倍首相のお友達人事は目に余る。
大新聞や大テレビは安倍首相に対してタイコ持ち状態で、権力者
に対してほとんど批判らしい批判をしない。
これは官房機密費や、政府広報費が大きく関係しているのだろう
が、それにしてもあまりにひどすぎる。

前から図書館に予約していた“原発ホワイトアウト”。
ようやく読むことができたが、現役官僚の書いた内容はすごい!
政治家、官僚、マスメディア、そして権益に預かる人間達がどんな
悪辣な手を使っても、原発再稼働にまっしぐらという内容だ。
これを読んで、事故が起きた前も後も国民はほとんど何も知らされ
ていないし、既得権益者の逆鱗に触れた人間は、ありとあらゆる
手を使って消される、潰されると言う事が良く分かった。
この国は、昔から上層部によって、蜘蛛の糸ががんじがらめに張
り巡らされていて、誰も風穴を開けることさえできない仕組みになっ
ている。
我欲にかられた先人たちはうまい手を考えついたものだ。

話を元に戻して、小松内閣法制局長官はどんな人物かというと。
中日新聞によると、“法制局長官は法律の専門家集団の長として
深い知識と経験が必要とされ、内部で経験を積んだナンバー2の
法制次長から昇格するのが慣例だった。だが小松氏は外務省出身。
法制局の経験がないまま、首相の指名によって昨年8月に就任し
た。”

改革法制局長官が法に詳しい人間かというと、まったく違う畑違い
の外務省の人間だったと言う事、

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

安倍首相は集団的自衛権を、憲法改正ではなくて、解釈変更によ
って行使しようとしている。
何故かと言うと、憲法改正には高いハードルが付きまとい、実現が
難しい、早く出来ない事を知っているからだ。
本来なら、法律に詳しい人間が長になるはずを、自分の意のままに
動く人間を外務省がら引っ張ってきたという事だ。
だからこそ、積み上げた解釈など関係なく 法律に詳しくない人間に
よって“憲法解釈の変更”も、何の違和感もなくできるのだろう。
それにしても、共産党から、“安倍首相の番犬“だと揶揄されていた
場面を国会中継で見ていたが、まさにその通りだと思った。

この小松法制局長官は、安倍首相同様、逆切れをしすぎる。
安倍首相礼讃は異常と思えるほどで、国会でも質問の趣旨を逸脱
して、長い長い答弁を繰り返す。
国会の廊下でも口論をして大きな話題にも上がったほどだ。
謝罪に出向いた相手に対して、そこでも口論になるなんて、どんな
人間なんだろう。
それにしても、安倍首相に似た思考の持ち主ばかりだ。。
NHK籾井会長と言い、百田経営委員と言い、長谷川経営委員と
言い、本田内閣官房参与と言い、極右勢ぞろい?
挙げればきりがないくらいに、ウヨウヨ、ウヨウヨ。。。。。

特徴は、ゲンダイネット曰く”他人からの批判を受け入れず、言い
返さないと気が済まない”

法制局長官ともなれば、冷静な判断、答弁が求められると思うが
誰が見ても安倍首相の番犬状態で、しかも激昂しやすいとなると
長官の器では無い人間が安倍首相の手によって任命されてしまっ
たという事になる。
安倍首相も、首相の器ではないが。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 河野談話「見直し考えていない」火に油を注いで大火にした安倍政権 | トップページ | 小保方氏に対する理研の冷たさ、マスゴミの豹変ぶり »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは

原発の再稼働の一番の問題は、原発から放射能が漏れれば、周辺住民は必ず被爆すると言う事実です。
原発の直径60km圏内は人口希薄では無く、多くの人が殺到し渋滞し、逃げ切れる前に、放射能が到達してしまいます。
避難計画を立てても、実効性がありません。
この重大な批難できるかが、再稼働の要件に故意に入れていないのが最大の問題です。
経産省も原子力規制委員会も、避難にはノータッチです。
避難計画は広域に移動するため、行政単位で済むはずもありません。
地震だけで無く、人口密度の高い日本には、原発に適した場所が無いのです。
触らぬ神に祟り無し、寝た子を起こさないようにして、再稼働しようとしています。

投稿: 愛てんぐ | 2014/03/15 19:14

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 類は友を呼ぶ ではなくて、同じ穴の狢を代償取りそろえない角ですから、本当に困った物です。
 右と言えば、右という イエスマンばかり揃っていますので、この内閣は本当にどうしようもありません。
 しかし、内閣法制局長官がどうやら、足を引っ張るターゲットと野党からされているようで、とても楽しみです。
 この内閣、何処かでずっこけないととても怖い物ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2014/03/15 19:46

