« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014.05.31

「消費税率、最低でも15%に」IMFが声明

またまた、IMFが横やり入れてきた。
なぜ、他国の経済にまで干渉しなければいけないのか。
この組織は、世界の御意見番の積りか?

「消費税率、最低でも15%に」…IMFが声明
               読売新聞 5月31日(土)9時21分配信

>国際通貨基金(IMF)は30日、2014年の対日審査後の声
明を発表した。
4月の消費税率引き上げの影響については「うまく乗り切りつつ
ある」とし、アベノミクスの効果を評価した。一方で、景気回復が
続くかどうかは「中期的なリスクは依然大きい」と指摘し、規制
緩和や財政再建の推進を促した。消費税率については「最低
でも15%まで段階的に引き上げる」ことを求めた
>財政については、消費税率の10%への引き上げを、法律に
従って15年10月に実行することを促した。企業が実際に納め
る法人実効税率の引き下げについては、「投資や成長を高め
る」としながらも、「減税による減収を穴埋めするほどの増収は
もたらさない」と明記し、税収減を補う財源の確保を求めた。

なんだ~。。。。この記事を読んでいたら、日本の財政のすべ
ては、このIMFの進言と言うか勧告と言うか、口出しによって決
定されているも同然じゃないか。
INFも、相当悪代官だ。。。。。
消費税増税は、もう去年の10月に促されていて、政府はIMFの
方針、筋書き通りに動かされているのか。
IMFは、法人税減税による減収の穴埋めは上手くいかないから
他の財源を見つけるように求めているが、ほんとあほらしくなる。
やっぱり当初、危惧していたように、法人税減税は減収に繋が
ると言う事だ。
財源など、どこにもなかった。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

マスゴミは、民主党政権には財源はどうした、あるのかと、しつ
こいくらいにネガキャンを展開していたが、自民党政権だって行
きあたりばったりではないか。
結局、減収のための財源確保は、薄く広く取り易い所から取る
と言う発想に他ならない。

大企業は企業減税で大喜び、よって
>バブル期超えるか…大手企業の賞与、8・8%増
                読売新聞 5月29日(木)19時17分配信

>回答した74社の平均額は88万9046円で、昨夏より8・80
%増と、2年連続で増えた。伸び率はバブル期の1990年(8・
36%増)を上回り、比較可能な81年以降では最高になった。

たった74社の大企業を日本のすべての企業のような報道をし
てバブル期を上回る景気のよさをアピールしているが、たった
の74社で、この国の景気を決められてたまるか。
企業減税で大企業は潤い、財源の補てんは結局、何の恩恵も
無い、末端の人間じゃないか。
大企業の尻ぬぐいをするのは、いつも騙されやすい国民と言う
事だ。ホントあほらしい限りだ。。。。

そしてIMFは、今の8%でもアップアップなのに、今からもう消費
税15%に言及している。
財政再建って手っ取り早い増税だけなのか。
中身の腐敗構造にはメスを入れることなく温存では、どれだけ
増税しても虚しい作業にしかならない。
いつまでこの、穴のあいたバケツに水を注ぎ込む行為を繰り返
すのだろう。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.05.30

拉致問題再調査、北朝鮮は信じるに値する国なの?

昨日、安倍首相は大々的に、北朝鮮による拉致被害者の再調
査着手と引き換えに、日本独自の制裁の解除に踏み切ると発
表をしたが。。。。。

北朝鮮と言う国は、そんなに信じるに値する国なのか。
拉致被害者の再調査着手と引き換えに制裁の解除をすると言
うのは、私には甘すぎる判断のような気がしてならない。
北朝鮮は、もう切羽詰まっているのではないか。
食糧事情とか、経済事情とか。。。。。
いままで、どんなに日本が要請しても拉致被害者の問題は断
固として解決していると言いきっていた国が、今更の話ではな
いか。
北朝鮮との約束事が、どれだけ覆されたか。。。。
アメリカも韓国も日本も、何度も煮え湯を飲まされてきたのは周
知の事実だ。
その積み重ねが北朝鮮への不信になっている。
安倍首相は、意気揚々と拉致家族の再調査の発表をしたが、
私は、うがった見方かもしれないが数日前の支持率調査の低
下に合わせたかのような発表で、また支持率アップを狙ってい
るのかと勘繰ってしまう。
そして、今集団的自衛権の憲法解釈を是が非でも実行しようと
している安倍政権にとって、この拉致問題の再調査発表は格
好の隠れ蓑になる。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

国会での論戦を聞いていても、安倍首相は、早くも事例拡大で
どんどん、勝手に拡大解釈をしているのが現状だ。
それを国民の多くが知ることなく、拉致問題に焦点が行けば、
安倍首相にとっては、願ったりかなったりじゃないか。。
画期的な発表の裏には、何かあると思った方が良い。

騙されやすい国民は、安倍首相の英断を良くやったと思う人も
多数いるだろうが、この内閣はあのしたたかな北朝鮮に立ち打
ちできるのか。
北朝鮮は調査委員会発足とも言われているが、日本の調査団
が北朝鮮に乗り込み、北の調査団と合同で調査するならともか
く、北朝鮮調査団の発表のみ、では、到底信じる事は出来ない。
捜査状況の進展なんて、どうやって分かるの?
北は援助、制裁解除の延命を視野に、のらりくらりと引き延ば
し作戦に出るのではないか。

高齢の拉致被害者家族は、政府の発表に、藁にもすがる気持
ちで、一喜一憂し、日数ばかりが過ぎていくような気がする。
北朝鮮、日本政府に政治利用され、ほんろうされ、信じては裏
切られる拉致被害者の家族は、本当に気の毒だ。

TVでは、北朝鮮の再調査を本気で信じているような報道をして
いる。不思議だ。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.05.29

ムカデに刺されたドジな私

今年は、うちの小さな庭に例年になく害虫が発生していて特に
毛虫は大量発生している。
どのは何も、毛虫がウヨウヨ、ウヨウヨ
花や葉っぱを食い荒らす、食い荒らす。
どれだけ退治しても切りがないくらいに多い。
毛虫に食われたら最後、花もミカンの木も樹木の勢いを失って
枯れ果てる運命にある。

と言う訳で、ホームセンターでオルトランを購入、
いざ、園芸用の手袋をはめたその瞬間、痛~~い!!
私の口から絶叫がほとばしり出た。

どうも手袋の中に、バカでかいムカデが息をひそめて住んでい
たようで、大きなムカデがあわてて逃げて行った。

痛いのなんの、あっという間に右手の人差し指は左指の二倍の
大きさに膨れ上がった。。
ズキズキ、ズキズキ、ズキズキ 脈を打つ。
人差し指が指を曲げる事が出来ない、皮膚の感覚も薄い

必至でキーボードを打つが、これ以上は無理
よって、今日の記事が書けない。。。。。。Wwwwwww

体はいたって元気なのに、右手の人差し指のために元気を失う。
今日はおとなしくしています。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.05.28

首相批判の元政府高官に“逆批判”続出、自民会合で

最近、柳沢協二元官房副長官補がテレビで、集団的自衛権の
解釈改憲に対して批判を繰り返していたが。。。。
その柳沢氏が、自民党の「安全保障法制整備推進本部」の会
合で講演したそうだが、、逆批判されたのだと。。

首相批判の元政府高官に“逆批判”続出 集団的自衛権で自
民会合
             産経新聞 5月28日(水)8時0分配信

>集団的自衛権の行使容認に反対し、メディアで安倍晋三政
権批判を繰り返している柳沢協二元官房副長官補が27日、
自民党の「安全保障法制整備推進本部」の会合で講演した。
柳沢氏はこの日も「(首相に)違和感を覚えた」などと持論を語
ったが、出席議員からは反論や逆批判が相次いだ。

それはそうだろう。
自民党の議員は、ネットウヨ同様、自分たちの考えこそが正論
だと思っていて、、他者の意見など聞く耳持っていない。
私は、自衛隊のイラク派遣に関わった柳沢氏だからこその実体
験に基づく意見であり判断だと思うが、自民党議員は狭い視野
でしか物事をとらえられない。
だからこそ、わざわざ講演を依頼した相手に対して、”政府方針
を批判するなら、政府の肩書を使うべきではない。最低限のモ
ラルだ”
との発言になるのだろう。
結局、柳沢氏に対して公開の場で、政府批判をするなとけん制
しているようなものだ。
言論を封じ込めるためのセレモニーではないのか。
見せしめのために講演を依頼したのかもしれない。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

