« 「創生本部、事務局拡充へ」は白アリも創生、デング熱への対応 | トップページ | 名護市議選、結果に関わらず移設進める考え 菅官房長官 »

2014/09/08

GDP急落!4~6月年7.1%減に下方修正

前月もそうだった。
このところの、GDPは驚くべき数字になっている。
年7.1%減に下方修正だと。。。。

年7.1%減に下方修正=4~6月実質GDP改定値―内閣府
                時事通信 9月8日(月)8時58分配信

>内閣府が8日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節
調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比
1.8%減、年率換算で7.1%減となり、速報値(前期比1.7%
減、年率6.8%減)から下方修正された。速報値後に公表され
た統計を基に推計し直した結果、設備投資や個人消費など多
くの項目でマイナス幅が拡大した。
>重要な判断材料となる7~9月期の回復力が今後の焦点と
なるが、天候不順の影響などで7月以降も消費は振るわない
状況が続いている。

一番暑いはずの8月はほとんど雨一色で、まず8月も期待でき
ないだろうし、それでなくても消費税増税やら、円安やらで人々
の暮らしは、半端なく苦しくなってきている。
このところの円安は恐ろしいほどだ。
株は上がっているらしいが、私たちの最後の頼みの綱である
年金さえも株に注ぎ込んで株価操作しているとしたら、上がっ
て当然の結果だろう。
株は上がっていても恩恵を受けるのはわずかの人間だろうし
ほとんどの庶民は大変な生活になっている。
賃金は上がらず、たとえ賃金が上がったとしても増税で相殺ど
頃かかえってマイナスになっているのではないか。
そしてこのところの円安は、私たちの生活を脅かす。
増税、円安と相まって、どれだけ大変な暮らしになっているか
二世三世の、お坊ちゃま、お嬢ちゃまたちには、さっぱりわから
ないだろうが。。。。。。
安倍首相は、”全国津々浦々まで景気回復の実感をしていた
だく”
なんて大口を叩いていたが、どこがだ?!

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

全然、良い景気の実感がわかないどころか、景気が悪くなる実
感だけは湧いてくる。

官房長官は例のごとく、緩やかに景気は回復していると強弁し
ているが。。。
個人消費の動向注視=菅官房長官                 
                 時事通信 9月8日(月)13時2分配信

>菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、4~6月期の国内
総生産(GDP)改定値が年率換算7.1%減となり、速報値から
下方修正されたことについて、「景気は緩やかな回復基調が続
いていると認識している。駆け込み需要反動の長期化リスクを
含め、個人消費の動向は引き続き慎重に見守っていきたい」と
述べた。

甘利も“緩やかに景気は回復している”と言っていたが、どこか
らそんな言葉が出てくるのだろう。
まあ、公務員も、政治家も、大企業も給料アップだから、景気が
回復したように見えるだろうが。。。。
消費税上げのためには、今から一生懸命根回しをする必要が
ある。
が、誰も景気が回復しているなんて思っちゃいない。
谷垣も、高市も、増税はぜひとも必要だと言っていたが、自分達
だけは特権の塊で、いつも雲の上にいるつもりだ。
議員定数削減も、歳費削減も、今やすっかり過去の話になって
いるが、身を切る改革はいつも、増税前の与太話程度って事か。
いつも嘘ばっかり!!
ホント、どこまで人でなしの内閣なんだか。。。
自民党議員は見事に、人非人の集団だ。。

これだけ、庶民の生活が圧迫されている時に、また増税が決定
したら、ますます経済は悪化するだろう。
それでも増税を強行するようだと、日本は終わる。
愛国と言う名の売国奴が、ウヨウヨウヨウヨ湧いている。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 「創生本部、事務局拡充へ」は白アリも創生、デング熱への対応 | トップページ | 名護市議選、結果に関わらず移設進める考え 菅官房長官 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
 本当に何を根拠に 緩やかに景気が回復している なんて発言が出来るのでしょうね。
 景気が回復していると思いこませようとしているとしか思えません。
 刑期は全く回復していません。回復しているように皆振る舞っているだけ。実際の家計は円安でヒドい状況ですね。
 どうしてこんな政権で支持率が高いのか全くわかりません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2014/09/08 18:39

