« 「国家公務員に夏のボーナス12%増」ってどういう事? | トップページ | 集団的自衛権、安倍一派に乗っ取られた日本 »

2014/07/01

「私の第3の矢は悪魔を倒す」と安倍首相、本人が悪魔じゃないか

英紙に発表する前に、日本の国民に向けて言ったらどうか。

私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿
               産経新聞 6月30日(月)9時0分配信

>安倍晋三首相は30日付の英紙フィナンシャル・タイムズに、
「私の『第3の矢』は日本経済の悪魔を倒す」と題した論文を寄
稿し、経済再建なしに財政の健全化はあり得ないと述べて、日
本経済の構造改革を断行する考えを表明した。

威勢の良い言葉が好きなようだが、やっている事は、悪魔を倒
すどころか安倍首相自身が悪魔のように見える。
経済なんて大企業が潤うだけで、そのしわ寄せは常に一般庶民、
円安で生活必需品が恐ろしいほど上がっていると言うのに、追い
打ちをかけるように消費税増税、それに追随して公共料金も上が
り、大変な生活難だ。
どれだけ庶民いじめの政策なんだか。。。閉塞感で一杯だ。

秘密保護法は、国会審議もろくになく数の力で強行採決するし原
発も推進、そして原発や武器を外国にトップセールス。
この国は恥も外聞もなく死の商人の仲間入りをしてしまった。。
原発の恐怖も、教訓もこの首相にはまったくないから、こんな傍
若無人な事が恥ずかしげもなく行われるのだろうが、周りに止め
られる人間が誰もいない事が、この国の悲劇に繋がっている。

そして極めつけは、この国を戦争のできる国にする事だ。
アンケートを取っても国民の多くはこの拙速すぎる政府の強引な
手法に大反対している。
ところが政府は聞く耳を持たない。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

しゃにむに、この国を戦争のできる国にするために、きょう閣議
決定すると言う。
ブレーキ役と自認する公明党が、さらに悪辣で、一応は反対す
る振りだけはするが、最終的には自民党の言いなり。
いつもこの繰り返しだ。
よほど政権与党でいたいのだろう。

安倍首相の深層心理には、祖父の戦犯扱いがよほど大きく影
響しているのか、”戦後レジームからの脱却”を言い続ける。
自分は祖父の汚名を晴らしたい一心だろうが、”戦後レジーム
からの脱却”
は、安倍首相の個人的な思惑じゃないか。
戦後70年近くも平和憲法のお陰で日本人は一人も血を流す事
なくこれた。
その平和憲法をないがしろにして、この国の根幹を変えるのに、
たったの19人の閣僚で変えようとしている。
そんなに、戦争のできる国にしたいなら、堂々と憲法改正に突
き進んだらどうか。
為政者はいつも雲の上から国民を見下ろし、泣くのは常に国民
こんな理不尽、不条理な事がいつの時代もまかり通る。。

悪魔は安倍政権であり、安倍首相だ。
誰か、このソフトな顔をした悪魔、独裁者を退治してほしい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 「国家公務員に夏のボーナス12%増」ってどういう事? | トップページ | 集団的自衛権、安倍一派に乗っ取られた日本 »

コメント

安倍晋三にとって経済の悪魔はズバリ国民でしょう。
規制の岩盤を砕くと言ってますが、残業ゼロや年金減らし、死亡消費税、パチンコ税、携帯税等々増税プランが目白押しです。
国民から搾り取る税金の種類が少ない事が経済の悪魔だと言っているに他なりません。
年金も株式運用して株価操作しようとしてますが、失敗したときのツケは国民が背負います。
このような投機を主導するのではなく、物づくりなどの健全な方法での成長を促すのが政府の役目だと思います。
戦後レジウムからの脱却云々は個人的な願望かなにか知りませんが、未だに祖父に頭をなでられたい程度の思想しかないと思います。
今日集団的自衛権が閣議決定されました。
今後は、今回はうやむやにした集団安全保障も再度復活し、いつの間にか行使できるようになると思います。
世界情勢が変化する中議論を進めることは必要と思いますが、やはり憲法改正が当たり前だと思います。
安倍晋三は自分の単なる願望だけで、国民から財産や血液そして命まで奪おうとしているとしか思えません。
国の為に身も心も財産も投げ出さない国民が悪いとでも内心では思っているのでしょう。
身を切る改革など全くしません。
この政権は正に「国民の身を切る改革」のみを行っているに過ぎません。
これは個人的予想ですが、支持率が下がったところで電撃訪朝、何人かの拉致被害者帰国、そういう工程表がもうできているのではないでしょうか。
姑息な事だけには頭が回る人物ですので。
最後に、今日安倍晋三が記者会見しているようですが、国民に嘘を言う事など何とも思ってない人物であるという事を念頭に聞くべきでしょうねえ。