とにかく安倍政権は強引だ。
どれだけ国民がデモをしようと、世論調査とやらで反対の声が
圧倒的だろうと、政府方針を変えるつもりはないようだ。
集団的自衛権解釈改憲で、国民に分かり易く説明すると言った
演説が、分かり易くどころか不安をあおるものだったり、感情論
にすり替えたりしていた。
衆院予算委員会では、海外派兵せずとか、後方支援をするとか
言っているが、解釈改憲が決定すれば、またまた拡大解釈をし
てしまう恐れが十分にある。

秘密保護法だって、国民の多数が反対をしていても強行採決で
ごり押ししてしまった。
この解釈改憲も、今国会で成立させる事に躍起になっている事
を考えたら、公明党と茶番を演じて最後は強行採決をするので
はないか。
安倍政権は、国民の意見など決して参考にはしない。
原発に対してのパブリックコメントでも、原発に反対の声が圧倒
的だったが、政府は推進の立場を取っている。
原発も再稼働を確認、秘密保護法も数の力でごり押しとなれば、
集団的自衛権解釈改憲も実行に移すだろう。
筋書きに乗っ取って、粛々と実行に移しているにすぎない。

しかし不思議なのはネットウヨの連中だ。
常日頃、中韓に対しては侮蔑的な差別用語全開なのに、NHK
経営委員の百田氏が、バヌアツ、ナウルを名指しで貧乏長屋
との揶揄に対して、”他国を馬鹿にするのはいかがなものか”
正論を吐く。
もちろん、他国をバカにする発言は下品極まりないが、中韓に
対しての罵詈雑言はすべてセーフと言うのもどうかと思うが。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.05.27

「ぐうたらな人の医療費、全部俺の税金で賄うの不公平」ケツの穴の小さい麻生発言

NHK経営委員の百田氏同様、麻生財務相も暴言・問題発言の
宝庫だ。
この人、またやらかしてしまった。
この人の気持ちの根底には、人々へ、しかも低層への愛が少し
もないのではないか。
大金持ちにしては、ケツの穴の小さい発言ばかりだ。
今回も、トンでも発言が飛び出した。

麻生財務相:ぐうたらな人の医療費、全部俺の税金で賄うの
は不公平
       Bloomberg 5月26日(月)16時7分配信


>麻生太郎財務相は26日午後の参院決算委員会で「俺が納め
ている税金で、ぐうたらな生活の人の医療を全部賄っているの
は公平ではないのではないか、という気が正直しないわけでは
ない」と述べた。

それこそ世の中には、70過ぎてもピンピンしている人間もいれ
ば、若い時から病気がちで自分の生活さえままならない人間も
いる。
“ぐうたら”と一概に言うが、何を持ってして”ぐうたら”なのか。
政府と言うか、権力者は、皆保険や、年金について、相互扶助
の精神を強調してきたが、権力を持っていて裕福な生活をして
いる方の人間がこのような発言をしていたら、保険も年金も成
り立たなくなる。
何度も言うが、大金持ちの割には、と言うか大金持ちだからな
のか、なんとケツの穴の小さい発言か。
自ら、年金も保険も必要ないと言っているも同然だ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

しかもいくら持論を持っているとしても、、それを公の席で、この
ような発言を堂々とする神経が分からない。
またまたしかも、国会での答弁中にだ。
”それを言っちゃお終いよ”がわかっちゃいない。
この論理が通用するなら、国民は常に強い人間でないと、国に
捨てられるという事だ。

そんなこと言い出したら、”私たちの税金が天下り官僚や、ぐう
たらな議員の歳費に使われるのは不公平だわね(笑)”

麻生財務相の、この手の発言は枚挙にいとまがない。
どれだけ世間からひんしゅくを買っても、ほとぼりが冷めたら同
じような発言をする。
百田同様、確信犯なのか、バカなのか。。。。。
それとも、病気なのかもしれない。
それにしても、第二次安倍政権になってからと言うもの、どんな
に閣僚が問題発言をしても、ほとんど報じなくなった。
民主党政権や、前の自民党政権の時とは大違いで、各社が一
斉に申し合わせているかのような錯覚に陥る。
議員を落とすも殺すも、マスゴミのさじ加減と言うところか(笑)

韓国戦の沈没事故や、AKBののこぎり事件や、ASKA容疑者の
覚せい剤疑惑は、朝から晩まで耳にたこができるほど報道する
が、権力者の問題発言はほとんど報道されない。

どうなっているのか、この国は。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


| | | コメント (5) | トラックバック (1)

2014.05.26

吉田調書、上申書を盾に未だに非公開の政府

やはり自民党は隠ぺい体質だ。
朝日新聞のスクープによって、吉田調書の内容が明らかにさ
れたが、政府は未だ非公開の立場に立つ。

福島第一原発の吉田元所長が事故調査委員会に提出した上
申書に、”国会事故調から第三者に向けて公表されることは望
みません”
と書かれていた事が理由だそうだ。

吉田元所長は東電の人間だ。
当然、東電の社員なら東電に都合の悪い事象は公開しないで
くれと言うのは素人でもわかる。
当時、福島第一原発にいた社員の9割が所長命令に背いて逃
げたなんて、東電の名誉にもかかわる事を公開されたくないの
は社員として当然と言えば当然と言える。
逃げた方も、背に腹変えられないと言うか、放射能の危険性を
良く熟知していたという事だ。
誰だって死にたくないもの。

吉田所長は、現場のトップであるばかりか東京電力の執行役
員であり、原発の事故対策の責任者で、そのような人物だった
らなおさら公開されたくないだろう。

朝日新聞がスクープした吉田調書、その詳細な内容を、国会
議員のほとんどが知らなかったのだそうだ。
口では福島の惨状を憂うという発言をするが、その実、事故の
詳細な内容には関心がなかったということか。


クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

この調書の詳細を政治家も原子力規制委員会の長である田中
氏でさえ読んでいないと言う。
どこまで無責任でいい加減な人間たちばかりだ。
そんないい加減なことで、原子力行政がまかり通ってきたのか。
関係者のだれ一人読んでいなくて、安全基準なり安全審査なり
を遂行できるものだと感心する。
事故の原因、内容を知らなくて原発の新基準を決める事が出
来るのか。
安倍首相曰く、どうしたら日本の原発は世界一安全だと言い切
れるのか。

吉田氏の上申書が本物か偽物か知らないが、本来なら東電の
お家事情よりも、国民への情報開示が一番じゃないか。
事故当時の詳細を知ることこそ、事故原因の究明にもなる
福島県民は何も知らされる事なく、放射能を浴び続けた。

当初、民主党政権は吉田調書を含む772人分の聴取書を公開
する予定だったそうで、自民党政権になった途端非公開になっ
ている。
やっぱり、自民党は権力に都合の悪い文書は常に隠ぺいした
いのだろう。
これで秘密保護法が施行されたら、国民が知りたい情報ほど、
公開されなくなる恐れがあると言う事だ。

福島第一の大事故の生々しい調書に蓋をしたまま、原発再稼
働にまい進するこの国の政府はどこまでも国民不在のままだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.05.25

「貧乏で泥棒も入らない」また暴言、百田氏につける薬なし

またやらかしてしまった。
言うに事欠いて、今度は軍隊を持たない小国に対して言いたい
放題は、同じ日本人として穴があったら入りたい心境だ。

「貧乏で泥棒も入らない」=軍隊ないバヌアツなどやゆ―
NHK経営委員の百田氏発言

               時事通信 5月24日(土)19時45分配信

>NHK経営委員を務める作家の百田尚樹氏は24日午後、岐阜
市内で開かれた自民党岐阜県連の定期大会で講演し、自らを
憲法改正派と紹介した上で、「軍隊は家に例えると、防犯用の
鍵であり、(軍隊を持つことは)しっかり鍵を付けようということ」
と語った。さらに軍隊を持たない南太平洋の島しょ国バヌアツ、
ナウルの国名を挙げ、「家に例えると、くそ貧乏長屋で、泥棒も
入らない」などと両国をやゆする発言をした。
>「歴史教育を取り戻すため、自民党のみなさん、頑張ってくだ
さい」

不偏不党のNHK経営委員としても大きく逸脱しているし、語る事
すべてが、下品で偏見に満ち満ちている。
恥ずかしいったらありゃしない。
さすが、安倍首相が人選しただけのことはある。

公の席に出てきては、いつもいつも相手をひぼう中傷しては悦に
入っているが、どれだけ批判されても、大人の人間としてなんの
自覚も持っていない。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

学習しないところをみると、バカなのか、それとも確信犯なのか。
この人間は、表に出してはいけない人間だ。
もっとも、表に出てきて発言すればするほど、安倍首相の任命
責任にもかかわってくるし、せいぜい放言、戯言言っていれば?

