« 地下水バイパス、21日にも初めて海洋放出へ | トップページ | 集団的自衛権行使「改憲経るべきだ」 創価学会が見解 »

2014/05/16

集団的自衛権行使でお役御免の小松長官、安倍首相は演説直後にマスゴミと会食

タイミングが良すぎるにもほどがある。
あの顔つきからして病人そのもので、言動にも政府のポチ状態
が丸わかりの小松法制局長官を、集団的自衛権の憲法解釈を
ごり押しした直後に、退任させることを閣議決定したのだと。

小松法制局長官が退任 政府が閣議で決定
                 産経新聞 5月16日(金)9時8分配信

>政府は16日午前の閣議で、小松一郎内閣法制局長官を退
任させ、後任に横畠裕介内閣法制次長を昇格させる人事を決
めた。小松氏は体調不良で続投が困難と判断した。
安倍晋三首相は昨年8月、集団的自衛権の行使を容認する憲
法解釈を目指し、法制局に勤務経験がなく、外務省出身の小
松氏を初めて長官に起用した。

安倍政権は、一から十まで姑息な政権だと思ってきたが、ここ
まで露骨であからさまな人事をするとは。。。。
小松氏が体調不良なのは、とっくの昔に分かっていた事だ。
週一回はがん治療のため国会を欠席しなければいけない事
は当初から分かっていた事で、しかも偏見かもしれないが、骸
骨に皮がかろうじて付いているような人間に、終始一貫して国
会で集団的自絵県の憲法解釈もありうるとの説明をさせる。
そして、安倍首相の私的諮問機関に報告書を出させて、安倍
首相の思い描いていたような発表をした途端、お前の役割はこ
こで終わりとばかりに、安倍政権お得意の“閣議決定”で退任
はストーリーとして、あまりに出来過ぎている。
一部のお友達だけの思惑でこの国の根幹が変えられようとして
いるとしたら、とても怖い事だ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

野党が小松氏に対して、早く病気治療に専念しろと何度も勧め
ていたが、それには聞く耳持たず、今更体調不良をを言われて
も、何の説得力もない。
小松氏は自分の役割を終えた事で、安倍首相に良くやったと
労をねぎらわれたのだろうか。

安倍首相には怖いものなど何もない。
ほとんど政治に無関心な人間ばかりのこの国の有権者には
分からないだろうが、私的諮問機関や懇談会を山のように造
りほとんど自分の息のかかった人間ばかりで固めたり、NHK
人事も乗っ取ったりで、少しずつこの国の形態を変えようとし
ている。
挙句は、大新聞、大テレビまでジャックしている。

集団的自衛権の容認を認める演説をした2時間後、田崎史郎
時事通信解説委員や島田敏男NHK解説委員ら、報道関係者
と会食をした言うから、この国ではジャーナリズムなんて、どこ
を探しても見当たらないはずだ。
権力の暴走を批判したり、疑問を呈したりする役目の報道機
関が、その役目を放棄して権力と癒着しているのだから。
庶民がどれだけ難儀をしていても、ゴルフしたり会食したり。。。
普通、国民の生命財産が脅かさされるかもしれない一報を聞き
つければすぐさまゴルフや会食を中止するかと思うが、最後ま
でのんきに続けるこの国の最高責任者は、自分に都合のよい
時だけ、“最高責任者”を強調する。
それでも、この国の報道機関はどこも批判しない。

これでは権力者はつけ上がるばかりだ。
そのうちには、安倍首相のやりたいように日本はすっかり様変
わりしてしまうだろう。
一部国民の良識や抵抗なんて、蚊に刺されたほどの痛みもな
いだろうから。。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村▏%

|

« 地下水バイパス、21日にも初めて海洋放出へ | トップページ | 集団的自衛権行使「改憲経るべきだ」 創価学会が見解 »

コメント

田崎史郎、やたら安倍晋三の提灯持ちのような発言をすると思ってたら、ちゃんと餌で釣られてたわけですねぇ。
知識をひけらかせているようですが薄っぺらとしか思えなかったのは、その辺りも影響しているのでしょう。
そんな人物をやたら登用するT●●等も、マスコミとして薄っぺらいと感じてました。
それにしても安倍晋三という人物は、姑息で卑劣な手段だけは長けてます。
あと、どんなに綺麗ごとを並べても信用できません。
福島第一の汚染水はコントロールされていると全世界に嘘をついても、何ら罪悪感など感じていないとしか思えませんから!