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

“原発ホワイトアウト“すごかったです。
本文は、登場人物の名称こそ違っていますが、役割の大体の見当はつきます。
原発に反対する人間は、寄ってたかって潰される、そういった内容でした。
さもありなんと思うような内容ばかりでした。
既得権益者は、原発再稼働に躍起になって、政権を動かしていますが、人を動かすのはすべてお金で、そのお金は電気利用料からですよ。
国民が払う電気代が、原子力村の権益をより強大にしている現実に驚かされました。
最後は、自然の摂理で既得権益者にも天罰が下る現象が起きるのですが、権益者だけに天罰が下れば良いのですが、結局、不利益をこうむるのは一般の人間ですからね。
今度事故が起きたら、日本は終わりだと思います。

>触らぬ神に祟り無し、寝た子を起こさないようにして、再稼働しようとしています。

再稼働に焼きになっている既得権益を持っている人たちは、本当によく考えていただきたい。
日本は一蓮托生なんですから。


★ーーこんばんは、くまさん

似たような人間ばかり、安倍の周りに侍らせていますね。
安倍は運営をやり易いでしょうが、これでは民主主義国家とは言えません。
安倍の都合の良いように日本が変えられたら、大変な国になっちゃいますよ。
右向け右、イエスマンばかりですね。
内閣法制局長官は、どう考えても異常ですよ。
こんな偏った思考の持ち主が法の番人とはね。
共産党の言うように安倍内閣の番犬ですよ。
野党もばらばらで、存在感がないですが、何としても頑張ってもらいたいですね。
安倍内閣は、著しく偏った偏見を持った内閣だと思いますから。

投稿: まるこ姫 | 2014/03/15 19:48

まるこ姫さま、こんばんわ。

そうですか“原発ホワイトアウト”お読みになりましたか。
ホント、百田尚紀の本なんか読まないで…とは言いませんが(苦笑)、一人でも多くの方に読んでいただきたいですね。

さて、困った小松長官ですが、ぶっちゃけ健康状態は大丈夫なんでしょうか?
癌の治療中であるやの話も聞いていますが、失礼ながら余命が限られている状態で、自営権の行使容認にGOサインを出してさっさと旅立たれるなんてことはないのでしょうか。
その他、聞く所によると行使容認に賛成しているのは、安倍の周辺と外務省だけで防衛省でさえ難色を示しているって言ってますけど。

そりゃあ、そうでしょ。この国を護るために任官したんでしょうに、他国の戦争にノコノコ付いて行かされて殺し合いをするなんて想定していないでしょうから、退官する隊員も続々出て来ますよ。
で、人が足りなくなったら、どうやって補うのか?
その先は言わせるなってとこですよ。

…ったく“戦争が出来る普通の国家へ!”なんて、簡単に言わないで欲しいよなあ。誰が戦争やるのよ?
どんなにこの国の司法が腐ってるっていったって、こんなやり方が通ると思っているのでしょうか。
裁判になれば、必ず国は負けますよ。憲法を街の条例づくりにも劣るようなお手軽なやり方でゴリ押し変更するなんて、現役の自衛隊員や家族の命を何だと思っているのでしょう。

改めて、小松長官の健康状態の本当の所はわかりませんが、共産党議員の言うように、辞任して療養に専念すべきですね。くどいようですが、文字通り“最期っ屁”でGOサインを出されたら、国民がたまりませんよ。
で、その時は安倍に、もう抜け道ばかり探って我欲をゴリ押しするのは、やめにしましょうと諌めて退任すべきです。
周囲に意見をする人間が居ないから、こんな身勝手な大嘘つきが限りなく蔓延るような結果になったのでしょうから。

投稿: 肉山会 | 2014/03/16 02:35

久しぶりです まるこ姫さん
しかし 安倍総理は政治家一族に生まれながら 何を勉強してきたのでしょうね 信念があるのなら姑息な手段を使わないで 自分お言葉で 説得すべきです 今のままでは 原発ホワイトアウトならぬ安倍内閣ブラックセイフです

投稿: てつお | 2014/03/16 09:15

王矮虎です。

 小松一郎は癌だ癌だと言われていますが、何癌なんでしょうか。医学的な癌ではなく「政府の癌」とかそれに類するものじゃないのかなあ。
 むしろ精神科にかかるべきと思います。友人に精神科医がいますので紹介しますよ、小松クン。