それにしても、この百田という人物の思想は危険極まりない。
どんな歴史認識をしているのか、恐ろしく偏っている。

百田氏発言で、軍隊を持たない事がそんなに悪いのか、日本
国憲法をバカにしているとも取れるそんな発言だ。
戦後約69年、戦争を放棄したことで、周辺国に安心を与えて東アジアの安定に貢献してきた、その事実をどう捉えるのだろう。

小国に対して、「家に例えると、くそ貧乏長屋で、泥棒も入らない”
と見事に侮辱する発言をしているが、泥棒が入らないのだった
ら、これほど良い事はないと、私は思うが。。。。
軍隊を持たない事で泥棒も入らないのだから、理想中の理想じ
ゃないか。
やっぱり、この人間の思考は支離滅裂だ。
まずもって、権力を持っている人間が公の席で、相手を名指しで
非難すること自体恥ずべき行為で、都知事選の際も、相当物議
を醸していた。
今月3日の憲法記念日には、”護憲派の人たちは大馬鹿ものに
見える”
と発言をしたそうな。

何度も言うが、こんな上から目線で他を小馬鹿にする下品な人
間が、NHKの経営委員に任命された事自体、安倍首相の周辺
には録な人材がいない証拠じゃないか。

首相が首相なら、NHK会長も会長、そして経営委員と言う事だ。
類は友を呼ぶ。。。。。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.05.24

「米は今国会で閣議決定できないことに懸念」 河井議員が報告

この河井議員とやらは、アメリカ議会の代弁者なのか。
アメリカが、今国会で閣議決定できない事に懸念をしていると
わざわざ記者会見をしてまで発表していたが、この国の根幹を
変えるかもしれない重要な議題を、何もアメリカにとやかく言わ
れたくないし、日本の国会議員がアメリカの意向をアメリカのま
わし者のように発表するって、どういう事なのか。
とても不愉快だ。

今国会中の閣議決定を=集団自衛権で米知日派
                時事通信 5月21日(水)8時27分配信

>キャンベル前国務次官補ら米国の知日派の有識者は20日、
安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の行使容認について、
6月22日に会期末を迎える今国会中に憲法解釈の変更を閣議
決定することが望ましいとの考えを示した。ワシントンを訪問中
の自民党の河井克行前衆院外務委員長、みんなの党の中西
健治政調会長との会談で語った。

この河合と言う議員と、中西と言う議員は、わざわざアメリカに
まで出かけて、アメリカに圧力ともとれる言質を取り付ける。
どんな議員なのか。
アメリカに追随するのもたいがいにしろと言いたい。

アメリカは、防衛費を年々削る一方で、日本がアメリカの手下に
なり、どの戦闘地域にも行くとなれば、大歓迎なのは当たり前と
言えば当たり前の話で、それも日本側からプレゼントしてくれる
となれば、棚から牡丹餅、ありがたい話じゃないか。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

アメリカは日本に武器を売り付ける事が出来るし、おまけにアメ
リカの負担は減らして戦争の肩代わりはさせられるし、アメリカ
に取ったら泣いて喜ぶほどの贈り物だろう。。
飛んで火に入る夏の虫とはこの事だ。

”会期末までの閣議決定を100%支持する”をまともに受けて意
気揚々、鼻高々で発表する方の神経が信じられない。
どこの国の議員なんだろう。
ろくに英語もしゃべれない癖に。。。。 言い過ぎ(失礼)

>河井氏によると、安倍総理はこうした意見について、「わが意
を得たりという顔つきで大きくうなずいていた」と。

安倍首相は頷くだろう。これも当然の事だ。
持論である、集団的自衛権解釈改憲をアメリカが支持すると
言えば、鬼の首でも取ったような心境なのだろう。

それにしても超右翼と言われている人たちが、アメリカに追随し
て、日本国民を紛争地に行かせて武力行使をさせる。
これは、見ようによっては“売国奴”そのものではないか。

そんなに、集団的自衛権が国民の生活や財産を守ると詭弁を
使うなら、解釈変更ではなく、憲法を改正しろと言いたい。

武器を持ってアメリカと一緒に戦うと宣言すれば、周辺国の脅威
はいかばかりか。
挑発をすれば挑発が帰り、攻撃をすれば攻撃が帰る。
どんどんエスカレートして行くのが目に見えるようだ。


>☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.05.23

麻生財務相が 法人税率の引き下げ容認

民主党政権時代には、政策を提言すると自民党やマスゴミは
即座に、”財源はどこにある”と、国会でも追及し、記事に書い
てきたが。
麻生財務相が、法人税率下げを容認したそうだが、庶民には
負担ばかり強いるが、企業には何と甘い党なのか。
企業減税は権力者の勝手な都合だが、その財源の原資はど
こにあるのだろう。

麻生財務相が公の場で初めて容認 法人実効税率の引き下
            産経新聞 5月23日(金)10時4分配信

>麻生太郎財務相は23日の閣議後記者会見で、安倍晋三首
相が意欲を示す法人税の実効税率引き下げについて「首相も
言っているように、成長志向型の(法人税の)構造に変革してい
くことにはまったく賛成」と述べた。

つい数日前に、経団連や経済同友会からも、法人税減税をせっ
つかれた影響かもしれない。
大体が、大企業のうち約7割が法人税を納めていないと言われ
ているが、それはどうするのだ。
さまざまな減税措置があるそうだが、それを最大限利用して
一円も納付していない大企業も数多くあると言うから、庶民から
見たら、その恩恵を少しにしたら、税収はかなり上がるのではな
いか。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

麻生財務相は、”成長志向型の(法人税の)構造に変革していく”
と言うが、だとしたら、抜本的な法人税改革をしてほしい。
なにも、法人税を下げる事だけが、変革ではなかろうに。
企業の優遇を少なくする事も変革の一つだ。

法人税を下げて、個人には消費税上げをし、扶養控除廃止、復
興特別増税、そして肝心な年金は65歳で支給されるのかどうか、
なんともあやふやになってきたというのに。、負担ばかりだ。
ガソリンは、かつてないほど高止まりしている。
4月からは消費税増税分に加えて、環境保護とか言われてダブ
ルで課税されている。
どれだけ、ぼったくられる事やらだ。

企業にも応分に負担してもらうべきだ。
国際競争に勝てないからと経団連や同友会は言うが、下げた
分は、企業の恩典を無くす方向へ行くべきだ。
7割もの企業が法人税を納めていない事こそ不自然じゃないか。
せめて5割程度の企業が法人税を納める事になれば、減税分
を相殺できるじゃないか。
企業の減税分を、庶民に押しつけられたらたまったものではな
い。
これ以上の負担は、生かさず殺さず”の世界じゃないか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村e

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.05.22

原発再稼働の推進「全く変わりません」 菅官房長官

>大飯原発3.4号機は大規模地震への対策が不十分として
福井県内の住民が運転差し止めを求めた訴訟で、福井地裁は
“生命を守り生活を維持すると言う人格権の根幹を具体的に
侵害する恐れがある”として、住民側の訴えを認め、関電に運
転さし止めを命じる判決を下した。  中日新聞

140067848407913149226

この判決はいつも行政寄りの判断をする司法からしたら、画期
的な事なのではないか。いくら地裁にしてもだ。

関電は即控訴したそうだが、菅官房長官の発言があまりに国
民の生命財産を無視したものだと、本当に憤懣やるかたない。
安倍首相は、集団的自衛権解釈変更について、私は国民の
生命財産を守る最高責任者だと言っていたが、だとしたら原発
問題こそ、国民の生命財産を考える最たるものではないか。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

原発再稼働の推進「全く変わりません」 官房長官
          朝日新聞デジタル 5月21日(水)22時55分配信

>菅義偉官房長官は21日の記者会見で、原子力規制委員会
が新規制基準への適合を認めた原発の再稼働を進めるという
従来の政府方針について「全く変わりません」と述べた。
>菅氏は「規制委員会がしっかりとした基準を作って、徹底して
審査することが大事だ」と強調。「規制委でしっかりとした審査を
していただく中で、結果を待つ」と語った。