投稿: サクラ日記 | 2014/05/16 18:34

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

田崎史郎は象徴的ですが、他にもテレビに出てきて安倍政権を持ち上げている人間は数多くいますが、それもこれも会食やら、ゴルフやらでいろんな特典があるのではないですか?
大体が、権力者と会食なんておかしいですよ。
本来なら対極にある人間が、一緒に会食なんて変な話ですよ。
批判の矛先は絶対に鈍りますから。
テレビに出てくる安倍マンセーの人間の薄っぺらいことは!、
政権を批判する人たちは、まずは表舞台にはたてませんわね。
知らず知らずのうちに出てこなくなりますから。
会食もどうせ官房機密費を使っているのであって、自らの懐ではないでしょうね。
自分の懐からでなければ、どんな芸当もできますよ。
それにして、おごる方もおごられる方も、恥ずかしいとは思わないのでしょうか。
我慾とはよくぞ言ったものです。
”福島はアンダーコントロール”は、安倍首相の大うそつきの中でも3本の指に入ると思いますね。

投稿: まるこ姫 | 2014/05/16 21:05

王矮虎です。

 小松の後任である横畠とはどういう人物でしょうか。まったく知りませんが、穏健派としてふるまうことが求められていると推察します。これから与党内での調整を行なうため、反戦を標榜している公明党を丸め込まなければならないからです。政府は念願の暴力装置を手に入れたが、スイッチをオンにするにはさまざまな制約があるのだ!と安倍に逆らってみせる小芝居が上演されるかもしれません。
 公明党を丸め込んだら横畠は事実上のお役御免で、自衛隊を動かす口実が見つかるまで呑気に高給を食むのでしょう。
 自衛隊を出動させる口実を見つけたら、小松タイプの忠犬が登板しますよ。

 国民の安全のためには軍事力の行使も辞せずと公言した安倍は、行使される軍事力を担うのも国民であることを認識しているのでしょうか。
 まともな法治国家の軍隊は憲法を守ると誓約し、憲法によって守られることを要求します。自衛隊も例外ではありません。イラクで駆けつけ警備ができなかったと悔しがったヒゲの隊長(軍国主義者)は参院選で自衛隊員にまったく支持されていないと聞きます。
 自衛隊でも他国の軍隊でも、もっとも忌避される思想は軍国主義です。誰かの幼稚な思い付きのために死にたいやつはいません。自衛隊では表立って禁止されてはいませんが、軍国主義者は間違いなく人望がないそうです。
 小泉が非戦闘区域だと強弁したイラクでは、誰かが殺されない限り反撃できない状況でした。そのため現地で外交官2名が射殺され、帰国後に自衛隊員18人が自殺しています。今度は石破が交戦中の海域で掃海作業をしたいと言い出しています。
 政府が自衛隊員の生命ゲームのをライフのように扱えば、自衛隊員もそれこそ自衛のための行動を起こさないとも限りません。安倍の公言を拡大解釈すれば、国民の安全のために為政者を直接暴力によって排除することも可能になります。

投稿: 王矮虎 | 2014/05/16 22:37

まるこ姫さま、こんばんわ。

小松氏が退任するそうですね。
まあ、内閣法制局長官だろうが安保法制懇のメンバーだろうが、要はこれらの肩書きを背負って、しかるべき場所で安倍の描いている絵図に対して、雁首揃えてひたすら賛意を示していればいいわけで、極端に言えばその顔ぶれは安倍のカミさんのアッキーだろうが、PCの前に張り付いて愛国を騙るネトウヨだろうが誰でもよかったわけです。
それにしても、国内が将来的に阿鼻叫喚の世の中になってしまったら、この人達はどう責任を取るのかとも思いますが、安倍のような卑劣と姑息に凝り固まった輩にホイホイ付き従う連中ですから、自分達の身辺が脅かされなければ、国がどうなろうが知ったこっちゃないですかね。

会見の“打ち上げ”に尻尾振ってより集まったメディアの連中も、相変わらずお話しになりせんね。
特に、時事通信・田崎、毎日の山田、朝日の曽我は特定秘密保護法を強行裁決した直後にも、安倍に手招きされるとセットで馳せ参じた“癒着三兄弟”ですから、どんなに政府に批判的な記事を書いたところで信用できませんね。
安倍の顔色を窺いつつも、古くからの読者も失いたくないとなると、記事作りにもそれなりのテクニックが要るのでしょうが、自分達がいかに恥ずべき事をやってるのか、ちっとは自覚してもらいたいものです。

何はともあれ、安倍の身辺は腐敗のるつぼですね。
我が家の方にまで、永田町が撒き散らす腐臭が漂ってきそうです。

投稿: 肉山会 | 2014/05/17 01:49

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
 いまの安倍政権とマスコミは持ちつ持たれつで、どうしようもありませんね。
 これほど仲が良いと、大本営発表としか思えません。
 やはり、政府とマスコミは毅然とした態度で付き合い、きちっと批判するべきですね。
 この国の民はマスコミの一辺倒の報道にすぐ洗脳されてしまいますから、どうしようもありません。
 支持率なんてその典型ですね。
 マスコミは批判してナンボの組織です。
政権に手名付けられてどうするのでしょうか?
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2014/05/17 11:18

