« トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度,、大企業優遇、そして企業減税 | トップページ | 残業代ゼロを提唱している官僚が、自分達に適用は大反対だと »

2014/06/05

読売新聞、半年で52万部も激減

ビックリするような記事だった。
日本一を誇る読売新聞が半年で52万部も減だと。
日本一と言う事は世界一だと言う事でもある。

読売新聞、半年で約52万部減、紙新聞の未来を象徴する
数字

>このところ新聞の発行部数の減少がいちじるしい。2日付け
MEDIA KOKUSYOでは、読売のABC部数が、3月から4月
にかけて約20万部も減ったことを伝えた。新聞の急激な減部
数に関して、補足しておこう。
>読売の場合は、半年のあいだに約52万部の減部数、あるい
は52万人の読者を失っているのだ。この数字がいかに大きい
かは、たとえば神戸新聞のABC(2014年4月)が約58万部、
京都新聞が約49万部、神奈川新聞が約20万部、山陽新聞が
約42万部であることを考慮すると分かりやすい。

ネットなら、どれだけでも配信できるが、紙の新聞は限られた
紙面でしか伝える事が出来ない。
速さの面からしても、紙がネットにかなう訳がないし、消費税が
上がればそれに比例して新聞代も上がる。
だから新聞各社は、公明党に軽減税率の中に新聞も含ませる
事として、一生懸命働きかけているのだろう。

それでなくても、紙離れはすさまじい。
大体が、若い世代ほど本を読まないと言われている。

その本を読まない世代が、新聞なんて読むわけがない。
しかもネットは、特別なもの以外は、ほとんどリアルタイムで情
報を収集で来て、ただ。
わざわざお金を出して、悠長に新聞を読む世代は限られてい
る。
電話も、昔は家電が主流だったが、地方ではまだ家の電話が
活躍しているだろうが、都市部ではほとんど各人一台のケータ
イが主流なのではないか。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

それと同じく、新聞も暇があり余裕のある世代は購読するだろ
うが、紙離れの若い世代ほど読まないのではと推察できる。

読売は日本で一番購読されているそうだが、書いてある事と言
えば、政権批判どころか、政権マンセー・ヨイショが主流でこれ
で社会の木鐸と言えるわけがない。
まるで政府御用達大本営発表で、読者を誘導し続ける。
首相動静を良く見れば、新聞各社の論説委員とか、役職の人
間との会食・ゴルフ。
マスゴミの中枢にいる人物との会食やゴルフは、どう考えても
中立、公平な記事は書けないだろう。
皆が、政権に取り込まれてしまったのだろう、すなわち権力の
暴走の監視や、批判を止めてしまったと言う事だ。

特に読売は自分勝手な人間を製造するつもりなのか、世界と
日本、世界から見た日本と言うような広い視野での発想は皆
無だ。
内向きに内向きにと、読者をあおり続ける。
新聞各社は、これからどんどん読者離れに拍車がかかるのだ
ろうが、特に読売のすさまじいまでの購読者減は、ある意味
“いい気味”だ。
私が心の狭い人間だからか知れないが、溜飲が下がった。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


|

« トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度,、大企業優遇、そして企業減税 | トップページ | 残業代ゼロを提唱している官僚が、自分達に適用は大反対だと »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 新聞購読者数の減少は高齢化にあります。
マンション住まいの人は下まで降りるのが面倒という人もいますね。
 読み終わった新聞を出すのも面倒で、テレビのニュースで十分なんて人もいるくらい。
 テレビの偏った情報でも良いという人は、新聞をますます取らなくなるでしょうね。後は折込み広告の必要な人だけ。
 新聞離れ、紙離れは進むことでしょう。そろそろ、日経も紙から、ネットのみにしよううと考え中です。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2014/06/05 19:19

★ーーこんばんは、くまさん

やはり、高齢化の波はすさまじいものがありますね。
若者はネット文化で、紙文化はどんどん衰退していくばかりです。
家にこもり、ネット中心の世界は、社会にとってはあまり好ましくないと思います。
新聞は、これから減少の一途をたどると思います。
新聞など読まなくても、手っ取り早くネットがありますから。
テレビも全然面白くありませんし、見る気もしないのですが、朝から晩までテレビ漬けの人も多くいますからね。
私は折り込み広告はほとんど見ません。
新聞が重くなるだけで止めてほしいです。
日経も相当偏っていますからね。
ネットで十分ですよ。
ネットだといろいろ比べて取捨選択が出来ますから。

投稿: まるこ姫 | 2014/06/05 20:17

読売新聞はもっと減ってくれた方が良いと思ってしまいました。
ただ、減りすぎるとナベツネが良からぬ事を政府与党に申請するのではないかとという疑念も浮かびます。
広告収入も減り、影響力が小さくなるのであれば良いのですがねぇ。
本当に中立で報道してくれる新聞であれば残ってほしいとも思うのですが、読売だと政府の御用新聞のようにも感じますので、痛い目にあうのであれば、ある意味それは自業自得のように感じます。