どこまで国民無視の党だろう。
そもそも、自民党は選挙の時だけ、国民へ寄り添うような公約
をするが、選挙が済んだらいままでの方針を次々へと撤回、も
しくは、微妙に言い回しを変えていく党だ。
経済を立て直すために名乗りを上げた安倍政権だが、経済は
中途半端のままで、そのうちには全く公約になかった事を、突
然政策の俎上に載せて、“閣議決定”とやらで、国民不在のま
ま、国の方向性を決めてしまう。。
すべて国会の議論の前の閣議決定は、いかがなものか。

菅官房長官は、”原発の再稼働を進めるという従来の政府方針
について「全く変わりません”
と言うが、選挙後、少しずつ微妙
に態度を変え、政府方針とやらが、原発再稼働に舵を切っって
いる。
公約はすっかり反故にして政府方針が出来上がるなら、有権者
は何を基準に投票してよいやらわからなくなる。
投票率が低いのは、政治家が約束を守らないからじゃないか。
特に自民党はひどすぎる。

その自民党が、傍若無人の限りを尽くしているのに未だ内閣支
持率が異常に高い事が信じられない。
もっとも、集団的自衛権をめぐり、新聞各社がン世論調査をした
が、新聞社の立ち位置によって、全く真逆の結果がでた。
質問の仕方や、順番によって、どれだけでも回答を変える事が
できる、恣意的に誘導できるというのは、いみじくもこの集団的
自衛権解釈変更容認か、反対かで露呈されてしまった。
支持率調査なんて、怪しさ満開だ。

話を元に戻して、菅官房長官の鉄面皮面には呆れかえる。
あの古い司法が安全重視に転換しているのに、この国の政府
はいつまでたっても大企業や経団連の意向が一番なのだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.05.21

久しぶりに心に響く記事を読んだ、一人でも多くの人に拡散したい

とても良い記事なので、多くの人に拡散したい。

安倍首相は、集団的自衛権の解釈変更をする事についてこれ
だけの理由があると、フリップまで用意して演説をしたが、その
中で、”今の状況では、日本人を守れない、国民の生命財産を
守るのが最高権力者である私だ”
なんて、いかにも国民のため
には仕方なく、解釈変更をするのだというような事を言っていた。
私は、それに対して、とても強い違和感を持ったが、いかんせん
無知な故、言葉にして表す事が出来なかった。

たまたま読んだ記事の中に、私の言いたい事をそっくり言葉に
現わしていたので紹介したい。

必要な時に自国民を守りもしなかった政府が何を言う

>守れないのではなく日本政府が守らなかったのである。
イラン・イラク戦争のとき、テヘランに取り残された邦人は日本
政府の救援を待ったが、救援機は来なかった。
>結局、邦人を救出したのはトルコ政府が派遣したトルコ航空
の民間機だった。
>民間だけで日本人を助けたのである。

ここからのくだりはますます読みごたえがある。

日本政府は、海外にいる国民の生命財産など守ってくれない。
自己責任の名を借りて、見殺しにするのが落ちだ。
集団的自衛権解釈変更も、ただ、アメリカに追随して戦争ので
きる国にしたいだけで、国民の生命財産云々は、単なるアリバ
イ作りに利用しているだけだ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

>グローバル化がこれだけ進んだ今だからこそ、特定の同盟
関係より、日本という国は軍事力で他国を脅さず、過去の過ち
は過ちとしてきっちり認める国であることを世界に示すことこそ
邦人安全確保の要諦。
>他国を威圧するなら、刀を抜かずに威圧する術を学ぶべき

まさに正論中の正論で、自民党議員は何でここまで憲法を変
えることなく、姑息なまねをしてまでも集団的自衛権行使に全
力を注ぐのだろう。
アメリカは、集団的自衛権に賛成だそうで、自民党の議員が
わざわざアメリカまで出向き、言質をとったそうで鼻高々で会
見していたが、それはとりもなおさずアメリカのお家事情によ
るのではないか。
アメリカは、兵隊を削減している事で、減った分の兵士を自衛
隊で補おうとするアメリカの戦略の一環ではないのか。
サイコパスアベや、戦争オタクイシバは、なんだかんだ言って
アメリカの顔を立てる形で、かねてからの持論を展開したいだ
けだ。

それにしても、日本の憲法の理念は、世界がお手本にするほ
ど優れているのに、押し付けられたものだとか、古くさいだとか
そんな度量の狭い事で、変えられようとしている。
古くても新しくても、押し付けられたものでも、良いものは良い
のに、自ら放棄しようとしている人たちの気がしれない。

日本に憲法9条がなかったら、どこにでもある堕落した国と同
じだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.05.20

福島第一の原発所員650人が命令違反し撤退していた

やっぱり東電は嘘の発表ばかりしていた。
嘘と言っては言いすぎなら、自社に都合のよい発表ばかりとい
う事もできる。
福島第一のかつてないほどの大事故が起きた当時の状況が、
3年以上も経た今、生々しく出てきている。

福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明
           朝日新聞デジタル 5月20日(火)3時0分配信

>吉田調書で判明
>それによると、東日本大震災4日後の11年3月15日朝、第
一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏の待機
命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた。そ
の後、放射線量は急上昇しており、事故対応が不十分になった
可能性がある。東電はこの命令違反による現場離脱を3年以
上伏せてきた。

政府もそうだが、東電もご多分にもれず、だれも責任をとりたが
なり。
自分たちに都合の悪い部分は、録音していないという。
それでも、出るときには出てくる。

今回は朝日新聞が入手したそうだが、隠ぺいや改ざんは常に
行われていると思った方が、間違いないだろう。
隠してきて、それが出てきた時の反動はいかばかりか。
悪い記憶で、人々の脳にインプットされるのではないか。

韓国沈没船事故の話題で、日本のマスゴミは未だに報道する
が、韓国は行き過ぎだとしても、日本だって他国を批判するほ
ど立派な国なのか。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

乗客の命、安全を無視していち早く逃げた船長には非難され
てしかるべきだが、東電社員にも同じような傾向を感じる。
もちろん誰だって放射能が怖いだろうが、それでも国民には
安心安全だと、大々的に宣伝してきた側の人間が、我れ先に
逃げる姿は、あまり気持ちのよいものではない。

県民には事実を伏せて、東電社員がいち早く避難するなんて
どういう事なのか。。
社員が逃げた事で、その後の事態は相当悪化した恐れがある。
やはり人災の側面も多分にあると思う。

事故当時の菅首相にばかり非難が集まるが、専門職の東電の
対応もそれに匹敵するほどの重大事じゃないか。
福島第一原発の全作業員の9割に上がる人間が逃げてしまっ
たら、作業が円滑に進むわけがない。
しかも、東電は3年以上も伏せていた。
分からなければ、不祥事なんてもみ消す会社なんだろうが、あ
まりに他者の人命を軽視していると感じる。

いざとなればどこの国でもこの程度の人間はごまんといる。
日本も中韓と五十歩百歩の事をやっていないか?
そして福島のような大事故が二度と起きないなんて、誰が言え
るのだろう。
福島県内だけでも、子供の甲状腺ガンが50人と激増しているの
に原発事故との因果関係なしと一方的な主張を報道する。。
美味しんぼの鼻血の場面は、風評だと圧力を掛けまくる権力
者たち。
自民党は原発を推進してきて、あの悪夢にめげることなくまだ
これからも推進すると言う。

政府もマスゴミも、福島で起きている事を書くと風評だと決めつ
けるが、事故を引き起こした当事者である東電への対応は実
に甘い。
どうかしているよ、この国は。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村▏▏▏▏▏

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.05.19

集団的自衛権、解釈改憲は調査次第で驚く数字に!