★ーーこんにちは、王矮虎さん

小松の後任の横畠なんて、全然知りませんが、安倍政権が任命するわけですから、それなりの役割が与えられているのでしょうね。
安倍政権は、どの人事にもすべて筋書きがあるようです。
公平中立とは対極にある人事で、お友達として安倍にどれだけ忠誠を尽くせるかにかかっていると思います。
横畠も、小芝居が上手くなければ残れませんよ。
劇場が開幕する前から見透かされていますがね。
NHK会長、法制懇の面々など、相当な高級取りだそうで、安倍の思い通りにするためには、税金を湯水のように使うのでしょう。
自分のお金ではないので、どれだけでも使えますよ(笑)
それに群がる忠犬ポチ。

私も、軍事力に関しての発言でとても違和感を覚えました。
行使できるようにと言うけれど、自分や親せきは入っていないのですよね。
軍利力を担うのは、常に末端の人間です。
権力者は、末端の人間をコマのように使う事はあっても、自分たち関係者にはなんの影響もないと思っています。
そうそう、簡単に行使容認だと言ってほしくありませんね。

>自衛隊でも他国の軍隊でも、もっとも忌避される思想は軍国主義です。

第二次世界大戦で、中国残留孤児になった人が、一番悪いのは軍国主義だと言っていましたが、力で武装して制圧をしたように見えても、それは真の平和ではないと思います。
力を使うことで、ますますこじれていくのではないですか?

>今度は石破が交戦中の海域で掃海作業をしたいと言い出しています。

ホント、戦争オタクには困ったものです。
自分の家族が一番に戦場に行けばよいのですよ。
人が殺しあう現場が、どれほど人々の心を病むものなのか。。。
不謹慎かもしれませんが自衛隊がクーデターを起こしたら面白いとは思いますね。
安倍がヒットラーに見えてきました。

★ーーこんにちは、肉山会さん

小松が、ようやく退任しますね。
無理なんですよ、骸骨に皮が付いているようなやつれていた小松に、無理やり答弁させて、しかもその答弁が滅茶苦茶でしたよね。
NHK経営委員と言い、会長と言い、法制懇の面々と言い、見事に安倍のポチばかり集めてきました。
世の中にはウヨウヨと、いるんですね。安倍信奉者が
この面々、常識からいっても狂っていますよ。
戦前の思考を全面的に開陳していますが、こんな偏った人間が大学の教授や学者にもたくさんいるんですね。
私には狂信的と言ってよいほどのものを感じました。
その方がびっくりですよ。
愛国と言いながら、その実態は国民がどうなっても知った事ではないと感じます。
人権にも無頓着ですし。

この国では、報道する方と権力者がとても仲良しです。
これだけ頻繁に会食をしていたら、絶対に筆が鈍りますよ。
仲良く食事やゴルフをする相手を、批判や攻撃ができるわけがありませんから。

>安倍に手招きされるとセットで馳せ参じた“癒着三兄弟”ですから、

癒着にもほどがあります。
どれだけ、権力に迎合しているのでしょうか。
それが、ほとんどバレテいるのに、少しだけ政権批判をして見せたりして、。。。(笑)
先進国と言われている国々でも、こういった状態はあるのでしょうか。
癒着やら、腐敗やら、それがあからさまになっているのに、まだ一応は報道機関と言う看板を上げるバカさ加減。
有権者は、どれだけなめられているのやらですよ。


★ーーこんにちは、くまさん

本当に、安倍政権とマスゴミは、親密な仲ですよね。
持ちつ持たれつです。
提灯記事は書くは、政権に迎合するわで、とんでもない状態です。
読売なんか特に大本営発表ですよ。
それが日本で一番読まれていると言われていますから、洗脳されるはずですね。
テレビでは、集団的自衛権行使に容認派の声ばかり出してきますし、読売は社説でも肯定的だそうですね。
腐っても鯛で、新聞の威力やテレビの影響力は未だに大きいです。
支持率調査も捏造や改ざんもあるでしょうが、思考停止状態で回答する人も多いと感じました。
政権と報道機関が結託すれば、怖いものなしですよ。
安倍政権のうちに国の根幹がどんどん変えられていきますよ。

投稿: まるこ姫 | 2014/05/17 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/59652662

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権行使でお役御免の小松長官、安倍首相は演説直後にマスゴミと会食:

« 地下水バイパス、21日にも初めて海洋放出へ | トップページ | 集団的自衛権行使「改憲経るべきだ」 創価学会が見解 »