投稿: サクラ日記 | 2014/06/05 20:59

まるこ姫さま、こんばんわ。

読売新聞は時々買って読みますが、ヒドイもんです。
無理矢理通した法案に異論を唱える政党があれば、坦々と事実だけを伝えればいいものを、即座に民主主義に対する冒涜と断罪しますからね。
ダテに安倍とメシを喰いまくってないなあと思いますが、普段は読売の読者でない人間が、いきなりこんな書きっぷりを見せられるとさすがに違和感全開です。

まあ、本当に記事の内容に愛想尽かせて、読者が離れていったのならそれは喜ばしいのですが…。

読売は何年か前に、自社の新聞配達所に、配達部数の倍近い量の新聞を送りつけて新規契約のプレッシャーをかけたり、大量の読売新聞を“お試しキャンペーン”と称して街のファミレスに置いて読者拡張をはかるなどの「押し紙」や部数の水増しなんぞをやって不評を買っていましたから、その辺の“悪行”を自粛した故に発表された部数ダウンなのかもしれませんよ。

ただ、おっしゃるように若者の活字離れは目を覆うばかりのようで、文系の学生の40%が読書時間0分だったというのをどこかのデータで見たことがあります。
しかし、文系の学生で読書時間0って、学校に何しに行ってんのよ!?…って思ってしまうのですが、電車やバスん中の座席で、み〜んな下向いてスマホに首っぴきになっている彼らを見ていると、本なんてくっだらねえものなんか読んでられっか!ってとこなんですかね。
それにしても、大きなお世話でしょうが、ハタチ前後の大切な時期をLINEやゲームに費やす人生って何なんでしょう。

ま、どこに首っぴきでもいいですけど、今の世の中、どんな恐ろしいことが静かに進行しているのか、ちょっとは知っておく事も損はないと思うんですがねぇ。

投稿: 肉山会 | 2014/06/06 01:48

★ーーこんにちは、サクラ日記さん

本当にそうですね。
読売新聞なんて、百害あって一利なしですよ。
サンケイにも言える事ですが、あまりに政権寄りで気持ち悪くなってしまいます。
ナベツネも、老害ですよね。
年をとればとるほど、人間的いやらしくなってきました。
今のマスゴミは、ヒステリックすぎます。
良いとなると気持ち悪いくらい褒め称え、悪くなると一斉に落とす。
中立もなければ、公平性もありません。
読売、サンケイは、政府からよほど機密費をもらっているのでしょうね。
権力を批判する組織が権力者と会食やゴルフは、疑われる元ですよ。
もう、紙はすたれていくと思います。
特に読売、サンケイは激減すればよいのにね。

★ーーこんにちは、肉山会さん

読売は本当に政府御用達と言うか、政府広報ですよね。
権力を監視するのが嫌いなら、ただ淡々と記事を書けばよいのに、とにかく感情的であり恣意的であり、贔屓の引き倒し状態ですよ。。
頻繁な会食は疑いの元ですよ(笑)
広告との兼ね合いもありますから、絶対にそうであるべきだとは言いませんが、それでも良心のかけらもない新聞ですね。

読売は悪名高い新聞社ですから、今回も疑惑隠しに販売数減を表に出してきたかもしれませんが、私的には読者が嫌気がさしたと思いたいです。
愛想を尽かされればよいのに。。。。
今の若い世代は、本当に本を読みませんからねん。
せいぜい、漫画の類でしょ?
本好きだから贔屓にしているわけではありませんが、ゲームや、漫画では、真の想像力は働かないと思いますがね。
本は、奥行きが無限にありますから。
その人の解釈次第で、いろんな方面に広がる世界ですから。
それにしても、たまに電車に乗ると、ほとんどみなさん、スマホに熱中していますね。
老いも若きもです。
何も考えたくないのでしょうか。
現実逃避しているのでしょうか。
LINEやゲームがその人の大変を占める。
なんだか、とても薄っぺらく感じます。
私も若い時は、政治のせの字も関心がありませんでしたが、今の時代、嫌が負うもなく関心を持たないとますます自分の生活が息苦しくなりますよ。
それほどの事を安倍政権はやっていると言う事ですよ。

投稿: まるこ姫 | 2014/06/06 16:31

近いうちに政府・世論からマスコミへ圧力がかかるから、その前に目ざとい読売が発行部数を発証部数にすり合わせているだけだよ。

夕刊の廃刊と押し紙の減少に最初に乗り出したのが産経。で、今読売がはじめた。
朝日も昨年当たりから同じようなこと言い始めたが実行には移していない、と言うか今そんなことしたら反日慰安婦で叩かれまくっている朝日は社の清算につながる。

日経は朝日と同じぐらいのスタンス、毎日は我関せずで押し紙ばら撒き中。

投稿: あ | 2014/09/01 01:11

★ーーこんばんは、あさん

コメント、どうもありがとうございました。

投稿: まるこ姫 | 2014/09/01 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/59763826

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞、半年で52万部も激減:

« トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度,、大企業優遇、そして企業減税 | トップページ | 残業代ゼロを提唱している官僚が、自分達に適用は大反対だと »