何なんだ、この数字は。。。。
立ち位置によって、全く違う数字が出てきている。
しかも、正反対の数字が。

集団的自衛権69%「容認」 解釈変更うち7割支持 本社・F
NN合同世論
調査     産経新聞 5月19日(月)15時7分配信

>産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が17、18両日
に実施した合同世論調査で、安倍晋三首相が目指す集団的自
衛権の行使容認について「必要最小限度で使えるようにすべき
だ」との回答を含め69・9%が賛成した。賛意を示した人のうち、
憲法改正ではなく、首相が主張する憲法解釈の変更での対応を
支持する人も約7割に上った。

<本社世論調査>集団的自衛権 憲法解釈変更…反対56%
                 毎日新聞 5月19日(月)0時3分配信

>毎日新聞は17、18両日に全国世論調査を実施した。15日
に安倍晋三首相が集団的自衛権の行使容認に向けた検討を
指示したことを受け、集団的自衛権行使の賛否を聞いたところ、
「反対」と答えた人が54%で「賛成」の39%を上回った。首相
が、集団的自衛権の行使を容認するため、憲法改正ではなく
憲法解釈の変更で対応しようとしていることについても、反対が
56%で賛成は37%だった。

中日新聞に載っていた共同通信社調査も、”解釈変更によって
行使を認める考えに反対との回答は、51,3%と半数を超えた”

とある。
”首相は15日の記者会見で憲法解釈変更による行使容認の
方向性を訴えたが、国民の理解が進んでいない実態が浮かん
だ”
と記事は結んでいるが、なぜこうも数字が違うのか。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

フジ・サンケイは、約7割にも上る人が憲法解釈の変更でGOサ
インを出している事になるが、一方では反対の声が56%にも
上るという数字が出ている。
何をしてここまで、隔たった数字になるのかさっぱり分からない。
不思議な数字だ。

あの軍事オタクの石破氏が、NHKの日曜討論で、集団的自衛
権の行使容認を巡って、”国際紛争でアメリカの若者が血を流
しているのに、日本の若者が血を流さなくていいのか?”
と発言
したそうだが、あまりに前のめりになっている姿は、心底怖い。
日本は日本の役割があり、なにもアメリカと同調して国際紛争
地に若者を送り込むことではないと、私は思うが。。。。。
世界の理想のような、平和憲法を持っている国ならではの、使
命は必ずある。
それが、原爆を2発も落とされ何百万人もの人の命を犠牲にし
た国の教訓ではないか。

それでなくても少子高齢化の我が国なのに、なぜ若者を戦地
に送り込まなければいけないのか。
もったいない。
集団的自衛権行使がどれだけ若い世代に負担をかける事か
そのうち、戦死者が出た頃には、若者が自衛隊に入隊しなくな
るだろう。
そうやって徴兵制度へと突入するのか、この国も。
安倍首相の息を吐くようにつく嘘も病的だと思っていたが、こ
の石破氏のオタクぶりも、まさに病的レベルだ。
個人的には、あの人を睨め付ける ような三白眼には、どうして
も慣れる事が出来ない。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村▏▏▏▏

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2014.05.18

安倍首相福島視察”正確な情報提供を”風評被害対策に全力

何を持ってして,”美味しんぼ”が風評被害と言えるのか。
権力を持っている方が勝手に言っているだけで、風評被害なの
か、実害なのかは分かっていない。
安倍首相は、閣僚がこぞって非難したように”風評被害”と位置
づけているが。。。。
しかも、自民党は野党時代、国会で鼻血を実害ととらえて民主
党を盛んに糾弾していたのに、与党になった途端、鼻血を風評
被害として出版社並びに漫画の作者にまで圧力を加える。
どこまで、二枚舌、変節漢の党なんだか。。。。
安倍首相は、自民党にふさわしい総栽、人物と言う事だ。

正確な情報提供を」=風評被害対策に全力―安倍首相福島
視察  
        時事通信 5月17日(土)18時24分配信

>安倍晋三首相は17日、東日本大震災で被災した福島県を訪
問し、住民の健康管理に当たる医療機関や、風評被害に悩む
農家などを視察した。首相はこの後、福島市内で記者団に「根
拠のない風評を払拭(ふっしょく)していくため、正確な情報を分
かりやすく提供し、国として全力を挙げて対応していく」と指摘。
東京電力福島第1原発事故による住民の健康不安や、農業・観
光産業への対策を強化する考えを強調した。 

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

安倍首相は、鼻血は根拠がない風評被害と言うが、何度も言う
が風評なのか、実害なのかは、まだ分かっていないし、放射能
被害は、昨日今日明日のような短期間では分からない話だと
私は思うが。。。。
何十年にも渡って少しずつ影響が出てくるのが放射能の特徴で
それを、風評だと言い切るのはあまりに傲慢な話ではないか。

そして安倍首相は、どの演説内でも、国民に懇切丁寧に説明を
していくと、いかにも自分は話の分かる首相のような発言をする
が、秘密保護法にしても、福島のアンダーコントロールにしても、
分かり易く丁寧な説明は聞いたことがない。
いつもその場しのぎの、言いっぱなし。

今度の、集団的自衛権憲法解釈容認にしても、フリップまで持ち
出して、紛争に巻き込まれた母子の移送を強調していたが、全
然理解できなかった。

とにかく、アメリカ軍に追随して自衛隊を派遣するためには、どん
な詭弁も二枚舌も使うと言うのだけは良く分かったが。

そして今回の、”正確な情報を提供する”も、政府や東電が正確
な情報を提供してこなかったからこその、風評と言う事もありうる。
政府や東電に対して懐疑的な事を書けば、風評被害と圧力をか
ける権力者の姿の方がによほど威圧的であり見苦しいよ。

それにしても、”美味しんぼ、発売11日前に環境省へゲラ送る”
と言うのは、どうなんだろう。
そこまでする必要があるのか、。。。
やっぱり権力の圧力に屈したということか、だとしたら情けない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村▏▏

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.05.17

集団的自衛権行使「改憲経るべきだ」 創価学会が見解

集団的自衛権行使について、安倍首相の立ち位置がより鮮明
になった。
建前は反対を唱えていた公明党も早晩折れると思っていたが、
支持母体である創価学会が態度を鮮明にした。
これによって、公明党はどのような立場をとるのか。。。。

集団的自衛権行使「改憲経るべきだ」 創価学会が見解
            朝日新聞デジタル 5月17日(土)5時2分配信

>公明党の支持母体である創価学会は16日、安倍晋三首相
がめざす憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認につい
て「本来の手続きは、一内閣の閣僚だけによる決定ではなく、
憲法改正手続きを経るべきだ」として反対する見解を示した。2
0日から自民、公明両党の協議が始まるが、学会の姿勢が鮮
明になったことで難航する可能性がある。

創価学会の発表は正論中の正論で、改憲論者の中からも、本
当にそれを必要としているなら、安倍政権のように解釈変更で
はなく、堂々と改憲に向けて手続きをすべしとの声も多数ある。
安倍政権はすべてにおいて姑息なのだ。
国の根幹を変えるかもしれない大事な政策を、最初に“閣議
決定”
をし、一部の人間の思惑だけで決めてしまう。
これで、よくも民主主義国家と標ぼうできるものだ。

元々の理念からして公明党が自民党に、コバンザメのごとく引
っ付いている方が不自然であるが、公明党は閣内から自民党
の暴走を防ぐためとか、ブレーキ役になるとか、いろんな屁理
屈をつけて与党にいた党だ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

私も最近までは、公明党もブレーキ役として少しは存在意義が
あるかと思ってきたが、最近では、すっかり自民党化してきてい
るのが公明党で、ただただ政権与党にしがみついている党にし
か見えなかった。

ようやく創価学会が姿勢を鮮明にしたが、公明党はどうするつ
もりだろう。
ネットでは、都合のよい時だけ“政教分離”を持ち出し、公明党
は切れとか言い出している。
自民党内部でもそうだ。
安倍首相は連立解消をちらつかせて、公明党に圧力をかけて
いるそうだし、公明党に切られる前に自分たちの方から連立離
脱して不信任でも出してみたらどうかと偉そうに言う向きもある
そうだが、連立解消をして困るのは公明党ではなく自民党の方
ではないのか。

創価学会の票がなかったら、自民党議員だって当選できない
のは誰もが知っている事だ。
先の衆産議員選挙圧勝も、相当公明党の力がなければこれ
ほどの力を得ていなかったのではないか。
身の程知らずというか、自民党議員はすぐに、”のど元過ぎれ
ば熱さを忘れれ”
て公明党から受けた恩を忘れてしまう。

私は公明党が離脱した方が、本来の政治に戻って面白くなる
とは思っているが、単細胞のネットウヨや、傲慢な自民党議員
のようには、安倍政権は簡単には公明党を切れないだろうね。
公明党を切って一番困るのは、自民党なのだから。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村▏%

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2014.05.16

集団的自衛権行使でお役御免の小松長官、安倍首相は演説直後にマスゴミと会食

タイミングが良すぎるにもほどがある。
あの顔つきからして病人そのもので、言動にも政府のポチ状態
が丸わかりの小松法制局長官を、集団的自衛権の憲法解釈を
ごり押しした直後に、退任させることを閣議決定したのだと。

小松法制局長官が退任 政府が閣議で決定
                 産経新聞 5月16日(金)9時8分配信

>政府は16日午前の閣議で、小松一郎内閣法制局長官を退
任させ、後任に横畠裕介内閣法制次長を昇格させる人事を決
めた。小松氏は体調不良で続投が困難と判断した。
安倍晋三首相は昨年8月、集団的自衛権の行使を容認する憲
法解釈を目指し、法制局に勤務経験がなく、外務省出身の小
松氏を初めて長官に起用した。