投稿: サクラ日記 | 2014/07/01 18:30

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 お馬鹿安倍総理のこわれたテープの繰り返しにはあきれます。禅問答よりヒドいもので、この人は質問を理解できないようで、どんな質問でも同じ返答。
 懸命な国民は自分の身を守ろうと貯蓄をしますが、浮かれたお馬鹿は使い切ってしまいますね。
 日本がおかしくなるのは、このお馬鹿政権の性ですね。
 記者の質問もお馬鹿質問で、簡単明瞭に質問をすれば良いのに、訳のわからない質問ばかり。
 例えば、この後徴兵制度を施行するのですか?と聞いて欲しかったですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2014/07/01 18:54

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

ある意味、安倍にとっては絞るところが少ない点では国民は悪魔かもしれません。
私は安倍が悪魔だと思っていますが。
しかし年金の運用を株式に重点を置く政策は危険ですよ。
アベノミクスが成功したかのように見せかけるための運用でしょう?
ひどい話です、
株式投資は大きなリスクが伴います。
それに大事な年金を投資するって、正気の沙汰ではありませんね。
カジノもそうですが、一か八かの賭けごとまがいの者にばかり目が行っているように見えますが、本当にそれでよいのでしょうか。

戦後レジウムからの脱却を盛んに言っていましたが、最終的には集団的自衛権があったのですね。
戦後レジウム云々は、解釈改憲の前段だったんですね。
今になってようやく分かりました。
19人の閣僚によって、この国が変えられようとしています。
集団的自衛権の話をしているかと思っていたら、急に暗線保障の話になったり、政府の議論は支離滅裂です。
一度穴があいたら、どんどん大きくなるだけですよ。
安倍首相が本当に国民の安心安全のためにどうしても集団的自衛権が必要だと考えているなら、憲法改正ですよ。
なぜ安易に、解釈改憲なんですかね。
自信がない殻にしか見えません。

>この政権は正に「国民の身を切る改革」のみを行っているに過ぎません。

大企業も政治家も公務員も安泰で、なぜ国民ばかりが身を切らなければいけないのでしょう。
本当に腹が立ちます。
これで支持率が下がっても、北朝鮮と言うカードを持っていますから、またいろんな工作をするのでしょう。
何せ、飯島が付いていますから。
本当に安倍の周りには、ろくなやつが付いていませんね。
国民を欺く事にかけては天下一品の人間ばかりですから。
安倍の記者会見、プロンプターを浸かって読み上げていましたね。
全然、心が感じられませんでした。

★ーーこんばんは、くまさん

あの記者会見、わけがわかりませんでしたよ。
官僚の書いた作文を、プロンプターを使って、右見たり、左を見たり、ただ読み上げていただけではありませんか。
本人も理解していないと言う事が良く分かりました。
記者の質問にも、何を返しているのかさっぱりわかりません。
歴代の内閣が絶対に解釈改憲だけはしてこなかった。
それを安倍内閣は、いとも簡単に変えてしまいました。
これをやったら、次からは内閣次第でどのようにも変わりますよ。
憲法などないも同然です。
憲法より偉いと思っているのでしょうか、安倍は。
それとも俺が憲法だと思っているのかもしれません。

>記者の質問もお馬鹿質問で、簡単明瞭に質問をすれば良いのに

本当にそう思います。
核心をつけば、安倍はたじたじになりますよ。
所がそんな質問は皆無です。
記者は、一国の首相に恥をかかせてはいけないと思ったのかもしれません。
とにかく政権を批判する作業を放棄したのがこの国のマスゴミですから。
情けないにもほどがありますよ。