年金を株につぎ込んで 破綻でもしたら
誰が責任を取るのでしょう いくら損をしても 自分たちの懐は痛まないし また税金でも上げたらすむことだと 思っていたりしてね

投稿: てつお | 2014/09/08 19:34

★ーーこんばんは、くまさん

バカの一つ覚えのように、”穏やかに景気は回復している”なんて、どの議員も言っていますが、本当に腹が立ちます。
何を根拠に言っているのか知りませんが、景気回復なんて毛ほども思えませんよ。
そうやって国民を洗脳するつもりなんでしょうが、引っ掛かる人が何人いるのでしょう。
増税に加え、円安の物価高はすさまじいですよ。
乳製品なんか、毎月上がっていますからね。
賃金も上がらないのに、消費税増税での便乗値上げもひどいものがあります。
こんな政権、百害あって一利なしなのにねえ。。。
どうせ支持率調査も捏造されていますよ。

★ーーこんばんは、てつおさん

年金運用の割合を、株にシフトするのは本当に危険だと思いますよ。
株は、はっきり言って博打ですものね。
良い時はホクホクでしょうが、悪くなった時年金が消えてしまったらだれが責任を取るのでしょう。
国民は株投資の割合が増えるのを望んでいるとは思えません。
今までも、年金は官僚によって食い荒らされてしまっています。
箱もの投資は、最後は二束三文だったですわね。
結局、すべてのつけは国民に回せば済むと思っているのでしょうね。
認識が甘すぎます。

投稿: まるこ姫 | 2014/09/08 19:57

まるこ姫さま、こんばんわ。

聞くところによると、東日本大震災直後の数値よりヒドイとか。
なるほど、それで、ソッコーで支持率調査をやったんですね。
この惨憺たる数字を出した後に支持率聞いたって、そりゃあ大マスコミだって数字を盛るさじ加減の手元も鈍ろうってもんです。
じゃあ、次週に聞けばいいかと思えば、あらあら週明けは新聞休刊日。
この国の人達は、忘れっぽいから悲惨な数字も忘れますが、5人の女性閣僚起用なんて話は、さらに忘却の彼方に行ってしまいますから(苦笑)、まあこんな発表の順序になったのでしょう。
でも、今の政府にとっては、蛙のツラになんちゃらで屁とも思っていないようですね。
名護の市議選で反対派が過半数を占めても、ガースーは、色々な意見があるのは承知しているが(工事は)粛々と進めるなんて、しれ〜っと答弁してます。

なんで、みんな怒らないのかなあ……。
>誰にやらせても同じ
……じゃないでしょう、最早。

投稿: 肉山会 | 2014/09/09 00:48

安倍晋三は株価にしか興味が有りません。
従って、GDPが下がろうが国民の実際の生活がどうなろうが関係ありません。
年金財源を使って株価を上げようとしてますが、皆さんがご指摘の通り、失敗したとしても誰も責任を取りません。
今為替は益々円安に動いてます。
安倍晋三は円安は良い事のように言っているようですが、無責任極まりない事です。
原油を始めとする輸入品の価格が上がり、増税も相まって庶民の生活は益々苦しくなってます。
石破は幹事長時代、国会議員の生活が困窮してはならないと言って、震災以降の議員給与削減をやめました。
国民の生活は困窮しても国会議員の生活は守るという姿勢の表れです。
安倍晋三の発する「国民の皆様」という言葉を聞くたびに反吐が出る思いですが、その政権に経団連が献金を再開させるようです。
ただでさえ大企業優遇が進められているのに、それが益々加速されます。
無用の長物と化した経団連も解体しないと、国民の生活はひどくなる一方です。
全国津々浦々までというのは、全国津々浦々の安倍信者に景気回復の実感を届けるという意味でしょう。
安倍のお友達は株式運用で儲けている方が多いのではないでしょうか。
景気は緩やかに回復云々と、増税の下ならしだけは余念がなく進めてます。
日本経済が終焉を迎える日が近づいてます。

投稿: サクラ日記 | 2014/09/09 07:40

★ーーこんにちは、肉山会さん

政府のやる事は、国民の傾向を知り尽くしていますね。
傾向と対策を地で行く、素早い対応です。
お友達のマスゴミの支持率調査も、日時を考えて出してきたり、設問の内容が恣意的だったりと、なんとかして政府のお役に立ちたい意図がはっきりしています。
週明けは新聞休刊日ですから。。。。(笑)
慌ててやったのですね?
日本国民は本当に忘れやすい民族です。
どうしてここまで皆が、流されてしまうのでしょうか。
他国の人は受けた恨みは絶対に忘れないのに、日本人ほど思考停止な民族も珍しいです。
適材適所関係なく、目立つ所に女性を登用すれば、それで評価するなんておかしいですよ。
松島も高市も山谷も、恐ろしいほどの右翼体質ではありませんか。
バリバリの右翼闘士ですね。
左翼とはまた違った怖さがあります。
下駄を履かせた支持率調査で、いけいけどんどん。
この政権には、真心は通じないですね。
ただただ利用するだけです。
右翼ってこんなものでしょうか。
これで愛国?
左翼も右翼も、行き過ぎるとろくな事がないようです。
そして、どんなに国民が悲痛な叫びを上げても、道端の虫程度の認識もないですよ。
名護市長選も反対派が過半数を占めても、聞く耳持ちません。
アメリカのポチとなり果てて、粛々と市民や県民を蹴散らすだけです。