安倍政権は、一から十まで姑息な政権だと思ってきたが、ここ
まで露骨であからさまな人事をするとは。。。。
小松氏が体調不良なのは、とっくの昔に分かっていた事だ。
週一回はがん治療のため国会を欠席しなければいけない事
は当初から分かっていた事で、しかも偏見かもしれないが、骸
骨に皮がかろうじて付いているような人間に、終始一貫して国
会で集団的自絵県の憲法解釈もありうるとの説明をさせる。
そして、安倍首相の私的諮問機関に報告書を出させて、安倍
首相の思い描いていたような発表をした途端、お前の役割はこ
こで終わりとばかりに、安倍政権お得意の“閣議決定”で退任
はストーリーとして、あまりに出来過ぎている。
一部のお友達だけの思惑でこの国の根幹が変えられようとして
いるとしたら、とても怖い事だ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

野党が小松氏に対して、早く病気治療に専念しろと何度も勧め
ていたが、それには聞く耳持たず、今更体調不良をを言われて
も、何の説得力もない。
小松氏は自分の役割を終えた事で、安倍首相に良くやったと
労をねぎらわれたのだろうか。

安倍首相には怖いものなど何もない。
ほとんど政治に無関心な人間ばかりのこの国の有権者には
分からないだろうが、私的諮問機関や懇談会を山のように造
りほとんど自分の息のかかった人間ばかりで固めたり、NHK
人事も乗っ取ったりで、少しずつこの国の形態を変えようとし
ている。
挙句は、大新聞、大テレビまでジャックしている。

集団的自衛権の容認を認める演説をした2時間後、田崎史郎
時事通信解説委員や島田敏男NHK解説委員ら、報道関係者
と会食をした言うから、この国ではジャーナリズムなんて、どこ
を探しても見当たらないはずだ。
権力の暴走を批判したり、疑問を呈したりする役目の報道機
関が、その役目を放棄して権力と癒着しているのだから。
庶民がどれだけ難儀をしていても、ゴルフしたり会食したり。。。
普通、国民の生命財産が脅かさされるかもしれない一報を聞き
つければすぐさまゴルフや会食を中止するかと思うが、最後ま
でのんきに続けるこの国の最高責任者は、自分に都合のよい
時だけ、“最高責任者”を強調する。
それでも、この国の報道機関はどこも批判しない。

これでは権力者はつけ上がるばかりだ。
そのうちには、安倍首相のやりたいように日本はすっかり様変
わりしてしまうだろう。
一部国民の良識や抵抗なんて、蚊に刺されたほどの痛みもな
いだろうから。。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村▏%

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.05.15

地下水バイパス、21日にも初めて海洋放出へ

東京電力の発表は、ことごとく信用できない。
東京電力は、人々の不振をあおるような事を散々してきたのだ
から、自業自得と言えばそうだろう。
このたび、汚染前の地下水を放出すると言うが、これも眉唾だ。

21日にも初めて海洋放出へ=地下水バイパス、基準下回る
―福島第1 
       時事通信 5月14日(水)20時12分配信

>京電力は14日、福島第1原発で汚染前の地下水を海に放出
する「地下水バイパス計画」で、東電と国、第三者機関による
詳細な水質分析の結果がすべて放出基準を下回ったと発表し
た。早ければ21日にも、タンクにためた560トンの地下水を初め
て海に放出するという。

一般的には、第三者機関と言うといかにも公平で中立な機関
のような印象を与えるが、この“第三者機関”という代物ほど当
てにならないものはないし、人選次第でどうにでもなる。
東電や政権に都合のよい人選をすれば、導電や政府に都合の
良い発表になるだろうし、この国では隠ぺいや改ざんは朝飯前
だから、この発表をうのみにはできない。

特に安倍首相の私的諮問機関ほど、政権に都合のよい人選に
なっているのは誰もが知るところだろう。
ほとんどが、お友達のお友達は、すべてお友達状態で、中立や
公平なんて、どこを探しても見当たらないし、そもそも安倍首相
の辞書には、中立や公平、公正、なんて載っていないだろう(笑

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

”真実を探すブログ”の記事によると、>地下水の放射能検査は国、東電、第三者機関(日本分析セン
ター)の三種類で行われ、地下水からは放射性トリチウムを一リ
ットルあたり240ベクレル検出しています。
これは複数の井戸から組み上げた水をごちゃ混ぜにした値で、
井戸別では先月に基準値を超える一リットルあたり1600ベクレ
ルの放射性トリチウムを検出しました。

すべての井戸での値が低いなら別だが、井戸、井戸によって当
然、値も違ってくる。
それをすべてひっくるめて、基準値が低いから放出すると言う
のは、あまりに無責任なのではないか。
素人的には、汚染水は増え続け、保管にも限界があるので、放
出を大々的に認知させようとの狙いがあるのではないか。
結局、放出あり気の発表なのだ。
東電の事だから、今までも夜間、こっそり放出していたりして。。

しかしこの欄のコメントにもあるように、安倍政権の閣僚は“美
味しんぼ”
の内容には目くじら立てて総攻撃する癖に、基準値
以下と勝手に詭弁と使うが、汚染水を海に大量に放出する事
には、だんまりを決め込みが、世界に対して大変な行為をする
事を分かっているのだろうか。
どの基準も、政権に都合のよいように大幅に塗り替える国だ
もの、そんな事知った事ではないか。。。。

皮肉を言わせてもらえば、“美味しんぼ””風評被害だと攻撃
していた閣僚や自治体の長たち、福島沖で取れた海産物を率
先して食べたらどうか。
低濃度の放射能は、むしろ体に良いなんて言っていた学者も
いたが、”風評被害”と声高に叫ぶ権力者ほど、実は放射能を
恐れているのではなかろうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村▏%

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2014.05.14

権力者が、”美味しんぼ”にいちゃもんつける

前からそうだったのかもしれないが、最近の日本ってあまりに
度量がせまいというか、ターゲットを見つけると総出でよって
たかって、相手をぐうの音も出ぬほどたたきのめす傾向にある
ようで、とても嫌な感じを受ける。

小保方氏の言動や、韓国の危機管理能力を重箱の隅をあげ
つらうように、いつまでも報道したり。。。
日本では、少し異質と思われるものは徹底して排除される。。

たとえば、小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の
マンガ”美味しんぼ”が今、政府からも批判が出るほどの大騒ぎ
になっているが、なんだか不思議で仕方がない。

「福島で鼻血」の描写に対して、風評被害を助長する元になると
政府や関係自治体が猛反発しているが、そこまでヒステリックに
異常反応するのはおかしくないか?
架空の人物が主人公の漫画の中で、体験と感想を語っただけで
何をそれほど大騒ぎになるのか。

作者が何を意図して何を書こうと、”表現の自由”の範疇であり
政府がや自治体の長が敏感に風評被害になるからと、検閲まが
いの事を行い、政府や自治体の都合の悪い表現を排除しようと
している図に見えて仕方がない。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


そんなことがまかり通れば、漫画の中であれ、小説の中であれ
権力にとって都合の悪い言い回しや、創作は出来なくなる。
どんなに他者が突飛と思う事でも、作者には作者の思い入れが
あり、それが”表現の自由”なのではないのか。
なんて、閣僚までが公器を使って批判をするのか。
下村文科相は「福島県民にとってひどい迷惑だ」と発言をしてい
るが、それは”政府にとって”の間違いではないのか。

今回も政府を批判するような事を書いたりすると、”風評被害”
が起きると困るから自粛するようにと圧力をかけるが、本当に
風評被害なのか実害なのか議論もできない社会は絶対におか
しい。

大体が原発を根付かせたのは自民党で、事故が起きる前まで
は安全神話で国民を欺き、騙していたわけだ。
その党が、どの面下げて、「福島で鼻血」の描写に対してヒステ
リックに排除する資格があるのだろうか。
いわゆる、”風評被害”より、自民党の過去の政策で国民が実
害を受けた事が、それがどれ程罪深いが分かっているのだろ
うか。
漫画家をやっつけるよりも、政治家が懺悔する方が先じゃない
か。
”美味しんぼ”の表現の自由より、、安倍首相の全世界に向け
“福島はアンダーコントロール”の方がよほど、非難に値する
と私は思う。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (10) | トラックバック (1)