投稿: 王矮虎 | 2014/03/16 09:15

日本は法治国家です。
法律の下で皆が生活しているのであって、安倍晋三及びそのお友達の下で生活している訳では有りません。
法整備が難しいから閣議決定で行うなど、国家とは何ぞやと言う点から問い直す必要性が出てくると思います。
加えて原発ですが、今後再稼働が増えてくると思います。
福島の教訓は何だったのでしょう。
地震が頻発している日本で、幾つもの原発が稼働するなど危険極まりない事だと感じます。
安倍晋三によって滅茶苦茶な方向へと進められているように感じます。

投稿: サクラ日記 | 2014/03/16 11:25

★ーーこんにちは、肉山会さん

原発ホワイトアウト、衝撃的な内容でした。
最後も、結局は国民がツケを負わされるわけですから、理不尽不条理な世界ですよね。
百田の本なんか、数ページで読む気なくなりました。
独特の世界で、私には合いませんでした。

小松長官、健康状態もそうですが、頭がおかしいのではないですか?
小松長官の発想にはついていけません。
健康を理由に御退陣願うのみです。
おっしゃるように、無責任にGOサインを出したは良いですが、さっさと逝っちゃう可能性大ですわね。
やはり、今まで積み上げてきた内閣の解釈を、安倍があっさり覆すのは、おかしいですよ。
本人と周りの人間だけは、しゃかりきになっていますが。
そして、解釈変更になった場合、一番被害をこうむるのは国民ですからね。
解釈変更した人がいの一番に出向けば、まだ救いがありますが、絶対にそんな危ないことしないでしょうから。
狂信的な指導者にかかったら、国民は大変です。

>…ったく“戦争が出来る普通の国家へ!”なんて

安倍の思考は、絶対におかしいですよ。
今まで、どれだけ平和憲法で国民が守られてきたことか。
世界もこの憲法がある事によって、派兵しなくても許してくれましたからね。
なんでわざわざ、アメリカと一蓮托生にならなければいけないのか。
理解できません。

小松長官も脳に異常をきたしているように見えますが、安倍も相当なものですよ。
小松長官が、安倍をいさめる訳がありませんし、受け入れるわけがありません。
どちらもどちらで、ひどい面々ですわね。
しかし、安倍政権になって、国民の質がより低くなったと感じる今日この頃。
ヘイトスピーチ、ジャパニーズオンリー、しかりですよ。
やはり、その程度の指導者、その程度の国民なんでしょうね。


★ーーこんにちは、てつおさん、お久しぶりです。
政治家一家で、何不自由なく育てられて、家庭教師付きで大学に行き、ほとんど庶民の暮らしは分からないと思いますね。
政治学、帝王学は勉強したのでしょうが、岸への崇拝が大きく関わっているのかと。
それにしても、安倍は姑息ですよね。
おっしゃるように信念があれば、王道で行くべきですよ。
解釈変更なんて、姑息中の姑息です。

>原発ホワイトアウトならぬ安倍内閣ブラックセイフです

本当ですよ。
自分の考えが一番だと思っているとしたら、とんだブラック内閣ですね。


★ーーこんにちは、王矮虎さん

ガン治療は分かりましたが、何ガンなんでしょうね。
放射線を受けているとは言われていますが。

>「政府の癌」とかそれに類するものじゃないのかなあ。

そんな感じです(笑)
政府自体ががんを患っているとも言えますが。
私も、小松長官は脳に異常があると思っています。
やはり精神科かもしれません。
あの答弁は、絶対におかしいですよ。
がん治療と並行して、精神科への治療が必要だと思いますよ。
という事は、治療に専念すべきですね。
国会どころではありませんから。


★ーーこんにちは、サクラ日記さん

安倍は数の力で、怖いもの何かないのでしょうね。
いざとなったら数を行使しますよ。
しかし、日本は法治国家ですから、これを連発するようでは暗黒社会になってしまいますわね。

>法整備が難しいから閣議決定で行うなど

これはすごい発想だと思いますよ。
民主主義を否定して独裁国家にするつもりなんでしょうか。
閣議決定がすべてなら、国会など要りません。
今年は再稼働ラッシュになりそうですね。
もう第一号が決まったそうですから。
福島の教訓なんて、のど元過ぎればなくなりますよ。
情けないですけどね。
原発ホワイトアウトを読んでいたら、そう思うようになりました。
この国の権力者たちは、懲りることを知りませんから。
福島を教訓にする海外、福島の教訓を生かせない日本。
腐りきっていると感じます。


投稿: まるこ姫 | 2014/03/16 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/59295963

この記事へのトラックバック一覧です: 小松内閣法制局長官はやっぱり安倍首相の番犬だった:

« 河野談話「見直し考えていない」火に油を注いで大火にした安倍政権 | トップページ | 小保方氏に対する理研の冷たさ、マスゴミの豹変ぶり »