投稿: まるこ姫 | 2014/07/01 20:08

まるこ姫さま、こんばんわ。

「3本目の矢」って、成長戦略でしたっけ?
なんだか下々の目から見たら、やってることは中小企業や一般庶民からここぞとばかりにカネをふんだくって、それを大企業や政官で山分けして、彼らのフトコロを「
成長」させたいだけにしか見えないのですが。
で、こういう連中がダンゴになって、常にどでかいサイフをこさえて待ち構えているわけで、次は俺達の番だとサイフの口を開け始めたのが外務省ということでしょう。
今回の行使容認の閣議決定、功名心と我欲の塊と化した安倍と共にこの日を待ち望んでいたのは外務省の連中で間違いないです。
防衛省はこんな無茶苦茶な事、望んでいませんから。

これから様々な関連法案の改訂がなされます。
どの法案から審議され、それがどこまで進捗するのかはわかりませんが“将来に向けた『万が一』の有事” に備えて、法外な予算を来年度に向けた秋の概算要求で吹っかけるつもりで、これがイの一番の目的のはずです。法案通過後に予算を計上していたら、“有事の際に間に合わない”…だのと理屈をつけて。

国民を守るぅ?
そんな思想があるなら、こんなことを閣議決定させる方策なんかとらないでしょうし、この国が一貫して積み上げてきた、武力行使の道などを歩ませないという事こそ、彼ら外務省の仕事のはずですから。

今回の閣議決定で、一般国民にどんな運命が待ち受けているのか知る由もありませんが、どう転ぼうが連中のATMに仕立て上げられ、ひたすらわずかばかりの生活の糧を今以上に無慈悲にぶったくられるのは間違いないでしょうね。

救済策も、セーフティーネットもないままに。

投稿: 肉山会 | 2014/07/02 02:19

★ーーこんにちは、肉山会さん

おっしゃる通りです。
成長と言いながら、大企業は滅茶苦茶優遇、その分の税金を中小企業や、抵抗しようもない一般庶民から、どれだけふんだくるのかと言うほど、色んな名目をつけて分捕り合戦です。
どこがアベノミクスですかね。
私たちは取られっぱなしですよ。
その分、どんなサービスが向上したのでしょう。
年金は減らされる一方で、受給年齢は上がる一方です。
増税しないとこの国は破たんすると言いながら、公務員や政治家のボーナスはどえらいアップですよ。
何なんですか?
なんで国民は気付かないのですかね。
不思議で仕方がありません。

>今回の行使容認の閣議決定、功名心と我欲の塊と化した安倍と共にこの日を待ち望んでいたのは外務省の連中で間違いないです。

でも防衛費は跳ね上がりますよ。
この国は、口を開くとすべて利権に繋がりますね。
人口は減る一方で、予算は増える一方って、おかしくなりませんか?

>“将来に向けた『万が一』の有事”

ありえない話を持ち出して議論すれば、どれだけでも出来ますよ。
荒唐無稽な話を持ち出せばよいのですから。
そんな話でも予算がつくこの国の不思議。
安倍政権は屁理屈の塊ですね。
ビックリしてしまいます。

自民党政権が国民を守るだなんて笑止千万ですよ。
イラクで人質にあった人を見殺しにした党は自民党ですよ。
おっしゃるように、国民を守る考えがあるなら、武力行使を回避する方向へ国民を導くでしょうね。
自分たちがいの一番に武力行使をしたいのですから、話になりません。
安倍政権は等々この国の憲法まで乗っ取りましたね。
恐ろしい限りです。
憲法を無理やり捻じ曲げる輩ですから、法律なんていくらでも捻じ曲げますよ。
これから、国民は奴隷化されちゃいますね。
そろそろ、生活保護を無くそうなんて言い出すのではないですか?
自己責任で生きてくれなんてね。。。。

投稿: まるこ姫 | 2014/07/02 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/59907251

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の第3の矢は悪魔を倒す」と安倍首相、本人が悪魔じゃないか:

« 「国家公務員に夏のボーナス12%増」ってどういう事? | トップページ | 集団的自衛権、安倍一派に乗っ取られた日本 »