2014.05.13

年金が危ない!年金運用の割合の比重を株式にシフト

安倍政権はどこまでも姑息なのか。。。。
年金の運用を、安全性の高い国債中心から株式への投資にシ
フトしていくのだと。

それでなくても年金は官僚の格好の餌食になってきた。
第一次安倍内閣時代、消えた年金を追及された際、安倍首相
は、“最後のお一人まで責任を持ってお支払いをします”と言い
きった。
その華々しい過程、場面は報道されるが、、この国では結果は
まったくと言ってよいほど報道されたためしがない。
現実は、いまだ解決できていない。。
安倍首相のうそつきの片鱗は、過去さかのぼっても、どれだけ
でも出てくるのだ。

官僚の食い物にされてきた年金。
どれだけ多くの年金が官僚たちの贅沢やエゴのために消えた
か。
今度は、年金の運用まで安全性の高い国債から株式にシフト
する気のようだが、株取引で収益性を狙うなんて儲け話のよう
な事を言うが、株なんて博打のようなものだ。
巨額の損失を出した場合、どうするつもりなのか。
今までだって、官僚や時の大臣が責任をとったなんて話は聞い
たことがない。
確か、年金の一部を株式投資して相当損を食らったような話を
効いた事があるが。。。
どんなに国益を無くそうが、国民を泣かせようが、知った事では
ないのだろう。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

この国では、官僚や政治家は」責任を取らないような仕組みに
なっているのが、国会ではのらりくらり答弁しているとそのうち
にはうやむやになってしまうのが現状だ。
ホント、ふざけているとしか思えない。

アベノミクスで、一応のところ円安株高になっているが、この先この状態が続く保証はどこにもない。
うがった見方をすれば、安倍ノミクスを成功するためには巨額
な年金の株式運用が不可欠だと思ったのではないか。
株を1%買い増すだけで一兆円の資金が株式市場に流れ込む
そうで、アベノミクスが成功していると思わせる株高演出をした
いのではないか。

物事には裏と表がある。
株式運用で成功したときは、安倍首相は鼻高々にアピールす
る気だろうが、失敗したときは、頬っかぶりするつもりなのか。
目先の株価維持のために、年金が使われたらたまったもので
はない。
それでなくても先細りの年金を、一か八かの博打のようなもの
に手を出す神経が分からない。

国民には年金選択制とか言いながら、少しでも年金支給開始
年齢を遅らせるような姑息な発言を繰り返しながら、一方では
年金の株式運用。
年金が破たんに向かってまっしぐらの図に見えて仕方がない。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.05.12

75歳までの繰り下げ検討、年金支給開始年齢の選択制

なんだか、年金がますます絵に描いた餅になりつつある。
少し前に、70歳云々という話が政府から出ていたが、今度は
選択制にしろ75歳も視野にと言いだした。

75歳までの繰り下げ検討=年金支給開始年齢の選択制―田
村厚労相
          時事通信 5月11日(日)12時42分配信

>田村憲久厚生労働相は11日、高齢者の判断で公的年金の
支給開始年齢を最大70歳まで繰り下げる代わりに1カ月の支
給額を増やせる制度を改正し、75歳程度までの繰り下げを選
択できるようにすることについて「一つの方法論だと思う」と述
べ、前向きに検討する考えを示した。

民主党が政権奪取する前の、自公政権は年金は100年安心
だと盛んに宣伝していたが、あれは何だったのか。。。。。
100年安心どころか、年金受給開始年齢は国民に反発を食ら
わないように、前宣伝をして引き上げやすくしているのではな
いかと勘繰ってしまうほど、このところ、政府内からの声が報
道される。

今は選択制とは言っているが、少しずつ認知させる方向へ持
って行っているのではないか。
75歳開始だと、男性の平均寿命が男性が79.94歳で、貰って
も、わずか5年。
運が悪い人だと貰えずじまいになる事もありそう。。。。。
75歳を選択肢をする人間は、庶民にどれだけいるのか。。
遅らせてもよいと考えている人間がいるとしたら、企業の経営
者どかか、それとも国会議員のセンせー方とか非常に狭い範
囲に限定されるのではないか。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

不思議なのは、100年安心と政府が言う一方、年金が破たん
するかもしれないと前々から言われてきたが、なぜ75歳開始
になっても何の痛痒もない人間に年金を支給するのか。
企業のオーナーや、国会のセンせーにまで年金を支給する制
度が、そもそもおかしいのではないか。
現役時代に保険料を払ったから貰うのは当然だと言う人がい
るが、互助の精神から言えば現在を基準にすべきだ。
継続が難しくなっていると言いながら、そういった改革はいつも
先延ばしで、割を食うのは名もない一般庶民だ。

国民も納得できるような抜本的な対策はいつも先延ばしで、国
土強靭化とかオリンピックとか良くお金があるもんだ。

いつも国民に能書きを垂れる国会議員だが、いったん選出さ
れたら75歳になっても80歳になっても、入院していても歳費
が入る議員が率先して範を垂れてください。
お金に余裕のない一般庶民にこれ見よがしに言う話か?

消費税を上げる前には、国会議員も痛みを伴う必要があると
国会で党首討論と称して壮大な茶番を演じて見せたが、全くと
言ってよいほど、大嘘だった。
庶民は復興増税がこの先何十年ものしかかっている。
所が議員や公務員の歳費削減、給与削減は、3年足らずで終
わり。 なんのこっちゃい。            
税金を納めている方が苦しんで、税金で生活している方が楽
する社会は、絶対におかしい。

75歳選択制も、議員が身をもって手本とすべしだ。
やる気など、さらさらないだろうが。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.05.11

集団的自衛権の閣議決定、姑息な安倍政権

安倍政権になってからというもの、独走が過ぎるのではないか。
国の根幹を変えるかもしれない重要な政策、国民にとって長い
時間をかけて論議が必要なものほど、勝手に閣議決定がなさ
れる。

国会で審議の前の閣議決定は、もう初めから道筋は決まって
いるようなものだ。
国民は蚊帳の外で、安倍政権の閣僚だけでこの国の根幹を決
定するも同然の今の状態は、これで民主主義国家と言えるのだ
ろうか。
初めからありきでは。。。。。

集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈の変更につい
ては、消えたと思えば、また火がつくの繰り返しで、安倍首相は
未だにその執念を捨ててはいない。
公明党が慎重な姿勢を示していると報道されるが、今までの公
明党の自民党にすり寄り具合から見ても、それほど信用に値す
る党とは思えないし、メンツが保てる程度の落とし所を探って、
そのうちには自民党に同調するのだろう。
今の抵抗もどきも、私には茶番にしか見えない。

安倍政権は、有識者会議・懇談会を多数持つ。
こ集団的自衛権に関しても、”安保法制懇”とやらの答申を待っ
て、速やかに記者会見を開き、「政府の基本的考え方」を国民
に説明する方針だ言うが、そもそも、この安保法制懇は、安倍
首相のお友達ばかり集めた政権に都合のよい発想を言葉にす
る人選で、首相の私的諮問機関でしかない。
首相の操り人形みたいなものだ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

なぜに、この機関が、大きな権威を持つのか、平たく言えば偉
そうな立場に崇められるのか、さっぱり分からない。
法学部出身の憲法学者は一人もいないそうだし、本当に法律
を知っていての解釈なのか。。。。。
ただの、安倍応援団、お追従、提灯持ち集団じゃないか。
人選があまりに偏り過ぎていると感じるのは私だけではないだ
ろう。

安倍首相は、しゃにむに憲法解釈の変更に突き進む。
最終的には憲法9条が視野にあるそうだが、崇高な理念の理
想中の理想ともいえる世界遺産級の日本国憲法を変えるには
とてつもない高いハードルがあり、性急には出来ない。
そこで、手っとり早く、憲法解釈の変更を考えたのだろうが、あ
まりにも姑息な手段ではないか。
田中秀征が、“入学試験が難しいものだから裏口から入る”
言っていたが、まさにその通りだ。
安倍政権のやり口は、この手の姑息な方法ばかりだ。
国民主権なのに、国民なんて安倍首相の視野に入っていない。
国民とは、パフォーマンスに利用するだけの道具なんだろう。
安倍首相の胸の内は、もうすでに国家主権になっている。

国の根幹を変えるかもしれない重要な政策ほど、閣議決定で
はなく、国会で時間を割いて議論すべきことではないか。
改憲論者の人たちさえも、解釈なんて姑息な手段で進まない
で、国会で正々堂々、改憲についての議論をすべしと言って
いる。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.05.10