★ーーこんにちは、サクラ日記さん

安倍は株の動向がとても気になるようです。
私たちの大事な年金の投資比率を上げてまでも株に注ぎ込む。
株価が下がれば政権の支持率も下がるとの思いがあるのでしょうし、増税もできないと踏んでいるのでしょうか。
恐ろしいほどの執念です。
それにしても、年金基金を株に投入して、株価を上げようとしていますが、あまりに無謀ではありませんか?
一瞬のうちに年金が消えてしまう可能性も大きくあるわけですから。
なけなしの年金が消えてしまったらだれが責任を取るのでしょうk。
責任の所在をはっきりさせるべきです。
円安のせいで、輸入品は天井知らずですよ。
食料品は目に見えるほど上がり、それに消費税増税が付いて回るので、生活はどんどん苦しくなる一方です。
それに引き換え、国会議員は身を削ると言ったのは真っ赤な大嘘で、まだ消費税増税をするつもりというのが、言葉の端々でよく分かります。
そして企業献金再開。
それでなくても大企業優遇なのに、これ以上何を優遇するつもりでしょうか。
経団連も慾の塊ですからね。
私たち庶民など、人の仲間に入らないのかもしれません。
おっしゃるように、全国津々浦々まで安倍のお友達が潤うような政策だったんですね。
私たちは締め付けられるだけ締め付けられていますが。
それにしても、これだけ渡した儀が苦しんでいるのに、どの口が“景気は緩やかに回復している”なんて、言うのでしょう。
景気回復なんて全然ですよ。
それでも消費税増税を強行するようなら、緩やかに日本は終焉を迎えるでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2014/09/09 16:52

まるこ姫さん、久し振りです。

東日本大震災直後を越えるGDP急落なのに、危機感が全く感じられません。
駆け込み需要の反動、冷夏の所為だけでは無いと思います。
輸出企業は為替リスクの回避と安価な労働コストを求めて、海外展開したため、輸出が伸びない産業構造になっています。
しかし、円安は着実に、国内の製造コストを押し上げ、輸入品の価格を上げています。
輸出より輸入が増え、物価が上がり、実質給料は下がり、庶民の暮らしは良くならず、日銀の金融緩和で、儲かるのは金融関係者と輸出大企業のみ、そんな状況だと思います。
9月だけでGDPアップは見込めず、安倍首相の年末の消費税増税の判断、どうするか、見物です。

投稿: 愛てんぐ | 2014/09/10 15:10

★ーーこんにちは、愛てんぐさん、お久しぶりでdす。

すごい報道がされているのに、いまだに政府の要人は、“緩やかに景気は回復している”と馬鹿の一つ覚えのように言っています。
どこが!と、誰もが突っ込みたくなるようなアホなコメントは、本当に国民生活は分かっていない証拠でしょうね。
円安だと企業がもうかるなんて言っていましたが、ほとんどが海外に出て言っていますから、国内はトー夏化現象ですわね。
結局、円安でも輸出は駄目でした。
が、国内の企業や一般庶民は円安で、どれだけ打撃を受けているか。
企業は商品に転嫁をすればよいですが、末端の私たちは転嫁された商品を買わざるを得ない状態です。
賃金が上がったと言いますがたとえ上がったとしても、物価上昇や重税で可処分所得は減る一方です。
おっしゃるように、儲かるのは、株式所有している人、そして輸出大企業だけだと思います。
これで景気が良くなったと言われても。。。。
多分、マスゴミ政府関係者を総動員して、景気が良くなった感をこれでもかと流し続けて、増税は既定路線だと思います。
私の周りの人は、みんな政府のやり方を良く熟知していますよ。
ほとんどの人が、絶対に消費税10%にするだろうと言っていますよ。

投稿: まるこ姫 | 2014/09/10 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/60281737

この記事へのトラックバック一覧です: GDP急落!4~6月年7.1%減に下方修正:

« 「創生本部、事務局拡充へ」は白アリも創生、デング熱への対応 | トップページ | 名護市議選、結果に関わらず移設進める考え 菅官房長官 »