変わろうとしない日本の政治、絶望的な有権者の意識

私は民主党支持者でもなければ、いわゆる左翼でもない。
が、自民党政権には辟易していた一人だ

だから民主党が政権をとった時、日本も変わる事が出来ると思
ったが、官僚に反旗を翻された時点で民主党に勝ち目はなかっ
た。
今まで政権をとった事がない事はしがらみの少なさに繋がるが、
一方、政権運営のノウハウもほとんど皆無だっただろう。
そんな時に起きたのが福島原発事故だ
民主党政権の慌てふためきぶりは目に余ったが、これが自民
党政権時だったらどうだっただろう。
完ぺきにやれたかどうかは、はなはだ疑問だ。
それでも、政権運営に不慣れな民主党政権時に悲惨で不幸な
大事故が起きた事が、民主党の壊滅の後押ししたことは事実
だろう。
有権者は、せっかくの政権交代を負の部分でしか論じない。
民主党政権にははっきり言って失望したが私は、民主党の理
念は悪いものではなかったと、今でも思っている。

民主党に失望した有権者は総選挙で大半は棄権をしたが、そ
うなれば組織票を持っている党が有利なのは自明の事だ。
国民はいつまで政治に無関心なのだろう。。
政治は生活に直結しているのに、すべて他人事のような感覚
しかもっていない。
どうしようもなく絶望的な状況だ。

そしてまた、自民党政権が復活した。
官僚は大喜びだろう。天下りや省益を優先させてくれる党なら、
どこの党でもOKなのだから。
自民党だったら持ちつ持たれつ、ツーと言えばカー。。

自民党は今までも、今も、多分これからも大企業中心、そして
官僚主導の政策が中心だろう。
元首相の小泉氏曰く、“大企業が潤えば末端まで雫は落ちてく
る“
、それが自民党の主たる考えだ。
過去、景気が良いと言われた時代でさえ、大企業は潤ってもそ
の恩恵が末端まで届いただろうか。
私には、雫は落ちてこなかった。


クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

そして、今、安倍首相は、“全国津々浦々まで景気回復の実感
をさせる”
というが、そして、マスゴミは景気が良くなった報道を
連日流しに流すが、実感は皆無だ。
悲観的かもしれないが私にはどうしてもこの先、劇的に景気回
復する要素はないと感じる。
人口減は顕著だし、これから高齢化がますます進む。
若い世代が激減しているのに引き換え、高齢者は長生きだ。
高齢者を支えるのは大変じゃないか。

長い目で見たらこれからの政権は、民主党時代のスローガン
のように”コンクリートヵら人へ”と発想を転換して、それを定着
させるべきだったが、自民党は目先の経済優先に終始している。
これから、ますます人口が減少していくのに、高速道路の拡充
や整備新幹線、リニアモーターカーが、どうしても必要なのだろ
うか。
国土強靭化計画として、10年で200兆もの予算が本当に必要
なのだろうか。
減災、防災予算は必要だが新たに作る箱モノは本当にいるの
か。
箱モノを作れば、維持管理は必ず必要になるが、いまでさえ古
い箱モノの維持管理に汲々としているのに、また新たな箱モノ
がそうそう必要なのか。
そのうち、日本国債の利子償還が予算の大きな部分を占める
ように、箱モノ維持管理予算が大きく占める時代が来そうな予
感がする。
自転車操業に追われてますます悪循環に陥るのではないか。

TPPやEPAとか、関税の引き下げに注目が集まるが、これで
食の安全や、自給率はどうなるのだろう。
確か、欧州では自国の食の安全保障や自給率のために、国
の予算の相当部分を補助していると聞いたが。。。。

余談だが、国会で安倍首相は民主党の政策をすべて否定し
たり、けなす事ばかりするが、それほど民主党の政策は非難
されるべき性質のものなんだろうか。。。。。。。。
民主党が政策を発表すると、マスゴミも自民党も口を揃えて
財源はどうするのだと言っていたが、今どれだけ予算が超過
しても、だれも財源のざの字も言わない。不思議な世界(笑)
そして、例のごとく、借金が積み上がるだけ上がっている。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.05.09

マレーシア有数の美しいアイランド、写真特集

クアラルンプールからローカル空港で1時間、
アイランドには、空港から100キロ以上飛ばして約一時間そこからまた約40分間くらい海を疾風する。
ようやく、その世界有数のアイランドに着いた。

海の色が今まで見た事もないような色をしていた。
砂は真っ白、海はエメラルドグリーン、空はどこまでも青く
Dscn0525

マレーシアは、どこに行っても蒸し暑い。湿度90%以上。
この写真も涼しげに見えるが、全然だ。
Dscn0527

パウダースノーならぬ、パウダーsand。本当にきめが細かい。
こんな砂見たことない。
Dscn0554

いたるところにヤシ林、
クアラルンプールではヤシの植林が盛んに行われていた。
Dscn0529

Dscn0539


Dscn0544

物価はとにかく安い。
生のフルーツをスムージーにしてもらう。
ウォーターメロンと、パイナップルを頼む。
大きなグラスで一杯約180円。
どのフルーツもコクがあって本当においしい。
生き返る
Dscn0556

Dscn0552

お店のスタッフの声で観光客が上を見たら、この国の猿の姿が。
ニホンザルと違って、ぬいぐるみのようにかわいい。
子ザルは全身金色だった
Dscn0567

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

違うカメラで。
夕暮れのアイランド、
マレーシアは日の出が遅い。朝が遅い分、日の暮れは遅い。
P5010297

P5010298

ヤシが影絵のようだった。
P5020307

意外とハイビスカスの花が少なかった。花も小さい。
Dscn0588_2

P5020311

外国人の親子かな?
P5020317

P5020323

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.05.08

マレーシアは日本より”おもてなし”の国だった

昨日の午後、なんとか家にたどり着く。
すっかり体調を崩して、へろへろ・・・・・・
何年かぶりの風邪はひくし、腹は下すし。
吐き気がないのが唯一の救いか。

でも、食事は全然違和感なしだった。
いろんな香辛料を使ってあるカレーや、中国レストランの美味し
い事は!
むしろ、日本食の方が違和感大ありで、海外では日本食もどき
は遠慮した方が良いと実感した。
旅の最後の方は下痢気味で、ホテルでおかゆを注文したが、
”おかゆ”が通じなくて、四苦八苦した。
それでもマレーシアの人はとても親切で暖かくてなんとか分か
ろうとしてくれるのがわかり、心があったまった。
むしろ日本よりも、“おもてなし”の国だった。

私がマレーシアに行くとは思ってもいなかった。
娘と二人、格安航空エアアジアで行くマレーシアの旅。
ツアーではなく、全くの個人旅行ですべて娘がネットで手配し
てくれたが、英語圏でのイングリッシュはなかなか通じにくい。
が、恥ずかしがらずに語るべし。
語った方がより面白い旅になること請け合いだ。
少し観察してみると、日本人はどうも下手な英語がバレルのを
恐れている感じがする。
口数すくなで最小限しか話さないが、そんなことで旅が面白い
のかな?
下手でもいいから、コミュニケーションをとった方が分かりあえ
るのにもったいない。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


それにしても、中国の男性は優しかった。
女性を大事にしてくれる。ニュースで見る中国人とは大違い。
アイランドに行く船への荷物(めちゃめちゃ重いトランク)の持
ち込みも手伝ってくれたが、この人、3人家族で来ていた30代
くらいの夫だった。
別の男性は機内の荷物入れに入れるため、難儀して持ち上げ
ていたらすぐさま手伝ってくれた。
マレーシア人も本当に親切だった。
欧米諸国のように、カッパライもなければひったくりもない国。
帰りの機内はほとんど日本人だったが、どれだけ重い荷物を持
ち上げても何の関心も示さず。
やっぱり日本人は、世界から見たら数段遅れてる。。。。。

日本で、テレビで見る中国や韓国を見て、それがすべてだと決
めつけてネットで大暴れしている人たち。
日本の外から日本を見たら、絶対に価値観が変わるはずだ。
あんな偏狭で差別的な考えにはならないと、私は思う。
国のトップの連中は汚いかもしれないが、下々は、悪い人もい
れば良い人もいる。
それは日本もどこも一緒だ。
島国で、単一民族ならではの偏見持ち過ぎじゃないの?

クアラルンプールは今まで体感した事のない暑さだった。
気温はそれほどでもないのに、毎日湿度が90%以上で暑いの
なんの、動かくても汗が滝のように滴り落ちる。
不思議な事に、マレーシア人はイスラム教のため、布を頬かぶ
りしているにもかかわらず、汗一つ書かない。
涼しい顔をしている。
なんだか、こちらが異常のような錯覚に陥る。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »